かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:ロシア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プティフランスパン ★ 2019/02/22(金) 12:00:49.55 ID:ZmnbQUI79

    no title


    ここ数年、ロシア政府が背後にいるとみられるハッカー集団Fancy Beaや、サイバー犯罪組織Sofacyの活動が連日のように伝えられている。彼らは非常に高いスキルを持ち、侵入スピードも速い。

     セキュリティ企業CrowdStrikeは2月19日、3万件以上に及ぶハッキング事件を分析した調査データを発表した。同社が発表した脅威度ランキングで、ロシアのハッカーは第1位に選ばれた。このランキングはハッカーの侵入に要するスピードをランクづけしたものだ。
    ロシアのハッカーらは、ネットワークへの侵入からコンピューターやデバイスの乗っ取り、システムをダウンに至るまでの作業をわずか18分で完了させており、世界最速とされた。

    そして2位につけたのは、北朝鮮のハッカーだ。ただし、作業時間は平均2時間20分であり、ロシアと比べると8倍近い時間がかかっていた。
    3位には中国のハッカーが入ったが、作業時間は平均4時間だった。4位はイランで5時間強。5位はその他の組織的サイバー犯罪者で、作業時間は9時間42分とされた。

    2019年2月22日 10時0分 Forbes JAPAN
    http://news.livedoor.com/article/detail/16058238/ 
    【【露、北朝鮮】ハッカーの攻撃速度 1位はロシア、2位に北朝鮮、日本はその他 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2019/02/22(金) 09:57:00.69 ID:/5BJGVrg9
    320B3C5D-2971-4AE5-B13B-A729CC04CA55
     
    【モスクワ=小野田雄一】日露平和条約締結問題で、ロシアのラブロフ外相は21日、「ロシアは今すぐにでも平和条約を結ぶ用意があるが、日本側の問題で締結に至れていない」との認識を改めて示した。インタファクス通信が伝えた。

     ラブロフ氏は「プーチン大統領が昨年9月に(安倍晋三首相に)提案したように、ロシアは友好や善隣関係を定めた平和条約を結ぶ準備ができている」と発言。その上で、「日本側は、南クリール諸島(北方領土のロシア側呼称)の主権がロシアに移ったことを含む第二次大戦の結果を認める準備ができていないようだ。国連憲章にも義務付けられた大戦結果の承認が条約締結には不可欠だ」と述べた。
     ロシアは近年、国連憲章第107条(旧敵国条項)を挙げ、「日本は敗戦国でありながら大戦結果を覆そうとしている」などとする主張を繰り返している。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/190222/wor1902220002-n1.html
    【【ラブロフ露外相】「日本が原因で平和条約結べず」「日本は第二次大戦の結果を認める準備ができていないようだ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/02/19(火) 13:41:31.28 ID:bbX37L/19
    tramp
     
    米国政府、連日「北にバラマキはせず」

    韓中日ロの4カ国を意識した発言か

    第2次米朝首脳会談が迫る中、米国トランプ政権内では「非核化コスト」に関する言及が相次いでいる。外交関係者の間からは「トランプ大統領が、北朝鮮との対話に否定的な米国内の世論を意識し、米国は非核化と北朝鮮経済支援にかかる費用を出さないと強調している」という声が上がった。

    ドナルド・トランプ大統領は15日(現地時間)の記者会見で「かつて米国が非核化交渉の過程で北朝鮮に数十億ドル(10億ドル=現在のレートで約1100億円)をばらまいた轍は踏まない。韓国、ロシア、中国の間にある(北朝鮮の)立地は驚異的」「彼らは、将来大変な経済的繁栄を享受する素晴らしい機会を得たと思う」と語った。北朝鮮の地政学的価値を高く評価しつつ、要は「韓中日ロの4カ国が北朝鮮支援にかかる費用を賄え」という意味だと解釈されている。

    ポンペオ国務長官も最近、CBSテレビのインタビューで「かつてわれわれ(米朝)は、『何かやる』と語った後、(北朝鮮に)カネを渡すだとか、軽水炉を建てるといった合意を結び、北朝鮮はこれに従わなかった」「制裁緩和の代償として良い結果を得ることが、われわれの意図の全て」と語った。これについてチョ・ヨンギ国民大学招聘(しょうへい)教授は「北朝鮮が『非核化措置』を取っても、米国は直接経済支援するより、『制裁緩和』を通して北朝鮮に道を開けてやるつもりという意味だとみられる。米朝対話が『小さな取引』のラインにとどまる場合、韓国としては、北朝鮮の核廃棄もはっきりとは断言できない状況でコストだけを負担する状況になりかねない」と指摘した。

    トランプ大統領は昨年6月にも、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長との首脳会談を前に同様の発言を行った。当時トランプ大統領は記者会見で「米国が(カネを)使わないといけないとは思わない。彼ら(韓中日)は(北朝鮮の)隣国で、われわれは隣国ではない」「韓国が北朝鮮に経済支援をするだろうと思う」と語っていた。

    2019/02/19 09:31
    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/19/2019021980019.html


    【【米国】トランプ政権、北朝鮮の非核化コストに連日言及、周辺国に費用押し付けか 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2019/02/19(火) 17:09:26.08 ID:AbKS7oc49
    0838EC69-D2E1-4147-9BF1-BD663CC14B60
     
    クーリエ・ジャポン
    @CourrierJapon
    夢のレアメタル「レニウム」の鉱床が、択捉島の火山で発見されている。択捉島だけで世界中のレニウム需要の半分を満たすことができるとの推測もある。


    「北方領土の日」、かの国は何を思うのか
    ロシアが主張する「北方4島を日本に渡すべきではない」10の理由
    https://courrier.jp/news/archives/151893/

    午後0:40 · 2019年2月19日
    https://twitter.com/CourrierJapon/status/1097702316113883136?s=19

    【【北方領土】ロシアが返還しない理由 夢のレアメタル「レニウム」の鉱床が、択捉島の火山で発見 世界中のレニウム需要の半分 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プラチナカムイ ★ 2019/02/17(日) 19:13:38.32 ID:ywWfRrSO9
    千島列島
     
    河野大臣が「激しいやりとりもあった」とする日ロ外相会談ですが、北方領土に住むロシア人たちは返還問題をどのように受けとめているのでしょうか。北方4島の一つ、色丹島で住民の本音を探りました。

    雪に覆われた北方領土の色丹島。日本への北方領土の返還について、島民からは厳しい声が聞かれます。

    「我が領土を一寸たりとも譲ってはいけない」(色丹島の島民)

    最新の世論調査では、北方領土に住む9割を超える島民が日本への島の引き渡しに反対していて、ロシア各地では島の引き渡しへの反対運動が繰り広げられました。さらに、プーチン政権が繰り返し懸念を表明してきたのは、アメリカ軍の北方領土での展開です。

    「米軍が基地をつくらない保証があれば、あすにでも島を引き渡していい」(ミハイル・ボヤノフさん)

    色丹に長年暮らしてきたミハイルさん(59)にとっても、アメリカ軍は、大きな脅威です。しかし、ミハイルさんは島の引き渡しに反対する気持ちにはなれません。

    「(ロシア政府が)この島にしがみつくなら、日本人が目をまわして驚くほど(島を)綺麗にし、何もかもが完備された場所にすべきです」(ミハイル・ボヤノフさん)

    択捉島や国後島よりも面積も人口も少ない色丹島の開発が遅れていて、生活が改善されない不満が政権へと向かいます。

    「家族1人につき500万ルーブル(約820万円)(日本が)出してくれればそれでいい。私だったらあすにでも島を出る」(ミハイル・ボヤノフさん)

    日本から補償金が出れば、「明日にでも島を去る」。政権への不満を持つミハイルさんは、島の引き渡しで生活が改善することへ期待を寄せています。さらに、アレクサンドルさん(47)もこんなことを打ち明けてくれました。

    「補償金があれば良いと思う。市民は仕方なく移住することになるが、何もないよりかはいい。多くの人がそんな期待をしているだろう」(アレクサンドルさん)

    プーチン政権の思惑とは裏腹に、島の引き渡しによる補償金に期待を寄せる島民がいます。政権が、島の開発に力を入れてこなかった代償がこのような一部島民たちの思いにつながっているのも現実です。

    TBS 2/17(日) 18:57
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190217-00000034-jnn-int

    【【北方領土問題】色丹島住民の本音は 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 茗荷 ★ 2019/02/15(金) 08:22:35.67 ID:og2Ss7yq9
    D3F532F6-6B41-4CB9-AD51-0793EEAC4769

    政府がロシアから日本への渡航者に対し、旅券の事前登録制によるビザ(査証)の取得免除を導入する方向で検討を始めたことが14日、分かった。ロシア側が求めるビザ撤廃に実質的に応じることで、日露平和条約締結交渉に弾みをつけたい思惑もある。政府関係者が明らかにした。

     今後、不法就労や治安面の問題から法務省や警察庁など関係省庁間の調整が必要で、実施時期は未定という。河野太郎外相は16日、ドイツ・ミュンヘンで行うロシアのラブロフ外相との会談で、ビザ撤廃の検討状況も伝えるとみられる。

    旅券の事前登録は、あらかじめ日本の在外公館でパスポート情報を登録すれば、90日以内の短期滞在ビザの取得を免除する制度。有効期間内で一定の滞在期間を超えなければ、何度でも日本に入国できる。同様の対応は、アラブ首長国連邦(UAE)とインドネシアからの渡航者に適用している。

     政府はロシア側の求めに応じ、平成29年1月と昨年10月に段階的にビザ取得手続きを簡素化してきた。この結果、年間の訪日ロシア人は28年の約5万4800人から29年に約7万7300人(前年比41%増)、30年には約9万4800人(同23%増)と大幅に増えた。政府関係者は「手続き緩和の効果が確実に表れている」と分析している。

    ロシア政府は一層の緩和を求めており、河野氏と森健良(たけお)外務審議官は1月、それぞれラブロフ氏、モルグロフ外務次官と会談した際にビザ撤廃を求められていた。  日本は現在、193の国連加盟国のほとんどの国からビザ免除措置を受けている。一方、日本が観光や商用での短期滞在者にビザを免除しているのは68の国・地域にとどまり、ロシアは入っていない。  

    相手国の経済状況や治安面などからビザの発給要件を慎重に判断してきたためで、ロシア国民へのビザ免除をめぐっても、関係省庁間の協議が長期化する可能性もある。

    2019.2.15 05:00
    産経新聞
    https://www.sankei.com/smp/politics/news/190215/plt1902150005-s1.html
    【ロシアから日本への渡航者に対し、旅券の事前登録制によるビザ(査証)の取得免除を導入する方向で検討 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2019/02/14(木) 00:00:27.15 ID:CAP_USER
    no title
     
    ・インドがロシアにMiG-29戦闘機を発注

    インドはロシアに対し、MiG-29戦闘機21機の買い入れを申し入れた。13日、リアノーボスチ通信が軍事技術協力のシステム内の消息筋からの情報として報じた。

    消息筋は「発注は入っている。現在、条件が検討されている」と答えている。

    消息筋は、インドがロシアからの戦闘機買い入れを決めた背景には、インド空軍にはこのクラスの軍機が不足していることと、買い入れの合意締結までこぎつけていた仏ダッソー社開発の戦闘機「ラファール」が高額でその供給に問題が生じる恐れが関係していると指摘している。

    昨夏、インドでは仏「ラファール」の発注をめぐり、政府内で大スキャンダルが持ち上がった。インドのモディ首相が自国空軍用に36機の「ラファール」の購入契約を締結したことについて、与党内の政治家の数人から汚職疑を指摘する声が挙げられていた。

    仏「ラファール」戦闘機の価格は8500万ドルから1億2500万ドル。それに比較してロシアのミグ戦闘機の価格は2200万ドル。

    2019年02月13日 22:03 スプートニク日本
    https://sptnkne.ws/kGwH

    【【印露】インドがロシアにMiG-29戦闘機を発注】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/02/05(火) 20:51:05.97 ID:ZAee9cD/9
    日本の陸上イージス「INF違反」=攻撃転用可能とロ外相

     ロシアのラブロフ外相は5日、日本が米国から導入する陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」は攻撃に転用可能として、中距離核戦力(INF)全廃条約に違反すると批判した。
    インタファクス通信が訪問先のタジキスタンでの発言を報じた。
     米国は今月、ロシアの違反を理由に条約破棄を通告。直ちにロシアも2日、条約の義務履行停止を表明した。ラブロフ氏は、同様のシステムを米国は東欧に展開していると指摘した上で「名目上は迎撃ミサイル発射のためと主張しているが、巡航ミサイル『トマホーク』の発射に利用可能で、INF条約違反だ」と強調。日本政府に対しても「条約違反だと警告してきた」と語った。


    時事通信社【モスクワ時事】(2019年02月05日18時42分)
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019020500931&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

    4日、キルギスの首都ビシケクで記者会見する中央アジア歴訪中の
    ラブロフ・ロシア外相(EPA時事)
    no title

    【【日本は関係ない】「イージス・アショアはINF違反」とロシア・ラブロフ外相 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2019/02/05(火) 13:37:52.89 ID:CAP_USER
    no title

    ▲金大中(キム・デジュン)顧問

     「友人は選択できても隣人は選択できない」と言った外交官がいた。隣人とは、こちらが好むと好まざるとにかかわらず「そこにいる存在」という意味だ。隣人に恵まれればこの上なく心安らかだし、恵まれなければそれよりひどい不運・不幸はない。

     韓国にとっての隣人(隣国)は5カ国だ。米国・中国・日本・ロシアそして北朝鮮である。韓国はこの5カ国(またはそれらの国々の分派)のこっちとくっつき、あっちとくっつきしながら、数百年間にわたり何とかして生きてきた。中でも100年余り前の旧韓末時代はそうした歴史の最たる時期だった。今、韓国はこの5人の「隣人」たちと最後になるかもしれない「味方作り・仲間作り」をしている。不幸なことに、隣人たちは韓国に対して決して好意的でなかったり、むしろ悪意を持っていたりする。さらに悪いことに、韓国を率いるリーダーシップにも「故障ランプ」が点滅しているのは明らかだ。内外共に韓国の危機だ。

     2019年が明け、5カ国間の仲間作りゲームの様相はさらにあわただしくなった。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は中国の習近平国家主席と手を組んだかと思ったら、間もなく米国のトランプ大統領と同じテーブルに着く。ひとしきりゲームが行われた後、金正恩委員長はその出会いを待ち望んでいる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領のところにやって来る。その間に習近平国家主席が韓国を訪れるかもしれない。韓国はそれに合わせて日本外しに力を入れ、韓国国内の反日感情をかき立てる。

     その味方作りの中心(?)には金正恩委員長がいる。昨日は習近平主席、明日はトランプ大統領、あさっては文在寅大統領というような具合だ。その延長線上には日本の安倍晋三首相も待っている。北朝鮮の核とミサイルで始まった味方作りゲームなのに、今は核など影も形もなく、金正恩委員長の東奔西走による外交力ばかり目立つ。わずか2年の間に北東アジアの「孤児」から一躍「寵児(ちょうじ)」になったのだ。一方の文在寅大統領は北朝鮮の「報道官」から始まり、今や対北朝鮮制裁を解除しようとする「解決人」にまで成り下がっている。

     トランプ大統領は「世界の米国」を米大陸に閉じこもった「北米の国」に転落させつつある。トランプ大統領が率いる米国は昨日までの米国ではない。もはや「世界のばらまき国家」でもなく、「世界の警察」でもないことを自ら宣言している。金をくれなければ他国の安全保障はしないし、米国の経済にとって損になることには一歩も譲らず、国境に米国版「万里の長城」を築くという、一言で言えば「自分たちだけ囲いの中で幸せに暮らそう」という「二流国」になろうとしている。

     習近平主席は中国を「皇国」にし、世界の新たな支配国になろうと考えている。彼の中華主義はある意味、新しい形の植民地主義だ。周辺国と友人付き合いをするのではなく、宗主の概念で君臨しようとしている。終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題以降、韓国を「下の国」扱いする中国は、もはや韓国の良き隣人ではない。

     日本の安倍首相は日和見主義者だ。安倍首相は米国の保護から離れる韓国を、どうやって日本の好みの味、つまり国益に合わせて料理するかということばかり考えている。安倍首相は中国の台頭に対抗、いやそれにかこつけて日本を新たなG2軍事国家に飛躍させようと考え、新軍国主義に心酔している。安倍首相の目には、韓国は「旧韓末時代の朝鮮」と映っているに過ぎない。文在寅大統領が年頭会見の前置きで日本に言及もしなかったため、日本のメディアは韓国を「友人にも隣人にもしたくない国」に格下げした。

     金正恩委員長、トランプ大統領、習近平主席、安倍首相が一緒にやっている「北東アジア味方作りゲーム」で、韓国は誰と組もうかと迷っている。ひょっとしたら韓国には選択権がないのかもしれない。片隅に追いやられる可能性もある。「大統領が新年の記者会見で何らかの韓国の進路を示してくれるのでは」と期待されたが、その期待はむなしく終わった。北東アジア味方作りゲームで文在寅大統領はどんな役割をするか示すことができなかった。経済でさまよい、安保でも業績が見当たらない。

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/01/2019020180159.html


    【【韓国】 北東アジアの「味方作りゲーム」~文在寅大統領は韓国をどこに導こうとしているのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2019/02/02(土) 14:14:30.49 ID:IIGMb+VJ9
    FFFBA28F-6916-429C-9D71-DF80DD271E98
     
     日本海で操業していた島根県のカニ漁船「第68西野丸」(115トン)が、ロシアの警備艇に連行されたことが2日、県への取材で分かった。乗組員10人は全員日本人で、健康状態は問題ないという。

     ロシアの国境警備当局者は漁船に違法操業の疑いがあり、ロシアの排他的経済水域(EEZ)から極東ナホトカに連行したと明らかにした。ロシア当局筋によると、操業に必要な書類を所持していたかどうかなどを捜査する。

     島根県水産課によると、漁船は利見水産(同県出雲市)の所有で、1月30日に連行されたという。水産庁から県に同日、連絡があった。

    共同通信
    2019/2/2 12:56
    https://this.kiji.is/464246802603476065

    【【ロシア当局】島根のカニ漁船 ナホトカに連行 日本海で違法操業と指摘 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: さやか ★ 2019/02/02(土) 23:56:07.87 ID:3893qiVY9
    no title
     
    トランプ米政権が中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱を表明すると、ロシアのプーチン大統領は2日、条約の履行停止をすぐさま宣言し、新型ミサイルを開発する対抗手段を承認した。米国もアジアや欧州で中距離ミサイルを新たに配備する構えだが、その候補地になりかねない日本は大国の軍拡競争に巻き込まれる可能性がある。(モスクワ=喜田尚、ワシントン=園田耕司、編集委員・佐藤武嗣)

    「我々も米国と同じように(条約の義務履行を)停止する」

    プーチン氏は2日、ラブロフ外相、ショイグ国防相を呼び出した協議の席で「我々の回答は対称的なものでなければならない」と述べた。

    協議の様子は、同日正午の国営テレビで国民向けに放送された。プーチン氏は、INF全廃条約が禁止する地上配備型中距離ミサイルの開発や、条約対象外の海上発射型ミサイルを地上配備に転用する研究などショイグ氏が提案する対抗手段を承認。一方で、実際に配備するかは米国の出方次第との考えも示した。

    米国の離脱通告が避けられないとみたロシアは、対抗策の準備を着々と進めてきた。ショイグ氏が提案した海上発射型ミサイルの地上への転用もその一つだ。

    条約が対象を地上配備の中距離ミサイルに限ったのは、当時ソ連が海上発射や航空機搭載の中距離ミサイルを持ってなかったからだ。だが、ロシアは今、中距離の射程があり、音速の5倍以上で飛ぶ海上・空中発射型の極超音速(ハイパーソニック)兵器を多数保持する。プーチン氏は1月、これらの兵器を地上配備に転用することは「さして難しいことではない」と明言していた。

    だが、米国も条約からの離脱を…

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASM225WP0M22UHBI01M.html?iref=comtop_8_03

    【【朝鮮半島にも影響が?】米INF離脱にロシアも対抗 対中国、巻き込まれる日本 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2019/01/30(水) 16:37:58.02 ID:ozlaZyPo9
    b68294a7

    ロシアが北朝鮮に原発提案、米紙
    非核化協議に影響力強化模索も
    2019/1/30 16:32

     【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は29日、ロシアが北朝鮮に対し、核兵器と弾道ミサイルの解体を条件に原発事業を提案したと報じた。複数の米政府関係者の話としている。米朝は北朝鮮の非核化を巡る2回目の首脳会談を調整しており、ロシアは米国に対抗して朝鮮半島での影響力強化を模索しているとみられる。

     提案には、原発の運営はロシア側が担い、北朝鮮が核兵器をつくることがないよう原発から出る核物質や廃棄物はロシアに運ぶことが含まれている。米朝協議が暗礁に乗り上げていた昨秋にロシアが持ち掛けたという。

    共同通信
    https://this.kiji.is/463245778518017121



    【【北朝鮮核問題】ロシアが北朝鮮に原発事業を提案、核兵器放棄条件に 米紙 非核化協議に影響力強化模索も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/01/31(木) 12:41:45.38 ID:UsJcK4RK9
    no title
     
    元ロシア軍高官で軍事専門家のアナトリー・ザイツェフ氏が軍事ニュース週刊紙「軍事産業クーリエ」に、日本は領土的野心を捨てておらず日ロの紛争時にはサハリンと北方領土を急襲する可能性があるとする論文を掲載したところ、イズベスチヤ紙(電子版)、国営テレビのニュース番組「ベスチ」(同)、レグヌム通信などの主要メディアが相次いで転載、波紋を呼んでいる。 (共同通信=太田清)

     ザイツェフ氏は極東地域に限れば、戦闘機や潜水艦などの空海軍力で日本がロシアを上回っており紛争では日本が優位に立つとした上で、日本は北方領土占領後、同地域に関心を持つ米国の求めに応じて即座に米軍を駐留させると予想。米国は日ロの紛争そのものに対しては中立的立場をとるものの、ロシアに対し日本への核兵器使用を自制するよう求めるとも主張した。

     日本人から見れば荒唐無稽とも見える主張だが、折しもロシアでは日本との平和条約交渉でロシアが北方領土を引き渡した場合、米軍が駐留、ロシアの安全保障に深刻な影響を与えるとの懸念が高まっており、多くのメディアが論文を取り上げた背景にはこうした事情もあるとみられる。一方、ロシア通信が「核大国であるロシアへの攻撃は自殺行為で、日本政府はそのような無謀な行為には走らない」「日本の覇権を許さない中国はロシアを支援する」などとする別の専門家の話を紹介するなど、冷静な分析を伝えるメディアもある。

     ザイツェフ氏の論文は「クリール諸島(千島列島と北方領土)への攻撃-考えられるシナリオ」とのタイトルで29日の「軍事産業クーリエ」(電子版)に掲載された。日本は北方領土以外にも中国との間で尖閣諸島、韓国とは竹島など複数の領土問題を抱えており、いずれも自らの領土と主張し領有権を放棄する考えは全くないと強調。将来の目標に「軍事力による領土奪還」を掲げ、「(ロシアの)ウラルにまで至る偉大な日本」との構想を放棄していないと主張した。

     日本は憲法上の制約で自衛隊しか持てないものの、その構成を見ると「よく組織され、装備の整った軍隊」に当たり、諸島への上陸・占領能力もあると指摘。その上で、極東地域のロシア軍と日本軍の軍事力を詳細に分析したところ日本軍が数段優位にあるとして、日本はこうした軍事的優位を利用してサハリンと北方領土を急襲すると予測。中国は中立的立場をとるものの、日ロ間の紛争の機会を利用して、ロシアに領土割譲を要求してくる可能性があるとした。

     論文は主要メディアのほか、ガゼータ・ルー、ズナク、レンタ・ルーなど多数のニュースサイトにも転載された。

    2019/1/31 09:25
    https://this.kiji.is/463499364229923937


    【【そんな狡猾さがあればいいけど】元ロ軍高官「日本は領土的野心を捨ててない。日ロ紛争時には樺太と千島列島を急襲する可能性」主要メディア一斉に報道 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/01/30(水) 08:52:55.91 ID:30WknVLR9
    no title

     【モスクワ共同】ロシア通信によると、ウクライナのポロシェンコ大統領は29日、ウクライナが2024年に欧州連合(EU)に加盟申請すると表明した。北大西洋条約機構(NATO)加盟を目指す方針も確認した。

     ポロシェンコ氏は3月31日に予定されている大統領選への出馬を宣言、2期目の施政方針を示した。

     ウクライナは東部の紛争などを巡りロシアと対立しているが、EU、NATOは紛争当事国の加盟を認めないため、対ロ関係の改善が不可欠となる。

     ポロシェンコ氏は「ロシアとの間で、たとえ冷たくても平和が必要だ」と述べ、悪化した関係の修復を目指す考えを示した。

    2019/1/29 23:48
    共同通信
    https://this.kiji.is/462990146720777313

    【【欧州】ウクライナ、24年にEUに加盟申請 NATO加盟も目指す方針 ロシアとの関係改善が不可欠 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/01/28(月) 10:17:27.66 ID:wJmZ/nFt9
    no title
     
     米国を狙った大陸間弾道ミサイル(ICBM)への迎撃態勢を強化するため、米政府が大型固定式レーダーの日本配備で協力を求める意向を持っていることがわかった。近く日本政府に打診し、協議を始めたい考えだ。中国、ロシア、北朝鮮による対米攻撃を念頭に置いている。

     複数の日米関係筋が明らかにした。

     日本への配備を検討しているのは「HDR(米本土防衛レーダー)」と呼ばれる新型のレーダー。米本土のほかハワイ、米領グアムなどに向かうICBMを発射地点近くから追尾する。人工衛星を攻撃する「キラー衛星」やスペースデブリ(宇宙ゴミ)の監視にも利用するほか、レーダーが得た情報は自衛隊と共有する方向だという。

     米軍は2023年にハワイで同型レーダーの運用を始める予定だ。日本配備は25年までに行い、ハワイのレーダーと連携運用することを目指している。

    (ここまで364文字 / 残り760文字)

    2019年01月28日 07時17分
    YOMIURI ONLINE
    https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190128-OYT1T50013.html


    【【対北朝鮮】ICBMへの迎撃態勢を強化、米政府が日本に新レーダー配備検討…中露北を念頭  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2019/01/22(火) 11:07:33.66 ID:sUcTIz6Q9
    no title

    日本はロシアから鶏肉を輸入する際、「地域化」の原則適用、つまり「国全体ではなく、商品を供給できる具体的な地域を検討すること」に合意した。ロシアのマクシム・オレシキン経済発展大臣は21日、世耕経済産業大臣兼ロシア経済分野協力担当大臣と会談を行い、この問題を協議した。

    オレシキン氏は、日本市場へのロシア産商品進出の準備の観点からは一切の障害はないとした上で、あるのは技術的作業だけだと続けた。

    昨年、ロシア産食品の対日輸出額は30%増の3億8500万ドル(約422億円)となった。2017年4月、日本は熱処理済みのロシア産鶏肉を、2016年12月には加工済みの牛肉、豚肉、羊肉の輸入を解禁した。

    2019年01月22日 10:00
    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/business/201901225829491/ 
    【【経済】日本、ロシア地域からの鶏肉輸入に合意 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Toy Soldiers ★ 2019/01/21(月) 23:57:20.19 ID:t5qTSxd99
    2019年01月21日 20:38
    C35F6D5D-9F25-4315-A767-BAC0C69E8FA0

    ロシアのペスコフ大統領報道官は、日本との平和条約の締結達成に必要な時間を最小限にするため、ロシアは可能なことを全て行っていく意向だが、これは即時的なプロセスではないと述べた。

    露大統領補佐官、日本政府の要求に苦言「交渉を一層複雑化させる」
    ロシア大統領府の報道部は先に、同国のプーチン大統領と日本の安倍首相が、日露両政府間の平和条約締結に関連した諸問題について22日に論議する予定だと発表している。
    ペスコフ報道官は記者らに対し、「交渉は現在、最初の段階にある。つまり、専門家らによる意見交換、専門家らによる作業のことだが、これは非常に綿密な作業で、非常に複雑なものだ。
    この作業は、両代表団それぞれのトップによる直接的な参加も必要とするものであり、今回の場合、このトップとはプーチン大統領と安倍首相の双方であって、2人は明日、その作業に取りかかる」と述べた。

    ペスコフ報道官は、プーチン大統領が平和条約締結のテーマについて、時間的に著しく引き延ばされたものになっていると再三にわたり語ってきたと指摘。

    「これはプーチン大統領も確認したことだが、その時間を可能な限り圧縮し、最小限にするために、ロシア側は可能なことを全て行っていく意向だ」と述べた。同時に、平和条約の達成は即時的なプロセスではないとも強調した。

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/politics/201901215827815/

    【【日ロ】日本との平和条約、早期の締結達成に向け「可能なことを全て行う用意」 露報道官 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2019/01/21(月) 20:04:30.39 ID:/Le5vol59
    no title
     
    政府以上に強硬なロシア世論 大統領も決断困難か

     安倍総理大臣を迎えるロシア国内の雰囲気はどうなっているのでしょうか。モスクワから報告です。

     (長谷川由宇記者報告)
     ロシア国内ではデモだけではなく、国営テレビが日本側の姿勢を連日、非難するような内容の番組を放送していて、安倍総理を歓迎しているとは言い難い雰囲気となっています。ロシア世論の高まりも、普段のようには政府がコントロールできないレベルに達しつつあります。政府公認の20日の引き渡し反対デモでは、非常に珍しいことに、プーチン大統領について参加者が「日本と結託して島を売り渡そうとしている」などと公然と批判していました。ロシア政府はこれが反政府運動につながるのではないかと、かなり神経をとがらせていて、プーチン大統領側近のウシャコフ補佐官は「日本側のせいで交渉は難しくなっている」と国民を安心させるようなコメントを発表しています。高まる世論を無視できなくなってきたプーチン大統領が首脳会談で北方領土について大きな決断をするのは難しい状況となっています。

    テレ朝news
    1/21(月) 17:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190121-00000038-ann-int


    【【ロシア国内・北方領土デモ】日本批判が連日テレビで デモは制御不能レベルに 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/20(日) 14:02:43.39 ID:E3UItDBP9
    https://snjpn.net/archives/91849

    no title


    村本大輔さんのツイート

    ロシアには抗議しない、韓国が同じことしたら怒る。

    アメリカロシアにはヘコヘコして朝鮮半島がやったら激怒。

    生粋の雑魚の媚びるスネオ根性

    ▼ネット上のコメント

    ・おいおい・・・。間宮海峡を知らないばかりか、記事すら読んでないやつが何人もいるぞ。

    ・何について抗議するんだよw

    ・ちゃんと読んだ上でコメントしてるのかな?ちょっと疲れてるようですので、お薬飲んで休んだほうがいいかもしれません。

    ・総ツッコミされてるし。なんか可哀想だな、迷走しすぎで。

    ・なぜロシア領内で起こった事故に日本が抗議する必要があるんだ?

    ・ロシア領だぞ

    ・村本さん、お若いのでまだお分かりにならないかもしれませんが、これ以上、恥をさらさないほうがよろしいのではないでしょうか。

    ・良く調べもしないで感情に振り回されるからこうなる。冷静になりましょう。

    ・ロシア領域内でロシアの戦闘機同士がぶつかったんでしょ?なぜ日本が抗議するの?

    ・ぼくはウーマンくんが心配になってきました。🤢

    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1547960563/ 【【ほう樺太は日本領ですか】ロシア戦闘爆撃機同士の衝突に、村本大輔「ロシアには抗議しない、韓国が同じことしたら怒る」 ネット「総ツッコミされてる」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2019/01/18(金) 09:01:33.03 ID:hJq9G2Yw9
    no title
     
    またロシア機、日本海飛行=哨戒機、山陰から北海道沖-防衛省

     防衛省統合幕僚監部は17日、ロシアの哨戒機「IL(イリューシン)38」が同日午前から午後にかけて、山陰沖から北海道沖の日本海を飛行したと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したが、領空侵犯はなかった。海上自衛隊や米軍の潜水艦の情報を収集している可能性がある。

     ロシア機をめぐっては、16日にも戦術偵察機SU24が北海道の礼文島(れぶんとう)沖や、新潟県の佐渡島沖などの日本海を飛行し、空自機が緊急発進していた。

     空自機が撮影したIL38の機体後部には、MAD(マッド)ブームと呼ばれるセンサーとみられるものがある。MADは潜水艦が航行する際に生じる磁場の変化を検知する装置。機首上部には電子情報収集用とみられるレーダーが、下部には洋上監視用のアンテナを保護するレドームとみられるものが見える。

     IL38は、昨年11月に山口県沖から北海道沖まで飛行していた。
    (時事通信社編集委員 時事総研 不動尚史)。

    時事通信
    2019年01月17日22時07分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011701326&g=soc

    【【またロシア機】日本海飛行=哨戒機、山陰から北海道沖 航空自衛隊の戦闘機が緊急発進 16日に続き 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル