かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:モンゴル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2019/09/06(金) 22:02:37.38 ID:CAP_USER
    74FC1706-9147-4C4E-9B6E-E170C68F457E
    (地図無茶苦茶)

     
    「全世界GDP の49.8%占める最大経済圏へ」 

    鉄道中心インフラ・経済協力の活性化
    北東アジア6カ国に米国参加
    4つの鉄道路線・30の事業選抜
    「朝米関係の改善時には北も」


     韓国政府は北朝鮮、中国、ロシア、モンゴル、日本、米国が参加する鉄道連結事業の青写真を公開した。9・19平壌共同宣言1周年に際し、北朝鮮に東アジア鉄道事業を中心にした経済協力構想を伝えたのだ。


     4日、ソウルのコエックス・インターコンチネンタルホテルで、国土交通部が主催する東アジア鉄道共同体(EARC)国際セミナーが開かれた。

    東アジア鉄道共同体は文在寅大統領が昨年の光復節の演説で提案したもので、北東アジア6カ国と米国の参加のもと、鉄道を中心にしたインフラ投資と経済協力事業を推進する国際協議体だ。

    ロシア・モンゴル・中国が共同体参加の意思を示し、同日のセミナーにもロシアのウラジーミル・トカレフ交通省次官、モンゴルのバトボルド・サンダグドルジ道路交通省次官、中国のイェン・ホシャン国家鉄道局次官補が参加した。日本の環日本海経済研究所(ERINA)と世界銀行の関係者も参加し、関心を示した。

     基調講演に立ったキム・ガンス韓国開発研究院先任研究委員は、各国の鉄道運営状況を総合し、効率的な物流運送が可能な4つの鉄道路線と30の経済協力事業を選び出した。4路線はソウル~平壌~北京~ウランバートル、ソウル~平壌~ハルビン~チタ、ソウル~元山(ウォンサン)~豆満江(トゥマンガン)~ハバロフスク、釜山~江陵(カンヌン)~豆満江~ハバロフスクで、これらの路線を通じてユーラシア横断ベルト、中‐モンゴル‐ロシア経済鉄道、京元線の復旧、豆満江国際観光共同事業などが可能になると分析した。 キム先任研究委員は「共同体参加国の国内総生産は全世界の49.8%に達し、人口は21億1千万人と世界人口の27.4%を占める」、「東アジア鉄道共同体により国家間の協力が強化された場合、世界最大経済圏に飛躍できる」との見通しを示した。

     北朝鮮も鉄道協力事業に強い関心を示しているが、朝米関係が膠着状態に陥り、進展がない状況だ。6月にウズベキスタンで開かれた鉄道国際協力機構(OSJD)閣僚会議でキム・ギョンウク国土部第2次官は北朝鮮の鉄道相と会談し、東アジア鉄道共同体構想を説明したという。今回のセミナーにも招待したが、北朝鮮は応じなかった。国土部の関係者は、「東アジア鉄道共同体が現実になれば、北朝鮮の実益が最も大きいため、国際情勢がよくなれば参加するだろう」とし、「その前に韓国政府はできる準備をしており、今回のセミナーがその出発点」と説明した。

    キム・テギュ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

    ハンギョレ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00034281-hankyoreh-kr

    【【国際】韓国政府、北朝鮮・中国・ロシア・モンゴル・日本・米国が参加する「東アジア鉄道共同体」構想を公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/09/04(水) 23:01:01.28 ID:CAP_USER
    DD3FC704-65A5-4431-B6CF-52591B8DAAA3
     
    【ウラジオストク=小野田雄一】1939年にモンゴル国境付近で旧ソ連軍と日本の関東軍が衝突したノモンハン事件から80年となったのに合わせ、ロシアのプーチン大統領は3日、モンゴルの首都ウランバートルを訪問し、同国のバトトルガ大統領と会談した。プーチン氏は会談後の記者会見で「ソ連軍とモンゴル軍は80年前、肩を並べて戦い、侵略者に手痛い反撃を与えた」と指摘。事件を日本による侵略とした上で、ロシアとモンゴルの共闘と友好関係を誇示した。

     近年のプーチン政権は、第二次大戦での対ドイツ戦と日ソ中立条約を破っての対日参戦を「ナチズムとの戦い」と一くくりにし、北方領土占拠の正当化を図る傾向を強めている。

     5日に露極東ウラジオストクで安倍晋三首相との日露首脳会談を控え、プーチン氏には、ノモンハン事件を日本による一方的な侵略と位置付けることで日本を牽制(けんせい)する狙いがありそうだ。

     露メディアによると、両首脳はウランバートルの宮殿内に設けられたモンゴルの伝統的な天幕家屋で会談した。

    モンゴルではノモンハン事件について「(モンゴルは)日ソ両国の犠牲になった」との解釈もあるが、プーチン氏は「ハルハ河会戦(事件の露側呼称)がソ連とモンゴルを結びつけた」と力説した。バトトルガ氏も「両国の友情の下でモンゴルの独立と主権を守った勝利は神聖なものだ。80年の節目にプーチン氏と会えたことは非常に喜ばしい」と述べた。

     両首脳は3日、恒久的な友好協力関係をうたった新たな基本条約に署名した。



    ■ノモンハン事件

     1939年5月、モンゴル国境付近で、旧ソ連の影響下にあったモンゴルと、日本の傀儡(かいらい)だった旧満州国の国境をめぐって起きた大規模戦闘。日本の関東軍は大本営の戦闘不拡大方針に反して攻勢をかけたが、モンゴルを支援したソ連軍の総攻撃を前に大敗を喫した。9月15日の停戦成立までに計4万人を超す死者が出たとされる。事件を機に日本では対ソ開戦論が後退し「南進論」が優勢になった。

    産経ニュース 2019.9.3 22:51
    https://www.sankei.com/world/news/190903/wor1909030025-n1.html


    【【プーチン大統領】モンゴルと対日共闘を誇示 ノモンハン事件80年】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/06/06(木) 01:56:16.35 ID:CAP_USER
    6F759C1F-8221-4860-8669-8B2C560CB56C
     
    モンゴルの首都ウランバートルで5日、北東アジアの安全保障を話し合う国際会議「ウランバートル対話」が2日間の日程で始まった。日本外務省幹部も参加。前提条件なしで日朝首脳会談を目指す安倍晋三首相の方針を北朝鮮側に伝えたい考えだが、同国当局者は初日現れず、接触が実現するかどうかは不透明だ。

     北朝鮮は例年、外務省関係者らを派遣しており、日朝の橋渡しに意欲を示すモンゴル政府は今回も強く参加を働き掛けた。しかし、モンゴルのツォグトバータル外相は5日、記者団に対し「北朝鮮は直前まで対話に出席する用意があると言っていたが、現時点で6日も参加の可能性は低い」との見通しを示した。

     北朝鮮国営メディアは安倍氏が無条件で金正恩朝鮮労働党委員長との会談を目指す姿勢を打ち出した後も連日、日本非難を展開。2日には北朝鮮で日米韓との交渉窓口の一つとなっている朝鮮アジア太平洋平和委員会の報道官が談話を出し、首脳会談の呼び掛けを「面の皮が厚い」と突き放した。(共同)

    サンスポ 2019.6.5 19:09
    https://www.sanspo.com/geino/news/20190605/sot19060519090018-n1.html


    【【北朝鮮】国際会議に現れず モンゴル外相「現時点で6日も参加の可能性は低い」「直前まで対話に出席する用意があると言っていた」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: SQNY ★ 2018/12/08(土) 20:56:13.64 ID:CAP_USER
    ・平成最後の「天皇誕生日」 祝賀レセプション

     11月29日、シャングリ・ラ・ホテルに於いて、在モンゴル日本大使館主催の、「天皇誕生日」祝賀レセプションが開催され、政治、経済、文化など各界の著名人や各国大使など約380人が招かれ、会場は熱気に包まれた。明仁平成天皇陛下は、この12月23日で85歳を迎える。特に今回は平成最後の天皇誕生日となることから、高岡正人日本国特命全権大使はこの意義を挨拶で強調し、今後も変わらぬモンゴルとの友好関係促進に期待を寄せた。主賓のダムディン・ツォグトバータル外務大臣も、天皇誕生日を祝し、二国間パートナーシップのより力強い絆を確信し、未来への展望を願った。式典では先に日本の外務大臣表彰を授与されたモンゴル国立馬頭琴交響楽団が両国の国歌を演奏し、国立オペラ・バレエ劇場のプリマドンナ・エンフナラン・ソプラノ歌手とシジルボルド・テノール歌手が両国の国歌を歌い上げ、会場を盛り上げた。引き続きの鏡割りでは、ボルド・モンゴル日本国会議員連盟副会長(元外務大臣)が乾杯の音頭をとり、高岡大使やソドノム・モンゴル日本友好促進協会会長(元首相)、D.ダグワドルジ大統領特使(元横綱朝青龍)など並びいる来賓の代表者らが「ヨイッショ!」の元気な掛け声で木槌を振った。この日は、高岡大使夫人をはじめ日本大使館の外交官夫人たちが着物の晴れ姿でお客を接待する中、モンゴルの招待客にも着物姿が目立った。招待客たちは提供された宮崎県の高級和牛や寿司などの日本食に舌鼓を打ち、和やかな両国交流の輪が広がった。

     なお、平成天皇は4月30日に退位し、5月1日、徳仁皇太子殿下が天皇に即位、新元号の時代を迎える。


    ・在モンゴル日本国大使館 Embassy of Japan in Mongolia 平成30年天皇誕生日祝賀レセプション
    https://www.mn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/Tentan_jpn_1203.html

    no title

    no title

    no title


    2018-12-07 10:13:44 MONTSAME News Agency
    http://montsame.mn/jp/read/173641#&gid=1&pid=2

    【【在モンゴル日本大使館】平成最後の「天皇誕生日」 祝賀レセプション】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/10/19(金) 09:46:26.36 ID:CAP_USER9
     安倍晋三首相に近い情報当局の政府高官が今月上旬、北朝鮮の情報部門である朝鮮労働党統一戦線部の幹部とモンゴルの首都ウランバートルで極秘接触したことが分かった。複数の日朝関係筋が18日、明らかにした。

     接触したのは、警察庁出身の北村滋内閣情報官。北朝鮮から日本人拉致問題進展の確約を取り付けた上で、金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談にこぎ着けたい首相の意向を踏まえた動きだ。

     今回の枠組みでの極秘接触は、北村氏と統一戦線部のキム・ソンヘ統一戦線策略室長が接触した7月中旬のベトナム以来とみられる。

    2018/10/19 05:12
    共同通信
    https://this.kiji.is/425748769616282721

    【【日朝】政府・北村滋内閣情報官、北朝鮮の情報部門の幹部とモンゴル首都で接触 金正恩委員長との首脳会談にこぎ着けたい安倍首相の意向 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆ciadbU3kq9FF 2018/10/03(水)22:32:37 ID:6ja
    no title
     
    北朝鮮による拉致被害者や北朝鮮国民に向けて発信している民間のラジオ「しおかぜ」の中波放送が5月から休止したまま再開のめどが立たず、運営する特定失踪者問題調査会が新たな放送ルートの確保など打開策を検討していることが3日、分かった。
    電波の発信は海外の民間ラジオ局に委託しているが、明確な理由が分からないまま中断が続いており、早期の放送再開に向け対応を急いでいる。

    ■資金不足などで

    しおかぜは短波放送に加え、平成28年9月に中波放送を始めたが、資金不足などでたびたび休止。
    今年度に政府が業務委託費を予算計上する支援策を打ち出す中、4月に放送を再開したものの、ラジオ局の申し入れで5月22日から再度、休止状態となった。

    調査会はラジオ局に再三再開を要請したが、めどは立っていない。
    同局は28年にも「セキュリティー上の問題がある」と説明し放送を一時休止したが、今回、明確な理由は不明だという。

    (略)

    産経ニュース 2018.10.3 21:59
    http://www.sankei.com/world/news/181003/wor1810030028-n1.html

    【【国際】北朝鮮向けラジオ「しおかぜ」また休止 中波放送 調査会、打開探る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/03/06(火) 14:47:10.11 ID:CAP_USER9
    小学館の「月刊コロコロコミック」(2018年3月号)に、モンゴルの英雄チンギス・ハンに対し不適切な描写のある漫画が掲載された問題で、作者の吉野あすみ氏の謝罪文が3月6日、同誌公式サイト上に掲載された。

    謝罪文の中で吉野氏は、「モンゴル国の歴史と文化について不見識だったことを深く反省し、今後は様々な国の歴史と文化を深く理解し尊重する表現を心がけていきたいと思います」などとコメントした。

    「月刊コロコロコミック」(18年3月号、小学館)
    no title


    「全ての方々に謹んでお詫び申し上げます」

    小学館は6日、公式サイト上で「『コロコロコミック』3月号については、販売中止とし、書店様にすみやかな返品をお願いすることといたしました」と報告。書籍の返品を希望する購入者には、定価相当を返金するとも伝えた。手続きの詳細は後日サイト上に掲載するという。

    この販売中止のアナウンスにあわせて、コロコロコミックの公式サイトのトップページには「作者からみなさまへ」として、チンギス・ハンをめぐる表現が問題視された漫画「やりすぎ!!!イタズラくん」の作者・吉野あすみ氏の謝罪文が掲載された。全文は以下の通り。

    “「この度は、私の漫画内でモンゴルの英雄チンギス・ハーンに対し大変不適切な描写をしてしまい誠に申し訳ございませんでした。

    チンギス・ハーンを敬愛する全ての方々に謹んでお詫び申し上げます。

    モンゴル国の歴史と文化について不見識だったことを深く反省し、今後は様々な国の歴史と文化を深く理解し尊重する表現を心がけていきたいと思います」

    2018/3/ 6 13:14
    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2018/03/06322882.html

    【【チンギス・ハン問題】「コロコロコミック」 販売中止 作者が謝罪 「コロコロ」サイトに載った文面 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル