かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:バーレーン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2021/06/11(金) 09:33:38.32 ID:EfhPcgu09
    barendemo

    中東バーレーンで、ワクチンを接種済みだった受刑者の男性(48)が新型コロナウイルスに感染して死亡し、政府に責任があるとして反政府デモが起きた。
    AP通信などが伝えた。国王が強権を握るバーレーンで、政府への批判が大規模な反政府デモに発展するのは異例だ。

    バーレーンの国営通信によると、刑務所に収監されていた男性は新型コロナに感染。
    ここ数日、人工呼吸器が必要な状況だったといい、健康省の監督下の医療施設で治療を受けていたが、9日朝に死亡した。

    新型コロナのワクチンは2月と3月に計2回、接種を済ませていたという。

    AP通信は、経緯を知る人権団体の話として、接種したのは中国のシノファーム製のワクチンだったと伝えている。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASP6B7780P6BUHBI02Z.html


    【【中国シノファーム製のワクチン】 接種済みだった受刑者の男性がコロナに感染して死亡、バーレーンで抗議デモ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2021/06/02(水) 09:14:04.31 ID:bvtZRbgW9

    sinofam
    世界で最もワクチン接種率が高くなっている国の一部で、新型コロナウイルスの感染者が再び急増、死者も大幅に増加している。

    感染者と死者が増えているのは、少なくとも1回は接種を受けた人の割合が最も高いセーシェル(72%)と、それに次いで高い水準にあるモルジブ(57%)、チリ(56%)、バーレーン(55%)、ウルグアイ(51%)など。

    ウルグアイはここ数週間、人口10万人あたりの死者数が最も多くなっている。
    モルジブとバーレーンは、5月中に報告された10万人あたりの死者数が米国、インドを大幅に上回った。

    また、チリ、セーシェルは、世界で最も早いペースで感染者が増加している。

    こうした国について専門家らは、人々の行動を制限してきた規制の解除を急ぎすぎたこと、
    それが国民に過度の安心感を与えてしまったことが原因の可能性があると警告している。

    バーレーンの保健省高官は感染者の急増について、検査数を増やしたことに加え、ラマダン(断食月)に人が集まる機会が増えたこと、ラマダン明けの祭り(イード・アル・フィトル)があったことなどを理由に挙げている。

    ただ、行動規制の緩和は、感染拡大の要因となるものの一つにすぎない。
    新たに出現する変異株が、再び感染者を増やし始める可能性もある。例えば、ウルグアイで(接種が進んだ後に)再び流行が拡大したのは、ブラジルで最初に確認された変異株(P.1)が主な原因とみられている。

    また、接種率が高い一方で感染者が増えているこれらの国では、多くが中国のシノファーム(中国医薬集団)製のワクチンを使用している。

    バーレーン、そして同じ中東のアラブ首長国連邦(UAE)はすでに2回の接種を完了した人を対象とするブースター接種も行っていることから、感染を防ぐことに対する同社製ワクチンの有効性について、懸念が高まっている。

    セーシェルの保健当局が5月中旬に明らかにしたところによると、同月第1週に感染が確認された人の3分の1以上は、接種を完了した人だった。

    この大半がシノファーム製の接種を受けており、同国の感染状況については世界保健機関(WHO)が調査を行っている。

    ヤフーニュース(フォーブス)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f248eabb32079cb387c9c31022a73e4f17dd9960

    【【死のファーム】 中国のシノファーム製コロナワクチン接種率が高い国で感染者・死者が急増】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 和三盆 ★ 2021/03/03(水) 13:59:47.06 ID:VbEl9xHv9
    il250
    2021/03/03
    バイデン米政権がイラン核合意復帰に向けた動きを見せる中、イスラエルとサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンの湾岸諸国が米国抜きの「中東版NATO」創設を模索し始めた。これら4カ国はいずれも米国の強力な同盟国。米国によるカショギ氏殺害事件の報告書公表で、米国とサウジ関係も悪化、“反バイデン”の現象が浮上してきた。

    ユダヤ人会議議長がサウジ紙で提唱

     エルサレム・ポスト紙などによると、4カ国による新しい軍事同盟結成の話が明るみに出たのは先月、「世界ユダヤ人会議」のロナルド・ローダー議長がサウジの英字紙「アラブニュース」に寄稿した一文だった。議長は中東がイランの脅威やコロナ禍に直面していることを指摘し、自主防衛の重要性を訴えた。

     事実上、米国の軍事的な傘から離脱して「中東版NATO」の創設を提唱したもので、「アラブ諸国はイスラエルをイランに対抗する唯一の信頼できる同盟国と見ている」と言及、イスラエルとアラブ世界の関係強化を強調した。議長のコメントは当然のことながら、イスラエル政府の思惑を反映してのことだったのは間違いないところだろう。

     もう一つ注目したいのは議長が寄稿した「アラブニュース」についてだ。同紙はサルマン国王の息子で、同国を牛耳るムハンマド皇太子の兄弟のツルキ王子が所有しており、サウジ政府のマウスピースだ。わざわざ寄稿させた背景にはムハンマド皇太子の意向が働いていたと見るのが普通だ。

     この記事が出た後の1月25日、イスラエルのテレビは4カ国が米国を外した軍事同盟結成を検討していると伝えた。イスラエル首相府当局者は確認を避けながら「中東のパートナーとの関係強化には関心がある」とコメント。エルサレム・ポストによると、首相府筋は4カ国が非公式に会談したことを認め、共通の敵であるイランの脅威を協議したことを明らかにした。

     イスラエルは長らくアラブ諸国の多くと敵対してきたが、昨年、トランプ前政権の仲介で、UAE、バーレーン、スーダン、モロッコと国交樹立で合意した。アラブの盟主であるサウジアラビアとは国交がないが、昨年11月、ネタニヤフ首相がサウジを極秘訪問し、ムハンマド皇太子と会談したと報じられた。

     イスラエルとサウジアラビアが急速に接近しているのは前政権とは違って両国と距離を取るバイデン政権への反発が背景にある。バイデン大統領はイスラエルのネタニヤフ首相とは就任後1カ月近くたってからやっと会談するなど冷淡さが目立っている。サウジに対しても、関係を「再調整する」とし、ベタベタだったサウジ王宮とホワイトハウスには隙間風が吹いている。

     4カ国の軍事同盟の秘密協議はトランプ前政権との間で培われた「米国との親密な構図」が崩壊したことに対する一つの反作用だろう。米国抜きの「中東版NATO」の結成に現実味は乏しい。むしろ、そうした動きを見せることで、「イラン核合意への復帰は容認しないし、自分たちを軽視することは許さなさい」というメッセージを送ることに狙いがあると言えるのではないか。

    https://wedge.ismedia.jp/articles/-/22345

    【バイデン「イラン核合意復帰へ」イスラエル・サウジアラビア・UAE・バーレーン「米国抜きで中東版NATO設立します」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/11/13(金) 04:30:14.13 ID:CAP_USER

    harifa

     バーレーン国営通信によると、ハリファ・ビン・サルマン・ハリファ首相が11日朝、治療を受けていた米国の病院で死去した。84歳だった。死因は明らかにされていない。ハマド国王の叔父で、1971年8月の独立以来、半世紀近くにわたり在職した。

     ハリファ首相は35年生まれ。ロイター通信はドイツでも治療を受け、今年3月に帰国していたと伝えた。遺体が国に戻った後、限られた人数で葬儀を行うとしている。

     バーレーンではイスラム教スンニ派の王族が実権を握り、多数派のシーア派住民を統治。国王が首相を任免する。(共同)

    毎日新聞2020年11月12日 23時34分(最終更新 11月12日 23時34分)
    https://mainichi.jp/articles/20201112/k00/00m/030/327000c

    【【訃報】バーレーンのハリファ首相死去 84歳 半世紀近くにわたり在職】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ブギー ★ 2020/09/14(月) 07:45:46.88 ID:kbf6wkvR9
     2F8332BF-B27F-4C5F-A255-13DD3B2159C8
     【カイロ共同】イスラエルとバーレーンの国交正常化合意を受け、オマーンは13日、パレスチナ問題解決に基づく地域の和平に向けた「具体的な一歩になる」と歓迎する声明を発表した。国営通信が伝えた。

     合意を仲介した米政権はオマーンにもイスラエルとの関係改善を促している。オマーンはイスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)が8月に国交正常化合意を発表した際も歓迎する声明を出した。

    ライブドアニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/18893314/
     

    【【国際】オマーンがイスラエルとバーレーンの国交正常化合意「歓迎」 地域和平へ「具体的な一歩」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (^ェ^) ★ 2018/10/21(日) 08:32:16.01 ID:CAP_USER9
    no title

    河野外相の中東出張「意味あるのか」 国民・桜井氏 

    ▼記事によると… 

    ・■国民・桜井充参院議院運営委員会野党筆頭理事(発言録) 
    河野外相の(中東)バーレーン出張は、意味があるかどうかよく分からないので、了解できないとの意思表示をした。(中国の国務委員兼外相の)王毅(ワンイー)さんと(訪問国数を)争ってやっているような海外出張ではあまりにひどい。 

    河野さんについては、よほどの国際会議、絶対に外相が出席しなきゃいけないものについては当然了解するが、そのほかのものについては認められないということで対応していきたい。(19日、国会内で記者団に) 

    10/19(金) 17:49配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000068-asahi-pol 

    ▼ネット上のコメント 

    ・よくわからないのに批判するなよ 

    ・これが日本の野党 

    ・国民民主って国民の足引っ張ることしかしないなあ 

    ・よくこんなコメント出せるな 

    ・どう考えてもエネルギー問題だと思うが野党勢力の見解だと違う答えが出るのでしょうか? (´・ω・`) 

    ・こんな奴らが与党狙うとか震えるわ 

    ・こんなア◯発言を取り上げることに何の意味があるの?? 

    ・この政党に政権任すことができないことを自ら露わにしていくスタイルw 

    ・民主党系野党「よく分からないから反対」 

    ・よくわからないなら黙ってろよwwwww
     

    【国民・桜井充「河野外相のバーレーン出張は、意味があるかどうかよく分からないので認められない」 ネット「これが日本の野党」「ア◯」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2018/04/02(月) 09:24:03.17 ID:CAP_USER9
    kataru
     
    ペルシャ湾岸で最小の産油国であるバーレーンは、1932年に原油生産を開始して以来最大の油田を発見した。同国国営通信が伝えた。

      バーレーン通信(BNA)によると、西海岸沖で発見されたシェールオイルと天然ガスは「バーレーンの現在の埋蔵量をはるかに上回ると考えられる」という。米エネルギー情報局(EIA)のデータによると、同国は現在、バーレーン油田で日量約4万5000バレルを産出。また日量約30万バレルを産出する油田の権益をサウジアラビアと共有している。

      バーレーンはバーレーン油田の生産能力拡大を目指す中で沖合のハリージ・アル・バーレーン海盆を発見した。BNAによると、コンサルティング会社ドゴリエ&マクノートンが油田を評価した。バーレーンは4日に油田の「規模や採取の実行可能性」に関する詳細を公表する計画だという。

    ブルームバーグ
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-01/P6J3EB6S972801

    【【エネルギー】バーレーン、1932年以来最大の油田発見-既存の埋蔵量を圧倒する規模 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル