かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:ベネズエラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2020/07/22(水) 02:06:43.55 ID:CAP_USER
    kr250
     
    新聞A3面1段 2020.07.21 午後5:44

    ◆不動産供給対策◆

    租税爆弾・遡及適用など無理な不動産政策が殺到すると、市民の間で「韓国の不動産政策は、ベネズエラとそっくり」という主張が呼応を得ている。 20年以上前に、社会主義の住宅政策に亡国の道を歩いたベネズエラ韓国政府が応じているというものである。

    21日、不動産業界によると、このような主張は、2013年9月にした-ベネズエラの経済協力センターが発行した調査報告書「自己住宅所有ますます難しくなって」に基づいている。この報告書は、2000年代に、ベネズエラの不動産政策が失敗した原因を分析した内容であるが、当時の状況が現在韓国の状況と驚くほど似ているというのだ。

    この報告書によると、両国の似たような政策で、特に賃貸関連ポリシーを挙げることができる。

    ベネズエラの政府は2003年から9年間の家賃凍結(韓国のジョンウォルセ上限制と同様)、政府機関の賃貸監査局が直接家賃を定める(与党が推進中の標準的な使用料制と類似)、任意退去禁止法の適用(契約更新請求権第と同様)などを実施した。現在、政府与党が推進中の韓国の賃貸借3法と政策の方向性が似ている。他にも、住宅分譲時物価指数に反映禁止(分譲価格上限制)、建設中の住宅は、国立機関の許可を受けなければならマーケティングが可能(分譲権の転売制限)など分譲関連政策も類似点が多い。

    報告書は、特にベネズエラで家賃凍結など賃貸関連の各種規制が施行された結果賃貸住宅の供給が急激に減少し、「品薄状態」が起きたと指摘した。全住宅のうち賃貸住宅の割合は、ポリシーの施行前の30%から3%の水準まで減少した。供給がなくなると自然に上回るをのせて契約を結ぶ一種の「闇市場」が形成され、実質家賃が高くなったことはもちろんだ。

    NAVER(韓国語)
    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=009&aid=0004619672&date=20200721&type=1&rankingSeq=5&rankingSectionId=101

    【【韓国】文政権の不動産政策、ベネズエラそっくり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ラテ ★ 2018/09/15(土) 08:50:03.85 ID:CAP_USER
    62BCA3FB-E0F4-40C7-8000-A164096C7060

    【マルデルプラタ(アルゼンチン東部)=外山尚之】ベネズエラのマドゥロ大統領は14日、訪問先の北京で中国の李克強(リー・クォーチャン)首相と会談し、石油分野を中心とした経済協力を進めていくことで合意した。中国政府は崩壊状態のベネズエラ経済に対する支援を約束する一方、ベネズエラが求めていた新規融資については明言していないという。


    14日、中国の李克強首相(右)と握手を交わすベネズエラのマドゥロ大統領(北京)=ロイター
    ベネズエラ政府の発表によると、石油や鉱業、通信など28分野で協力することで合意したという。両国の国有石油企業による合弁企業への追加出資や、ベネズエラの石油権益の中国側への売却などが含まれる。マドゥロ氏は「中国の協力に感謝する」と感謝の念を述べ、中国政府の外交戦略「一帯一路」を支援すると約束した。

    李氏は「中国はベネズエラの経済発展と市民の生活改善のための努力を支援する」と述べる一方、マドゥロ氏が求めていた新規融資への言及はなかったとロイター通信は報じている。過去10年間でベネズエラは中国から総額500億ドル(約5兆6000億円)以上の融資を受けているが、近年の経済混乱や石油採掘の停滞で返済が滞っている。

    マドゥロ氏は16日まで中国に滞在する予定。14日には習近平(シー・ジンピン)国家主席の歓迎を受けた。
    2018年9月15日 5:28 日本経済新聞 
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO35426430V10C18A9000000?s=2 

    【【国際】ベネズエラ、中国と石油分野を中心とした経済協力で合意 首脳会談で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2018/08/16(木) 14:21:15.88 ID:CAP_USER9
    DDCAF25E-33BA-470B-96B1-DAA1871657A1
     
    南米ベネズエラのアレアサ外相は15日、河野太郎外相が内政に干渉する発言をしたとして、岡田憲治駐ベネズエラ大使を外務省に呼んで抗議文を手渡した。国営テレビで明らかにした。

     中南米歴訪中の河野外相は14日、ペルーでポポリシオ外相と会談後、共同記者発表で「(ベネズエラが)広範な国民参加を経た民主主義を回復することを引き続き求めることで一致した」などと述べた。

     アレアサ氏は発言が「敵対的で国際法違反だ」と指摘。「訂正されない場合はマドゥロ大統領が相応の方策を取る」と警告した。(共同)

    産経新聞
    https://www.sankei.com/smp/politics/news/180816/plt1808160010-s1.html

    【【宣戦布告するの?】河野太郎外相発言にベネズエラが抗議 「敵対的で国際法違反」「訂正ない場合は相応の方策」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル