かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:チリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 2021/07/22(木) 00:18:03.36 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は21日、ソウルでチリのアラマンド外相と会談した。韓国はチリ、メキシコ、コロンビア、ペルーの中南米4カ国からなる自由貿易圏「太平洋同盟」の準加盟国になることを目指しており、両外相はこれらについて話し合った。韓国外交部が伝えた。

     鄭氏は韓国の準加盟国入り交渉が早期に始まるよう協力を求めた。これに対しアラマンド氏は議長国のコロンビアなどと可能な限り来年に加盟交渉が始まるよう協議すると約束した。

     太平洋同盟の準加盟国になれば、韓国は加盟国と自由貿易協定(FTA)を締結した国と同じように貿易ができる。

     両外相はこのほか、気候変動や水素エネルギー、インフラ、デジタルなどの分野での実質協力を強化することで一致した。

    聯合ニュース 2021.07.21 18:27
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210721004300882?section=politics/index

    no title

    会談前に記念撮影する鄭氏(右)とチリのアラマンド外相(外交部提供)=(聯合ニュース)


    【【韓国・チリ外相会談】韓国のチリ、メキシコ、コロンビア、ペルーの中南米4カ国からなる自由貿易圏「太平洋同盟」加盟など議論】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: どこさ ★ 2021/06/20(日) 18:07:10.63 ID:MpsjzBja9
    39133080-B8C4-4D2C-B5C0-191529AF0E60

    南米中心に流行する新たな変異ウイルス「ラムダ株」 WHOが「注目すべき変異株」に指定

    世界保健機関(WHO)は今週、南米で流行する新型コロナウイルスの新たな変異株「ラムダ」を「注目すべき変異株」(VOI)に指定した。日本ではいまだよく知られていない変異株であるだけに、警戒が必要だろう。

    この新たな変異株は2020年8月にペルーで最初に確認され、当初は「アンデス型」と呼ばれてきた。系統名はC.37。現在使われている呼称のラムダ株のラムダ(λ)はギリシャ文字の1つ。

    WHOによると、ラムダ株はこれまでにチリやペルー、エクアドル、アルゼンチンなど南米を中心に29カ国で感染が確認されている。南米以外でも、アメリカやドイツ、スペイン、イスラエルなどでも感染者数が目立っている。日本国内ではこれまでに感染が確認されていない。

    ●ペルー感染者の81%がラムダ株
    ペルーでは2021年4月以来、新型コロナウイルス感染者のうち、81%をラムダ株が占めた。

    「ペルーは現在、非常に強い第2波に見舞われている」。2019年度内閣府主催の青年国際交流事業「世界青年の船」に筆者とともに参加したペルーの首都リマ在住の公務員、グスタボ・イリアスさん(32)はこう話した。

    ペルーは感染者数が200万人を超え、感染死者数も20万人近くに及んでいる。 国際統計サイト「Worldometer」のデータによると、人口100万人当たりの感染死者数は約5700人に上り、世界最多になっている。

    一方、チリではラムダ株が過去60日間の感染で32%を占めた。これは、ラムダ株がブラジル型変異ウイルスのガンマ株(33%)とほぼ同程度で流行していることを意味する。そして、イギリスで最初に発見されたアルファ株の4%をはるかに上回っている。チリは感染者数が約150万人に及び、感染死者数は3万人を超えている。

    WHOは、ラムダ株が感染力が高く、中和抗体に対する耐性を持つ可能性があると指摘した。

    しかし、WHOはエビデンス(実証的な証拠)が限られていることから、ラムダ株については引き続き、さらなる調査が必要だと述べた。

    WHOは、変異型を「懸念される変異株」(VOC)と「注目すべき変異株」(VOI)に分類している。警戒度はVOCよりVOIの方が低く、VOIはあまりニュースの見出しを飾ることはない。

    しかし、インドで最初に確認され、現在はVOCに分類されているデルタ株も、5月11日まではVOIに分類されていた。ラムダ株も、デルタ株同様に今後世界中で感染が広がる可能性がある。

    ●ワクチン先進国で猛威を振るうデルタ株
    WHOはデルタ株について、6月15日の時点で80の国や地域から報告があったと発表した。

    米製薬大手ファイザーとの新型コロナウイルスワクチンの共同開発を主導した独バイオ製薬ビオンテックのウグル・サヒン最高経営責任者(CEO)は16日、デルタ株による感染再拡大を警告した。

    ワクチン接種先進国であるイギリスではデルタ株の猛威に見舞われ、6月17日の新規感染者数が1万1000人を超えた。死者数も19人に及んだ。イギリスでは成人人口の80%が少なくとも1回のワクチンを接種済み。2回の接種を終えた成人人口の割合も58.2%に達している(6月17日時点)。

    ソウルにあるミズメディ・ウィメンズ病院の内科医を務め、韓国の新型コロナウイルス専門家として知られるタン・ヒョンギョン氏は筆者の取材に対し、「ワクチンは感染者からの感染拡大を防ぐためには、限られた効果しか持たない」と指摘。「ワクチンは100%効くものではない。ワクチンはウイルス感染からすべてを守ってくれはしない」と警鐘を鳴らす。

    世界各地で次々と出現し、感染が広がる変異ウイルス。日本は7月23日から、世界200カ国以上から約9万3000人を受け入れる東京オリンピック・パラリンピック大会を開催する。新たな変異株の出現に目を光らせ、水際対策やゲノム解析をぐっと強化しなくてはいけないだろう。

    ●コパ・アメリカの惨状
    日本が教訓としなくてはいけないのが、パンデミックの真っ只中にブラジルで13日から開催されているサッカーの南米選手権(コパ・アメリカ​)の惨状だ。大会3日目にして既に52人の陽性者が出ている。このうち、全登録選手の9%に当たる23人が感染した。サッカーダイジェストWebの16日付の記事は、「もうこれはサッカーの大会ではない。1人の感染者も出さなかったチームを勝ちにすればいいのではないか」と語る元ブラジル代表ゴールキーパーの皮肉交じりのコメントを引用している。

    Yahoo 高橋浩祐 6/17(木) 23:10
    https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashikosuke/20210617-00243514/


    【【WHO】南米流行のC.37「ラムダ株」注目すべき変異株(VOI)認定 ペルー死亡率世界記録 感染力増加 Y字形抗体を回避 現在調査中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2021/06/09(水) 08:00:51.44 ID:KMvCOKqq9
    sinofam
    インド洋に浮かぶ島国のセーシェルでは、人口の7割以上がワクチン接種を終えているというのに、コロナの感染者数が大幅に増加している。

    セーシェル政府によると、5月第1週に感染が確認された人のうち1/3以上がワクチン接種を終えていたが、
    その大半が中国のシノファーム製のワクチンを打っていたという。

    モルジブ、バーレン、チリ、ウルグアイなどのワクチン接種率も5割を超えているが、やはり同様の現象が起こっている。
    特にモルジブやバーレンでは、人口10万人あたりの死者数がインドを上回る状況となっている。

    そして、これらの国々でも、ワクチン接種を終えた人たちの中でシノファーム製のワクチンの利用率が高いことがわかっている。

    中国でも当然ながら、シノファーム製を中心としたワクチン接種が進んでいる。
    人口がおよそ1億人の広東省は、ワクチン接種が5000万回を超え、中国全土の中でもワクチン接種率はかなり高い方だ。
    だが皮肉にも、この広東省でも感染が拡大している。

    深圳市では感染リスク低減のため、工場労働者に週末も工場内の宿泊施設にとどまるよう指示が出された。
    広州市の中心部では再びロックダウン措置が発動された。

    ここで興味深いのは、広州市で、ロックダウンと同時に、なぜかワクチン接種が停止になったことだ。
    公式には、人々の間でワクチン接種人気が非常に高まっていることから過密になる事態を避ける必要があることと、
    医療資源をPCR検査に集中させるためだとしているが、これを頭から信じることはできない。

    一方で、同じ中国企業のカンシノバイオ社製のアデノウイルスベクターワクチンが広州市に運び込まれたことが報じられた。
    上記の理由でワクチン接種の停止を決めたならば、新しいワクチンをわざわざ運び込むというのもおかしな話である。

    この状況を整合性を考えて判断すると、シノファーム製のワクチンでは感染防止効果が期待できなくなり、
    こちらの利用を一旦停止させながら、今後は新たにカンシノバイオ製のものに置き換える方針なのではないだろうか。

    中国疾病対策予防センター(CCDC)の高福主任も「既存ワクチンの有効率が低いという問題の解決策を検討する」必要があると述べ、
    シノファーム製をはじめとする中国製ワクチンの有効性の低さを示唆した。

    高主任はmRNAワクチンの存在を無視するべきでないと述べながら、
    問題の解決策の一つとして、異なる技術を用いたワクチンを交互に接種することを挙げた。

    これはシノファーム製のワクチンの効力が低いことを、モデルナやファイザーなどの高い有効性を示すmRNAワクチンと
    「併用」することでごまかす必要があると考えているようにも見える。

    シノファーム製のワクチンの有効性を、中国政府の内部ですら否定する流れになっていることが窺える。

    シノファームは2種類の不活化ワクチンを製造しており、医学雑誌JAMAに先ごろ発表された結果によると、その有効率は72.8%と78.1%だとされている。
    ファイザー製などと比べると見劣りするとはいえ、かなり高い有効性を示していることになるが、果たしてこれは本当のデータなのだろうか。

    セーシェルなどでその有効性からは信じられない事態が進行していること、広州市が接種の停止に踏み切ったことなどから見ても、
    とてもそのまま受け取ることはできない。

    チリ大学が発表した研究結果によると、チリで使われたシノファーム製ワクチンは、1回目の接種を受けてから2回目を受けるまでの間の有効性はわずか3%だった。

    2回目の接種から2週間後の有効性は56.5%だとされているから、2回目の接種を終えればそれなりの有効性は発揮するとは言えそうだが、
    それでもやはりシノファームが公式に発表している数字とはかなり大きな開きがあることになる。

    もしも人命に直結する医学データにおいて大規模な改ざんを実施して中国製ワクチンを世界中に広げているのだとしたら、
    とても許されるものではない。そしてその可能性に世界は薄々気付き始めているとも言える。

    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83995?imp=0

    【【チリ大学】 中国シノファーム製コロナワクチン、1回目の接種を受けてから2回目を受けるまでの間の有効性はわずか3%だった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2021/06/02(水) 09:14:04.31 ID:bvtZRbgW9

    sinofam
    世界で最もワクチン接種率が高くなっている国の一部で、新型コロナウイルスの感染者が再び急増、死者も大幅に増加している。

    感染者と死者が増えているのは、少なくとも1回は接種を受けた人の割合が最も高いセーシェル(72%)と、それに次いで高い水準にあるモルジブ(57%)、チリ(56%)、バーレーン(55%)、ウルグアイ(51%)など。

    ウルグアイはここ数週間、人口10万人あたりの死者数が最も多くなっている。
    モルジブとバーレーンは、5月中に報告された10万人あたりの死者数が米国、インドを大幅に上回った。

    また、チリ、セーシェルは、世界で最も早いペースで感染者が増加している。

    こうした国について専門家らは、人々の行動を制限してきた規制の解除を急ぎすぎたこと、
    それが国民に過度の安心感を与えてしまったことが原因の可能性があると警告している。

    バーレーンの保健省高官は感染者の急増について、検査数を増やしたことに加え、ラマダン(断食月)に人が集まる機会が増えたこと、ラマダン明けの祭り(イード・アル・フィトル)があったことなどを理由に挙げている。

    ただ、行動規制の緩和は、感染拡大の要因となるものの一つにすぎない。
    新たに出現する変異株が、再び感染者を増やし始める可能性もある。例えば、ウルグアイで(接種が進んだ後に)再び流行が拡大したのは、ブラジルで最初に確認された変異株(P.1)が主な原因とみられている。

    また、接種率が高い一方で感染者が増えているこれらの国では、多くが中国のシノファーム(中国医薬集団)製のワクチンを使用している。

    バーレーン、そして同じ中東のアラブ首長国連邦(UAE)はすでに2回の接種を完了した人を対象とするブースター接種も行っていることから、感染を防ぐことに対する同社製ワクチンの有効性について、懸念が高まっている。

    セーシェルの保健当局が5月中旬に明らかにしたところによると、同月第1週に感染が確認された人の3分の1以上は、接種を完了した人だった。

    この大半がシノファーム製の接種を受けており、同国の感染状況については世界保健機関(WHO)が調査を行っている。

    ヤフーニュース(フォーブス)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f248eabb32079cb387c9c31022a73e4f17dd9960

    【【死のファーム】 中国のシノファーム製コロナワクチン接種率が高い国で感染者・死者が急増】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/04/24(土) 20:28:01.05 ID:Z8uCetWW9
    https://anonymous-post.mobi/archives/7959
    チリがワクチン戦略変更、有効性踏まえ2回目接種を優先

    [サンティアゴ 21日 ロイター]] - チリが新型コロナウイルスワクチンの接種について、1回目の接種ペースを落として2回目を優先する戦略に切り替えている。
    供給不足への懸念に加え、接種戦略の柱となっている中国のシノバック・バイオテック(科興控股生物技術)製ワクチンを1回接種しても有効性が乏しいとのデータが示されたためだ。

    これは、シノバック製ワクチンを1回接種しても有効性が低いことを示すデータに対応した措置。
    チリが先週公表した独自の分析結果によると、1回の接種による感染防止の効果はわずか16%で、入院を防ぐ効果は36%だった。

    https://jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKBN2C90C6


    (略)


    【中国シノバック製ワクチン、有効率16% 中国製ワクチンを使用していたチリがデータ示す ネット「マスコミは無能反日電波】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/04/13(火) 15:38:24.78 ID:CAP_USER
    TOP社会BTSをネタにしたチリの「人種差別」お笑い番組が炎上

    no title

    チリでK-POPグループのBTSをネタにしたお笑い番組が人種差別的だと批判され、大炎上した。

    物議を醸したのは4月10日夕方に放送された『Mi Barrio』でのショートコント。アメリカのトークショーを真似たようなセットで、コメディアンたちが司会者とBTSのメンバーに扮してコントを繰り広げたが、韓国語をばかにする場面がいくつも見られた。

    たとえば、自己紹介を促されたメンバーが一人ずつ、「キム・ジョン・ウノ」、「キム・ジョン・ドス」、「キム・ジョン・トレス」、「キム・ジョン・クアトロ」と答えていった。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記の名前をもじりつつ、スペイン語で1~4を意味する「ウノ、ドス、トレス、クアトロ」をつけたものだ。

    さらに、韓国語を披露してほしいと言われると、デタラメな音を発して笑いを取ろうとしたと、米紙「ニューヨーク・タイムズ」は報じている。


    これを見て激怒した「アーミー」ことBTSファンはすぐに、この番組を外国人嫌悪やアメリカで広がるアジア人ヘイトに関連付けて猛抗議。ハッシュタグ「#RacismIsNotComedy」(人種差別はお笑いじゃない)は11日夜にアメリカでツイッタートレンドの1位になったと、米誌「エスクァイア」は伝えている。

    BTSはこの番組について今のところコメントを出していない。だがアジア人に対するヘイトクライムの急増を受けて先ごろ公式ツイッターで発表した声明には、自分たちが受けた差別についてこう綴っていた。


    「僕たちは、自分たちがアジア人であるために受けた差別の瞬間を思い起こしています。理由もなく罵られたり、見た目をあざ笑われたりするのに耐えてきました。アジア人なのになぜ英語を話すのかと聞かれたこともあります」

    「僕たちは人種差別に立ち向かいます。暴力を非難します。人は誰もがリスペクトされて然るべきです。僕たちは皆さんと共に立ち向かいます」

    COURRiER Japon 2021.4.13
    https://courrier.jp/news/archives/241179/

    【動画】BTSや韓国語を小ばかにした問題のコントを見る
    https://courrier.jp/amp/241179/?gallery&utm_source=yahoonews&utm_medium=photo

    【【アーミー激怒】韓国語を小ばかにしたコント BTSをネタにしたチリの「人種差別」お笑い番組が炎上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/03/20(土) 20:18:39.60 ID:92eZiRi49
    tiri
    https://anonymous-post.mobi/archives/6955
    新型コロナウイルスのワクチン接種が進む南米チリで、新規感染者の高止まりが続いている。すでに国民の25%以上が1回目の接種を終えた「ワクチン先進国」で、なぜ新規感染者が減らないのか。ワクチンが遠因になっているとの指摘もある。

     「すべてのチリ人に与えられたメリットだ」。チリのピニェラ大統領は16日、Vサインを掲げ、うれしそうに演説した。この日、予定より半月も早く500万人が1回目の接種を終えた。チリは人口1900万人ほどで、国民の4分の1にあたる。英オックスフォード大によると、接種のペースはイスラエルを抜き、世界一になった。

     チリは親米政権ながら、中国メーカーなどからもワクチンを購入し、ワクチン確保に成功。2月上旬から接種を始めた。これまでも感染症対策として、多くの予防接種キャンペーンに取り組んできたことなどもあり、接種計画が順調に進んだ。6月までに1500万人に接種する予定だ。

     米CNNやAP通信などは、チリが中南米だけでなく、世界でも有数の「ワクチンのリーダー」だと評価する記事を掲載。ワクチンによる集団免疫に、いち早く達する可能性があると期待されている。

     だが、チリ保健省の発表によると、18日の新規感染者は6249人。6千人を超えたのは第1波に襲われていた昨年6月以来になる。3月に入ってからは、5千人を超える日が続いており、累計感染者数は90万人を突破した。

     どうして新規感染者が減らないのか。チリでは、ワクチン接種が人々の気の緩みに拍車をかけた可能性が指摘されている。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASP3M7WZXP3MUHBI00V.html

    関連ニュース

    チリ大統領、中国製コロナワクチンを接種

    © 新華社 チリ大統領、中国製コロナワクチンを接種

    12日、ロスリオス州にあるコミュニティー・保健センターで、ワクチンの接種を受けるピニェラ大統領。(サンティアゴ=新華社配信)

     【新華社サンティアゴ2月14日】チリのピニェラ大統領は12日、同国南部のロスリオス州にあるコミュニティー・保健センターで、中国のバイオ製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンを接種した。

     ピニェラ大統領は接種後に行った演説で、「安全で効果的なワクチンだと全ての国民に伝えたい。全国的かつ大規模な接種計画を引き続き進めていく」と述べた。

     チリ保健省の発表によると、チリでは11日午後5時時点で155万人が1回目の新型コロナワクチンの接種を終えたという。(記者/尹南、張笑然、康文軍)

    新華社 2021/02/14 15:06

    (略)


    【【朝日新聞】ワクチン接種のペースが世界一 国民の25%以上が中国製などのワクチンを接種したチリ 過去最大規模に匹敵する感染拡大】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2021/02/04(木) 11:39:27.00 0
    【リオデジャネイロ=淵上隆悠】
    南米チリで、日本の人気サッカーアニメ「キャプテン翼」に、女性への暴力的な描写があったとする審査団体の判断は不当だとして、放送したチリ国営放送(TVN)が罰金の無効などを求めた訴訟の判決が2日、サンティアゴの裁判所であった。
    裁判所は、「性を理由とした暴力ではない」と指摘し、罰金約511万ペソ(約73万円)の支払いは不要だとの判断を下した。
    審査団体が問題視したのは、主人公・大空翼のライバル三杉淳が、女子マネジャーの頬を平手打ちした場面。2019年7月に放送された。三杉は、隠していた心臓の持病をマネジャーが勝手に翼に伝え、試合でわざと負けるように依頼していたことを知り、手をあげた。審査団体は20年2月にTVNに罰金を科した。
    判決によると、裁判長は、「(キャプテン翼は)暴力的なものではなく、サッカーに没頭した子どもたちの進化の物語だ」などとした上で、「(三杉の)攻撃性は、マネジャーが女性だからではなく、他人の秘密やプライベートを漏らしたために生まれたものだ」とした。

    読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20210204-OYT1T50129/

    【【チリ】「キャプテン翼」で女子マネジャーに平手打ち…「性が理由の暴力ではない」チリ裁判所】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2020/12/23(水) 13:28:21.83 ID:CAP_USER
    tirinankyokukiti
    南極で初の感染、36人陽性 新型コロナ全大陸に チリ軍発表

     (CNN) 南極大陸の最北端にあるチリ軍の研究基地で、36人が新型コロナウイルス検査で陽性と判定された。
     チリ軍がこのほど発表した声明で明らかにした。
     南極で症例が確認されたのは初めて。
     それまで南極は、新型コロナウイルスの感染が及んでいない最後の大陸だった。

     南極大陸最北端のトリニティー半島にあるチリの研究施設ベルナルド・オヒギンス・リケルメ基地は20日、同基地に滞在する兵士26人と職員10人が、新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたことを確認した。

     これに先立ち11月27日から12月10日にかけて同基地への物資輸送の支援にあたっていた軍の艦艇で、少なくとも3人に陽性反応が出ていた。

    (略)

    CNN 2020.12.23 Wed posted at 10:10 JST
    https://www.cnn.co.jp/world/35164259.html

    【【新型コロナ】南極で初の感染、36人陽性 新型コロナ全大陸に チリ軍発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/07/31(金) 08:08:02.56 ID:CAP_USER
    fusetu

    韓国がインターネットを通じてやりとりする音声・データの約98%は海の下に設置された光ケーブルを通じて大陸の間を移動する。1990年代から活発に成長した海底光ケーブル産業は5世代移動通信(5G)の普及などで最近需要が急増した。リサーチ会社「マーケット・アンド・マーケット」によると、今年の市場規模は約130億ドル(約1兆4000億円)。日本・米国・フランス会社が先頭に立っている中で韓国・中国も頭角を現わしている。

    このような海底光ケーブル市場に米中葛藤の影響が広がっている。29日、日本経済新聞(日経)はチリ政府が一番目の海底光ケーブルプロジェクトを進めて事業の受注に出た日本と中国の中で日本が提案したルートを選択したと報じた。本来中国通信会社「ファーウェイ(華為技術)」が最も有力な事業者に選ばれたことがあり、「ファーウェイ打倒」を叫ぶ米国の影響が働いた結果だという見方がある。

    東京から始まってオーストラリアとニュージーランドを経由してチリに達する約1万3000キロメートルの光ケーブルを埋設する今回の作業は約600億円規模となっている。まだ事業者は決まっていないが、日本ルートが選択されたため、今後日本企業が事業を受注する可能性が大きいと日経は伝えた。

    中国は上海からチリに直接入るルートを提案した。チリ政府はコストや実用性から日本のルートが「最も薦められるルート」と決定の理由を明らかにした。

    だが、本来この事業はファーウェイが担当すると予想されていた。中国はチリの最大輸出対象国であるうえに、中国政府と企業がともに出て事業受注に精魂を込めてきたためだ。チリのセバスティアン・ピニェラ大統領が4月中国を訪問した時、ファーウェイは「チリにデータセンターの投資に協力する」と約束した。

    米国は黙っていなかった。マイク・ポンペオ米国務長官はピニェラ大統領の訪中直前にチリを訪れて「ファーウェイは中国政府にコントロールされており、国民をリスクにさらす」と公開的に警告した。このような米国政府の持続的な圧力でチリが経済性を強調した中国の代わりに日本の提案を選択した可能性が大きいという分析が出ている。

    米国は海底光ケーブルを通じて情報が中国に流れることで中国共産党に悪用される可能性が大きいと主張してきた。米法務省は6月グーグル・フェイスブックの主導で推進している米国-香港間通信用海底ケーブル構築事業にも同じ理由で反対を示した。

    日経によると、現在の海底光ケーブル網事業は米国「TEサブコム(SubCom)」が約40%、日本「NEC」が約30%、フランス「アルカテル・サブマリン・ネットワークス」が約20%で、3社が世界市場の約90%を占めている。

    ファーウェイは2012年から海底光ケーブル会社「華為海洋網絡(ファーウェイ・マリン・ネットワークス)」を設立して短期間で4位の会社として存在感を高めた。しかし、昨年米国の制裁が続き、海底ケーブル事業を売却すると発表した。中国の光ケーブル生産販売企業「亨通光電」が買収を推進中だと伝えられている。

    中央日報 2020.07.31 07:51
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/268689?servcode=300&sectcode=320

    【【韓国報道】海底ケーブル事業にも広がった米中覇権競争…チリ、中国の代わりに日本ルートを選択】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/09/03(火) 07:52:04.55 ID:CAP_USER
    no title置換


    安全保障上の理由による日本の対韓輸出管理厳格化をめぐり、韓国政府が8月末にチリで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)関連会合で日本批判を展開したのに対し、議長を務めたチリの外交官が、2国間の問題をAPECに持ち込むべきではないと韓国側をたしなめていたことが2日、分かった。複数の交渉筋が明らかにした。

     韓国外務省の発表などによると、チリ南部のプエルトバラスで8月30日に開かれたAPEC高級実務者会合で、韓国外務省のユン・ガンヒョン経済外交調整官が、日本政府が、輸出管理で優遇措置を与える「ホワイト国」から韓国を除外した措置に言及した。

     ユン氏は「日本が歴史的な問題に起因して発生した政治的葛藤を解決するために、貿易規制措置を一方的に断行した」と主張し、「深い遺憾」を表明。日本の措置は「グローバルサプライチェーン(供給網)を毀損(きそん)する」と訴えた。

     これに対し、経済産業省の柏原恭子特別通商交渉官は「貿易管理の運用変更であり、手続きを踏めば輸出でき、グローバルサプライチェーンに悪影響は及ぼさない」「地域統合や貿易投資の自由化を議論するAPECとは無関係の問題で、韓国側の発言は遺憾だ」と反論した。

     交渉筋によると、この後、議長を務めたチリ外務省の多国間経済関係局長が「韓国の発言は残念だ」と述べ、「APECの場に2国間の問題を持ち込むべきでない」と注意した。

     韓国外務省は8月31日付の報道発表で、高級実務者会合での韓国側の主張や日本側の反論を明らかにしたが、議長の発言には触れず、「不都合な真実」は隠した形だ。このため、韓国聯合ニュースの8月31日の報道も、会合での日韓の主張を紹介するにとどまっていた。

    産経ニュース 2019.9.3 05:00
    https://www.sankei.com/world/news/190903/wor1909030004-n1.html


    【【議長国チリ】韓国の日本批判を注意 「韓国の発言は残念だ」「APECの場に2国間の問題を持ち込むべきでない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/04/29(月) 15:19:25.38 ID:CAP_USER
    8B6762A3-4BFE-4147-990A-64235F2DA8AD

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は29日、韓国を訪れたチリのピネラ大統領と首脳会談を行い、中南米4か国による太平洋同盟(PA)に韓国が準加盟国としてメンバー入りする問題などについて議論しました。
    太平洋同盟は、メキシコ、コロンビア、ペルー、チリの中南米4か国が参加して2012年からスタートした貿易自由化の枠組みで、中南米の国内総生産=GDPの38%、貿易の50%を占めています。
    文大統領は会談で、太平洋同盟に準加盟国としてメンバー入りしたい意向を表明し、これに対してピネラ大統領は、太平洋同盟の次の議長国として積極的に協力すると応じました。
    また両首脳は、アジアと中南米をつなぐ中心国として、韓国とチリが両地域のFTA=自由貿易協定のネットワークをともに構築するなど、共存共栄のため協力することで一致しました。
    さらに、2003年の韓国・チリ間のFTA締結以降、年間の貿易額が63億ドルと4倍に増加したことを評価し、新たな国際経済の環境に合わせて両国間のFTAを見直すことにしました。
    ピネラ大統領は、韓半島の完全な非核化と平和定着に向けた韓国政府の努力を引き続き支持すると表明し、文大統領はこれに感謝の意を表しました。

    KBS 2019-04-29 14:09:00
    http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=71899


    【【中南米4か国による太平洋同盟】韓国チリ首脳会談 韓国の太平洋同盟への参加など議論】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: あずにゃん◆vq4yK0L4gQ 2018/09/12(水)09:05:14 ID:???
    no title
     
    ※『AP』は11日、「チリ代表MFのディエゴ・バルデスは、韓国での差別的ジェスチャーを謝罪した」と報じた。
    日本代表との親善試合が北海道胆振東部地震の影響で中止となり、混乱の中で11日に行われる韓国との試合に向けた移動を行ったチリ代表。
    10日に水原駅に到着した選手たちは、韓国のサッカーファンとそれぞれに写真を撮っており、その中でディエゴ・バルデスのジェスチャーが大きな波紋を呼んだ。

    指で目を細めるような行動をしており、これはアジア人の容姿を表したもの。南米や北中米地域ではよく見られるものである。
    しかしこれが今回も「差別的ジェスチャーである」と広く話題になり、バルデスには大きな批判が寄せられることになった。

    それに対してディエゴ・バルデスは今回「SNSにある写真に関係したものは決して僕の意図したことではなく、誰かが憤慨したのであれば謝罪したい」と公式に誤りを認めたとのこと。


    2018年9月11日 19時0分 Qoly
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15290885/

    【韓国で「差別的ジェスチャー」炎上のチリ代表MF、謝罪に追い込まれる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2018/09/13(木) 08:54:26.20 ID:CAP_USER
    水原ワールドカップ競技場の電光掲示板(写真=大韓サッカー協会)
    no title


    「SAY NO TO RACISM」(われわれは人種差別に反対する)

    11日、韓国とチリのAマッチが開かれる前に水原(スウォン)ワールドカップ(W杯)競技場の電光掲示板に流された文章だ。国際サッカー連盟(FIFA)の人種差別反対のフレーズが韓国Aマッチに露出したのは初めてではない。だが、フレーズが目についた理由はチリ選手団の相次いだ人種差別行為のためだった。

    特に、問題となったチリのMFディエゴ・バルデス(モレリア)が紹介される時はブーイングが浴びせられていた。その時、競技場の電光掲示板には人種差別に反対するFIFAのスローガンが流れた。「SAY NO TO RACISM」は数回露出した。

    大韓サッカー協会も12日、該当写真を公式SNSを通じて公開して「それぞれ違う肌色を持っているとしても、それは重要なことではない」として「風が見せる光を見ることができる、そのような目が必要だ」と指摘した。

    8日、入国したチリは4日目にして2度も人種差別議論を起こした。先に、バルデスが韓国ファンと写真を撮って両目の横に人差し指をあて、吊目(目尻を外側へ伸ばすような)ポーズを取った事実が10日、知らされた。

    また、チリメディアの「アライレリブレ」は10日、MFチャルレス・アランギス(レバークーゼン)がソーシャルメディア(SNS)に掲載した動画を紹介した。

    この動画には水原の街中を歩いていたDFマウリシオ・イスラ(フェネルバフチェSK)がスペイン語で「目を開けろ。野郎ども(Abrelosojos.weon)」と話している姿が映されている。

    動画には目を細めている顔文字まで添付した。バルデスとイスラは相対的に目の小さい東洋人を侮辱したという疑惑がもたれている。

    非難が強まるとバルデスは10日、謝罪文を掲載してSNSを非公開に切り替えた。チリ監督のレイナルド・ルエダ氏は10日、記者会見で「人種差別論争」に対して「サッカーのことだけ話そう」と言及を避けた。

    韓国のSPOTVNEWSによると、人種差別に反対するスローガンの露出は競技当日に決定された。サッカー協会関係者はメディアを通じて「スローガンの露出が初めてではない」としつつも「(競技前)人口差別論争もあったため」と説明した。


    2018年09月12日17時09分  中央日報
    https://japanese.joins.com/article/088/245088.html?servcode=600&sectcode=610

    【【サッカー】人種差別論争のチリに「警告」を発した水原W杯競技場の電光掲示板  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2018/09/11(火) 20:02:05.80 ID:CAP_USER
    スポテレビニュース
    2018-09-11 19:11

    no title


    韓国との親善試合のために来韓したチリの代表選手たちが連日、アジア人の小さな目を侮辱する人種差別行為で議論を起こしている。

    チリのメディア「アライリブレ」は、チリのDFマウリシオ・イスラが水原街を闊歩しながら「目を開けろ(Abre los ojos!)」と叫んだ映像を掲載して批判した。

    この映像は、チリのMFのアランギスが自身のインスタグラムアカウントに上げたもので、現在は削除されている。

    (中略)映像には、目が小さいアジア人を表現した絵文字も掲載された。

    チリは8日に韓国に入国し、9日に完全休息を取って水原で市内観光をした。このとき、あるIT店で韓国のファンと記念写真をしたバルデスが目を引き裂く人種差別行為をして論議になった。

    レイナルド・ルエダ監督に10日の公式会見で当該行為について尋ねると、「サッカーの話だけしよう」として立場を表明しなかった。

    この日の夜、バルデスは、自身のソーシャルネットワークのアカウントで謝罪した。しかし、アランギスとイスラが似た行動をしたことが伝わり衝撃を与えている。

    バルデスとアランギス、イスラはすべて韓国戦の先発メンバーに含まれた。

    http://news.nate.com/view/20180911n36453?mid=n1007

    【【サッカー】チリ代表がまた人種差別 韓国の街中を歩きながら「目を開けろ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: nita ★ 2018/05/19(土) 15:29:00.18 ID:CAP_USER9
    【5月19日 AFP】チリのカトリック教会の司教ら34人が18日、同国でのカトリック聖職者らによる児童性的虐待スキャンダルを受けて辞任する意向を明らかにした。フランシスコ法王(Pope Francis)時代のローマ・カトリック教会はこの問題でたびたび揺れているが、司教の代表団全員が大量に辞任するのは過去2世紀ではおそらく初。

     チリの聖職者による児童性的虐待の告発を受け、フランシスコ法王は同国の司教らをローマ法王庁(バチカン)に招集し、3日間の集中的な協議を行った。その後、同司教らは驚くべき声明を発表。

    「ローマにいるわれわれ全員は、各人の処遇を委ねるため、法王に辞任を申し出た」ことを明らかにし、「われわれが犯した深刻な誤りと怠慢によって、性的虐待の被害者、法王、神の民、そしてわが国チリに苦痛を与えたことを深くおわびする」と述べた。

     チリのカトリック教会の高位聖職にある数人は、1980年代と90年代に小児愛者のフェルナンド・カラディマ(Fernando Karadima)神父による児童性的虐待の被害者らから、虐待の事実を黙殺して隠蔽(いんぺい)を図ったとして告発されている。

     フランシスコ法王は17日、チリの司教らへの短い声明文の中で「正義を取り戻す」ために同国のカトリック教会への「改革」を約束したことを発表した。

     だが、チリのテレビ局「T13」が18日に暴露した、協議の最初にチリの司教らに手渡された10ページの極秘文書の中では法王はさらに踏み込んだ言及をしている。

     同文書は、「犯罪」と「未成年者に対するつらく恥ずべき性的虐待、権力乱用、聖職者らの善悪の観念について喚起。さらに、一定の司教を解任する措置は必要ではあるが「不十分」であるとし、チリのカトリック教会の「エリート主義者と権威主義者」の中でこうした性的虐待を許容した「根源」を調査するよう要請している。

    2018年5月19日 12:31 発信地:バチカン市国
    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3175209?act=all


    【【国際】チリのカトリック司教34人が辞意、児童性的虐待スキャンダル受け 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル