かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:バスケットボール

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/01/19(日) 17:25:49.49 ID:CAP_USER
    韓国プロバスケットボール連盟(KBL)が、人種差別に対して積極的に対応することを決めた。

    【関連】韓国プロバスケの帰化選手、ヘイト書き込みを公開して話題に
    https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=9104

    KBLは1月17日、選手たちの人権を保護するために10クラブの帰化選手や外国人選手を含め、すべての選手が人種差別の被害を受けたことがあるか調査する計画と発表した。

    被害状況が発覚した場合、法的対応に踏み切る予定だ。

    最近、全州KCCでプレーするラ・ゴンアが、人種差別を含む脅迫メッセージを受けていることを明らかにした。帰化して11年目を迎えたソウルSKのチョン・テプンも、同じような差別を受けた経験があると訴えた。

    KBLは「(韓国籍に)帰化した選手や外国人選手に、直接あるいはSNSなどの通信媒体を利用し、人種差別などの言語暴力を行う者を傍観しない計画だ」と強調した。

    また健全なバスケ観戦文化の定着させるために、KBL10クラブとさまざまな活動を展開する計画とも伝えた。KBLは「選手たちが試合に集中できるよう、制度や規定を整備する予定」と明らかにした。

    https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=9162
    スポーツソウル 2020年01月17日

    no title

    全州KCCのラ・ゴンア

    【【人種差別】表面化している韓国プロバスケ…連盟が「傍観しない」と対応に乗り出す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 3倍理論 ★ 2018/02/16(金) 14:04:10.82 ID:CAP_USER9
    スポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダゾーン)』を提供するPerform Group(パフォーム・グループ)は16日、2018年放送予定のスポーツコンテンツを発表した。サッカーコンテンツでは、今まで毎節最大5試合となっていたプレミアリーグとラ・リーガのライブ中継が全試合に拡大する。

    先日、ソフトバンク株式会社と『スポナビライブ』で提供するコンテンツを2018年2月9日からDAZNで提供することについて合意していたパフォーム・グループ。具体的なコンテンツは明らかにされていなかったため、発表が注目されていた。

    これまで両リーグを毎節最大5試合ライブ中継していたDAZNだが、今回の提携によって配信試合数が大幅に増加。世界で最も視聴者数の多いリーグであるプレミアリーグのビッグマッチや、バルセロナやレアル・マドリーの試合を欠かさず視聴することが可能となった。

    DAZNはこの2リーグ以外にも、イタリアのセリエAやドイツのブンデスリーガ、フランスのリーグ・アンを配信中。さらに、来シーズンからはUEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの中継もすでに決まっている。

    2017シーズンよりJリーグの放映権を取得したことで“黒船”として注目を集めるDAZN。日本におけるサッカーの視聴サービスという点においては、「一強状態」を築きつつあると言えそうだ。

    なお、DAZNはプロ野球の広島東洋カープ、東京ヤクルトスワローズ、阪神タイガース、横浜DeNAベイスターズ、中日ドラゴンズ、北海道日本ハムファイターズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスの計11球団の中継やプロバスケットボールのB.LEAGUE(Bリーグ)など、国内外130 以上のコンテンツ、年間 7,500 試合以上のスポーツを配信することも同時に発表している。

    gooニュース
    https://news.goo.ne.jp/article/goal/sports/goal-18kiuak6k5t9e1gxpckmioehzn.html

    【【サッカー】DAZN、プレミアリーグとラ・リーガ全試合中継を発表!サッカー中継は「一強時代」に 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル