かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:パクリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マカダミア ★ 2021/09/08(水) 13:53:39.35 ID:CAP_USER
    kr250
    先月、韓国から事業撤退したうどんチェーン「丸亀製麺」の店舗を使って無関係のうどん店が看板だけ変えて“コピー営業”していた問題で、店側が、7日までに店名をさらに変更したことがわかりました。当時のメニュー流用などは是正されましたが、製造方法などはコピーされたままとみられ、日本企業が海外事業から撤退する際の課題も見えてきました。(NNNソウル支局:原田敦史)

    ■突然の韓国撤退 コロナ禍で日本企業も苦境に

    「丸亀製麺が韓国から完全撤退したそうだよ」きっかけは、ソウル在住の知人からの情報でした。韓国在住の日本人としては、日本企業の撤退はショックでもあり、背景も気になります。

    運営元のトリドールホールディングスに取材をすると、韓国事業からの撤退は8月15日付とのこと。2019年7月以降、韓国で起きた日本製品の不買運動にともない売り上げが一時減少したものの、その後、回復。しかし、コロナ禍で、韓国では飲食店の営業制限が長引き、売り上げの回復の見通しが立たないことなどが理由でした。韓国では、最大12店舗を構えたものの、撤退時点では3店舗にまで減らしていました。

    8月25日、このことを報じると日本でも大きな話題になりました。背景や状況などをさらに調べる必要があると考え、翌日、店舗があった場所へ確認に向かうと意外なことが起きていました。

    (略)

    ヤフーニュース(日テレnews24)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/84af4b5794b104f04d40f07c5f2d2ba518243c56

    【【韓国】丸亀製麺“コピー店”さらに店名変更 メニュー流用は是正も製法はコピー 撤退時の課題も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: セレノモナス(愛知県) [KR] 2021/08/28(土) 09:07:47.06 ID:u5kDQ1mT0● BE:156193805-PLT(16500)
    pakurikankoku

    今月、韓国から事業撤退したうどんチェーン「丸亀製麺」。
    ソウルでは撤退後の店舗をそのまま使って、そっくりのうどん店が複数営業されていることがわかりました。
    いわば、「居抜きコピー営業」の状態。現オーナーを直撃取材すると、奇妙な言い訳が-。

    韓国・ソウルの繁華街、明洞(ミョンドン)。
    飲食店がたち並ぶ一角に行列を作るこの店は。
    最近オープンした“うどん屋さん”その名も「自家製麺 丸」。
    「あの有名店」に似ているように見えますが…それは、日本発祥のうどんチェーン「丸亀製麺」。

    記者「つい最近まで丸亀製麺があった場所なんですけど、外観はほぼそのままで、看板だけが『自家製麺 丸』に変わっていますね」

    実はここ、日本のうどんチェーン「丸亀製麺」が撤退した後に入居した店。
    外観や内装をほとんど丸亀製麺そのままに“コピー営業”している状態なのです。

    丸亀製麺といえば、日本のみならず、海外でもおよそ200店舗を展開する人気うどんチェーン。
    韓国では、最大12店舗を展開しましたが、長引くコロナ禍の影響などで売り上げが低迷し、回復の見通しが立たないことから、今月15日に韓国から撤退していました。
    そして残された3店舗のうち、少なくとも2店舗が、看板だけ変えて「自家製麺 丸」として営業していたのです。

    利用者「頻繁に店の前を通っていたのですが、店名が変わったことには気づきませんでした」
    別の店になっていたことを知らない人もいる一方で…
    利用者「味も同じだし、すべて同じだから利用者としてはあまり関係ないわ」
    あまり気にしないという客も。

    店のオーナーは取材に対し…
    「前の店とはまったく違うものだ。私もいま被害を受けています」
    「日本で見た店を参考にしただけ」だと“コピー営業”を否定。

    丸亀製麺を展開する「トリドール」は、消費者が誤解する可能性があるとして改善を要求。
    店側も誤解を避ける店舗にすると、合意したということです。

    日テレnews24
    https://www.news24.jp/articles/2021/08/27/10930528.html

    【【すると思ったら案の定】韓国撤退の丸亀製麺跡地でコピー営業「前の店とは全く違う、日本で見た店を参考にした」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ろこもこ ★ 2021/08/09(月) 08:09:19.54 ID:CAP_USER
    chkousoku
     中国は「一帯一路」構想の一環として、ASEAN諸国へ積極的に高速鉄道の輸出を推進している。完成すれば第1号となるインドネシア高速鉄道もその1つだが、積極的に海外輸出を進める中国高速鉄道に対しては、批判の声もあるようだ。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、中国高速鉄道に対して存在する批判のうちの2つを取り上げ、これに反論する動画を配信した。

     中国が2015年に受注したインドネシアの高速鉄道建設は、受注がほぼ確実視されていた日本から中国が横取りする形となった。これに対して日本からは反発の声があがり、「中国高速鉄道は新幹線のパクリ」との批判が出たほか、西洋諸国からは東南アジアへの高速鉄道輸出が「資源の奪略、対外拡張」と見なされ、「中国脅威論」まで出ている、と動画は伝えた。

     動画では、この主張に関して、日本から「技術提供」を受けたことは認めるが、技術提供を受けたのは日本だけではなく、ドイツ、フランス、カナダからも技術を取り入れたと指摘した。そのうえ、技術導入からわずか数年で「日本を超えて」自主開発できるまでになっているので、「パクリとの指摘は当たらない」と主張し、日本の非難には根拠がないとした。

     さらに、中国がインドネシア高速鉄道で受注を獲得したのは、工期が短く経済的負担をかけない中国案が選ばれたためだ、とあくまで正々堂々戦った結果だと強調した。「中国脅威論」については、インドネシアはユーラシア大陸の心臓部に位置してはおらず、3億人に迫る人口大国で将来性ある国なので、高速鉄道プロジェクトを理由に米中のどちらかにつくことを定めることはないと主張している。したがって、インドネシアでの受注獲得と「地政学的な競争」とは無関係だとした。

     動画では、中国高速鉄道はあくまで海外から技術を導入したうえでの自主開発だと主張しており、海外輸出は単純なビジネスで政治的な目的はないと論じているが、これだけむきになって反論するところを見ると、やはり何か後ろめたいことがあるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1701283?page=1


    【【中国の動画サイト】中国高速鉄道は「日本を超えて」自主開発できるまでになっているので、「パクリとの指摘は当たらない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ろこもこ ★ 2021/08/05(木) 07:46:11.13 ID:CAP_USER
    dac5bb330bd58f0322405ba125351f64

    2021年8月2日、韓国・毎日経済によると、韓国のセブンイレブンが、韓国内のコンビニで現在販売されている弁当の中で最も低価格となる2200ウォン(約209円)の弁当を発売した。新型コロナウイルスの影響でコンビニエンスストアの弁当製品の需要が増えたことを受けたものだという。コンビニ弁当の平均価格は4000ウォン台となっている。

    弁当は白米にウインナー、キムチ炒めというシンプルな構成で、主に弁当は汁物料理と一緒に購入されることが多いことに着眼し、重量は201グラムと、量的に負担にならない商品として開発したという。単品で軽めの食事になる他、カップラーメン、スープ、インスタント食品など、他のメニューと一緒に食べることを想定しているのが特徴だとしている。

    ところが、これを見た韓国のネットユーザーからは「日本の弁当をパクった」と主張する声が上がっている。指摘されているのは、日本のローソンストア100が6月に発売した200円の「ウインナー弁当」で、「ローソンが10年かけて開発したもの」とのニュースは韓国のネット上でも話題となっていた。

    その他「隔離されている兵士のごはんより良さそうに見える」「キムチとウインナー数本…。食べながら涙が出そう」「こんな弁当を食べなきゃならないほど、この国は疲弊してるのか」「これを食べるくらいなら、キムパプ(のり巻き)を1本買って食べたほうがいい気がする」「ラーメンと一緒に食べる軽めの弁当という試みはいいと思う。パックのご飯とキムチを別々に買うよりいいよ」など賛否両論が上がっている。(翻訳・編集/麻江)

    표절의 나라 ... jpg

    - 2021년 7월 출시한 일본 200엔 도시락
    - 2021년 8월 출시한 한국 이딸라 도시락

    (국내야구갤러리) https://t.co/CFmbnXLUVt pic.twitter.com/FNVmrerDl0
    — Archive (@agit00) August 2, 2021

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b880414-s25-c30-d0195.html


    【【韓国】日本が10年かけて開発した弁当、韓国でさっそくパクリ商品が登場?=ネットには賛否の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ろこもこ ★ 2021/07/22(木) 08:16:37.69 ID:CAP_USER
    kr250

    2021年7月20日、韓国・スポーツ京郷によると、韓国の人気グループ・BTS(防弾少年団)の大ヒット曲「Butter」に盗作疑惑が持ち上がった。

    記事によると、韓国のインターネット掲示板に「『Butter』があるゲームのBGMに酷似している」と主張する書き込みがあった。そのゲームとは、KONAMI(コナミ)が1992年に発売した「モンスター・イン・マイ・ポケット」で、問題のBGMはステージ4で登場するという。

    これに対し、韓国のネットユーザーからの意見は真っ二つに割れている。

    掲示板には「一般人が聴いても非常によく似ている」「イントロが同じ」「イントロだけでなく、繰り返し似ている部分が登場する」「これは盗作に間違いない。でも本人たちは認めないだろう」と賛同の声が上がった。

    その一方、「どこが似ているのか分からない」との反論や、「似ているのは最初の5秒くらいだから問題ない」「人間が作った作品は全て100%創造とは言えない。結局は人間の経験から生まれるものだから」と指摘する声、また「所属事務所の立場発表を待とう」との呼び掛ける声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b879746-s25-c30-d0191.html


    【【盗作韓国】BTSの大ヒット曲が日本のゲームのBGMとそっくり!韓国ネット「似ているのは最初の5秒くらいだから問題ない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2021/07/17(土) 23:37:59.55 ID:CAP_USER
    線香製造企業「インセンスワールド」、2代目線香文化を蘇らせて
    パク・スンチョル記者

    写真=「インセンスワールド」提供
    no title

    no title


    [ジョブポスト] パク・スンチョル記者 = 2代で香を製造しているソンヒャン製造企業「(株)インセンスワールド」(代表ソン・ソンヒョン)は、現在韓国で製造されている線香の90%以上を製造している。 「(株)インセンスワールド」の本社は、利川(イチョン)ドジャギ村の入口に位置する。

    香は線香と竹香の二つに分けられる。竹香はインドから伝わって来た香で、竹木スティックに香料を加え練り上げた形のもので、線香は竹木スティックなしで、香料を材料そのまま細長く作るもので、我が国と日本の伝統的な香である。線香と竹香は見た目の違いもある。線香は上から下まで同じ太さになっている。インドから伝わった竹香は、下の部分が薄いというのが外形的特徴だ。日本の線香は、我が国から日本に渡った文化としても見ている。わが国では、ほぼ消え失せた線香が、日本では発展に発展を重ねた。

    ソン代表は、香の製造企業を経営していた父親の影響で、幼い頃から身近で香に接しながら成長した。中学生時代に日本を訪問したとき、日本で定着した大衆的で優秀な線香の文化に驚いたソン代表は、大人になったら「我が国に必ずや線香の文化を蘇らせたい」と誓った。 成人後に市場調査をして、日本を幾度も訪問して、発展した線香製造技術を学んで、研究を続けた。

    30歳になった年に、「インセンスワールド」を設立して、本格的に線香を製造しながら線香文化の普及に熱中し始めた。当時、一般人たちにとって香は寺や祭祀の時に焚くものだという認識が強くて、販売量はほぼ皆無だったが、ソン代表は続けて線香を知らせることに集中して、製品開発に熱中した。

    そんな中、済州で香を楽しむイヒョリの姿がテレビで映されて、香文化が大衆に知られると、ソン代表の努力が花を開き始めた。その後、オンライン上で「インセンス」関連キーワードで市場を形成して、線香を販売中だった「インセンスワールド」の販売量が急増し始めた。特に20~30代の女性に大きな関心を集め出した。自然にセレクトショップ、ファンシーショップなどで線香について関心を持ち始めて、OEM生産についての要請も殺到し始めた。

    ジョブポスト(韓国語)
    http://www.job-post.co.kr/news/articleView.html?idxno=28593


    【【バ韓国】 線香製造、2代目が線香文化を蘇らせて…日本の線香は、我が国から日本に渡った文化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/07/11(日) 09:33:19.13 ID:CAP_USER
    kr250
    ◆ジャーナリスト・崔 碩栄◆
     
    韓国において正月と秋夕(しゅうせき=陰暦のお盆=)は帰省のシーズンだ。日本でも、正月とお盆には帰省するという人も多いかと思うが、この時期に親族中が集まり、祖先の霊を祭るという伝統文化は韓国の方が色濃く残っている。
     
    ところで、昨年の秋夕の時期に韓国のメディアがこぞって紹介していた果物がある。日本で開発されたブドウの栽培品種「シャインマスカット」だ。
     
    ◆不買運動も関係ない人気
     
    秋夕の贈り物といえば、日本のお中元のように、毎年デパートやスーパーが特設コーナーを設置し、大々的な売り出しをする一大イベントだ。この秋夕の贈り物としてシャインマスカットが大流行していたのだ。
     
    昨年の秋といえば、日本が韓国向けの半導体素材の輸出管理を強化していたことで、韓国国内では日本製品不買運動が続いていた時期だ。しかし、シャインマスカット人気への影響は皆無だった。
     
    もちろん、韓国で売られていたシャインマスカットは、韓国内で栽培されたものだが、それが日本で開発された品種だということは韓国でも知られている。
     
    シャインマスカットが本格的に韓国市場に流通し始めたのは2014年から。市場に登場すると同時に人気が広まり、翌年から生産量が急増した。
     
    16年時点で278ヘクタールであった栽培面積は、20年には2913ヘクタールへと10倍以上に拡大している。同時に、中国、ベトナム、香港などへの大量輸出も始まった。今や「K-food」として韓国が国を挙げて海外に宣伝するまでに至っている。
     
    ◆少なくとも合法
     
    シャインマスカットを開発した日本から見れば、相当に腹立たしい状況だろう。
     
    しかし、新品種として海外での権利が保護されるためには(「植物の新品種の保護に関する国際条約〈UPOV条約〉」が定めた)12年までの申請が必要で、日本は国外での品種登録を行っていなかった。
     
    開発当時、輸出を想定していなかったためだが、結果として、日本の許可がなくても海外でシャインマスカットを栽培できるようになったのだ。そして、その隙をいち早く突いたのが韓国だ。
     
    「盗まれた」「ずるい」といら立つ日本人の立場は容易に理解できる。韓国内でも後ろめたく感じるという意見がないわけではない。しかし、韓国人の大多数は「少なくとも合法」と強気だ。
     
    私がここで思い出すのは、19年、慶尚南道教育庁が主導し、庁舎前に植えられていたヒノキ科の「カイヅカイブキ」を引っこ抜いてしまった事件だ。
     
    カイヅカイブキが日本の品種だとされていたからである。慶尚南道教育庁はカイヅカイブキが植えられていた場所に韓国固有種として知られる松を植えた。
     
    カイヅカイブキの受難は他の地域へと広がった。大邱の小学校、忠清北道の5校、長年そこにあり立派に育ったカイヅカイブキが除去され、韓国固有の樹木に植え替えられたのだ。
     
    そして当時、これらの行為は「日帝残滓(ざんし)」を清算する愛国的な行為として報道された。
     
    ◆日本由来だから引っこ抜く
     
    植物にも国籍(原産)を問い、これを排除の基準とする行為は、あまりにも排他的で危険な、はっきり言って非教育的な行為だ。これを教育庁が主導したという事実をどう捉えるべきか。
     
    現在、韓国の教科書には多文化共生や外国人移住者たちに対する理解、平等を訴える内容が多く記載されている。だが、「外国由来」という理由だけで、何年もそこにあったカイヅカイブキが排除されていく現実を目の当たりにした外国籍の子供たちは何を感じただろう。
     
    ここで、日本由来の品種だからとカイヅカイブキを引っこ抜いて、同じく日本由来のシャインマスカットの栽培に夢中になっている理由を考えてみる。
     
    それは、おそらくシャインマスカットが韓国人たちの「舌」そして「財布」、つまり「欲望」を満たしてくれる植物だからだ。
     
    もし、カイヅカイブキが黄金の実をつける植物だったなら、あるいはシャインマスカットのように甘い実のなる植物だったなら、おそらく韓国全域がカイヅカイブキで覆われていただろう。日本の批判など気にせずに。
     
    なぜなら、それは「合法」なのだから。

    2021年07月11日09時00分 時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021070900612&g=int

    【【盗人韓国】日本で開発されたシャインマスカットで稼ぎまくる韓国の矛盾】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2021/07/10(土) 20:53:15.57 ID:CAP_USER
    「米国スターバックス本社で 門前薄待もされました」
    [インタビュー]慶尚南道河東郡ユン・サンギ郡守
    ■放送:慶南CBS「時事フォーカス慶南」(昌原FM 106.9MHz、晋州 94.1MHz)
    ■制作:ユン・スンフンPD、イ・ユンサンアナウンサー
    ■進行:キム・ヒョヨン記者(慶南CBS報道局長)
    ■対談:ユン・サンギ郡守 (慶南河東郡)

    ・河東緑茶の在庫解消のために始め
    ・日本抹茶の秘法、石臼を辛うじて入手
    ・プレミアム級抹茶製造、米国スターバックス納品
    ・5年間、一度もクレームない
    ・納品追加要求、生産量が足りないくらい
    ・スターバックス本社の入口で門前払いされたことも

    ◇キム・ヒョヨン> 米国スターバックス本社を相手にマーケティングを行い、米国のスターバックスに抹茶を納品した方です。農水特産物の輸出を画期的に高めた方。ユン・サンギ河東郡守がスタジオに来られました。郡長さん,、お元気ですか。

    ◆ユン・サンギ>はい、おはようございます。

    ◇キム・ヒョヨン>任期は早くも3年経ちました。再選なので7年間郡政を率いたが、農産物の輸出で頭角を現わしました。

    ◆ユン・サンギ> 本当に感慨深いです。一番私の思いが強いのは、私たちの農産物を外国に輸出することです。約6-7年間で1億6千万ドルほど輸出されました。内需販売は約1,400億ウォンくらいでした。昔は緑茶などの農産物を生産したら、販路がなくてすごく大変だったんですが、これで解決できるじゃないですか。先日には私たちのカボチャを栽培して、日本側に6~7年間継続輸出していますが、最近だと、日本に河東カボチャを最高で去年1kg当たり700ウォンくらいだったのが、今年は800ウォンに引き上げて出荷しました。本当にやり甲斐がある。農民が栽培して、苦労して生産した農産物を、輸出市場や内需を通じて開拓してくれて、活路を開いてくれるから、これほど良いことはないです」

    ◇キム・ヒョヨン>最も代表的なのがスターバックス納品ですね。米国のスターバックスには、日本の抹茶が入るのではなく、河東の緑茶が納入されます。それもまた直接開拓したんですか?

    ◆ユン・サンギ>はい。河東でいつも問題になるのが、毎年緑茶の在庫がたまることです。それで、4年前から輸出をし始めてからは茶の在庫がなくなりました。また、輸出市場の価格も、抹茶をプレミアム級にし生産して輸出するので、価格帯がとても高いんです。安く売ることはないです。

    ◇キム・ヒョヨン>抹茶を作る技術や装備がなかったのでは?

    ◆ユン・サンギ>そうです。日本の京都の傍にある宇治地方で見られる日本の宇治茶が抹茶として世界最高なんですよ。その最高を作る秘訣を知りたくて、行ってみたら石臼だったということです。石臼は世界で一番かたい石で作ったんですが、それが日本でのみ生産されるんです、その石が。だから、そういった石を用いて石臼を作るために、石臼1台で3千5百万ウォンもします。

    ◇キム・ヒョヨン>売ることはあるんですか?外国に?

    ◆ユン・サンギ>売らないでしょう。特に、韓国にはその人たちが売ろうとしないので。私が人脈を通じて、京都に野村美術館館長が私と10年くらい親交があるんです。その方を通じて石臼を買って持ってきたので、現在、河東郡では石臼を50台保有しています。プレミアム級の生産ができる。

    ◇キム・ヒョヨン> 50台も?

    ◆ユン・サンギ> でも、私たちが一番悩んでいることは、抹茶を生産して無菌状態にした上で送らないといけないんですが、この殺菌機械が日本にしかないんです。世界中で。これを私が38億をかけて日本から買ってきて。大韓民国の無菌機を持つ郡は河東郡だけです。私がこれも注文して、生産するのに1年以上かかって。努力を沢山しなければなりません。黙って座っていたら、うまくいくことは一つもありません。

    ソース ノーカットニュース(韓国語)から抜粋
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=079&aid=0003525268
    no title

    no title

    【【韓国】 河東郡守ユン氏:米国スタバ本社で直接交渉、プレミアム級抹茶の輸出成功…日本抹茶の秘宝・石臼を入手し製造】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2021/06/30(水) 08:34:20.31 ID:CAP_USER
    『鳴梁』のなかで李舜臣(イ・スンシン)将軍の剣が本物同じ理由?「高麗伝統技術の15年のノウハウ」
    ・映画・ドラマ300本以上の小道具製作
    ・伝統刀剣の技術、日本の匠人から伝授され

    映画『鳴梁』で使用された長剣。忠武公李舜臣将軍が使用した長剣をそのまま再現している。 写真=高麗伝統技術提供
    no title

    no title
    [トゥデーコリア=キム・ドンイル記者] 韓国の固有の文化映像コンテンツである「史劇」。OTT(Over the Top)産業が発達しながら、史劇はもはや我が国だけでなく、海外の視聴者も楽しめるコンテンツとして、その座をつかんだ。累積観客数1700万人を突破して、今なお国内映画観客数1位を守っている『鳴梁』、ネットフリックスで電波に乗って海外で爆発的な興行を記録したドラマ「ミスターサンシャイン」だけ見ても史劇の人気を実感することができる。

    こうした史劇人気の秘訣には、当然ながら興味津々な脚本と監督の精巧なディレクティング、俳優たちの熱演ぶりがあろう。しかし、目に留まらなくても作品の完成度を決定付ける点がまだある。時代をそのまま再現したかのような衣装や武器などの装備・小道具がそれだ。特に、ジャンルの特性上、戦闘シーンが多い史劇の場合、剣のような武器小道具のクオリティは、劇への没頭度に大きな影響を与える。

    ■映画『鳴梁』の李舜臣将軍の剣を伝統技術で再現する
    伝統刀剣製作会社「高麗伝統技術」は、15年間積み重ねてきた伝統刀剣復元ノウハウを基に、韓国内史劇制作に必要な三国および高麗、朝鮮時代の武器文化に関する考証資料を適用して、放送小道具を製作・供給している。

    高麗伝統技術は、現在まで約300本以上の映画およびドラマ放送小道具を製作した。映画『鳴梁』、『最終兵器弓』、『安市城』、『鳳梧洞戦闘』、『南漢山城』、ドラマ『ミスターサンシャイン』、『緑豆の花』など彼らの手に入った小道具は、スクリーン中で伝統刀剣として、生まれ変わった。

    高麗伝統技術が常に上手くいっていたわけではない。最近まで放送業界では、費用などの問題で低価格の中国産小道具を多く使っていたが、今年3月にSBSの『朝鮮駆魔師』が放送廃止されたことで、放送小道具の重要性を再認識した後、再び高麗伝統技術を求める制作会社が増えてきたという。伝統技術を保有して、確実な考証を通じて信頼できる小道具を製作するという理由からだ。

    高麗伝統技術の関係者は、「最新装備と施設を活用した生産工場を備えて、これを通じて高品質な小道具を大量生産して、放送各社の要求事項を満たせるような多様な製品製作に努めている」と話した。

    ■日本刀剣匠人から伝授された技術力
    ムン・ジュンギ高麗伝統技術代表は、刀剣製作の技術を学ぶために、2006年に日本に渡った。彼は日本で5年間、刀剣長である「マツバイチロ」から刀剣製作についての全般的な技法を伝授された。

    日本で学んだ刀剣製作技術を会社の刀剣生産に適用して、昔、我々の先祖から日本に渡った技術を復元した。現在もマツバイチロ匠人と交流しながら、伝統刀剣について共同研究している。

    また、技術を韓国内に再び伝授して、我が国固有の刀剣を製作できる基礎を築いている。会社が保有している伝統刀剣の技術力が知られて、伝統刀剣の製錬技術を学ぶために、韓国内の有名鍛冶屋の子弟及び技術者、刀マニアたちが会社を訪れて、現在彼らに技術を伝授している最中だ。

    ■伝統文化と先端技術で鍛えた「刀」
    高麗伝統技術は2016年、未来創造科学部(※かつて存在した韓国の国家行政機関、現在は「科学技術情報通信部」。)が発足した「伝統ルネサンス事業団」に属して、様々な研究課題を遂行した。

    伝統文化と現代先端技術の融合・複合を通じた技術革新および産業競争力を強化するため、産学研の技術協力促進および伝統文化産業の基盤構築などを支援する「伝統文化融合研究事業」に参加した。(つづく)

    トゥデイコリア(韓国語)
    http://www.todaykorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=289535

    【【韓国伝統刀剣なんて無い】 映画『鳴梁』、李舜臣将軍の剣が本物みたいな理由は?昔、日本に渡った技術を復元。15年のノウハウ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2021/06/06(日) 00:29:51.92 ID:CAP_USER
    「歴史は4斧、食べ物は1斧」クンビョル先生、チェ・テソン合ってる? 逆転料理の腕前(新鮮劇)[昨日TV]

    [ニュースエン、ハン・ジョンウォン記者]
    no title

    歴史講師のチェ・テソン氏が逆転料理の腕前で笑いをとった。

    6月4日に放送されたMBC「ボルパルガン新鮮劇」の最終回では、「クンビョル先生」チェ・テソンの牛肉料理挑戦記が映された。

    チェ・テソンは牛肉料理がテーマである公開評価の挑戦者として登場した。 ソ・ジャンフンは「私が一番好きな歴史番組の出演者だ。すごく有名な方だ。でもここになぜお越しになったのか。間違って来た?」とあいさつした。(中略…)

    チェ・テソンは歴史講師であるだけに、歴史知識を見せた。チェ・テソンは韓牛の歴史も教えてくれた。
    チェ・テソンは、「日本に韓牛を奪われたというのは事実だ。収奪によって多様性が薄れた。私たちが思う韓牛は黄色牛だ。しかし、私たちの国の牛の色は非常に多彩だった。8種類から10種類ほどいた。高句麗壁画を見ると、黒牛、黄牛が描かれている。非常に多様な牛が存在していることが分かる。日帝強占期に私たちの牛を標準化させるという名分の下で、黄色い牛を基準にして、略奪した。日本の最も有名な牛は和牛だ。その和牛は黒牛の原種だ。済州島から黒牛を収奪したものだ」と明らかにした。

    ※長いので省略

    (写真=MBC「ボルパルガン新鮮劇」キャプチャー)

    ニュースエン ハン・ジョンウォン

    Newsen(韓国語)
    https://entertain.naver.com/read?oid=609&aid=0000450754


    【【韓国料理番組】 人気歴史講師「日本に韓牛を奪われたというのは事実…和牛、済州島から黒牛を収奪したものだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/05/27(木) 11:24:29.24 ID:CAP_USER
    ┃『味元味・塩ポップコーン』に続く味元ブランド第2弾、MZ世代の攻略に拍車
    ┃ラーメンに味元を加えてコクを極限に、レトロ感を盛り込んだパッケージ

    no title

    _______________________________________________________

    大賞(テサン)が国民的調味料である味元(ミウォン)の『NewTro( “新しい昔” という造語らしい)』な感性を盛り込んだ『味元ラーメン』を発売する。昨年10月に発売されて、MZ世代から大きな支持を得た『味元味・塩ポップコーン』に続き、第2弾の味元ブランド製品である。

    今回発売される味元ラーメンは、誰もが馴染み深いラーメンに味元を入れてコクをMAXファイヤーにしたのが特徴である。また、ニンニクと唐辛子でピリ辛な味を活かし、ユッケジャンベースの汁のさっぱりとした後味が際立つとメーカー側は説明した。製品のパッケージは味元のロゴと赤い神仙炉のデザインをそのまま適用し、見慣れていながらも新しいNewTroな感性を被せた。

    大賞が味元ブランド製品として初めて発売した『味元味・塩ポップコーン』は、発売から1か月で30万袋以上が売れて話題を集め、SNSを通じて認証ショット(記念の証拠写真)ブームを巻き起こした。

    大賞は味元味・塩味ポップコーンの成功を追い風に、味元ラーメンで国民的調味料である味元をMZ世代の共感を得る、馴染みの深いブランドに位置づけようという計画である。

    大賞の関係者は、「去る65年、間韓国人の味覚を守ってきた国民的調味料の味元がこれまでの古典的イメージを破り、MZ世代の共感を得る様々な変身を試みている」とし、「味元ラーメンが既成世代には昔の思い出を浮かべさせ、MZ世代には新しさと楽しさを与える製品になってほしい」と話した。

    一方、去る1956年に発売した発酵調味料である『味元』は『一つまみ』で食べ物のコクを引き上げられるのが特徴である。各種の食べ物に塩味をつける前に味元を先に入れるとナトリウムの摂取を約20~40%減らせるなど、ナトリウムの低減効果もあることが伝わって成長傾向を続けている。

    2014年には大々的なリニューアルを通じ、『パプチプ(めし屋)味元』のポップアップストアを運営して話題になっていた。昨年には味元を活用したレシピブック『味元食堂』を出版して、食べ物のコクだけでなく日常のコクを活かす味元のブケ(サブキャラ)、『ホン・ミウォン』を公開した。

    MBN(韓国語)
    https://mnb.moneys.mt.co.kr/mnbview.php?no=2020100912128042576&

    【【パクリ韓国】『味元(グルタミン酸ナトリウム)ラーメン』発売!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/05/20(木) 20:38:44.94 ID:YZU/MNX69
    nsachina

    <NASAが2011年に公開した「キュリオシティ」のCG動画にそっくりだと中国でネットが炎上>

    やっちゃったかもしれない──祝融のCG動画(左)と2011年のNASA動画 CHINA NEWS SERVICE/NASA

    5月15日、中国の火星探査車「祝融」を搭載した探査機「天問1号」が火星に着陸した。旧ソ連、アメリカに次ぐ3カ国目の着陸成功で、歴史的な偉業といえる。だが、中国の航空当局がその後公開した着陸の過程を示すCG動画が、米NASAの古い映像にそっくりだと物議を醸している。

    【動画】米中の着陸映像を比べる

    中国の国営メディアが放送した2分間の動画には、着陸機が周回機から切り離され、機体を制御しながら火星の表面に着陸する様子など、幾つかの重要な瞬間が描写されている。

    国営通信社の中国新聞によれば、動画を作成したのは、中国国家航天局(CNSA)の主要な請負業者である中国航天科技集団公司(CASC)の第5研究院だ。

    mars3.png

    動画は「祝融」が火星着陸に成功した翌日に公開されたものだが、これを見た人々の間から、2011年にNASAのジェット推進研究所(JPL)が制作したCG動画と似ている部分が多くあると指摘する声があがっている。

    JPLが制作した動画は、NASAの火星探査機「キュリオシティ」が2012年8月に火星着陸を予定していたなか、その前年である2011年6月に公開されたものだ。今回中国が公開した「祝融」着陸のCG動画は、画質はこのNASA動画よりも優れているものの、数多くの場面がこの動画から「着想を得た」もののように見える。

    mars2.png

    「許されない盗用」だと批判噴出
    2つの動画を比べてみると、エフェクトやタイミング、構図やライティングがよく似ている。探査機そのものの外見は異なるものの、動画のアングルや、着陸機(探査機)がパラシュートを開いて降下・着陸する部分の動画の組み立てなど、複数の箇所がまったく同じに見える。

    中国の一部ソーシャルメディア・ユーザーの間から、この「偶然の一致」についてのコメントが噴出。NASAの動画を参考にした、という程度の説明は彼らには通用せず、「盗用だ」と非難する声まであがっている。

    mars1.png

    あるユーザーは、「NASAのJPLが2011年に公開した動画をコピペしただけの動画だ。こんな動画を公開することは、中国の宇宙開発計画を貶める行為だ」と投稿。

    別のユーザーは「こんな風に構成をまるごとコピーするなんて許されない!」と書き込んだ。

    動画が「パクり」かどうかはともかく、中国の探査機が火星着陸に成功したことが、世界も認める偉業であることは確かだ。

    中国の古代神話に登場する火の神から名前をとった「祝融」は、2020年7月に「天問1号」に搭載されて打ち上げられた。祝融には合わせて13の装置が搭載されており、火星の北半球にあるユートピア平原で地質調査を行う予定。なんらかの発見があれば、同じく最新鋭の火星探査機「パーシビアランス」で探査を行っているNASAの科学者たちと共有される見通しだ。
    急ピッチで進む中国の宇宙開発

    中国は急ピッチで宇宙開発を進めており、4月には独自の宇宙ステーションの建設に向けて、中核施設「天和」の打ち上げを成功させた。重さ22.5トンの「天和」は宇宙ステーション全体を制御する役割を果たすモジュールで、宇宙飛行士の生命維持装置や居住空間を備えている。

    中国独自の宇宙ステーション「天宮」は、国際宇宙ステーションの5分の1の規模で、宇宙飛行士3人が滞在できるつくりになる予定。2022年までに完成する見通しだ。

    ジョン・フェン

    ヤフーニュース(NEWSWEEK)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1c4b10d823d216ef306f92ff2839479d983a117e


    【中国が公開した火星探査機着陸の過程を示すCG動画が、米NASAの古い映像にそっくりだと物議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/04/28(水) 10:05:16.84 ID:CAP_USER
    no title
     中国メディア・中国新聞網は26日、「北京無印良品」が再び日本の「無印良品」、すなわち良品計画を相手取って訴訟を起こしたと報じた。「パクリ」が元祖を訴えるという状況に、中国のネットユーザーも困惑の色を隠せないようだ。

     中国新聞網の動画ニュースが26日、「日本の良品計画が発表した声明は商業的な冒涜および不当競争に当たる」として、「無印良品」のブランドを持つ北京綿田紡績品有限公司が再び日本の無印良品を相手取って訴訟を起こし、北京市朝陽区人民法院が25日にオンラインで審理を行ったと伝えた。

     北京綿田紡績品は以前、自身が商標権を持つ「無印良品」のブランドを使い、日本の良品計画が中国でシーツやまくらカバーなどを販売しており、権利が侵害されたとして訴訟を起こし、2017年の1審判決で勝訴。良品計画は控訴したが、19年の2審判決でも北京綿田紡績品が勝訴し、良品計画が賠償金を支払った。

     報道によれば、北京綿田紡績品は、良品計画が19年12月に発表した権利侵害の影響排除に関する声明中の「一部商品カテゴリーにおいて『無印良品』の商標を他社に奪い取られた」という表現が、商業上で北京綿田紡績品を冒涜するものであると認識し、再度訴訟を起こした理由の一つとしているという。

     この件について、中国のネットユーザーのほとんどが「パクった側が元祖を訴えるって、どれだけ面の皮が厚いのか」「もはや究極のギャグにしか思えない」「この件に関しては、わが国のパクリブランドの不買運動をしたい」「オリジナルのブランドを持てないのか」「これでまた中国の無印良品が勝訴したら、中国の財産権法は不十分だし、商業界にとって大きな恥になる」など、「日本の無印良品」の正統性を認識し、支持する声を寄せている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

    サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1698737?page=1


    【【大朝鮮】中国の「無印良品」が日本の「無印良品」を訴える、中国ネットもあきれ顔「もはや究極のギャグにしか思えない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2021/04/27(火) 23:07:53.06 ID:CAP_USER
    花茶(コッチャ)文化振興協会 ソン・ヒジャ会長 花茶教育 日本に行く
    4月18日日本花茶教育大盛況、5月16日2次教育も早期接受終了
    no title


    4月18日、日本人を対象として始まった花茶文化振興協会ソン・ヒジャ会長の「花茶クラス」講義がかつてないほどに大きな関心を集めている。

    4月18日、コロナ19によって非対面ズーム講義形式で進行された我が国のワールドクラス第1次花茶教育が盛況の中、終わったことに続いて、来月5月16日の第2次花茶教育も受講生受付が早期に終了した。

    社団法人花茶文化振興協会のソン・ヒジャ会長は「日本人対象の1回目の花茶クラスが無事に終えられて嬉しい」と感想を伝え、「花茶の受講生募集をはじめ、講義のために尽力してくれた日本代表のシンカイミヤコ先生とクリヤマカズヨ先生。オオヤマミヨ先生、アン・ウンギョン先生ご参加いただいたみなさま本当にありがとうございました」と話した。<写真>

    今回、日本人を対象に実施している非対面オンライン花茶教育は、韓国ではソン・ヒジャ協会長が担当し、通訳は韓国内在住のオオヤマミヨさんが担当した。

    現在、日本ではシンカイミヤコ(新開ミヤ子/薬膳Salon代表, 全羅南道名誉広報大使)さんが、社団法人花茶文化振興協会の日本代表部の代表職を受け持ち、韓国の花茶について熱心に知らせており、クリヤマカズヨ(栗山和代 / 韓和茶style代表)さんが、「花茶は韓国だ」キャンペーンの広報大使職を担っている。

    今回の第1次花茶教育を通じて、自信を付けたソン・ヒジャ会長は、4月と5月にそれぞれ月1回「花茶クラス」を開講し、6月からは花茶マイスター資格証課程を新設して、本格的な韓国花茶教育に乗り出す計画だと述べた。 .

    今回の韓国花茶日本教育プログラムは、単に花茶教育で終わるのではなく、資格を取得した花茶マイスターたちが日本全域で「韓国花茶ブーム」を巻き起こし、花茶の販売および輸出にも拡大され、さらには韓国花茶文化の日本進出へ重要な足掛かりになると期待している。

    花茶文化振興協会は、昨年から日本、中国、エチオピア、スペイン、トルコなど8カ国と交流し、「花茶」の宗主国が韓国であることを知らせるため、「花茶は韓国だ」キャンペーンを進めているが、今回その初の成果で日本支部の花茶教育を実施することになった。

    花茶文化振興協会は現在、韓国花茶キャンペーンの内容を各国の言語に翻訳広報しているが、今年からはコロナ19で交流が活発でない部分を補完し、オンライン教育を通じた本格的な海外裾野拡大を試みる予定だ。

    ソン・ヒジャ協会長は、「オンライン教育を通じて、国内を越えて海外で花茶教育受講を希望する人に良質の教育コンテンツを提供するために、オンライン教育プログラムを企画することになった」とし、「今回の教育を通じて韓国が花茶の宗主国であることをより多くの人々に認識して記憶してほしい、花茶を国際化する模範事例となるよう努力したい」と話した。

    社団法人花茶文化振興協会は、現在MOU・MOAになっているフィリピンUPLB(University of the Philippines Los Baosos)の食品栄養学科Richard R. Navarro教授と協力して、海外で受講を希望する人のために、オンライン教育対象を拡大する計画だ。

    <写真説明:右側二番目ソン・ヒジャ会長、三番目シンカイミヤコ日本支部長>
    no title


    キム・ヨンハク記者

    MDジャーナル(韓国語)
    http://www.mdjournal.kr/news/articleView.html?idxno=34122

    【【パクリの韓国文化】 「日本人対象の講座が盛況」花茶教育、日本に行く 「花茶(コッチャ)」の宗主国が韓国であることを知らせる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2021/02/25(木) 20:07:04.19 ID:CAP_USER
     長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)で朝鮮人の少年徴用工が劣悪な環境で働かされていたとする韓国の児童用絵本の挿絵が、終戦直後の東京・品川の浮浪児や日中戦争時に中国の密偵を撮影した写真と酷似していることが25日、分かった。軍艦島の元島民らでつくる「真実の歴史を追求する端島島民の会」や産経新聞の調べで判明した。軍艦島とは無関係の写真を基に描いた事実とは異なる挿絵を使うことで、誤った印象を与えた可能性がある。

     絵本は尹ムニョン氏が文と絵を描き、2016年に韓国で出版社「ウリ教育」から発刊された「軍艦島-恥ずかしい世界文化遺産」。朝鮮人の少年が軍艦島に強制連行され、45度を超える暑さの中、連日12時間近く働かされたなどと日本の加害性を強調している。日本兵が少年をムチでたたき、朝鮮半島出身者とみられる人が逆さづりにされたシーンもある。

     問題の挿絵の一つは、10人以上の少年たちが裸でおりに閉じ込められ、鉄格子に寄りかかっている姿などを描いたもの。端島島民の会の調べによると、この挿絵は昭和52年出版の写真録「日本現代写真史 1945-1970」(平凡社)に収められた浮浪児の写真と構図が酷似している。21年に東京・品川で撮影され、「狩り込みで少年保護所に収容された浮浪児」との説明がある。

     さらに、朝鮮人の少年が日本兵から尋問されている絵も12年8月8日に従軍カメラマンが中国で撮影した写真と構図が重なる。この写真は52年出版の「1億人の昭和史10 不許可写真史」(毎日新聞社)に収録されており、「中国軍密偵を調べる憲兵隊 左側は現地採用の通訳」との説明書きがある。

     作者の尹氏は産経新聞の取材に対し、絵本は1983年に韓国で出版された「写真記録 日帝の侵略 韓国 中国」の写真を参考にしたとウリ教育を通じて回答し、軍艦島と無関係な資料を基にしたことを認めた。ウリ教育は「ストーリーはフィクションだ」と強調し、「韓国では写真を参考にイラストを描くことは許容されている」と述べた。

     元島民の中村陽一さん(82)は「無関係な写真を使って絵本を作るとは、どこまで端島をおとしめれば気が済むのか。絵本の回収、謝罪を求めたい」と強調した。


     軍艦島をめぐっては、平成27年の世界文化遺産登録に際し、韓国が官民挙げて反対した経緯がある。

    産経新聞 2021.2.25 18:41
    https://www.sankei.com/smp/world/news/210225/wor2102250024-s1.html

    no title

    no title

    韓国の児童用絵本「軍艦島-恥ずかしい世界文化遺産」

    no title

    平凡社が昭和52年に出版した「日本現代写真史」

    【【また捏造する韓国】軍艦島「朝鮮人少年虐待」描く韓国絵本 無関係資料から作画 作者認める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2021/02/24(水) 20:09:25.14 ID:SSNdS4BX9

    shin【新アカウント】@shin_shr201111 午後8:43 ・ 2021年2月22日
    【悲報】#ロッテ のネット通販サイト
    『ロッテオン』で[#日本人殺害ごっこおもちゃ]が販売されてしまう…

    『伊藤博文暗殺劇セット』
    no title

    『日本兵降伏死闘劇セット』
    no title


    そんな…韓国さん
    [日本人殺害ごっこ]を子供にさせるヘイト国家なの?
    旭日旗で販売中止ならロッテオンは閉鎖が妥当だよね?
    https://twitter.com/shin_shr201111/status/1363816557319622661


    【【韓国】ロッテの通販サイト、「日本人殺害ごっこの玩具」を販売してしまう…『伊藤博文 暗殺劇セット』など】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2021/02/07(日) 22:50:35.90 ID:CAP_USER
    no title

    ▲京畿道の二次災害基本所得支払い過程の広報物に日本アニメ「デジモン」のパロディが使われているという論議に包まれた。写真上部は、京畿道が今月1日のTwitter公式アカウントにアップロードした広報物。下の写真は、日本アニメ「デジモン」の一場面。/インターネットのオンラインコミュニティをキャプチャ

    二次災害基本所得を支給する京畿道(キョンギド)が政策広報過程で日本アニメ「デジモン」のキャラクターをパロディにしたことに対し謝罪文を出した。

    京畿道はこの日午後、公式SNSアカウントを通じて「広報企画官室で製作したデジモン アニメ関連パロディ コンテンツで不愉快に思った国民に心より謝る」と立場文を出した。

    それと共に京畿道は「二次災害基本所得に対する関心が高まり、日本アニメをパロディにした点について叱責を受けるようになった」として「弁解の余地なしに国民感情をくみ取れなかったコンテンツで、直ちに削除措置をとった」とした。

    京畿道は「該当コンテンツは去る1日始まった二次災害基本所得オンライン申請を広報するためのカードニュース」として「多様なクレジットカードと地域貨幣を選択できる点を強調しようと主人公がそれぞれ異なるカードを選択する姿のアニメパロディコンテンツを製作した」と説明した。

    また「新しくイラストを作成しコンセプトだけ引用したから問題ないだろうと安易に考えた。厳しい叱責を送ってくれた方々にもう一度謝罪の言葉を申し上げる」とした。

    京畿道は去る1日から公式ツイッターに二次災害基本所得申請方法を知らせるブログのアドレスを添付し、市郡別地域貨幣を紹介するデジモン キャラクターパロディ物を一緒のアップした。当該図は4人のキャラクターが一つの手にカードを持って顔の半分を隠す姿だ。

    それと共にそれぞれのキャラクターは「出たクレジットカード」「出たヨンイヌァイペイ」「出た水原(スウォン)ペイ」「出た京畿地域貨幣カード」等に言及した。

    該当広報物をめぐり、ある報道機関とオンライン コミュニティなどがデジモンのアニメ場面と似ているとし「日本アニメを無断盗用しているのではないか」「親日と違うか」「ライセンス取ってやってるのか」等の指摘が出た。

    チョ・チョルオ記者

    朝鮮日報(韓国語)
    https://www.chosun.com/national/national_general/2021/02/07/Y5ZGLD3S6BEWLB32GUJK4WOWJI/

    関連記事:もっと!コリア<京畿道、2月から「2次災害基本所得」支給…すべての道民に>
    https://mottokorea.com/mottoKoreaW/KoreaNow_list.do?bbsBasketType=R&seq=98290

    【【韓国】 京畿道、広報物に日本アニメ「デジモン」のパロディ使用→「国民感情くみ取れず不快にしたことを謝罪」して削除】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2021/02/05(金) 18:28:24.98 ID:CAP_USER

    kankokukokkiarenge
    一人称シューティングゲームオーバーウォッチが、旧正月を控えて韓国をテーマとしたスキンを発売した中で、 一部の中国ネチズンが「オーバーウォッチは中国文化を模倣する韓国に友好的だ」と不満を表わした。

    中国ネチズンは「最近数年間で韓国人たちが『すべての中国文化は自分たちのもの』と主張するのがひどくなる中、韓国のスキンを発売したオーバーウォッチに失望した」と主張した。

    また他の中国ネチズンは「主権と文化がない国は盗作だけに依存する」、「旧正月は春節をコピーしたのに、なぜ韓国だけ扱うのか」など、韓国が中国の文化を盗作したという主張を付け加え、糞とハエの形で太極旗を嘲笑した画像を上げたりした。

    NAVER(韓国語)
    https://j5crnhflvtn6zsmwdoaslwcgmq--news-naver-com.translate.goog/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=105&oid=008&aid=0004539749

    【【正論】中国人「韓国の旧正月は中国の春節のパクリ」「文化がなく盗作だけに依存する国」 韓国ネチズン激怒】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/02/01(月) 19:19:53.08 ID:CAP_USER
    6min2021.2.1
    中国ニュース拾い読み 
    “パクリ大国”中国にミッフィーそっくりの「アート」が登場! 作者の美大教授は「創作」を主張


    no title

    物議を醸したミッフィーそっくりの「鴨兎(ヤァトゥ)」Photo: 新浪微博

    田中淳
    Text by Jun Tanaka

    ウサギのキャラクター「ミッフィー」にアヒルのくちばしをつけたアート作品が中国で物議を醸している。作者の美大教授は「盗作ではなく流用をもとにした創作」と主張するが、近年は中国でも著作権への意識が浸透しつつあり、大きな批判を呼んでいる。


    アヒルのくちばしをつけたミッフィー

    中国8大美大の一角である、広東省・広州美術学院の教授で、跨媒体芸術学院長(インターメディア学部長)を務める馮峰(フォン・フォン)の作品が、1月15日以降、オンラインで騒動に発展している。

    広州市の日刊紙「南方都市報」によると1月1日、同市中心部の高級画廊・学有緝煕(XYギャラリー)で、馮峰の個展「鴨兎元旦(ラビットダッグ・エッグ)」が開幕した。展覧会は、観覧無料で子供も親しめる動物のキャラクターがテーマということもあり、連日、家族連れやカップルが会場を訪れている。

    「鴨兎(ヤァトゥ)」とは、馮峰が考案したウサギのキャラクター。その名の通り、黄色い鴨(アヒル)のくちばしを備えた兎(ウサギ)という容貌だ。ただそれは、どこからどう見ても、世界的なウサギのキャラクター「ミッフィー」そのもの。

    ミッフィーは、オランダのグラフィックデザイナー、ディック・ブルーナ(1927~2017年)が1953年に描いた絵本『ナインチェ』に登場する、擬人化されたウサギの主人公「ナインチェ・プラウス」のこと。英語でミッフィー、日本語でうさこちゃん、中国語で米菲兔(ミィフェイトゥ)などと呼ばれ、50以上の言語に翻訳され、絵本の販売数は累計8500万部超。英国のピーターラビットと並び、世界で最も有名なウサギと言える。

    広州の個展で人々が問題視したのは、馮峰の「鴨兎」はどれも、ブルーナが描いたミッフィーとまったく同じ構図で描かれている点だ。ミッフィーの「×」型の口に代わり、アヒルのくちばしをくっつけただけという安易な“創作”に、多くの中国人ネットユーザーが「厚顔無恥!」と怒りをぶつけた。

    (略) 

    https://courrier.jp/columns/230963/

    【【中国】“パクリ大国”中国にミッフィーそっくりの「アート」が登場! 作者の美大教授は「創作」を主張】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/01/28(木) 07:39:36.30 ID:CAP_USER9
    kr250

     いかにも韓国らしい「お笑い事件」があった。盗作=パクリが、ほとんど「韓国の国技」と言えることは、もはや韓国ウオッチャーの常識だ。しかし、パクリをするにしても、主要な部分の一部だけとか、自前の部分も少しはあるものだ。

     ところが、この「お笑い事件」では、ある作家が書いて文学賞を取った小説を、最初から最後まで「丸パクリ」したのだ。

     登場人物の名前を変えるとか、表現を少し変えるとか、そんな“努力”もしなかった。ネットで見つけた原作の全文を、そのままコピー&ペーストしたらしい。

     それをもって別の文学賞に次々と応募して、「第16回沙渓・金長生文学賞新人賞」「2020フォーチュン38文学賞大学部最優秀賞」「第7回慶北日報文学大展佳作」「第2回グローリーシニア新春文芸当選」「季刊誌『小説美学』2021年新年号新人賞」と、5つの賞をものにしたのだ。

     5つの文学賞の審査委員とは、どんな人々なのだろうかと思う向きもあろうが、原作自体が取った賞(白馬文化賞)も、韓国ネイバー事典に載っていない。日本で言えば、県レベルの文学賞なのだろう。そんな作品を、審査員が読んでいなかったとしても無理からぬことだ。

     むしろ、「いかにも韓国」らしいと、ますます笑ってしまうのは、この「丸パクリ」をした人物が、CBSラジオのニュースショーに堂々と出演して、自分の境遇や動機を語ったことだ。

    (略)

    夕刊フジ
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210128/for2101280002-n1.html 


    【笑うしかない“韓国のお家芸” 原作全文をそのままコピペした「丸パクリ小説」で5つの文学賞 日本製のスナック菓子をパクって…】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル