かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:マスコミ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: プルート ★ 2020/07/05(日) 06:04:41.22 ID:/yCMA+tM9
    ・「モーニングショー」などのテレビ番組に出演し「PCR検査の拡大」などを訴えていた、池袋大谷クリニック院長の大谷義夫医師が、ある日から突如テレビから姿を消したことが話題になっていた中、彼がテレビ出演を見合わせた背後に、安倍シンパからの「電凸攻撃」があったことが明らかになった。 

    2020年7月4日 ゆるねとにゅーす 
    https://yuruneto.com/ootani-dentotu/


    【【パヨク悲報】大谷医師が突如姿を消した原因は、やはり安倍シンパからの”電凸”攻撃!「苦情の電話が何十件もかかってきた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2020/07/04(土) 21:50:46.29 ID:OGlasNfP9
     2C9C2BDB-875A-47C5-ADF3-0BBE31EB2B1B
    作家の室井佑月氏は、政府を深く追及しないメディアへ苦言を呈する。

    *  *  *
     6月23日の東京新聞(TOKYO Web)によれば、「ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は二十三日出版の回顧録で、昨年七月に訪日した際、トランプ大統領が在日米軍の駐留経費負担として現在の四倍にあたる年間約八十億ドル(約八千五百億円)を求めていると、日本政府高官に伝えたと証言した」らしい。トランプ氏は「米軍を撤収させると脅せ」と指示したとか。

     菅義偉官房長官は22日の会見でこのことについて、「現時点で、新たな交渉は日米間では行われていない」と語ったが、記事にはこう書かれていた。

    「米側が日本に四倍増を求めていたことは、これまでも明らかになっているが、日本政府は公式には認めていなかった。支出の根拠となる特別協定は来年三月末に期限切れとなり、日本政府関係者は『交渉が本格化するのは十一月の大統領選後になる』との見通しを示している」だって。

     今の4倍払えっていわれていることは明らか? 特別協定の期限切れは来年の3月末? 知らないよ。

     今でも日本は、在日米軍に対し、他国と比べてべらぼうな金額を払っている。メディアはこんな大事なことをさらっと流しすぎでしょう? なぜ、政府にきちんと真実を問いたださないのか。だから、噂(うわさ)程度の話にされてしまう。

     最近、今年の秋にも解散総選挙が行われるといわれだしている。それまで政府はあたしたちにすっとぼけていたいのかもしれないが、メディアがそれに協力してどうする? こういうことがあたしたちの投票の判断材料になるのだ。選挙になれば公平に報道っていうなんだかよくわからない理屈から、報道規制がされてしまうしな。

     そういえば、河野太郎防衛相が陸上配備型迎撃ミサイルシステム、イージス・アショアの配備計画を停止すると発表した。6月16日の朝日新聞デジタルには「陸上イージス、急転直下の転換 政権幹部『殿のご乱心』」という記事が載った。そこにはこう書かれていた。「北朝鮮のミサイル開発という脅威のなか、米国による武器購入圧力もあって、安倍政権が『導入ありき』で進めていた」と。

     圧力? さらっと書くねぇ。これもきちんと問いただすべきだ。思い返せば、2017年2月に日米首脳会談、メディアの安倍・トランプ蜜月報道。6月くらいから北朝鮮のミサイル脅威報道。9月に、そのことに絡めて「国難突破解散」お祭り報道。そして、選挙からつづけて、安倍首相やその応援団がテレビなどに出まくって、イージス・アショアをこの国に絶対に必要なものであるといいまくり、12月にイージス・アショアの導入を閣議決定。

     この国のメディアって、この国の政治家が米国に脅され、あたしたちの金をすんなり渡すことにしたことの、言い訳をするための媒体なのか?

     今からでも遅くない。あたしたちの側に立て。

    週刊朝日  2020年7月10日号
    2020/7/2 07:00
    https://dot.asahi.com/wa/2020070100011.html

    【【パヨク】室井佑月「なぜ問い詰めない?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/06/23(火) 22:00:06.87 ID:Ad/IAUgS9

    https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1275355727045857281
    吉村洋文(大阪府知事)
    @hiroyoshimura
    誤報の可能性あり。死亡者86名全員の個票を再調査、全保健所長に聞き取りしたが、確認できず。1名70代の医療従事者がおられるが、発覚時点で重傷だったのでコロナ患者に接した事実は不明。当該診療所からコロナ患者が出た事実は無し。マスコミは再取材の上、正確な報道を。

    大阪府医師会長「コロナで医師3人死亡」 感染者を診断:朝日新聞デジタル
     大阪府医師会の茂松茂人会長は22日、府の新型コロナウイルスの専門家会議に委員として出席して「(府内の)一般の診療所でおそらく3人のドクターがコロナで亡くなった」と明らかにした。府によると、5月20日…
    asahi.com

    吉村洋文(大阪府知事)
    @hiroyoshimura
    「重傷」→「重症」
    ちなみに府医師会長が院内感染を防ごうという議論の中で発言された内容。現時点で府が把握してる情報では事実確認できない。確認できれば公表する。医師会長を批判する意図は毛頭ない。シナリオなし、フルオープンの会議の中でなされた発言。マスコミは報道するなら裏どり取材を。

    【朝日新聞「大阪府医師会長「コロナで医師3人死亡」」 吉村洋文知事「誤報の可能性あり。マスコミは再取材の上、正確な報道を】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/06/15(月) 07:27:26.84 ID:eCQaxHVu9
    BB073ED2-6623-4BD6-8200-78C637C997FB
     
    https://snjpn.net/archives/201135
    細野豪志議員のツイート

    尖閣は危機的状況にあるが、産経以外のマスコミはほとんど書かない。多くの国民も関心がない。

    百田氏
    @hyakutanaoki

    が書いた『カエルの楽園』にそっくりだ。

    中国は本気で尖閣を狙ってきている。危機感を国民と共有せねばと思い、この #note を書いた。 

    (略)

    ネット上のコメント

    ・細野議員、ご執筆ありがとうございます。中国は間隙を突いて尖閣諸島を取りにくるでしょう。政府広報を打つとか、国会議員が積極的にメディアに登場するとか、国民への注意喚起をぜひお願いします。長期的には政府メディアを創設するのも一案です。応援しています。

    ・あまりにもマスコミが触れなさすぎるよね!産経以外の新聞社は平和ボケしてるんじゃないかな?もっと危機感持って欲しいし憲法改正も待ったなしやのに邪魔する立憲民主党はなんとかしないとアカンですね

    ・マスメディアが報じないから一般国民に関心がわかないのです。政府広報で一般国民に発信すべきです。そのために受信料の強制徴収を認めているNHKがあるのでしょう?今や完全に思想化された集団であるマスメディアに日本国のあり方を任していることが問題です。早く手を打ちましょう

    ・細野さんの言ってることは正しいが、政治家として期待できるか未知数

    ・日本の経団連初め財界は親中派ばかり安全保障を脅かす先端技術を中国に供与する。そんな日本を何故米国が助けると思うのか

    ・本当に仰有られる通りです!なので、早く二階幹事長に上申して下さい。お願いいたします。個人の利益のために国を売らないで下さい!と幹事長に言って下さい。

    ・二階さんに読み聞かせしてやってください。国の危機です。

    【【パヨクマスゴミ沈黙】細野豪志「尖閣は危機的状況にあるが、産経以外のマスコミはほとんど書かない」 ネット「憲法改正も待ったなしやのに邪魔する立憲民主党】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 特選八丁味噌石狩鍋 ★ 2020/06/15(月) 19:30:30.67 ID:iNk/p1gv9
    ★在日クルド人ヘイトクライム抗議デモに在日クルド協会が関与否定の異例声明…「偏見助長」
    2020.06.15 18:20
    https://biz-journal.jp/2020/06/post_162934.html

    ※一部抜粋、全文はリンク先へ

    (略)

    ■「正当な理由のないデモは偏見を助長する」

     文化協会はFacebookの公式アカウントで以下のような声明を発表した。

    「日本政府、国会、警察庁、及び関係各所各位, 日本国民の皆様へ
    https://ja-jp.facebook.com/nihonkurdish/posts/2633316616772373
    no title


    ■在日クルド人組織を無視する日本のマスコミ

     同協会は在日クルド人組織として最も組織化されている団体だ。その団体にメディアが取材をしていないということはどういうことなのか。
    クルド人でつくる日本クルド文化協会の母体であり、日本クルド友好議員連盟の事務局も務める一般社団法人日本クルド友好協会事務局の担当者は次のように語る。

    「警察の職務質問はクルド人でなくても、日本人も受けます。今回、クルド人の男性が法律違反を犯したことは紛れもない事実です。

     文化協会も友好協会も、ともに在日クルド人に日本国内のルールを守るよう指導してきました。郷に入っては郷に従えというのは国際社会の常識です。
    クルド人は残念ながら出身国でさまざまな抑圧を受けていたこともあり、高等教育を受けていない人も多いので、日本の法律に触れないように行動することや、
    『ゴミを路上に捨てない』『夜中に大騒ぎをしない』など社会的なルールを教えてきました。
    政治的な弾圧から逃れてきて、民族自決のために支援を受ける立場だからこそ、この国の人々から信頼を得なければなりません。

     クルド人は大きく分けてトルコ、シリア、イラク、イランに広く分布している、“国家を持たない世界最大の民族”です。
    それぞれの出身国で政治の状況が異なるので、クルド人同士のイデオロギーの対立もあります。
    そうした対立を超えて、しっかりとしたコミュニティをつくる必要があります。

     日本の入管のクルド難民の取り扱いなどに関して問題がないとは言えません。ただ政府がやるべきことと、自治体や警察がやるべきことは違うと思っています。
    今回、この声明を発表したことでデモの主催者団体からは、『協会がクルド人に無理やり声明を書かせた』とのクレームがきましたが、
    これは日本にいるクルド人の率直な思いです。

     今回、日本の大手マスコミは一社として取材にきていません。正直、異様だと思います。今週、CNNが取材をするという連絡を頂いていますが、非常に残念です」

     一般的に人種差別や民族差別などのヘイトクライムが疑われる事案が発生した際、当人やその支援者だけでなく、
    在外公館や民族を代表する組織などに取材をして複数の見解を紹介するのが取材時のマナーだ。
    警察官が不当な暴力を振るうことは許されない。
    だからこそ今回の事案がヘイトクライムだったのか、そうではなかったのか、また偏見を助長しているものはなにかも含め、多角的な検証が必要だろう。

    【【沈黙するパヨクマスゴミ】日本の大手マスコミは一社として取材にきていません。正直異様だと思います。声明は日本にいるクルド人の率直な思い…在日クルド協会】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 納豆パスタ ★ 2020/06/13(土) 16:52:19.40 ID:bH5S05ga9
    「“北朝鮮が拉致するはずがない”“でっち上げだ”という声が政治家・メディアにも多かった」平沢勝栄氏が振り返る拉致問題
    ABEMA TIMES 2020.06.12 14:20
    https://times.abema.tv/posts/7057789
    動画のほうがわかりやすいです。
    https://abema.tv/video/episode/89-66_s99_p1971

     1977年に13歳で行方不明になった横田めぐみさんを探し続けて43年。再会が叶わないまま亡くなった滋さん。
    現在、日本政府が認定している拉致被害者は17人、その可能性がある人は800人を超えており、
    問題解決に向け進展が見えないことについて、安倍政権への批判が再び高まっている。

     一方、めぐみさんの弟・横田哲也さんが9日の会見で「あるジャーナリストやメディアの方が、
    安倍総理は何をやっているのかというようなことをおっしゃる方もいる。
    北朝鮮問題が一丁目一番地で掲げていたのに何も動いていないのではと。
    安倍総理、安倍政権が問題なのではなく、40年以上も何もしなかった政治家や、
    北朝鮮が拉致などするはずないと言ってきたメディアがあったから、ここまで安倍総理、安倍政権が苦しんでいる。
    安倍総理、安倍政権は動いてやって下さっている。なので、
    何もやっていない方が政権批判をするのは卑怯だと思う」と訴えたことが注目されている。

     11日の『ABEMA Prime』では、衆議院の拉致問題特別委員長を務めるなど、
    長年にわたって問題に取り組んできた平沢勝栄衆議院議員に話を聞いた。

    ■「“北朝鮮を攻撃するためのでっち上げだ”という声が強かった」

     そもそも、北朝鮮はなぜ日本人を拉致するようになったのだろうか。

     平沢氏は
    「後で結果的に分かったことだが、韓国との対立が厳しくなるにつれ、
     北朝鮮から韓国に工作員を送りづらくなっていった。
     そこで日本経由、あるいは日本人のパスポートを使って送り込んだ方がいいということになり、
     日本人を拉致し、日本語や振る舞いを教育するようになった。
     例えば1987年、ソウルオリンピックの前年に飛行中の大韓航空機が爆破される事件が起きたが、
     実行犯の1人である金賢姫は逮捕時に日本人のパスポートを持っていた。
     さらに、その教育係は拉致被害者の田口八重子さんに間違いないということもわかった」
    と説明する。

     このような拉致事件が発生したのは、主に1970年代後半から80年代にかけての時期だとされている。
    1980年にはサンケイ新聞(現・産経新聞)が疑惑をスクープ報道したものの、世間の反応は冷ややかだったという。

     平沢氏は
    「今では考えられないことだが、小泉元総理が訪朝した際に北朝鮮が拉致を認める以前は
     “北朝鮮がなぜ中学生の女の子を拉致しなければならないのか
     ”“日本人を拉致するはずがない”といった声の方が強かった。
     特に80年代までは旧ソ連・社会主義陣営の北朝鮮と、
     アメリカ・資本主義陣営の韓国は激しく対立していた冷戦時代。
     政党、政治家、東大教授などの有識者にも
     “共和国(北朝鮮)を攻撃するためのでっち上げだ”と主張する人が多く、
     空気としてもそれが支配的だった。
     確かに産経新聞は拉致だとして一生懸命に追っていたが、
     あくまでも“疑い”だったし、
     他のメディアは無関心なところが多く、
     中には北朝鮮寄りの報道をしていたところもあった」
    と振り返る。

     日本政府が北朝鮮による拉致を正式に認めたのは1997年。
    この年、横田夫妻はめぐみさんが北朝鮮で生きていることを知った。
    娘を探し始めて20年が経っていた。
    そして金正日総書記が日本人の拉致を認め、5人の被害者の帰国が実現したのは、2002年、
    当時の小泉総理が北朝鮮を電撃訪問したときのことだ。

    (略)

    【【拉致問題】「“北朝鮮が拉致するはずがない”“でっち上げだ”という声が政治家・メディアにも多かった」平沢勝栄氏が振り返る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/06/12(金) 21:31:09.33 ID:CDOUosog9
    0377805A-3367-45CC-AF56-36D55DB8C0A5
     
    https://snjpn.net/archives/200920
    リモート出演で信用できるコメンテーターは? 3位山中教授、2位青木理、1位は?

    ▼記事によると…

    ・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレビは苦肉の策で「リモート出演」を取り入れている。雰囲気がガラッと変わった画面に映し出されるコメンテーターやタレントたちの姿を、視聴者はどう受け止めているのか。

    ・厳しい意見がある中、リモートを取り入れる番組で人気を集めたのは、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」やTBS系「サンデーモーニング」だ。信用できるコメンテーターでも、モーニングショーの出演者であるテレビ朝日社員の玉川徹氏(15票)や、両番組に出演するジャーナリストの青木理氏(12票)が上位に入った。

    玉川氏を選んだ理由にあがるのは、<政府に遠慮せず発言してくれる><良くも悪くも率直にコメントしている><間違いがあった時には自分の言葉で謝罪していた>といった回答。一方、青木氏に対しては<権威権力に忖度しない><歯に衣着せぬ物言い><話の内容に一貫性と論理性がある>など。

    2020年6月12日 17時52分
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3e66aff092ab8cc6fd6883e97a79f033cf1ba870

    (略)

    ネット上のコメント

    ・朝日の社内アンケート調査の結果だろうね。

    ・どこだろう、、、こんな嘘情報ばかり流してるのは

    ・111票のうちの、15票と11票ですよ。お相手するだけ時間の無駄です。

    ・票数を聞いただけで笑える

    ・どこが発行した記事かをみたら納得

    ・一体どこの記事でしょうね…(棒)

    ・本人達が一番驚いてるかもね。

    【【パヨクの自作自演?】信用できるコメンテーターは? → 3位山中教授、2位青木理、1位玉川徹(※週刊朝日調べ) ネット「こんなもので騙せると思ってるのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/06/10(水) 18:14:28.58 ID:hpHmi8pj9
    DFDA6893-712D-4209-B0C2-C53DC0E0408C
     
    https://anonymous-post.mobi/archives/495
    「一番悪いのは北朝鮮ですが、問題が解決しないことに対して、ジャーナリストやメディアの方の中には、安倍総理は何をやっているんだ、というようなことをおっしゃる方もおられます。ここ2、3日目、北朝鮮問題は一丁目一番地だというのに、何も動いていないじゃないか、というような発言をメディアで目にしましたが、安倍総理、安倍政権が問題なのではなく、40年以上何もしてこなかった政治家や、北朝鮮が拉致なんてするはずないでしょと言ってきたメディアがあったから、安倍総理、安倍政権がここまで苦しんでいるんです。安倍総理、安倍政権は動いてくださっています。

    やっていない方が政権批判をするのは卑怯です。拉致問題に協力して、様々な覚悟で動いてきた方がおっしゃるならまだわかるが、ちょっと的を射ていない発言をするのはやめてほしいと思います。うちの母も、有本のお父さんも、飯塚代表もかなりのお年で健康も芳しくありません。これ以上同じことが起こらぬうちに、政権におかれては具体的な成果を出して欲しい。国内には敵も味方もありません。日本対北朝鮮、加害者対被害者の構図しかありません。これからも協力をお願いしたいと思います」と話した。(ANNニュース)

    https://blogos.com/article/463472/

    関連ツイート

    【政権批判は卑怯】横田滋さん家族会見。横田哲也さん「メディアやジャーナリストが安倍総理は何をやってるんだ、何も動いてないと。安倍総理が問題なのではなくて何もして来なかった政治家、拉致はないと言ってきたメディアがあったから総理は苦しんでる。何もやってない方が政権批判をするのは卑怯」 pic.twitter.com/1mhThZi43i

    — Mi2 (@mi2_yes) June 9, 2020

    関連記事

    横田哲也さん「メディアやジャーナリストが安倍総理を批判するのは卑怯」「安倍総理が問題なのではなくて、何もして来なかった政治家、拉致はないと言ってきたメディアがあったから安倍総理は苦しんでる」〜ネットの反応「青木理!お前のことだよ!」「涙が出るわ…」 https://t.co/UEUGYcpIaR

    — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 (@anonymous_post2) June 9, 2020

    (略)

    【日刊スポーツ(朝日新聞系)、横田哲也さんの発言から『メディア』批判がスッポリと抜け落ち、『政治家が悪いということ』だけに…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2020/06/05(金) 08:36:43.65 ID:MDAcNMzL9
    東京都内のコロナウイルス新規感染者数が14人に増えた5月24日、小池都知事は100年前のスペイン風邪を例に挙げ、 「特に第2波はウイルスの変異が疑われまして、致死率も第1波にくらべて大幅に上昇したと言われています」と、恐怖を煽った。

    都民を信頼し、節度ある行動を期待するのでなく、恐怖を煽り、自らが負うリスクを抑えるのが小池知事流である。
    だが、日本の心臓たる首都の、経済という血流を止めてまで、感染対策は徹底すべきものだったのか。

    京大大学院医学研究科非常勤講師の村中璃子医師は、

    「感染者数も死者数もまだ増えている欧米では、国境封鎖の解除も決まっています。
    流行が収束に向かっている、というのが表向きの理由で、貿易や国交がこれ以上とまると経済的に厳しいからです。

    夏のバカンスを楽しみたいという、日本人には考えられないような理由もある。
    一方、被害がずっと少なかった日本では、感染者がまだ少しでも増えることを恐れ、生活を元に戻す議論が進みません」

    と指摘し、こう話す。

    「基本再生産数を2・5として3月初めに提示された当初の流行予測モデルでは、接触8割減を達成できなければ、 日本もあと3日でニューヨークのように流行爆発すると言われていました。

    しかし、4月22日の発表では、平日の都市部では6割台の減少しか達成できていなかったのに、そうはなりませんでした。
    3月14日時点で2・6だった東京の実効再生産数は、4月10日時点ですでに0・5。最初の流行予測モデルが間違っていたことになります」

    京大ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授も、こう説く。

    「専門家会議の資料を見ると、緊急事態宣言が出される前の3月27日に、流行がピークアウトしていたことがわかる。
    すると緊急事態宣言は過度な対策で、それ以前の自粛で事足りていたことになります。

    また広がるのは接触感染か飛沫感染で、人が吐いた息や飛沫からの感染は、一定以上の量を浴びたり、
    相当長時間密閉された換気の悪い室内にいたりしないかぎり、起こらないと考えられます。

    経路不明の感染者が大勢いる、という反論が出るかもしれませんが、本人に心当たりがあっても、
    たとえばそれが風俗などなら正直に調査に協力するでしょうか。エイズもドラッグユーザーの静脈注射で広がりましたが、 感染者が違法ドラッグを使ったと正直に話さず、実態がわからないことが多かった。
    確率でいえば、コンドームなしでも性行為でエイズに感染するのは、100回に1回くらいです」

    たとえばインフルエンザは怖くないのか。国立感染症研究所の推計では、今季のインフルエンザの推計患者数は、 過去10年で最少だったが、それでも728万人になる。ちなみに昨シーズンは1200万人超。

    5月26日にもワイドショーで、前日の13人というコロナによる死者数を取り上げ、
    MCが「そんなに亡くなるインフルエンザはない」と述べたが、東京歯科大学市川総合病院呼吸器内科の寺嶋毅教授によれば、

    「インフルエンザが流行した年の(インフルエンザが流行しなかったと想定した場合の死亡者数と範囲を統計学的に推定し、計算した) 超過死亡者数は、推定1万5千人から3万人」という。

    致死率約0・2%とすれば、今年は新型コロナ対策が奏功し、1万人以上の命が救われたことになる。
    裏返せば、昨年は対策不足ゆえ1万人以上の命が失われたとはいえないか。

    そうであるなら、新型コロナだけに目を向け恐れるのが、いかに愚かであるか気づかされるだろう。

    デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/06050800/?all=1

    【【パヨクの扇動】コロナ禍で「日本はニューヨーク化する」とは何だったのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/06/02(火) 21:41:24.87 ID:fRqaRUy69

    https://twitter.com/ishiitakaaki/status/1267402093666562049
    石井孝明(Ishii Takaaki)
    @ishiitakaaki
    実は真面目な話です。議員がテロ集団と名指しされたアンティファantifa と深く関わる日本共産党と立憲民主党、それを報道しないメディアを持つ日本は何なんでしょうか。不気味を通り越しています。これは思想に関係なく、#テロとの戦い なんですよ。無差別に米国暴動のように私たちが被害者になる
     

    【【パヨク】テロ集団と名指しされたantifa と深く関わる日本共産党と立憲民主党。それを報道しないメディア… 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/06/02(火) 21:51:30.21 ID:w0CZXiqD9
     A9C524A3-3CA1-4111-9DEB-48793D4E34A3
    https://snjpn.net/archives/199351
    Dappiさんのツイート

    メーテレ
    「天皇が燃える映像だけ見たら不快かもしれないが作者に意図もあり、不快なら認めないのか!感じ方はそれぞれ!良い悪いも芸術」

    竹田恒泰
    「日本ヘイトだけを選んだ津田大介により政治的意図が出来た。その意図を隠し、税金で開催が問題の本質」

    天皇侮辱を居直り&論点ずらしに必死のマスコミ

    (略)

    ネット上のコメント

    ・ガスバーナーで焼却して灰を踏みつけるのがアートなの?

    ・最低ですね

    ・メ~テレは自分達が正しいと思うならテレビで流してみればいいのに。流さないのは芸術ではなくヘイトだと自覚があるから。

    ・こんだけの論客を目の前にしたらインチキメディアなんか論破されて終わりだろw

    ・トリエンナーレの後に、カウンター気味に正反対な展示会が企画されてた記憶があるけど、それもちゃんと頭の先からつま先まで同列に取り扱ったのかな・・・・メディアは

    ・作者の意図を出してみろよと思う

    ・記者には、貴方のご家族の写真が燃やされていてもそれは芸術とお考えですかと聞けばどうか。

    【【パヨクマスゴミ】メーテレ「天皇が燃える映像だけ見たら不快かもしれないが作者に意図もあり…」 ネット「天皇侮辱を居直り&論点ずらしに必死のマスコミ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: フランケンシュタイナー(愛媛県) [US] 2020/05/31(日) 11:58:13.82 ID:AMscUOHE0● BE:135853815-PLT(13000)

    コロナ報道で訂正続発 増える現場負担、厳しくなる視線

     新型コロナウイルスに関する報道を巡り、テレビの情報番組で訂正や謝罪に追われる事態が相次いでいる。なぜミスは続いたのか。

     「昨日ではなく、今年3月に撮影された写真を1枚使用してしまいました」

     テレビ朝日の朝の番組「羽鳥慎一モーニングショー」は20日、この日の放送で19日の様子だとして紹介した写真が3月のものだったと謝罪した。

     フジテレビの昼の番組「バイキング」でも同様のミスがあった。今月の東京の様子などと紹介した映像は3月のものだった。「編集作業上のミスが原因で誤って放送してしまった」(同局)という。

     モーニングショーでは4月にも、コメンテーターの玉川徹さんが、東京都のPCR検査に関する自身の発言内容に誤りがあったとして番組内で訂正し謝罪した。
    同じテレ朝の「グッド!モーニング」でも今月、日本のPCR検査の対応について番組の取材に応じた医師が「取材内容とはかなり異なった報道をされた」とSNS上で抗議し、番組は後日の放送で改めて医師の意見を紹介した。

     なぜミスが多発するのか。元テレビ朝日のプロデューサーで上智大文学部非常勤講師の鎮目(しずめ)博道さんは、
    「テレビ業界が慢性的な人材不足であることに加え、感染拡大防止のために制作班を分けて作業人数を減らしているという事情もあるのでは」と指摘する。
    また、ドラマやバラエティー番組よりも制作費を安く抑えられ、視聴率も期待できる生放送の情報番組の放送時間が各局で長くなったことも現場の負担増の要因となり、「確認不足などミスが起きやすい状況が生まれている」とみる。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASN5X5RSGN5VUCVL025.html

    【朝日新聞「コロナ報道、テレビの情報番組で訂正や謝罪続発。なぜミスが多発するのか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/05/28(木) 18:19:16.81 ID:KCvZCttO9
    3B310F70-B588-4F7C-96AB-D23D525BF7CF
     
    https://snjpn.net/archives/198544
    坂上忍 “テレビも誹謗中傷”意見に「SNSの匿名さんと一緒にされたら困る」

    ▼記事によると…

    ・俳優の坂上忍が27日、「バイキング」に出演。

    ・番組では木村花さんの急死をきっかけに一気に議論が高まったSNSでの匿名での誹謗中傷について議論。その中で、ネットではテレビなど他のメディアでも誹謗中傷しているのに、SNSだけがひどいと責任転嫁しているという声があることも紹介。

    これに坂上は「権力や、体制に対する自分の考えというものを、身元を明かして公共の電波の中で、何よりルールの中で言うのであれば、SNSの匿名さんと一緒にされちゃちょっと困るなと…」と意見。コメンテーターの峰竜太も「全然ちがいますよ」と坂上に同意。

    ・峰も「ルールの中でやってますから」と言うと、おぎやはぎの小木博明も「本当にそう。テレビで言う人は責任持って言ってる」と匿名ではないことを挙げていた。

    デイリースポーツ 2020.05.27
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/05/27/0013374400.shtml

    (略)

    【坂上忍、“テレビも誹謗中傷”意見に「SNSの匿名さんと一緒にされちゃ困る」 ネット「テレビでは誹謗中傷オッケーなの?」「公共の電波…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 電気うなぎ ★ 2020/05/28(木) 13:12:22.71 ID:5CUG1v0o9
    kr250
     
    振り返れば1980年代の中盤から、日本には韓国を絶賛して「韓国に学ぶべきだ」と主張する人々がいた。
    人脈としては途切れているが、今も新型コロナウイルスに関連して、「日本は韓国の防疫に学ぶべきだ」と叫ぶ人々がいる。

    日本のあるテレビ局は最近、「むやみに新型コロナウイルスのPCR検査数を増やすべきではない」と述べた医師のコメントを、 “編集詐術”により、「韓国のようにしろ」と主張したかのように放映した。そこまでして、「韓国持ち上げ」に狂奔する背後には、何があるのか。

    韓国の駐日大使館の「対日世論工作予算」が、2020年は前年の3・3倍にも急増したことと無縁だろうか。

    いつしか韓国では「海外に自慢すべき事物」に「K」を付けた英語で呼ぶようになった。
    初めは「Kポップ」だった。やがて「Kビューティー」(=美容整形や安価な化粧品)、「Kフード」(=屋台料理)、「Kメディカル」(=医療手術)…。
    そして、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は就任3年の記念演説で「K防疫」を高らかに自慢した(=なぜか、防疫は英訳せず韓国語のまま)。

    K防疫とは、国民総背番号制度を背景に、感染者の動線をスマホの位置情報、カード支払いの記録、
    防犯カメラの映像から割り出し、疑わしき者には検査を強制し、陽性者は強制入院か強制隔離する措置をいう。

    日本でそんな措置をしたら、マイナンバーにすら文句を言っている“人権派”が猛反対するのは必至だ。
    ところが、「日本もK防疫を」と叫ぶテレビのコメンテーター。その主張に踊らされているとの自覚もないまま受け売りして回る人々(=テレパヨという)は、“人権派”と重複する。

    つまるところ、彼らは「何が何でも反安倍晋三政権」なのだ。
    日本ではできないことを主張し、「できないのは安倍政権のせいだ」といい、日本政府が一歩踏み出したら“人権派”の仮面をかぶるのだ。

    日本が新型コロナ問題で、韓国から学ぶことがあるとしたら…。
    それは韓国政府が「社会的距離の確保」をまだ解除していなかった4月30日夜から5月1日早朝にかけて、
    ソウル梨泰院(イテウォン)に数カ所あるゲイ専門クラブに5000人を超えるゲイが集まり、集団感染を引き起こしたことだ。

    「K防疫」ではない。反面教師としての「K感染」だ。首都圏でも緊急事態宣言が解除されたからといって、決して緩んではならない。

    韓国の情報当局(旧KCIA)は、「反安倍」を対日情報心理戦の最重点課題にしている。
    日本製品に対する不買運動の標語が一夜にして「NOジャパン」から「NOアベ」に変わったのは、運動そのものが官主導であることを物語る。

    同時に、それは対日情報心理戦の韓国内でのバックアップ活動でもある。

    日本国内の「何が何でも反安倍政権」の動きは、韓国のこうした対日情報心理戦と無縁だろうか。

    韓国の南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使が、大幅増になった対日世論工作費に関連して、
    「日本の世論を主導する財界やマスコミなどを攻略する計画だと述べた」(聯合ニュース19年12月23日)というベタ記事に着目せざるを得ない。

    「Kマネー」が、日本のマスコミ界の背後で蠢(うごめ)いていると見なければならない。

    ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。
    時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。
    著書・共著に『悪韓論』(新潮新書)、『崩韓論』(飛鳥新社)、『韓国リスク』(産経新聞出版)など多数。

    夕刊フジ
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200528/for2005280001-n1.html

    【【韓国対日世論工作】 日本のマスコミ界に潜む韓国マネー・・・韓国の情報当局は、「反安倍」を対日情報心理戦の最重点課題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/05/27(水) 18:01:17.27 ID:kPRpUetF9
    https://twitter.com/smith796000/status/1264720100013125632
    上念 司
    @smith796000
    ·
    5月25日
    世代間のウエイト調整してたのね。30代少な目、60代以上多め!!毎日新聞で内閣支持率が27%になったカラクリがよくわかりました。これ必見です!!

    【論破動画】元アンケート屋の僕が【毎日の世論調査】内閣支持率27%にツッコミます https://youtu.be/oFm3qAP5A_g

    @YouTube
    さんから
    【【パヨク悲報】上念司「毎日新聞で内閣支持率が27%になったカラクリがよくわかりました。これ必見です!」「世代間のウエイト調整…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: オクタヴィアス5世 ★ 2020/05/27(水) 07:15:43.42 ID:FJBEzqEI9
    8DE75F5D-BC77-4223-9E49-BA48DC9FE635
     
    賭けマージャン 新聞記者の聴取「報道関係 差し控えた」法務省
    2020年5月26日 19時32分黒川前検事長

    東京高等検察庁の黒川前検事長を訓告処分とした際に行った調査で、賭けマージャンを一緒に行っていた新聞記者に事情を聴かなかったことについて法務省は「報道機関の関係者なので差し控えた」と説明しました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200526/k10012446161000.html

    【【はぁぁぁ!?】新聞記者の聴取なし、法務省「報道機関の関係者なので差し控えた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/05/26(火) 18:14:08.32 ID:ZjeWgaIg9 
    9799711F-941B-4ABC-8FB7-649216775943

    https://snjpn.net/archives/198232
    一色正春さんのツイート

    いつもならば、韓国ネタに飛び付く我が国のマスコミが、韓国中で話題持ちきりの、偽慰安婦による寄付金詐欺疑惑について報じないのは何故

    (略)

    ネット上のコメント

    ・いつもの事です。

    ・wwww

    ・テレビを見ていないので知りませんでしたが、ネットでは周知の事実ですよね。もしまだ放送していないのなら日本のテレビは全部必要ありませんね。

    ・わざと話題逸らしてる様にしか、見えない。

    ・NHK BS国際報道でけっこう詳しくやってますよ。しかし、地上波ではやらないですが。

    ・焚きつけた自分たちに、飛び火してくるからだと思います。

    ・ここまであからさまなマスコミの姿勢にはあきれます。
     
    【【パヨク隠蔽】一色正春「韓国ネタに飛び付く我が国のマスコミが、韓国中で話題持ちきりの偽慰安婦による寄付金詐欺疑惑について報じないのは何故」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Time Traveler ★ 2020/05/25(月) 15:04:57.44 ID:9MmOZceE9
    乙武 洋匡
    @h_ototake

    各局ワイドショーが「SNSでの誹謗中傷よくない」という論調で放送しているようだが、「今週の標的はコイツですよ」と司令塔の役割を果たしてきたのは、どこの誰だよ。 すべての責任をネット民に転嫁し、自分たちは反省の色なし。どれだけ面の皮が厚いんだよ。


    https://twitter.com/h_ototake/status/1264755738787770369

    【【パヨク悲報】乙武洋匡「各局ワイドショー、すべての責任をネット民に転嫁し、自分たちは反省の色なし。どれだけ面の皮が厚いんだよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/05/24(日) 21:09:24.45 ID:Z4FRr7U59
    CA4F015A-27CC-42F3-9A99-E28347BCAC15

     東京高等検察庁の黒川検事長が緊急事態宣言のさなかに産経新聞の記者や朝日新聞の元記者と賭けマージャンをしていたことが報じられ、黒川検事長は賭け麻雀を認め辞表を提出。政府は22日の閣議で辞職を承認した。

    【映像】堀潤氏を迎えて黒川検事長の辞職問題を考える!

     朝日新聞は「緊急事態宣言中だったこととあわせて、社員の行動として極めて不適切。皆さまに不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことを重ねておわびします」、産経新聞は「相手や金銭の多寡にかかわらず賭け麻雀は許されることではないと考えます。極めて不適切な行為。などとコメントしている。

    23日のABEMA『NewsBAR橋下』では、橋下徹氏とジャーナリストの堀潤氏がこの問題について議論した。

    橋下:検察もメディアも、このまま進んで行ったら終わってしまうと思う。そのくらい重大な問題だ。

    僕はもともと賭けマージャンはそれほど非難されるような問題じゃないと思っているが、お菓子やラーメンを賭けるのは良くても、現金は1円であってもダメですよ、という建前になっているのは、お金が反社会的勢力に流れる可能性があるから。

    賭けマージャンは絶対ダメですよ、というルールにしておきながら、取り締まる組織のナンバー2がやっていた。しかも“お咎めなし”って。まず取り調べをして逮捕して裁判にかけないと。それなのに法務省の内部調査だけ。ふざけんじゃない、と。政府は「1000点100円だからいいじゃん、問題は無い」と言うのなら、ゴルフでの握りや家庭内・友人間の賭けマージャンについては良いですよ、と閣議決定してから言わないと。中国や北朝鮮のようになっちゃったんじゃないの?。

    堀:メディアに関して言えば、検察とここまでの関係を築いておいて、いざというときにきちんと刺せるような特ダネが取れていたんですか?と言いたい。緊急事態宣言の中でも黒川さんと麻雀をすることで何かの情報が取れて、記事に書いた、ということだったらいいけれど、仮に『週刊文春』が書かなかったとしたら、“ダマテン”、黙ってたままだったんじゃないか。

    許しがたい不正義があって、それを国民に知らせたい、そのためには取材相手と関係を築かなければいけない、ということで、時には手法として様々なことをやる必要はあるかもしれない。だけど“いつかポロッと出るかも”くらいで、なあなあでやっているだけだったとしたら良くないと思うし、実際、ほとんど“発表もの”に頼ってしまっている。だから厚生労働省の村木厚子次官が逮捕・起訴されたときも、それが冤罪だったことを全く暴けないまま、あそこまで行ってしまった。

    僕は経産省の元次官の方に「新聞やテレビからしか情報を得てない人は、本当のことが分かんないんだよね」と言われた。官僚組織から情報を引き出して、都合の悪いものほど世に出せるマスコミであってほしい。官庁の記者クラブだって、そのためのものだったはず。それが“互助組織”になってしまっていると思う。

    (略)

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200524-00010026-abema-soci  

    【【パヨク悲報】橋下氏「どうしてワイドショーは朝日や産押しかけないのか。社長に会見を開かせないのか」 賭けマージャン報道で問題提起】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2020/05/23(土) 16:06:44.94 ID:fURloHpW9
    923E415B-3985-4031-86CA-FD541C313126
     
    【ニュースの核心】本来は権力の暴走をチェックする役割なのに…検察とグルになった左派マスコミの“偽善”


    検察官の定年を延長する検察庁法改正案について、安倍晋三政権が今国会での成立を見送る方針を決めた。
    「検察の独立を侵す恐れがある」などと反発した野党とマスコミの声に配慮したためだ。

    それなら、それでも結構だ。法案は国家公務員全体の定年を65歳に引き上げる別の法案と一緒になっている。
    成立しなければ、定年延長できず、民間に比べて著しく不公平になる。いずれ、秋の臨時国会で改めて審議されるだろう。
    今回は、ひとまず水入りにしたにすぎない。

    そのうえで、あえて注文したい。どうせ審議するなら、この際、検察に対する政府のコントロールを強める方向性をもっと明確に打ち出すべきではないか。
    左派勢力は「検察の独立性」を声高に唱えるが、話は逆だ。本当に怖いのは「検察の暴走」である。

    例えば、厚生労働省の村木厚子・元局長が冤罪(えんざい)に問われた2009年の障害者郵便制度悪用事件だ。
    これは後に、重要証拠である役所のフロッピーディスクが特捜部の主任検事によって偽造されていたことが発覚し、
    同検事や特捜部の元部長、副部長が逮捕される事件に発展した。

    10年には民主党の小沢一郎元代表(当時)が強制捜査された陸山会事件もあった。
    捜査自体が強引だったが、それだけでなく、小沢氏の元秘書を調べた東京地検特捜部検事が架空の捜査報告書をでっち上げ、
    検察審査会に提出する、という前代未聞の事件まで起きている。

    当時、法相だった小川敏夫氏は、でっち上げ問題に厳正に対処しようとしない法務・検察当局に対して指揮権発動を検討したが、
    野田佳彦首相によって突然、更迭されてしまった。最高検察庁は担当検事や特捜部長らを不起訴とし、
    減給や厳重注意の甘い処分でお茶を濁した。事件は闇に葬られたも同然である。

    小川氏は当時、私の取材に対して「当局は『検事の勘違いだった』と言っていたが、報告書はほぼ全部が架空なんです。
    (不祥事の後始末は)ちょろっと『人事で相談して』なんて言ってるけど、それでは国民の理解は得られない」と語っていた(拙著『政府はこうして国民を騙す』講談社、13年)。

    検察は逮捕権に加えて、起訴権をほぼ独占し、オールマイティーの存在である。
    そんな権力を握る検察を誰がチェックするのか。三権分立の原則から言っても、まずは国民から選ばれた議員と多数派政党が構成する内閣だろう。

    法案には、内閣が検事総長ら3人の定年を延長できる仕組みが盛り込まれた。だが、その程度では物足りないどころか、検察監視にならない。
    根本的に検察の暴走を防ぐ仕組みを盛り込むべきだ。

    マスコミは本来、権力の暴走をチェックする役割を担っているはずなのに、実態はネタ欲しさのために「検察へのゴマすり競争」に堕している。
    「検察の独立性を侵すな」という主張の裏に隠された本音は「オレたちと検察の聖域に口を出すな」という歪(ゆが)んだ特権意識である。

    とりわけ、左派マスコミの偽善とトンチンカンな言い分に騙されてはならない。

    夕刊フジ
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200523/pol2005230001-n1.html

    【【パヨクマスゴミ】 本来は権力の暴走をチェックする役割なのに・・・検察とグルになった左派マスコミの“偽善”】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル