かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:モルディブ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/04/07(日) 01:03:41.49 ID:qcWQ3qhe9
    92B5A013-2A29-4BA4-9C70-F7CCAD0E186F
     
    モルディブで議会選挙 中国依存脱却か
    2019年4月6日 19時40分

    去年の大統領選挙で中国寄りからインド寄りの政権に交代した、インド洋の島国モルディブで議会選挙の投票が行われました。大統領率いる与党が勝利し、過度な中国依存からの脱却を目指す政権運営に弾みをつけることができるのか注目を集めています。

    任期満了にともなうモルディブの議会選挙は定数87に対し386人が立候補し、6日各地で投票が行われました。

    モルディブでは去年9月に行われた大統領選挙でインドとの関係を重視するソリ大統領が、前のヤミーン大統領の外交政策は中国一辺倒だと批判して当選し、政権が交代しました。

    今回の議会選挙はソリ大統領率いる与党「モルディブ民主党」とヤミーン前大統領が率いる現在、第1党の野党「モルディブ進歩党」などが対決する構図となりました。

    モルディブはヤミーン前大統領の在任中に中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に関連した港や橋の建設で中国から巨額の融資を受け、GDP=国内総生産の50%近くの対外債務を抱えているとみられています。

    ソリ大統領は過度な中国依存からは脱却する考えを示していて、今回の選挙で野党を抑えて勝利し、政権運営に弾みをつけることができるのか注目されています。投票はすでに終了し、開票作業が進められています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190406/k10011875461000.html



    【【中vs印】モルディブで議会選挙 中国依存脱却か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2018/11/20(火) 09:17:43.85 ID:CAP_USER
    【ニューデリー=黒沼勇史】インド洋の島国モルディブは2017年12月に中国と交わした自由貿易協定(FTA)を見直す方針だ。17日に就任した親インド派のイブラヒム・モハメド・ソリ大統領の参謀役で、与党モルディブ民主党(MDP)党首のモハメド・ナシード元大統領がロイター通信に「対中貿易の不均衡が非常に大きい。(対中FTAを)維持できない」などと指摘した。

    モルディブは中国が主導する広域経済圏構想「一帯一路」に組み込まれていたが、距離を置く動きを見せ始めた。

    9月のモルディブ大統領選では、ソリ氏が親中派の現職(当時)アブドラ・ヤミーン氏に勝利。ナシード氏はかねて、ヤミーン前政権下で進んだ対中接近の解消や対中債務の圧縮を進める方針を示していた。ナシード氏は「中国は我々から何も買わない。一方通行の協定だ」と述べ、対中FTAに不満を表明した。

    国連統計によると、17年の中国からモルディブへの輸出額は2億9500万ドル(約332億円)だったが、モルディブから中国への輸出額は62万ドルにすぎない。

    ヤミーン前政権は中国とFTAを締結。政治基盤強化のため、中国から資金を借りて橋梁や宅地開発などを進めた。

    ナシード氏は11月初旬、記者団に「(モルディブの)対中債務は30億ドル。(ソリ氏の)新政権は国の発展と同時に債務を返済していく」と述べた。だが、モルディブ経済は観光面でも中国への依存度が高く、軌道修正には曲折もありそうだ。


    日本経済新聞 2018/11/20 8:56
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37965590Q8A121C1EAF000/
    no title

    モルディブの対中貿易は大幅な輸入超過だ(1月、首都マレ付近のリゾート島)

    【【モルディブ】対中FTA見直し 新政権幹部が表明「中国は我々から何も買わない。一方通行の協定だ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: チンしたモヤシ ★ 2018/10/09(火) 14:01:14.11 ID:CAP_USER9
    【国際情勢分析】
    脱「一帯一路」は波高し 中国資本が浸透したモルディブの未来は
    no title

    今年に入ってアジア各地で、中国の影響力見直しを掲げる指導者が選出された。(左から)マレーシアのマハティール首相、モルディブのソリ次期大統領、パキスタンのカーン首相=AP

    no title

    9月24日、モルディブの首都マレに集まった野党統一候補ソリ氏の支持者。大統領選でソリ氏は親中派の現職ヤミーン大統領を破って当選を果たした(AP)
    CEADC04D-3CD6-4E7D-B413-08E4757FCEC2

    9月23日、大統領選の投票が行われたモルディブの首都マレで、一票を投じるヤミーン大統領。親中国的な政策を進めたが、野党統一候補ソリ氏に敗れた(AP)


    概要ザックリ
    ●モルディブ親中政権は強健と腐敗が主因で選挙に負けたが、中国からの借金で建設の巨大公共施設も敗因。
    ●世界で一帯一路関連事業の見直しがようやく始まった。だが着手済みは手遅れで、借金のかたに中国のモノだろう。
    ●パキスタン政府関係者「たとえインフラが中国に取られても、インフラが無いより有ったほうがマシ。」


     南海の楽園が選択した「脱中国」の行方は-。9月のモルディブ大統領選で親中派の現職が敗北し、親インドの野党候補が勝利した。新政権は中国マネーによるインフラ整備を見直す予定で、巨大経済圏構想「一帯一路」の退潮と捉えることもできる。ただ、中国の影響と資金は既にモルディブに深く染みこむ。公約通り中国の“赤色”をぬぐえるかは未知数だ。

    (略)

    産経新聞 2018.10.9 08:00 
    http://www.sankei.com/premium/news/181009/prm1810090006-n1.html 
     

    【【アジア】脱「一帯一路」は波高し 中国資本が浸透したモルディブの未来は 着手済みは手遅れ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ごまカンパチ ★ 2018/09/24(月) 17:51:13.30 ID:CAP_USER9
     mv250
     インド洋に浮かぶ島嶼(とうしょ)国、モルディブの任期満了に伴う大統領選で、選挙管理委員会は24日、暫定集計の結果、 インドなどとのバランス外交を目指す最大野党モルディブ民主党(MDP)のソリ氏が過半数を獲得したと明らかにした。 中国への接近を進めた現職のヤミーン氏は敗れた。

     選管は確定値を公表していないが、複数の地元メディアはソリ氏の得票数が60%程度に達するとの見方を示している。
    ソリ氏はこれに先立ち、24日未明に選挙事務所で「歴史的な瞬間が訪れた。モルディブの人々は変化と平和、正義を求めた」と勝利を宣言。 ヤミーン氏に敗北を受け入れるよう求めた。

     ヤミーン氏は2013年の就任後、中国に接近し、巨大経済圏構想「一帯一路」を通じた支援を受けてインフラ整備を進めた。その上で野党幹部や意にそぐわない判断を示した最高裁判事を拘束するなど。強権政治を敷いてきた。

     MDPは今回の大統領選で、同党代表のナシード元大統領の立候補が認められなかったことから、ベテラン議員のソリ氏を候補に指名した。 ソリ氏は中国に依存した外交政策の転換や民主的な政治を訴え、支持を広げた。

     モルディブでは08年に複数政党制を定めた新憲法が制定され、今回が3回目の大統領選。任期は5年。 選管は1週間以内に正式な結果を発表するとしている。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/world/news/180924/wor1809240007-n1.html  

    【【国際】モルディブ政権交代へ 野党候補が勝利、親中の現職敗れる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/03/04(日) 22:40:27.32 ID:CAP_USER9
    mv250
     
    インド洋の島国モルディブで、2月初旬から続く政情不安を機に、「南アジアの盟主」を自任する隣国インドと、南アジアへの進出を強める中国とのさや当てが続いている。

    親中派のヤミーン大統領は中国に、野党側はインドに支援を要請、中印が互いをけん制する事態となっている。

    モルディブ最高裁は2月1日、ヤミーン大統領就任後の2015年に野党政治家に出された反テロ法違反罪の有罪判決が「政治的動機」に基づくとして、判決を破棄した。
    大統領は同5日、非常事態を宣言、最高裁判事らを拘束し、判決破棄は取り消された。

    野党支持者らが次々に拘束される事態となり、野党はインドに介入を求めた。
    ロイター通信などは、野党の介入要請が「軍事的」措置も含んでいると報じている。
    インドは「非常事態の停止」を要求し、ヤミーン政権に圧力をかけた。

    一方、シルクロード経済圏構想「一帯一路」で中国と関係を深める政権側は中国に特使を送り、政権の立場に理解を求めた。
    中国は「モルディブの内政問題だ」(耿爽・外務省副報道局長)として外国勢力の干渉をけん制する立場を表明した。

    こうした中、ロイターは先月20日、「中国の艦船11隻がインド洋東部に入った」と報じた。
    また、インド紙タイムズ・オブ・インディアが「モルディブに中国の潜水艦基地が造られる可能性がある」と伝えるなど、 インドでは中国が政情不安を利用し、モルディブへの影響力を増そうとしているという懸念が広がっている。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018030400340&g=int

    【【中印】インドと中国、政情不安のモルディブめぐり主導権争い 大統領は中国に、野党側はインドに支援を要請 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/02/20(火) 03:46:50.15 ID:CAP_USER9

    2018.02.19 Mon posted at 15:15 JST
    ニューデリー(CNN) インド洋に浮かぶ小さな島国、セイシェル。白砂のビーチと熱帯雨林で知られるこの国が、中国の影響力拡大に対抗しようとするインドにとっての要衝となりつつある。

    インドとセイシェルは先月、アフリカ大陸から約1650キロ東部にあるセイシェルのアサンプション島にインドが基地を建設する計画について、改訂合意文書に調印した。

    今回の合意は、数年に及ぶ外交交渉を経て実現した。これでインドは、急速に戦略的重要性が高まる地域に軍事拠点を築くことになる。

    2016年、世界の石油供給量の半分近くに相当する1日約4000万バレルの石油が、ホルムズ海峡やマラッカ海峡、バブエルマンデブ海峡などインド洋の海峡を通過した。

    インド洋の中央に位置するインドの貿易は、そうした輸送路への自由で開かれたアクセスに依存する。インド海運省によると、同国の貿易量の約95%、貿易額の70%はインド洋を経由する。

    一方、隣国の中国は習近平(シーチンピン)国家主席の下で海軍拠点を大幅に拡大し、中国本土の海岸線を越えて、これまで中国の影響力が及ばないと考えられてきた範囲にまで進出しつつある。

    昨年7月、中国はバブエルマンデブ海峡に近いジブチに初の海外軍事基地を設けた。

    バブエルマンデブ海峡は最も狭い部分で幅わずか29キロ。地中海からスエズ運河と航海を経由して、アデン湾とインド洋を結ぶ。

    ジブチ基地の開設からわずか数カ月後、中国はスリランカのハンバントタ港の経営権を取得した。マラッカ海峡とスエズ運河を結ぶインド洋シーレーンから同港までは、推計によってはわずか22.2キロしか離れていない。

    オーストラリア戦略政策研究所のマルコム・デイビス研究員は、ハンバントタ港の経営権獲得について、「インドを犠牲にして、インド洋全域で影響力の拡大を図る中国の断固たる戦略」の一環とみる。

    今月に入ると、インド洋の海運にとってもう1つの欠かせない拠点であるモルディブで、中国に土地を収奪されているという反発が強まり、中国はこれを否定する異例の措置に出た。

    スリランカと同様、モルディブは以前からインドとの関係が深かった。しかしここ数年はヤミーン大統領の下で中国と急接近、中国が掲げる「一帯一路」構想に基づき投資を呼び込んでいる。

    モルディブの野党指導者ナシード氏は先月、報道陣に対し、モルディブの対外債務の80%を中国が占めていることから、モルディブもいずれスリランカのように、債務と引き換えにインフラを引き渡さざるを得なくなると語った。

    中国はそうした意図を否定しているものの、インドはこれで中国による囲い込みに対する警戒感を一層強め、改めて地域の同盟を強化する動きに出たと専門家はみる。

    インドのシンクタンクNMF所長はCNNの取材に対し、今回のセイシェルとの合意は、インドが領土の安定を守ろうとする取り組みの一環だと指摘。「我々(インド)には、守らなければならない利益がある。中国がインド洋で大規模な進出を進めるなら、我々の戦略的利益も拡大していかざるを得ない。インドが自らを保全するためにはそれが唯一の方法だ」と指摘した。

    ベンガル湾での演習でミサイルを発射するインド海軍の駆逐艦
    no title

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/m/world/35114915.html 
    【【軍事】インドがセイシェルに軍事拠点、中国の進出拡大に対抗 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/02/15(木) 02:17:29.89 ID:CAP_USER9
    mv250

     【コロンボ=黒沼勇史】政治混乱が深まるインド洋の島国モルディブのモハメド・ナシード元大統領(50)は12日、隣国スリランカのコロンボで日本経済新聞の単独インタビューに応じ「対中債務は15億~20億ドル(約1600億~2200億円)に上るが、返済は不可能だ」と述べ、2019年中にも中国への領土割譲に追い込まれると危機感をあらわにした。

     08~12年に大統領を務めたナシード氏は16年に英国に亡命した…

    2018/2/13付朝刊
    日本経済新聞 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO26811870S8A210C1FF8000/
    【【どうするの?】モルディブ元大統領「中国への領土割譲必至」 対中債務(約1600億~2200億円) 「返済は不可能」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/02/06(火) 16:49:15.15 ID:CAP_USER9

    mv250

     【ニューデリー=田尾茂樹】インド洋の島嶼国モルディブのヤミーン大統領は5日、15日間の非常事態を宣言した。

     最高裁が1日、反テロ法違反の罪で収監されていた野党幹部らの釈放などを命じたが、大統領がこれを拒否し、反政府デモが相次いでいた。大統領の強権発動により政府への反発がさらに強まり、混乱が激化するとみられる。

     大統領府は声明で、「最高裁の決定が行政機能の混乱を招き、治安や公共の利益を侵害した」と説明した。AP通信などによると、宣言後、治安部隊が首都マレにある最高裁を占拠し、最高裁は機能停止の状態になった。

     また、同国警察は5日、2008年まで30年間政権を維持し、現在は野党と共闘するガユーム元大統領を逮捕した。容疑は不明。

     モルディブは「地上の楽園」と呼ばれ、日本からの新婚旅行先としても人気があるが、近年は、野党幹部が次々に逮捕されるなどヤミーン大統領の強権姿勢が目立ち、反発が高まっていた。

    読売新聞
    http://yomiuri.co.jp/world/20180206-OYT1T50059.html 

    【【モルディブ】「地上の楽園」が非常事態宣言...治安部隊が最高裁占拠、元大統領が拘束される 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/23(火) 00:40:04.04 ID:CAP_USER9

    mv250

    2018年1月22日 23:34 発信地:コロンボ/スリランカ
    【1月22日 AFP】インド洋の島国モルディブのモハメド・ナシード(Mohamed Nasheed)元大統領(50)は22日、訪問先のスリランカで記者会見を開き、不安定な政情が続くモルディブの土地を中国が奪い、主権を傷つけていると非難した。

     モルディブは1192の島々からなる島しょ国で、人口およそ34万人の大半がイスラム教徒。ナシード氏によると、うち少なくとも16の島を中国の関係者が賃借し、港湾開発やインフラ整備を進めているという。

     自身が率いるモルディブ民主党(Maldivian Democratic Party)の活動家が拠点を置くスリランカのコロンボで行われた記者会見でナシード氏は、中国の存在感が増していることはモルディブのみならず、より広範なインド洋地域にとっても脅威であると指摘。また、中国の行動を「土地の収奪」と評した。

     ナシード氏は「これは植民地主義であり、許してはならない」とし、「どんな国に対しても、また外国からの直接投資に対しても反対はしていないが、自国の主権の放棄には反対する」と強調した。

     ナシード氏によると、モルディブの対外債務の約8割は中国が占めており、モルディブが返済に行き詰った場合、島やインフラ設備をさらに中国に引き渡さざるを得なくなる可能性があると指摘している。

     ナシード氏は2008年、同国で初めて民主的な選挙によって大統領に選出されたが、2013年の選挙で現大統領のアブドラ・ヤミーン(Abdulla Yameen)氏にわずかな差で敗れた。ナシード氏は後に反テロ法違反の罪で収監されたが、政治的な意図によるものと同氏は主張している。

     モルディブ当局はその後、治療の名目でナシード氏の英ロンドン行きを許可。以後2年間、同氏は海外で亡命生活を送っている。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3159522?cx_position=1 
    【中国がモルディブの土地「収奪」、同国元大統領ナシード氏が非難 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル