かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:モデルナ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2021/10/10(日) 18:14:40.00 ID:CAP_USER
    新型コロナウイルスワクチン 日本が誇る“しょうゆ”老舗企業が原料製造

     新型コロナウイルスのmRNAワクチン。
     このワクチンには、調味料の日本の大手製造メーカー「ヤマサ醤油」が製造する原料が使われています。
     いったい、なぜ?そして、その原料とは?

     「ヤマサ醤油」(千葉・銚子市)は正保2年(1645年)の創業、300年以上にわたって食卓に欠かせない調味料“しょうゆ”を作り続けています。
     そんな老舗企業の伝統の技術がいま、コロナ禍の世界を変える“ワクチン”の原料として活用されています。
     mRNAワクチンに欠かせない重要な原料を製造、日本や世界で使われているファイザー社とモデルナ社に提供しているのです。

    (略)

    日本テレビ系(NNN) 10/10(日) 17:57
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1d542189ac5375071a86b0b844039985035b08e8

    【【ワクチン】新型コロナウイルスワクチン 日本が誇る“しょうゆ”老舗企業が原料製造、ファイザー・モデルナに提供】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: haru ★ 2021/09/20(月) 12:00:38.44 ID:vlsJg/r89
    no title

    米製薬大手モデルナ(Moderna)製の新型コロナウイルスワクチンが、
    長期的な重症化予防効果で米同業ファイザー(Pfizer)製ワクチンを上回ることを示した研究結果が17日、米疾病対策センター(CDC)により発表された。

    CDCの研究チームは、今年3月11日から8月15日の間に新型ウイルス感染症の重症化により入院した成人3689人のデータを分析した。
    この期間には、感染力の強い変異株「デルタ株」の感染が拡大する前と後の両方が含まれている。

    対象者のうち、モデルナ製ワクチンの接種を2回とも済ませた人は12.9%だったのに対し、
    ファイザー製は20.0%、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製は3.1%だった。

    全期間中の入院予防効果は、モデルナ製が93%、ファイザー製が88%、J&J製が68%だった。
    入院予防効果の低下はファイザー製で特に大きく、接種後14~120日の91%から、121日以降には77%に減少。
    一方のモデルナ製は、93%から92%への低下にとどまった。

    モデルナ製ワクチンがファイザー製より優れた効果を発揮することを示す研究結果は増えており、
    CDCは先週にもモデルナ製の優位性を示した研究結果を発表していた。

    理由は完全に解明されていないが、モデルナ製の接種量がファイザー製の30マイクログラムよりも多い100マイクログラムであることが原因である可能性がある。
    また、接種2回の間隔がファイザー製で3週間なのに対し、モデルナ製が4週間であることが関係している可能性もある。

    2021年9月18日 5:14 AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3366882?act=all

    【【ワクチン】モデルナ製、長期効果でファイザー上回る 米CDC発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/09/06(月) 08:36:05.39 ID:CAP_USER
    mderunavc

    米製薬会社モデルナがまた約束を破った。モデルナは5日までに新型コロナワクチン701万回分を供給することを約束していたが、実際に届いたのは420万回分にとどまった。

    一足遅れで6日に255万回分が追加供給されることになったが、約束した量から考えるとまだ25万回分足りない。

    モデルナのワクチン供給問題は今回が初めてではない。あらかじめ備えておかなければならない接種計画に支障を来してしまう、と懸念する声が上がっている。

    新型コロナウイルス予防接種対応推進団は5日、「モデルナの新型コロナワクチン126万3000回分が午後4時25分ごろ、仁川国際空港に到着する」と明らかにした。

    今回届くワクチンは50代の2回目接種や18-49歳の1回目・2回目接種などに使われる予定だ。

    モデルナは先月6日、ワクチン生産関連実験の問題で、8月の韓国への供給量850万回分のうち、半分以下しか送れないと通知してきた。

    これに対して政府は、米モデルナ本社に代表団を派遣して抗議し、その結果、今月5日までに701万回分を韓国に供給するという約束を取り付けたが、これも結局守られなかったということだ。

    モデルナのワクチンは先月23日の101万8000回分、今月2日の102万1000回分、同3日の90万5000回分に続き、5日到着分まで合わせれば420万7000回分が届いている。

    当初予定の701万回分から280万回分少ないが、政府は5日午後、再び「6日午後2時40分ごろ、255万2000回分が追加で到着する予定だ」と明らかにし、状況が好転した。

    モデルナのワクチン供給問題はこれまでにもあった。当初、今年4-6月期から4000万回分供給される予定だったが、実際には、4-6月期がほぼ終わる6月になってようやく11万2000回分届いた。

    7月中旬に届くことになっていたワクチンも7月下旬、7月下旬予定のものは再び8月に先送りになった。

    専門家の間で「モデルナはファイザーとは違い、規模が大きくないベンチャー製薬会社なので、供給が予定通りにできない可能性があることを考慮して接種計画を立てるべきだ」との懸念が常にあるのも、このためだ。

    ただし、防疫当局はこれまでに届いたワクチンだけでも接種計画に支障はないという見解を持っている。

    当局は同日、「現在届いているワクチンの量でも18-49歳の接種は国民が予約した日程で接種可能だ」「微視的な供給支障まで問題視して(モデルナに)謝罪を要請する考えはなく、9月の供給を安定させるため緊密に協議する予定だ」と明らかにした。


    2021/09/06 08:01/朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/09/06/2021090680008.html


    【【どうせ韓国の嘘】また約束を破った米モデルナ…韓国向け供給25万回分不足】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/09/02(木) 08:37:06.53 ID:CAP_USER
    kr250

    韓国の保健当局は、米国の製薬会社モデルナが今週中に供給することになっているコロナワクチン600万回分が国内に入ってこなければ、接種実施に支障が生じると明らかにした。

    モデルナワクチンの追加供給なくして、秋夕(チュソク、中秋節)までに全国民の70%に当たる3600万人に対する1次接種が不可能になるという意味だ。

    コロナ予防接種対応推進団のホン・ジョンイク接種管理チーム長は1日、関連する質問に対し「600万回分がなければ、当然接種の実施に影響を与える」と答えた。

    続いて「ワクチンがなければ接種を受けられないのは周知のこと」とし「仮定を前提に質問するなら回答は難しいが、影響があるのかと問われれば当然影響はある」と付け加えた。

    政府は5日までにモデルナワクチン701万回分を受け取ると明らかにしたが、先月23日に101万回分が供給された後、残りの600万回分は依然として入ってきていない。このため、一部では接種計画がもう一度修正されるのではないかという懸念も出ている。

    モデルナ社はこれに先立ち、自社の実験室の問題により8月の供給量を当初850万回分の半分以下に減らすと一方的に通知し、このため推進団はモデルナとファイザーなど、mRNAワクチン(メッセンジャーリボ核酸)の1次・2次接種の間隔を従来の4週間から6週間に変更した。

    これとは別に、政府はルーマニアとのワクチン協約を通じ、ファイザーやモデルナワクチン、計150万3000回分を導入することにした。モデルナやファイザーなど、政府が従来の契約を通じて確保したワクチンが計画どおりに供給されていれば、ルーマニアからのワクチンがなくても、接種実施には支障がなかったというのが政府の見解だ。

    ホンチーム長は「計画どおりワクチンが入ってくる状況ではルーマニアからのワクチンがなくても、(秋夕前までに)3600万人に対する1次接種を行うのに量が不足しているということはない」と説明した。

    ヤフーニュース(WOW!Korea)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9b170f034bdcddb0b2d114127bad47fb4e4f5245

    【【韓国】保健当局「モデルナワクチン600万回分が入って来なければ接種に支障」…秋夕前に国民の70%に1次接種は難しいか 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2021/08/31(火) 09:46:26.91 ID:CAP_USER
    kr250
    モデルナワクチン需給の「思わせぶり」がまた始まった。韓国防疫当局は、今週600万回分の需給計画について、モデルナ社から契約書類ではなく、電子メール(Eメール)で回答を受けたと述べた。需給に問題が生じた場合、18?49歳の接種に一部支障をきたすものと見られる。

    チョン・ウンギョン疾病管理庁長は、30日の定例会見で、今週のモデルナワクチン供給量について「現在、週単位でワクチンの出荷、供給日程を確定し、連絡を受けている」と言及した。続いて「週間供給計画は、受け取っている」と言いながらも「最終的に出荷後、供給スケジュールの連絡を受け、(国民に)接種計画を案内する。供給スケジュールが決定次第、別途案内する」と述べた。事実上、モデルナワクチンが今週中に確実に入って来るかわからないとの回答を出したことになる。

    モデルナは、予定していた8月分の850万回分から「半分以下」のみ送ることを明らかにした。政府は、代表団を米国現地に派遣し、701万回分を供給することにしたが、今月23日に101万回分が到着し、残りの600万回分は、来月5日までに到着する予定だ。

    問題は、その協議はモデルナ次第であるということだ。ソン・ヨンレ中央事故収拾本部社会戦略班長は「600万回分のワクチンについて契約文書があるのか」という質問に、「文書で確約されてはいない」とし「契約書類上確約されたものではなく、政府代表団が米国を訪問し協議した結果であり、後に電子メールで回答を受けた」と答えた。

    もし、実際の需給に問題が生じると、現在接種が進んでいる18?49歳の接種も、一部支障をきたす可能性もある。これに先立ち、防疫当局は、モデルナの供給量に見通しがついた際、旧盆以降(来月22日以降)予約を前倒しし、9月6日から再予約を可能にした。これにより、旧盆前1次接種70%目標を達成するという計画だった。しかし、600万回分が政府の計画よりも遅れると、一部接種スケジュールに支障をきたすことが予想される。

    これとともに防疫当局はこの日、第4四半期(10?12月)から12?17歳の若者と妊婦の接種、および追加接種(ブースターショット)の方針を明らかにした。若者はファイザー、妊婦はファイザーまたはモデルナを接種する。この日までに、未接種の若者は275万人である。正確な妊婦の数は集計されなかった。

    これに関連し、ワクチン需給量の懸念について、チョン庁長は「第4四半期にも約9000万回分のワクチンが入ってくる予定だ」とし「ファイザー、モデルナの供給量が多く残っている。ノババックスワクチンは、許可手続きが進行中である」と一蹴した。政府は昨年末、モデルナワクチン4000万回分について契約を結んだが、現在まで供給されたワクチンは、347万2000回分と、契約量の8.68%にすぎない。

    グロ(九老)病院感染内科のキム・ウジュ教授は「そもそも、当初ワクチンの購入が難航したために起きている問題」とし「モデルナからメールを受けたというが、国際契約で書類がなければ、確約されたものではない。素人だ」と指摘した。

    WoW!Korea 2021/08/30 21:40配信
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0830/10313119.html

    【【韓国】モデルナワクチン供給量「契約書ではなく電子メールで回答」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/08/30(月) 08:14:36.17 ID:CAP_USER
    kr250
    今月に入って供給された米モデルナ社の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンは、当初の8月供給予定量(850万回分)の4.2%水準に過ぎないことが分かった。

    韓国政府は来月5日までに600万回分のモデルナワクチンを追加供給予定と発表したが、この物量がすべて供給されても、8月に計画物量の一部に不足が生じる。不足分は改めて9月物量に含める必要がある状況だ。中央防疫対策本部の「ワクチン導入の現状と計画」(8月2日現在)を見ると、モデルナワクチンは8月中に1046万回分が供給される予定だった。

    本来、8月供給分850万回分に7月の不足分196万回分を加えた規模だ。当初の計画通りなら、7月に300万回分が供給されるはずだったが、欧州地域の生産に支障が出た影響により、104万回分のみ導入された。この余波は8月まで続いた。

    ところが、モデルナは今月6日、韓国政府に8月物量の半分以下のみ供給可能と通知した。これを受け、韓国政府はモデルナ本社に代表団を送って抗議し、物量供給日程を協議した。代表団は帰国後、「8月の供給量追加と、9月の早期供給」を活動の結果として発表した。

    しかし、今月に入って29日までに供給された物量は232万1000回分にすぎない。ここから7月分の繰越量(196万回分)を差し引けば、実際の8月供給量はわずか36万1000回分だ。当初の8月予定分(850万回分)の4.2%水準だ。生産に支障が生じた後、本来予定された物量の半数(425万回分)のみ供給すると通知した物量についても8.5%しか守れなかったことになる。

    政府は来月5日までに600万回分が追加供給予定だと明らかにした。この物量が全て供給されると仮定しても、当初の8月に計画より213万9000回分少ない。

    600万回分の供給予定もまだ確実ではない。中央事故収拾本部は29日、「(モデルナワクチンの)供給日程はまだ協議中」とし「確定すれば、案内する」と述べた。26日、18~49歳のワクチン1次接種が本格的に始まった。もし、モデルナの8月不足分を含む、9月物量供給に支障が出たら、10月2次接種計画が狂う可能性がある。18~49歳の接種対象者は1492万6769人で、接種予約者は1021万8666人と確認された。国内のワクチン残余量は29日現在、ファイザー320万回分、モデルナ139万6100回分だ。ファイザーは、毎週水曜日に決まった量が順に導入されている。更にモデルナ600万回分まで供給されれば、18~49歳の1次接種量には当面は大きな無理はないものと見られる。しかし、モデルナは9月の需給状況によって、10月の18~49歳の2次接種には支障をきたす可能性がある。

    政府関係者は、「モデルナが7-9月期まで供給することにした物量を(18~49歳の)2次接種に用いることができる」とし「ワクチン需給状況に応じて対処していく」と述べた。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/282374?servcode=400§code=400

    【【韓国】モデルナ、8月予定分の4.2%のみ供給…韓国、2次接種計画に狂いのおそれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/08/26(木) 09:04:50.22 ID:CAP_USER
    moderuna
    韓国の防疫当局は「米国のモデルナ社が9月のワクチンの量をどの時点で供給するかについて、まだ通知されていない」と明らかにした。もしも9月中に供給されなければ、10月に実施される18~49歳のコロナ2次予防接種に支障が生じる。

    コロナ予防接種対応推進団のホン・ジョンイク予防接種企画チーム長は25日、定例ブリーフィングで「9月に入ってくるワクチンは、10月に18~49歳の2次接種に使われるが、9月にワクチンがどれだけ入ってくるか、日程は決まっていない」と述べた。

    ホンチーム長は「9月第2週以降に入ってくる量はチュソク(秋夕、韓国のお盆期間)以降に使われるが、モデルナ社が第3四半期(7~9月)までに供給すると約束した量があるため、2次接種に使えるものと期待している」と説明した。

    モデルナ社はこれに先立ち、生産での支障問題により、8月に供給する予定だった850万回分の半分以下を供給すると明らかにしたが、韓国政府の抗議訪問を受け、通知した量より多い701万回分を来週までに供給する計画を改めて明らかにした。

    政府はこのワクチンを18~49歳の1次接種などに投入し、‘秋夕の前に国民の70%が1次接種完了’という目標を達成するという計画だ。ホンチーム長は「9月、10月にモデルナワクチンが最初から入ってこないという仮定はしておらず、そうした状況が発生すれば対処する」とし「モデルナワクチンが9月末までに追加で入ってくれば、10月の2次接種に使うことができる」と説明した。

    推進団は秋夕の連休が始まる来月19日までに国民の70%が1次接種を完了するためには、18~49歳の年齢層が接種の予約をなるべく早く終え、早期に接種しなければならないと強調した。

    政府は18~49歳の接種対象者のうち、まだ予約ができていない場合や、秋夕以降に1次接種の日程が決まっている対象者が来月6~19日に接種を受けられるよう予約の機会を与えている。来月6~19日の間に接種予約者を200万人以上増やすというもので、この日の昼現在、20万人が当該期間に予約を新たにしたことが分かった。

    ホンチーム長は「ワクチンの量と接種人員を考慮すると、秋夕の前までに国民70%への1次接種は十分可能」とし「18~49歳が秋夕の前に接種を多く参加し、実際に接種に応じてくれたらと思う」と述べた。

    防疫当局は、最近、療養病院などで相次いで報告された‘ブレイクスルー感染’の原因がデルタ変異なのか、接種終了後に時間が経って免疫が弱くなったためなのか分析していると発表した。

    中央防疫対策本部のパク・ヨンジュン疫学調査チーム長は「デルタ変異が優勢種になってからワクチン効果が低下する兆候が米国と英国で相次いで報告されているが、デルタ変異および接種後の時間の経過による免疫低下の2つの要因があると思われる」と述べた。さらに「接種から3~4か月が過ぎた時点で、高危険な脆弱施設において接種効果が低く現れた部分はデルタ変異のためなのか、接種期間(の経過)のためなのかをモニタリングしており、結果をもとに補完策を講じる」と付け加えた。


    2021/08/25 21:09配信 WOW!Korea
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0825/10312563.html

    【【韓国】モデルナワクチンだけ見ている防疫当局…「9月の供給量はまだ通知されていない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アカントプレウリバクター(東京都) [FR] 2021/08/22(日) 10:50:14.44 ID:VwGba5CZ0 BE:279771991-2BP(1500)
    moderuna

    外交部は、ルーマニア政府が韓国に新型コロナウイルス感染症(コロナ19)のモデルナ製ワクチンを無償提供することを決定したという現地の一部メディアの報道を否定した。
    外交部は21日夜、これらの報道についてテキストメッセージを通じて「現在、報道されているルーマニア政府のワクチン無償供与は事実ではなく、韓国とルーマニア間のワクチンスワップ(交換)の次元で協議が進められている」と述べた。
    そして「政府は、コロナ19発生初期の昨年3月、ルーマニア政府に診断キットなどの防疫機器を支援し、両国間の信頼を築いてきた」と伝えた。
    先日、ルーマニア国営通信アゼルプレスは、ルーマニア政府が韓国にモデルナ製ワクチン45万回分を韓国に供与することを決め、人道的次元で今回の支援を承認したと報道した。
    しかし、外交筋によると、韓国政府はルーマニア側が提供するモデルナ製ワクチンに相当する物品を供与する案を論議している。
    汎政府ワクチン導入TF(タスクフォース)は、ルーマニア国営通信の報道について、「韓国政府は、米国によるヤンセン製ワクチンの供与、イスラエルとのワクチンスワップなど、主要国とのワクチン協力を推進してきており、ルーマニアも協力対象の国の一つとして協議している」と明らかにしている。

    daum(韓国語)
    https://news.v.daum.net/v/20210821235514248

    【韓国政府外交部「ルーマニアがモデルナくれる言う報道あるけど、あれ嘘やから」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/08/21(土) 15:24:07.99 ID:CAP_USER
    kr250
    (翻訳)

    ルーマニア政府は、有効期限が間近に迫っているため、45万回のcovid-19ワクチンを韓国に寄付することを決定したと、ルーマニア国営通信社Azerpressが1月21日に報じた。
    アゼルプレスによると、ルーマニア政府は人道的なレベルでの支援を承認した。

    ルーマニア保健省は、ワクチンの輸送は、政府
    の状況に応じて確認されると述べています。
    これに先立ち、韓国政府は、モデラーと彼の側が内部
    の理由で今月韓国にワクチン量(850万人)を減らしたとき、強い遺憾の意を表明するために、米国マザーナ本部に代表団を派遣しました。チャイナキム @yna.co.kr

    NAVER(韓国語)
    https://n.news.naver.com/article/001/0012611875?cds=news_edit


    【ルーマニア、韓国に消費期限間近モデルナ45万回分寄付】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/08/18(水) 08:03:23.46 ID:CAP_USER
    kr250
     韓国政府がモデルナとワクチン供給契約を結んだ際、四半期ごとにどれだけの量の納入を受けるか具体的に契約していなかったことが分かった。これまでワクチン供給の具体的契約内容は「製薬会社との機密保持契約」で明らかにできないとしてきたが、それを明かしたものだ。米国と欧州連合(EU)は供給量も契約書に盛り込んでいた。

     中央事故収拾本部のチョン・ウンヨン・ワクチン導入事務局長は17日、「製薬会社(モデルナ)との契約で年内の導入量(4000万回分)は明示されているが、月別、四半期別の具体的な供給日程は通常協議を通じて決めている」と説明した。モデルナが7-9月に韓国に供給するとしていた量を10-12月に一度に供給しても「契約違反」とは言えないことになる。チョン事務局長は「月別、四半期別の具体的な供給日程は継続的に協議している」とし、契約書に月別、四半期別の供給日程は書かれていないことを改めて認めた。モデルナのワクチンは昨年12月、文在寅(ムン・ジェイン)大統領がモデルナの最高経営責任者(CEO)と電話交渉を行い、4000万回分の供給を受けることが決まった製品。しかし、「5月からできるだけ早く4000万回分の供給を受ける」とする発表とは異なり、16日までに導入されたのは245万5000回分(6.1%)にとどまっている。7月の納入は相次いで遅延し、8月の供給は「半分」を供給すると通知された状況だ。

     当局はこれまで月別、四半期別の具体的な供給量が契約書に明記されているかどうかすら「秘密契約」だとして口をつぐんできたが、海外は異なる。米政府は保健福祉省のウェブサイトでモデルナとの53ページから成る契約書を公開した。そこにはワクチン供給量、契約規模、ワクチン供給単価が記載されており、時期別の導入量も内容は隠されているが、明らかに含まれていることを確認できる。EUがアストラゼネカ(AZ)と結んだ契約書にも月別供給量が含まれている。翰林大聖心病院のチョン・ギソク教授(元疾病管理本部長)は「政府が昨年末に急いでモデルナと契約を結ぶため、(交渉を)不利に進めた可能性がある。それまで『四半期別供給量』を公式に発表してきたのは国民を愚弄する行為だ」と述べた。

    モデルナのワクチン供給に支障が出たことから、韓国政府の代表団は米マサチューセッツ州のモデルナ本社を13日に訪問したが、これといった成果は得られなかった。韓国政府は17日、「今回の代表団訪問を通じ、強い遺憾表明と共に、ワクチンの迅速かつ安定的な供給を求めた」と説明した。未供給のワクチンをできるだけ9月初めまでに提供すること、供給予定量の供給時期を前倒しすることを求めたという。

    ■国内委託分の国内優先供給を要求

     韓国政府代表団を率いた保健福祉部の姜都泰(カン・ドテ)第2次官は「モデルナは韓国との信頼回復に向け、既に通知した(8-9月の)供給量を上回る量を供給し、9月の早期供給に最善を尽くすとし、今週までに具体的な供給量と供給日程を通知することを決めた」とし、具体的な供給日程は可能な範囲で今後明らかにするとした。モデルナが今週末までに今後の供給計画を明らかにするとの説明だ。8月17-31日の導入に向けて協議中のモデルナ製ワクチンは915万8000回分だ。

     韓国のサムスンバイオロジクスを通じ受託生産される予定のモデルナ製ワクチンを韓国国内に優先供給する案も今回提案されたが、明確な回答はなかった。姜次官は「代表団はワクチン供給の安定性確保と流通過程の効率化などの面で、韓国国内での受託生産分が韓国国内に供給されることが望ましいとの意見を(モデルナ側に)伝えた」とし、「受託生産とさまざまな品質検査、許可などの手続きにかなりの時間がかかることを考慮し、継続的に協議していくことにした」と説明した。モデルナはサムスンバイオロジクスへの委託による生産を近く開始する予定だが、生産したワクチンのうちどれだけの割合を韓国国内に回すかは未定だ。姜次官はサムスンバイオロジクスのモデルナ製ワクチン受託生産が9月ごろにも可能になるかとの質問に対し、「新製品の生産、品質検査、許認可などの過程を予め断定的に回答するのは難しい」と述べるにとどめた。

    キム・ソンモ記者 , キム・テジュ記者

    朝鮮日報 記事入力 : 2021/08/18 07:51
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/08/18/2021081880009.html

    【【朝鮮日報】韓国向けモデルナワクチンの「屈辱的契約」、月別・四半期別の供給計画もなかった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/08/17(火) 13:04:41.84 ID:CAP_USER
    F175E5E8-08EE-48BD-A11D-43E0FA435E34
    米モデルナが、新型コロナウイルスワクチンの8月分の供給遅延で同社本社を抗議のため訪問した韓国政府代表団に謝罪し、8~9月の供給拡大に最善を尽くすとの意向を明らかにした。また、9月の供給日程も最大限前倒しするとした。

    韓国政府は17日、こうした内容を盛り込んだモデルナとの交渉結果を発表した。これに先立ちモデルナはワクチン生産実験室の問題から8月の韓国向け輸出量850万回分を半分以下に減らした。7月分の供給も遅延していた。この影響で韓国政府はモデルナだけでなくファイザーのワクチンの1回目と2回目の接種間隔をそれまでの4週間から6週間に伸ばした。

    これに対し韓国政府は保健福祉部の姜都泰(カン・ドテ)第2次官と青瓦台(チョンワデ、大統領府)の柳根赫(リュ・グンヒョク)社会政策秘書官らで構成された代表団を現地に急派した。代表団は13日にモデルナ本社を訪問し、3時間ほどの協議に入った。モデルナからはコリンヌ・ル・ゴフ最高販売責任者、ポール・バートン最高医療責任者、ジョン・レポール政府担当副会長、ニコラス・コルネ国際生産副会長、パトリック・ベルグステット商業用ワクチン副会長ら国際医療機関とワクチンの国際販売と供給を担当する責任者8人が会議に参加した。

    姜次官はまずモデルナのワクチン供給支障によりモデルナに対する信頼と評判が損なわれ、予防接種計画の変更にともなう国民の混乱が発生した点に対して強い遺憾を何度も表明したという。これに伴い、モデルナの信頼回復と、韓国政府とモデルナ間の持続的な協力関係発展のためには7-9月期供給分の早期納入と安定したワクチン供給が何より重要だと強調した。

    モデルナ側は突然の供給支障により発生した韓国政府と韓国国民の困難に対し謝罪した。今回の供給支障の原因は協力製造所で発生した製造実験室の問題だった。現在は解決されている。7月供給分は段階的に出荷されているというのがモデルナの説明だ。

    代表団は円滑な予防接種推進に向け7-9月期供給分の安定的納入が極めて重要だと強調した。続けてこれまでに供給できていない分をできるだけ8月~9月初めまでに提供することと、供給予定量の供給時期を繰り上げ具体的な供給日程を早急に通知することをモデルナに強く要請した。モデルナは世界的なワクチン需要増加の中で在庫がなく生産してすぐに供給している状況だが、韓国にすでに通知した量より8~9月分を拡大し、9月の供給日程も繰り上げるために最善を尽くすと明らかにした。

    ただ現場で具体的な供給量の約束は出てこなかった。今週までに具体的な量と供給日程を韓国側に改めて通知することにした。モデルナは最近モデルナ製ワクチンのブースター接種効果に対する研究結果と米食品医薬品局(FDA)のコロナ高危険群に対するブースター接種承認、米予防接種諮問委員会(ACIP)の免疫低下者に対するmRNAワクチンのブースター接種勧告など最近の動向に対して共有した。

    モデルナのコリンヌ・ル・ゴフ最高販売責任者は「韓国政府と長期的なパートナーシップを維持することを希望する。今回の面談は相互間の理解が深まる契機になった」と話した。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/281970?servcode=400§code=400

    【【どこまで本当?】モデルナ、韓国の抗議訪問団に謝罪…8~9月の供給拡大に最善を尽くすとの意向を明らかにした】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/08/15(日) 09:37:49.42 ID:CAP_USER
    F175E5E8-08EE-48BD-A11D-43E0FA435E34
    モデルナの新型コロナウイルスワクチンの供給支障を解決するため米国に向かった韓国政府代表団が「モデルナが謝罪の意を表明した」と明らかにした。

    保健福祉部の姜都泰(カン・ドテ)第2次官と青瓦台(チョンワデ、大統領府)の柳根赫(リュ・グンヒョク)社会政策秘書官ら4人で構成された代表団は13日午後に米マサチューセッツ州のモデルナ本社で同社関係者らと会った。

    姜次官は面談後、「韓国政府は遺憾の意を表明し、モデルナは謝罪の意を表明した。より多くの量の新型コロナウイルスワクチンがより速く供給されることを要請し、モデルナは最善の努力を尽くすことにした」と明らかにした。

    その上で具体的な供給スケジュールに対しては、「最大限前倒ししてほしいと話した」とし、モデルナとの追加協議を経て詳しい内容を整理し帰国後に正式発表すると付け加えた。彼はまた「きょうの会議は建設的になされた。モデルナと韓国が相互理解を高める契機になったとみている」と評価した。

    韓国政府が今年モデルナから供給を受けることにしたワクチンは合計4000万回分で、このうちこれまでに供給された量は全契約分の6%をやや上回る245万5000回分だ。

    7月の供給分の一部も8月に一度遅らせたことがあるモデルナは、最近生産支障問題で今月韓国に供給することにしたワクチン量を半分に減らした。これに伴い、モデルナとファイザーなどメッセンジャーRNA(mRNA)系列ワクチンの1回目と2回目の接種間隔がこれまでの4週間から6週間に2週間増えた。

    一方、韓国政府はこれに先立ちモデルナだけで韓国のワクチン供給に支障が出ているだけに、厳重に抗議し再発防止の確約を受けるという計画を持って訪米した。姜次官は出国前に仁川(インチョン)空港で記者らと会い、「今後供給される量を含め全体的にワクチン供給安定化について協議する」と話していた。

    一方、代表団は韓国時間15日午後に帰国し、早ければ当日の中央災害安全対策本部の定例会見か翌日に、モデルナとの具体的協議結果を発表する予定だ。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/281906

    【【ホントに?】「モデルナ供給支障」米国に抗議に行った韓国代表団「謝罪受けた、最善尽くしてくれるという」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/08/14(土) 16:00:49.63 ID:CAP_USER
     F175E5E8-08EE-48BD-A11D-43E0FA435E34
    2021.08.14。午前6:44

    [アンカー]

    コロナ19ワクチン供給支障の問題を議論するための政府代表団と製薬会社モデルナの会議が少し前にアメリカのボストンモデルナ本社で終わりました。

    代表団は、供給支障の問題について遺憾を表明しモデルナは謝罪の意思を表示しています。

    モデルナのワクチン接種の販売責任者と二時間を超える対策会議を終えて出てきた政府代表団は、待っていた取材陣に「モデルナに供給スケジュールの変更について遺憾の意を表した」としました。

    厳重抗議もしました。

    供給日程が当初通り正常化するのかという質問には即答を避けました。

    モデルナは今年韓国で4000万回分のワクチンを供給する契約をしたが、現在までに供給量は6%程度にとどまっています。

    https://news.naver.com/main/read.naver?mode=LSD&;mid=sec&sid1=104&oid=056&aid=0011101388

    いい15 馬鹿1024


    モデルナに無視される国レベルに転落したな。凄惨。OECD接種率は最下位。
    国に金があっても政府が無能だとどんな待遇を受けるのか、徹底的に見せるムン・ジェイン政府。
    共感1561 非共感194


    【【韓国】政府「モデルナに厳重抗議した」 記者「供給量は正常化するのか」 政府「…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/08/14(土) 09:12:25.57 ID:CAP_USER
    moderuna

    モデルナの新型コロナウイルス感染症(コロナ19)ワクチン供給支障を解決するために米国本社に向けた政府の代表団が13日午前(以下現地時間)、ボストンローガン国際空港から現地に到着した。

    4人で構成された政府代表団は、マサチューセッツ州ケンブリッジにあるモデルナ本社に移動し、この日午後交渉を開始する。代表団はワクチンの供給支障についてモデルナに厳重に抗議し、再発防止のための確約を受けるという方針である。

    リュ2次官はこの日、仁川空港で「モデルナワクチンの供給スケジュールの変更について遺憾の意を表明したい」とし「今後より安定的にワクチンが供給される方案について協議する」と述べた。

    モデルナは今月中に供給する予定だったワクチン量を半分以下に減らし、これにより、モデルナ・ファイザーワクチンの1・2次接種間隔が従来の4週間から6週に増えた。

    政府が今年モデルナから供給を受けることにしたワクチンは全4000万回分だが、これまで入ってきた物量は全体契約分の6%を少し超える245万5000回分である。モデルナは先月分の物量の一部も今月に一回ずらしたことがある。

    NAVER(韓国語) 記事入力2021.08.13。午後11:43
    https://news.naver.com/main/read.naver?mode=LSD&;mid=shm&sid1=105&oid=366&aid=0000754302

    いい2 馬鹿356


    【【韓国政府】モデルナ抗議団がアメリカに到着  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/08/12(木) 17:27:29.23 ID:CAP_USER
    F175E5E8-08EE-48BD-A11D-43E0FA435E34
     
    米モデルナの新型コロナウイルスワクチンの安定した需給基盤を確保するため韓国政府代表団が13日に現地に向け出国する。

    代表団はモデルナのワクチン販売責任者と会い、8月の供給量が半分になったことに対しても強く抗議する予定だ。

    中央事故収拾本部の孫映莱(ソン・ヨンレ)社会戦略班長は12日の会見で、「保健福祉部の姜都泰(カン・ドテ)第2次官、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の柳根赫(リュ・グンヒョク)社会政策秘書官を代表とする出張団が13日午前9時30分にモデルナ本社に向け出国する予定。面談日は現地時刻で13日午後になるだろう」と明らかにした。

    政府代表団は姜第2次官、柳秘書官ら4人だ。モデルナのワクチン販売責任者に会う予定だ。まず相次ぐモデルナのワクチン供給支障に対する韓国政府の遺憾を表明する方針だ。

    これに先立ちモデルナは7月分の残り196万回分が供給できなかったのに続き8月引き渡し分の850万回分も半分以下だけ供給可能だと伝えてきた。

    モデルナはこれまで月別に供給量を通知してきた。韓国政府はこれを基にワクチン接種計画を策定した。ワクチン供給量が十分でない状況でモデルナの月別供給量に支障が出れば現在のようにモデルナだけでなくファイザーまで1回目と2回目の接種間隔を2週間に伸ばすなど接種計画の変更は避けられない。

    代表団はまた、今回のような月別供給量変更が再発しないよう供給安定化策も話し合う計画だ。韓国政府は面談後の実務協議を経て公開可能な範囲を会見で明らかにする予定だ。代表団は現地時間15日午後5時20分にニューヨークを出発する。

    孫班長は「代表団訪問の目的は強力な抗議と遺憾を表明し、(通知された月別供給量を突然変更するなどの問題の)再発防止対策を講じること。具体的な協議内容などは面談が終わった後に整理し(可能な範囲で)公開する」と話した。

    中央日報 2021.08.12 16:29
    https://japanese.joins.com/JArticle/281851

    【【韓国政府代表団】モデルナの販売責任者に抗議予定…「供給安定基盤協議する」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/08/09(月) 16:11:17.27 ID:CAP_USER
    kr250
    韓国政府が米国モデルナ社から今月供給を受ける新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンの物量が予定された物量の半分以下に減る。生産問題の影響を受けた。

    このため緊急にファイザー・モデルナワクチンの1・2次接種の間隔を4週から6週に変更した。2つのワクチンは7-9月期の主力だ。

    接種間隔が延びた分、コロナ感染リスクにさらされる期間が長引くことになり、11月の集団免疫獲得にもそれだけ支障が懸念される。

    政府は「モデルナが8月に計画されていた供給物量の半分以下のワクチン物量を供給する予定」とし「これに対してファイザー・モデルナの接種間隔を6週まで延長して実施する」と明らかにした。

    当初、モデルナの8月供給物量は850万回分だった。だが425万回分も受けられなくなり、政府は不足分を埋めるために接種間隔を2週も延長した。

    ただ、高3生徒・高校教職員・その他大学受験生は従来の接種間隔を維持する。教育・保育従事者は5週間隔に調整された。

    政府関係者は「モデルナ社はワクチン供給問題が世界的なものと説明して供給支障に対して謝罪した」とし「韓国に約束された物量を供給するために最善の努力をつくすと約束した」と説明した。

    韓国政府はモデルナ社に直ちに抗議したという。保健福祉部の姜都泰(カン・ドテ)第2次官を代表とする韓国公式代表団を派遣し、今般の供給遅延に対して強い遺憾を表わし、ワクチンの早急な供給方案を求める予定だ。

    モデルナの供給支障は今回だけではない。これに先立ち、モデルナは欧州製造の工程に問題が発生して7月分の残りの供給物量196万回分を8月に繰り越ししたことがある。

    この時、韓国政府は「8月の導入物量は問題ない」と強調した。8月に予定された物量に上乗せして供給される予定だと説明した。だが、今回のことで供給が再びずれ込むことになった。


    中央日報 2021.08.09 15:53
    https://japanese.joins.com/JArticle/281704

    【【韓国】8月のモデルナワクチン供給、計画50%も満たせず…接種間隔4週から6週に 韓国政府はモデルナ社に抗議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2021/07/30(金) 14:20:19.76 ID:CAP_USER
    kr250
    韓国与党代表「モデルナから来週140万分提供」…政府「秘密協約のペナルティを懸念」

    共に民主党の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表が秘密維持協約の適用対象であるモデルナ社の新型コロナワクチンの供給予定物量を具体的に公開して論議を呼んでいる。供給停止などの不利益発生の可能性に対する懸念の声も上がる。

    宋代表は28日午前7時、KBSラジオ番組『チェ・ギョンヨンの最強時事』に出演して「(モデルナから)25日75万ドーズ、31日121万ドーズなど196万ドーズを受けることにしたのが延期された」とし「昨日、徳チョル(クォン・ドクチョル)保健福祉部長官がモデルナのジョン・レポー副会長および生産責任者と緊急会議を行って来週に130万~140万ドーズを受けることにした」と明らかにした。また「8月に850万ドーズは予定通りに入ってくるそうだ」と付け加えた。その間、保健当局は秘密維持協約に基づいてワクチン供給物量と導入日などについて公開しなかったが、与党代表がインタビューを通じてこれを公開した。

    秘密維持協約の範囲にはワクチンの価格、細部供給日程、免責条項などが含まれる。政府は契約物量、最初の供給時期(四半期)程度に限って公開可能で、その他には製薬会社と合意した範囲内で公開することができる。

    発言時点も金富謙(キム・ブギョム)首相が公式にモデルナ製ワクチンの供給再開の事実を明らかにする前だった。金首相はこの日午前、新型コロナ中央災害安全対策本部会議で「昨夜、政府がモデルナ側と高官級テレビ会議を開催して多少支障があったワクチンの供給を来週から再開することにした。具体的な8月接種計画は30日に発表する予定」と明らかにした。

    政府は宋代表の発言に対して遺憾を表わした。中央事故収拾本部のソン・ヨンレ社会戦略班長は「正確に決まっていない部分が他のルートを通じて公開されたことに遺憾を表わし、申し訳ないと考える」として「(モデルナが)相当物量を来週にすぐに提供することにし、実務的に協議している物量の数値はあるが、1次協議の結論なので公開することは難しい」と話した。

    ソン班長は特に秘密維持協約に関連して「供給される物量は全部公開しないことになっている。基本的には(宋代表の発言内容も)秘密維持協約の遵守対象に該当すると判断され、ペナルティ(処罰)も可能な事項とみられる」と強調した。モデルナがペナルティの次元で供給日程と物量を再調整したり、供給を最初から停止したりする可能性もあり、供給を取りやめても代金はそのまま支払わなければならないというのが説明だ。

    これに先立って、5月にも中央災害安全対策本部第2次長を務めるチョン・ヘチョル行政安全部長官がメディアインタビューでファイザー製ワクチンの週次別導入物量を公開して秘密維持協約の違反という論議が巻き起こった。中央事故収拾本部関係者は当時の状況について「ファイザーに状況を十分に説明して了解を求め、やっと供給上のペナルティは受けないことになった」と説明した。

    論議にもかかわらず、モデルナ製ワクチンの供給再開決定が下され、8月接種計画にはそれなりに安心できるようになった。防疫当局は、モデルナ製ワクチンの需給に支障が生じると、来週に予定されていた55~59歳接種者などに対して全部ファイザー製ワクチンを接種することに計画を修正した。来週から予定通りに物量が導入されれば、8月第2週目からは接種が正常化するものとみられる。

    だが、需給支障への懸念が完全に消えたわけではない。宋永吉代表はインタビューで「モデルナは技術力は優れるが、ベンチャー企業なので生産施設、流通網の不足で生産と瓶詰を全部委託している。供給の安定性がファイザーより確かに落ちる」と話した。

    中央日報/2021.07.29 08:28
    https://japanese.joins.com/JArticle/281301?servcode=400§code=400

    【【いつもの韓国】韓国与党代表、モデルナとの協約を破る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 2021/07/22(木) 20:29:11.68 ID:CAP_USER
    ta250
    (台北中央社)蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)は22日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、今年第4四半期(10~12月)から来年、再来年にかけて3600万回分の供給を受ける契約を結んだと発表した。現在治験が進められている「次世代型」のワクチンも含まれる。

    行政院(内閣)が閣議後の記者会見で説明した。台湾は今年2月にはモデルナと505万回分の供給契約を締結。政府の直接購入分はこれまでに80万回分が台湾に到着している。

    蘇氏によれば、台湾で1回以上ワクチンを接種した人の割合は20日現在で23.5%に達した。政府は今月末までに25%とすることを目指しているが、前倒しで達成できる見通し。蘇氏は、30%に向けてまい進していくとした。

    (陳俊華/編集:名切千絵)

    中央社フォーカス台湾 2021/07/22 15:23
    https://japan.cna.com.tw/news/apol/202107220005.aspx

    【【台湾】米モデルナ製ワクチン3600万回分を追加契約=蘇貞昌行政院長(首相)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/05/23(日) 21:05:10.99 ID:CAP_USER
    kr250
    韓国のサムスンバイオロジクスがモデルナ社と第3分期(7~9月)から数億回分の新型コロナウイルスワクチン委託生産契約を締結したのに続き、米国は韓国軍55万人に対するワクチン支援を約束した。

    韓国保健福祉部のカン・ドテ第2次官は23日、「米韓ワクチン協力関連の記者会見」を開き、米韓首脳会談の過程で導き出された両国の同ウイルス対応協力案について質疑応答を行った。

    記者らは、サムスンバイオロジクスが委託生産するモデルナ社のワクチンについて、国内供給の優先権があるか、また、米国政府が提供する韓国軍55万人に対する具体的なワクチン接種計画について質問したが、カン・ドテ第2次官は「今後米国および関係省庁と調整を進めていく」として、具体的な日程や内容などについては、事実上「未定」であることが分かった。

    ヤフーニュース(WOW!Korea)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bd5bf8b2bc300ab1f1384d9699b70ea4f5c3564d


    【【韓国政府】モデルナ社の委託生産・米国による韓国軍55万人に対する具体的な供給計画など全て「未定」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2021/05/23(日) 12:21:36.38 ID:CAP_USER
    mderunavc
    サムスンバイオロジックスとモデルナは22日、コロナ19メッセンジャーリボ核酸ワクチン(mRNA-1273)の委託生産契約を締結したと23日、明らかにした。

    中略

    今回の契約に基づいてサムスンバイオロジックスはモデルナワクチンの技術移転にすぐ着手して
    第3四半期から米国以外の市場へ数億回分量のワクチンの無菌充填・ラベリング・包装などを本格的に開始する予定である。

    中略

    今回の契約に基づいて、サムスンバイオロジクスは、海外で生産されたモデルナワクチン原液を国内で充填して生産することになった。



    NAVER(韓国語)
    https://fizpwevy6ty7sqghhaskoop26q-ac4c6men2g7xr2a-news-naver-com.translate.goog/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=277&aid=0004906962

    【【韓国】韓国、モデルナの委託でワクチン原液の瓶への充填と包装作業を開始へ】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル