かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:ミサイル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2022/10/05(水) 12:06:10.87 ID:CAP_USER
    45D0CDFF-33BB-4847-9006-AFEF14B90447
     
    韓国軍が北朝鮮のミサイル挑発への対応射撃を実施した。この過程で「玄武2」弾道ミサイルも発射されたが、落弾する事故が発生した。深夜に火災の様子が住民らに広まったものの、軍は特別な案内をせず混乱が生じた。

    合同参謀本部は5日午前7時ごろ、韓国軍と米軍の合同対応射撃の事実を公開した。北朝鮮の中距離弾道ミサイル(IRBM)挑発に対応するトンヘ(東海、日本海)上への合同地対地ミサイル射撃だ。

    韓国軍と駐韓米軍が「ATACMS」それぞれ2発ずつ、計4発を日本海上に発射し、仮想標的を精密打撃した。米韓は3月、5月、6月にも対応射撃として打撃用14発(韓国側12発、米国側2発)を発射した。

    ただ、4日午後11時30分前後に韓国軍がカンヌン(江陵)基地から発射した「玄武2」弾道ミサイルは発射直後に非正常飛行した後、基地内に落弾した。

    当時、落弾により基地内に火災が発生し、近隣地域の住民らが火の手を見て軍や官公署などに問い合わせたものの、軍は特別な案内をしなかったため、一晩中混乱が続いた。

    オンライン上でも火災の映像と写真が次々と掲載され、7時間後になってから軍が落弾事故を発表したため、一晩中さまざまな推測を呼んだ。北朝鮮による挑発が相次ぐ状況で朝鮮半島の危険状況を懸念する人も多かった。

    軍は落弾事故の原因を調査中だ。現在までに人命被害は確認されていない。

    2022/10/05 11:38配信

    【【韓国】ミサイル1発が江陵基地内に落弾、軍は7時間後に発表…火災発生で一晩中混乱】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/08/06(土) 20:19:46.91 ID:CAP_USER
    中国軍の弾道ミサイル巡り台湾ネット民困惑=「政府と日本、どっちを信じる?」―台湾メディア


    中国軍が発射した弾道ミサイルの軌道をめぐり、台湾のネット上で「政府を信じればいいのか、日本を信じればいいのか」と困惑する声が広がっている。台湾メディアのETtodayが報じた。

    中国軍は4日に行った「重要軍事演習」の中で、台湾周囲に向けて弾道ミサイル11発を発射したと発表した。ETtodayの記事によると、台湾国防部は同日夜に「われわれは監視偵察システムを運用しており、ミサイルの弾道を正確に把握し、落下地点を東部海域と予測できた。本島には危害を及ぼさないため、後続の対応や警報の発令はしない」と表明した。

    一方、日本の防衛省も同日夜に中国が発射した弾道ミサイルについて、5発が日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したことを発表。このほか、福建省から発射された4発が台北上空を通過したとみられることを明かした。

    記事によると、「本島には危害を及ぼさない」とした台湾国防部の発表と、「4発が台北上空を通過した」とした日本の発表が食い違っていると台湾のネット上で話題になっている。

    台湾のネットユーザーからは「政府と日本、あなたはどっちを信じる?」「私は政府を信じる。自衛隊の推定は信じられるのか?」「政府を信じず日本を信じるというのか?はあ…」「国を信じる、政府を信じる。デマは信じない」「米国在台湾協会が台北にあるんだから、(日本の発表は)あまり信じられない」といった声が上がったという。

    一方で、「日本が中国と同じようなデマを飛ばすのはありえないと思う」「日本人は外部に対してはうそを発信したりしない」「日本が台湾をだまして何になると言うんだ?」「日本の方を信じる」といった声も見られたと記事は伝えている。(翻訳・編集/北田)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b899006-s25-c100-d0052.html


    【【軍事演習】 中国軍の弾道ミサイル巡り台湾ネット民困惑=「政府と日本、どっちを信じる?」―台湾メディア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/08/04(木) 21:02:08.82 ID:CAP_USER
    cn250
     外務省の森健良事務次官は4日、中国軍が同日発射した弾道ミサイルのうち、5発が日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したと発表した。森氏は中国の孔鉉佑駐日大使と電話会談を行い、強く抗議するとともに「軍事訓練の即刻中止を求める」と申し入れた。

    【写真】中国人民解放軍がミサイル発射演習の一場面として「微博(ウェイボ)」に投稿した映像
    https://www.iza.ne.jp/article/20220804-E6TNT6FWB5OYTHKMJZJDUFBUIE/photo/CRIR3HU7DRNNPKTVR5TOH6ZJCI/?utm_source=yahoo%20news%20feed&utm_medium=referral&utm_campaign=related_link

    森氏は中国軍のミサイル発射について「EEZを含むわが国近海に落下したことは、わが国の安全保障、国民の安全にかかわる重大な問題だ」と非難。さらに「中国の行動は地域および国際社会の平和と安定に深刻な影響を与えるものだ」と抗議した。

    Yahoo Japan!/産経新聞 8/4(木) 20:26 配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/66ec63e24de74f6ca045e3af63dcaf661b26f90d

    【【軍事】中国ミサイル5発が日本のEEZに落下 政府が抗議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: お断り ★ 2022/08/04(木) 17:57:21.50 ID:p40w2PxS9
    中国、台湾周辺に弾道ミサイル発射
    台湾国防部(国防省)は4日、中国軍が台湾周辺海域に複数の弾道ミサイルを発射したと発表した。 

    2022/8/4 16:35
    https://news.livedoor.com/article/detail/22620089/

    台湾国防省は声明で人民解放軍が午後1時56分に発射した複数の東風弾道ミサイルが北東部と南西部付近の海域に着弾したと述べたがそれ以上の詳細は明らかにしなかった。
    東風シリーズには、人民解放軍が運用する一連の短距離、中距離、中距離および大陸間弾道ミサイルが含まれる。
    https://focustaiwan.tw/politics/202208040010

    画像
    no title

    no title

    動画
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1555073901905993729/pu/vid/960x544/b8Z7zfFDYv2t9ofC.mp4
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1555108473255342080/pu/vid/720x1280/mMgwFCUZ0N2Itb9v.mp4


    【【速報】中国、台湾周辺に複数の弾道ミサイル発射 画像動画あり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ローリングソバット(店) [DE] 2022/05/27(金) 15:45:17.94 ID:H1gbKwYE0● BE:421685208-2BP(4000)

     東京都の小池知事は27日午後開かれた定例会見で、北朝鮮のミサイル攻撃があった場合を念頭に、都内の地下鉄の駅や地下道、合わせて109箇所を緊急一時避難施設に指定したと明らかにしました。

     緊急一時避難施設は、ミサイル攻撃などの爆風から身を守れるよう一時的に避難する施設です。

     小池知事は「あってはいけないことだが、何をするか分からないというような隣国があるのならば、その想定も広げていくというリアルな判断だ」と話しました。


    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/3365e1f1394adf462fb74d9facf33134600f3b9f&preview=auto

    【北朝鮮のミサイルが着弾した時に避難する場所を109箇所指定 東京都】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/05/27(金) 20:00:31.46 ID:CAP_USER
    un250
     【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会(15カ国)は26日、公式会合を開き、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受け対北朝鮮制裁を強化する米国主導の決議案を採決したが、常任理事国の中国とロシアが拒否権を行使して否決された。北朝鮮への制裁決議案に拒否権が使われ、廃案に追い込まれたのは初めて。国連総会(193カ国)は近く、中ロに説明を求める会合を開く。先月採択した総会決議に基づくもので、初の適用事例となる。

     中ロを除く13理事国は決議案に賛成した。安保理は北朝鮮が1回目の核実験を行った2006年以降、対北朝鮮制裁決議を10回採択。いずれも全会一致だった。ウクライナ情勢で米欧と中ロの対立が激化する中、安保理の機能不全が改めて露呈した。

     国連総会での中ロによる説明は任意だが、加盟各国が演説する見通しで、北朝鮮の核・ミサイル開発に強い反対のメッセージを示せるかが焦点となる。石兼公博国連大使は「各国にはしっかりと立場を表明してほしい」と語った。
     中国の張軍国連大使は「追加制裁は弊害と対立の激化を招くだけだ」と反対理由を説明。北朝鮮国内の新型コロナウイルス流行に触れ、市民に苦痛をもたらすと主張した。ロシアのネベンジャ国連大使も「新たな制裁の導入は袋小路に続く道だ」と強調。中ロとも制裁強化は問題解決に役立たないという従来の考えを示した。
     トーマスグリーンフィールド米国連大使は、北朝鮮が今年に入りICBM発射を繰り返し「核実験の準備も積極的に行っている」と警告。「安保理が行動しないことが(北朝鮮の活動を)可能にしている」と採決直前まで支持を呼び掛けたが、中ロの翻意はかなわなかった。

    時事ドットコム 2022年05月27日17時23分
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2022052700200&g=int

    【【国際】北朝鮮制裁決議案を否決 国連安保理、中ロが初の拒否権―機能不全露呈、総会説明へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/05/25(水) 10:35:53.72 ID:CAP_USERkp250


    岸防衛大臣は、北朝鮮が少なくとも弾道ミサイル2発を発射し、これ以外にもミサイルを発射した可能性があることを明らかにしました。
    確認された2発は、いずれも、日本のEEZ=排他的経済水域の外に落下し、船舶などに被害の情報は入っていないということです。

    岸防衛大臣は、防衛省で、記者団に対し、北朝鮮が25日午前5時59分ごろ弾道ミサイルを発射し、最高高度550キロ程度で300キロ程度の距離を飛しょうしたことを明らかにしました。

    また、これに続いて6時42分ごろにも弾道ミサイル1発を発射し、最高高度50キロ程度で750キロ程度の距離を変則軌道で飛しょうしたことを明らかにしました。

    さらに、この2発の弾道ミサイル以外にもミサイルを発射した可能性があり、現在、分析しているということです。

    確認された2発は、いずれも、日本のEEZ=排他的経済水域の外に落下し、船舶などに被害の情報は入っていないということです。

    岸防衛大臣は「北朝鮮はことしに入ってから、巡航ミサイルの発射を含め、これまで16回におよぶ極めて高い頻度でかつ新たな態様で発射を繰り返している。一連の北朝鮮の行動は、地域、そして国際社会の平和と安定を脅かすものだ」と述べました。

    そのうえで「日米、米韓の首脳会談や、日米豪印4か国の首脳会合が開催された直後における、このようなミサイルの発射は、明らかに挑発行動であり断じて許されない。さらに新型コロナウイルス感染症が拡大している状況にあって市民の命や暮らしを顧みることなく核ミサイル開発に注力し続けている。関連する国連安保理決議に違反するものであり強く非難する。北朝鮮に対しては、大使館ルートを通じて抗議した」と述べました。
    韓国「ICBMと短距離弾道ミサイルと推定」
    韓国大統領府は、ユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領が、25日午前7時35分から1時間余りにわたって、初めてのNSC=国家安全保障会議を開いたと発表しました。

    この中で大統領府は、北朝鮮が発射したのは、ICBM=大陸間弾道ミサイルと短距離弾道ミサイルだと推定されると明らかにしました。

    そのうえで、今回の発射は国連安全保障理事会の決議違反であり、朝鮮半島と北東アジアの緊張を高め、国際平和を脅かす「重大な挑発」だとして厳しく非難しました。
    韓国軍合同参謀本部 計3発発射
    一方、韓国軍の合同参謀本部は、25日午前6時ちょうどごろと、37分ごろ、さらに42分ごろ、北朝鮮が首都ピョンヤン郊外のスナン付近から日本海に向けて弾道ミサイルを1発ずつ、合わせて3発発射したと明らかにしました。

    韓国軍は、警戒と監視を強化し、アメリカ軍と緊密に協力しながら万全の態勢を維持していると強調しています。

    また、ユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領は、NSC=国家安全保障会議を開催するよう指示しました。

    北朝鮮は、ことしに入って弾道ミサイルなどの発射を極めて高い頻度で繰り返しており、今月だけでも、4日にスナン(順安)付近から弾道ミサイル1発を発射したのに続いて、7日には、東部シンポ(新浦)の沖合からSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルと推定される短距離弾道ミサイル1発を、さらに、12日には、再びスナン付近から短距離弾道ミサイル3発を、それぞれ発射していました。

    NHK NEWS WEB 2022年5月25日 10時29分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220525/k10013642091000.html

    【【北朝鮮】 弾道ミサイル可能性あるもの 少なくとも2発発射 防衛相】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ごまカンパチ ★ 2022/04/22(金) 18:45:04.53 ID:rO6kFDnC9
    756967DD-4BEF-4E52-B9B2-1D1E5D5DC2E1
     
     台湾が最大射程1200キロの巡航ミサイルの量産を近く開始することが21日、分かった。
    台湾当局の高官が産経新聞の取材に明らかにした。
    台湾本島から発射した場合、中国大陸の上海が射程に入る。ロシアによるウクライナ侵攻を受けて
    中国が台湾に武力侵攻する可能性に関心が集まる中、この時期の情報開示は中国に対する抑止力の強化を図る狙いがありそうだ。

    台湾が量産を開始するのは、射程1000~1200キロの地上発射型巡航ミサイル「雄昇」。
    弾頭は高性能爆薬型と広範囲を破壊する集束型の2種類で、目標は都市部ではなく
    中国軍の指揮所や滑走路などの軍事施設、台湾侵攻部隊の集合地点だとしている。
    配備済みの巡航ミサイル「雄風2E」(推定射程約600キロ)の射程延長型で、
    目標までの通過地点を設定できるため防空網を突破する能力も向上しているという。

    雄風2Eは、台湾侵攻時に中国大陸の台湾海峡沿岸部に集結する中国軍の部隊など「策源地」への攻撃が主目的。
    雄昇が実戦配備されれば、台湾側はさらに後方の部隊や弾道ミサイル基地などを攻撃できる。
    また、中国最大の経済都市、上海が射程に入ることで、中国の政治・軍事指導部への心理的な圧力も高まる。

    「雄昇」を巡っては、蔡英文政権が昨年11月、立法院(国会に相当)に提出した今年度から2026年度の 「海空戦力向上特別予算」に項目だけが記載された。
    その後、与党、民主進歩党寄りの台湾紙、自由時報が今年3月、関係者の話として、射程に加え100発以上の生産計画があることを報道。
    立法院の外交・国防委員会に所属する立法委員(国会議員)らが昨年10月に国防部(国防省)系の研究開発機関 「中山科学研究院」で秘密裏に説明を受けたとも報じていた。

    民進党で同委員会に所属する王定宇立法委員は20日夕、自身のフェイスブックに、 「メディアが報じた軍の公開資料」が根拠だとして「雄昇」が「近く量産に入る」と投稿したが、 台湾の国防部はこれまで関連の情報を公開していない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4af3a7674654869ff20d4e14d0cda4958f98e4e0  

    【【軍事】台湾、射程1200キロ巡航ミサイル配備へ 上海射程、対中抑止力強化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/04/07(木) 19:39:31.53 ID:CAP_USER
    image-russia-3-375x235
    ロシア国防長官が北朝鮮を訪問して軍事支援を要請したという報道が出ている。

    複数の外信や、韓国紙などによると、ロシアの石油会社ユコスの元最高経営者(CEO)であるレオニード・ネフズリンは4日、ロシアジャーナリストのユリア・ラティーニナと行ったオンラインインタビューにおいて、「セルゲイ・ショイグロシア国防総省が最近、北朝鮮を行って軍事支援を要請した」と主張した。

    ネブズリンは様々な信頼できる情報源をもとに、ショイグ長官が姿を消した去る3月11日から2週間、北朝鮮と中国を訪問し、戦争に必要なミサイルや弾薬などの支援を要請したと述べたという。

    ショイグ長官はロシアが保有する部品と互換性のあるミサイルを得るため、北朝鮮と中国を訪問したという。(ロシアはミサイル部品の70-80%を輸入に依存しているとのこと)

    ネブズリンによると、北朝鮮は支援に同意したという。しかし、中国はミサイル支援を拒否したと伝えられた。ネブズリンは「ロシアは北朝鮮に最も長く滞在した」と述べている。

    RFA(自由アジア放送)は6日、ロシアが軍事支援要請のために北朝鮮に接触した可能性があるとする米国家利益センターのハリー・カジアニス朝鮮半島担当局長のコメントを紹介した。

    カジアニス局長は「最近ウクライナ侵攻で非常に切迫した状況にあるロシアは北朝鮮にまで軍事的支援を受けようとする可能性がある」とし「ロシアは小型武器と互換性のある弾薬のような基本供給品を求めるのかもしれない」と説明した。

    Korea Economics 2022年4月7日
    https://korea-economics.jp/posts/22040703/

    【【北朝鮮】露国防長官が中朝にミサイル支援を要請か「北は同意した…露製と互換」海外報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: やまじちゃん(SB-Android) [US] 2022/04/02(土) 14:35:55.35 ID:r8VGYPoK0● BE:839071744-PLT(13000)
    kp250

    北朝鮮国民は、自国の行う核実験、ミサイル実験には否定的な反応を示すことが多い。実験の巨額の予算を投入するなら、経済難、食糧難をどうにかしてくれと言ったものだ。

     北朝鮮は国内メディアを通じ、24日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の発射を行ったと発表したが、案の定、国内ではこれを非難する声が上がっている。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

     平安北道(ピョンアンブクト)龍川(リョンチョン)郡の幹部は、携帯電話の労働新聞アプリで最高尊厳(金正恩総書記)がミサイル発射を断行せよとの命令を下したの記事を読み、彼が本当に人民の指導者なのかと疑念を覚えたと述べた。

     また、「現在、協同農場では農作業の準備に必要な肥料や資材がなく農民たちが苦労しているが、外貨を使ってミサイルを新たに開発し、それを飛ばしたことで満足するのが人民のための指導者のあるべき姿か」と批判した。

     もちろん、こうした批判を公然と口にして発覚したらとんでもない罰を受けることになるが、それでも黙っていられず、仲間内で語り合う空気があるということだろう。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20220402-00289419

    【「戦争ごっこだ」金正恩のミサイル発射に近年民主主義化する北朝鮮国内から強い批判】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: レテルモビル(茸) [GB] 2022/03/27(日) 14:51:51.25 ID:ZDdMF8Nh0 BE:271912485-2BP(1500)
    b68294a7

    ロシアと中国、北朝鮮情勢巡り緊密に連携

    [25日 ロイター] - ロシア外務省は25日、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験の実施を受け、朝鮮半島情勢を巡り中国と緊密に連携することで合意したと明らかにした。

    ロシア通信(RIA)によると、ロシアのモルグロフ外務次官は、中国の朝鮮半島事務特別代表の劉曉明氏と会談し、懸念を表明。北東アジア地域の問題に対する公正な政治的、外交的解決策を見出すための取り組みが必要との見解が示され、両国は緊密に連携していくことで合意したという。

    北朝鮮の国営メディアは25日、同国が24日の実験で「新型」の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」を発射したと報じた。「米国の帝国主義」に対する核抑止力を強めるとした。

    https://jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKCN2LM1RV

    【ロシア、北朝鮮の弾道ミサイル発射に懸念を表明。「中国と緊密に連携していく」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2022/03/24(木) 14:42:25.59 ID:CAP_USER
    海上保安庁北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと海上保安庁が発表。(JX通信社/FASTALERT)
     

    【【青森沖EEZ内落下】北朝鮮がミサイル発射か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ブギー ★ 2022/03/18(金) 21:55:18.52 ID:oZ+0nWfl9
    b68294a7
    ※Google翻訳
    ※翻訳通りにしていましたが、スレタイを航空機→戦闘機と変更しております

    ミサイルと弾薬を生産するロシアの軍産複合体の企業は、24時間体制の操業に切り替えています。

    これは、軍の参謀によって報告されました。

    「ほぼすべてのミサイル弾薬と弾薬が消費されたため、軍事政治指導部は、「キャリバー」とMLRS「トルネード」の弾薬の製造に関与するロシア軍産複合体の企業をラウンドザに移すことを決定しました。クロック操作。」、-それはメッセージで伝えられます。

    ご存知のように、ロシアはウクライナでの戦争で航空機の3分の1を失いました。ロシアはまた、軍隊の人的資源を大幅に枯渇させており、秘密の動員を実行し、いわゆる「ボランティア」、徴集兵、士官候補生、およびシリアアラブ共和国からの傭兵を募集するために極端な措置を講じています。

    https://www.unian.ua/war/znachni-vtrati-v-rosiji-cilodobovo-viroblyatimut-raketi-ta-boyepripasi-novini-vtorgnennya-rosiji-v-ukrajinu-11749258.html


    【【枯渇】ロシア軍、ミサイルをほぼ使い果たす 生産工場は24時間操業に 戦闘機は3分の1を失う】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: oops ★ 2022/03/13(日) 11:54:13.83 ID:u19+iQ0K9
    ※ただしソースはスプートニク

    13日、イラク北部アルビール市で爆音が鳴り響き、在イラク米大使館にミサイルが撃ち込まれた。ニュースサイトShafaqNewsが報じた。

    報道によると、ロケットは、アルビールのサラアルディンにある在イラク米大使館とクルディスタン24テレビ局の付近に落ちた。攻撃はクルディスタン24テレビ局の建物に損失を与えた。

    イラク保健省によると、爆発の被害は物的損害のみだった。

    2022年3月13日, 09:05 スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/20220313/10352128.html


    ■引用元記事
    Kurdistan's CTA: 12 ballistic rockets launched outside Iraq's eastern borders attacked Erbil
    https://shafaq.com/en/Kurdistan/Kurdistan-s-CTA-12-ballistic-rockets-launched-outside-Iraq-s-eastern-borders-attacked-Erbil

    ■動画あり
    @PSFAERO
    A ballistic missile attack has taken place on the U.S. consulate in Erbil, #Iraq. The missiles were fired from Tabriz, #Iran.
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1502780297934299136/pu/vid/496x764/FJ-qw0qdznOe3KdU.mp4



    【【WW3】在イラク米大使館の付近でミサイル攻撃】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: インターフェロンα(東京都) [CN] 2022/03/12(土) 13:52:31.24 ID:GEnQ5pB90● BE:448218991-PLT(14145)
    K10013527631_2203121158_2203121306_01_02

    アメリカ政府は北朝鮮のミサイル開発などを支援したとして、ロシア人2人とロシア極東の企業3社に対し資産凍結などの制裁を科しました。

    アメリカ財務省が11日、資産凍結などの制裁を科したと発表したのはロシア人2人とロシア極東の企業3社です。

    このうち、ウラジオストクで食品などの卸売会社を経営するロシア人は北朝鮮の軍事産業の関係者の活動を支援していたとされています。

    また、ウラジオストクで自動車販売会社を経営する別のロシア人は北朝鮮の政府機関のためにさまざまな物資の購入や輸送を手配していたとされています。

    北朝鮮はことしに入ってミサイルの発射を繰り返していて、アメリカのバイデン政権の高官はこのうち先月27日と今月5日に発射された弾道ミサイルについて開発中のICBM=大陸間弾道ミサイルに関係していたと結論づけたことを明らかにし、核・ミサイル開発を阻止するための新たな措置を講じる考えを示していました。

    アメリカ財務省は「北朝鮮に対し大量破壊兵器やミサイルの開発を断念させ、外交の道に戻るよう圧力をかけるため制裁を実行していく」としています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220312/k10013527631000.html

    【米政府、北朝鮮のミサイル開発を支援したとしてロシア人二人とロシア極東の企業3社に対し資産凍結】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2022/03/07(月) 12:38:31.88 ID:CAP_USER
    kp250

    北朝鮮外務省は6日、ホームページに日本研究所のキム・ソルファ研究員の文を掲載し、「最近、日本防衛相は我々が進めた偵察衛星開発のための重要な試験を『弾道ミサイル発射』としながら『日本と地域、国際社会の平和と安全に対する脅威、国連安全保障理事会決議違反だ』と、また因縁をつけてきた」と主張した。

    研究員は「今回の試験は偵察衛星開発のための工程計画に基づいて行った」とし「我々が何を発射しようと、日本は我々の主権と内政に属する問題について因縁をつけるいかなる名分も資格もない」と強調した。

    続いて「繰り返し明らかにしたように、我々の自衛権行使に関連するすべての措置は周辺国の安全に少しも危害にならない」と主張した。

    北朝鮮は最近、準中距離弾道ミサイル(MRBM)を2回発射したが、翌日の関連報道で「ミサイル」には言及せず、偵察衛星開発のためのカメラ性能と衛星資料送受信体系を点検するための試験だったと主張した。

    中央日報
    https://s.japanese.joins.com/Jarticle/288524

    【北朝鮮「我々が何を発射しようと日本は因縁つける名分・資格ない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 夜のけいちゃん ★ 2022/02/13(日) 18:17:15.64 ID:zhM6ZXAZ9
    nitibeikangaisyou

    日米韓3カ国の外相が会談を行ったのは、北朝鮮が今年に入り中距離弾道ミサイル(IRBM)を含むミサイル発射を繰り返しており、日米韓の連携を改めて確認するためだ。日米両国は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の対北融和姿勢に対する懸念を払拭できていない。緊迫するウクライナ情勢や台湾海峡をめぐる緊張も続く中で、韓国に幅広い分野での日米韓協力という「踏み絵」を踏ませる場ともなった。

    「日米韓はインド太平洋地域だけではなく、世界にとっても重要だ」

    会談終了後の記者会見で、ブリンケン米国務長官はこう強調した。ブリンケン氏の両脇には林芳正外相、韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相が立ち、背後には3カ国の国旗が並べられた。

    日本政府関係者は「今回の会談で一番重要なのは、3人がそろって写真を撮られることだ」と語る。「3カ国連携」の演出に腐心したのは、韓国政府による足並みの乱れを懸念したからだ。

    北朝鮮のIRBM発射を受けて4日に開かれた国連安全保障理事会では、中国、ロシアの反対で非難声明をまとめることができなかった。このため、日米や英国、フランスなど9カ国の国連大使が共同声明を発表したが、韓国の大使は加わらなかった。1月22日の共同声明にも韓国は不在だった。日本政府関係者は「韓国は中国やロシアの側につくんですか、とでも聞きたくなる」と漏らす。

    こうした中で、日米韓外相会談は北朝鮮だけではなく、中国やウクライナ情勢など幅広い分野で日米韓が連携することを確認した。12日に米政府が発表したインド太平洋戦略では地域開発、インフラ整備、サプライチェーンなどで協力強化を目指すとしており、今回の外相会談を受けて発表された共同声明でも同様の課題が列挙された。

    ただ、日本外務省の幹部は日米韓の幅広い協力について「韓国は積極的になったり、消極的になったり揺れ動く傾向にある」と指摘し、その背景として日米韓が中国に対抗する陣営に見える懸念があると解説する。

    今回の共同声明で台湾問題に言及したほか、中国を念頭に「一方的な現状変更の試み」を非難したのは、米国を中心とした同盟国、友好国の陣営に韓国を組み入れることを内外に示す狙いもあるとみられる。

    2/13(日) 16:58 ヤフーニュース(産経新聞)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/582b2a8611a6f48a78aac9697ec32c6f434729dd

    【【国際】日米外相、韓国に「踏み絵」 対北以外でも連携確認】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [ニダ] 2022/02/11(金) 22:56:03.72 ID:JK0qpqiN9
    no title


    2022年2月11日、韓国メディア・韓国経済によると、北朝鮮が今年1月だけで、ミサイルの発射に最大6500万ドル(約780億ウォン、約75億4332万円)を費やしていたという分析結果が出た。

    米ランド研究所のブルース・ベネット先任研究員は11日、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)のラジオ番組に出演し、「北朝鮮がミサイルを1発発射する費用は、中距離で1000万~1500万ドル(約11億6051万~約17億4077万円)、短距離で300万~500万ドル(約3億4815万~約5億8026万円)と推定される」と語った。


    北朝鮮は先月1カ月の間に、7回にわたり短距離ミサイル9発、巡航ミサイル1発、中距離弾道ミサイル(IRBM)1発の計11発を発射している。ランド研究所のデータを基に計算すると、先月7回の発射に費やした金額は4000万~6500万ドル(約46億4204万~約75億4332万円)に達する。また、今後追加の発射が懸念される大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射には、1発当たり2000万~3000万ドル(約23億2102万~約34億8153万円)が必要だと分析された。

    記事は、「これは北朝鮮の今年の食糧不足分の約3分の1を補える金額」と指摘。 VOAによると、現在タイ米の価格は1トン当たり430ドル(約5万円)で、6600万ドルがあれば15万トンを購入できる。北朝鮮の1日の穀物消費量は約1万トンで、今年の不足分は80万トンと予想されている。

    実際の所要コストはさらに高額になるという分析も出ているといい、ベネット研究員は「ミサイル関連の施設や発射台、人材についてはすでに備えていて費用がかからないと想定している」と説明。ジョージタウン大学のウィリアム・ブラウン元教授も、「試験発射はミサイル開発の一部で、ミサイルや核兵器のプログラミングに莫大な費用がかかる」とし、「試験発射の費用は部分的な支出に過ぎないだろう」と語ったという。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「国民が餓死しそうなのに金正恩はダイエットに励み、空に祝砲を撃ち上げて…それでも国の指導者なのか?」「そんな金があるなら人民に食料を配るべき。武器を開発したってどうせ使う機会はない」など、北朝鮮に対する批判の声が多く寄せられている。

    また、「そんなに金を持っているのに支援すべきという人は国の敵では?」「この金はどこから出てるの?韓国大統領府からの支援金を調査して」「文大統領はこういう記事を見て胸を痛めているだろうね」「他の国も北朝鮮がミサイル発射を続ける限り一切支援しないようにしてほしい」「北朝鮮に送る金で韓国のホームレスに家を用意してあげて」など、文政権への反発のコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山)

    提供元:レコードチャイナ
    (最終更新:2022-02-11 22:12)
    https://www.oricon.co.jp/article/1776122/


    【米15万トンが買えるのに…北朝鮮が1月のミサイル発射に使った金額は780億ウォン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [BR] 2022/01/31(月) 22:56:11.60 ID:u2sX35h09
    DVFFHJVANRKUZKPL3T57PT47DU

    北朝鮮は31日、中距離弾道ミサイル「火星12」の発射を発表した際、火星12の生産・配備に言及し、日本や米領グアムを狙ったミサイルが量産体制にあることを示唆した。年明け早々、短距離弾道ミサイルの相次ぐ発射に続いて火星12の発射に踏み切ったことで、ICBM発射も時間の問題だとバイデン米政権に圧力をかける意図が読み取れる。

    北朝鮮国営メディアは、1月30日に火星12の「検収射撃試験」が行われたと伝えた。検収射撃とは、生産・実戦配備されたミサイルを抜き打ちで試し撃ちすることを指し、火星12が既に量産・配備されていることが前提となっている。

    兵器開発を担う国防科学院に加え、兵器生産など軍需部門を担当する第2経済委員会などの計画に基づく試射だった点も言及した。

    火星12が前回発射された2017年9月には、視察した金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長(当時)が「(火星12の)戦力化が実現した」と強調した。その後のICBM発射で「国家核戦力の完成」を宣言し、18年から米韓への対話攻勢に転じた。ICBMの発射凍結も表明したものの、その裏では、日本を脅かす兵器の生産が着々と進んでいた実態を物語っている。

    国防科学院は、火星12の弾頭に取り付けたカメラによって「宇宙で撮った地球画像」だとする写真も公開した。弾頭の大気圏再突入成功を印象付ける狙いがうかがえる。北朝鮮は米本土に届くICBMを開発しても、弾頭を着弾させるための大気圏再突入技術を獲得できたのかが不明だった。

    ただ、韓国の専門家は今回の画像に関して、ミサイルが大気圏を出る手前の高度50~60キロを上昇中に撮影された可能性を指摘。大気圏外を演出しただけの疑いも持たれている。

    北朝鮮は火星12を「中長距離弾道ミサイル」と表現し、ICBMに近いタイプに位置づけているようだ。17年には火星12を北海道上空を横切る形で発射し、前後してICBM「火星14」も発射。今回も同様に日米韓への軍事的示威のレベルを引き上げていく事態が警戒されている。

    北朝鮮は今回、高角度の発射で飛距離を抑える「ロフテッド軌道」で打ち上げたことについて「周辺国の安全を考慮した」と主張。朝鮮人民軍が4発の火星12をグアム沖に打ち込むと脅迫した17年の状況とは違い、国際社会への刺激を抑えて米中などの出方を探る姿勢ものぞかせている。(ソウル 桜井紀雄)

    2022/1/31 21:02 産経新聞
    https://www.sankei.com/article/20220131-6CZQDPC7CNKWPA6PQHNXYMHOF4/


    【日本・グアム狙うミサイル量産か 北朝鮮「宇宙撮影」演出も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [JP] 2022/01/30(日) 22:30:20.26 ID:PH6wzqwK9
    no title

    北朝鮮の国旗=ゲッティ

     北朝鮮が30日、中距離以上の弾道ミサイルを約4年ぶりに発射したことで、今年から発射が相次いでいたミサイル危機は一段階エスカレートした。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党総書記が2018年4月に自ら宣言した核実験、大陸間弾道ミサイル(ICBM)中止の撤回に向けた行動を示したといえる。日米韓は今後も挑発が続くとみて、警戒している。【ソウル渋江千春、ワシントン鈴木一生、ソウル坂口裕彦】

    進まぬ交渉 米国を振り向かせる狙い
     北朝鮮は今年7回目となったミサイル発射で、これまで自制してきた中距離以上の弾道ミサイルに踏み切った。挑発行為をたたみかけることでウクライナ情勢などに注力する米国を振り向かせる狙いとみられ、今後徐々に挑発の度合いを高めていく可能性もある。

     朝鮮労働党は今月19日の政治局会議で、「米国の敵視政策と軍事的脅威がこれ以上黙認できない危険な境界に達した」として、米国に対する「信頼構築措置」を全面的に再考。これまで中止してきた全ての活動の再開を検討するよう担当部門に指示し、核実験やICBM発射の再開を示唆していた。ICBMより少し飛距離が短い中距離ミサイルを発射する形で米国を揺さぶる狙いがうかがえる。

     北朝鮮は米国のトランプ前政権との対話が決裂した後も、昨年1月に発足したバイデン政権に対し、「強には強、善には善」の原則で対抗すると表明。米国の対北朝鮮政策を見極めるため、「レッドライン」を越える可能性がある中長距離弾道ミサイルの発射を控えてきた。ところが米国は…

    この記事は有料記事です。
    残り1680文字(全文2319文字)

    毎日新聞 2022/1/30 21:17(最終更新 1/30 22:16) 有料記事 2319文字
    https://mainichi.jp/articles/20220130/k00/00m/030/197000c


    【北朝鮮のミサイル挑発、さらにエスカレート 日米韓、警戒続く】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル