かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:マスコミ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/06/09(木) 15:41:43.69 ID:CAP_USER
     日本と韓国のポップカルチャー、どちらが世界で評価されている?――。日韓両国で同時期に行った世論調査で、こんな趣旨の質問をぶつけてみた。その結果、映画や音楽、ドラマなどの分野で世界を席巻する「韓流」の勢いを、韓国人だけでなく、多くの日本人が実感していることが分かった。

    「韓流」の影響は幅広い年代に…日本
     調査では、日本と韓国のポップカルチャーについて「どちらが世界で人気が高いと思うか」を聞いた。
    no title

    ※読売新聞社・韓国日報社の日韓共同世論調査に基づく。調査ではポップカルチャーについて、「映画や音楽、漫画やアニメといったポップカルチャー」と説明した上で質問した。

     韓国人の回答は「韓国」が86%と圧倒。「日本」を選んだのは、わずか11%だった。日本人も「韓国」46%、「日本」39%と韓国に軍配を上げた。

     日本人の回答を年代別にみると、ポップカルチャーに敏感な若年層だけでなく、幅広い年代が、「韓流」の影響力の大きさを感じていた。18~29歳では「韓国」54%が「日本」42%を12ポイント上回ったほか、40~60歳代の各年代でも、半数以上が「韓国」を選んだ。

    「ソフトパワー」の高まりに自信…韓国
    no title

    ※ネットフリックスのHPをもとに作成。今回の世論調査の実施時期と重なる5月16~22日に、日本国内での視聴時間が長かったネットフリックスのTVコンテンツ上位10本

     一方の韓国では、自国を選んだ人が全ての年代で7割を超え、40歳代では93%に達した。「ソフトパワー」の高まりに自信を深めている様子がうかがえる。

     近年、世界でヒットする韓流コンテンツは枚挙にいとまがない。人気グループ「BTS」のシングルやアルバムは米ビルボードで次々と1位を獲得。2020年の米アカデミー賞では、映画「パラサイト 半地下の家族」が英語以外の映画として初の作品賞に輝いた。動画配信サービス・ネットフリックスでも、「イカゲーム」など韓国ドラマが人気だ。日本のアニメや漫画も世界で根強い人気を誇るが、韓流の勢いに押されているという意識が浸透しているようだ。

    日本人に相当数いる「意図的な無回答」
    ※単位は億回。韓国紙・中央日報が動画投稿サイト「ユーチューブ」のデータ(2021~22年)を分析した結果として今年3月に報じた内容に基づく
    no title


     興味深いのは、どちらの方が人気だと思うかと聞かれて、「日本」とも「韓国」とも言わずに「答えない」人が、日本人の15%を占め、70歳以上では実に32%に上ったことだ。韓国人の「答えない」は、全体で3%、70歳以上でも6%にとどまった。この違いは、何を意味するのだろうか……。

     「心の中では『韓国の方が人気が高い』と思っていても、口に出して言いたくない。そんな『意図的な無回答』が、相当数、含まれているのではないか」。日韓関係に詳しい木村幹・神戸大教授(朝鮮半島地域研究)はこう分析する。

     日本人の「答えない」15%のうち、韓国に親しみを感じるかどうかの質問で「感じない」と答えた人は65%。全体平均の54%を11ポイント上回った。韓国に好感を持たない人が、「答えない」層の中に多くなっている。この傾向は、木村氏の「見立て」と合致している。

    「韓国の発展を認めたくない」複雑な感情?

     近年、韓国の1人あたりGDP(購買力平価、世界銀行統計)が日本を追い抜くなど、日韓の経済水準は 拮抗きっこう するようになった。木村氏は、「韓国の発展を認めたくないという複雑な感情が生まれている。高齢層の無回答の多さもその表れではないか」と話す。日本人にとって韓国の存在感が大きくなっていることの一端を示したと言えそうだ。

    読売新聞オンライン 2022/06/09 07:25
    https://www.yomiuri.co.jp/culture/music/20220603-OYT1T50196/

    【【日韓世論調査】「JポップよりKポップ」日韓両国とも多数派、日本の70歳以上は「認めたくない」?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2022/06/01(水) 10:25:20.98 ID:dDk19Cxz9
    2022年05月31日 09時40分 公開
    [窪田順生,ITmedia]

     最近やたらと「SDGs」(持続可能な開発目標)というキーワードを耳にしないだろうか。

     それもそのはずで今、テレビではSDGs啓発キャンペーンに力を入れているのだ。例えば、日本テレビ系列では「Good For the Planetウィーク」(通称、グップラ)というキャンペーンを展開。
    情報、バラエティー、報道などすべての番組で、朝から晩までSDGs事例を紹介している。また、フジテレビ、BSフジ、ニッポン放送も3社合同で「楽しくアクション!SDGs」を展開して、さまざまな番組でSDGsを扱っている。


    「SDGs」をよく耳にするようになった(出典:外務省)
    no title


     では、なぜこんなにテレビ局がゴリ押ししているのかというと、日本のSDGsの取り組みがまだそれほど進んでいないことも大きい。

     今年3月に公表された、中小企業基盤整備機構のSDGs理解度調査によれば、中小企業の約6割が、「理解していない」「あまり理解していない」「どちらともいえない」と回答、またSDGsに既に取り組んでいる、取り組む予定があると回答をした企業は3割にとどまった。


    中小企業のSDGsに対する認知度と理解度(出典:中小企業基盤整備機構)
    no title


     ご存じのように、日本企業の99.7%は中小企業。わずか0.3%の大企業がSDGsだ、エシカルだと力を入れても、日本全体のインパクトは小さい。そこでテレビ局がガツンとテコ入れに動いたというわけだ。
    実は、日本の大手マスコミやメディア企業のほとんどは、「世界中の報道機関とエンターテインメント企業に対し、その資源と創造的才能をSDGs達成のために活用するよう促す」(国際連合広報センター)ことを目的とした「SDGメディア・コンパクト」に参加しているのだ。

     ただ、そんな国をあげての「SDGs啓発」に対して「うさん臭い」と異議を唱えている人たちもわずかながらに存在する。5月27日に『SDGsの大嘘』(宝島新書)を上梓した生物学者の池田清彦氏もその1人だ。

    (略)

    https://www.itmedia.co.jp/business/spv/2205/31/news056_0.html


    【【特集】 SDGsを発明した人は本当に頭がいい、皮肉な理由 スピン経済の歩き方】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ジャンピングカラテキック(愛知県) [ニダ] 2022/05/09(月) 17:36:29.71 ID:vCzz5VJY0 BE:932354893-PLT(12931)

    もしかしたら同一人物⁉
    右の画像は本日のモーニングショーより
    もし同一人物なら完全なる印象操作
    no title

    no title



    『モーニングショー』にヤラセ疑惑 インタビューを受けた大学生に仕込みと指摘

    5月4日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)で〝ヤラセ疑惑〟が発覚。ネット上で話題になっている。

    この日、番組ではゴールデンウィーク後半がスタートし、東京・新大久保が大盛況になっていることを紹介。地方から客が殺到しているとして、1年ぶりに埼玉から来たという大学生2人組に密着した。

    韓国コスメやグルメを満喫した大学生は「楽しかったです。ようやく遊べるようになってよかった」などと大はしゃぎだったが、そんな中、ネット上で〝印象操作〟ではないかという声が浮上。物議を醸している。

    《この大学生、ちょくちょく見るなw 多分、仕込みのタレントさんだと思う》

    《あーこの人かぁ。この間は新宿の公園でインタビュー受けてたぞw どんだけ仕事してるんだよ》

    《これって完全な仕込み報道だよね。そこまでして韓国ブームをねつ造したいのか》

    《いきなりの街頭インタビューでこんなにスラスラ言葉が出る人はなかなかいないよね。これがクライシスアクターってやつですか》

    《役者の舞台は想像以上に広いなw 新大久保のコリアンタウンには何度も行っているけど、実際はこんなに人多くないぞ》

    「どうやら今回、モーニングショーに登場した大学生の女性1人が、過去に何度も同じようにテレビ局の取材に答えていることがネット民によって発掘されてしまったようですね。
    テレビ局ではこのように、劇団員などがヤラセ回答要員としてあらかじめ登録されており、さまざまなシーンで台本通りコメントするのが常態化しているのです。
    今回登場した2人については〝真偽〟のほどは分かりませんが、しっかり韓国文化が大好きな女子大生のように見えました」(テレビ誌ライター)

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12311-1621031/

    【【テレ朝】モーニングショーの韓国グルメ特集、劇団員を使ったヤラセじゃないかと話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ボラえもん ★ 2022/05/09(月) 12:09:12.00 ID:WsWDO+rY9
    ロシア批難は必要ではあるが、岸田総理や国内世論における過剰な「ロシア絶対悪・ウクライナ絶対正義」の論調は単なる薄気味悪い不道徳に過ぎない。

    藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~

    https://foomii.com/00178

    ////////////////////////////////////////////////////////////////

    最近では幾分ましにはなってきましたが、ロシアのウクライナ侵攻以降、テレビメディアデモインターネット上でも、連日「ウクライナ」の問題が報道されました。

    これは、軍事大国があからさまな「フェイク」情報を発信しつつ隣国を侵略するという話なので、
    国内のメディアやネット上は、ロシア、プーチンが100%悪いという「ロシア絶対悪論」と同時に、
    そんな悪いロシアと戦うウクライナ側こそが「正義」だという「ウクライナ絶対正義論」に、席巻されました。

    そうした報道に触れて当方ももちろん、ウクライナが大層気の毒だと感じましたし、大国の論理で軍事的に侵略され主権を蹂躙されようとしているウクライナを、
    尖閣の侵略を狙い続けている軍事大国中国と日々対峙している日本人として「応援」したい気持ちは確かにあります。

    しかしだからといって、「ロシア絶対悪・ウクライナ絶対正義」論に染め上げられた報道やコメンテーター達の発言には、ただただ薄気味悪いと日々感じざるを得ません。

    そもそも多くの国民はウクライナがどこにあるかも知らなかったし、どんな国なのかに至ってはまるで知らなかったのに、
    本来ならそんな国についていきなり「絶対正義」として扱うことなどできる筈などありません。

    もちろんもしも我が国が、ウクライナと軍事同盟を組んでいたとするなら、ロシア絶対悪・ウクライナ絶対正義論が世論を席巻したとしても、致し方ないとも言えます。
    なぜなら、そうなれば日本が事実上の「交戦国」となるからです。

    それはつまりロシアと「喧嘩」するという事なわけですから、その喧嘩に勝つために自分達を鼓舞していくことも半ば致しありません。
    事実、ゼレンスキー大統領やウクライナ政府は、そういう偏った情報を流しているわけであって、それはそれでしょうがないと言う風には思います。

    しかし、日本はウクライナと同盟を結んでいるわけでも何でもありません。

    つまり日本はこの戦争について、戦争当事国ではないのです。

    もちろん、このウクライナ情勢に深く関わっているアメリカと同盟を結んでおり、かつ、同じく同情勢に当事者に近い形で関わっている欧州各国とも友好的な関係を取り結んではいるのは事実です。
    しかしそのアメリカですら、「米軍がウクライナで戦うことはない」と言明しているわけですから、当事国ではないのです。そうである以上、日本はもっともっと「戦争当事性」が低いのです。

    いわばこのウクライナとロシアの戦争は、日本にとってあくまでも「第三国同志の戦い」つまり「他人同士の戦い」に過ぎないのです。


    https://foomii.com/00178/2022050715194594257


    【京大教授「岸田総理や国内メディアによる『ロシア絶対悪・ウクライナ絶対正義』の論調は、ただただ薄気味悪いと感じざるを得ない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ギズモ ★ 2022/05/08(日) 16:18:28.04 ID:qZPDjxy+9
    no title

    no title


    日刊ゲンダイ販売部
    @gendai_hanbai
    5/7(土)発行の #日刊ゲンダイ です。
    8日間の外遊を終えて昨日帰国した岸田首相。「
    いずれの首脳とも本音で大変有意義な議論ができた」と胸を張ったが、戦争に前のめりな内容ばかり。
    米国追従の自民党に任せていたら日本が戦争に巻き込まれるリスクは高まる一方だ。
    本紙2面にて報じております!
    https://twitter.com/gendai_hanbai/status/1522775223694954499

    関連記事
    ロシア制裁に前のめり “米国隷従”岸田外遊の危うさ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/304839

    もう戻れない 連休中に突き付けられた「日本も参戦」の現実
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/304785


    【【軍国回帰】戦争に前のめり “米国隷従”岸田外遊の危うさ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ジャーマンスープレックス(愛知県) [ニダ] 2022/05/04(水) 10:50:08.05 ID:FX+FkKA+0 BE:932354893-PLT(12931)

    悲鳴を上げて逃げた望月衣塑子記者 「取材続けて」と手を差し伸べる赤木雅子さんの声は届くか

     黄色い服の小柄な女性が歩道の向こうから歩いてくる。その姿を見た瞬間、赤木雅子さんは私に小声で告げた。

    「あっ、あの人、望月さんですよ!」

     東京新聞の望月衣塑子記者。
    1年8か月ぶりの偶然のめぐり逢いが生んだ出来事をご紹介する。

    ■「きゃあっ」と声を上げて社内へ駆け込んで

     会見に先立って雅子さんは、日本記者クラブが入る東京・内幸町の日本プレスセンタービルの前で、TBS『報道特集』の金平茂紀キャスターの取材を受けた。
    インタビューの後、会見まで時間があり、雅子さんが「少し散歩でもします」と言うので、私は近くにある財務省まで歩くことを提案した。

     歩道を歩き始めると、2つ先の建物が東京新聞の社屋だ(正確には中日新聞東京本社)。
    その前を通りかかった時、図ったようなタイミングで向かいから望月記者が歩いてきた。
    その姿に気づいた雅子さんはすーっと近づいていった。
    私はそばにいない方がいいだろうと考えて離れていた。
    玄関前の階段で雅子さんは「望月さん」と声をかけた。
    すると望月記者はさっとあたりを見回し「きゃあっ」と声を上げて、社内へ駆け込んでいった。

     表のガラス窓には、デジタルサイネージというディスプレイでドラマ「新聞記者」の広告が流れていた。
    「撮影協力:東京新聞」「(ドラマの舞台の)東都新聞のロケ地は東京新聞」という文字が映し出される。
    そのドラマの話を持ち掛けた望月記者は、雅子さんに声をかけられただけで走り去った。
    雅子さんは呆然とした顔つきでつぶやいた。

    「私、悲鳴を上げて逃げられました……」

    全文
    https://bunshun.jp/articles/-/54020

    レッドカーペットを闊歩した望月衣塑子さん
    no title


    【【パヨク逃亡】赤木さん妻「あっ望月さんだ」イソ子「きゃあっ」悲鳴を上げて社屋に逃げ込む】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2022/03/14(月) 22:43:39.84 ID:nSR1r+7c9
    Mr.サンデー

    2022年3月14日 月曜 午後5:22


    ロシア軍に包囲されつつあるキエフ…停戦は

    じりじりとロシア軍が迫るウクライナの首都・キエフ。首都攻防の行方とウクライナ侵攻の結末について、今後どのようなシナリオが考えられるのか。4人の専門家に話を聞くと、いずれも「すぐに停戦には落ち着かないだろう」という予測だった。

    【防衛省 防衛研究所 高橋杉雄氏】
    ・キエフ包囲が阻止され、膠着状態が続けば“ワイルドカード”として、ロシア軍は生物化学兵器使用の可能性
    ・戦争に勝ったとしても、経済制裁は終わらずロシアは厳しい

    【元産経新聞モスクワ支局長・大和大学 社会学部 佐々木正明教授】
    ・キエフが陥落したら280万人都市が火の海になり、21世紀最大の悲劇に。キエフ陥落は絶対にあってはならないシナリオ
    ・ポイントは停戦交渉。国際社会が一致団結してプーチンの戦争をやめさせるしかない

    【日本大学 危機管理学部 小谷賢教授】
    ・キエフが陥落する可能性は高い
    ・ポイントは陥落後のゼレンスキー大統領の行動。国内にとどまってウクライナ軍の士気を上げ続けるしかない。国外脱出すればロシア側に「国を捨てた」とプロパガンダとして利用される

    【防衛省 防衛研究所 兵頭慎治氏】
    ・中東の志願兵投入は、キエフ攻防の「長期化の覚悟」を意味する。プーチンはゼレンスキーが降伏しない限り諦めない
    ・ポイントはロシア国内の世論。制裁をはじめとする“違和感”に国民が気付けば事態が変わる可能性

    そんな中、ジャーナリストの木村太郎氏が挙げたのが「6月にロシアがなくなる」というキーワードだ。
    木村太郎氏:
    これは僕が言ってるのではなくて、ロシアにFSB(露連邦保安局)という組織があって、そこの分析官が今後の戦争について匿名で分析を書いてるんです。今回の侵攻はまったく完全な失敗だったと。ロシアはいくら頑張ってもウクライナに勝つことはできないだろうと。なぜかというと、補給戦が延びてる。20万人を投入したが、例えば首都を制圧して大統領を殺したとしても、民衆を全部おさえるとすると50万人くらいの兵隊がいないといけない。それがいないうちに制裁が効いてきて、ロシアの経済は6月までに壊滅してしまう。それでロシアがなくなる。そういうことを言っている。

    6月にロシア経済が破綻するということになれば、プーチン大統領の失脚もあり得るのか?
    木村太郎氏:
    それはまた別のシナリオがあるんですけど、プーチンはもしかしたら可能性として、クーデターでどこかに連れて行かれてしまうかもしれない。そういう可能性っていうのも考えておいた方がいいということを言ってる。これは可能性として高いかどうかは別にして、そういうオプションもあるんじゃないかと思うんですね。

    アメリカがウクライナの“目と耳”に デジタル情報戦で優位の理由
    (略)

    FNN
    https://www.fnn.jp/articles/-/330992?display=full

    【【解説】「6月にロシアがなくなる?」木村太郎と4人の専門家が読み解く ウクライナ侵攻“結末のシナリオ”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 22/02/13(日)14:29:40 ID:YLXA
    日本テレビ局「画期的!早速取り入れよう!」
    no title


    えぇ…

    【韓国人「鼻だけ覆うマスク作りました!」日本国民「菌は口から出るのにアホちゃうかw」日本テレビ局「…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2021/12/16(木) 10:50:14.35 ID:CAP_USER
    最近、中国や台湾、さらには韓国にまで、日本が“負けた系ニュース”をやたらと多く見かけないだろうか。例えば、ざっと目についただけでもこんな調子だ。

    ・『日本は「急速に力を失った」…韓国、台湾、中国に負ける“唯一最大の恐しい原因”』(幻冬舎ゴールドオンライン11月27日)
    ・『王者だった「ニッポン半導体」が負けた訳』(東洋経済オンライン12月1日)
    ・『日本は20年後に経済規模で韓国に追い抜かれる-その残念な理由とは』(現代ビジネス12月12日)
    ・『管理職の日韓給与比較」どの職種も大きく水をあけられ大敗北という現実』(プレジデントオンライン12月14日)
     愛国心あふれる方たちからすれば、このような記事は「日本をおとしめたい反日マスゴミのデマ」ということなのだろうが、残念ながら、日本の経済力、技術力が衰退していることは、さまざまな客観的データが物語っている。

     もちろん、世の中には「日本の賃金は安くない!中国や韓国からもたくさん労働者が来ているのがその証拠だ!」とか「労働生産性なんてのは欧米がつくった数字のトリックだ!」とか「中国や韓国の方が商売上手なだけで日本の技術は今も世界一だ!」なんて感じで、これらのデータ自体が捏造・デマだと主張される方たちもいらっしゃる。

     人は自分が信じたいものを信じる。なので、このような考え方をされるのも自由だし、他人がとやかく言うことではない。が、「日本の国益」という視点では、「ジャパン・アズ・ナンバーワンだ!」というような考え方はあまりよろしくないのではないか。

     歴史を振り返ると、日本という国はこれまで、自分たちに都合の悪い客観的なデータを否定して、「日本は絶対に負けない!」と叫べば叫ぶほど事態を悪化させるという「負けパターン」を繰り返してきたからだ。

    ● 10年前「自動車産業は負けない」と叫んでいた人たちと、今の現実

     「日本は負けない!」と喉を枯らせば枯らすほど、現実逃避や問題先送りがおこなわれて大惨敗という皮肉な結果を招いてしまうというのが、日本のお決まりのパターンだ。

     例えばわかりやすいのが、自動車産業である。実は今から10年ほど前、リーマンショックを受けた世界的な自動車販売台数の落ち込みや、中国など海外への生産・販売の依存が極端に高まってきたというデータを根拠に、一部のメディアから、そう遠くない未来、日本の自動車メーカーや関連産業はかなり厳しい環境に追いやられるのではないか、という悲観論が相次いだ。

     しかし、愛国心あふれる方たちは、「マスコミってのは、日本がダメになるというストーリーが大好物で、不安ばかりをあおるバカだな」と鼻で笑った。ある研究者の方はネットメディアで「日本の自動車部品は絶対に負けない」と宣言し、世界的に、自動車産業は生産縮小を余儀なくされたとしも、高品質の日系部品メーカーには仕事がたくさん流れてきて、これから日本の大躍進の時代が来るとまで言い切った。

     では、それから10年でどうなったか。

     世界的な電気自動車(EV)シフトに加えて、中国など新興国でも国産自動車メーカーが着々と成長していることで、日本のお家芸だった自動車産業は窮地に追いやられている。特に深い傷を負っているのが、かつて「絶対負けない」と言われた自動車部品だ。EVシフトによる部品数減少で収益が悪化していたところにコロナ禍が直撃、「歴史ある2次サプライヤーが倒産、自動車部品業界の淘汰が加速か」(日刊自動車新聞20年9月15日)という動きも目立ってきている。10年前に「不安をあおるバカ」と罵られた側の警鐘が現実となりつつあるのだ。

    ヤフーニュース(ダイヤモンド)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/72781a470e560d11417355f4da5ba8e33a201cb4

    【【経済】「日本は負けた」系ニュースが急増しても事実を認めない人々】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/11/23(火) 10:12:17.07 ID:CAP_USER
    ┃観光地施設と利用料金を詳細に紹介
    ┃韓国の市民、「これまで行けなかった日本に行きたい」
    ┃韓国の若者たちの反日感情大きくない
    ┃政治と文化は別という点を強調
    ┃第2次アベ政権から消えた韓流
    ┃今もあふれる嫌韓報道

    (写真)
    no title

    ▲ キム・ヂェフン日本放送言論研究所所長
    _______________________________________________________

    日本のテレビ局が、「ソウル近郊にある日本の街を再現した観光施設が人気を集めている」と連日報道した。

    この番組は観光施設の内部を詳細に紹介して、観光客とのインタビューも重点的に紹介した。

    韓日関係が悪化した中、特に韓国の若者たちを中心に人気を集めているとし、既成世代(旧世代)とは違って神社の参拝に対しても大きな反感がないように見えると伝えた。そして日本の若者たちを中心に韓国文化が人気なように、政治と文化は別だという点を強調した。

    だがしかし、日本では安倍晋三元総理の政権再継続以降、放送で韓流ニュースや韓国の芸能人が突然消えた前例があり、今も嫌韓記事が連日あふれ出ている。

    日本のテレビ朝日は去る19日と20日、そして日本テレビは15日と20日に、ソウルから車で1時間半の距離にある東豆川(トンドゥチョ)山すそ、日本の江戸時代の街を再現した観光施設が人気を集めていると重点的に報道した。

    この施設は本来ドラマや映画などを撮影するためのスタジオだったが、今年9月に一般人も入れる観光施設としてオープンした。

    日本の報道では施設内を詳細に紹介して、特に日本式カフェとラーメン店は平日の午後でも満席になるほど混雑していると報道した。

    (キャプチャー画像)
    no title

    ▲ 『対日関係悪化も、韓国で “リトル日本” 人気』という字幕とともに、浴衣姿の韓国市民の様子を報道した20日のニュース。(テレビ朝日)

    さらに、着物や浴衣をレンタルする店もあって日本の雰囲気を写真に撮影できるとし、カップルなど多くの若者たちが着物姿で観光を楽しんでいたと伝えた。

    そして施設内にある旅館もオープンしたとし、照明器具から家具まで実際に日本で使われていたものを取り寄せて本格的な日本の雰囲気を演出していて、宿泊料は高い方だがヒノキ風呂が備わった客室まであると、リポーターが感嘆する姿を見せていた。

    また、書斎を再現した空間には古い日本の成人雑誌やビデオまで備えられているとし、細かい点まで気が配られたようだと苦笑していた。

    (キャプチャー画像)
    no title

    ▲ 『韓国で話題、日本の町並みを再現した観光施設』という字幕とともに、去る15日に報道されたニュース。(日本テレビ)

    インタビューに応じた市民の大半は、「毎年日本に行っていたが今はコロナで行けない中、インターネットを検索して韓国にもこんな場所があるというのを見つけてきた」とし、「思っていたよりも規模は小さいが満足している」という意見が大半だった。

    一方この施設はまだ未完成で、敷地中には『城』と『宴会場』の建設が進められているとも説明した。

    さらにここには神社はもちろん、神社の入口で見かける『トリイ(日本の神社に入る儀式的な関門)』があちこちにあると伝えた。そして日帝強占期に『神社参拝強要』などがあったことを理由に、韓国の年配の中には神社に対して複雑な考えを抱いている人もおると報道した。

    だがしかし、施設の中では神社に参拝したりトリイを背景に写真を撮る人も数多くいたとし、特に若者世代にはこのようなものがすでに『日本らしさの一つ』として認識されているようだと伝えた。

    一方、日本のテレビ局の取材に応じたこの施設の設立者は、「ウリたちは文化やエンターテイメントについて論じているわけで、政治学的には全く関係がないので(批判は)右から左へ受け流す」という立場を明らかにした。

    運営会社の代表はまた、「この施設はドラマを撮影するために作られ、通常なら撮影が終わると撤去されるのだが、それを活用して一般の顧客を受け入れるようになった」とし、「日本という国はウリたちと切り離せないし、ドラマや映画の要素としても切り離せない」と主張した。

    オピニオンニュース(韓国語)
    http://www.opinionnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=57996


    【【韓国政府から工作費流入】日本のメディアが「韓国の若者たちの反日感情は大きくない」と連日報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 張り手(愛媛県) [ニダ] 2021/11/20(土) 11:33:14.42 ID:mCycFpi20● BE:135853815-PLT(13000)

    産経抄
    11月20日

    あの狂熱的な批判と追及の嵐はどこへ去ったのか。森友学園に関する財務省の決裁文書改竄(かいざん)をめぐり、新たな文書が開示されるたびに、マスコミや野党が、「主犯」扱いをしていた安倍晋三元首相への言及が消えていく。キツネにつままれたような気分である。

    ▼人事院は今月8日、文書改竄にかかわり自殺した近畿財務局元職員の公務災害認定の記録を、妻側に開示した。それによると元職員は国会議員からの資料要求や行政文書開示請求、マスコミ対応などに追われ、平成29年7月に鬱病と診断されている。

    ▼超過勤務が慢性化して精神面、肉体面の過重な負荷から自殺に至ったという。昨年10月に公開された元職員の元上司の証言と符合する。「少しでも野党から突っ込まれるようなことを消したいと(改竄を)やりました」「作業量を減らすためにやった」。

    (略 会員記事)

    産経新聞
    https://www.sankei.com/article/20211120-F224X33LLZOVTA6IQCBSVIWLLA/

    関連
    赤木さん公務災害文書 人事院が一転、大半開示 過重業務が明らかに
    https://www.asahi.com/articles/ASPCK3V5QPCKPTIL007.html
    新たな開示内容などによると、俊夫さんは、2017年2月に国有地払い下げの問題が報道されたことをきっかけに、国会からの資料要求や行政文書の開示請求、苦情への対応などの業務に追われ、17年7月にうつ病と診断された。

    赤木ファイル詳報「決裁済の調書修正は問題、強く抗議」
    https://www.asahi.com/articles/ASP6Q5WRTP6QPTIL02X.html
    本省の問題意識は、調書から相手方(森友)に厚遇したと受け取られるおそれのある部分は削除するとの考え。現場として厚遇した事実もないし、検査院等にも原調書のままで説明するのが適切と繰り返し意見(相当程度の意思表示し修正に抵抗)した。

    【詳報】森友 改ざん経緯 説明の音声データ 内容は
    https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/46547.html
    「少しでも野党から突っ込まれるようなことを消したいということでやりました。改ざんなんかやる必要もなかったし、やるべきではない。全く必要ないと思っていました。ただ追い詰められた状況の中で少しでも作業量を減らすためにやった。何かそんたくみたいなのがあるみたいなことで消すのであれば絶対消さないです」

    【【パヨク悲報】産経「森友、新たな文書が開示されるたびにマスコミや野党がトーンダウン。あの騒ぎは何だったの」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: potato ★ 2021/09/25(土) 00:12:10.02 ID:9r7q2syw9
    秋篠宮家の長女眞子さま(29)と結婚予定の小室圭さん(29)が、27日午後にも滞在先の米国から帰国することがわかった。そんな小室さんが日本時間24日の午前5時頃、米・ニューヨーク マンハッタンでフジテレビの直撃取材を受けた。突然マイクを向けられた小室さんは終始無言を貫いたが、長髪を後ろで結んだ“侍スタイル”の代わりぶりに驚きの声が上がっている。

    小室圭さんが“長髪”姿に激変!記者無視で態度最悪の声

    衝撃的な小室さんの激変ぶりにテレビを見ていた多くの視聴者が驚いた。小室さんからすれば、思わぬフジテレビからの突撃取材。カメラが捉えた小室さんは黒スーツを着込み、中の白ワイシャツは第1ボタン開け、颯爽と歩いていた。
    しかし、カメラに気付いたのかかなりの早足となり、レポーターから投げかけられる質問には一切答えることなく、無言を貫いた。

    信号待ちの間ではスマートフォンを操作し、レポーターとは目を合わさない。両耳にはワイヤレスイヤホンをしていて、音楽などを聴いているようにみえる。
    歩いている時は左手をポケットに入れたままで、ただ前を見つめて早歩きで進む。4年前に行われた眞子さまとの記者会見で感じた爽やかさはもう感じられない。ある意味、“ふてぶてしさ”も兼ね揃え、小室さんの雰囲気はガラリと変わってしまったようだ。

    (略)

    https://www.mag2.com/p/news/512435

    no title

    no title

    no title

    no title



    【【話題】小室圭さん、ロン毛姿に激変。長髪を後ろに結ぶ“侍スタイル” 記者ガン無視でポケットに手】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: !no_id 21/09/19(日)08:16:47 ID:???
    tokankousaku
    ※最近、日本のMZ世代の間で『渡韓ごっこ』が人気だ。渡韓ごっこはいわゆるニセ韓国旅行だ。日本のホテルで韓国料理を食べたり韓国の飲み物を飲んだりしながら、まるで韓国旅行をしているように装って遊ぶのだ。
    空の道が閉ざされ海外旅行が不可能な状況で、旅行するような気分でも満喫できることから人気を集めている。

    渡韓ごっこの準備物は韓国の人気料理である△ヤンニョムチキン、△キンパ(韓国式海苔巻き)、△ハニーバターチップなどだ。ホテルの部屋を借りて友達と一緒に一夜を楽しむ。
    ブドウ味のジュース『ボンボン』を手に取った写真をインスタグラムにハッシュタグで掲載し、渡韓ごっこは終了する。この“文化”は今年8月に朝日テレビの『羽鳥慎一 モーニングショー』で紹介され、その人気を証明した。

    渡韓ごっこを楽しんだヒヨリさん(21)は「インスタグラムで流行っていたので、友達と渡韓ごっこに挑戦してみた。海外旅行が出来ない今、それなりに新鮮で楽しい経験だった」と話した。
    ヒヨリさんは「外交的には仲が良いわけではない両国だが、日本の若い世代は韓国に親近感を感じている。ドラマとK-POPの人気がすごい。いつか本当に韓国旅行に行ってみたい」と語った。


    9/18(土) 23:52 WoW!Korea
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0b6954363f2de58b8a47b6d00a506e6bc053ab24

    【日本人女性「韓国のジュース」持って写真撮影】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ウラヌス ★ 2021/08/20(金) 21:23:36.77 ID:MTJgPpDI9
    「苦しい時のナントカ頼みではないか」「いつものテだろう」――。

     朝日新聞の世論調査で内閣支持率が28%と、初めて3割を切った菅政権。他のメディアの調査でも過去最低の支持率を更新するなど、政府・与党内では「このままでは総選挙を戦えない」という見方がもっぱらだ。

    (略)

     過去には森友・加計問題で支持率が急落した安倍政権が「北朝鮮の脅威から国民を守り抜く」ことを公約に掲げて支持率を回復させたほか、テレビ番組で<内閣が危機水域に陥ると、申し合わせたかのように北朝鮮がミサイルを発射している>などと揶揄されたこともあった安倍政権を継承する政府だけに“憶測”が拡散したらしい。

    (略)

    ヤフーニュース(日刊ゲンダイ)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3bc89bd9bbba623140ad9678bb6829e3977dc0b6


    【【パヨクマスゴミ】危険水域であえぐ菅内閣支持率の起死回生策は「北朝鮮カード」か?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/08/04(水) 10:47:17.30 ID:CAP_USER
    4日の午後に行われる野球の韓日戦準決勝など夏季五輪の競技に関心が高まる中、韓国観光公社が訪韓観光市場を牽引するため、MZ世代を狙った『渡韓ごっこ』などのキャンペーンが展開されていて注目が集まる。

    no title


    『渡韓ごっこ』とは、日本国内で韓国飲食(食べ物)や韓国焼酎などを購入し、韓国型のファッションやメイクをした若者がまるで韓国旅行をしたような小規模なパーティを開くことを指す。

    韓流ドラマにあったシーンを真似るオッパ(兄さん)、テバク(大ヒット)などの韓国語をまじぇまじぇして防弾少年団(パンタンソニョンダン=BTS)のButter(ポト)のようなK-POP(Kパプ)を真似て歌ったりもする。

    5070世代(50~70歳代)の自民党親衛インターネット部隊、『ネトウヨ』を除いた大半の日本の2040世代は韓国が好きだ。嫌韓ネトウヨとして活動していて、韓流にハマって転向した人のエピソードも最近になって続々と出ている。

    東京五輪の進行状況の未熟さ、食品安全の懸念、脆い選手村の施設物による乱脈ぶりが各所で見られる中、韓国観光公社の日本の若者世代を狙ったコンテンツ広報はより一層目立っている。

    no title

    ▲ 福岡に構えられた韓国ファッション体験館、『Touch the K』

    (4日)韓国観光公社によれば、コロナの後を狙った韓流・WEBTOON(ウェプトゥン)などの様々なニューノーマル時代の注文型事業は、去る7月末から進行中である。

    韓国観光公社は最近、日本社会全般で注目している『持続可能な開発目標(SDGs)』をテーマに去る7月28日、日本の中高生1,000人余り対象に仮想の韓国修学旅行を実施した。

    この日の仮想修学旅行は廃産業施設を生態・文化活動空間に再生して、持続可能なコンテンツとして注目されている文化備蓄基地(ソウル麻浦区)を生中継し、学生たちに都市再生と環境、歴史、文化、韓流、平和など、新たな韓国観光の魅力に触れられるようにした。

    今回の仮想修学旅行に参加した中村学園女子高等学校の生徒は、「今回の修学旅行を通じて、韓国の一味違った面を見れて良かった」とし、「特に市民意見を汲み取って都市再生を進めた文化備蓄基地とソウル路7017の事例を見て、日本も見習うべき点があると思った。自然と文化、若者が共存する都市開発事例を見て、必ず一度直接訪問してみたくなった」と感想を残した。

    no title

    ▲ 仮想の韓国修学旅行に参加した日本の学生。

    韓国観光公社は来る8月11日、ワイヤー工場をリニューアルした釜山の代表的な複合文化空間であるF1963で、第2弾の仮想の韓国修学旅行を行う予定である。

    去る7月17日、福岡の繁華街である天神にオープンした韓国文化体験空間『Touch the K(トチドケイ)』も、日本のMZ世代の人気を集める新しい場所として浮上している。

    Touch the Kは、ソウルのホットプレイス(ハッ・プルレイス)に訪れたような雰囲気を与える空間で、様々なフォトゾーン、韓国化粧品、伝統工芸などを体験できる体験ゾーン、韓国旅行を準備できる観光ゾーンなどが用意された。

    観光公社福岡支社は、「韓国の小物や飲食(食べ物)、場所などの写真を撮影して、まるで韓国に行ったような気分を出す、いわゆる渡韓ごっこ(トハンノリ)が日本のMZ世代の人気のSNS活動」と言いながら、「Touch the Kを活用して、日本のMZ世代の感性を刺激する各種のイベントを実施する」と明らかにした。

    日本で人気の『WEBTOON』を活用した韓国の観光広報も目立っている。公社が運営する日本人の韓国観光サポーターズ『カンタビ(韓旅)』のInstagram(インスタグレム)と、コリアツアーコミックスjpのホームページで毎週水曜日に連載されているWEBTOON、『SARANG x SHIBUTA ~チンチャ大好き!だからコリア~』では、日本人の韓国留学生『サラン』とペットの豚『シブタ』が韓国で体験する話が繰り広げられる。

    特に8月中旬からは5つの韓国観光拠点都市(釜山、安東、江陵、木浦、全州)も背景に登場し、各地域の観光コンテンツを漫画(マンファ)を通じて紹介する。

    韓国観光公社のキム・ヨンヂェ北東アジアチーム長は、「日本のMZ世代の目線に合わせ、韓流および韓国型ESG観光コンテンツなどを活用して、ポストコロナ時代の訪韓観光早期回復のためのマーケティングを持続的に展開して行く」と明らかにした。

    ヘラルド経済(韓国語)
    http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20210804000098

    【【韓国の工作資金がマスコミに流れている】韓国観光公社のキャンペーン、『渡韓ごっこ』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2021/07/15(木) 08:01:00.44 ID:CAP_USER9
    koukoku
    ピンクの桜で彩られたデザイン。2面にわたるカラー紙面には、「感謝」「ありがとう日本!」の文字が大きく躍る――。

     日本政府は6月4日、新型コロナウイルスの感染が拡大していた台湾へ約120万回分のアストラゼネカ製ワクチンを無償提供すると明らかにした。

     その9日後、6月13日付の「産経新聞」に掲載されたのが、この「台湾人有志一同」という署名が入った新聞広告だ。同日、産経新聞はインターネット版でも、
    《台湾発「ありがとう日本」ワクチン提供に産経新聞広告で》
     と題した記事を掲載。この広告について、以下のような解説もおこなった。

    《新型コロナウイルスワクチン124万回分を台湾に無償提供した日本政府と国民に対し、感謝の気持ちを伝えるため、約130の台湾系企業、団体などが共同出資して掲載されたものだ。》

     これについて、広告を出した「台湾人有志」の一人でもある台湾の企業家は顔を曇らせ、こう話す。

    「じつは今回、日本の大手紙の中で、産経新聞にだけ感謝広告を出したのです。それが無駄だったとは言いませんが、われわれ協賛企業から1口あたり5万元(約20万円)を募って出稿したこの広告がなかったとしても、産経新聞の“愛読者”には、すでに十分すぎるほど謝意は伝わっていましたよね(苦笑)。

     それに、この広告を企画している団体は、もとから日本とは“特別な理由”で関係が深い団体なんです」

     特別な理由とはどういったものなのか。

    「紙面にも名前が出ていたように、この感謝広告は『台湾傳統基金會』と『台湾櫻花返郷會』という2つの団体が企画しました。前者は親日家で知られた故・李登輝元総統と親しかった台湾の元地方首長がトップを務めています。

     問題は後者で、これは日台共同の一般社団法人『日本桜里帰りの会』の台湾における組織名なのです。昭和天皇が台湾でお手植えした桜の苗木などを日本に“里帰り”させることを目的とした団体で、台湾側は李登輝元総統の夫人が名誉会長を務めていますが、日本側の名誉会長は、あの安倍洋子さんなんですよ」(前出・企業家)

     安倍洋子氏(93)は、いわずと知れた、安倍晋三前首相(66)の実母である。

    「日本桜里帰りの会」の代表を務める外交評論家・加瀬英明氏(84)に確認すると、「そうです。洋子夫人が名誉会長ですよ。台湾側が李登輝元総統の夫人を名誉会長にするというので、日本側も女性がいいだろうと、洋子夫人に就任を依頼しました」と話す。

     首相在任時代から、台湾との友好関係を強調してきた安倍前首相。大手紙の政治部記者は、今回の日本から台湾へのワクチン提供に際しても「その繋がりが垣間見えた」と話す。

    「日本政府からのアストラゼネカ製ワクチンの無償提供では、安倍前首相がキーマンだったとされています。

     日本で、1億2000万回分を調達予定だったアストラゼネカ製の公的接種が中断された際に、ワクチンを台湾側に“相互援助”の一環として提供するように菅義偉首相や麻生太郎財務相を説得したのが安倍前首相でした。
     そして、この安倍前首相の動きをどこよりも早く詳細に報じたのが『産経新聞』だったのです」

     実際に産経新聞は6月3日にインターネット版で、
    《ワクチンの台湾提供、安倍前首相ら動く 中国妨害警戒 日米台が水面下で調整》
     と題した記事を掲載している。

     前出の台湾の企業家はこうした背景を知って、広告出稿について複雑な心境になったという。企業家が続ける。

    「安倍前首相の実母が名誉会長を務める団体が主導して台湾で募金を集め、『安倍前首相がワクチン無償提供で活躍した』と真っ先に報じていた産経新聞だけに単独で感謝広告を出す。

     安倍前首相の政治活動に利用するための“マッチポンプ”というか“自作自演”のような動きにも感じられて、気分はよくありません」

     産経新聞社に、広告出稿の経緯や、記事との関連性を指摘する声があることへの見解を尋ねたが、「個別の広告案件について出稿経緯などはお答えしておりませんが、ご指摘のような事実はございません」とのみ回答があった。

     前出の「日本桜里帰りの会」代表の加瀬氏にも経緯を尋ねたが「広告は台湾側が企画したもので、私(日本側)はタッチしていませんよ。掲載2日前に連絡が来たくらいです」と話す。

     菅首相の統制力に陰りが見え、自民党内で安倍前首相が確実に“存在感”を見せ始めている。退陣から約1年、政治活動を活発化して表舞台に登場する機会も増えている。

    2に続く

    FLASH
    7/15(木) 6:05
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b6d0048a285d6e320cc37fae2299cd1cda6ea7d9

    【産経新聞「台湾からのワクチン感謝広告」に「自作自演的」と批判の声…広告主の名誉会長は安倍前首相の実母】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2021/07/14(水) 17:09:12.64 ID:CAP_USER9
    no title
    国際オリンピック委員会(IOC)トーマス・バッハ会長(67)が14日、菅義偉首相に官邸で面会した。バッハ氏は面会後、取材に応じ、上機嫌に東京五輪成功に向けた主張を展開。「日本国民に対し、約束します。リスクを持ち込むのではなく、コロナと戦うことに貢献する決意です」などと、大会成功に向けて意気込んだ。最後に取材陣に対し「1つだけ、質問を受けます」と自ら提案した。

    取材陣の1人が「(新型コロナウイルス規則集の)プレーブックが守られてないという報道もある。リスクがすでに日本に持ち込まれているのでは。約束違反なのでは」と質問すると、バッハ氏の顔色がこわばった。「日本国民にリスクとなるようなプレーブック違反があったとの報告は、私のところには届いていない。検査体制はしっかりと機能している」と否定。その後も質問を続けようとする取材陣を「仕事しなければいけないので、ごめんなさい」と振り切り、無言で車に乗り込んだ。

    日刊スポーツ
    7/14(水) 16:42
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c48b985fdd7ca0f280503c8e4cd67dda375ad89d

    【【東京五輪】バッハ会長「私のところには届いていない」プレーブック違反報道を否定し逃走】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ろこもこ ★ 2021/07/11(日) 20:10:32.30 ID:CAP_USER
    ksinbungsyoku

    誤って風刺的なタイトルを付けたまま記事を掲載した韓国のニュースメディアに、批判が殺到している。7月6日、韓国・メディアオヌルが報じた。

    記事によると、韓国のニュースメディア・ニューデイリーは5日、「政治的中立を徹底的に守れと指示したってさ…文大統領が(笑)」との題名が付いた記事を公開。これは文在寅(ムン・ジェイン)大統領が本格的な次期大統領選挙戦を前に、大統領府と政府に対し徹底的に政治的中立を守るよう指示したことを伝える記事だったが、翌日の6日には「文、青瓦台と政府の『政治的中立』の徹底を指示」とのタイトルに修正された。

    今回のミスは修正された後も「もはや嘲笑に値するレベル」として物議を醸しており、大統領府からも「(記者の)基本的な資質を疑わざるを得ない」「このような風刺的な表現をするメディアは、自ら品格と信頼をおとしめている」として批判を浴びている。また、ネットユーザーの間でも5日の夕方から、「まだ直していないということは、わざとなのか?」「記者が書いたに違いない」など、「意図的に掲載したのでは?」との憶測が飛び交っていたという。

    ニューデイリーは過去にも同様のミスを犯したことがあり、2020年8月には「(笑)コロナは野党の責任だってさ…金鍾仁(キム・ジョンイン)『非常識、幼稚』」というタイトルの記事を掲載。今年の3月にも「(笑)出馬しておいていまさらすみませんだって…朴映宣(パク・ヨンソン)『朴元淳(パク・ウォンスン)のセクハラ』手遅れの謝罪」というタイトルのまま記事を公開し、波紋を呼んでいた。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「個人のSNSに投稿することすら恥ずかしい文章」「本当に嘆かわしい」「国は先進国になったのに記者のレベルは最低だな」「こんな人たちがマスコミの仮面を付けてニュースの取材を?」「早急にマスコミ改革を」「マスコミとも言えないような媒体の記事を載せてるネイバーやダウムの方が問題」など、批判の声が殺到している。(翻訳・編集/丸山)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b879066-s25-c30-d0201.html


    【【韓国】むしろ意図的?おかしなタイトルの記事を連投する韓国メディア=韓国ネット「国は先進国になったのに記者のレベルは最低」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2021/06/26(土) 16:30:33.86 ID:afdDTvzX9
    最近のマスコミ報道を見ていると、ワクチンへの不安を煽ることが増えているように見える。 
    かつて、コロナへの不安を煽っていたマスメディアは、今やはワクチン不安を煽ることにその姿勢が引き継がれているかのようだ。

    私自身もつい最近、こんな経験をした。

    私は、今年4月にワクチン忌避に関する調査を行い、その結果を5月にヤフーニュースで公開した。
    調査では、20代や30代の若い世代にワクチン接種をためらう傾向が有意に高いこと、それはワクチンへの不安と関連があることなどが明らかになった。

    そして、その結果をもとに、どうすれば若い世代に正確な情報を伝え、ワクチンへの不安を小さくすることができるのかの提言を行った。

    ワクチン接種が順次若い世代へと拡大されていくなかで、この2-3週間、この調査結果を紹介したいというテレビや新聞の取材が増加した。
    それはありがたいことなのだが、一方で調査結果が私の意図と反して使われることが相次いだ。

    たとえば、6月20日放送の「Abema的ニュースショー」では、若者のワクチン不安を紹介するコーナーで、
    私の調査を紹介していただいた。しかし、番組を観た私は、その後の展開に唖然とした。

    MCを務める千原ジュニアさんは冒頭で、「副作用、言葉がちょっときついイメージがあるから、
    ちょっとやわらかい今まで誰も使ってなかった副反応にしとこうってね。なんか変な力働いてないって、若い子はどっかで感じてんじゃないかな」と口火を切った。

    そして、その場にいたゲストも口々に「私は打ちたくない派ですね。逆に打って、死ぬんじゃないかって思っちゃう」
    「特に女の子の場合って、不妊とかっていう噂もあるじゃないですか」などという意見を述べた。

    彼の「副反応」という用語に関する理解は初歩的な誤りがあるし、「死ぬ」 「不妊」という噂に基づくショッキングな発言に対しても、専門家によるフォローや科学的情報の提供はまったくないままだった。こうして、出演者が口々に不安を述べ、それに頷き合ったままコーナーが終わった。

    結局、私の調査は、「データを見ても若い世代でこんなにワクチンの不安が高まっている。みんな不安だよね」というように、ワクチン不安を煽るような使い方をされてしまったのだ。

    その後も別のテレビ局から、データを使いたいという依頼があったが、こういうことがあって慎重になった私は、担当ディレクターから番組の意図や方向性を伺い、その結果、データの提供をお断りすることになった。

    ディレクターは、「番組は事実を中立的に伝える」と繰り返し述べていた。
    しかし、これまでのメディアの論調は「事実を伝えている」とも「中立的」だとも言い難いものがある。

    冒頭で述べたように、メディアの最近の傾向として、「ワクチン接種をしたくない人」に過度に寄り添い、「ワクチンを打たない権利」を強調しすぎている。これは中立でも何でもなく、明らかに一方に与した主張である。

    そして、「中立であるべき」という自身の信念に固執しすぎた挙句、科学的エビデンスを軽視しているのでは、逆に自身の信念や価値観によって偏向した態度となってしまっているのだが、そのことに気づいていない。

    ディレクターとの話し合いのなかで、私は「今のメディアの姿勢は、中立と言えるものではない。
    そもそもワクチン不安を煽るほうに偏っている。人々のワクチンへの不安が強いのならば、それを単に紹介するだけでなく、不安を少しでも和らげ、安心してワクチン接種をできるような情報発信をすべきだ」と述べた。

    すると、相手方は「番組としてワクチンを推奨はできない」と述べた。これが決定的な差だった。

    「マスメディアはワクチンを推奨できない」という言葉に私は息を飲んだ。
    「ワクチンを接種すべき」というのは、イデオロギーではない。政治的主張や意見を紹介するのであれば、そこでは中立性が要求されるだろう。

    しかし、現下の危機を乗り越えるために、そしてわれわれ一人ひとりが自分の健康を守るための切り札として、国やWHOなどの公的機関が科学的知見に基づいてワクチンを推奨しているとき、メディアとしてそれを推奨できないというのは、安易な「中立性」に毒されすぎている。


    原田隆之 筑波大学教授
    筑波大学教授,東京大学客員教授。博士(保健学)。専門は, 臨床心理学,犯罪心理学,精神保健学。

    法務省,国連薬物・犯罪事務所(UNODC)勤務を経て,現職。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/haradatakayuki/20210625-00244678/

    【【筑波大学教授】 「マスメディアはなぜワクチンへの不安を煽るのか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★ 2021/06/21(月) 08:48:45.29 ID:EvCJuxv89
    no title

    (略)

    スマホが母にもたらした影響

    母は現在とうに還暦を過ぎているのだが、僕のカミングアウト時より少し前からスマホを持つようになっていた。それが彼女にもたらした最大の変化は、本を一切読まなくなったことだ。1ヶ月に数回の頻度で図書館へ出かけ、その度に5~6冊は借りてきてすぐに読みきっていた母が、ぴたっと本を読むのを止めたのだ。

     代わりに見るようになったのが、スマホに入っていたYouTubeだった。

     その頃から、会話の中で韓国・中国を悪く言うことが徐々に増えはじめた母。それは国の政策批判などではなく、キムチが好きで食べていた僕に「キムチを食べると韓国人みたいになる」と言ったり、中国で水害が起こった際に「中国への天災は天罰」と言ったりするなど、差別的な発言ばかりだった。

     そして同時に、いかに日本が正しく素晴らしいかをとうとうと語った。今では僕が日本政府のコロナ対策への不満を口にしようものなら、「パヨクなの?」などと言い出す始末。

     僕だって韓国・中国の政府に対して疑問を抱いている部分はある。でも、それは日本に対しても同じことだ。全否定はせずとも、ここ数年の日本政府の政策や方針には不信感を抱かざる得ない部分がある。

     しかし、母は日本への苦言を、まるで彼女自身への悪口のようにとらえてしまう。国というものに自分の存在を重ね合わせるかのように、ひたすら日本という国がいかに素晴らしいかを誇らしげに語るのだ。そして、そこで語られる話の情報源はほぼ全てがYouTubeなのである。

     他にも、「LGBT=左翼」といったような内容の動画を家で堂々と観たり、「LGBTには生産性がない」といった寄稿を発表して物議をかもした杉田水脈議員を擁護するような発言をしたり。しまいには、「最近はいきすぎた主張をする人が多い」などと語ってくる母。それらが僕を否定することになると彼女は微塵も思っていないようで、僕の立場に全く考えが及んでいないことに驚きとショックを感じた。

     やがてそういった話題に触れるのが苦痛になり、カミングアウト後に打ち解けたかのように思えた母との間に、また埋まらない溝ができてしまった。ゲイであることを隠していた時とは違って会話自体は増えているものの、真剣に話をする度に虚無感だけが増していった。

    (略)

    6/21(月) 8:02 現代ビジネス 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/06414a62e475c5a8491947dfffb5f05b579ca67b?page=1


    【【パヨクの作文】「ネトウヨ化」した母 僕が日本政府のコロナ対策への不満を口にしようものなら 「パヨクなの?」などと言い出す始末。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル