かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:マネーロンダリング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/05/29(金) 10:04:28.16 ID:CAP_USER
     米司法省は25日、25億ドル(約2700億円)規模のマネーロンダリング(資金洗浄)を行ったとして、北朝鮮籍28人、中国籍5人の計33人を一斉に起訴した。米国が起訴した北朝鮮による制裁違反事件では最大規模だという。米メディアが28日報じた。

     ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストなどによると、容疑者らは250以上のペーパーカンパニーと北朝鮮の代表的な外国為替銀行である朝鮮貿易銀行(FTB)の秘密支店を全世界に設置し、マネーロンダリングを行った疑い。

     司法省は容疑者らが世界各地で朝鮮貿易銀行の代理人として活動していたとみている。また、ロンダリングされた資金は朝鮮貿易銀行に流れ、大量破壊兵器プログラム支援にも使われたとみている。

     起訴された容疑者の中には朝鮮貿易銀行の元総裁、コ・チョルマン氏、キム・ソンウィ氏、元副総裁2人も含まれている。また、タイで朝鮮貿易銀行の秘密支店を運営していたとされるハン・ギソン氏は北朝鮮の情報機関に所属していたとされる。

     訴状によると、容疑者らは中国の北京、瀋陽、ロシアのモスクワ、オーストリア、リビア、クウェート、タイなどでマネーロンダリングを試みたとされる。50ページの訴状に羅列された事例は30ページ分にも及ぶ。

     検察側は「今回の起訴は米国の金融システムに違法に接近しようとする北朝鮮の能力を妨害し、違法行為で収益を得ようとする(北朝鮮の)能力を制限するため、米国が専念していることを示すものだ」と指摘した。

     米当局が身柄を確保したわけではなく、容疑者らが実際に刑事罰を受ける可能性は低いとみられる。しかし、今回の起訴は北朝鮮に対する警告メッセージとなるほか、北朝鮮の制裁回避に協力してきた中国、ロシアにも警告を発したものと言える。

    キム・ドンハ記者

    朝鮮日報
    2020/05/29 09:50
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020052980027

    【【マネロン】25億ドルの資金洗浄、米が北朝鮮籍28人、中国籍5人の計33人一斉起訴】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/11/21(水) 20:56:17.96 ID:CAP_USER9
    U.S. Prosecutors Are Said to Be Investigating Japan’s Largest Bank

    Nov. 21, 2018

    Japan’s largest bank has already been penalized by the State of New York for letting countries on sanctions lists like Iran and Myanmar route payments through its systems, but a current inquiry is more serious: It’s a federal case involving North Korea.

    The bank, Mitsubishi UFJ Financial Group, was subpoenaed by federal prosecutors in Manhattan late last year as it was locked in a court fight with the New York Department of Financial Services, according to two people who were briefed on the investigation but not permitted to speak publicly. That litigation involves the department’s attempts to punish the bank, known as MUFG, for breaking anti-money-laundering rules.

    The subpoena was issued after the state said in a court filing that the bank had intentionally ignored an internal filter designed to keep it from doing business with companies and people on international sanctions lists. The Department of Financial Services said the bank had also failed to set up a system for checking the identities of some of its Chinese customers doing business along the North Korean border, a hot spot for money laundering.

    It was not clear whether prosecutors had found any evidence that North Koreans laundered money through the bank, but the holes in the system meant to trace such transactions were a chief concern of the Department of Financial Services.

    https://www.nytimes.com/2018/11/21/business/mitsubishi-ufj-north-korea.html

    Google翻訳

    米国の検察は、日本最大の銀行を調査すると言われている

    2018年11月21日

    日本最大の銀行であるイランやミャンマーなどの制裁措置リストには、システムを通じて支払いが行われるというニューヨーク州の罰則が課されているが、現在の調査はもっと深刻だ。

    三菱UFJフィナンシャル・グループの三菱UFJ銀行は、昨年末のマンハッタンの連邦検察官による召喚令状を受けたが、ニューヨーク州金融局との裁判で拘束された。公然とこの訴訟には、MUFGと呼ばれる銀行を罰金刑とし、マネーロンダリング防止規則を撤廃することが含まれている。

    この召喚令状は、州が裁判所に提出した後、銀行が国際的な制裁措置のリストで企業や人々と取引をしないように意図した内部のフィルターを意図的に無視していたと述べた後に発行された。金融庁は、銀行は、北朝鮮の国境に沿って事業を行っている中国の顧客のうち、マネーロンダリングのホットスポットであることを確認するためのシステムを構築していないと述べた。

    検察側が北朝鮮が銀行を通じて貨幣を洗濯したという証拠を見つけたのかどうかは明らかではなかったが、そのような取引を追跡するためのシステムの穴は金融サービス局の主な関心事だった。

    【【北朝鮮絡み】米検察が三菱UFJを調査するのではないかとの報道-NYタイムズ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 軍隊アリ ★ [US] 2018/09/01(土) 11:26:55.75 ID:CAP_USER9
    kp250
     
    金融庁は、埼玉県信用金庫(埼玉県熊谷市)が過去約2年間にわたって海外送金した約18億7000万円が、資金洗浄(マネーロンダリング)に利用された疑いがあるとして、9月中旬にも立ち入り検査する方針を固めた。送金を依頼した企業と受取先企業の双方に営業実体が無く、送金先には北朝鮮と関係する可能性がある企業もあった。金融庁は信金のチェック体制に重大な不備がありマネロンの抜け穴に利用されたとみて、詳細を確認する。

     金融庁関係者によると、埼玉県信金は2016年5月から今年1月にかけて、埼玉県ときがわ町の自動車輸出入会社からの依頼を受け、23回にわたり米ドルと香港ドル、日本円を総額約18億7000万円(当時のレート換算)送金した。送り先は香港が最も多く、アラブ首長国連邦、インドネシア、台湾、ブラジルも含まれていた。

     この輸出入企業の社長は昨年日本国籍を取得したバングラデシュ出身の男性で、同信金に「バングラデシュの商社の代理人をしている」と語った上で、送金目的をいずれも「仲介貿易」と申告。書類には中古船舶や砂糖、コメ、タバコなどの輸入代金と記載していた。

     だが埼玉県信金の今年2月の監査で、送金した資金の出所や受取先の法人の実態が不明なケースが相次いで見つかった。報告を受けた金融庁が確認したところ、送金先の国や取扱商品が異なるのに、同じ金額を同時に送るなどの不審な点が多数見つかり、貿易自体が架空だった疑いが強まった。受取人の住所が架空だったケースや、北朝鮮系企業との取引が指摘されている会社も含まれていた。

     自動車輸出入会社の登記上の本店所在地には、無関係の中古車修理販売会社があり、実体がないペーパーカンパニーの可能性がある。金融庁は犯罪収益などを海外に移して隠匿するマネーロンダリングに同信金が利用された可能性があるとみている。埼玉県信金コンプライアンス統括部は、毎日新聞の取材に「個別の取引については答えられない。海外に送金したい顧客のニーズに応えるため、今後も監視体制の充実を図っていく」とコメントした。【鳴海崇】

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000006-mai-bus_all

    【【マネーロンダリング】埼玉信用金庫通じ日本国籍を取得した男性が約18億円の資金洗浄か 北朝鮮系企業との繋がりも 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル