かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:ホロコースト

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ベクトル空間 ★ 2021/07/22(木) 23:39:37.90 ID:gM9eqLf49
    no title
    立憲民主党の蓮舫議員が22日、ツイッターで開幕式の演出担当を務めるお笑い芸人の小林賢太郎氏の解任問題に言及した。

     小林氏がお笑いコンビ「ラーメンズ」時代の1998年、コントでホロコーストをネタにしていた動画が拡散。米国・ロサンゼルスに本部を置くユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が批判の声明を出すなど国際的な問題となり、22日解任された。

     これについて蓮舫議員は「衝撃、で終わらせることではないと思います。平和の式典クリエイティブチーム選任は組織委員会の誰が責任を持ち進めてきたのかも明らかに。まさか広告代理店に丸投げではないと思いますが、丸投げにしてもその組織の人選、管理能力も問われます」とトラブルが相次ぐ組織委員会の人選を批判した。

    東スポ
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3449232/

    【【噛みつきパヨク】蓮舫代表代行「ユダヤ人ホロコースト揶揄で解任されたラーメンズ小林の問題に『責任追及を』」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★ 2021/07/22(木) 22:51:57.11 ID:CjudJ+Xf9
    no title
    元新潟県知事の米山隆一氏(53)が22日、自身のツイッターを更新。23日に行われる東京五輪開会式でショーディレクターを務める予定だった元お笑いタレントの小林賢太郎氏(48)が大会組織委員会から解任されたことについて、「解任は妥当でなかったと思います」と投稿した。

     米山氏は「既に決まった事ですし色々な意見はあろうかと思いますが、私は小林氏の解任は妥当でなかったと思います」とコメント。「揶揄自体は不適切で傷ついた人がいたにせよ意図したものでなく、現在その様な事をしている方でもありません。過去にこの程度の瑕疵が一つもない人生を送っている人がそれ程多いとも思えません」と続けた。

     また、組織委員会の対応にも疑問を呈し、「ご本人が真摯な反省を示し、組織委員会がそれを正面から認め、間違いは間違いと認めた上で氏を守る事はできなかったのかと思います」とつづった。さらには、「人生の一時期不適切な冗談をネタにしていたけれど、その後それを改め、人を傷つけないお笑いの道を歩み、事が起こってこのコメントを出す人を、言語道断と言って叩ける人はどれほど立派なのかと思います。またこの人を多少なりとも擁護しない日本政府は何なのかと思います」と怒りを口にした。

     小林氏はホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を扱ったコントを演じていたとしてSNSなどで批判されていた。

    7/22(木) 20:26 スポニチ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d3ae53e2bc2dfdc5fde87d3477680204a6894ebb

    【【パヨク】米山隆一氏、小林賢太郎氏解任に怒り「この人を多少なりとも擁護しない日本政府は何なのか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: どどん ★ 2021/07/22(木) 22:43:30.58 ID:b/kw1iej9
    il250
     東京五輪開会式の演出責任者を解任された小林賢太郎氏が過去にユダヤ人大虐殺を揶揄した問題で、駐日イスラエル大使が強い非難を表明した。

     小林氏はお笑い芸人時代にユダヤ人の大虐殺を笑いのネタにしていたことが明るみに出て、22日に開会式の責任者の職を解任された。この問題を受けて、ヤッファ・ベンアリ駐日イスラエル大使が自身のツイッターで強い抗議を表明。

    「私は駐日イスラエル大使として、そして大虐殺からの生存者の娘として、有名なコメディアンの小林賢太郎氏が過去に行った反ユダヤ主義の発言を聞いてショックを受けた」と今回の騒動で精神的に大きな被害を受けたと強調。そのうえで「大会組織委員会に対し、小林氏の非常に不快な行為を強く非難した。そのような行為は、日本やオリンピックに関連するものであってはならない。解任という組織委員会による迅速な対応を評価している」と怒りは収まらないものの、解任という最低限の措置に理解を示した。

     ただ、開会式で小林氏が関わった演出が強行される可能性がまだ残されており、その対応次第では外交問題への発展は避けられそうにない。
    東京スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/54e1c1d484ecfe5319f12a0f717cb2bc7291b6d8

    As the Ambassador of Israel to Japan and as a daughter of a #Holocaust survivor, I was shocked to hear about the anti-Semitic remarks made in the past by the famous comedian Kentaro Kobayashi and now a director of the opening ceremony of the #Tokyo2020 
    >>

    I expressed to @Tokyo2020 my strong condemnation of
    Kobayashi’s disgusting act. Such acts should not be associated with Japan nor with the Olympic Games. I value the quick response by @tokyo2020 that dismissed the director this morning.

    https://twitter.com/yaffabenari/


    【駐日イスラエル大使が小林賢太郎氏を猛批判 「反ユダヤ主義の発言を聞いてショックを受けた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ネトウヨ ★ 2021/07/22(木) 12:21:24.84 ID:WbUjUyrk9
    kobayashi

     23日の開会式でショーの演出担当を務める元お笑い芸人の小林賢太郎氏(48)が解任された。大会組織委員会関係者が22日、明らかにした。

     小林氏は、過去にユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)をコントのネタにしていたとみられる動画が拡散し、SNS(ネット交流サービス)で批判されていた。【田原和宏】

    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20210722/k00/00m/040/070000c


    【【東京五輪】ショーディレクター小林賢太郎、解任】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 記憶たどり。 ★ 2021/07/22(木) 11:15:56.38 ID:GEhocCJe9
    kobayashi

    米ユダヤ系団体が21日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」を務める小林賢太郎氏が、芸人時代にユダヤ人大量惨殺を扱った喜劇を演じていたことに抗議した。

    共同通信
    https://nordot.app/790734484224671744?c=39550187727945729



    【【東京五輪】米ユダヤ系団体、開閉会式ディレクターのラーメンズ小林賢太郎氏がユダヤ人大量惨殺を扱った喜劇を演じていたことに抗議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/09/05(土) 17:49:30.43 ID:CAP_USER
     ACCA23F3-F005-42D7-8C50-3761AA91F7B7
     韓国のYouTubeチャンネル「Spika Studio」がホロコースト否定を主張する韓国語の動画を投稿。動画の中ではホロコーストはなかった、アンネフランクは嘘であり、ユダヤ人がアメリカを50年以上にわたって支配しいているといったことを伝えている。それに対して、アメリカのロサンゼルスに拠点を置くユダヤ団体サイモン・ウィーゼンタール・センター(Simon Wiesenthal Center:SWC)が早急に削除することを要求している。

    (サイモン・ウィーゼンタール・センターが削除を要求している韓国Spika Studioの動画より)
     第二次世界大戦でナチスドイツが約600万人のユダヤ人を殺害した、いわゆるホロコースト。欧米やアラブ諸国では現在でも反ユダヤ主義が根強いことから、「ホロコーストはなかった」「アウシュビッツにはガス室はなかった」といったホロコースト否定論が多い。そして現在でも、YouTubeだけでなくFacebookやTwitterなどあらゆるSNSでホロコースト否定論は投稿、拡散されている。そのようなホロコースト否定論が、さらなる反ユダヤ主義を助長するということとホロコーストの正しい歴史を知ってもらうという必要があることから、世界中のユダヤ団体やホロコースト記念館などがホロコースト否定論を否定している。

      サイモン・ウィーゼンタール・センターのラビのアブラハム・クーパー氏は「この動画は、ナチスによる約600万人のユダヤ人殺害を否定しています。ここロサンゼルスではアメリカ系ユダヤ人と韓国系アメリカ人が仲良く生活をしてます。また、我々の団体は韓国の人権団体と一緒に北朝鮮で苦しんでいる人々のためにも活動をしています。その中では北朝鮮での人権問題の解決に向けて取り組んでいます。このような動画を韓国語で韓国人の方々に配信は、ホロコーストの生存者と犠牲者、さらにユダヤ人に対して大変失礼な行為です。そして韓国人に対して嘘のメッセージを伝えるようなこの動画の早急な削除を求めます」と訴えていた。

     サイモン・ウィーゼンタール・センターは、ホロコースト生存者のサイモン・ウィーゼンタール氏が1977年にアメリカに設立した。ユダヤ人だったウィーゼンタール氏は13の収容所を転々と移送され、何度も死にかけたが、どんな時でも人間として尊厳を保ち続けていたそうだ。そして、戦後もホロコーストで犠牲となって死んでいった人々の尊厳と正義を取り戻すために、余生を費やした。ウィーゼンタール氏は「ホロコーストは、ある日突然やってきたのではない。ナチスは何百年も続いてきた人々のユダヤ人への偏見を利用して、段階的にユダヤ人の権利を奪っていった。そしてプロパガンダを使って、ユダヤ人は人間以下の生き物だという考えを人々に植え付けていった。最初の頃ユダヤ人は、文明国であるドイツの国民が、ヒトラーのような狂信的な人物に惑わされることなど、まさかないだろうと思っていた。でも気が付いた時には、もう遅かった。最初からユダヤ人虐殺計画をガス室と焼却炉を使ってスタートしたのではない。小さな偏見が、最終的に恐ろしい悲劇を生み出す恐れがある」と語っており、日常の小さな差別やいじめが最終的には大量殺戮に繋がる危険性があることを危惧していた。

     そして「2度とホロコーストの悲劇を繰り返さない」という強い信念を持って全世界の反ユダヤ主義やナチスに関わる動向を監視している団体である。現在でも多くのユダヤ人から多額の寄付が集まり、アメリカ各地や欧州、南米にも拠点があり、ネットやSNS上での反ユダヤ主義やヘイトスピーチ、ホロコースト否定なども徹底的に監視している。また2016年10月に日本のアイドル欅坂46がナチス風の衣装を着てコンサートを行った際にもプロデューサー秋元康氏とソニー・ミュージックに対して強い怒りを露わにし、謝罪を要求したのも同センターである。

    佐藤仁 | 学術研究員 9/5(土) 17:30
    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20200905-00196812/

    【【ホロコースト】韓国YouTuberがホロコースト否定論投稿:米サイモン・ウィーゼンタール・センターが削除要求】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ごまカンパチ ★ 2019/07/15(月) 15:46:39.68 ID:YU9eFQGo9
    D280EB52-E902-4BBB-BF01-5A4BB587E74B

     100万人以上のウイグル人が「強制収容所」で不当に拘束されているとされる中国新疆ウイグル自治区の現状はどうなっているのか。
    強制収容所では拷問が横行し、在日ウイグル人が海外報道や関係者証言を集計したところ「施設内の死者は100人を超える」との情報もある。
    在外ウイグル人は「中国当局は中国人と違う文化を消し、われわれを中国人にしようと狙っている」と絶望感を強める。

    ◇わが子亡くした女性証言
     2009年にイスラム教徒の少数民族ウイグル族と漢族が衝突し、多数の死傷者が出たウルムチ騒乱から10年を迎え、明治大(東京都千代田区)でウイグル人の証言を聞く集会があった。
    インターネットを通じて映像で登場した米国在住のウイグル人女性、メヒルグル・トゥルスンさん(29)は15年、滞在先のエジプトから生後45日の三つ子とともに里帰りした際、ウルムチ空港で突然拘束された。子供と引き離され、強制収容された。

    「暴力や電気ショックを受け意識を失い、注射や正体不明の薬を投与され、記憶力がなくなった。施設内で9人の女性が死亡したのを目の当たりにした。
    子供が重体と言われて仮釈放された際、三つ子のうち一人は遺体で引き渡された」。
    18年まで計3回収容されたが、子供がエジプト国籍だったため同国政府の働き掛けで奇跡的に出国できた。

    施設内では習近平国家主席の長寿を祈らされ、「共産党は神様だ」と強要された。
    トゥルスンさんの家族・親族26人も拘束され、同じウイグル人の夫は、消息不明になった妻を捜そうとエジプトから新疆に入ったが、ウルムチ空港で拘束され、懲役16年の判決を受けた。

    ◇家族と連絡取れない
     中国政府は、イスラム教の過激思想に染まるのを防ぐため職業訓練の名目で収容施設を自治区の各地に設立。
    これに対して米国務省は今年3月、中国当局がウイグル人80万~200万人以上を拘束し、「宗教や民族の独自性を消去しようとしている」と非難している。

     ウイグル問題を研究し、明治大での集会を企画した同大商学部の水谷尚子准教授は
    「強制収容所の拡大が伝えられたのは16年から。以降、規模は爆発的に拡大している。ウイグル人には火葬の習慣がないのに、17~18年には収容所近くに9カ所の大規模火葬場が建設された」と指摘する。

     水谷氏や在日ウイグル人によると、中国当局は16年、ウイグル人に対して従来厳格だったパスポート発券要件を緩和。
    多くのウイグル人が新疆から海外旅行などに出掛けたが、17年に入ると一転、海外に行ったり、海外に家族・親族がいたりするウイグル人が一斉に強制収容所に連れて行かれた。海外の「テロ勢力」に関係していると主張し、不当拘束の口実にしている可能性がある。
    在日ウイグル人の多くも、家族が強制収容所に入れられ、「連絡が取れなくなっている」という。
    職業訓練など不必要なはずの学者や企業家、文化人らが多く収容されているのは、中国当局がウイグル知識人に警戒を強めている表れだ。

     このほか新疆ではウイグル人家庭に中国当局者が監視のため寝泊まりしたり、イスラム教徒向けの「ハラル食堂」が閉鎖されたりしている。
    子供が両親から離れ、寄宿学校に入り、中国語と中国文化を集中的に学ばされるケースも拡大。
    新疆から「ウイグル」は消し去られようとしている。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000008-jij-cn 
    【【中国の民族浄化作戦】ウイグル収容所で多数の死者か 火葬の習慣がないのに収容所近くに大規模火葬場が9カ所建設=「文化消し、中国人に」と絶望感 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (^ェ^) ★ 2018/02/18(日) 07:22:30.76 ID:CAP_USER9
    cn250

    中国共産党が新疆各地でウイグル人を強制収容所に収監している

    著名なウイグル人イスラーム学者で、『クルアーン』のウイグル語訳者として名を知られる82歳のムハンマド・サリヒ師が17年12月中旬、中国新疆ウイグル自治区の区都ウルムチの自宅から突然何者かに連行された。サリヒ師は中国共産党の強制収容施設に収監され、約40日後の18年1月24日に死亡した。

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

    サリヒ師は36年、南新疆のアトシュ市に生まれ、長く中国政府のシンクタンクである中国社会科学院に所属。87年からは新疆イスラーム学院の学長も務めた。『ウイグル語・アラビア語大辞典』をはじめ多くの著作もある。イスラーム学の大家として、新疆ムスリム社会で崇敬されていたため、その知らせはテュルク系ムスリムに深い悲しみと衝撃をもたらした。

    サリヒ師と共に作家の娘と娘婿、さらに2人の孫も連行されたが、一家が今どこに収容されているのか依然不明だ。この事件に憤慨した国外のウイグル人諸団体は、直後に各国の中国大使館に対して抗議デモを行った。かくも高齢な老学者がなぜ、「思想改造のための強制収容施設」に収監されたのか。

    新疆ウイグル自治区では今、中国の主体民族である漢人以外の人々が、社会的地位も収入も一切関係なく、何の罪もなくして強制収容施設に収監されているとの報告が数多く寄せられている。ターゲットの大部分がウイグル人だ。

    ウイグル人の10人に1人は拘束されているとの説もあるほど、多数の人々が「行方不明」になっている。アメリカの短波ラジオ放送「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」によれば、総人口約360万人のうち90%をウイグル人が占める南部カシュガル地区で、ウイグル人口の約4%に当たる約12万人が拘束されているという。

    <要注意人物の「点数表」>

    連行は強引で、職場から突然警官に「頭に黒い布をかぶせられて」連れ去られたとのケースも報告されている。収容所は、かつてウイグル語教育を行っていた学校の校舎などを転用。一部屋に何十人もが寝泊まりし、衛生状況も劣悪で既に多くの死者を出しているとの告発もある。

    在日ウイグル人も例外ではない。日本に留学したり、日本の会社に勤務していたりしたウイグル人で、昨年夏に新疆へ一時帰郷し、日本に戻ってこられなかった人々が筆者の知る限り複数存在する。

    彼らは帰郷した後、地元警察にパスポートを没収され、強制収容施設に連行されているらしい。収監者の親族は、身内が施設内でひどい扱いをされないよう気を使ってメディアや外国人に接触しようとせず、また親族自身も詳細を把握していない。

    「もうこの半年、両親や兄弟と1本の電話も繋がらない」と嘆くウイグル人に、筆者は何人も会った。

    強制収容所に関する情報は16年末あたりから現れ始めた。RFAウイグル語部門が本格的に取り上げたのが、17年8月初旬。以後、関連報道は急激に増え、現在に至るまで数日に1回の割合で取り上げられている。

    (略)
    ヤフーニュース(NEWSWEEK)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180216-00010007-newsweek-int 

    【【ホロコースト】中国共産党が新疆各地でウイグル人を強制収容所に収監 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル