かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:ユベントス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 久太郎 ★ 2020/03/04(水) 15:16:26.48 ID:GV0x7b1y9
    07C920D9-76FE-46BA-8175-8AA1DFF764F8
     
    【独自】北朝鮮選手は国連制裁違反 伊・ユベントス

    イタリアの名門サッカークラブが、北朝鮮選手を獲得したことなどについて、国連が制裁違反だと指摘していることが、FNNの取材で明らかになった。

    イタリア・プロサッカーリーグの強豪・ユベントスは、2019年9月に北朝鮮選手を獲得し、その後、カタールのチームへ移籍させた。

    国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会専門家パネルが、これについて、制裁決議違反だと指摘していて、この選手は、北朝鮮代表にもなったハン・グァンソン選手を指すとみられる。

    国連は、制裁決議で外貨獲得の手段となっている北朝鮮の労働者を送還するよう、各国に求めている。

    (フジテレビ)

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200304-00433235-fnn-int

    【【サッカー】ユベントス、北朝鮮選手獲得は国連制裁違反】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/02/05(水) 11:03:07.90 ID:CAP_USER
    502DFECF-9E9B-45FD-AE92-22432CBE6BA9
     
    【2月5日 AFP】イタリア・セリエAのユベントス(Juventus)でプレーするクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)が、昨年夏に韓国での親善試合に出場しなかったことで起こった騒動について、韓国の裁判所が4日、主催会社に対してファンへ賠償金を支払うよう命じた。

     この騒動では、ファン2人が試合を主催したファスタ(The Fasta)社を誇大広告で訴えていたが、聯合(Yonhap)ニュースによれば、仁川地方法院(Incheon District Court)がこの日、2人にそれぞれ37万1000ウォン(約3万4000円)を支払うよう会社に命じた。ロナウド本人や、ユベントスに対する命令は下されていない。

     2019年7月にソウルで行われたKリーグ・オールスター対ユベントスの親善試合では、ファスタ社がロナウドを前面に押し出した宣伝を打ち、プレーを生で見たいファンが多かったこともあって、チケットは一番高い席で40万ウォン(約3万7000円)の値段が付いていたにもかかわらず、発売開始3分足らずで全席完売していた。

     ところが実際の試合では、6万5000人の満員のファンが出場の準備をしろと叫ぶ中、ユベントスのスーパースターは最後までベンチを温めるだけに終わった。

     韓国のファンはこれに激怒し、お金のことばかり考えて約束を守らない行為を指して「ロナウドみたいなまね」というネット用語も生まれた。ポータルサイト最大手のネイバー(Naver)には「10分でも出ていたら、みんな満足して帰ったのに」というコメントも書き込まれている。

    AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3266760?cx_amp=all&act=all
    【【韓国】ロナウド欠場騒動、韓国裁判所が主催会社に賠償命令】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/02/03(月) 16:54:41.66 ID:CAP_USER
    数多くの韓国サッカーファンの怒りを誘発した“ロナウド欠場事態”の裁判結果が出る。

    今回の民事訴訟の結果に基づいて、今後も追加の訴訟が続く可能性も高い。

    来る2月4日、仁川(インチョン)地方裁判所では、サッカーファン2人が提起したクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)が欠場したことに関する損害賠償請求訴訟の公判が開かれる。

    2019年7月26日にソウル・ワールドカップ競技場で開かれたユベントスとチームKリーグの親善試合で、ロナウドは当初の予告とは違ってベンチに座るだけで試合に出場せず、現場を訪れた多くのサッカーファンから抗議を受けた。

    その欠場事態に対してサッカーファンA氏など2人は、主催したTHE FESTA社を相手に親善試合の入場券の払い戻しや慰謝料など、計214万ウォン(約21万円)の賠償を求めて訴訟を起こした。

    当時、試合を控えてTHE FESTA側が結んだ親善試合の契約条件には「ロナウドが45分以上プレーする」という内容が含まれており、THE FESTA社はロナウドを観戦できると強調してチケット販売を推進した。
    訴訟を起こした2人は、「ロナウドの出場がはっきりしていなければ観戦チケットを購入しなかったのに、THE FESTA社の虚偽広告にだまされた」と、精神的苦痛による慰謝料も請求した。

    彼らの法律代理人であるキム・ミンギ弁護士は、「これまでの判例では似たような場合、慰謝料を認められていなかったが、今回の事件は被告が原告のロナウドに対する“ファンの心”を利用した特性があるため、認められなければならない」と主張した。

    なお裁判所が今回のサッカーファンの主張を受け入れた場合、今後も同じような訴訟が続く可能性が高くなる。当時のユベントス戦は、6万5000席が完売したからだ。

    チケット収入だけでも60億ウォン(約6億円)に上ったとされている。

    no title

    7月26日に行われたユベントス対チームKリーグの親善試合をベンチで見守るクリスティアーノ・ロナウド(中央)

    スポーツソウル 2020年02月03日
    https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=9527
    【【サッカー】韓国で行われている“クリロナ裁判”の結果は…「虚偽広告にだまされた」ロナウドは当初の予告と違いベンチに座るだけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2019/12/22(日) 21:11:47.16 ID:CAP_USER
    C50E716A-DA05-4464-841A-54B75257B22E
     
    韓国のファンたちを無視する欧州のビッグクラブ、名門資格あるのか
    2019.12.22。 午後12:56

    7月に韓国サッカー界は「ロナウドノーショー」事件でひとしきり大きな苦労したことがある。 ソウルワールドカップ競技場で予定されて韓国Kリーグオールスターとイタリア名門ユベントスとの間の親善試合で、当初試合出場を期待していたスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドがわずか1分グラウンドを踏まない事態が起きたのだ。

    主催者側は、ロナウドが、少なくとも45分以上試合に出場することに契約されている発表したが、ロナウドはこれといった解明もなく最後までベンチを守った。 ロナウドはサイン会も参加するかと入国当時から出国までどんなファンサービスにも参加せず、終始誠意て不誠実な態度で一貫している。 偶然にも韓国に来る直前、中国ツアーで見せてくれた姿とも克明に対比された。 ロナウドを見るために少なからぬ費用と時間をかけて顕彰を訪れたファンは失望を超え怒りを表出した。

    いざロナウドは、事件が起きた翌日SNSに何事もなかったかのように楽しい表情で自分の家で撮影した動画をアップロードし、韓国ファンたちの抗議は最後まで無視した。 これまで国内でも絶大な人気を謳歌していたロナウドだったが、この事件で突然「私のカンドゥ」というニックネームを得て韓国ファンには、事実上不適切な単語になった。

    ノショ事件の始まりは、ロナウド、個人のプロ意識の不在から来ましたが、いざ、国内のファンをさらに刺激したのは、まさに所属チームユベントスの無責任な「事後対応」だった。 もちろんジャンルイジ・ブッフォンなど多数のユベントスの選手たちは、ロナウドとは異なり、親善試合とファンサービスになり忠実に臨んだ。 しかし、いざ球団は、イタリアとヨーロッパを代表する世界的な名門球団という修飾語が無色にロナウドという一介の選手の突出した行動を全く制御できず傍観した。 マウリツィオ・サリー監督は国内メディアの質に「ロナウドがそう見たい私(イタリアでの)飛行機のチケットの値を与える」は妄言に怒っているファン心をさらに刺激した。

    さらにユベントス球団は韓国プロサッカー連盟の公式抗議にもかかわらず、謝罪どころか、すべての責任を韓国側に回した。 一方的なスケジュールの変更や移動時の警察の護衛など常識に合わない無理な条件を要求しても、Kリーグが受け入れなくて問題が発生したと主張した。 いざロナウドの出場契約などの規定は、言及しなかった。 これらのユベントスの無責任な居直り式対応でさえも、国内に残っていたセリエAのファン層も完全に背を向けた。 ユベントスは、誤ったイベント、一度に、潜在的なファンがなることあった韓国市場を完全に敵に回すされたわけだ。

    最近では、イングランド・プレミアリーグの名門リバプールが「戦犯旗事件」でまな板に上がった。 リバプールは20日プラ孟区のクラブワールドカップの決勝戦を控えて球団公式ホームページにアップロードした動画でサムネイルの背景に旭日旗模様が登場して物議をかもした。 当時の動画は、リバプールはフライ孟区38年前、日本で開かれるトヨタカップ(クラブW杯の前身)で対決したことを回顧する内容だった。ちょうど同じ日リバプールは、日本出身のミッドフィルダー南野他欧米迎え入れを発表したが、偶然にもホームページは南野迎え入れニュースの横に旭日基を含むドキュメンタリーが介在し、故意疑惑に包まれた。

    (韓国語)
    http://star.ohmynews.com/NWS_Web/OhmyStar/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002598078

    【【ある】韓国メディア「韓国のファンを無視する欧州のビッグクラブ、名門の資格あるのか」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル