かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:ヘイトスピーチ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/05/18(土) 10:38:47.40 ID:CAP_USER
    旭日旗の応援を中断せよと日本プロサッカーのJリーグに抗議した誠信女子大学校の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が、「死ね」などと日本の右翼団体から脅迫されている事が分かった。

    no title

    ▲ 徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大学校教授

    徐教授は17日、自身のFacebookを通じて、「日本の右翼団体が大学に変な物を送り続けていて、今は自宅の住所も公開されていて、家族が嫌がらせを受けるのではないかと心配している」とし、「独島(トクド)、日本軍慰安婦、強制徴用、旭日旗などと関連した事を展開するたび、日本のポータルで私に関連する記事が殺到する」と述べた。

    続けて、「もちろん注意はしなければならないが、率直に怖いという気持ちは全くない」と付け加えた。

    徐教授はこれまで韓国を知らせる活動に率先してきた。徐教授は去る16日、Jリーグに、「日本のサッカー場での戦犯旗の応援を中断セヨ」という抗議書簡を送っている。

    NAVER/朝鮮日報(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=023&aid=0003447160

    【【韓国】徐敬徳教授、日本の右翼から「しね」などの脅迫を受ける】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ■忍法帖【Lv=9,シャドー,pJ7】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 19/05/13(月)09:39:19 ID:???

    香山リカ
    @rkayama
    ヘイト街宣に参加してる人なんて軽蔑してるに決まってるじゃない。
    この人たちの言動で、これまでどれだけ多くの人たちが傷ついたか。
    そして私の知り合いにも、この現実を知り留学を打ち切って韓国に帰国した大学院生がいます。
    この人たちは明らかに国益を損ねている日本の敵です。

    https://twitter.com/rkayama/status/1127474890297110528?s=21

    始まりのツイート


    【【パヨクのヘイト】香山リカ「(ヘイトを知り)韓国に帰国した大学院生がいます。ヘイト街宣に参加してる人なんて軽蔑してるに決まってる。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/05/02(木) 08:39:37.76 ID:q1gC1wJ49
     E5E95044-C79F-4DD4-826E-3D8AE167E117

     建て替えのため空き地になっている韓国・ソウルの日本大使館跡地。大通りを挟んだ反対側には「慰安婦像」が設置されたままになっており、日本政府に慰安婦問題での謝罪や補償を求める抗議デモ「水曜集会」の“聖地”となっている。そのデモは「令和」になっても続きそうだ。韓国在住ジャーナリストの藤原修平氏が、1384回目となる水曜集会の現場を取材した。

     * * *
    「日本政府は、謝罪しろ、謝罪しろ、謝罪しろ!」

     4月24日(水)の昼過ぎ、ソウルの日本大使館“跡地”前ではシュプレヒコールが響き渡っていた。慰安婦問題で日本政府からの謝罪を求める水曜集会が始まったのだ。慰安婦を象徴する少女像(慰安婦像)には花を編んで作った冠が被せてある。

     水曜集会とは1992年1月8日に始められた抗議デモのことで、毎週水曜日に行われることから名付けられた。当初の正式名称は「日本軍慰安婦問題解決の為の定期水曜デモ」であった。2017年2月1日から「日本軍性奴隷制問題解決の為の水曜デモ」に改名されて現在に至り、今回で1384回を数える。

     大学が中間テストの期間中のせいか、いつも参加者の多数を占める女子学生らの姿はなく、人数も普段の半分か3分の1程度。それでもざっと120人くらいはいるのだが、そのほとんどが小学校高学年だという。彼らは「日本政府は謝罪しろ」「世界の平和を願う」などと書いたプラカードを掲げ、嬉々としながら「謝罪しろ」を連呼している。その傍では付き添いの教師と思しき中年の男女数人が笑顔で拍手を送っていた。

     水曜集会は後半になると、参加グループの代表が歩道上に設けられた特設ステージに立つのが恒例。この日は小学生の代表が壇上に立ったが、一人の男子児童がハルモニ(元慰安婦のお婆さん)に宛てた手紙を読み始めると、会場はさらに盛り上がりを見せた。

    「イルボンノムドゥル(日本の野郎ども)」

     そんな言葉が男子児童の口を突いて出てきた。水曜集会は日本政府への抗議活動の場であるが、それでも「イルボンノム」を使うのは珍しい。韓国語の「イルボン」は「日本」の意味。「ノム」は同じく「奴」とか「野郎」と訳されることが多いが、もっと強い「畜生」に近いくらいの蔑称でもある。喧嘩するときなどは「イノム(この野郎)」と言って相手を威嚇する。


    (略)

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190502-00000003-pseven-kr 

    【【日本人へのヘイトスピーチ】韓国の小学生が慰安婦デモ 「日本の畜生ども」と連呼 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 僕らなら ★ 2019/03/25(月) 11:35:33.35 ID:wFQI9vuD9
     日本年金機構世田谷年金事務所長(東京都世田谷区)の男性がツイッターで、韓国の人たちを念頭に「これ以上来日することは、治安の悪化に直結する」などと差別をあおる書き込み(ツイート)を繰り返し、インターネット上で問題化した。所長は一連のツイートは不適切だったとして削除したが、同機構は25日付で所長を人事部付に異動させた。同機構は事実関係を確認した上で、厳正に対処する方針だ。

     同機構などによると、所長は実名や身分を伏せてツイッターを利用。韓国人について「属国根性のひきょうな民族。断交、無視が一番」「反日教育を受けているんだから、そもそも(日本へ)くる必要ない」などとツイートしていた。

     過去のツイートやネット上の情報から素性が発覚し、所長は問題のツイートを削除した。所長は24日に同機構に報告し、「個人的な発言により傷ついた皆様におわびいたします。二度と行わないことをお約束申し上げます」とツイッター上で謝罪した。

     同機構広報室は「詳細を聞き取った上で厳正に対処する」としている。【大久保昂】

    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20190325/k00/00m/040/098000c

    【【韓国】年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭 「属国根性のひきょうな民族」「反日教育を受けているんだから日本へくる必要ない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: すらいむ ★ 2019/01/16(水) 19:24:42.02 ID:fd83qaKf9
    51807643-7C73-43B8-B714-8301A0A4C84B
     
    ブログで中学生にヘイトスピーチ 侮辱罪で60代男に略式命令

     インターネットのブログで、在日コリアンの川崎市の男子中学生に対して民族差別をあおるヘイトスピーチの書き込みをしたとして、60代の男が侮辱罪に問われ略式命令を受けたことがわかりました。
     弁護士によりますと、インターネット上の匿名のヘイトスピーチが侮辱罪で処罰されるのは、初めてとみられるということです。

     これは、16日に男子生徒の代理人の弁護士が会見を開いて明らかにしました。

     それによりますと、去年1月、川崎市に住む当時中学3年生だった在日コリアンの男子生徒は、みずからの活動が新聞記事で取り上げられたあとから、インターネット上のブログでヘイトスピーチの被害を受けました。

    弁護士がプロバイダーに発信者の情報を開示するよう求めるとともに、警察に告訴したところ、大分市の60代の男が書き込みを行ったとして、侮辱罪に問われました。

    その後、去年12月に川崎簡易裁判所が科料9000円の略式命令を出したということです。

    弁護士によりますと、インターネット上のヘイトスピーチが侮辱罪として処罰されるのは初めてだとみられるということです。

    会見を開いた師岡康子弁護士は「ネット上のヘイトスピーチに対して刑事処分がなされることは非常に意義がある。しかし、ヘイトスピーチそのものを処罰する法律はなく、今後は法整備をしていく必要があると思います」と話していました。

    NHK 2019年1月16日 18時05分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190116/k10011779911000.html

    【【ブログの内容酷過ぎ】60代男がブログで在日コリアンの川崎市の男子中学生にヘイトスピーチ 侮辱罪で略式命令】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/10/05(金) 22:20:25.25 ID:CAP_USER9
    まとめサイト、ヘイト初認定へ=大阪市

     大阪市のヘイトスピーチ審査会は5日、市の対処条例に基づき、インターネット掲示板への書き込みを編集した「まとめサイト」2件が在日韓国・朝鮮人へのヘイトスピーチ(憎悪表現)に当たると答申した。

     近く市が正式に認定し、プロバイダーに削除要請する。市によるとまとめサイトをヘイトスピーチと認定するのは初めて。

     サイトは市内の在日韓国・朝鮮人の団体に関する報道記事を引用する形で、誹謗(ひぼう)中傷などの表現を不特定多数の人が閲覧できる状態にしていた。うち1件は閲覧者にコメントを書き込むようあおっており、憎悪表現を増幅させていると判断された。

     市は2016年の条例施行以降、ネット上の動画4件をヘイトスピーチと認定している。 

    10/5(金) 21:29
    時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000155-jij-pol

    ----------------
    まとめサイトの「ヘイト」認定

    インターネット上の情報を集めた「まとめサイト」の2つの記事について、在日韓国・朝鮮人に対する差別的な内容が含まれているとして、大阪市の審査会は、ヘイトスピーチと認定し、吉村市長は、今後、インターネットのプロバイダーに削除を要請する考えを示しました。

    問題となっているのは、「まとめサイト」の在日韓国・朝鮮人に関する2つの記事です。
    市民などからの申し出を受けて審議していた大阪市の審査会は、2つの記事がヘイトスピーチにあたると認定して、5日、大阪市に答申しました。

    その理由として、市の審査会は、この「まとめサイト」について他人が投稿した文章を引用しているものの、一定の思想や考えにもとづいて編集され、独立したひとつの表現になっているとしています。
    そのうえで、サイト上の1つの記事は、掲載された文章の表現から、在日韓国・朝鮮人への憎悪や差別の意識、暴力をあおることが目的だと明らかに認められるとしています。

    もう1つの記事は、記事に対して投稿された差別的なコメントを、不特定多数の人が閲覧できる状態にしていることなどから、記事そのものの趣旨がヘイトスピーチにあたると判断しています。
    審査会の答申を受けて、吉村市長は記者団に対し、大阪市としても、今後、2つの記事をヘイトスピーチにあたると認定したうえで、インターネットのプロバイダーに削除を要請する考えを示しました。

    【大阪市の条例】

    大阪市の「ヘイトスピーチへの対処に関する条例」はおととし7月、施行されました。
    ヘイトスピーチについて、特定の人種や民族に属する個人や集団を対象に、相当程度、侮辱したり、脅威を感じさせたりする表現を、不特定多数の人が見たり聞いたりするような場所や方法で行うことと定義しています。

    条例では、弁護士や研究者など法律の専門家からなる審査会が、市民からの申し出などにもとづいて、特定の表現がヘイトスピーチにあたるか審査することになっています。
    ヘイトスピーチと認定された場合、市長は拡散を防ぐための措置をとるほか、ヘイトスピーチを行った個人や団体の名前などを公表することになります。

    この条例にもとづき、審査会は、去年3月、インターネットで公開されていたデモや街宣活動を撮影した動画4件を、ヘイトスピーチにあたると認定しました。
    その時点ですでに削除されていた1件を除く3件は、大阪市からの要請を受けた動画投稿サイトの運営会社が削除しました。

    ただ、動画を投稿した個人や団体は匿名だったため特定が難しく、公表されたのはハンドルネームにとどまりました。

    10月05日 18時30分
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20181005/0008407.html
    【【大阪市】まとめサイト、ヘイト初認定へ 在日韓国・朝鮮人に対する差別的な記事内容で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/09/16(日) 14:59:08.95 ID:CAP_USER9
    kr250
     
    ヘイトスピーチの規制を含む人権条例制定が進む川崎市で15日、ヘイトに反対する市民団体が主催し、より良い条例の内容を考えようというシンポジウムが開かれた。東京弁護士会がまとめた条例モデル案の作成に携わった在日コリアンの金竜介弁護士が講演し、実効性のある条例の必要性を訴えた。

     金弁護士は、2016年施行のヘイトスピーチ対策法について、禁止規定がないことや、法律の保護対象が合法に暮らす外国人にとどまり、限界があると強調。「日本では刑事罰がない。

    モデル案では行政罰を科すことにした」として、被害者が裁判に訴えなくても、行政が責任を持って処罰すべきだと訴えた。

    デイリー
    https://www.daily.co.jp/society/national/2018/09/15/0011643207.shtml


    【在日コリアンの弁護士・金竜介「ヘイト対策法、保護対象が合法に暮らす外国人にとどまり限界がある」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Egg ★ 2018/08/16(木) 18:46:25.69 ID:CAP_USER
    no title
     
    15日、リヴァプール公式SNSの韓国語版がこんな投稿をした。

    제73주년 광복절 축합니다!
    National Liberation Day of Korea

    조국 광복을 위해 싸우다 순국 한 선열의 정신을 잊지 않겠습니다.

    출처: 해방 1주년 기념 우편엽서(1946년, ⓒ독립기념관)

    pic.twitter.com/2fSq033OMC

    — LFC South Korea (@LFCKorea) 2018年8月15日

    「韓国解放の日」という言葉とともに、太極旗を掲げ、日本の国旗である日の丸を踏み付ける人が描かれた画像がアップされている。

    15日、日本は第二次世界大戦の敗戦から73年を迎えたが、韓国にとってこの日は日本の統治から“解放”されたことを祝う「光復節」となっている。

    SNS全盛の時代にあって、世界進出を目論むビッグクラブは複数言語のアカウントを開設しており、各国の記念日などに合わせて祝福のメッセージを送ることは珍しくないがこれは…。

    韓国語版とはいえ、リヴァプールの公式であることには違いない。各アカウントが政治的な主張をし始めたら収拾が付かなくなるはずだが、クラブはどのように考えているのだろうか。

    なお、この画像はTwitterとFacebookに投稿されており、Facebookには4500以上のいいね!と280件超のコメントが寄せられている。

    2018/08/16 16:00
    https://qoly.jp/2018/08/16/liverpool-south-korea-hys-1

    リバプールの韓国版公式Twitterアカウントで、疑問の残るツイート
    https://this.kiji.is/402737133196412001?c=381754425691505761


    【【サッカー】<リヴァプール公式の韓国語版>日の丸を踏み付ける画像を掲載... 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2018/07/31(火) 13:55:15.50 ID:CAP_USER
    no title
     
    ◆「ヘイト」深刻 相談はゼロ

    ◇対応窓口設置1年 法律、強制力なし 府「対策に限界」

    民族差別などを助長するヘイトスピーチ(憎悪表現)に対応する相談窓口を府が設置して1年。 
    全国初の取り組みとして注目されたが、インターネット上や街宣活動による被害が続くにもかかわらず、相談はまだ1件もない。 

    「全く電話がないとは、想定外だった」 
    京都弁護士会の浅井亮副会長は読売新聞の取材にそう話した。 

    府は2017年7月、相談窓口を設置した。 
    月2回の電話相談のほか、対面でも相談でき、人権問題に詳しい弁護士から助言を受けられる。 

    ただ、16年6月に施行されたヘイトスピーチ対策法では、相談者から要請があっても府が路上での街宣行為を中止することや、罰則を与えることはできない。 
    「結局、自分で訴訟を起こすしかない」(弁護士)ため、相談してこないとみられる。 

    府は、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」による京都朝鮮第一初級学校前での街宣活動(09年、10年)をきっかけに対策に本腰を入れ始めた。 
    だが、効果が出ているとは言い難い。 

    14年には、ヘイトスピーチなど人権侵害の疑いがある動画や投稿が見つかれば、京都地方法務局を通じてプロバイダーやウェブサイト管理者に削除を要請する仕組みを始めた。 
    要請件数は17年度だけでも27件に上ったが、実際には元を削除しても複製が拡散し、消しきれないケースが多い。 

    今年3月には、府民ホール(上京区)など公共施設の利用を規制する指針を施行した。 
    ただ、道路上で行われる街宣行為を制限する手立ては、事実上ない。 
    府人権啓発推進室の担当者は「法律は一定の抑止にはなるが、実際にデモを止めることはできない。自治体ができることに限界がある」と苦悩をにじませる。 

    インターネット上には、当時の街宣だけでなく、在日コリアンらが多く住む大阪・鶴橋や、東京・新大久保などでその後繰り返された街宣の動画も数多く残る。 
    昨年4月には、京都市南区の公園で在特会の元幹部が「この朝鮮学校は日本人を拉致しております」などと、拡声機を使って街宣する様子をネット上に投稿した。 

    デモやインターネットへの投稿の制限は、憲法が保障する表現の自由を侵すことになるとの意見もある。 
    ただ、ヘイトスピーチに詳しい金尚均・龍谷大教授(刑法)は、「現状では、被害を受けた当事者が時間をかけて対応するしかなく、規定を設けて街宣行為を禁止したり、投稿や閲覧を制限したりする必要がある」と指摘する。 

    読売新聞 2018年07月30日
    https://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20180729-OYTNT50034.html?from=tw

    【【京都】ヘイトスピーチ対応窓口、設置1年 相談はまだ1件もなし 弁護士「相談の電話が全くないとは想定外」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2018/07/28(土) 09:17:10.46 ID:CAP_USER
    A67998FB-A432-47BD-8BB4-3E0E9279E87F
     
    杉田水脈衆院議員の顔は「幸せに縁がない」? 観相学で見てみたら…

    浅野裕見子 2018.7.27 20:10 

    杉田水脈衆院議員の顔を観相学で見たら… (c)朝日新聞社

    「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題した月刊誌「新潮45」への寄稿で、持論を展開した自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(比例中国ブロック)。これまでも「男女平等は、絶対に実現しえない反道徳の妄想」「『待機児童』なんて一人もいない。待機しているのは預けたい親」など極端に偏った意見で物議を醸してきた杉田氏は、どんな人物なのか。嘉祥流観相学会代表・岡井浄幸さんが杉田氏の顔を、観相学的に読み解いた。

    *  *  *
     杉田議員のお顔は、まず全体の印象として「幸せに縁のない」お顔。額は前頭葉に直結する部分、良い気も悪い気も、ここから取り込み、また放出する大切な場所。それが、長い前髪でおおわれてしまって、入る・出るが滞っている。

     また、額を出した写真を見ても、政治家としてあまり良い額をしているとは言えません。

     まず、眉から生え際まで、額の高さはたっぷりあります。これは非常に頭がよく、情報が豊富であることを示しています。

     額が後退することなく、むしろせり出しているので行動力もあります。

     ですが、問題は額の幅としわです。

    AERA
    https://dot.asahi.com/aera/2018072700077.html

    【【消したら増える】朝日新聞社が杉田水脈議員の顔を「幸せに縁がない顔」「あっまりいい顔ではない」とヘイト攻撃 → 記事削除 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: シャチ ★ 2018/07/11(水) 12:07:54.98 ID:CAP_USER
    『虚構の時代の果て──オウムと世界最終戦争』の著者で、社会学者の大澤真幸さんは「事件が一部の特異な人たちの犯行だと考えるべきではない」と強調する。 

    「オウムは、社会に人生の希望や理想を見いだせなくなった時代に出てきた。信徒たちが抱いたような虚無感は一般の人々にもある。 
    人生について真面目に考えている人ほど、オウムのようなものに魅了される」 

     若者が社会に矛盾や疑問を感じるのは世の常。心のすき間に入ってきた麻原は決して特別な存在ではないと分析するのは、 
    立正大教授で社会心理学者の西田公昭さんだ。一連の事件で、心理鑑定を担当した。 

    「あの手の特別さは麻原が唯一無二ではない。心の闇を抱えている人に、あたかも簡単に解決してあげられるかのように、 
    ウソの手を差し伸べれば、ピタッとはまります。今後もカルト的なものが問題になることはありうるのです」 

     事件当時よりも社会の閉塞感は広がっており、若者は日本に明るい未来を感じていないと思うからだ。 

    「このまま社会に出ていってうまくいくんだろうかと思っている大学生や、就職しても結局は会社の中でうまくいかない若者は少なくない。そういうところに、 
    ポンッとカルト的なものが入ってきたら、パッと食いつきますよ」 

     事件を境にして、社会のありようが大きく変わったという見方もある。有田さんは、こう振り返る。 

    「監視社会になりました。街中に監視カメラが設置されて、日常生活が監視されている。それによって犯罪が明らかになるなど良い面もあるが、 
    あれから23年で、相互監視が当たり前の社会になった」 

    ■ヘイトスピーチ、根底に同じもの 

     森さんは、事件は政治の在り方にも影響を与えたとみている。 

    「極論を言えば、事件がなければ安倍政権は誕生していなかったと思います」 

     事件と政権を直接結び付けることはできないが、森さんの見立てはこうだ。 

    「あの事件によって社会の不安と恐怖が刺激された。人は不安と恐怖をもつと集団でまとまりたくなるのです。集団でまとまるとみんなと同じ動きをしたくなる。 
    そのためには、同じ動きをしないものは排除していく必要があり、それには強いリーダーが欲しくなる。リーダーは自分への支持を集めるため、共通の敵を探したくなる」 

    7/11(水) 11:30配信 AERA dot. 
     これは、01年の同時多発テロのときの米ブッシュ政権にあてはまるが、同じことが日本でも始まっていたという。 

    「だから今は、安倍的な政治家が一番いいんでしょうね」 

     社会にさまざまな影響を与えたオウム真理教。平成という時代を象徴する事件だが、今後、第二のオウムが現れる可能性はあるのだろうか。 
    宗教学者の山折哲雄さんは「日本人の心の問題を議論し、解決策を出さなければ、同じ事件は起きる」という。ジャーナリストの魚住昭さんは次のように分析する。 

    「麻原氏の教義は、仏教、キリスト教、神道などが混合した習合的なものでした。これにユダヤ民族による世界征服という荒唐無稽な陰謀論と、 
    自分たちは神に選ばれた民、という選民意識が加わった。それがオウムを武装化に駆り立てた。この陰謀論や選民意識は、形をかえていまも存在します」 

     例えば、ヘイトスピーチ。最近、ありもしない陰謀論をうたい、攻撃的な発言をする集団が目立つ。 

    「こうした、ねじ曲がったナショナリズムは存在するし、それが暴力的な手段を取ることはいくらでもあり得ると思っています。教団の思想を分析し、 
    事件全体を解明すべきだった。なのに、死刑執行ですべては闇のままです」 

    大澤さんもヘイトスピーチの根底に、自分の不遇を責任転嫁するオウムと同じものが流れているとみる。 

    「今の若い世代が生きる意味や目的を見つけたというわけではない。つまり、根本的な日本の病理が解決したということではない。 
    病気が慢性的になると、自分が病気であることに気づかないことがある。自覚なき虚無感です」 

    いまの日本は東京五輪くらいしか目標がない、と大澤さんは指摘する。目標を失ったとき、人びとは救済を求め、同じような事件が起きる可能性はある。 

    闇に葬り去られた“オウム”は、また現れるのだ。 

    ※週刊朝日  2018年7月20日号 記事の一部抜粋
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00000057-sasahi-soci&p=3

    【【パヨクの自己紹介?】ヘイトスピーチの根底に、自分の不遇を責任転嫁するオウムと同じものが流れている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/05/26(土) 08:05:50.08 ID:CAP_USER9
    https://mobile.twitter.com/tokyo_satokei/status/999793397790490624
    佐藤 圭 Verified Account
    @tokyo_satokei
    東京新聞:ネット匿名ヘイトスピーチ立件 在日女性を脅迫容疑:社会(TOKYO Web) tokyo-np.co.jp/article/nation… ヘラヘラと差別を楽しむ匿名の卑怯者には鉄槌を下さなければならない。

    ムーミンEFGO GO!
    @GoEfgo
    久し振りに見たわ東京新聞のバカの代名詞w

    ashbless
    @cpt_ashbless
    >師岡弁護士は「(対策法の)一番不十分な点はヘイトスピーチを禁止していないことだ。違法化されれば、ネット上の差別投稿にも対処できる」と指摘した。 をいをい。安易な規制は表現の自由に対する重大な脅威になるんだぜ。 それでも、(人権派?)弁護士か・・・

    マサヲ君一周年
    @nashiyama0007
    急に飛び出して来て、長い冬眠生活から目が覚めたの?

    machine-xC210
    @CDr30
    批判者は徹底的にやり込めねばならん、つー意味かよwwwwwwwwwwwwwwwww

    【【東京新聞・佐藤圭】ネット匿名ヘイトスピーチ立件 在日女性を脅迫容疑 ヘラヘラと差別を楽しむ匿名の卑怯者には鉄槌を下さなければ… 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/03/27(火) 16:30:05.66 ID:CAP_USER
    フロム「自由からの逃走」日本に照らせば 今そこにあるファシズム

    no title

    休日の繁華街で行われたヘイトスピーチへの抗議に駆けつけた大勢の人たち。プラカードを手に、差別をやめるよう声を上げた=大阪市中央区の難波交差点で2014年10月19日、後藤由耶撮影

    書店には「反中・嫌韓本」とともに「日本礼賛本」が並ぶ。排他的な雰囲気が漂う現代日本。社会学者のエーリッヒ・フロムがナチズムに傾倒したドイツを考察した名著「自由からの逃走」で解き明かした社会に似てきていないか。【庄司哲也】

    翻訳本を出版している東京創元社はホームページでこの本をこう紹介する。<現代の「自由」の問題は、機械主義社会や全体主義の圧力によって、個人の自由がおびやかされるというばかりでなく、人々がそこから逃れたくなる呪縛となりうる点にあるという斬新な観点で自由を解明した>。訳者は日高六郎さん。入学シーズンだが、社会学専攻の学生には必読の古典とも言われる。ネット上では、ネトウヨやへイトスピーチなど現代日本に「自由からの逃走」を照らし合わせた書き込みも目につく。

    ドイツ出身のフロムが、亡命先の米国でこの本を著したのは、欧州でファシズムが猛威をふるった1941年。第一次大戦で敗戦後、経済的に多くの人が苦しんでいる時にナチスが勢力を伸ばした背景を考察した。

    <近代社会において、個人が自動機械となったことは、一般のひとびとの無力と不安とを増大した。そのために、かれは安定をあたえ、疑いから救ってくれるような新しい権威にたやすく従属しようとしている>

    フロムはこうしたドイツ国民の傾向を「権威主義的パーソナリティー」と名付けた。自由を持て余し、不安や孤独から強い権威(ナチス)に身を委ねていったというのだ。

    では、今の日本が全体主義に陥る危険はあるのか。2006年から学生を対象にアンケートを行い、ファシズムの兆候がないか調べている帝京大教授の大浦宏邦さん(社会学)に聞いた。「劇場型」といわれた05年の郵政解散・総選挙で、小泉純一郎首相(当時)が圧倒的な支持を得て以来、授業を履修する学生に「ファシズム(F)尺度調査」を実施している。ドイツの哲学・社会学者、テオドール・アドルノが開発した調査を簡略化したもので、「先輩後輩などの上下のけじめはつけるべきだ」「今の若者にはもっと規律が必要だ」など6項目の質問を投げかけ、権威主義的な傾向を数値化した。

    例えば「上下のけじめ」「規律の必要性」の質問は、先行きの不安や自信のなさを抱えた人が、強者や偉い人の言葉を信じ、安心を得ようとする個性を測る質問だ。フロムが「権威主義的な服従」と指摘したこうした個性を持つ人は、質問に対して「とてもそう思う」と答える傾向にあるという。

    06年から17年まで、4000人近い学生を調査した結果、平均は4・5点(最高点は7点)だった。大浦さんはどう評価するのか。「ナチス・ドイツの親衛隊員が5点と言われていますので、高い値です。ただ、この間、数値はほぼ一定しており、直ちにファシズムの傾向があるわけではありません。今後の動向に注目していく必要があるでしょう」
     
    (略)

    毎日新聞 2018年3月27日
    https://mainichi.jp/articles/20180327/dde/012/040/002000c


    【【何故英語?】「反中・嫌韓」「日本礼賛」は自信を得るツール。隣国を排他的に非難して自国の存在価値を膨らませやすらぎを求める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ろこもこ ★ 2018/02/02(金) 17:42:09.36 ID:CAP_USER

     ラップを通じて平和について考えるイベントに参加した川崎市に住む中学3年の男子生徒(15)に対する差別的な中傷がインターネット上で相次ぎ、事態を重く見た神奈川県弁護士会は2日、「ヘイトスピーチによる人権侵害に警鐘を鳴らし、是正を求める」などとする会長談話を発表した。
     
     同会によると、イベントは1月21日に川崎市で行われた平和について考えるワークショップ。男子生徒は、韓国籍と日本籍を持ち、ヘイトにさらされた経験を基に歌詞を作成してラップで表現。新聞とニュースサイトで実名で紹介された。

     記事が出た後、インターネット上には男子生徒を名指しした差別的な中傷が急激に増加。書き込みは転載も含め数十万件に及ぶ。男子生徒は高校進学を控えており、「平穏な学生生活を送れなくなるのでは」と不安を訴えているという。

     事態を把握した同会の延命政之会長は談話を発表し、「多数人による中学生への公開リンチの様相を呈している」と非難。ネット上のヘイトは「違法性の強いものだ」と指摘した。

     同会によると、ヘイトスピーチ対策法には罰則が設けられていないが、特定の個人に対する中傷は、名誉毀損(きそん)の疑いでの告訴や損害賠償請求が可能。男子生徒が希望すれば、法的措置を含め対応するという。 

    ヤフーニュース(時事通信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000056-jij-soci
     


    【【川崎】ネットで韓国籍と日本籍を持つ中学生に差別的中傷 神奈川県弁護士会、ヘイトスピーチと警告】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル