かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:フィリピン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2019/01/20(日) 09:01:05.17 ID:9aY/QA7x9
    94BE01D9-28DE-4806-ABC0-DAD2BBBB6E0C
     
     1トン当たり6ドル。昨年フィリピンに輸出され、国際的に問題となった韓国のプラスチック廃棄物=写真=の販売価格だ。現地に山積みになっているとされる廃棄物が6500トンであることからみて、輸出業者は3万9000ドル(約423万円)を稼ぐために、韓国に「ごみ輸出国」の汚名を着せたことになる。実際には輸出側、輸入側がいずれも廃棄物であることを認識しており、韓国の業者がフィリピンの業者に費用を支払い、廃棄物を搬出した可能性が指摘されている。韓国環境部(環境省)関係者は今月11日、「リサイクルが可能な廃プラスチックを輸出するように装い、ごみを違法処理する『二重帳簿』が存在する可能性がある」と語った。

    ■比メディア「輸入したのも韓国企業」

     今回の事件は、フィリピン関税庁が昨年7月、「合成プラスチックフレーク」として申告された輸入品のコンテナからおむつ、廃バッテリー、電球などが混ざったごみの塊が発見したことがきっかけだ。フィリピン関税庁は現地業者ベルデ・ソコ・フィリピンから1400トンのごみが入ったコンテナ51個を押収した。この業者が保有する土地からは韓国から持ち込まれたごみ5100トンが見つかった。

     事件が発覚すると、マニラ・タイムズなど現地メディアは、ベルデ・ソコ・フィリピンが韓国人が株式の半数を保有する韓国企業だとし、韓国企業同士の取引でフィリピンの国土が汚染されたと伝えた。フィリピン環境省のベニー・アンティポルダ次官はメディアの取材に対し、問題の業者には韓国人経営者がいる点を明らかにし、「速やかな対応が取られなければ、韓国人経営者にも法的措置を講じる」と述べた。韓国環境部は昨年、フィリピン現地に職員を派遣し、ごみの違法輸出を確認し、ごみを速やかに韓国に搬出することでフィリピン政府と合意した。それでもベルデ・ソコ・フィリピンと韓国側の輸出業者は「ごみではなく、リサイクルが可能な廃プラスチックだ」と主張している。環境部関係者は「(ごみは)フィリピン政府の確認が終わり次第、今月中にも韓国に返却される。原則として違法輸出した業者が返却費用を負担しなければならず、政府が代執行した場合でも、法的手続きを踏み、業者に費用を請求する」と説明した。


    ■東南アジアへのごみ輸出は公然の秘密

     今回の事件について、リサイクル廃棄物処理業界からは「ついにこういうことが起きた」という反応が聞かれる。1年前に中国が廃プラスチックの輸入を全面禁止するなど、韓国国内で行き場を失ったリサイクル品選別業者などは、東南アジアにごみを公然と違法輸出してきた疑いがある。首都圏のリサイクル分離選別業者の経営者A氏は「数年前までは廃棄物を回収してくると、空き瓶、古着、きれいなペットボトルなど高く売れるものを廃品として分別し、状態が悪いプラスチックなどは中国に輸出するか、韓国国内で埋め立て、焼却した。ところが中国に廃プラスチックを送れなくなり、ごみが山積みになってしまった」と説明した。ごみは出続けるが、処理できる業者は限られており、韓国での廃棄物処理費用は2?3倍に跳ね上がった。

     こうした状況に付け込み、リサイクル品選別業者に接近し、「カネを出せばごみを処理してもよい」と持ち掛ける「ごみブローカー」が登場した。ブローカーは一定の金額を受け取り、韓国国内でごみを無断投棄、違法焼却したり、国外にごみを輸出したりしているという。

    ■解決には韓国の廃棄物処理システム改善必要

     現在の法律ではリサイクル廃棄物の輸出業者はどんな品目を輸出するのか届け出を行い、品質評価書のみを提出すればよい。環境部と関税庁が書類を検討するが、廃棄物を実際にチェックしないケースが多いという。今回摘発された業者も書類上は「廃合成高分子化合物類(プラスチック)」を輸出すると届け出を行い、品質評価書も提出していた。環境部関係者は「いったん許可を受けて輸出された廃棄物については、輸入国が問題を発見できなければ、韓国政府としてできることはない。今回の事件を契機として、輸出届け出があったリサイクル廃棄物を全数調査しているところだ」と説明した。

     資源循環研究所のホン・スヨル所長は「韓国の廃棄物処理システムが改善されなければ、再び違法輸出が起きる。あまりに不足している廃棄物処理施設を増やし、廃棄物エネルギーなどさまざまな活用法を考えるべきだ」と指摘した。

    ライブドアニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15897790/

    【【国際問題】ゴミ輸出国である韓国、フィリピンメディア「輸入したのも韓国企業」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/01/05(土) 15:29:44.79 ID:CAP_USER
    E977A5EC-01E5-4E4E-8ECF-2E1DADE6F00D
     
    韓国型機動ヘリ「スリオン」(KUH1)=写真=のフィリピン向け輸出が公式に挫折したことが4日までに分かった。防衛事業庁(防事庁)の関係者は4日、「最近フィリピン政府から、米国製のブラックホーク(UH60)を購入することにしたという通知を受けた。駐比韓国大使館に連絡があった」と語った。

     韓国航空宇宙産業(KAI)と防事庁は昨年1年間、2500億ウォン(現在のレートで約240億円。以下同じ)規模のフィリピン向けスリオン輸出を重点事業として推進してきた。昨年6月にフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が韓国を訪れた際、国防部(省に相当)がソウル市竜山区の庁舎前にある練兵場でスリオンを展示したこともあった。

     だがスリオンは、価格競争力と安全性の面でブラックホークの壁を超えることができなかった。米国側は、スリオン10機を購入できる価格でブラックホーク16機を提供すると約束したという。

     フィリピン向けスリオン輸出の挫折で、KAIが昨年推進した大規模武器輸出計画は全て白紙と化した。先にKAIは、18兆ウォン(約1兆7300億円)規模に達する米空軍の高等練習機交換事業(別名TX事業)の受注戦にも臨んだが、最終的に脱落した。

     昨年は最悪の一年を過ごした韓国防衛産業界だが、今年も見込みは暗い。インド政府が推進している3兆ウォン(約2890億円)規模の複合対空防衛システム事業は、終盤になってロシアが受注戦へ参入してきたことにより難航しているという。

    梁昇植(ヤン・スンシク)記者 

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/05/2019010580004.html

    【【スリオン】韓国型機動ヘリ、フィリピン向け輸出が頓挫(朝鮮日報) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園 ★ 2019/01/04(金) 12:02:27.62 ID:CAP_USER9
    ph250
     
    フィリピンに設置の「慰安婦像」は撤去
    2019.1.3 20:03国際アジア

     【シンガポール=吉村英輝】在フィリピン日本大使館は3日までに、フィリピン北部ルソン島中部のラグナ州サンペドロ市に設置された、慰安婦を象徴するとした「少女像」が、撤去されたことを確認した。また、同市の広報担当者は同日、カタキス市長が近く、像に関して声明を発表することを明らかにした。

     像の除幕式は昨年12月28日に行われ、日本大使館が比政府に「遺憾」を表明していた。

     現地英字紙インクワイアラー(電子版)によると、設置場所はキリスト教系の高齢者介護施設の入り口。像は、ソウルの日本大使館前などに設置された像と同じ形で、施設の女性は除幕式に参加したフィリピン人から「戦時中に虐待された19歳の韓国少女」と説明されたが、「それが一体何なのか、みな不思議に思っていた」という。

     除幕式から2日後の先月30日、作業員が戻ってきて像の全てを撤去し、コンクリートの土台のみが残されたという。

     フィリピン大統領府は先月31日、「少女像」の設置は「私有地に民間の費用で建てられたもので、憲法で保障された表現の自由にあたる」と指摘。華人団体などが2017年12月、首都マニラの遊歩道に慰安婦を象徴するとして設置し、その後撤去された「女性像」とは、性格が「違う」と容認姿勢を示していた。

     ドゥテルテ大統領も、「女性像」の撤去については支持する一方、私有地に設置されるならば、日本への「侮辱」には当たらないとの考えを示していた。

     ただ先月31日に発表された大統領府声明では「すでに議論された(慰安婦)問題を不当に政治問題化することは控えるべきだ」との立場を表明。「いずれにせよ、日本は補償を含め過去の行為について心から償っている」と言及している。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/190103/wor1901030019-n1.html

    【【韓国、中国に痛手】フィリピン大統領府が声明「慰安婦問題を不当に政治問題化することは控えろ」「日本は補償済み」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2018/12/31(月) 20:27:48.93 ID:CAP_USER9
    no title

     フィリピン北部のサンペドロ市に28日、慰安婦像が設置されました。しかし、設置から2日後の30日に突如、撤去されました。  

     現地メディアによりますと、28日、ルソン島のサンペドロ市にある高齢者介護施設の敷地内に旧日本軍の慰安婦の銅像が設置されました。除幕式には市長のほか、韓国の堤川(チェチョン)市の前市長ら合わせて100人余りが出席しましたが、設置から2日後の30日に突如、撤去されました。慰安婦はサンペドロ市側の提案で設置されましたが、フィリピン政府の意向で撤去されたとみられます。慰安婦像を巡っては去年12月にもマニラ市内に設置され、その後、日本政府が遺憾の意を伝えたことなどから4月に撤去されています。

    テレ朝news
    2018-12-31 19:14
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000144287.html
    【【韓国の工作失敗】フィリピンにまた慰安婦像 盛大に除幕式も突如撤去 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/28(金) 20:51:45.53 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    ▲フィリピンに「平和の少女像」建設

    フィリピンで28日、韓国国民と現地地方都市が協力して日本軍慰安婦ハルモニを賛える「平和の少女像」を建設した。

    イ・グンキュ元忠北提川市市長はこの日午後3時(現地時間)、フィリピン北部ラグナ州サンペドロ市マグサイサイ通りにある女性の家で平和の少女像を除幕したと明らかにした。

    今回の少女像建設は昨年9月、忠北提川にある平和の少女像を訪問したカタキス、サンペドロ市市長の提案で推進された。

    除幕式には韓国代表団8人とカタキス市長をはじめとする地域代表など100人余りが参加した。

    イ元市長は「平和の少女像は怒りと憎しみを越えて女性の人権、社会的弱者に対する愛、人類の平和共存を望む私たちすべての念願」と話した。

    彼はまた「今回の平和の少女像建設が韓国とフィリピンの友好促進と世界平和に尽くすことを願う」と明らかにした。

    カタキス市長は「女性の人権と平和に対する希望がサンペドロ市で光と塩のように大切な価値を成し遂げるだろう」と話した。

    フィリピンでは今年4月、首都マニラにあった日本軍慰安婦被害者追悼銅像が日本側の強力な要請があった後、撤去されたことがあり、平和の少女像が日本の妨害を耐え抜くか注目される。マニラ追悼銅像は昨年12月、フィリピン国家歴史委員会と慰安婦被害者団体が建設したが、マニラ市が排水施設改善作業を名目に深夜に撤去して女性団体の反発をかった。

    ミン・ヨンギュ特派員

    聯合ニュース(韓国語) フィリピンに「平和の少女像「建設…今回は日妨害耐えるだろうか
    https://m.yna.co.kr/view/AKR20181228161100084

    【【慰安婦問題】 フィリピンに「平和の少女像」建設…今回は日本の妨害に耐えられるだろうか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/12/17(月) 18:27:29.43 ID:CAP_USER
    フィリピンの韓国大使館に押し掛けた環境保護団体のメンバーたち
    no title


    <世界最大のごみ投棄国で環境意識が高まったおかげで、行き場のなくなった韓国の廃棄物はフィリピンへ不法に輸出された──>

    フィリピン国民の間で反韓国、嫌韓国の感情が高まりをみせている。韓国から輸入された「再生可能なプラスチックごみ」のはずが、実は「再生不能の産業廃棄物」で、しかも約6500トンという大量のゴミだったからだ。韓国の送り業者がはっきりしない中、行き場を失ったハングルのかかれた大量のゴミは集積所などで悪臭を放ち、蚊やハエを発生させ、周辺住民に深刻な影響を与え始める環境問題に発展している。

    「フィリピンは韓国のゴミ捨て場なのか。早急に回収し、責任の所在を明確にせよ」と環境団体などの呼びかけで在マニラ韓国大使館にデモが押しかける騒ぎになっている。

    2018年7月と10月の2回にわたって韓国からフィリピンの産業廃棄物輸入業者のもとに届いたコンテナには再生可能な空のペットボトルなどの「プラスチック類のかけら」が入っているはずだった。フィリピン税関当局への書類にもその記載があった。

    ところがコンテナを開封したフィリピンの業者は中身が書類上のものとまったく異なることに仰天した。積み荷は輸入禁止の再生不可能な産業廃棄物や木材、洗濯機などの電化製品といった単なる「ごみ」で、輸入業者は「契約と異なる」として税関当局に被害を訴えた。

    ■韓国政府に回収を要求

    調査に乗り出した税関当局は、韓国側の輸出元が意図的にそうした「ごみ」を輸出したのかどうかは不明としながらも、韓国政府に対して厳しく抗議するとともに「ごみの早急な韓国への回収」を要求する事態となった。

    税関当局の調査では韓国からのゴミは7月20日と10月20日の2回に分けてフィリピン南部ミンダナオ島の北部に位置する東ミサミス州の港にあるフィリピン側の輸入業者に届いた。ゴミは合計6500トンで、5100トンと1400トンに分けて送られた。

    このうち5100トン分のゴミは輸入業者が所有する45000平方メートルの敷地に野積みにされ、高温と降雨などで悪臭が充満。水溜りでは大量のハエや蚊も発生するなど周辺住民の生活に影響を与え始めているという。

    残る1400トンのゴミは陸揚げされたものの港のコンテナターミナルに51個のコンテナに入った状態で放置されたままになっているという。

    こうした自国で処理できないゴミをわざわざ書類を偽ってまでフィリピンに押し付けるような韓国のやり方を地元マスコミも一斉に報道、韓国を批判したこともあり、国民の不満が爆発した。

    その結果、11月15日にはフィリピンの環境保護団体約140の連合体である「エコウェスト連合」の呼びかけで群衆がマニラ市内の韓国大使館前に集まり、抗議の声をあげた。さらに11月28日には「クリスマス前のゴミの韓国送還」を求めるデモ隊がフィリピン関税庁前にも押しかける騒ぎとなった。

    こうしたフィリピン側の強い反発を受けて韓国政府環境部もようやく重い腰を上げて大量のゴミの送還に向けた手続きを開始した、と地元マスコミは伝えている。

    【韓国からの「ごみ輸出」問題を伝える現地メディア】
    https://www.youtube.com/watch?v=Hg9b_RJYvt0&feature=youtu.be




    2018年12月17日(月)18時00分
    NEWS WEEK
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/12/post-11432.php

    【【比韓】フィリピンはゴミ捨て場か!と反韓の声 韓国業者が違法産廃を大量に「輸出」 韓国政府に回収を要求】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/12/12(水) 15:25:10.36 ID:CAP_USER9
    no title
     
     韓国航空宇宙産業(KAI)が推進していた韓国型機動ヘリ「スリオン」(KUH1)のフィリピン向け輸出が、事実上暗礁に乗り上げたことが11日までに分かった。韓国軍関係者は11日、「機動ヘリ事業を推進していたフィリピン政府が、機体部分に関する評価でスリオンよりも米国のUH60(ブラックホーク)に高い点数を付けた。韓国側では、企業協力や各種の追加支援などを『オプション』として打ち出して終盤の総力戦を展開しているが、ひっくり返すのは事実上困難な雰囲気」と語った。

     このことは、フィリピン政府関係者の公の発言にも表れた。フィリピンのデルフィン・ロレンザーナ国防相は最近、「最終的に、ブラックホークを購入するのが一番いいオプションだという結論を下すことになった」として、スリオンではなくブラックホークを配備することにしたと語った。ロレンザーナ国防相は「われわれは資金不足でスリオンを10機しか購入できない。ところが(ブラックホークは)16機購入できる」とも語った。

     韓国の防衛事業庁の関係者は「たとえ機体の評価がそのように出ても、最終決定されたわけではない」と語った。

     今回、事実上挫折してしまったスリオンのフィリピン向け輸出は、韓国の現政権が力を入れてきた事業だ。韓国国防部(省に相当)は、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が今年6月に韓国を訪れた際、ソウル市竜山区の国防庁舎前練兵場にスリオンを展示したこともあった。当時、ドゥテルテ大統領はおよそ10分間スリオンの性能や作動法について説明を受け、自らヘリを始動させてみることもした。その後、ドゥテルテ大統領はロレンザーナ国防相にスリオン購入を検討するよう指示を下した。


     だが問題は「価格競争力」だった。韓国軍関係者は「スリオン1機の価格は250億ウォン(現在のレートで約25億円。以下同じ)前後で、フィリピン側が策定した予算では10機買えるというレベルだった。だがブラックホーク側は同じ予算額で16機を提案したので、あちらに傾くのは避けられない面がある」と語った。また韓国政府の関係者は「結局、戦闘機や戦闘ヘリを輸出しようと思ったら米国と競争しなければならないが、米国側のけん制が強いという面もある。市場参入そのものが困難な状況」と語った。

     スリオンの「親類」に当たる韓国海兵隊上陸機動ヘリ「マリオン」の墜落事故も、今回の決定に影響を及ぼしたという。フィリピン政府側が直接、安全上の問題を提起したわけではないものの、スリオンに傾きそうだったフィリピンからのヘリ受注の件にブラックホークなどが食い込む余地が生まれた?という見方だ。事故直後、韓国大統領府(青瓦台)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が乗り出して「われわれのスリオン・ヘリの性能と技量は世界最高水準」と語ったが、スリオンのイメージ失墜を防ぐことはできなかった。

    ライブドアニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15727952/


    KUH1
    https://m.youtube.com/watch?v=XfQaJYW2tBU




    UH60
    https://m.youtube.com/watch?v=bXsvRRjySkw


    【韓国型ヘリ「スリオン」、フィリピン向け輸出計画が頓挫 フィリピン政府「UH60(ブラックホーク)がいい」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2018/12/10(月) 22:02:30.14 ID:CAP_USER
    先月15日、フィリピン環境団体「エコウェスト連合(Eco-waste coalition)」は韓国のプラスチックゴミの不法輸出を糾弾して在フィリピン韓国大使館の前でデモを開いた。 

      環境団体のメンバーは先月28日にもマニラのケソン市にある関税庁前でプラスチックゴミをクリスマス前に韓国に送り返すよう要求しながら街頭行進を行ったりもした。 

      今年7月21日と10月20日、2度にわたってフィリピンに到着した韓国発プラスチックゴミ6500トンのためだった。このうち5100トンはフィリピン・ミンダナオ島のミサミスオリエンタル州にあるフィリピン廃棄物輸入業者「ベルデソコ」所有の敷地に放置されている。残り1400トンはミサミスオリエンタルのターミナルにあり、51個のコンテナに保管されたままフィリピン関税庁に押収された状態だ。 

      国際環境団体グリーンピースが不法輸出された韓国廃棄物がフィリピン現地に積み上げられている様子を調査して、10日、公開した。 

      これに先立ち、今月3~4日、グリーンピース・フィリピン事務所所属のコーディネーター(キャンペイナー)のフランシスコ・ノベダ氏が撮影チームと共に現場を訪問した。ノベダ氏はフィリピン環境団体約140団体からなる連合体「エコウェスト連合」の一員でもある。次はノベダ氏が伝えた現場状況だ。 

      途方もない規模のプラスチックゴミの山に圧倒され、その山ごとにハングルで書かれたゴミがうず高く積まれていた。 

      ベルデソコ所有のゴミ置き場はミンダナオ島のミサミスオリエンタルのタゴロアン自治州にあった。サッカー場6個分の広さである4万5000平方メートル規模のゴミ置き場は臨時の覆いで囲まれていた。 

      ここには今年7月に韓国から来た5100トンのプラスチック容器、網などの廃プラスチックが生活ゴミに混ざって放置されていた。 

      ゴミを入れた白色ビニール袋はところどころ裂けて、その間からペットボトルやプラスチック容器、洗濯機部品などのゴミがあふれ出ていた。 

      ゴミの破片は風に吹かれて大気中に巻き上げられ、夕立が降ると付近の河川に流れ込んだりもした。ゴミをひっくり返すとおぞましい悪臭が鼻についた。ゴミの山から20~30メートル離れたところに民家があり、臨時の覆いから近いところに子どもの遊び場もあった。 

      プラスチックゴミの山の間に水溜まりができてハエや蚊などの害虫が発生し、近くの村住民の健康を脅かしている。 

      一方、残りのゴミ1400トンはミサミスオリエンタルのターミナルにあるコンテナに分散保管されている。フィリピン関税庁は韓国に廃棄物を返送するための手続きを進めている。韓国環境部も先月21日、外交部や関税庁など関係部署と協調して不法輸出された廃棄物の再搬入のための行政命令手続きを始めた。 

      グリーンピースは韓国環境部に対して責任所在の糾明と再発防止対策の樹立を要求している。グリーンピースのプラスチックキャンペイナーのソ・スジョン氏は「現在、韓国の廃棄物処理・リサイクルシステムは際限なく増えるプラスチックゴミに耐えられずにいる」とし「プラスチック問題を根本的に解決するためには消費そのものを縮小する規制を政府が用意しなければならない」と指摘した。
     
    中央日報 2018年12月10日 16時06分 
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=247971



    no title

    フィリピン環境運動団体約140団体からなる連合体「エコウェスト連合(EcoWaste Coalition)」所属環境運動家が先月28日、マニラ所在のフィリピン関税庁前で、「韓国産プラスチックゴミ」の早急な返送を促すデモを行った。(写真提供=グリーンピース)

    no title

    フィリピンに不法輸出された廃棄物。(写真提供=グリーンピース)

    no title

    フィリピンに不法輸出された廃棄物。
    【【韓国ゴミ不法輸出】グリーンピース、フィリピンに不法輸出された韓国廃棄物の放置現場を公開 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/12/08(土) 02:59:10.70 ID:CAP_USER9
    04E4E4F7-7E8F-4757-8264-E4C8550E5337

    比に防空レーダー輸出、政府検討 国産装備品で初
    2018年12月8日 2:00 [有料会員限定]

    政府は他国の戦闘機などを探知し、追尾できる国産の防空レーダーをフィリピンへ輸出する検討に入った。
    一定の条件を満たせば武器輸出を認める「防衛装備移転三原則」に基づく措置で、フィリピン政府への技術情報の提供を始めた。
    実現すれば初めての国産装備品の海外輸出となる。

    フィリピンに打診しているのは

    三菱電機がつくる地上配備型の警戒管制レーダー「FPS3」の改良型。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38682730X01C18A2EA3000
    【【政府検討】フィリピンに防空レーダー「FPS-3」の改良型を輸出 国産装備品で初 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2018/12/06(木) 04:23:48.26 ID:CAP_USER9 
    no title
     
    2日の朝、パサイ市内で女性が発狂し、裸の状態で走り回った後、パサイ・シティのホテルで女性に違法薬物を注射したという疑いで韓国人の男が逮捕された。

    警察は、容疑者はタギッグ市のビカッタンにあるコンドミニアム住むセクォン チョイ(32)であると特定した。

    事件はタクシードライバーから裸の女性を病院に連れて行ったとの通報を受けた事で明るみに出た。

    警察はチョイの所有する車から注射器とシャブ(shabu)の入った袋を押収した。

    警察によると、チョイは違法薬物関連の罰金刑に課されると言う。

    Tempo(英語)
    http://tempo.com.ph/2018/12/03/korean-arrested-for-injecting-woman-with-illegal-drug/

    【【フィリピン】パサイ市内で女性が発狂、全裸で走り回る 女性に覚醒剤を注射した韓国人を逮捕 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2018/11/29(木) 13:03:34.22 ID:CAP_USER
    no title
     
    ・ドゥテルテ比大統領が「暗殺部隊」創設を計画、人権団体は警戒

    【11月28日 AFP】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領が共産主義武装組織を標的とする「暗殺部隊」の創設計画を発表し、人権団体などは28日、同大統領による「麻薬戦争」が引き起こした「人道危機」がさらに悪化する可能性があるとして懸念を表明した。

     フィリピン政府は過去50年間にわたり、共産主義武装組織と低強度紛争を繰り広げてきた。政府統計によるとその間、犠牲となったのは3万人。歴代の大統領同様、ドゥテルテ氏も就任当初は和平協議を試みたが、昨年軍と警察に対する攻撃を境に決裂した後は、フィリピン共産党(CPP)と要員3800人を抱えるその軍事部門「新人民軍(NPA)」をテロ組織に指定した。

     ドゥテルテ氏は27日夜の演説で、「スズメ部隊」と呼ばれるNPAの暗殺団について触れ「彼ら(共産主義武装組織)が優勢なのは、暗殺部隊がいるからだ。私も自分の暗殺部隊をつくろう。スズメに対抗する『ドゥテルテ暗殺部隊』だ」と発言した。

     この発言を受けて28日、デルフィン・ロレンザーナ(Delfin Lorenzana)国防相は、こうした部隊は「誰が構成するか、誰が指揮するか、誰を標的とするか、詳しく検討する」と述べた。一方「乱用の危険性も高い」と付け加えた。

     これに対し、フィリピン共産党創設者のホセ・マリア・シソン(Jose Maria Sison)氏は同日、「スズメ部隊」は反政府活動のピークだった1970~80年代に存在していただけだと反論。「彼(ドゥテルテ氏)は、違法な自分の暗殺部隊を正当化するために、多くのスズメ部隊をでっち上げている」と地元テレビ局ABS-CBNに語った。

     一方、フィリピンの警察当局は、ドゥテルテ氏が率いる「麻薬戦争」でこれまでに密売や薬物使用の容疑者ら5000人近くを殺害したと発表しているが、人権団体らは実際の死者数は少なくともその3倍に上り、人道に対する罪に相当し得ると主張している。

     国際人権団体のヒューマン・ライツ・ウオッチ(Human Rights Watch)は、ドゥテルテ氏の方針は「麻薬戦争によるフィリピンの人道危機を悪化させるだけだ」と警告。

     同じくアムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)も、そうした計画は政府に対する批判者に、反政府的な共産主義者やその支持者というレッテルを貼って「誰でも標的にし得る」ものだと警鐘を鳴らしている。

    2018年11月28日 22:46 AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3199611?act=all

    【【フィリピン】ドゥテルテ比大統領が「暗殺部隊」創設を計画で人権団体が警戒】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/11/25(日) 12:14:50.89 ID:CAP_USER
     kr250
    「正しい未来党」の李彦周(イ・オンジュ)議員は24日、「朴正熙(パク・チョンヒ)大統領ではなかったなら依然として(韓国は)フィリピンにも及ばない社会で暮らしていただろう」と話した。

    李議員はこの日、週刊東亜とのインタビューで「韓国の主要産業を作ったのが朴正熙元大統領だ。自動車と鉄鋼、造船と海運、石油化学などすべて朴正熙政権の時に始まった」としてこのように明らかにした。

    李議員は「1970年代初めまで韓国経済はフィリピンに及ばなかった。そんな後進的な国で世界を先導する産業を育てる考えを(朴元大統領が)どのようにやり遂げたのだろうか。独裁した指導者が産業を興したケースは(東アジアとアフリカなど第三国で)ない。朴元大統領の功績を認めなければならない」と主張した。

    連日保守発言で話題になっている李議員は最近になりしばしば「朴正熙天才論」に言及している。李議員は先月23日のメディアとのインタビューでも「朴正熙大統領は天才に近かった」と評している。

    当時李議員は「大統領制は現代版皇帝だが、皇帝になるには外交・国防・経済まで完璧に知らなければならない。独裁をしたという側面では批判を受けるが、朴正熙のような方が韓国の未来を見抜いたという側面では天才に近かった」と話した。

    その上で「こうした大統領が韓国の歴史に現れたということは国民の立場では幸運だ」と強調した。

    李議員は運動圏勢力に言及して「朴正熙時代に築いた産業化の果実をすべてもぎ取った運動圏は何をしたのか。産業が転換されなくてはならないのに何のアイデアもなく悩みもしなかった」と非難したりもした。

    李議員は最近自身が反文在寅(ムン・ジェイン)連帯で先頭に立っていることと関連し、「文在寅大統領個人に対する反対でなく文在寅政権の路線と価値、政策に反対する国民が声をそろえて文在寅政権を牽制し、政界も声をそろえようという提案だ。反文在寅は反文在寅国民連合だ。これは新保守より広範囲な話で、必ずしも保守だけがいる必要はなく、政界中心の連合だけでもない」と説明した。

    李議員は韓国政府の経済政策に対し「(文在寅政権が)経済を助けるのではなく殺す側へ進んでいる。だから動かないでどうかおとなしくしていろということ。企業家精神が抹殺され反市場・反企業政策が今後も続けば来年には実体経済に大きな危機が来る可能性がある」と主張した。


    2018年11月25日11時54分  中央日報
    https://japanese.joins.com/article/466/247466.html?servcode=200&sectcode=200

    【【韓国野党議員】「朴正熙いなかったらいまの韓国はフィリピンに及ばない 韓国の主要産業を作ったのが朴正熙元大統領だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2018/11/21(水) 16:34:03.97 ID:CAP_USER
     2C85E240-BAE7-4620-BBD8-31079E22150C
    ・南シナ海でエネルギー共同開発へ=中国主席、13年ぶりフィリピン訪問

    【11月20日 時事通信社】中国の習近平国家主席は20日、フィリピンを訪れ、ドゥテルテ大統領と会談し、南シナ海でエネルギーの共同開発を行うことで合意した。南シナ海の領有権で争っていた両国は関係強化へ一歩踏み出す形になり、習政権にとって大きな外交得点となった。

     ただ、開発が南シナ海のどこで行われるか判然としない。中国が沿岸諸国と領有権を争っている海域が含まれる可能性もある。

     中国の国家主席がフィリピンを公式訪問するのは13年ぶり。習氏は記者会見で「中国とフィリピンは南シナ海で共通の利害を数多く有する。われわれは海洋での協力を促進し続ける」と述べた。ドゥテルテ氏も会談の冒頭、「きょうは私たちの歴史で記念すべき日だ。ページをめくり開放と協力の新しい章を書き足す準備ができている」と呼び掛けた。

    2018年11月20日 23:33 AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3198512?act=all

    【【比中】中国主席13年ぶりにフィリピン訪問 南シナ海でエネルギー共同開発へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/11/16(金) 15:25:53.81 ID:CAP_USER9
    no title


    このあと安倍総理大臣は、フィリピンのドゥテルテ大統領とも会談しました。

    この中で安倍総理大臣は、フィリピンのインフラ整備や災害対策の支援として、マニラ首都圏の南北通勤鉄道を延伸する計画に限度額1671億円余り、マニラの北東部を流れる河川の改修計画に限度額379億円余りの円借款を行う方針を表明しました。

    2018年11月15日 21時54分
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181115/k10011712391000.html

    【【安倍首相】フィリピン・ドゥテルテ大統領と会談 2050億円の円借款を行う方針を表明 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ◆ciadbU3kq9FF 2018/11/15(木)22:11:34 ID:X34
    ph250
     
    韓国製の数千トンのプラスチックごみが輸入直前に港で見つかり、フィリピン社会が騒然としている。
    グリーンピースなど国際環境団体は、韓国がこれらのごみを迅速回収し、ごみの輸出を中止するよう要求している。

    14日、「フィリピンニュースエージェンシー(PNA)」などフィリピン現地メディアによると、今年7月に韓国で船積みし、フィリピン南部のミサミスオリエンタル州のミンダナオ・コンテナターミナルに到着した貨物が、最近フィリピン関税当局の調査の結果、輸入が禁止された廃プラスチックであることが明らかになった。
    ベルデソコフィリピン産業という会社が輸入したとされる貨物は、当初、関税当局には空ペットボトル(PET)などを意味する「プラスチック合成かけら」と申告されたが、実際の内容物はリサイクルが不可能な各種廃プラスチックや木などが混ざった廃棄物であることがわかった。
    韓国から輸出した当事者が誰なのかはまだわかっていない。

    現地の環境団体は、韓国を批判すると同時に速やかに回収するよう要求した。フィリピン現地の環境団体「生態ごみ連合」は声明を出し、「最近の廃プラスチック投棄事件はあまりにショックで、許せない」とし、「あちこちに散らばっているフィリピンのプラスチックごみだけでも海にあふれ、海洋生態を脅かしているのに、なぜ私たちが他国のごみを受け入れなければならないのか」と問題提起した。

    グリーンピースは今年1月、中国がプラスチックを含む廃棄物の輸入を全面中断した後、韓国がフィリピンに送る廃プラスチックの量が2.5倍以上増えたと把握している。グリーンピースは「世界中の使い捨てプラスチック中毒のために、先進国が発展途上国をごみ捨て場として扱う事例が発生しているが、皮肉にも最もひどい海洋プラスチック汚染国がどこかを言う時は、世界中が発展途上国を指差す」とし、「韓国が速やかに廃棄物を回収してすべての廃棄物の輸出を中止し、この問題を早急に解決することを求める」と明らかにした。

    ハンギョレ 2018-11-15 10:13 修正:2018-11-15 10:25
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/32117.html

    【【国際】フィリピン「韓国から来たコンテナに廃プラスチックがぎっしり」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/11/15(木) 23:57:56.25 ID:CAP_USER9
    ドゥテルテ比大統領、「仮眠」でASEAN会議欠席 記者質問に「何が悪い?」
    no title

    2018年11月15日 16:58 
    発信地:シンガポール [ シンガポール フィリピン アジア・オセアニア ]

    【11月15日 AFP】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領(73)は14日、シンガポールで行われた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議において自身が出席を予定していた会議のいくつかを欠席し、フィリピン大統領府は「仮眠」が原因だったと釈明した。

     ドゥテルテ大統領が出席しているASEAN関連首脳会議には安倍晋三(Shinzo Abe)首相のほかロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領、中国の李克強(Li Keqiang)首相、米国のマイク・ペンス(Mike Pence)副大統領らも参加。

     しかしドゥテルテ氏は14日、出席予定だった11会議中4会議と、シンガポールのリー・シェンロン(Lee Hsien Loong)首相主催の夕食会を欠席した。

     ドゥテルテ氏は15日朝、会議の会場に到着すると記者の質問に対し、「仮眠の何が悪い?」と反論。十分に休めたかと問われると、「まだ足りないが、残りの日程を耐えるには十分」と答えた。

     フィリピン大統領府はドゥテルテ氏がいくつかの会議に出ていないことが明らかになるやいなや声明を発表し、同氏が前夜3時間しか寝ていなかったと釈明。

     同大統領府のサルバドール・パネロ(Salvador Panelo)報道官は、「大統領は睡眠不足解消のため仮眠を取った」と述べ、「大統領がいくつかの会議を欠席したことで、大騒ぎとなっている場所もある」と認めた。ただ、欠席は「臆測を生んでいる健康問題とは一切関係がないと国民に保証する」と強調した。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3197751?cx_part=latest


    【【お昼寝タイム】ドゥテルテ比大統領、「仮眠」でASEAN会議欠席 記者質問に「何が悪い?」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/11/10(土) 04:22:34.20 ID:CAP_USER9
    no title

    フィリピン マルコス元大統領夫人 汚職の罪で禁錮の判決 
    2018年11月9日 20時36分 

    フィリピンでかつて長期独裁体制をしいたマルコス元大統領の妻、イメルダ・マルコス夫人が、閣僚時代にスイスの団体に不正送金を行ったとして、10件にわたる汚職の罪に問われていた裁判で、地元の裁判所は、このうち7件について合わせておよそ2億ドルが不正に送金されたと認定し、イメルダ夫人に、一件につき禁錮6年1か月から11年の判決を言い渡しました。 

    フィリピンでかつて長期独裁体制をしいたマルコス元大統領の妻で、現職の下院議員のイメルダ・マルコス夫人(89)は、元大統領の政権下で閣僚などを務めていた1984年までの16年間で、事実上、運営するスイスの団体に、不正に送金を行ったとして10件の汚職の罪に問われていました。 

    地元の裁判所は9日、このうち7件について、合わせておよそ2億ドルが不正に送金されたと認定し、イメルダ夫人に対して、1件につき禁錮6年1か月から11年の判決を言い渡しました。残る3件については無罪判決が言い渡されました。 

    現地のメディアによりますと、裁判は27年間の長期におよびましたが、イメルダ夫人は最高裁判所に上告できることから、判決が確定するまで収監されない可能性があるということです。 

    イメルダ夫人をめぐっては、25年前、別の汚職の罪で禁錮刑の判決が言い渡されましたが、その後、最高裁判所で無罪の判決が確定した経緯があります。 

    NHK

    【【フィリピン】イメルダ・マルコス元大統領夫人 汚職の罪で禁錮の判決 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/11/03(土) 21:53:34.32 ID:CAP_USER
    kr250
     
     韓国が2009年に受注したアラブ首長国連邦(UAE)バラカ原子力発電所の建設現場で、韓国水力原子力(以下、韓水原)の職員から、フィリピン人女性非正規職員が最近まで少なくとも数カ月間にわたり常習的に性的被害を受けていたことが2日、分かった。

     匿名希望の情報提供者や韓水原などが同日、明らかにしたところによると、バラカ原発の現場事務所で働くフィリピン人女性Aさんの父親はこのほど、娘が性的被害を受けたことを伝え聞き、韓水原やUAE韓人会(在住者会)などに措置を要求したという。

     Aさんの父親は韓国人の知人を通じて、「家族を養うためにバラカ原発の建設現場で非正規職員として働く娘が、韓国人上司から性的被害を受けた。だが、仕事を失うのではないかと被害事実を明らかにできずにいる」と言ったことが分かった。警察の捜査などを依頼せずに、まず韓水原の措置を要請したものだ。

     韓水原は、韓人会と共に独自の調査を行い、性的被害の状況などを確認したという。韓水原は、この事件を認知した直後、加害者と被害者を隔離した上で、加害者を解任した。韓水原関係者は「被害者の意向により、加害者の本国召還手続きを進めているところだ。
    事件の詳細については追って細部を確認してみなければならない」と述べた。韓人会側は「被害者だとされるフィリピン人女性職員の雇用は保証されている状態だ」と語った。今回の事件をめぐって、現地関係者は「バラカの建設現場で同様の事件が初めてではないと聞いている」とも述べた。

     政府当局者は「バラカ原発は韓国・UAE両国の協力を象徴する事業だが、芳しくないことで事業に支障がないよう、今回の件を綿密に検討する」と述べた。

    安俊勇(アン・ジュンヨン)記者

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/03/2018110300477.html 

    【【国技】 UAEバラカ原子力発電所の建設現場でフィリピン人非正規職員を韓国人上司が常習性暴行~同様の事件、初めてでない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2018/11/01(木) 18:58:49.64 ID:CAP_USER
    sa250
     
    ・サウジでハロウィンを祝っていたフィリピン人17人が拘束される

    サウジアラビアで、ハロウィンのパーティーに参加したフィリピン人女性17人が拘束された。31日、アラブ首長国連邦のザ・ナショナル紙が報じた。

    フィリピン外務省は、サウジの首都リヤドの住宅で行われたパーティーに参加したフィリピン人女性らが、他の参加者と一緒に拘束されたことを確認した。

    現在フィリピン人女性たちは女性刑務所に入れられている。なお外交官は面会を許可されていないという。

    ザ・ナショナル紙によると、近隣住民から騒音の通報を受け、サウジの情報機関が住宅を捜索した。

    2018年11月01日 12:04 スプートニク日本
    https://sptnkne.ws/jUrz

    【【サウジアラビア】フィリピン人「サウジでハロウィンパーティーしてたら拘束された」【17人が刑務所行き】 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 鴎 ★ 2018/10/27(土) 04:06:10.16 ID:CAP_USER9
    ドゥテルテ大統領

    ドゥテルテ大統領は24日、麻薬犯罪に関与した外国人は「生きたまま出国することはできない」と述べ、フィリピン人、外国人を問わず麻薬容疑者を厳しく取り締...

    この記事は会員限定です。
    電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
    まにら新聞
    http://www.manila-shimbun.com/category/society/news240938.html

    【【フィリピン】ドゥテルテ大統領、麻薬に関与した外国人は「生きて出国できない」と発言 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル