かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:タリバン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2021/09/14(火) 23:28:11.18 ID:oYj+6VlQ9
    no title

    アフガニスタンで権力を握ったタリバンと、抵抗勢力の戦闘が続くパンジシール渓谷で、民間人20人以上が殺害されたことが、BBCの取材で分かった。一帯では通信が断絶し取材が困難だが、タリバンが暴力行為の抑制を約束しながら殺害に及んだ証拠を、BBCが入手した。

    パンジシール州の土ぼこりが舞う道端から撮影された映像では、武装した男性1人がタリバン戦闘員に囲まれている。銃声が響き、男性は地面に崩れ落ちた。

    殺された男性が軍人なのかは不明だ。戦闘服を着ていたが、この地域では多くの人が身に着けている。映像ではそばにいた人が、男性は民間人だと主張した。

    BBCは、こうした死者が、パンジシール州で少なくとも20人に上っていることを確認した。

    その1人で、アブダル・サミ氏と呼ばれた男性は、商店主で2人の子どもの父親だった。

    現地の情報提供者らによると、この男性はタリバンが進攻してきた時、「私はただの貧しい商店主で、戦争とは無関係だ」と言って、避難しなかったという。

    ところが男性は、抵抗勢力の兵士たちに携帯電話のSIMカードを売ったとして拘束され、罪に問われた。数日後に、男性の遺体がその自宅近くに置き去りにされた。遺体を見た人たちによると、拷問を受けた形跡が残っていたという。

    タリバンは先月、国内で権力を掌握。パンジシール渓谷がある地域だけが、抵抗を続けた。

    同渓谷は長年、アフガニスタンにおける抵抗勢力の中心地となっている。北部連盟の故アフマド・シャー・マスード司令官が殺害される前には、この地域を拠点とした勢力が旧ソヴィエト連邦やタリバンを撃退した。山々が渓谷を囲む地形が、陥落を難しくしている。

    今年8月にタリバンが再び権力を握ると、マスード氏の息子アフマド氏が抵抗勢力を率いた。しかしタリバンは先週、勝利を宣言。パンジシールでタリバンの旗を掲揚する映像を公開した。

    ただ、抵抗勢力は戦闘を続けると表明している。アフマド・マスード氏は、タリバンに対する「全国的な反乱」を呼びかけている。

    タリバンが復権したことで、パンジシール州やその他の地域で、何が起こるのかに注目が集まっている。

    タリバンはパンジシール渓谷に入った際、住民に対し、普段どおりの生活を続けるよう呼びかけた。

    広報担当のマラヴィ・アブダラ・ラハマニ氏は、「みんな外に出て、日々の活動をしたらいい」と話した。

    「商店主は自分の店に行っていい。農家は自分の農場に行っていい。私たちの役割は、皆とその生活、家族を守ることだ」

    こうした呼びかけにもかかわらず、かつてはにぎわっていた市場に人の姿がなくなっていることが、現地の映像から見て取れる。人々は避難へと動いており、岩だらけの山々の足もとを通る道路には、長い車列ができている。

    食料と医薬品の不足も心配されている。

    タリバンは民間人は標的にしていないと主張している。しかしこれまでにも、少数派ハザラに対する集団殺害や、警察官殺害などが報じられている。今回のパンジシール渓谷における殺害は、タリバンの約束が現実には守られていないことを、新たに示している。

    「こうした報道は、私たちがアフガニスタン全域で確認しているパターンと合致しそうだ」と、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチのパトリシア・グロスマン氏は話した。

    「7月から8月にかけてタリバンがカブールに進攻した時、似たような報告があった。私たちは、元治安組織職員や元政府スタッフ、民間人らが、報復のため即決処刑で殺された事案を複数確認した。今回のケースもかなり同じパターンと思える」

    9/14(火) 10:34配信 ヤフーニュース(BBC)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210914-58553915-bbc-int


    【【アフガニスタン】タリバン、抵抗勢力の拠点パンジシール渓谷で民間人20人以上を殺害…BBCが証拠入手】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: haru ★ 2021/09/13(月) 06:51:30.20 ID:PgsXnqGh9
    afuganjyosei
    イスラム主義組織タリバン(Taliban)が政権を掌握したアフガニスタンの首都カブールで11日、
    顔のほとんどを覆う服装をしたアフガン女性ら約300人が大学の講堂に集まり、タリバンが推し進める厳格な男女分離政策に支持を表明するデモを行った。


    教育機関で新たに導入された服装規定にのっとり、全身を覆う服装で大学に集まった女性らの中には、
    登壇して西側諸国の批判を繰り広げたり、タリバンの旗を振って政策への支持を示したりする人もいた。

    視界を確保するために網状の布が付いた青い「ブルカ」を着用した女性の姿もあったが、
    多くは目の部分だけが開いた黒い「ニカブ」を着用していた。


    1996~2001年の旧タリバン政権下のアフガニスタンでは女性の権利は著しく制限されていたが、
    先月再び政権を掌握したタリバンは、女性に対する制約を緩和すると主張している。

    タリバンの教育当局は、クラスが男女別に分けられているか、男女がカーテンで仕切られている場合に限り、女性の大学通学を許可するとしている。

    また教育省によると、今回のデモは女性たちが組織し、許可を申請した。


    講堂で最初に登壇した女性は、「私たちは、自分たちを女性代表だと主張して市街で抗議活動を行う女性たちには反対だ」と発言。

    そして「前の政権を支持することが自由なのか?そうではない。前政権は女性を悪用しており、美しさだけで女性を起用していた」と主張した。

    別の登壇者は、タリバンが再び政権を掌握してから歴史が変わったと語った。
    今後は顔を覆わない女性がいなくなると指摘し、「これから女性は安全に暮らせる。われわれは全力で政権を支持している」と訴えた。

    講堂での演説後、整列した女性らはプラカードを持ち、武装したタリバン戦闘員が護衛する中、しばらく行進した。

    あるプラカードには「アフガニスタンを去った女性はわれわれの代表ではない」と書かれていたほか、
    別のプラカードには「ムジャヒディン(イスラム戦士、Mujahideen)の態度とふるまいに満足している」とつづられていた。


    9/11(土) 21:17 ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/199c45d9c4c3fbd10d6655fd45517dfa4c3f3170

    【【アフガニスタン】アフガン女性ら300人、タリバン支持のデモ開催 戦闘員が護衛】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2021/09/11(土) 21:24:36.13 ID:HvW640bj9
    no title


    タリバン「恩赦」一転、恐怖政治へ

    【シンガポール=森浩】アフガニスタンで実権を握ったイスラム原理主義勢力タリバンが崩壊したガニ政権幹部らの報復に乗り出した。幹部親族を殺害しており、タリバンが宣言した「全アフガン人の恩赦」は反故(ほご)にされた形だ。旧タリバン政権(1996~2001年)崩壊のきっかけとなった米中枢同時テロから11日で20年を迎えたが、タリバンはかつてと同じ恐怖政治を敷こうとしている。

    ロイター通信によると、タリバンは11日までにガニ政権のサレー第1副大統領の兄を拘束して、殺害した。サレー氏は暫定大統領を宣言し、北東部パンジシール州でタリバンに抵抗しており、見せしめのために殺害された可能性がある。

    (リンク先に続きあり)

    産経新聞 2021/9/11 19:52 森 浩
    https://www.sankei.com/article/20210911-WM645EEA2NNGDEYPZLMELKAFAM/


    【【アフガニスタン】タリバン、「恩赦」一転 恐怖政治へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2021/09/11(土) 05:16:40.22 ID:BJQu4i8Q9
    no title
    アフガニスタン全土を制圧したイスラム主義組織「タリバン」(ロシアではテロ組織に指定、活動禁止)に抵抗する「国民抵抗戦線」(NRF)のアリ・ナザリ氏は、タリバンが抵抗勢力の拠点パンジシール州から数千人を追放し、民族浄化を進めていると表明した。

    ナザリ氏はツイッターへの投稿で、タリバンが首都カブールから北東に位置するパンジシール州から数千人を追放し、民族浄化を進めていると記した。その上で、「国際社会は依然として傍観を続け、状況を無視している」と非難した。

    抵抗勢力の幹部は国際社会の介入を要請している。

    2021年09月10日 09:14 スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/world/202109108684320/


    【【アフガニスタン】タリバンがパンジシール州から数千人を連行、民族浄化を実行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2021/09/09(木) 01:44:41.09 ID:cCH/UjvI9
    アフガニスタンの首都カブールにあるパキスタン大使館周辺で抗議デモを行う女性らと、警備に当たるタリバン戦闘員(2021年9月7日撮影)
    no title

     【テヘラン=水野翔太】アフガニスタンのイスラム主義勢力タリバンの戦闘員が西部ヘラート市で、街頭デモの参加者に実弾射撃し、数人を殺害したことが分かった。タリバン幹部が8日、本紙の取材に対し、銃撃で「数人」を殺害したと認めた上で、「デモは許可を得ていなかった」と釈明した。

     タリバンが8月にアフガンで実権を握った後、デモの弾圧で死者が出るのは初めてとみられる。

     目撃者によると、弾圧があったのは7日で、タリバンを支えるパキスタンを非難するスローガンなどを叫んでいた約300人のデモ隊に対し、取り締まりにあたったタリバン戦闘員が銃を撃ったという。

    9/8(水) 23:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210908-00050351-yom-int

    【AFP=時事】アフガニスタン西部ヘラート(Herat)で7日、政権を掌握したイスラム主義組織タリバン(Taliban)に対する抗議デモの現場で発砲があり、2人が死亡した。現地の医師が明らかにした。

     報復を恐れ匿名でAFPの取材に応じた医師は、2人の遺体がデモの現場から市内の中央病院に運ばれ、「いずれも銃創があった」と説明。さらに8人が負傷したことを明らかにした。

     一方、首都カブールでは同日、デモ隊を解散させるためにタリバンが威嚇射撃を行った。

     同市のパキスタン大使館周辺で行われたデモには、女性を中心とした70人以上が参加。横断幕を掲げ、パキスタン政府がアフガンに干渉していると抗議した。AFPのスタッフは、タリバン構成員が群衆を解散させるために空に向かって発砲する場面を目撃した。

     パキスタンは長年にわたり、タリバンと密接な関係にあると非難されてきた。同国の軍情報機関、3軍統合情報局(ISI)のファイズ・ハミード(Faiz Hameed)長官は先週末、カブールを訪問。現地のパキスタン大使から説明を受けたと伝えられているが、タリバン幹部とも面会したとみられる。

    9/8(水) 4:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210908-00000001-jij_afp-int


    【【アフガニスタン】アフガン西部でパキスタン抗議デモ参加者に実弾射撃、タリバンが「数人」を殺害】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2021/09/07(火) 22:58:17.73 ID:TJRvduY99
    7日、カブールで、パキスタンへの抗議の声を上げるアフガニスタンの女性ら(地元記者提供・時事)
    no title


     【テヘラン=水野翔太】アフガニスタンの首都カブール市内の複数の場所で7日、イスラム主義勢力タリバンの統治に反発する市民らのデモが起きた。参加者は数千人規模とみられ、タリバンの実権掌握後のデモでは最大規模とみられる。タリバンは威嚇射撃などで弾圧しており、隣国イランの国営テレビによると、参加者数人を拘束した。

     タリバンに対しては東部パンジシール州の反タリバン勢力の指導者アフマド・マスード氏が6日、国民に「決起」を呼びかけていた。

     本紙通信員によると、デモ参加者は、自由な生活を求めているほか、タリバンと関係が深いパキスタンを非難するスローガンを叫んだ。米国などは、パキスタンがタリバンに武器を提供しているとみている。

     デモはカブールのほか、中部ダイクンディ州でも起きた。

    9/7(火) 20:42配信 ヤフーニュース(読売新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210907-00050181-yom-int

     【ニューデリー時事】アフガニスタンの首都カブールなどで7日、全権を掌握したイスラム主義組織タリバンと関係の深い隣国パキスタンに抗議するデモが広がった。

     パキスタンがタリバンに肩入れし、反タリバン勢力を攻撃したとうわさが広まったことが原因とみられている。タリバンの「後ろ盾」パキスタンへの反感が浮き彫りになった。

     アフガンからの報道によると、カブールでのデモには女性も参加した。数百人規模のデモ隊は「パキスタンのかいらいではない独立した政府を求める」と叫びながら大統領宮殿付近を行進した。これに対し、タリバンは威嚇射撃を行い、一部の参加者や現場にいた記者を拘束した。

     タリバンは6日、反対勢力が抵抗を続けていた北東部パンジシール州を完全制圧したと宣言した。一方、直前の4、5の両日には、パキスタン高官がカブールを訪れ、タリバン幹部と会談した。

     こうした情勢を受け、インターネット上では、パキスタン軍の軍用機がパンジシールを攻撃したとうわさが流れている。ネット上に以前から存在した動画を編集し、実際の攻撃のように見せたケースもあった。

     極端なイスラム教解釈で人々にさまざまな規制を強いようとするタリバンへの反発は強い。タリバンは「イスラム法の枠内」で女性の権利を認めると主張しているものの、権利保障を求めて抗議していた女性への殴打、デモへの催涙弾使用も伝えられている。

     6日には一部の大学で授業が再開されたが、女子学生には新たな規制が課された。男子学生から見えないよう、全身を覆って体の線を隠す「アバヤ」や、目以外を隠す顔の覆い「ニカブ」の着用が義務付けられた。授業を受けるには男子学生と別の教室を使うか、室内をカーテンなどで男女別に仕切ることも要求した。

     また、女子学生の講義の教員は、女性か年配の男性に限定された。アフガンには女性の教員は少なく、女子学生の教育機会が減ると懸念が広がる。民放トロTVは「タリバンは女性に多くの機会は与えないと言っているようだ」と語る薬学を学ぶ女子学生の声を伝えた。

    9/7(火) 20:39配信 ヤフーニュース(時事通信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210907-00000114-jij-asia

    【【アフガニスタン】「パキスタンの傀儡ではない独立した政府を求める」 アフガン首都で数千人規模のデモ、タリバンが威嚇射撃で弾圧】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2021/09/06(月) 18:31:50.01 ID:zDTCKPbQ9
    6日、タリバンが抵抗軍の鎮圧を巡り、深刻に対立して銃で撃ち合い、次期大統領として有力なタリバンのナンバー2のアブドル・ガニ・バラダル氏が負傷したとANI通信、ヒンドゥスタン・タイムズなどが報じた。

    メディアによると、バラダル氏と別のタリバン幹部アナス・ハッカーニ氏側の隊員らが3日夜、首都カブールで権力闘争を繰り広げ、カブールで銃撃戦が発生し、その過程でバラダル氏が負傷した。

    現地の小規模メディアであるパンジシール・オブザーバーは4日、ツイッターでバラダル氏とハッカーニネットワーク間にパンジシール問題の解決策について意見が食い違い、戦いが生じたと主張した。

    パンジシールは反タリバン抵抗軍の最後の拠点で、現在ここではタリバンと抵抗軍が激しく交戦している。パンジシールは首都カブールから70キロメートルほど離れた北東部の州の1つで、タリバンが先月6日、イラン国境地帯のザランジを皮切りに、15日にカブールを陥落するまで唯一掌握できなかった地域だ。

    パンジシール対応に関して、バラダル氏は攻撃を自制しなければならないという立場だが、ハッカーニ氏は強硬な態度を示していることが分かった。

    現地メディアは3日、内部対立の渦中にバラダル氏が負傷したと報じた。パンジシール・オブザーバーは「バラダル氏が負傷し、パキスタンで治療を受けているという報道がある」と報じた。ヒンドゥスタン・タイムズも「銃撃過程でバラダル氏が負傷し、パキスタンに緊急移送され、治療を受けている」と伝えた。

    親抵抗軍のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のアカウント「北部同盟」もツイッターで「バラダル氏は隊員にパンジシールで戦わず、カブールに復帰するように命じた」とし「バラダル氏はひどく負傷し、治療のためにパキスタンに移送された」と伝えた。

    これについて、タリバンはまだ公式立場を出していない。ただ、3日に行われるものとされていた新政府内閣の発表日程は延期された状態だ。

    タリバンのザビフラ・ムジャヒド報道官は4日、「新政府と内閣の名簿の発表は来週に行われる」と述べた。

    1980年代から本格的に活動を始めたハッカーニネットワークは、1990年代後半にタリバンと手を組んだ極端主義の注意組織だ。2017年に150人の命を奪ったカブールのトラック爆弾テロなどを主導したとされている。

    タリバンとハッカーニネットワークは外部勢力に対抗するために力を合わせはしたが、政策路線などでは度々意見が食い違っているとされている。

    バラダル氏と対立したことが報じられたアナス・ハッカーニ氏はハッカーニネットワークを設立したジャラールッディン・ハッカーニ氏の息子だ。

    一方、タリバンが内閣の名簿発表と共に、新政府発足を宣言すれば、2001年に米国のアフガン戦争開始によりタリバンが追放されて以来、20年ぶりに再びタリバンがアフガンを支配することになる。

    1996年から2001年まで政権を握っていたタリバンは、当時のシャリア(イスラム法)を厳格に適用し、社会を統制した。

    しかし、米軍撤退と共に15日、カブールを掌握した後は、20年前とは異なる「開放的で包容的な」政府を作ると国際社会に公言してきた。

    9/6(月) 16:13配信(中央日報)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/20af47e196b5da5b08dc1d8fc43a5a96b1c64018

    【【アフガニスタン】タリバン同士で撃ち合い…ナンバー2の穏健派バラダル氏が負傷しパキスタンに移送】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2021/09/06(月) 17:58:03.33 ID:qXVRtWoQ9
    パンジシール州がタリバン支配下に入ったという未確認の情報を受けて祝砲を撃つタリバン戦闘員=3日、カブール
    no title


    (CNN) アフガニスタン北部のパンジシール渓谷の一部で5日、イスラム主義勢力タリバンと、タリバンの統治に抵抗する武装勢力「国家抵抗戦線(NRF)」が戦闘を繰り広げている。

    パンジシール州はアフガン首都カブールの約140キロ北に位置し、地下資源も豊富な山間部にあり、アフガン全34州のうち唯一タリバンによる実効支配を受けていない。

    同地は旧ソ連による侵攻時にも戦闘の拠点となり、今回も抵抗運動の中心地となっている。同州の戦闘員は1990年代後半の旧タリバン統治時も抵抗を続けていた。

    タリバンの報道官は5日、CNNに対し、パンジシール州の全地区のうち州都のバザラックとロカ地区以外をタリバンの戦闘員が掌握したと述べた。

    報道官はNRF側が司令官も含めて多大な犠牲者を出したとし、可能な限り早期にパンジシール州の敵対勢力を一掃したいと述べた。タリバンの戦闘員は現在、両地区に進行しているという。

    一方、NRFの報道官は5日、ツイッターへの投稿で、パリアン地区からタリバンを一掃したと述べた。「少なくとも1000人のテロリストが逃げ道をふさがれて閉じ込められた。そうした攻撃者全員が逃亡や撤退の際に、抵抗戦線の戦闘員から支援を受ける住民に殺されたり、投降したり、または拘束を受けたりした」と記述し、捕虜の多くは外国人で、その大半はパキスタン人だと指摘した。

    CNNは直近の戦闘について独自に死傷者数を確認できていない。

    9/6(月) 15:26配信 ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210906-35176260-cnn-int

    【【アフガニスタン】パンジシールでの戦闘激化、タリバンが渓谷へさらに進入 捕虜のタリバン戦闘員、多くは外国人で大半がパキスタン人か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2021/09/05(日) 22:40:52.25 ID:NaiLHG8F9
    パンジシール
     【テヘラン=水野翔太】アフガニスタンの実権を握ったイスラム主義勢力タリバンが、東部パンジシール州で反タリバン勢力の激しい抵抗に遭っている。タリバンは、同州を掌握することで「アフガン統一」を印象付ける戦略で、新政権樹立の表明まで時間をかける可能性もある。

     州内を通る一本道の両側に3000メートル級の山々が並ぶパンジシール州は、「自然の要塞(ようさい)」と呼ばれる。タリバンへの投降を拒んだアフガン政府軍の兵士や民兵ら約1万人が山陰などに潜み、約8500人とされるタリバン戦闘員らを退けている。

     兵士らは、州内に侵攻したタリバン戦闘員らの後背を土砂で塞ぎ、補給を断った上で一斉攻撃を仕掛けているという。兵士らで作る「国家抵抗戦線」の現地報道官は4日、本紙の電話取材に「過去3日間で600人超のタリバン戦闘員を殺害した」と主張した。

     タリバンがパンジシール州制圧にこだわるのは、崩壊した民主政権ができなかった全土統一をアピールした上で、政権樹立を宣言し、各国からの政権承認を取りつける思惑があるためだ。ただ、パンジシール州での戦闘が長期化すれば、戦略を修正し、政権樹立宣言を優先するとの見方もある。

    読売新聞 9/5(日) 21:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210905-00050248-yom-int

    【【アフガニスタン】タリバン、東部パンジシール州で苦戦…「アフガン統一」狙うも激しい抵抗】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 上級国民 ★ 2021/09/05(日) 11:40:57.68 ID:+veLYEpC9
    no title

    茂木敏充外相=2021年8月6日午後3時37分、東京都千代田区の外務省、代表撮影

    政府代表をカタールへ アフガン現地スタッフの退避、タリバンと交渉

     茂木敏充外相は5日のNHK「日曜討論」で、アフガニスタンに残された日本大使館の現地スタッフら約500人の退避交渉などにあたるため、上村司政府代表(中東担当)をカタールのドーハに近く派遣することを明らかにした。

     ドーハはタリバンの代表事務所があり、各国も交渉のために要人を派遣している。アフガニスタンの首都カブールにあった日本大使館は先月15日に一時閉館。トルコのイスタンブールを経て、今月1日付でドーハに移転している。

     上村氏はサウジアラビア大使などを歴任。茂木氏は「現地のでの情報収集や、タリバンを含めたキーパーソンとのやりとりも必要だ」と述べた。

     また、茂木氏は日本時間の8日夜、アフガン情勢をめぐり主要7カ国(G7)や欧州連合(EU)などに加え、中国やロシアを加えた外相会合が開催される予定と述べた。アフガンに残された人々の退避問題などについて話し合われるという。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASP953K1JP95UTFK005.html

    関連記事
    【独自】大使館が職員を口止めか アフガン退避遅れ
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000227562.html

    【【外務省】政府代表をカタールへ アフガン大使館現地スタッフの退避、タリバンと交渉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: どどん ★ 2021/09/05(日) 18:35:47.05 ID:hbU5vqtG9
     【イスラマバード共同】アフガニスタン首都カブール中心部のコンクリート塀に描かれた、福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表だった医師、故中村哲さんの似顔絵が5日までに真っ白に塗りつぶされて消された。イスラム主義組織タリバンの抵抗勢力だった英雄の名を冠した交差点にあったため、支配を誇示したいタリバンが指示したとみられる。

     絵は背景に日の丸が描かれ、花が咲いた木々を中村さんが見つめる構図だった。ペンキで塗りつぶされ、主要言語の一つパシュトゥー語で「独立おめでとう」と、駐留米軍の撤退完了を祝う文言が新たに書かれた。

    共同通信
    https://nordot.app/807132032617775104
    no title

    no title

    【アフガン、中村哲さんの壁画消去 タリバン支配誇示で指示か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 上級国民 ★ 2021/09/04(土) 21:00:22.69 ID:nwNi3+Zx9
    no title

    タリバン、米軍車両をイランへ移送

    ・「ワシントンの情報機関に重大な疑問を投げかけるべき」と防衛アナリストがアラブニュースに語る
    ・「これらの車両を失ったことは米国にとってさらなる恥辱であり、痛手となる可能性もある」

    チャーリー ペーターズ
    ロンドン:タリバンからイラン当局への米軍車両の引き渡しを受け、車列がテヘランへ送られる様子が撮影された。

    「これらの車両を失ったことは米国にとってさらなる恥辱だ。また、これらの車両から重要な技術情報が奪われたり、イラク駐留米軍であるかのように偽装されたりすれば、将来的に痛手となる可能性がある」と、国防・安全保障問題専門のライター、ジョナサン キトソン氏はアラブニュースに語った。

    「こうした事態は起こらないという誤った確信を持っていたワシントンの情報機関に、重大な疑問を投げかけるべきだ」

    このプロパガンダによる衝撃に先立って、8月31日のアフガニスタンの首都からの米軍撤退後にタリバンがカブールで米軍装備を誇示する様子が見られている。31日は米政府とタリバンによるドーハ和平合意で、同国から米軍主導の軍隊が撤退する期限とされていた。

    車列にはハンビー(米軍の機動面での主力車両)と重装耐地雷車両が含まれていた。

    この動画を投稿したSNSチャンネルは、イランは米軍の戦車も回収したと主張している。

    アフガン治安部隊には、タリバンへの敗北以前に7万台以上の車両が提供されていた。

    米政府は、中東における自らの主要敵国であるイランが軍事教義や専門機器の使用法を訓練することでタリバンの急速な政権奪取を支援した、としている。

    https://www.arabnews.jp/article/middle-east/article_49112/


    【【アフガン】タリバン、米軍車両をイランへ移送】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 上級国民 ★ 2021/09/04(土) 08:21:23.87 ID:nwNi3+Zx9
    no title

    中国外務省の汪文斌副報道局長=6月、北京

    タリバン、「一帯一路」参画希望 中国は留保付きで賛意

     【北京時事】アフガニスタンの実権を握ったイスラム主義組織タリバンのハナフィー幹部は2日、呉江浩外務次官補と電話会談し、中国主導の巨大経済圏構想「一帯一路」をめぐり「引き続き積極的に支持・参画したい」と述べた。

     中国外務省が2日発表した。

     同省の汪文斌副報道局長は3日の記者会見で「中国とアフガンの一帯一路共同建設は両国民に確かな支えをもたらす」と賛意を示した。一方で汪氏は、「アフガン情勢の平穏な移行、持続的な平和と安定の実現を望む。これはアフガンが次の段階で展開する対外協力の前提であり、各国企業の投資を呼び込む基礎だ」と留保を付けた。

     アフガンはガニ政権下の2016年、中国と「一帯一路」の共同建設に関する覚書を交わしたが、テロの危険性などから実際の事業は進んでいない。王毅外相はこれまで、中国とパキスタンを結ぶ「中パ経済回廊」のインフラ開発事業をアフガンに接続する構想を表明している。

    ヤフーニュース(時事通信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210903-00000118-jij-asia

    【【アフガニスタン】タリバン、「一帯一路」参画希望 中国は留保付きで賛意】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 上級国民 ★ 2021/09/03(金) 12:19:09.98 ID:SKzN1Mwl9
    no title

    アフガニスタンの首都カブールにある中国大使館(2001年12月19日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

    中国、アフガンで大使館業務継続・人道支援拡大 タリバン報道担当

    【AFP=時事】イスラム主義組織タリバン(Taliban)の報道担当者は3日、中国が在アフガニスタン大使館の業務を継続し、戦争で荒廃した同国への人道支援の拡大を約束したと発表した。

     スハイル・シャヒーン(Suhail Shaheen)報道官のツイッター(Twitter)投稿によると、カタールの首都ドーハにあるタリバンの政治事務所に所属するアブドル・サラム・ハナフィ(Abdul Salam Hanafi)氏が、中国外務省の呉江浩(Wu Jianghao)次官補と電話会談を行った。

     シャヒーン氏は、「呉氏はカブールの中国大使館を維持すると述べ、両国の関係は過去よりも強化されるだろうと付け加えた。アフガニスタンは、地域の安全と発展に重要な役割を果たすことができる」と記した。「中国は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療を中心に、人道支援も継続・拡大する」

     中国側は本件についてコメントしていない。

     世界の多くの国々は、タリバンとの関係については様子見の態度を取っている。しかし中国は、米国のアフガニスタン撤退を性急で無計画だったと繰り返し非難しており、タリバンが政権を掌握した後も「友好的かつ協力的」な関係を深める用意があると述べている。【翻訳編集】 AFPBB News

    ヤフーニュース(時事通信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210903-00000011-jij_afp-int


    【中国、アフガンで大使館業務継続・人道支援拡大 タリバン報道担当】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2021/09/01(水) 18:07:02.10 ID:0mA9sZPN9

     【ワシントン】ウズベキスタンは米国に対し、2週間前にアフガン空軍のヘリコプターや航空機で避難してきたアフガン人パイロットの滞在を認めない方針を伝えた。米政府関係者が明らかにした。

     ウズベキスタンは隣国アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンから圧力を受けており、タリバンとの関係悪化を避けるため、パイロットの一団を第三国に連れ出すため迅速に対応するよう米政府に求めているという。

     一部のアフガン人パイロットは、空軍ヘリや航空機46機で家族や兵士らと自主的に安全な場所に避難した。数十年に及ぶ紛争では空爆で多くの死傷者が出ており、これを担っていたパイロットはタリバンから特に敵対視されている。またタリバンはウズベキスタンに対し、航空機をアフガンに返還するよう求めている。

    2021年8月31日 05:37 JST
    https://jp.wsj.com/articles/uzbekistan-warns-u-s-that-afghan-pilots-and-their-families-cant-stay-11630355789

    【【国際】ウズベキスタン、航空機で避難してきたアフガン空軍パイロットの滞在認めぬ方針 タリバン、航空機の返還求める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2021/09/02(木) 19:04:40.63 ID:CAP_USER
    no title

    タリバン統治に抵抗する武装勢力が訓練を行う様子=アフガン・パンジシール州/Sahel Arman/AFP/Getty Images

    (CNN) アフガニスタン北東部パンジシール州でイスラム主義勢力タリバンの統治に抵抗する武装勢力は2日までに、パンジシール渓谷付近でタリバンとの戦闘が再開したと発表した。

    タリバンの司令官もこの事実を認めた。山地が多いパンジシールは同国で実権を握ったタリバンの手に落ちていない唯一の州。

    この武装勢力は「アフガニスタンの反タリバン国家抵抗戦線」(NRF)と名乗っている。同州との通信は散発的に可能な状態にあるが、NRFの司令官はCNNの取材に、タリバン側の攻撃を退けたと述べた。同州へつながるカワク峠で激しい戦いが続いているとした。

    現在までインターネット通信の手段は入手していないが、同戦線はプリヒサリに陣を構え、衝突は続行しているとした。タリバン側に数百人規模の死者が出たとも述べた。

    CNNはこの交戦の規模や死者の人数を独自に確認していない。ただ、現地の前線にいるタリバンの司令官は先月30日のビデオ声明で、戦闘に関する当初の情報の意味合いを打ち消し、交渉による事態打開を望むと言明。

    しかし、タリバン筋は同日の遅くなった段階で、戦闘再開を確認していた。

    NRFの報道担当者はタリバンとは相互に攻撃しないとの紳士協定があったが、タリバンはこれを破り、南側と北側からパンジシールへの侵入を試みたと主張した。

    NRFは攻撃を撃退し、少数の装甲車両を炎上させたとも述べた。タリバン側はチャリカル市へ退却したという。

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/world/35176124.html

    【【アフガニスタン】パンジシールで戦闘再開、タリバンに抵抗の最後の州 アフガン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: かわる ★ 2021/09/02(木) 06:39:11.92 ID:MnWTpz/19
    blachhork
    タリバンの一員と見られる人物が、米軍の軍用ヘリコプター「ブラックホーク」から吊り下げられて降下する様子を映した動画が拡散している。アフガニスタン南部の都市カンダハルを「パトロール中」のものだというこの映像は、再生回数が200万回を超えた。

    この動画を8月29日にツイッターでシェアしたのは、アフガニスタン・イスラム首長国を自称するタリバンの公式ニュースアカウント「Talib Times」だ。映像では、アメリカ軍が残したUH-60ブラックホークと見られるヘリコプターから吊り下げられた男性の姿が確認できる。

    動画には、「我々の空軍だ! これは、イスラム首長国の空軍ヘリコプターが、カンダハル上空を飛行しながらパトロールをしているところである」というキャプションが添えられている。

    この動画は、内容について第三者の確認は取れていないが、複数のSNSユーザーによってシェアされている。

    動画が投稿された8月29日は、アメリカ軍がアフガニスタンから完全撤退するとされていた日の前日だ。

    戦争終結とともに

    アメリカが先頭に立ってきた20年におよぶアフガニスタン戦争は、8月30日(米東部時間)に正式に終結した。アフガニスタンに滞在していたアメリカ人と、戦争中にアメリカに協力したアフガン人協力者を国外に退避させようとする混乱のなか、タリバン支配下にあるカブールの国際空港を、最後の米軍用機が飛び立った。

    米大統領ジョー・バイデンは2021年4月に初めて、アフガニスタン駐留アメリカ軍を撤退させると発表した。その際に明言したのが、2021年9月11日までの完全撤退だ。国際テロ組織アルカイダがニューヨークのツインタワーを攻撃した2001年の米同時多発テロから、ちょうど20年目の日だ。

    アメリカ軍が2001年にアフガニスタンに軍を派遣したのは、米同時多発テロの報復のためだった。その後アメリカ軍は、アルカイダと同盟関係にあったタリバンの排除に成功した。

    だがアメリカ軍とその同盟国軍がアフガニスタンから引き上げるなか、タリバンはたちどころに全土を掌握し、首都も支配下に収めた。

    タリバンは、アフガニスタンの実権を再び掌握した際に、アメリカ軍がアフガニスタン政府軍に提供した多数の武器や砲弾などを没収した。そのなかには、ブラックホークや全地形対応の軍用車両「ハンビー」も含まれている。SNSの写真や動画を見ると、8月半ばにはすでに、タリバン戦闘員が各地で武器などを見せびらかしている様子がわかる。

    NEWSWEEK
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/09/post-97026.php

    【【暗黒】タリバンがブラックホークを操縦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/08/31(火) 21:22:05.01 ID:CAP_USER
    af250
    バンコク=乗京真知2021年8月31日 9時30分

     イスラム主義勢力タリバンが権力を掌握したアフガニスタンで、高等教育省の最高責任者に任命されたタリバンのアブドル・バキ・ハッカーニ幹部が29日、
    「女性は男性と同じ教室で学んではいけない」との考えを示した。多くの大学は男女を別々に教えられる設備がなく、女性の教育機会が奪われる可能性がある。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASP8Z7TLFP8ZUHBI007.html

    【【アフガニスタン情勢】大学通学認めるが…教室は男女別に タリバン方針示す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: グリコミセス(SB-Android) [ニダ] 2021/08/30(月) 12:34:10.12 ID:fVPkeYhS0 BE:561344745-PLT(12000)
    カンダハル州

    イスラム武装組織タリバンがアフガニスタン全土を制圧したことで、迫害を恐れて国を脱出しようと数万人の市民がカブール国際空港に押し寄せた。その模様は連日メディアで報道されているが、その裏で、別の脱出劇が秘密裏に展開されていた。イギリスメディアの報道によると、タリバンに囲まれたイギリス陸軍特殊空挺部隊SASの隊員20人の救出作戦が行われていたが23日明らかになった。

    アフガニスタン第2の都市カンダハールが8月13日にタリバンに制圧されてから、僅か2日で首都カブールもタリバンによって制圧された。実はこの時、SASの部隊は8月末の完全撤退を控え、カンダハールの空港で物資移動の任務に当たっていた。SASはタリバンの侵攻は認識していたが、カンダハール制圧までにはまだ少し時間がかかると考えていた。しかし、想像以上の速さでカンダハール、そしてカブールがまでもが制圧されてしまったため、SASは退路が断たれ、タリバンに包囲される形になってしまう。
    彼らが訓練、協力したアフガニスタン軍特殊部隊の兵士は次々と殺害されていった。街中はタリバン兵だらけ、投降するという手段もあったが、百戦錬磨の彼らは自力で脱出することを選択。車両を手に入れ、銃撃戦を潜り抜け、市内から砂漠地帯へと脱出し、身を隠した。
    市内から脱したとはいえ、最寄りの米軍基地までは90km。そこまでタリバンの目を搔い潜って、たどり着くことは難しく、本国の軍本部に暗号化されたコードでSOSを送信、救出のための航空機の派遣を要請する。しかし、カンダハールの空港はタリバンによって制圧されているため空港に着陸はできない。
    そこで彼らは着陸地点となりえる砂漠の座標を本部に送信。英空軍は砂漠にも着陸できる航空機として第47飛行隊のC-130 ハーキュリーズを選択、座標地点に救出に向かわせた。


    救出は夜間に行われ、滑走路、誘導灯もない砂漠地帯にパイロットはナイトビジョンを使って着陸。SASを回収し、タリバンに発見されることなく離陸。
    世界で最も優れた特殊部隊の一つであるSASで無ければこの脱出劇は成功しなかったであろう。

    https://milirepo.sabatech.jp/20-british-army-special-forces-sas-members-surrounded-by-the-taliban-were-rescued/

    【タリバンに包囲された英国特殊部隊SAS隊員20名、決死の脱出。市街地から砂漠の戦闘】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/08/30(月) 21:19:03.65 ID:J65YioJG9
    タリバンがアフガニスタンの有名な歌手を殺害したと元内務大臣が語った。

    歌手のファワド・アンダラビは、彼が住む渓谷の家から連れ出され、銃殺されたという。

    「イスラム教では音楽は禁じられている」とタリバンの報道官が述べた数日後のことだった。

    タリバンは、アフガニスタンの公共の場で音楽を演奏することを禁止すると報道官が発言した数日後に、アフガニスタンの人気歌手を殺害したと元大臣が発表した。

    アフガニスタンのアシュラフ・ガニ(Ashraf Ghani)前大統領の下で内務大臣を務めたマスード・アンダラビ(Masoud Andarabi)は、歌手のファワード・アンダラビ(Fawad Andarabi)が8月28日に「残酷に殺された」とツイッターに投稿した。

    LBCニュースによると、彼はパンジシール渓谷に近いアンダラブの村の家から引きずり出され、射殺されたという。

    「今日、彼らは渓谷とそこに住む人々に喜びをもたらしていた歌手、ファワド・アンダラビを残酷に殺した」とマスード・アンダラビは歌手が演奏して歌っている動画を添えて投稿した。

    タリバンの残虐行為はアンダラブでも続いている。 今日、彼らはこの谷とその人々に喜びをもたらしていた歌手、ファワド・アンダラビを残酷に殺した。 彼がここで歌ったように、「私たちの美しい谷…。私たちの祖先の土地…」はタリバンの残忍さに屈服しない。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0c188393b1d37dc72ce8416dd72b7f57398a3643

    【【アフガニスタン】タリバン、人気歌手を殺害…「イスラムでは音楽は禁止」と述べた数日後に】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル