かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:フランス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/17(木) 07:47:46.40 ID:om/QJPh/9
    https://snjpn.net/archives/91100

    no title


    ちぢれ麺さんのツイート

    ☆ゴーン氏勾留

    徳永有美
    「海外からも批判的な声が上がっているが、勾留期間の長さはどうなのか」

    高井康行
    「フランスの場合は予審判事の手元に移れば、捜査機関だって1~4年勾留する。ゴーンさんの奥さんは日本の制度をよく御存知ないので、もう少し勉強してから批判をしてほしい」

    高井さん無双

    ▼ネット上のコメント

    ・一蹴ですか。徳永さん涙目w

    ・内政干渉いらないです。

    ・誰が英語で反論しないと、”常識”として海外で認知されてしまう

    ・モーニングショーでは 郷原が借りてきた猫状態でしたね 最後に握りっ屁したけど

    ・キャスター達ももっと勉強しなさい。

    ・動画のとおりだと思いますし、ゴーン氏の妻は身内を守るために発言するのも至極当たり前だとも思うし、おかしいのはTVマスコミ

    ・外国では・・ばっかりやけど、ここは日本!出したら証拠隠滅するんやから出さんでよろしい。実際にブラジルの家から娘が書類持ち出してるやん。
    【ゴーン妻「拘留期間は異例!“人質司法”だ」 →高井康行「フランスの場合は捜査機関だって1~4年勾留する。もう少し勉強してから…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2019/01/16(水) 09:12:15.07 ID:CrZoznqU9
     no title
     国際オリンピック委員会(IOC)は15日、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長から19日にスイス・ローザンヌで開かれるIOCマーケティング委員会の会合を欠席するとの連絡があったと明らかにした。「個人的な理由」との説明があったという。同委員会の委員長の重責を担う竹田氏は、2020年東京五輪招致で不正があった疑いで、フランス司法当局の捜査の対象になり、IOC倫理委員会の事情聴取を受けたばかり。

    朝日新聞
    2019年1月16日1時31分
    https://www.asahi.com/articles/ASM1H7VY0M1HUTQP03D.html

    【【東京五輪・贈賄疑惑】竹田会長、IOC委員会欠席へ 「個人的な理由」で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2019/01/16(水) 09:44:56.51 ID:CrZoznqU9
     no title
    ■フランスではJOC竹田会長への予備審問を開始

    フランスで行われているJOC竹田恒和会長への捜査。今後、フランスの当局はどのような手続きを進めるのだろうか?

    竹田会長の贈賄疑惑について、フランスの当局は、起訴に向けた「ミザンネグザマン(mis en examen)」=「予備審問」を開始した。

    竹田会長の疑惑を担当する予審判事はルノー・バン・リュインベック判事。これまでにフランス国内の代表的な汚職事件を複数手がけてきたフランスではよく知られている判事だ。

    担当する「予審判事」は大きな権限を持っていて、警察などに証拠集めを要請することもできる。

    ■出廷を拒否した場合 代理弁護士の出廷や国際手配も

    フランス司法当局によると、予審は法律上1年との規定があるが、延長も可能。

    その後起訴するか判断し、通常、起訴からおよそ9か月から1年で裁判が行われる。

    仮に本人が出廷を拒否した場合、「本人の代わりに弁護士」に出廷を求めたり、「国際手配」に踏み切るケースもあると話している。

    ■東京高検元検事の若狭勝弁護士に見通しを聞いた

    フランス当局が起訴するかどうかについて東京高等検察庁の元検事・若狭勝弁護士は、「パパマッサタ・ディアク氏から当時のIOC委員だった父親にもし金が渡っていたとすれば、フランス側は強い意志で起訴する可能性がある」また起訴された場合は「フランスと日本の外交問題になっていくのでは…」と話している。

    FNN
    1/15(火) 13:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010003-fnnprimev-spo

    【【JOC竹田恒和会長】フランス当局捜査 もし出廷を拒否した場合どうなる?→「国際手配」に踏み切るケースも 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2019/01/14(月) 08:37:50.54 ID:Ai0bUT3A9
    バンデミエール=ヴァンデミエール
    2019年1月13日 22時9分
    朝鮮日報

     フランスが、北朝鮮監視の目的で自国の海軍の艦艇を日本に派遣することを決めた。日仏の外相・国防相は11日(現地時間)、フランス東部ブレストの海軍基地で外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を行い、フランスの護衛艦「バンデミエール」と海上哨戒機を今年4月に日本の佐世保基地(長崎県)に派遣し、北朝鮮を監視するための海上パトロールに参加することで合意した。

     日本の海上自衛隊は在日米海軍、仏護衛艦バンデミエールと共に、東海(日本海)周辺海域で北朝鮮を監視するための海上パトロールを展開する予定だ。北朝鮮が国連の対北朝鮮制裁をかいくぐって石油や兵器などを密輸するのを海上で遮断するのが狙いだ。

    ライブドアニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15868492/
    平成30年 フランス海軍フリゲート艦 ヴァンデミエール 歓迎式典(参考動画)
    https://m.youtube.com/watch?v=qwOuE5zIyWc



    【【上下朝鮮監視】フランス、日本に北の密輸監視用の艦艇「バンデミエール」を派遣へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/01/13(日) 21:18:45.52 ID:CAP_USER
    “空飛ぶ聞き耳”RC-12X増援?

    1月6日、米空軍・横田基地に双発のプロペラ機が着陸した。キングエア200という民間機がベースだが、機体上下にさまざまな形状、大きさのアンテナや突起が突き出している。左右主翼端の大きな構造体もアンテナだろう。

    航空軍事評論家の石川潤一氏によると機体後部左右の、何かのマークのように見える黒っぽい「●」も、「移動体通信や小型無線機などで使われている周波数帯Pバンドの通信傍受用アンテナだ」という。
    これは、米陸軍のRC-12Xガードレイルという電子偵察機だが、特に通信傍受が、その任務で徹底的に敵の通信を受信・記録するのだという。

    いうなれば、“空飛ぶ聞き耳”。この画像を撮影、フジテレビのインターネット番組「能勢伸之の週刊安全保障」に提供したSPAR65さんによると、横田基地にいたのは数時間で、どこかに飛び立っていったという。

    そして1月9日には、沖縄・嘉手納基地にもRC-12Xが姿を見せた。日本国内の基地には配備されていないRC-12Xだが、石川潤一氏によると、RC-12Xは米本土の基地に配備されているほか、韓国の平沢基地にも少数が配備されているが、横田基地に姿を見せたのは、米本土の基地所属のRC-12Xだという。

    南北合意で「軍事境界線飛行禁止区域」…韓国偵察機の活動に影響は?

    なぜ、韓国・平沢基地所属ではなく、米本土の基地所属のRC-12Xが日本国内に姿を見せたのか。断定はできないが、米軍は朝鮮半島情勢を中心に極東の情報収集態勢の強化を図っている可能性がある。

    なぜなら韓国と北朝鮮は、昨年9月に結ばれた「板門店宣言軍事分野履行合意書」に基づいて、「2018年11月1日より、軍事境界線飛行禁止区域を設定することにした」からである。 それによれば、「(ヘリコプターのような回転翼機ではない)固定翼航空機は軍事境界線から図のような東部地域は、40km幅、西部地域は20km幅を適用し、飛行禁止区域を設定する。

    また、「空中敵対行為中断区域」として「(固定翼、回転翼、無人機、気球のBuffer zone設定)回転翼航空機(ヘリコプター)は軍事境界線から10kmに、ドローンは東部地域15km・西部地域10kmに、気球は25kmが飛行禁止となる」となっていたので、韓国軍の偵察機は、行動に制限を受けることになる。

    韓国空軍は、RC-800という電子偵察機を保有・運用している。この飛行禁止区域や空中敵対行為中断区域の設定で、韓国軍の情報収集能力には影響はなかったのだろうか。そうだとするならば、米軍が情報収集態勢の強化に動いたとしても不思議ではないだろう。

    その一環として、米本土から増援するRC-12Xを韓国に展開する途上、給油や乗員の休憩のため、横田基地に立ち寄り、いざという場合に備え、韓国内外の米軍基地に慣熟飛行することもありうるだろう。

    38North“ウラン濃縮の可能性”

    1月9日、米国の北朝鮮専門研究機関「38North」は、2018年12月19日に撮影された、北朝鮮の寧辺核施設の衛星画像を分析した。
    それによると、かつてウランから核兵器の材料になるプルトニウムを生産するのに使用された5メガワットの原子炉建屋や、実験用軽水炉などの建屋の屋根はほとんど雪で覆われ、また、どちらの原子炉の建物からも温水放出または蒸気放出は識別できなかった。

    つまり、原子炉を運転している形跡は確認できなかったということだろう。しかし、ウラン濃縮施設であるガス遠心分離機が存在するとみられる建物の屋根には雪がなかった。
    このため、内部の遠心分離機にウランが供給されているかどうかは不明としながらも、遠心分離機の運転可能性があると分析していたのである。このことは、今後の米朝首脳会談の可能性が取りざたされる中、無視できないことであるだろう。

    FNN PRIME 2019年1月13日 日曜 午前6:54
    https://www.fnn.jp/posts/00410970HDK


    no title
    米陸軍RC-12Xガードレイル電子偵察機

    no title
    RC-12X@嘉手納基地 (撮影:久場悟さん)

    no title
    板門店宣言軍事分野履行合意書

    no title

    no title
    韓国空軍RC-800電子偵察機(提供:ナカムラさん)

    no title

    no title
    英海軍デューク級フリゲート「モントローゼ」

    no title
    仏海軍の空母シャルル・ド・ゴール

    【【韓国も対象】英仏も対北朝鮮制裁「瀬取り監視」参加へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2019/01/12(土) 16:55:06.19 ID:WKfB64bP9
    no title
     
    フランス司法当局による竹田JOC会長贈賄容疑捜査の衝撃

    ゴーン事件が新たな展開を見せた。

     仏紙ルモンドなどが、竹田JOC会長を東京五輪招致の際の贈賄容疑で捜査していると報道したからだ。

     政府関係者はゴーン事件とは無関係だ、単なる偶然だ、などと冷静を装っているが、明らかにゴーン事件に対する日本の司法当局への圧力だ。

     司法当局の背後にある安倍政権に対するメッセージだ。

     いよいよ日本はゴーン事件で窮地に立たされることになる。

     竹田会長の贈賄容疑捜査報道の衝撃は二つある。

     ひとつは、贈賄そのものの有無だ。

     竹田会長が贈賄していたなら、それは日本政府が贈賄していた事になる。

     その場合はもちろん東京五輪は吹っ飛び、安倍政権は総辞職せざるを得ない。

     しかし、この問題は、すでに2年前にコンサルタント契約に基づいた正当な対価として政治決着している。

     そもそも、オリンピックの招致が買収されることは周知の事実だ。

     そんなことを認めてしまえば、オリンピック自体が成り立たなくなる。

     だから、竹田会長に関する贈賄容疑は政治的に成り立たない。

     それを知っていながら、今になってフランス司法当局が捜査を続けていると突然報道されたということは、明らかにゴーン事件に対する仏側の報復的脅しなのである。

     ただでさえ、日本の捜査の人権軽視について外国の批判が高まり始めた時だ。

     いよいよ検察は追い込まれる事になる。

     そこで問題になるのが、安倍政権とゴーン事件のかかわりである。

     安倍政権がゴーン逮捕を指揮し、積極的に動いたということは、さすがにあり得ないだろう。

     もしそんなことをしていたら、それがばれた時点で安倍政権は即、終わりだ。

     問題は、安倍政権が今回の検察の一連の捜査について、事前通報を受け、それを明示的、あるいは黙示的に、承認していたかどうかだ。

     そして、これまでの日本の政権と検察の関係から考えれれば、検察が政府に一切連絡せずに独断で行ったとは考えられない。

     ましてや、今の、安倍・菅政権の下では、検察・警察・司法は完全に安倍政権の顔色をうかがって動いている。

     もし今度のゴーン事件に安倍政権が、たとえ暗黙的にせよ、関与していることがわかれば、その時こそ安倍政権は国際批判の矢面に立たされる事になる。

     そして、その背後に米国の影がちらつけば、国際問題にまで発展する。

     いよいよ検察は追い込まれて来たということだ。

     その深刻さを、きょうの朝日新聞が見事に認めている。

     つまり、検察から情報をもらってスクープ報道し、以来、一貫してゴーンを悪者にして検察寄りの記事ばかり書いてきた朝日が、きょう1月12日の一面トップで、検察捜査の独善性を批判し始めたのだ。

     この朝日の手のひら返しの裏切りこそ、ゴーン事件が世界から批判の目で見られ始めたことへの危機感の表れなのだ。

     しかし、検察はいまさらゴーン追及の手を緩めるわけにはいかない。

     そんなことをすれば安倍政権からやめろと指示があったことを認める事になる。

     検察は進むも地獄、退くも地獄だ。

     そして、それはとりもなおさずゴーン事件で安倍政権が置かれている苦境でもある。

     折からあらゆる外交の行き詰まりが表面化してきた。

     それに加えてゴーン事件だ。

     待ったなしに外交の安倍の真価が問われている(了)


    天木直人
    2019年01月12日 14:32
    https://blogos.com/article/350701/

    【【パヨクと妄想】「竹田会長起訴は司法当局の背後にある安倍政権へのメッセージ。贈賄していたなら五輪は吹っ飛び安倍政権は総辞職」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2019/01/11(金) 16:16:58.37 ID:CAP_USER
     413C52CD-AF05-4709-87E0-E1BE3E93B318

    ・ゴーン容疑者、課税逃れか=税務上居住地オランダに-仏報道

    CarlosGhosn résident fiscal aux Pays Bas depuis 2012, la réaction de Bayrou
    動画:://youtu.be/z3-simab_TI

    【1月11日 時事通信社】10日付のフランス紙リベラシオンは、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者が、2012年に税務上の居住地をフランスからオランダに移していたと報じた。フランス居住者を対象とした富裕税の課税逃れを企てた可能性がある。

     リベラシオンによれば、税務上の居住地として登録するには少なくとも年間183日の居住実績が必要。同紙は、主にパリと日本を行き来する生活のゴーン容疑者がこの要件を満たしていた可能性は低いと指摘した。

     リベラシオンは、ゴーン容疑者の納税回避額は伝えていない。富裕税は12年の制度改正で高額所得者への課税が強化され、マクロン大統領が昨年1月に廃止した。

    2019年1月11日 1:20 AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3205916?act=all

    【【フランス】ゴーン容疑者課税逃れか 税務上居住地オランダに【仏報道】 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/01/11(金) 17:34:05.34 ID:gntmZylo9
    no title
     
    ■AFP
    https://twitter.com/AFP/status/1083636251146649600
    AFP news agency 認証済みアカウント? @AFP
    #BREAKING Head of Japanese Olympic Committee indicted in France for corruption: judicial source
    -----------------------
    ■ルモンド
    L’homme fort des JO de Tokyo 2020 mis en examen pour ≪ corruption active ≫

    La justice francaise soupconne Tsunekazu Takeda d’avoir autorise le paiement de pots-de-vin en vue de l’obtention des Jeux, revele ≪ Le Monde ≫.
    Par Yann Bouchez? Publie aujourd’hui a 06h32, mis a jour a 07h12

    A un an et demi du debut des Jeux olympiques (JO) de Tokyo, prevus du 24 juillet au 9 aout 2020, c’est une nouvelle dont les organisateurs et le Comite international olympique (CIO) se seraient bien passes.

    Le 10 decembre 2018, une personnalite japonaise de premier plan etait interrogee, en toute discretion, par la justice francaise. Selon les informations du Monde, Tsunekazu Takeda, president du Comite olympique japonais et maitre d’?uvre des JO de Tokyo 2020, a ete mis en examen du chef de ≪ corruption active ≫ par le juge d’instruction Renaud Van Ruymbeke.

    Le magistrat enquete depuis trois ans sur des soupcons de corruption en marge de l’election de la ville hote des prochains Jeux d’ete. Et il soupconne la victoire de la candidature japonaise, en 2013, d’etre le fruit de tractations occultes lui ayant permis de gagner notamment la voix de membres africains du CIO.
    Lire aussi :| Au CIO, apres le chantier de l’attribution des Jeux, celui de la corruption reste entier
    Au Japon, Tsunekazu Takeda est une figure. Un pilier de l’olympisme dont l’organisation des JO d’ete doit parachever une vie au service du sport. L’elegant homme de 71 ans, cheveux gris brosses en arriere et fines montures, incarne les JO de Tokyo, bien qu’il ne soit officiellement ≪ que ≫ vice-president du comite d’organisation.

    L’arriere-petit-fils de l’empereur Meiji a participe a cinq JO depuis Munich en 1972, comme cavalier puis entraineur de l’equipe d’equitation. Depuis 2001, il preside le Comite olympique japonais, qui, selon la presse nipponne, veut lui permettre d’etre reconduit en juin pour un onzieme mandat en faisant fi de la limite d’age fixee a 70 ans.

    En 2012, M. Takeda est devenu membre du CIO, ou il preside la commission du marketing. Surtout, en tant que president de la candidature nipponne, il est le principal artisan de la victoire de Tokyo, le 7 septembre 2013, a Buenos Aires.

    Google翻訳

    2020年の東京オリンピックで強い男が「積極的な贈収賄」を起訴

    フランスの正義は、竹田恒和が大会を獲得するための賄賂の支払いを承認したと疑い、「世界」を明らかにした。

    2020年7月24日から8月9日に予定されている東京オリンピック(Olympics)の開始から1年半、これは主催者と国際オリンピック委員会(IOC)がうまくいったというニュースです。

    2018年12月10日、著名な日本人の性格が、フランスの正義によって、あらゆる裁量で問われました。世界の情報によると、日本のオリンピック委員会の委員長であり、東京2020年オリンピックのマスターである竹田恒和氏は、「現役汚職」の責任者であるルノー・ヴァン・ルイムベークを調査していた。

    治安判事は、次の夏季オリンピックの開催都市の選挙の傍観で、3年間腐敗の疑いについて調査します。そして彼は、2013年の日本の立候補の勝利は、彼が特にIOCのアフリカのメンバーの声に勝つことを可能にしたオカルト交渉の結果であると疑っています。
    IOCでは、オリンピックの授賞式の構築後、汚職のそれはそのまま残ります
    日本では、竹田恒和が象徴です。夏季オリンピックの組織がスポーツの奉仕において人生を終わらせなければならないオリンピズムの柱。エレガントな71歳、白髪、背毛、薄毛の男は、東京オリンピックを体現していますが、正式には組織委員会の唯一の副会長です。

    明治天皇の孫は、1972年のミュンヘン以降、五回のオリンピックに出場し、馬術チームのライダー兼コーチとして参加しました。 2001年以来、彼は日本のオリンピック委員会の議長を務めており、日本の報道によれば、70歳に設定された年齢制限を無視することによって11月の期間に6月に再選されることを望む。

    2012年、竹田氏はIOCのメンバーとなり、そこでマーケティング委員会の議長を務めました。とりわけ、彼は日本の立候補者の代表として、2013年9月7日に、ブエノスアイレスで東京の勝利の主な立役者です。

    https://www.lemonde.fr/sport/article/2019/01/11/l-homme-fort-des-jo-de-tokyo-2020-mis-en-examen-pour-corruption-active_5407570_3242.html




    【【速報】竹田恒和・JOC会長をフランス検察が起訴 東京オリンピック招致に関連する贈賄容疑 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/06(日) 17:50:41.35 ID:CAP_USER9
    69BFDBF0-6FC7-4B7D-B2A1-64763D2D8705
     
    https://snjpn.net/archives/88719

    休暇終えデモやや拡大=5万人、年またぎ8週連続-フランス

    ▼記事によると…

    ・フランスのカスタネール内相は5日、仏LCIテレビに対し、同日行われたマクロン政権に抗議するデモの参加者が全土で5万人に達したと明らかにした。年をまたいで8週連続となった毎週土曜日のデモは、冬季休暇の終了に伴いやや勢いを取り戻した。

    ・燃料増税に反対する11月17日の抗議運動を発端に広まったデモの過激化を受け、マクロン大統領は最低賃金引き上げなどの譲歩策を発表したが、地方では高速道路料金所の閉鎖など恒常的な抗議行動が続いている。

    2019年01月06日07時26分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019010600110&g=int

    ▼ネット上のコメント

    ・まだやってたのか。ニュースやらないね

    ・確かにマカロンってあまり美味しくないと思う

    ・たった五万人ぽっちの意見で政策が変わったらヤバいよな

    ・3月の終わりに辞任会見を開くと言っておいてそこで「マクロンは辞めへんで~!」と言うまでが様式美

    ・なにやったら納得するんだろう

    ・デモじゃなくて暴徒が暴れてるだけだろ

    ・日本であまり報道されないのはマクロンがリベラル派って前提で当選したからかw

    ・年越しで今年は何台車を焼いたのかな?もうニュースにもならないw

    【マクロン政権抗議デモ8週連続… フランス全土で5万人 ネット「日本であまり報道されないのはマクロンがリベラル派って前提で…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/12/28(金) 07:09:55.10 ID:CAP_USER9

     【パリ共同】フランスの公共ラジオ、フランス・アンフォは27日、自動車大手ルノーと日産自動車、三菱自動車のオランダにある3社連合の統括会社が、ルノーの経営陣に不透明な形で報酬を支払っているとして、ルノーの一部労組が筆頭株主のフランス政府に対し、透明化を図るよう求めたと報じた。

     統括会社を巡っては、日産前会長カルロス・ゴーン容疑者側が日本の有価証券報告書に高額の報酬を記載しなくてすむよう、同社を通じた報酬の受領をルノー側と相談したと報じられた。実行はされなかったとされる。

     ルノーのある幹部は最大13万ユーロ(1600万円)の追加報酬を数年間受け取ったという。

    ヤフーニュース(共同通信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000153-kyodonews-bus_all

    【【これが有るから恫喝したのか】ルノー経営陣に不透明報酬 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/12/22(土) 22:10:02.41 ID:CAP_USER9
    no title
     
    会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が、サウジアラビア人の知人側に日産の子会社が支出した1470万ドル(約16億円)について、東京地検特捜部の調べに「トラブル解決の報酬だった」などと供述していることが22日、関係者への取材で分かった。

     関係者によると、ゴーン容疑者は知人を「サウジアラビアの有力者」と説明。現地で起きた販売絡みのトラブルを解決してくれたほか、ロビー活動の際に力添えを受けたとし、その報酬として支払ったと主張している。

    2018/12/22 21:50
    共同通信
    https://this.kiji.is/449192606463804513

    【【ゴーン再逮捕】サウジアラビア人の知人側に日産の子会社が支出した約16億円について「トラブル解決の報酬だった」と供述 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/12/21(金) 10:57:04.14 ID:CAP_USER9
    no title
     
    ゴーン前会長を特別背任容疑で再逮捕 東京地検特捜部

    日産自動車のカルロス・ゴーン前会長について、東京地検特捜部は私的な投資での18億円余りの損失を日産に付け替えて日産に損失を与えるなどしていた疑いがあるとして、特別背任の疑いで再逮捕しました。

    東京地方裁判所は20日、ゴーン前会長らがみずからの報酬を有価証券報告書に少なく記載した容疑について、勾留の延長を認めない決定をしていました。

    2018年12月21日 10時42分
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181221/k10011755241000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    【【速報】ゴーン前会長を特別背任容疑で再逮捕 東京地検特捜部 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ひろし ★ 2018/12/19(水) 22:25:51.58 ID:CAP_USER
    A92CF0FF-20A4-4975-90FF-78773EC7F928
     
    韓国系のペルラン仏元文化相、ネイバーと不正な関係か
    12/19(水) 22:17配信

    【AFP=時事】2014年から16年にかけてフランスの文化・通信相を務めた韓国系のフルール・ペルラン(Fleur Pellerin)氏が、在職中に築いた韓国のポータルサイト大手「ネイバー(Naver)」との関係を不正に利用した疑いがあると、仏当局に指摘されていることが分かった。

     19日に発表された独立機関「公職透明性機関(HATVP)」の報告によると、ペルラン氏はフランソワ・オランド(Francois Hollande)大統領の下で文化・通信相を務めた2014年8月~16年2月の間にネイバーとの関係を構築したとされる。退任後に「Korelya Consulting」と称する投資会社を設立し、16年9月から経営を担うようになった。

     官報に掲載された報告は検察当局へ送られ、今後捜査を開始するかどうか決定される。報告書はネイバーが同社の完全な後ろ盾になっていたと指摘している。

     報道によると、ネイバーは16年から17年にかけてペルラン氏の投資会社に計2億ユーロ(約260億円)を出資したという。

     韓国生まれのペルラン氏は、生後6か月でフランス人夫婦の養子となった。仏社会党政権で頭角を現し、イノベーション・デジタル経済担当副大臣などを歴任。アジアの一部でも高い知名度を誇る。

    ヤフーニュース(AFP)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00000041-jij_afp-int
    【【韓国系フランス人】韓国系のペルラン仏元文化相、ネイバーと不正な関係か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ひろし ★ 2018/12/16(日) 00:34:15.38 ID:CAP_USER
    12/15(土) 14:14配信

    ロンドン(CNN Business) フランスの通信大手オレンジは14日、次世代通信規格「5G」の中核ネットワークで中国通信機器大手ファーウェイ(華為技術)の製品を使用しない方針を発表した。ドイツテレコムもファーウェイ製品の調達を見直すと表明している。

    ファーウェイはスマートフォンや通信機器を世界各国で販売。米国などでは、ファーウェイ製品の使用に安全保障上のリスクが伴う可能性があるとして、同社に厳しい視線が注がれている。

    オレンジのステファン・リチャード最高経営責任者(CEO)は、「5Gでファーウェイに呼び掛けることは想定していない」と表明。従来のパートナーであるエリクソンやノキアと協力していくと述べた。

    一方、ドイツテレコムは、中国メーカーのネットワーク製品のセキュリティーに関する議論を真剣に受け止めていると強調。これまで複数のベンダーとの取引を戦略に据え、エリクソンやノキア、シスコ、ファーウェイを主要企業としてきたが、今は調達戦略を見直していると明らかにした。

    ファーウェイ製品の使用をめぐっては今週、ソフトバンクも取りやめを考えていると表明。ドイツテレコムによる発表と合わせ、米当局によるTモバイルUSとスプリントの合併承認で考慮される可能性がある。ドイツテレコムとソフトバンクはそれぞれ、Tモバイルとスプリントの大株主となっている。

    ファーウェイは最近、孟晩舟(モンワンチョウ)最高財務責任者(CFO)が米当局の要請でカナダで逮捕され、疑問の目が向けられている。その後孟CFOは保釈されたが、米国への身柄引き渡しの可否をめぐり法廷で争いが続く見通しだ。検察側は、孟CFOがファーウェイによる米国の対イラン制裁逃れに関与したとしている。

    米国の議員や行政当局はファーウェイが中国政府の影響下にあると主張する一方、同社は自社は民間企業でありそのような影響はないと繰り返し否定している。先月にはCNN Businessの取材に対し、同社製品は世界の大手通信会社50社中46社から採用され信頼されていると述べていた。

    ヤフーニュース(CNN)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-35130180-cnn-int

    【【国際】ファーウェイ製品の採用、仏独通信大手が方針見直し 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/12/10(月) 14:41:05.40 ID:CAP_USER
    fr250
     
    [パリ 7日 ロイター] - フランスのルメール財務相は7日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]による投資を歓迎すると表明した。

    ただ一部の投資を制限する可能性はあるとの認識も示した。

    同相は、中国の胡春華副首相との会談後、記者団に「フランスで重要な役割を担っている企業だ。フランスに投資しており、投資を歓迎する」と発言。

    「投資の一部が国の主権や機密技術に関わるものであれば、政府には一定の制約を導入する義務がある」と述べた。

    2018年12月10日 / 13:08
    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/france-china-huawei-idJPKBN1O90AG

    【【フランス経済】華為技術の投資を歓迎、一部の投資は制限も=仏財務相 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/12/09(日) 22:06:32.75 ID:CAP_USER9
    51E8EBBF-36CA-4825-BBC6-F9DC3579DE35
     
    フランスのマクロン政権に反発する抗議活動が一層激しくなっている。

    パリ中心部で店舗などが破壊されたデモから一夜明け、被害の状況が明らかになった。8日に行われたデモでは、パリだけでおよそ1万人がデモに参加したが、一部が暴徒化し、パリ中心部の店では、店内が破壊されるなどの被害が出た。

    これまでにパリだけで1700人以上が拘束されていて、現地メディアによると、デモを受け、マクロン大統領は週明けにも声明を発表するとみられている。

    燃料税の引き上げ方針への反発に端を発したマクロン政権への抗議行動はSNSを通じて、15日にも参加が呼びかけられていて収束の見通しはたっていない。

    2018年12月9日 18:31
    日テレニュース
    http://www.news24.jp/articles/2018/12/09/10411303.html

    【【パリ厳戒】フランスデモ激化 1700人拘束 マクロン大統領、週明けにも声明発表か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/12/03(月) 04:50:17.97 ID:CAP_USER9
    D28B60C3-A77C-4295-933C-BB7C117C65E7

    フランス各地で続く燃料税引き上げに抗議するデモは1日も行われ、AFP通信によると、
    仏南部ではデモの影響で起きた交通事故で男性1人が死亡した。
    パリではシャンゼリゼ通りなどで暴徒化した参加者と治安部隊が衝突し、130人以上が負傷し、
    400人以上が拘束された。

    デモは11月17日から断続的に続いている。参加者が路上作業用の黄色いベストを着用することから
    「黄色いベスト運動」と呼ばれる。現在は、生活の痛みを伴う改革全般に反対する「反マクロン政権デモ」
    の様相を帯び、過激化している。

    観光名所の凱旋門周辺は、車両や建物が放火され、黒い煙に包まれた。仏メディアによると、
    一連のデモの死者は3人となった。

    読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20181202-OYT1T50082.html

    【【海外】仏デモ激化、死者3人に。凱旋門周辺は車両や建物が放火され、黒い煙に包まれる。パリ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2018/12/02(日) 11:56:43.90 ID:CAP_USER9
    fr250
     
    日本がフランスと進めている次世代原子炉開発について、仏政府が2020年以降、計画を凍結する方針を日本側に伝えたことがわかった。仏政府は19年で研究を中断、20年以降は予算を付けない意向という。日本はすでに約200億円を投じている。開発計画の大幅な見直しは必至で、日本の原子力政策にとっても大きな打撃となる。(関連記事を国際面に)

    この次世代炉は高速炉実証炉「ASTRID(アストリッド)」で、仏国内

    有料記事

    日本経済新聞
    2018年11月29日 2:00
    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO38310240Y8A121C1EE8000/

    【【前から予想できていたでしょう】フランス政府、次世代原子炉凍結へ 日仏共同開発計画、日本に衝撃 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 壁に向かってアウアウアー ★ 2018/12/01(土) 09:16:01.22 ID:CAP_USER9
    no title
     
    【ブエノスアイレス=甲原潤之介】安倍晋三首相は11月30日午後(日本時間1日未明)、フランスのマクロン大統領と訪問先のアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで会談した。日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者の逮捕を受け、日産自動車と仏ルノー、三菱自動車の3社連合の今後について議論した。


    日本政府によると、首相は「(3社連合は)日仏産業協力の象徴だ」との認識を示した。今後については「民間の当事者で決めるべきで、政府がコミットするものではない」と強調した。日仏首脳は3社連合が安定的な関係を維持することが重要だという点では一致した。

    会談はルノーの筆頭株主であるフランス政府が要請した。ブエノスアイレスで始まった20カ国・地域(G20)首脳会議の合間の時間を使って短時間の会談を行った。

    現在、ルノーは日産に43.4%、日産はルノーに15%をそれぞれ出資。日産側は「不平等」な資本関係を見直したい考えだが、フランスのルメール経済・財務相は資本比率の維持を主張しており、溝がある。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38424250R01C18A2000000/


    【【日仏会談】安倍首相 日産・ルノー「民間の当事者で決めるべきで、政府がコミットするものではない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2018/11/29(木) 10:15:19.23 ID:CAP_USER
    99D5CC26-7C82-403C-9B30-A5502E291368
     
     アラブ首長国連邦(UAE)がフランス電力(EDF)と韓国の独自技術で建設しているバラカ原子力発電所の運営・維持保守に関する契約を結んだ。原発業界は、UAEが韓国型原子炉「APR-1400」が採用される原発の維持保守に関わる契約をフランス企業と結んだこと自体が不適切であり、長期的に韓国の原発独占運営権を侵害しかねないと懸念している。

     韓国産業通商資源部(省に相当)によると、EDFはウェブサイトを通じ、11月21日にUAEの原発運営会社であるナワ(Nawah)とバラカ原発の運営・維持に関する長期契約を結んだと発表した。契約期間は10年で、1000万ドル(約11億3600万円)と小規模だという。ナワはUAE原子力公社(ENEC)と韓国電力公社が2016年に共同で設立した会社であり、バラカ原発の原子炉4基を運営・管理している。

     EDFは「50年以上の経験に基づき、UAE初の原発であるバラカ原発の運営安全、放射能管理、燃料周期管理、環境監視など広い分野でエンジニアリング研究、現場支援、教育などを支援するサービスを提供する予定だ」と説明した。また、「今回の契約を契機として、フランスとUAEによるエネルギー分野でのパートナーシップがより強化された」と指摘した。

     バラカ原発は2020年に完成予定で、出力1.4ギガワットクラスの原子炉4基で構成され、設計・工事費用は20兆ウォン(約2兆円)に達する。ナワは16年、韓国水力原子力(韓水原)と期間15年、9億2000万ドル規模の運営支援契約(OSSA)を結んだ。ナワはまた、原発運営に関連し、さまざまな整備・保守業務を支援する「LTMA契約」を結ぶため、細部の検討を進めている。原発業界からは「韓国とライバル関係にあるEDFが韓国の技術で建設した原発の運営に関する契約を結んだことは長期的に独占運営契約に影響を与え、韓国の技術がライバル企業の知るところになる可能性がある」と懸念した。産業通商資源部は「EDFとナワの契約はバラカ原発の運営自体ではなく、単純な技術コンサルタント契約にすぎない」との見方を示した。EDFは世界の原発市場で70基以上の原子炉を管理する世界最大の原発企業だ。

     EDFとナワによる契約締結という情報を受け、韓国政府と韓国電力公社は事実確認に乗り出した。産業通商資源部は「ナワとEDFによる契約は発電所の運営以外に追加で必要となる一部分野を支援する契約であり、バラカ原発の運営権と関連がある契約とは見なせない」との立場で、「ナワと原発運営に関する契約を結ぶためには、事前に韓国電力との協議が必要だが、今回の契約に事前協議がなかったのは、小規模の技術コンサルティングだったからだ」との認識を示した。

     産業通商資源部の説明によれば、UAEはバラカ原発の建設中にも、韓国電力公社以外に米国や英国と企業と技術支援契約を結んだ経緯があり、韓水原も米独などのライバル企業と運営支援関連のコンサルティング契約を結んでいる。しかし、韓国とライバル関係にある企業が韓国型原発の運営技術に関する契約を結んだことで、長期的な影響は避けられないとの指摘が出ている。一部からはEDFが技術コンサルティングの名目で韓国型原子炉の技術情報に触れる可能性が高いとの懸念も示されている。

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/29/2018112980015.html

    【【約束を破ったのは韓国】UAEが韓国に無断で仏企業と原発運営関連契約 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル