かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:ホワイト国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2019/12/11(水) 09:17:44.40 ID:CAP_USER
     kr250
    【ソウル聯合ニュース】

    戦略物資の輸出管理について協議する韓国と日本の局長級の政策対話が5日後の16日、2016年6月以来約3年ぶりに再開される。

    韓国は7月に始まった日本の対韓輸出規制強化措置を以前の状態に戻すことを目標にしているが、日本は措置の撤回は議題ではないとしており、年内の解決は厳しい見通しだ。

    韓国政府当局によると、政策対話は16日午前10時から午後5時まで日本の経済産業省内で行われる。

    16年に開かれた政策対話に続く7回目の対話で、韓国側からは産業通商資源部の李浩鉉(イ・ホヒョン)貿易政策官が、日本側は経済産業省の飯田陽一貿易管理部長がそれぞれ首席代表として出席する。

    日本政府は7月4日、半導体・ディスプレー材料であるフッ化水素、フッ化ポリイミド、レジスト(感光材、フォトレジスト)の3品目について、韓国向け輸出を包括許可から個別許可方式に切り替えた。また8月2日には輸出管理の優遇対象国「グループA(旧ホワイト国)」からの韓国除外を決定した。韓国は今回の対話を機に、これらの措置が撤回されることを目標にしている。

    韓国政府は日本との対話を前に、日本が規制強化の理由に挙げた問題点の一部を改善するなどして、日本がこれ以上同じ主張を繰り返さないように対策を講じている。

    日本は韓国をグループAから除外する理由として、▼両国間の政策対話が一定期間開かれておらず、信頼関係が損なわれたこと▼通常兵器に転用される可能性がある物資に関する輸出管理の不備▼輸出審査体制、人員の脆弱(ぜいじゃく)性――の3点を挙げた。

    このうち、政策対話は16日に再開されることで解決される。また、審査体制や人員の脆弱性は戦略物資の輸出入管理業務を行う戦略物資管理院の職員を現在よりも約25%増員することで対応する計画だ。兵器に転用される可能性がある物資の輸出管理については、日本はもちろん、世界と比べても遜色(そんしょく)ないレベルだが、必要に応じて政策対話で見解の相違を埋めていくものとみられる。

    韓国は日本が求める内容を改善するために誠意を示しており、日本側がこれまでと同じスタンスを取るのは難しくなる見通しだ。

    ただ、日本の対韓輸出規制の解除が年内に行われるのは期待し難い状況だ。

    梶山弘志経済産業相は6日に東京で開かれた記者会見で、対韓輸出規制の見直しが政策対話の議題になるかについて、「(議題として)考えていない」と述べた。また今回の政策対話で輸出規制の問題について結論が出る可能性はないと話した。

    半導体やディスプレーなどの業界はこの問題を注視している。

    現在まで日本の輸出規制による韓国企業の生産に支障はないものの、不確実性が残る状況が長引いているためだ。

    業界関係者は「韓日間で対話の雰囲気がつくられたのは歓迎すべきこと」としながらも、「最終的には日本の輸出規制が解除されないと企業の不安は解消できない」と強調した。

    2019.12.11 08:50
    聯合ニュース
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191210004700882?section=society-culture/index

    【【韓国】輸出管理めぐる韓日政策対話まであと5日 規制解除の見通し立たず 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/11/27(水) 09:00:04.12 ID:CAP_USER
     1A949B90-D4F8-4057-BD8F-5AAAA21EEB4C
    韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の条件付き延長決定をめぐる両国間の感情的な争いが続いている。
    GSOMIA延長をきっかけに韓国に対する日本の輸出規制が緩和されるという韓国政府の発表とは違い、日本はこれに否定的な立場を表している。

    青瓦台(チョンワデ、大統領府)は22日、GSOMIA終了猶予決定を発表し、「(輸出規制が)長期間続くのは許容できない」と警告した。

    毎日新聞は26日、日本政府関係者を引用し、「(韓国の) ホワイト国復帰まで数年かかる見通し」と報じた。 GSOMIA問題と輸出規制を結びつけないという従来の立場を再確認した発言だ。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/259972?servcode=A00&sectcode=A10


    【【反省しない韓国】 日本「韓国、ホワイト国復帰に数年かかる」…青瓦台「長くは待てない」警告 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/11/26(火) 12:31:10.51 ID:CAP_USER
    kr250
     
    日本も輸出規制の緩和に誠意を示すべきだ

    韓国政府が22日、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)の終了カードを留保することにした後、
    両国の間で交渉内容をめぐる真実攻防が繰り広げられている。

    GSOMIAを巡る論議が大きな山場を越えた後なので、両国政府がそれぞれ自国世論を意識して有利な主張をすることはありうる。
    しかし、その後の交渉を考えて、その内容と度合いは調節すべきだ。

    両国は、状況を再び悪化させる狙いがなければ、口喧嘩のような攻防を中止し、せっかくの対話の火種を蘇らせなければならない。
    韓日間の対立は、昨年10月に最高裁の徴用判決に対する政府の対応から出発して、7月に日本の突然の輸出規制とホワイト国排除措置、
    8月に韓国政府のGSOMIA終了通知に続き、糸巻きのようにこじれている。問題を解決するためには、逆の順序で解決しなければならない。

    韓国政府が出したGSOMIA終了カードは、日本の輸出規制への対抗措置の性格が強かったが、
    今回、GSOMIA留保措置とともに、世界貿易機関(WTO)への提訴も停止して、日本に対して輸出規制の撤回に向けた道を開いた。

    これからは日本政府が、誠意と真剣さを示すべき番だ。

    東亜日報
    http://www.donga.com/jp/List/article/all/20191126/1911509/1/%E6%A5%E6%9C%AC%E3%82%E8%BC%
    B8%E5%BA%E8%A6%8F%E5%B6%E3%AE%E7%B7%A9%E5%8C%E3%AB%E8%AA%A0%E6%8F%E3%92%E7%A4%BA%E3%99%E3%B9%E3%8D%E3%A0


    【【規制してませんが】韓国、日本も輸出規制撤回の誠意を示せ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マカダミア ★ 2019/11/26(火) 16:39:36.50 ID:CAP_USER
     35CE3087-3151-4761-BFE8-8A67DD610F95
    日本の輸出規制問題を議論する韓日両国の課長級協議、局長級の政策対話が、それぞれ12月上旬と下旬に開かれる方向で検討されていると、毎日新聞が26日報じた。

    政府関係者を引用した報道で、毎日新聞は「課長級協議は韓国で、局長級は日本で開催する見通し」とし「12月下旬に日中韓首脳会談(北京で開催)前に行う方向で調整している」と伝えた。

    しかし同紙は▼フッ化水素など3品目に対する輸出規制強化措置の撤回▼ホワイト国への韓国復帰については「日本政府は即時に認めない方針で、韓国への輸出の適切な実施や、韓国側の輸出管理体制の整備を条件とする」と伝えた。

    これに関連し日本経済産業省の関係者は25日、自民党の関連会合に出席し、「ホワイト国復帰のためには▼両政策対話が開かれていないなど信頼関係が損なわれている▼通常兵器に関する輸出管理の不備▼輸出審査体制、人員の脆弱性--が解消されなければいけない」という3つの条件を挙げた。さらに「3つがクリアされない限り、ホワイト国に戻すことはない」と述べた。

    同紙は特に「(両国間)対話を繰り返す必要があり、グループA(ホワイト国)復帰のためには数年かかるだろう」という日本政府関係者の話も伝えた。

    同紙は「韓国が22日に輸出規制をめぐるWTO(世界貿易機関)提訴手続きを停止すると正式に日本に通知し、これを受け、両政府は輸出管理をめぐる政策対話を行うことで合意した」と報じた。

    一方、菅義偉官房長官は26日午前の会見で、両国間の対話日程について「具体的な日程が決まったという報告はまだ受けていない」と述べた。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00000028-cnippou-kr

    【【輸出管理】日本「韓国、3つの条件クリアしなければホワイト国復帰ない…数年かかる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2019/11/25(月) 22:47:20.23 ID:CAP_USER
    経済産業省の保坂伸貿易経済協力局長は25日、自民党の会合に出席し、韓国が輸出手続きで優遇される「グループA(ホワイト国)」に復帰するには、これまで規制強化の理由として挙げた3点の改善が必要だとの認識を示した。

     経産省は、日韓の2国間政策対話が開かれていないなど信頼関係が損なわれている▽通常兵器に関する輸出管理の不備▽輸出審査体制、人員の脆弱(ぜいじゃく)性――の3点を規制強化の理由として挙げている。

     保坂氏は「三つがクリアされない限り、ホワイト国に戻すことはない」とし、韓国側の対応が必要との見解を示した。発表内容について双方の不一致も指摘されているが、会合では出席議員から「韓国の理解が不足しているならば丁寧に説明し、情報共有しやすい環境を作ることも必要だ」との意見も出た。

    11/25(月) 21:15配信
    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000080-mai-bus_all

    【【韓国には無理】「韓国のグループA復帰には3点の改善必要」自民党外交部会で経産省局長説明】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル