かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:マスコミ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/05/27(水) 18:01:17.27 ID:kPRpUetF9
    https://twitter.com/smith796000/status/1264720100013125632
    上念 司
    @smith796000
    ·
    5月25日
    世代間のウエイト調整してたのね。30代少な目、60代以上多め!!毎日新聞で内閣支持率が27%になったカラクリがよくわかりました。これ必見です!!

    【論破動画】元アンケート屋の僕が【毎日の世論調査】内閣支持率27%にツッコミます https://youtu.be/oFm3qAP5A_g

    @YouTube
    さんから
    【【パヨク悲報】上念司「毎日新聞で内閣支持率が27%になったカラクリがよくわかりました。これ必見です!」「世代間のウエイト調整…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: オクタヴィアス5世 ★ 2020/05/27(水) 07:15:43.42 ID:FJBEzqEI9
    8DE75F5D-BC77-4223-9E49-BA48DC9FE635
     
    賭けマージャン 新聞記者の聴取「報道関係 差し控えた」法務省
    2020年5月26日 19時32分黒川前検事長

    東京高等検察庁の黒川前検事長を訓告処分とした際に行った調査で、賭けマージャンを一緒に行っていた新聞記者に事情を聴かなかったことについて法務省は「報道機関の関係者なので差し控えた」と説明しました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200526/k10012446161000.html

    【【はぁぁぁ!?】新聞記者の聴取なし、法務省「報道機関の関係者なので差し控えた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/05/26(火) 18:14:08.32 ID:ZjeWgaIg9 
    9799711F-941B-4ABC-8FB7-649216775943

    https://snjpn.net/archives/198232
    一色正春さんのツイート

    いつもならば、韓国ネタに飛び付く我が国のマスコミが、韓国中で話題持ちきりの、偽慰安婦による寄付金詐欺疑惑について報じないのは何故

    (略)

    ネット上のコメント

    ・いつもの事です。

    ・wwww

    ・テレビを見ていないので知りませんでしたが、ネットでは周知の事実ですよね。もしまだ放送していないのなら日本のテレビは全部必要ありませんね。

    ・わざと話題逸らしてる様にしか、見えない。

    ・NHK BS国際報道でけっこう詳しくやってますよ。しかし、地上波ではやらないですが。

    ・焚きつけた自分たちに、飛び火してくるからだと思います。

    ・ここまであからさまなマスコミの姿勢にはあきれます。
     
    【【パヨク隠蔽】一色正春「韓国ネタに飛び付く我が国のマスコミが、韓国中で話題持ちきりの偽慰安婦による寄付金詐欺疑惑について報じないのは何故」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Time Traveler ★ 2020/05/25(月) 15:04:57.44 ID:9MmOZceE9
    乙武 洋匡
    @h_ototake

    各局ワイドショーが「SNSでの誹謗中傷よくない」という論調で放送しているようだが、「今週の標的はコイツですよ」と司令塔の役割を果たしてきたのは、どこの誰だよ。 すべての責任をネット民に転嫁し、自分たちは反省の色なし。どれだけ面の皮が厚いんだよ。


    https://twitter.com/h_ototake/status/1264755738787770369

    【【パヨク悲報】乙武洋匡「各局ワイドショー、すべての責任をネット民に転嫁し、自分たちは反省の色なし。どれだけ面の皮が厚いんだよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/05/24(日) 21:09:24.45 ID:Z4FRr7U59
    CA4F015A-27CC-42F3-9A99-E28347BCAC15

     東京高等検察庁の黒川検事長が緊急事態宣言のさなかに産経新聞の記者や朝日新聞の元記者と賭けマージャンをしていたことが報じられ、黒川検事長は賭け麻雀を認め辞表を提出。政府は22日の閣議で辞職を承認した。

    【映像】堀潤氏を迎えて黒川検事長の辞職問題を考える!

     朝日新聞は「緊急事態宣言中だったこととあわせて、社員の行動として極めて不適切。皆さまに不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことを重ねておわびします」、産経新聞は「相手や金銭の多寡にかかわらず賭け麻雀は許されることではないと考えます。極めて不適切な行為。などとコメントしている。

    23日のABEMA『NewsBAR橋下』では、橋下徹氏とジャーナリストの堀潤氏がこの問題について議論した。

    橋下:検察もメディアも、このまま進んで行ったら終わってしまうと思う。そのくらい重大な問題だ。

    僕はもともと賭けマージャンはそれほど非難されるような問題じゃないと思っているが、お菓子やラーメンを賭けるのは良くても、現金は1円であってもダメですよ、という建前になっているのは、お金が反社会的勢力に流れる可能性があるから。

    賭けマージャンは絶対ダメですよ、というルールにしておきながら、取り締まる組織のナンバー2がやっていた。しかも“お咎めなし”って。まず取り調べをして逮捕して裁判にかけないと。それなのに法務省の内部調査だけ。ふざけんじゃない、と。政府は「1000点100円だからいいじゃん、問題は無い」と言うのなら、ゴルフでの握りや家庭内・友人間の賭けマージャンについては良いですよ、と閣議決定してから言わないと。中国や北朝鮮のようになっちゃったんじゃないの?。

    堀:メディアに関して言えば、検察とここまでの関係を築いておいて、いざというときにきちんと刺せるような特ダネが取れていたんですか?と言いたい。緊急事態宣言の中でも黒川さんと麻雀をすることで何かの情報が取れて、記事に書いた、ということだったらいいけれど、仮に『週刊文春』が書かなかったとしたら、“ダマテン”、黙ってたままだったんじゃないか。

    許しがたい不正義があって、それを国民に知らせたい、そのためには取材相手と関係を築かなければいけない、ということで、時には手法として様々なことをやる必要はあるかもしれない。だけど“いつかポロッと出るかも”くらいで、なあなあでやっているだけだったとしたら良くないと思うし、実際、ほとんど“発表もの”に頼ってしまっている。だから厚生労働省の村木厚子次官が逮捕・起訴されたときも、それが冤罪だったことを全く暴けないまま、あそこまで行ってしまった。

    僕は経産省の元次官の方に「新聞やテレビからしか情報を得てない人は、本当のことが分かんないんだよね」と言われた。官僚組織から情報を引き出して、都合の悪いものほど世に出せるマスコミであってほしい。官庁の記者クラブだって、そのためのものだったはず。それが“互助組織”になってしまっていると思う。

    (略)

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200524-00010026-abema-soci  

    【【パヨク悲報】橋下氏「どうしてワイドショーは朝日や産押しかけないのか。社長に会見を開かせないのか」 賭けマージャン報道で問題提起】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2020/05/23(土) 16:06:44.94 ID:fURloHpW9
    923E415B-3985-4031-86CA-FD541C313126
     
    【ニュースの核心】本来は権力の暴走をチェックする役割なのに…検察とグルになった左派マスコミの“偽善”


    検察官の定年を延長する検察庁法改正案について、安倍晋三政権が今国会での成立を見送る方針を決めた。
    「検察の独立を侵す恐れがある」などと反発した野党とマスコミの声に配慮したためだ。

    それなら、それでも結構だ。法案は国家公務員全体の定年を65歳に引き上げる別の法案と一緒になっている。
    成立しなければ、定年延長できず、民間に比べて著しく不公平になる。いずれ、秋の臨時国会で改めて審議されるだろう。
    今回は、ひとまず水入りにしたにすぎない。

    そのうえで、あえて注文したい。どうせ審議するなら、この際、検察に対する政府のコントロールを強める方向性をもっと明確に打ち出すべきではないか。
    左派勢力は「検察の独立性」を声高に唱えるが、話は逆だ。本当に怖いのは「検察の暴走」である。

    例えば、厚生労働省の村木厚子・元局長が冤罪(えんざい)に問われた2009年の障害者郵便制度悪用事件だ。
    これは後に、重要証拠である役所のフロッピーディスクが特捜部の主任検事によって偽造されていたことが発覚し、
    同検事や特捜部の元部長、副部長が逮捕される事件に発展した。

    10年には民主党の小沢一郎元代表(当時)が強制捜査された陸山会事件もあった。
    捜査自体が強引だったが、それだけでなく、小沢氏の元秘書を調べた東京地検特捜部検事が架空の捜査報告書をでっち上げ、
    検察審査会に提出する、という前代未聞の事件まで起きている。

    当時、法相だった小川敏夫氏は、でっち上げ問題に厳正に対処しようとしない法務・検察当局に対して指揮権発動を検討したが、
    野田佳彦首相によって突然、更迭されてしまった。最高検察庁は担当検事や特捜部長らを不起訴とし、
    減給や厳重注意の甘い処分でお茶を濁した。事件は闇に葬られたも同然である。

    小川氏は当時、私の取材に対して「当局は『検事の勘違いだった』と言っていたが、報告書はほぼ全部が架空なんです。
    (不祥事の後始末は)ちょろっと『人事で相談して』なんて言ってるけど、それでは国民の理解は得られない」と語っていた(拙著『政府はこうして国民を騙す』講談社、13年)。

    検察は逮捕権に加えて、起訴権をほぼ独占し、オールマイティーの存在である。
    そんな権力を握る検察を誰がチェックするのか。三権分立の原則から言っても、まずは国民から選ばれた議員と多数派政党が構成する内閣だろう。

    法案には、内閣が検事総長ら3人の定年を延長できる仕組みが盛り込まれた。だが、その程度では物足りないどころか、検察監視にならない。
    根本的に検察の暴走を防ぐ仕組みを盛り込むべきだ。

    マスコミは本来、権力の暴走をチェックする役割を担っているはずなのに、実態はネタ欲しさのために「検察へのゴマすり競争」に堕している。
    「検察の独立性を侵すな」という主張の裏に隠された本音は「オレたちと検察の聖域に口を出すな」という歪(ゆが)んだ特権意識である。

    とりわけ、左派マスコミの偽善とトンチンカンな言い分に騙されてはならない。

    夕刊フジ
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200523/pol2005230001-n1.html

    【【パヨクマスゴミ】 本来は権力の暴走をチェックする役割なのに・・・検察とグルになった左派マスコミの“偽善”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/05/23(土) 15:16:48.11 ID:mOgRlJeK9
     9799711F-941B-4ABC-8FB7-649216775943
    https://snjpn.net/archives/197861
    一色正春さんのツイート

    殺害された被害者は遺族が頼んでも実名報道するのに

    マスコミ関係者は不祥事を起こしても匿名なのは

    どう見ても不公平としか言いようがない

    (略)

    ネット上のコメント

    ・会社が「命令してやらせて居る」からでしょうか・・・。

    ・新聞村では、他社もスルーでしょうから、こんな時頼りになるネットの媒体あるといいなぁーと思いますね。何でもかんでも晒すのではなく。

    ・ほんとそう

    ・知る権利とプライバシー権の使い分けですね。法的解釈等は分かりませんが、釈然としないことが多いです。

    ・普段、国民の代表とか主張なさる公人的立場であれば尚更ですね。

    ・今回黒川さんが訓告で済んだのと同じです。検察と同様、身内に甘すぎる。


    【【パヨクマスゴミ】一色正春「殺害された被害者は遺族が頼んでも実名報道するのに マスコミ関係者は不祥事を起こしても匿名…不公平」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★ 2020/05/22(金) 07:26:09.09 ID:yRev5ljn9
    no title
     
    新型コロナ対応の遅れから政府への批判が高まる一方で、安倍官邸が別のことに熱心に取り組んでいたことがわかる“文書”を本誌・週刊ポストは入手した。

    【写真33枚】内閣官房が各テレビ局から報道された政府関連発言を文書で残した記録
    https://www.news-postseven.com/archives/20200522_1565502.html?IMAGE&PAGE=2

     遡ること3月6日、内閣官房国際感染症対策調整室の公式ツイッター(現・内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室公式ツイッター)の内容が注目を集めた。

    〈3月5日のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で、「総理が法律改正にこだわる理由は、『後手後手』批判を払しょくするため総理主導で進んでいるとアピールしたい」というコメントが紹介されています〉

     同番組では、コロナ特措法について政治アナリスト・伊藤惇夫氏のコメントを紹介し、コメンテーターの玉川徹氏が補足していたが、政府が番組を名指しして、その内容に異例の反論を行なったのだ。

    〈法律改正をする理由はそうではありません。あらゆる事態に備えて打てる手は全て打つという考えで法律改正をしようとしています〉

     この経緯に疑問を持った東京都内の会社員男性が、内閣官房でテレビ番組をチェックした記録文書等を情報公開請求し、本誌に提供した。

     開示文書には、〈〇月〇日の報道番組概要〉〈内閣広報室 分析担当〉と記名があり、その日の一部のテレビ番組の内容をひたすら抽出したレポートになっている。2月1日から(開示請求が受け付けられた)3月9日までの1か月の期間で、その文書は922枚にも及ぶから、職員たちの苦労がしのばれる。

     記録されている番組は、NHK「日曜討論」をはじめ「ニュースウオッチ9」、テレ朝の「報道ステーション」、TBSの「ニュース23」などの報道番組から、「スッキリ」(日本テレビ)、「ミヤネ屋」(同)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「ひるおび!」(TBS)といったワイドショーや、情報バラエティ番組の「アッコにおまかせ!」(同)まである。

     報告書には、出演したコメンテーターの名前や発したコメントが記載されている。「政府の公表情報の真偽」「クルーズ船対応」などの項目もあり、コロナ禍で各番組に登場していた白鴎大学教授の岡田晴恵氏、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の内情を告発した神戸大教授の岩田健太郎氏といった政府対応に批判的だったコメンテーターの記録が目立つ。

    5/22(金) 7:05 ポストセブン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f14d2a42625380cfd811c7f4a5a021c29b0c73bc


    【【パヨク悲報】<玉川徹>岡田晴恵氏らの発言を官邸が監視!文書は922枚に...政府対応に批判的だったコメンテーターの記録が目立つ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2020/05/17(日) 17:10:28.79 ID:CAP_USER 
    25F88E26-FA48-4051-A433-5D71284275BF
     
    「世界3大投資家」の一人とされるジム・ロジャーズ氏の本誌連載「世界3大投資家 ジム・ロジャーズがズバリ予言 2020年、お金と世界はこう動く」。今回は、新型コロナウイルスが米中と世界を変える可能性について。

    世界は常に偏見にあふれている。新型コロナウイルスが世界中に拡大した今、一部の欧米人は、中国をはじめとするアジア人への偏見を強めている。一方、危機をともに乗り越えたら、人々はお互いに好感を持つようになる。それが人間というものだ。コロナ後の世界は、過去の歴史にない良好な関係を築く国も出てくるかもしれない。

     このウイルスは、世界を大きく変える可能性がある。

     11月には、米国で大統領選がある。トランプ米大統領は現時点では良い仕事をしていない。しかし、「まだ半年ある」ともいえる。失敗を挽回できれば、彼が当選するだろう。

     というのも、米国の大統領のほとんどは再選されるからだ。再選されるには、財政出動をして、税金を下げ、金利を下げればいい。票が必要なところに金を使える現職候補が有利なのだ。

     だが、今回ばかりはそうはいかない。米国の経済状況が急激に悪化し、金をいくら使っても、景気が上向かなければトランプの再選は危うい。

     中国も影響を受けた。習近平国家主席に対し、中国の人々が不満を公言しはじめた。これは、「閉ざされたクローゼットの中にいるつもりはない」という意思表示だ。病気で死んでいく人が、最後に本当のことを話すことがある。それと似ている。危機になると、人々はオープンになる。

     中国は、変化への対応が速い。それは、彼らが過去に大きな“ショック”を経験しているからだ。

     40年前の中国は、全員が同じ服を着て、同じテレビを見て、同じ自転車に乗っていた。それが、共産主義がうまくいかないとなったら、1992年にトウ(>>0�小平が「白い猫でも黒い猫でもネズミを捕まえればいい猫」と言って、資本主義の導入を始めた。中国人の生活は激変した。いわゆる「改革開放」は中国人にとって大きなショックだったが、人々は受け入れた。中国の共産党一党支配が崩れると政治が不安定化するという人もいるが、中国人は受け入れることができる。共産党の弱体化は良いことだ。

    日本はどうか。日本には、優秀な官僚制度があると言われている。ところが、実際はそうではないことは、安倍政権の感染症対策を見ればわかっただろう。

     それでも、危機の時代になると人間は自ら変わろうとする。中国では、オンライン医療がブームをもたらした。今の状況であれば、誰でもオンライン医療を使ってみたくなる。危機は変化につながる。人々があらゆることに疑問を持つようになるからだ。

     日本人も今、安倍政権に疑問を持ち、新たな答えを求めている。もちろん、投資家は安倍首相を愛している。政府が株を買い続け、株価を上げているからだ。しかし、これは国のためには良いことではない。

     一部の人が安倍首相をとても好きなのは、彼がいつも一部の人のために何かをしているからだ。友人を「桜を見る会」に呼んでいることからもわかるだろう。

     トランプは、日本に在日米軍の駐留費(思いやり予算)の増額も求めている。だが、安倍首相は「NO」とは言えない。「桜を見たい」という友達も断れないのだから。彼は日本をダメにしているが、何も気にしていないのだ。

     小さい頃から満員電車に乗っていたから、当たり前になっている。誰かが「そんな生き方は必要ないですよ」と言っても、その人が笑われるだけだ。しかし、危機になれば「満員電車は正しいのか?」と思い直すようになる。日本も今、そういう時期に入っている。

    朝日新聞
    https://dot.asahi.com/wa/2020051300048.html?page=1

    【【朝日新聞】ジム・ロジャーズ「安倍首相は日本をダメにしているが、何も気にしていない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 魔神風車固め(茸) [RU] 2020/05/16(土) 22:20:05.43 ID:5BcKDq/50● BE:882533725-PLT(15141)

    Q:大臣、昨日御自身のツイッターで、一連のフェイクニュースに関して、改めて発信をされていましたが、その意図を教えてください。
    A:特にありません。

    Q:フェイクニュースという言葉がですね、自分に不利な報道を虚偽だと主張する際にも使われるということらしいのですが、大臣、一連の新屋の断念に関する報道というのは、大臣にとって不利な報道でしたか。

    A:多くの方に迷惑がかかった報道だと思います。

    Q:大臣、最後に今日金曜日ですけれども、大臣、今日もお昼御飯はカレーですか。
    A:お楽しみください。

    Q:多くの人に迷惑がかかったイージス・アショアに対する報道が、多くの人に迷惑がかかったがゆえに、フェイクニュースなんですか。
    A:違います。

    Q:違いますよね。
    A:事実と違うからフェイクニュースと申し上げております。

    Q:事実を違うと断言はできるのですか、大臣は。
    A:できます。

    Q:もし結果的にそうなったら、どうされますか。
    A:結果的にそうなっておりません。

    Q:なったらどうされますか。
    A:なっていません。過去の話です。

    Q:もしなったらどうしますか。
    A:過去の話ですので。

    Q:将来の話でしょ。
    A:いえ、違います。過去の話です。

    Q:結果的に新屋が外れたら将来的に。
    A:そんなことは言っておりません。防衛省の方針ではないと申し上げているのです。

    Q:フェイクニュースということを非常に報道機関に対して、大きな意味を持つと思うんですけれども、全然後悔はしていないんですか。
    A:事実を違うことが報道されたときには、それはフェイクニュースあるいは誤報、そういうことです。

    Q:大臣、裸の王様になっていませんか。
    A:なっていません。

    https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2020/0515a.html

    【パヨクマスコミさん、河野防衛相に失礼な質問を連発して返り討ちにあう。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 緑の人 ★ 2020/05/17(日) 21:58:26.50 ID:EBqegKjF9
    1A17011C-2913-4CBB-B80F-D3CCA27ABCF4
     
    新型コロナウイルス感染拡大をめぐっては、「日本の対策を海外が批判している」といった日本の報道が目につく。 PCR検査数の少なさや首相のリーダーシップの欠如が問題視されているというのだが、

    そもそも欧米諸国は感染者数も死亡者数も日本より圧倒的に多いはずだが、どんなカラクリがあるのか。

     日本のメディアに引用されているのは、英紙ガーディアン紙の5月4日付の記事だ。
     元の記事は、日本が「第2波を懸念して緊急事態宣言を延長させた」という内容で、
    「PCR検査が比較的少ないことが批判されている」と客観的に書かれている。

     また英BBCや米紙ニューヨーク・タイムズといった著名メディアも日本を批判していると報じている。 中には日本政府を「無能」とする厳しいものもあるのだが、

    コメンテーターは実は日本出身や日本在住の有識者ということが多い。

    日本発の批判を「海外からの批判」として紹介している例も少なくないのだ。

     作家でジャーナリストの門田隆将氏は、「日本の死者数が世界に比べて少ないと驚かれているにも関わらず、日本をおとしめたいためだけの記事だ。ネットの時代ではこういうことをしてもすぐに暴露されることをいまだに分かっていないのか」と憤慨した。

    海外メディアが日本の新型コロナ対策を批判ばかりしているのかと思いきや、

    BBCは「最も健康的な国家」としても日本を紹介しているが、なぜか日本の大手メディアで引用されることは多くない。

    米国の事情に詳しい福井県立大学の島田洋一教授は、「米国は他国のことよりも国内のコロナ問題に精いっぱいというのが実情で、これは欧州も同様だろう。 他国に関する報道では、独自の対策に成功した台湾が取り上げられることが多い。 日本については特に褒められているわけではないが、批判にさらされているということもない」と指摘した。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/df447b50df729249addbd047636a02463dcb4dc2


    【【パヨクマスゴミ】「海外がコロナ対策で日本批判」のカラクリ 日本メディアが日本をおとしめる…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/05/13(水) 21:24:13.96 ID:ICPTk12r9 
     B626ABFF-8BF3-43C9-9B8D-721D6B7B1C6D
    https://anonymous-post.mobi/archives/23993
    13日、放送の日本テレビ系「スッキリ」は、立憲民主党の福山哲郎幹事長(58)が11日の国会で行った政府専門家会議の尾身茂副座長(70)への質疑が問題視されたことを取り上げた。
     番組では福山幹事長と尾身茂副座長のやりとりを放送。

    福山幹事長は「陽性者の10倍。つまり、今日本全体で症状が出ている人も無症状・軽症の人も含めて10万人程度いるという認識ですか」と質問。尾身副座長は「10倍か15倍か20倍というのは、今の段階では誰も分かりません」と答えた。

     その後の会見で記者から「問い詰めるように感じたが」と聞かれると福山幹事長は

    「そう捉える方がいらっしゃったとしたら申し訳ないと思いますが、私の中では限られた時間の中で、尾身先生に対する敬意を持ちながらお答えをさせていただいたつもりですし、質疑をさせていただいたつもりです」と答えた。

     MCの加藤浩次(51)は
    「尾身先生の言ってるのは『現状、分からない』って言ってるんですよ。新型コロナに関して、今どのくらいいるのか分からないって言ってるのに、それが『答えでしょ』って話。それで『ちゃんと答えてもらえなかったのは残念です』っていう、この言い方は、福山さんは理解しているのかなって思っちゃう」と指摘。

    番組コメンテーターも「福山さんの質問の意図が分からなかった」「世界で感染者数を把握している国はない」などと同意。

     加藤は
    「10万人程度いる認識って何なの? その根拠も明らかになっていないのに質問して、尾身先生が『今の段階では誰も分かりません』と答えたのはしょうがないと思うんだよね」と福山幹事長が口にした数値を疑問視。

    「さらに語気を強め「どこかで、今の政策はおかしいんじゃないか、こんだけ(新たな感染者)数が減ってるのに、世の中にもっといっぱい感染者がいるんだっていうミスリードですよ。間違っているとおもうんだけどな」と首をかしげた。

    福山幹事長は質疑で尾身副座長の話をさえぎるように「時間がないから手短に」「短く」などと要求。
    尾身副座長の「全体数が分からない」との答えに「残念です」と言い放った。

    ネットでは、この質疑が問題視され、福山幹事長への批判の声が噴出していた。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1850271/

    #スッキリ
    すばらしい。
    福山議員の尾身先生への妨害、暴言をきっちり報じています。#福山哲郎議員に抗議します pic.twitter.com/Gr0qxIhYFe

    — いも (@yMOfVU5mOqJcntl) May 12, 2020

    #加藤浩次
    さんも「ミスリードさせようとしている」と福山議員をバッサリ切っています。#福山哲郎議員に抗議します pic.twitter.com/FiUjjV0L1v

    — いも (@yMOfVU5mOqJcntl) May 13, 2020

    #スッキリ#加藤浩次
    佐藤先生のPCR検査へのまっとうな言及も含めて、地上波で数少ない良識のある番組が明らかになりました。#福山哲郎議員に抗議します pic.twitter.com/O3GUlhg3FC

    — いも (@yMOfVU5mOqJcntl) May 13, 2020



    (略)

    【【パヨク悲報】加藤浩次が炎上の立憲・福山哲郎をバッサリ ネットでも福山への批判の声が噴出 ネット「また支持率落ちるだろうな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2020/05/10(日) 14:06:21.38 ID:CAP_USER
    kr250
     
    「日韓関係」雪どけ? 日本の協力に両国メディア期待感

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う国際航空便での移動制限のなか、インドからの帰国が困難になっていた、急性白血病と診断された韓国人の女の子(5歳)が、現地の日本大使館や日本航空の協力で、日本経由で無事、国に戻ることができた。
    この件は、菅義偉官房長官が会見で事実関係を認め、「日韓協力の良い例(になった)」と指摘、読売新聞や産経新聞は、この発言部分を見出しに取って報じた(いずれもウェブ版)。日韓関係は長らく冷え込みが続くなか、韓国メディアでも「韓日関係回復の転機に」と期待する声が出ている。同様の自国民帰国への協力は、双方によってこれまでに複数回実施されている。

    菅長官「日韓協力の良い例になった」

    「菅長官『日韓協力の良い例』」(読売)、「菅官房長官『日韓協力の良い例』」(産経)――2020年5月7日の菅長官会見を報じた2紙は、それぞれこんな文言を見出しの一部に使った。インドからの帰国を果たした韓国人女児については、在インド韓国大使館による協力の呼びかけに現地の日本大使館が応じ、日本経由で5日に韓国内の空港に到着したことが、韓国の聯合ニュースや中央日報などで報じられていた。

    5日は韓国でも「こどもの日」に当たることから、「こどもの日の奇跡」と報じる韓国メディアもあり、中央日報は7日の社説で「白血病児の奇跡、韓日関係回復の転機になるよう期待する」(日本語ウェブ版)と見出しを立てた。
    こうした協力事例は初めてではない。たとえば読売新聞(4月11日)が、アフリカのマダガスカルから出国する韓国チャーター機に日本人7人らも搭乗したことを報じ、中央日報など韓国メディアも読売報道を一部引用しつつ、この事案を伝えていた。


    この読売報道では、日韓関係について「『元徴用工』訴訟問題の進展が見られない中、自国民保護では共同歩調をとっている」と指摘。しかし、東亜日報(4月13日、日本語ウェブ版)は、韓国の「政府筋」の見解として、「協力とみるのは可能だが」と読売記事に言及しつつ、「元徴用工問題が解決されていない状況」を指摘、「(相互の帰国協力に)大々的に合意したと意味を与えることは行き過ぎだ」と、釘を刺すかのような声を報じていた。

    「改善される絶好の機会」報道も

    一方で、同様の日韓協力の動きを報じる記事は相次いだ。先の読売記事(4月11日)の他、中央日報などの韓国メディアの4月13~5月7日の複数記事によると、韓国側が準備したチャーター機に日本人が乗って出国したフィリピンやケニアでの例や、日本側手配便に韓国人が乗ったスーダンなどのケースが確認されている。5月7日には、聯合ニュースが「韓日協力続く」との見出しでタンザニアでの事例を報じた。

    ただ、今回のインドの事例は病気の幼い女の子が関係していることもあってか、意義付けが大きくなっており、先に触れた中央日報社説では「凍り付いた韓日関係を溶かすような温かい便りが飛び込んできた」「最悪に落ち込んだ韓日関係が改善される絶好の機会が生まれた」と期待を寄せている。

    また8日には、韓国の康京和・外交部長官がインドからの女児帰国協力に関して、茂木敏充外相に感謝を伝える書簡を7日に送ったと「外交部当局者」が明かしたと聯合ニュースが伝えている。こうした動きが日韓関係が改善に向かうきっかけになるのか、注目が集まる。

    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-655045/

    【【パヨクマスコミ】日韓関係は雪どけ?・・・日本と韓国、両国メディアに期待感】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★ 2020/05/08(金) 19:15:03.04 ID:BkkEtOl69
    BB3174CF-C45B-4D95-9597-EEDBFB8F5E12
     
    お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が8日、MCを務める日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)に生出演。欧米諸国などと比べ実施件数が少ない新型コロナウイルスのPCR検査数についてコメントした。

     PCR検査の実施をもっと増やすべきという意見について、加藤は「日本のPCR検査に関する考え方は最初から少し違ったんですよね。CTスキャンをしっかりやった上で、肺に影のある人がPCR検査をやっていくと」とリモート出演した日本感染症学会専門医の佐藤昭裕氏に質問。

     佐藤氏は「日本の医療システムは各国と比べて違う所がある。大きな点はCTの検査数、台数が多いことが挙げられる。PCR検査の前にCT検査を行って、少しでも(肺に)影があったら病歴を聞いて、新型コロナウイルスが疑わしい人にはPCR検査と絞ってやってきたので、一概に他国とPCR検査の数を比べるのは違うように思う」と答えた。

     加藤は「いろんな報道を見て不思議だなあと思うのは“米国ではこんだけPCR検査をやっています。なんで日本じゃできないんだ”という論法に持っていきがち。米国やイタリア、ドイツ、欧州各国は日本より感染者数が多いが、日本はPCR検査の分母が少ないから少ない数しか出てこないという論理がある。それじゃ、その考えを置いといて、死者数を見ましょう。死者数を見た時に、日本は米国イタリアより断然少ない。少ないのにもっとPCR検査をやった方がいいという論調はどうなんだろう。僕なんかは混乱してしまう」と正直な思いを打ち明けた。

     「僕もこういう番組やらせてもらっているのに申し訳ないんですけど、時々分からなくなる時がある。あれ、どうなんだろう?って。でも、しっかりと知識を持って考えて、“日本はもう駄目だ”とヒステリックに思うのは多分違うと思う」と加藤。

     「欧州や米国がいいみたいな(声に)なんかずっと違和感があって」と続け、「韓国や台湾がいいって、韓国が封じ込めているのは確かにそう。でもそこは強制力を持って(感染者を)追跡できるということもあって、日本にはできないこともあると分かっていないと、間違った発言になってしまうと思った」と語った。

     PCR検査の今後について、現在の医療体制を再構築して第2波に備えるべきだという専門家の意見などを伝え、「たしかに第2波が来た時の準備が大事。その時にPCR検査体制に余力があって、検査できる体制を今の内につくっておくことが大事だということですね」とコメントした。


    5/8(金) 16:57配信
    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-00000164-spnannex-ent

    【【パヨク発狂】<加藤浩次>PCR検査に持論!欧米との検査数比較に違和感!「日本は駄目とヒステリックに思うのは多分違う」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/05/08(金) 18:08:03.93 ID:fu5Dt9QY9
    1AE72870-2036-4B1C-8AE6-195962AEC9A4
     
    https://anonymous-post.mobi/archives/23783
    小林よしのりさん「PCR真理教のモーニングショーの異常」「岡田晴恵=麻原彰晃、玉川徹=上祐史浩」等のブログ記事が大反響

    5月4日、安倍晋三首相は新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言の延長を決定、当初5月6月までとされていたが5月末までとなった。

    5月5日、漫画家の小林よしのりさんは自身のブログを更新し

    PCR真理教のモーニングショーの異常
    https://yoshinori-kobayashi.com/20299/

    というエントリーをアップし、テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』に連日登場している岡田晴恵教授やコメンテーターの姿勢を「PCR真理教」と批判。

    また、翌6日には

    岡田晴恵=麻原彰晃、玉川徹=上祐史浩
    https://yoshinori-kobayashi.com/20305/

    というエントリーをアップ。

     羽鳥モーニングショーはオウム真理教の洗脳ビデオそっくりだな。
     「コロナ恐いぞ、コロナ恐いぞ、東京も2週間後にはニューヨークになるぞ、地獄になるぞ、
     PCRしか救われる道はないぞ、陽性率が信用ならんぞ、でも大阪の陽性率は信用できるぞ、
     科学的根拠はなくて印象で評価するぞ、サイトカインとか細部にこだわっても恐怖を持続させるぞ、
     コロナ恐いぞ、コロナ恐いぞ、でも夏になればコロナは弱体化するっていつの間にか認めてるぞ、
     科学的根拠はアメリカの発表だけだぞ、データ見て信じたわけじゃなく、なんとなくそう思うんだぞ、
     インフルエンザと同じと内心思ってるからだぞ、コロナ恐いぞ、コロナ恐いぞ」
     最近は岡田晴恵が麻原彰晃に、玉川徹が上祐史浩に見える。(略)

    と、かつて小林さんの暗殺まで計画していた宗教団体・オウム真理教の教祖と外報部長になぞらえていた。

    小林さんのブログは反響を呼び、「PCR真理教のモーニングショーの異常」というエントリーは配信先の『BLOGOS』で5月6日と7日の「最も支持された記事」となっていた模様。

    https://getnews.jp/archives/2529208


    (略)

    【【パヨク発狂】小林よしのり「PCR真理教のモーニングショー」が大反響 「岡田晴恵=麻原彰晃、玉川徹=上祐史浩」 ネット「ひるおびも大概ヤバイ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/05/04(月) 14:52:37.23 ID:v0lEFi0f9
    A79432BA-3B4B-4548-B9F1-60FE6BC52D4E

    https://snjpn.net/archives/194603
    カズレーザー、新型コロナの死者数増加傾向に「我々が不安をあおったせいで医療崩壊を招いた」

    ▼記事によると…

    ・3日放送の「サンデー・ジャポン」で、世界中で感染が拡大する新型コロナウイルスについて特集した。

    ・緊急事態宣言が1か月程度延長される事が濃厚に

    ・カズレーザー
    「経済的なダメージがあるから延長は難しいと思うんですけど、でも延長せざるを得ないという状況でもあるので。実行再生産数も下がってはいるんですけど、まだ感染者数の増加傾向が見えているところもありますし、死者数が増えているので、締めなきゃいけないところは締めなきゃいけないと思うんですけど」

    「ただ、死者数が増えている原因は、我々が不安をあおったせいで医療崩壊を招いたというのもあるので、違うメッセージを出さなきゃいけないとは思います」

    5/3(日) 11:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200503-05030040-sph-ent

    (略)

    ネット上のコメント

    ・確かに、各局同じようにコロナの不安の煽るばかりだから、報道の伝え方も独自の工夫をしても良いと思う。個人的には視聴者としては、パチンコの行列や、「若いから感染しない」とかバカたれを取り上げ、まじめに自粛しているのが馬鹿馬鹿しく感じるような報道は控えて欲しいです。

    ・コロナのおかげでテレビは終わる

    ・よく言えたなまあ個人での発言だろうが

    ・台本ですね

    ・こいつが頭良いのは認める。先に謝っといた方が良いわ

    ・マスメディアのシステム自体 煽り分裂で成り立つ仕組みだからマスメディアが変わらん限り負の連鎖は終わらんよ

    ・コメンテーターとかいうくだらない立ち位置を潰せよ、無能が適当なこと言ってるだけなのに偉そうにしやがって。

    【【パヨク発狂】カズレーザー「我々が不安をあおったせいで医療崩壊を招いた」 ネット「いまどき珍しいほど正論のコメントをする芸能人】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/04/29(水) 14:46:49.88 ID:XOYaYrGY9
    1B806035-F1C7-41CD-8BA8-C563F32FCA8C

    https://snjpn.net/archives/193678

    「マイナンバーカードさえ普及していれば直ぐに給付金が届くのに!」各方面からのご指摘です。誤解があるのはカードの普及率は15%ですがマイナンバー自身は既に法律で全国民に付番済で、希望の振込口座を届け出れば本当は出来ます。でも当時の制約で法律改正しないと口座とマイナンバーを結べません。

    — 甘利 明 (@Akira_Amari) 2020年4月29日

    デジタル社会へのインフラとして数年前にマイナンバーカードの導入を大臣として担当致しましたが、個人情報保護を盾に一部の野党やマスコミから猛烈な反対を受け反対キャンペーンも張られ、利用が極めて限定されてしまいました。コロナの惨禍を社会の脆弱性を洗い出す機会に繋げる事が重要です。

    — 甘利 明 (@Akira_Amari) 2020年4月29日

    (略)

    ネット上のコメント

    ・マイナンバーの制度から4年くらい?用途もあまり浸透してなかったと思いますがこれから再度脚光を浴びそうです。今は家にいる時間もあるしあらためて調べてみたいと思います。

    ・甘利さん、丁寧に説明して下さってるだけなのに酷いリプいっぱい来て可哀想( ˃﹏˂ഃ )皆、政治家や官僚、言い返せない人達に当たり散らし過ぎ。要望を届けるにも言い方ってものがあるでしょうに。政治家も人間、こんな発言まで叩かれる謂れは無い。私はTPPの甘利さんの功績を評価します。

    ・「口座とマイナンバーの紐付けの必要性」が可視化された今こそ、法改正のチャンスだと思います。「喉元過ぎれば」になってからでは遅いです。よろしくお願いします。 ・是非この機に番号法を改正し個人指定口座への振込みの迅速化を、そして現在は任意となっているマイナンバーカードの発行も義務化とした法改正をよろしくお願い申し上げます。

    ・だから何なの?個人情報漏れたししてましたよね。信用出来ません。所で、国会議員や秘書、関係者は全員マイナンバーカード作ってるのですか?前からとても気になってます。教えてください。

    ・必要ならば自民党さんで法律を改正して欲しいなあと思います。衆院で多数の議席を有しているのですから可能なのではないでしょうか?お願いいたします。

    ・どうせ反対する連中は無くならないから選択制にして、希望者だけにすればいい。反対する奴らは、いざって時に困ればいい

    【【パヨク発狂】甘利明「マイナンバーカード、一部の野党やマスコミから猛烈な反対を受け利用が極めて限定されて…」 ネット「今こそ、法改正…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/04/24(金) 21:18:50.44 ID:CAP_USER
    39C07004-176C-48C8-A50C-737B63153995
     
    新型コロナウイルスの感染拡大について、米国メディアが先週以降、中国に関わる看過できない報道を続けている。

     FOXニュースは、中国湖北省武漢市にある研究所が、新型コロナウイルスの感染源だと報道した。ワシントン・ポストも、米国側が複数回、研究所の安全性に問題があるという警告を行っていたと報じている。CNNやAP通信も関連する報道をしている。

     一連の報道を受けて、ドナルド・トランプ大統領は18日、米当局が調査中であることを認めたうえで、「中国が故意に(感染拡大を)引き起こしたのなら報いを受けるべきだ」「彼ら(=中国側)は多分、まずいことが起きていると知りつつ(公表するのが)恥ずかしかったのだろう」と記者会見で語った。

     中国外務省や研究所側はこうした疑惑を完全否定している。ただ、初動対応で失敗し、情報を隠蔽した中国を誰が信用するというのだろうか。

     武漢市当局は17日、新型コロナウイルスによる死者数が発表していた2579人ではなく、約1・5倍の3869人だと“訂正”した。他国ではあり得ない1000人単位での死者数訂正が、一体なぜ起こるのか。エビデンス(科学的根拠)を示さない限り、誰も信用するはずがない。

     そもそも、推定犠牲者1万人ともされる天安門事件(1989年)の死者数を、いまだに319人としているのが中国だ。天安門事件はあの時代の国内事案だから隠蔽できたかもしれないが、新型コロナウイルスは世界各国に広がり、ネットなどを通じて核心情報が少しずつ漏れてきている。もはや隠しきれなかったのだろう。

    怖ろしい話だが、中国では数字上、いくらでも人を殺したり、生き返らせたりできるわけだ。

     現在、世界が台湾の防疫対策を称賛しているが、台湾保健当局者は昨年12月、武漢市で広がっていた感染症(新型コロナウイルス)について、「人・人感染の恐れがある」と、世界保健機関(WHO)に警告していたという。トップが「中国ベッタリ」と揶揄(やゆ)されるWHOはこれを無視したとされる。

     本来、エビデンスを重視すべきWHOだが、政治的判断をしたとすれば許されない。その後も、WHOは「渡航や貿易を制限する理由は見当たらない」などと、中国擁護の姿勢を取ってきた。もはや国際機関としての体を成していない。

     米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、世界全体で新型コロナウイルスの死者は18万人を超えた(22日)。今後も中国の責任追及に向けた動きは強まるだろう。

     ところが、日本のマスコミは、こうした問題をほとんど取り上げない。左派メディアは今日も「安倍晋三政権批判」だ。あきれ果てる。まさか、共産革命の“幻想”でも見ているのだろうか。国民の人命など眼中にない独裁国家の肩を持つようなマスコミなど、存在価値はない。

     ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士

    夕刊フジ 2020.4.24
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200424/for2004240001-n1.html 
    【【パヨクマスコミ悲報】WHOの“台湾無視”も報道せず…“独裁国家”中国を擁護するマスコミなど存在価値はない(ケント・ギルバート氏)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/04/21(火) 21:30:15.54 ID:9YBXckUd9
    https://snjpn.net/archives/192270

    お願いですから特にマスコミ含めた皆さん、
    「日本の政府、医療者はPCR検査を拒否、抑制して患者数、死者数を少なく見せている」
    などというのはやめて下さい

    そうした人達が病院に押しかけ、クレームを入れ医療者を妨害し感染を広げます

    命を懸けている医療者への侮辱以外の何物でもありません

    — ヴィトン@医学生 (@medicalvuitton) 2020年4月20日

    PCR検査は偽陰性3割以上、偽陽性もあり、陰性は非感染の証明でも何でもありません
    陽性だとして治療は何も変わらず、生存率も変わりません
    検査前確率(感染の疑わしさ)が高い時に有用です
    診断にはPCRだけでなくCT、身体所見など様々な情報を使います
    そもそも検査は希望者にやるものではありません

    — ヴィトン@医学生 (@medicalvuitton) 2020年4月20日

    マスコミは韓国と比べて検査数が少ない、と煽りますが
    韓国は宗教団体による感染爆発に対し徹底検査をしたため入院しきれず、方針転換し今は日本同様検査前確率が高い人のみにしています
    希望者に検査などしてません
    日本はそのような感染爆発は起きてなかったので大規模検査の必要がありませんでした

    — ヴィトン@医学生 (@medicalvuitton) 2020年4月20日

    韓国に比べ少なくて当然なんです

    現在 疑わしい例に対し限界までPCR検査を行い、拡充しています
    これはもうどれだけ死者を減らすかの勝負になっています
    「希望者全員検査」などは医療を圧迫し、救えるはずの死者を増やす破滅の道でしかありません
    感染を疑ったら基準を超えるまで家にいて下さい

    — ヴィトン@医学生 (@medicalvuitton) 2020年4月20日

    1番罪が重いのがマスコミです

    どこの国も全数把握などできないのに
    「検査を抑制してるため感染者、死者が少なく見せている」「韓国に比べて…」などと御用学者を使い煽り弊害を広げています

    医療者が命を懸けているのに素人から的外れな批判をされてどれだけ不快かわからないんでしょうか?

    — ヴィトン@医学生 (@medicalvuitton) 2020年4月20日

    日本は医療者の努力により相当上手くやっています
    検査前確率が高い場合に検査をし、死者を抑え、医療崩壊を防ぎ、ピークコントロールをして治療法、集団免疫ができるまで耐える

    これ以上医療者の妨害をしないで下さい
    専門知識もなく的外れな批判をしないで下さい
    全数把握などどの国もしていません

    — ヴィトン@医学生 (@medicalvuitton) 2020年4月20日

    (略)

    ネット上のコメント

    ・以前からマスコミの報道が偏っていると感じていました。ヴィトンさんのおっしゃっていることは他の方の発信でも知っていましたが、テレビや新聞しか見ないような人たちは偏った情報だけで判断してしまうんでしょうね。医療関係の皆さんには頭が下がります。どうかお身体気をつけて頑張ってください。

    ・現場の看護師さんもそう言ってた(´;ω;`)マスコミは医療現場の人たちを殺すつもりか!

    ・うちの嫁さんはこの数ヶ月に渡り毎日こういうのを対処して心神耗弱状態で帰宅している。デマ発信は厳しく処罰して頂きたい。特にテレ朝のモーニングショー

    ・医療事務や医療従事者の皆様、御体を大事になさって下さいませ。

    ・理路整然としてわかりやすい文章で説明されていて理解できました。

    ・医療現場の声を聴くべき。

    ・素晴らしい意見、有難うございました。これを拡散させて妨害するマスコミや芸能人の正体が広がって医療関係者の役に立てればと思います。

    【【パヨク発狂】医学生「特にマスコミ、「日本の政府、医療者はPCR検査を拒否、抑制して患者数、死者数を少なく見せている」などというのはやめて下さい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/04/19(日) 19:17:46.18 ID:CAP_USER 
    472DE9AF-6046-4418-BBEB-816808283E8D
     
     作家の百田尚樹氏(64)が19日、自身のツイッターを更新し、感染が拡大する新型コロナウイルスの収束へ向け持論を展開した。
     百田氏は冒頭で「拡散希望」とつづり、「感染が爆発したら日本経済は破綻。国が亡ぶ。それを防ぐにはこれしかない」と前置きすると、こう続けた。

     「今後1ヵ月、中国と韓国からの入国を全面禁止。電車・バスの乗客はマスク着用を義務付け。人前でのマスク非着用は罰金。集会、イベント、映画等は中止。無茶な案は百も承知。笑う奴は笑えばいい」
     百田氏は現状の新型コロナウイルス感染拡大が危機的な状況であることを力説。「もちろん、これをやるのは大変だ。泣く人も大勢出る。結果的にやりすぎになるかもしれない。しかし未曽有の事態に対しては、そういう決断が必要な時もある。ちなみに、1月に政府は『たいしたことにはならないだろう』という甘い期待に賭け、何もしなという選択をした。その結果がこれ」とつづった。

    4/19(日) 19:11 ヤフーニュース(中日スポーツ)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/40998f6b20d513063bca4a9ee53ee27d17bc88af

     2ヶ月前のツイート


    【【パヨクマスコミ大丈夫?】百田直樹氏 新型コロナ収束への『秘策』「国が亡ぶ。それを防ぐにはこれしかない。今後1ヵ月、中国と韓国からの入国を全面禁止」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル