かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:ソロス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プティフランスパン ★ 2018/06/21(木) 10:28:26.04 ID:CAP_USER9
    9619B832-2AC9-42BE-BD8E-A593045E0410

     ハンガリー国会は20日、不法移民への支援を禁止し、違反した個人や団体に刑事罰を科すようにする法案を可決した。難民申請の法的支援などの人権保護活動もできなくなるため、人権団体は強く反発している。移民を敵視する同国内の空気を反映した動きといえ、波紋を呼びそうだ。

     ハンガリー通信によると、国会(一院制、定数199)は賛成160、反対18の大差で法案を可決した。不法移民を金銭的に支援するなどした場合、1年以下の禁錮刑となるほか、外国人が密入国を支援した場合は追放処分とする。

     新法は通称「ストップ・ソロス法」と呼ばれる。オルバン首相率いる与党の中道右派「フィデス・ハンガリー市民連盟」は、ハンガリーの民主派を支援し、難民申請の援助も手がけてきた同国出身の米投資家ジョージ・ソロス氏を敵視。4月の総選挙では「国を壊し、多くの移民を入れようとしている」とのソロス氏批判を繰り広げて圧勝し、5月に法案を提出した。

     ソロス氏が出資する人権団体「オープン・ソサエティー財団」は総選挙後、圧力を受けたとしてハンガリーの事務所を閉鎖。新法はソロス氏とつながりのあるNGO「ハンガリー・ヘルシンキ委員会」や、アムネスティ・インターナショナルなどの人権保護団体も対象になるとされる。

     ヘルシンキ委員会は、法案について「人権を守ろうとする者に対する武器として罰則を使うことを提案している」と批判。「共産主義の独裁以来の恐怖を与えている」とする声明を発表していた。

     政府はすでに、ソロス氏とつながりのある団体が移民流入を推進しているとして、特別に課税する法案も国会に提出している。(ウィーン=吉武祐)
     
    2018年6月21日8時56分 朝日新聞
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL6N5DB8L6NUHBI01V.html?iref=sp_new_news_list_n 

    【【ソロス潰し】ハンガリー、不法移民への支援を禁止 人権活動にも罰則 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ノチラ ★ 2018/02/09(金) 17:05:07.13 ID:CAP_USER
    大富豪の著名投資家ジョージ・ソロス氏が英国の欧州連合(EU)離脱に反対する団体「ベスト・フォー・ブリテン」に40万ポンド(約6000万円)を寄付していたことが分かった。実業家のジーナ・ミラー氏がEU離脱決定に反対する運動のために設立した団体だ。

     ソロス氏の「オープン・ソサエティー財団」は2017年の総選挙後に同団体に寄付したことを明らかにした。

    ■夕食会での賛同呼びかけも

     消息筋によると、ソロス氏…

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26726140Z00C18A2000000/

    【【国際】ソロス氏、英の反EU離脱団体に40万ポンド寄付 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/01/27(土) 02:45:47.52 ID:CAP_USER
     スイス東部ダボスで開催中の世界経済フォーラム(WEF)年次総会に出席中の著名投資家ジョージ・ソロス氏(87)は25日夜、
    報道機関幹部との会合で、米ソーシャルメディア大手のグーグルとフェイスブックを名指し、
    「人々がどう考え、どう行動するかについて、本人に気づかせずに影響を与えている。極悪だ」と痛烈に批判した。

     ハンガリー系米国人のソロス氏は、
    自らが理想とするリベラルな「オープン・ソサエティー(開かれた社会)」を促進するための財団を立ち上げ、
    世界中で多額の資金を投じて市民活動などを応援している。

     ソロス氏は会合でのスピーチで、
    これからの時間を「(基盤事業を握る)巨大ITプラットホーム企業の寡占的行動」への対策に費やす考えを表明。
    2016年の米大統領選挙をはじめ選挙の動向さえも左右しているとして「民主主義に対する脅威だ」と指弾した。

     さらに、広告収入に依存するソーシャルメディア企業の現行ビジネスモデルは、
    新規ユーザー獲得ののびしろがなくなってきていることから、「持続可能ではない」と指摘。
    それらの企業が、蓄積した利用者の情報を使って「商業目的で利用者の関心を操作すること」に乗り出すことに懸念を示した。

     究極的には、専制国家とデータを蓄積したIT寡占企業の協働による、
    自由のない監視国家が生まれる危険性があると警告した。

    画像:世界各国の報道機関幹部らが出席する会合に現れた投資家で大富豪のジョージ・ソロス氏=25日夜、スイス東部ダボス、
    no title

    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL1V2C64L1VUHBI00F.html

    【【スイス】〈ダボス会議〉グーグルとフェイスブックは「極悪だ」 投資家ソロス氏】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル