かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:ロシア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/01/18(月) 18:01:22.97 ID:CAP_USER9
    LNG

    2021年1月15日、韓国メディア・韓国経済は、アジア地域の液化天然ガス(LNG)価格が1カ月間で4倍近く急騰したことで日本・韓国・中国が争奪戦を繰り広げており、世界最大のLNG輸入国である日本は「危機にある」と伝えた。

    記事は日本経済新聞の報道を引用し、LNGのアジア現物価格が今月中旬現在で100万BTU(英国熱量単位)当たり30ドル(約3115円)を超えており、先月初めの8.065ドルに比べ4倍近くに跳ね上がったと説明。韓国と中国を襲った記録的な寒波により需要が急増したことと、両国の産業構造の変化が要因だと分析している。特に、経済成長と脱石炭化を同時に進める中国が、石炭よりも二酸化炭素の排出が少ないLNGの購入を増やしていることを指摘している。

    一方の日本は、中韓の争奪戦が激化したことで「守りの姿勢に追い込まれている」と記事は伝えている。日本は世界のLNGの20%を輸入している最大の輸入国だが、中国の浮上により、数年後にはその座を退くと予想される。そうなれば「LNG物量の確保と価格交渉で不利になりかねない」と日本の産業界は懸念しているという。

    日本は2011年の東日本大震災と福島原発事故以降、LNG発電の比率を40%まで拡大してきた。また、新型コロナウイルス感染症の拡散で日本の電力会社は在庫を減らしていたこともあり、物量確保に苦戦しているという。商社は物量が十分な米国からのLNG購入に向けて交渉しているが、世界的にタンカー需要が増えているため、日本に運ぶタンカーが不足しているという問題もあるという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「南北統一すれば、シベリアから北朝鮮を経てガスを持ってこられる」「ロシアが輸送管を設置しようと言った時、李明博(イ・ミョンバク)元大統領が応じていれば、今ごろ低価格でガスが使えて尊敬されていただろうに」「南北関係にもっと力を入れて、鉄道とガス管でロシアと交流したらいいのに」「ロシアはガス生産国だからね」など、「北朝鮮を経由し、ロシアの天然ガスの供給を受けられるようにすべき」との意見が多数寄せられている。

    また、「日本がLNG供給に苦労してるから、韓国が助けてあげようとでも言いたいのか?」「だから老朽化した原発を動かせと言いたいんだろう」などの声も見られた。(翻訳・編集/麻江)

    (略)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b867623-s0-c20-d0144.html 


    【LNG価格の急騰で日中韓が争奪戦 韓国ネット「南北統一すれば、シベリアから北朝鮮を経てガスを持ってこられる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: パンナ・コッタ ★ 2021/01/18(月) 12:24:00.25 ID:OWcMD4sr9
    nawarinui

    昨年8月に猛毒ノビチョク系の神経剤で襲撃されたロシアの反政権運動指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏が17日、療養先のドイツから露民間機で約5か月ぶりに帰国した。
    刑務当局はナワリヌイ氏をモスクワ郊外のシェレメチェボ空港で拘束したと発表した。
    プーチン政権は米欧による非難を覚悟で、ナワリヌイ氏の活動の封じ込めを図ったとみられる。

    読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20210118-OYT1T50081/ 

    【猛毒で襲われた反プーチン派指導者、退院後に当局が即拘束】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: かわる ★ 2021/01/13(水) 19:14:37.20 ID:y9QVu5TO9
    39133080-B8C4-4D2C-B5C0-191529AF0E60

    ロシアとウズベキスタン両国の研究者らが、微量の放射線を用い、人体に害を与えずに新型コロナウイルスやその変異体を抹殺できることを実証した。ウラル連邦大学の広報部が発表した。

    同大学の広報部によれば、微量の放射線とは軟X線、紫外線のことで、これをコロナウイルスに用いて、その効果が実証された。

    広報部によれば、コロナウイルスのリボ核酸分子は人体の細胞に侵入する際に大きな変形を余儀なくされる。ウラル連邦大学の研究者らによれば、変形したリボ核酸分子は変形していない分子に比べ、1000倍も放射線の作用に弱い。このことから微量の放射線でもウイルスには致死量となるが、これくらいの放射線量では人体の健康な細胞分子には一切危害を与えない。

    研究者グループは、放射線作用はCOVID-19だけでなく他のウイルスやその変異体にも効果を発揮すると考えており、現在、治療メソッドの開発にあたっている。

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/covid-19/202101118073220/

    【【朗報】微量の放射線で新型コロナウイルスは抹殺できる ロシアとウズベクの研究者らが実証】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: チミル ★ 2021/01/12(火) 22:27:02.19 ID:od5faiO79
    no title

    ロシア極東・サハ共和国の中心都市でプーチン政権と距離を置くなどして注目されていた市長が突然、辞任し、メディアは、政権側の圧力があったのではないかという見方を伝えています。
    ロシア極東・サハ共和国の中心都市ヤクーツクのアフクセンチエワ市長は11日、SNSで「家族が私の健康状態を心配している。病院に行くつもりだ」などと辞意を明らかにし、地元議会で辞任が了承されました。

    アフクセンチエワ氏は、2018年9月に行われた市長選挙で与党「統一ロシア」の候補者を破って初当選し、在任中は、高級な公用車を売却したり、公費を私的に使った職員を解雇したりするなど公正な政治を目指し、アメリカの有力紙もロシアでは珍しい政治家だとして紹介しました。

    また、プーチン大統領が主導して去年7月に行った憲法改正の全国投票では、反対票を投じたとされ、動向が注目されていました。

    今回の辞任についてアフクセンチエワ氏の報道官は、「どこからの圧力もなかった」としています。

    一方、複数のメディアは、プーチン政権が重視していることしの下院議会選挙に向けた対応だったなど、政権側の圧力があったのではないかという見方を伝えています。

    ロシアでは去年、極東のハバロフスクでプーチン政権と距離を置く知事が逮捕されるなど、地方で野党側の政治家が辞任に追い込まれるケースが相次いでいます。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210112/k10012811021000.html


    【【ロシア】”反プーチン政権”の市長が突然辞任…複数メディアが政権圧力の見方】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2020/12/31(木) 09:07:29.39 ID:zJe1aYQt9
    putin
    ロシアのプーチン大統領は、新年を迎えるにあたって菅総理大臣にメッセージを送り、「2国間の当面の問題を解決するためにも、建設的な対話への意欲がある」としています。引き続き平和条約交渉にも臨む姿勢を示したものとみられます。

    ロシア大統領府は30日、プーチン大統領が、新年を迎えるにあたって各国の指導者などにメッセージを送ったと明らかにしました。

    このうち菅総理大臣に向けては「2国間の議題にある当面の問題を解決するために、また、アジア太平洋地域の安定と安全保障を強化するために、建設的な対話と共同作業への意欲を再確認した」としています。プーチン大統領としては、引き続き平和条約交渉にも臨む姿勢を示したものとみられます。

    一方、プーチン大統領は、アメリカのバイデン次期大統領にもメッセージを送り、「対等の精神と互いの利益を考慮した関係を構築することで、両国は、地域と世界の安定と安全の強化に大きく貢献することができる」として協力を呼びかけました。

    また、トランプ大統領には、大統領と家族の健康や、すべてのアメリカ国民の幸せと繁栄を願うとするメッセージを送りました。

    NHK 2020年12月31日 8時18分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201231/k10012791371000.html

    【ロシア プーチン大統領「建設的対話に意欲」菅首相に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV21,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/12/30(水)16:54:39 ID:???
    kp250

    今年 韓国の食糧支援を拒否した北朝鮮は、ロシア・スイスなど他の6か国からの食糧支援は受け入れていたことが明らかとなった。

    今日(30日)米国ラジオ放送局“自由アジア放送(RFA)”は、国連人道問題調整事務所(OCHA)の「国際社会 対北支援現況資料」を引用し、スイス・ロシア・スウェーデン・ノルウェー・カナダ・ブルガリアの6か国は、今年 世界食糧計画(WFP)の対北食糧支援事業に約1050万ドルを支援したと報道した。

    WFPは この資金を、北朝鮮の乳児と妊婦、授乳する母親などの脆弱層への食糧支援などに使用した。

    このことは 韓国政府が約1177万ドルをかけて推進してきた対北“米支援(5万トン)”を、北朝鮮が拒否したのとは対照的である。

    昨年6月 韓国統一部(省)は南北交流協力推進協議会で、米5万トンの対北支援事業に対する事業費を議決したが、北朝鮮の拒否により事業が保留となった。今月初めWFPは、事業管理費の全額を韓国統一部に戻した。

    このことについて 米中央情報局(CIA)分析官を務めた 米シンクタンク“ランド研究所”の政策アナリストであるスー・キム氏はRFAに「北朝鮮が韓国の支援を拒否するのは、キム・ジョンウン(金正恩)政権が 韓国政府を受け入れていないことを示唆している」と指摘した。

    (略)

    ワウコリア 12月30日
    http://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/1230/10282552.html


    【【北朝鮮】韓国による5万トンの“米支援”を拒否した北、ロシア・スイスの食糧支援は受け入れる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 江ノ島 ★ 2020/12/29(火) 20:23:40.11 ID:JjUclcww9


    コロナ死者数は公式統計3倍以上と判明 露
    2020年12月29日 20:09
    新型コロナウイルスの感染が拡大するロシアで、公式統計の3倍以上の人がこれまでにコロナが原因で死亡したことが明らかになりました。

    新型コロナウイルスの感染が拡大するロシアで、公式統計の3倍以上の人がこれまでにコロナが原因で死亡したことが明らかになりました。
    ロシア統計局によると、今年1月~11月までの死者数は前年同期比でおよそ23万人増えましたが、28日、コロナ対策に関する定例会見で、ゴリコワ副首相は「この期間の死者数の増加のうち、81%以上が新型コロナウイルスによるもの」だと明らかにしました。

    これにもとづくと、新型コロナウイルスによる死者数はおよそ18万6千人となり、これまでの公式統計の死者数およそ5万5000人の3倍以上の人が実際に死亡していたことになります。この数は米国やブラジルに次ぐ世界で3番目の多さです。

    これまで、ロシアでは新型コロナウイルスが直接の死因である場合のみウイルスによる死者として認定し、コロナ感染が確認されながら持病が悪化したなどの理由で死亡した人はコロナ感染による死者として数えられていなかったこともあり、欧米のメディアなどから死者数の信ぴょう性に疑問の声があがっていました。

    日テレnews24
    https://www.news24.jp/sp/articles/2020/12/29/10794676.html

    【ロシア、公式発表より3倍以上のコロナ死者数と判明。18万6千人】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 江ノ島 ★ 2020/12/29(火) 19:47:22.72 ID:JjUclcww9
    在北朝鮮ロシア大使館は29日、フェイスブックで、ロシアが北朝鮮に対し、世界食糧計画(WFP)を通じて年内に100万ドル(約1億円)分の追加支援を行うことを決めたと明らかにした。

    共同通信
    https://this.kiji.is/716602747128659968?c=49404987701575680

    【ロシアが北朝鮮に追加支援。1億円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/12/24(木) 14:03:55.31 ID:CAP_USER
    tyuuro
    最近 中国とロシアの軍用機が、韓国防空識別区域(KADIZ)に一斉に進入し 合同演習を実施するなど、中ロが軍事協力を強化し 一層 密着している。

    このような今回の中ロの演習は、反中戦線の構築に熱を上げている日本と米国、インド、オーストラリアなど“クアッド(Quad・日米豪印「4か国安保対話」)”国家たちが、合同演習を続けていることに対するけん制の動きだとみられている。

    きのう(23日)中国共産党機関紙“人民日報”と中国外務省などによると、中国とロシアの国防省は前日(22日)、両国の空軍がアジア太平洋地域の“第2次 合同空中演習”を実施したと、共同声明を通じて伝えた。

    このような中ロの密着は、ジョー・バイデン米国新政権の発足に合わせて 一層 本格化するものとみられ、また 今回のKADIZへの進入のような大規模合同演習が定例化する可能性もあるとみられている。

    このことから 韓国政府も中ロに対抗して日米韓の安保協力を拡大していくべきだという声が出ているが、その展望は不透明である。

    なぜなら 韓国政府が米中間で“戦略的あいまい性”を固守していることに加えて、元徴用工賠償問題をとりまく日韓の対立と新型コロナウイルス感染症、在韓米軍射撃場問題などの“変数”があるためである。

    2018年以降 小規模演習を中心に実施してきた米韓合同演習は、今年は新型コロナの影響で大幅に縮小された。一方 新型コロナの状況でも、日米合同演習をはじめとしたクアッド国家間の軍事演習は 引き続き強化されている。

    一部では 戦略的あいまい性を維持することで、韓国が米国によるインド太平洋地域の安保体制から疎外される可能性があるという見方も出ている。


    2020/12/24 13:07配信 WOW!Korea
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/1224/10281895.html

    【【韓国孤立】中ロは合同演習、日米は演習強化…韓国だけが「疎外?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV20,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/12/10(木)14:08:20 ID:???
    7CA6C67B-B37F-42D8-BDF1-29DDE41D2290

    北朝鮮に新型戦闘機ミグ(MiG)-35を輸出するというロシアの計画が、さらに安い戦闘機を前に出す中国から挑戦を受けていると、ロシアのオンラインメディアが9日(現地時間)報じた。

    現地航空専門オンラインメディアのアヴィアプロ(Avia.pro)はこの日、「中国がさらに安い価格でロシア戦闘機MiG-35の北朝鮮輸出を妨害している」という記事で、対北朝鮮武器輸出をめぐる中露の競争を紹介した。

    報道によると、北朝鮮は近く空軍戦闘機を大規模に現代化する計画であり、このためロシアが昨年から実戦配備している新型第4.5世代戦闘機MiG-35の導入を検討してきた。

    しかし中国がはるかに安い価格で自国の戦闘機を購入することを北朝鮮側に説得し、露朝間の取引に支障が生じているという。
    ロシア製のMiG-35に対抗する中国の戦闘機にはJ(殲)-10C戦闘機が挙がっている。

    従来のMiG-29MとMiG-29Kモデルを改良して第4.5世代戦闘機に分類されるMiG-35は、2017年に試験飛行に入り、2019年半ばからロシア空軍に実戦配置され始めた最新型機種。

    米国の第5世代ステルス戦闘機F0-35やロシアの第5世代ステルス戦闘機スホイ(Su)-57に比べて性能が落ちるが、制限的なステルス性能を備え「第4.5世代」戦闘機に分類される。

    同じく第4.5世代戦闘機の中国製J-10Cは購買・運用費用が安く、性能もロシアMiG-35に劣らないという評価を受ける。

    (略)

    Yahoo!ニュース 12月10日 中央日報
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f4a3061bae1657792f85efa87938ffbc07999e0


    【【軍事】「露中、北朝鮮に戦闘機輸出競争…中国が自国機を安く提案」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2020/12/09(水) 19:34:56.31 ID:CAP_USER
    kp250
    8日、北朝鮮にあるロシア大使館が、フェイスブックで「北朝鮮政府が導入した『超特別防疫措置』に関する内容」と投稿した。

    北朝鮮の外務省から送られてきたという、新型コロナウイルス対策への協力要請。

    要請の中には「連絡は主に電話で」、「会食の人数制限」などがあり、そんな中、目を引いたのが、「冬季に屋外に出る必要がある場合は、マスク・めがね・帽子を身につけ、雪合戦などの雪遊びは自粛してほしい」というもの。

    北朝鮮の雪合戦の映像。 なぜ感染対策が「雪合戦の自粛」なのか。

    コリア・レポート 辺真一さん「(北朝鮮は)ゲームセンターやゲームコーナーとか、レクリエーションの場が限られている。雪合戦は北朝鮮ではよく見られる光景」

    「感染者は出ていない」と主張する北朝鮮。

    このタイミングでの協力要請には、ある意味が隠されているという。

    コリア・レポート 辺真一さん「ひとつは、感染者ゼロと今まで言ってきたが、実際は感染者が出たどころか蔓延し始めた。もうひとつは、来年1月に北朝鮮が5年ぶりに労働党大会を開催する。感染者を出させない。そのためには、徹底した締め付けを強くせざるを得ない」

    北朝鮮の「感染ゼロ」については先週、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が「信じられない」と発言。

    これに対して9日、金正恩(キム・ジョンウン)委員長の妹・与正(ヨジョン)氏が、およそ5カ月ぶりに発表した談話では、「われわれの防疫措置を差し出がましく批評したのを聞いた」、「あと先なしに妄言を吐き、凍り付いた北南関係をさらに冷やしたいようだ」としている。

    真相はいまだわかっていない。

    https://www.fnn.jp/articles/CX/117494

    【なぜ? 「感染ゼロ」の北朝鮮 突然“雪合戦自粛”を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 記憶たどり。 ★ 2020/12/07(月) 22:01:11.96 ID:7by1+74F9
    千島列島

    ロシア外務省は6日、ロシアが実効支配する北方領土出身のロシア人が米国で米国永住権
    (グリーンカード)を申請する際に、出身国を日本と記すよう米国務省が規定していることに
    「1945年の決定でクリール諸島(北方領土と千島列島)はソ連に帰属する。第2次大戦の結果に
    疑義を呈するものだ」と反発する声明をツイッターで発表した。

    北方領土を事実上管轄するロシア極東サハリン州のインターネットメディア「サハリンとクリール」が10月、 抽選でグリーンカードを与える米国務省の応募規定の中に、北方領土出身者は「日本出身」と
    明記するよう規定されていると報道した。

    共同通信
    https://this.kiji.is/708663699055476736?c=39550187727945729 


    【【領土】「北方領土生まれは日本出身と明記せよ」ロシア人が米国で米国永住権を申請する際の規定にロシア反発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ブギー ★ 2020/11/29(日) 19:14:08.25 ID:0kmKTtGa9
    クリュチェフスカヤ火山
    29日、カムチャツカ半島のクリュチェフスコイ火山で噴火が発生し、6000メートルまで噴煙が上昇した。カムチャツカ火山噴火対策チーム(KVERT)が発表した。

    同チームによると、火山灰は火口から北東へ広がっているという。

    その通り道にある居住区には灰の雲は拡がっておらず、降灰も記録されていない。

    上空航行の危険度を示す標識は、最高度のものの一つである「オレンジ」色となっている。

    クリュチェフスコイ火山は高さ4800メートル、ユーラシアの火山で最も高い活火山。

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/incidents/202011297976101/

    【カムチャツカ半島のクリュチェフスコイ火山 6000メートルの噴煙柱】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2020/11/18(水) 01:07:12.55 ID:i59VLOEc9
    b68294a7

    ロシア連邦消費者庁(ロスポトレブナドゾル)のポポワ長官は17日、シベリアで新型コロナウイルスの変異が出現したと発表した。

    メディアで「シベリアで特定の変異が見られる。特異的突然変異を伴う独自タイプが出現しているようだ」と指摘。
    変異による伝染性や致死性への影響など詳細は示さなかったが、新型コロナの危険性が増すことはないと述べた。

    ロシア国立ウイルス学・生物工学研究センターのマクシュトフ所長はタス通信で、
    新型コロナの変異がワクチンの有効性に影響を及ぼすことはないとした。

    ロシアで17日確認された新型コロナ感染症による死者は442人と過去最多を更新。累計は3万3931人。

    感染者数は累計197万1013人で、米国、インド、ブラジル、フランスに次ぐ世界5番目の多さとなっている。

    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-russia-cases-idJPKBN27X1ZV

    【【ロシア】 新型コロナの変異、シベリアで確認・・・17日の死者は442人と過去最多を更新、累計死者3万3931人】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/11/17(火) 16:57:06.18 ID:CAP_USER
     kr250
     日本国内での事業経営が認められる「経営・管理」の在留資格を不正に取得し、日本に入国したとして、警視庁公安部は入管難民法違反(不正上陸など)の疑いで、いずれも東京都世田谷区南烏山に住む韓国籍で、貿易会社「IMPEX」役員の金貞淑(きんていしゅく)容疑者(70)=別の同法違反容疑で逮捕=と、同社元役員の金鐘甲(きんしょうこう)容疑者(60)=同=を再逮捕した。公安部は両容疑者の認否を明らかにしていない。

     両容疑者はロシア国内で、不正な海産物取引やガスターミナル建設に関与していた疑いがあり、公安部が会社設立の詳しい経緯や目的などを調べる。

     再逮捕容疑は、令和元年9月ごろ、東京出入国在留管理局に対し、「経営・管理」資格に該当しているかのように会社の資産額や従業員数を偽って申請。在留資格を不正に取得したうえで、同2年2月、成田空港から日本国内に入国したなどとしている。

     金貞淑容疑者は平成29年11月ごろから短期滞在の在留資格で日本への入国を重ね、同時期から会社を稼働させていた。金鐘甲容疑者は事前に都内に会社事務所を用意するなど、経営を支援していたとみられる。

     会社は韓国からの栄養ドリンクの輸入販売などを事業目的としており、公安部によると、売り上げなど稼働実態はあったという。

    産経新聞 11/17(火) 16:42
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e336fb825fdf81645eca4566c5a97bcb54b6b29c

    【【韓国人犯罪/公安案件】貿易会社経営資格を不正取得し入国 容疑で韓国籍男女を逮捕 ロシアでの不正海産物取引にも関与か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/11/15(日) 13:45:12.52 ID:CAP_USER
    no title
    ロシアが開発した新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」が韓国で生産される。

    13日のタス通信によると、ロシア直接投資基金(RDIF)はこの日ツイッター公式アカウントを通じ、「RDIFと韓国有数のバイオテック企業のGLラファが世界で初めて承認された『スプートニクV』ワクチン年間1億5000万回分以上を韓国で生産することにした協定を公表する」と明らかにした。

    双方は12月からGLラファで生産に入り、来年1月に世界市場への輸出用供給を始めることで合意したとRDIFは伝えた。GLラファは「韓国への供給用ではない。生産するワクチンは全量RDIFに送る計画だ」と明らかにした。

    スプートニクVワクチンはロシア政府が8月に世界で初めて承認(公式登録)した新型コロナワクチンだ。

    ロシア保健省傘下の国立ガマレヤ研究所が開発しRDIFが支援した。当時通常の手続きとは違い臨床第3相を省略して第1相、第2相の後すぐにロシア政府の承認を受けており、効能と安全性に対する懸念を呼び起こしている。

    その後ロシア政府とRDIFはスプートニクVの効果を広報し続けてきた。

    RDIFは11日にワクチン広報ツイッターアカウントを通じ「スプートニクVの効果が92%に達した」と主張したりもした。

    こうした結果はワクチン第3相試験に参加した20人の新型コロナウイルス感染者のうちワクチン接種者とプラシーボ(偽薬)投薬者の割合を根拠としたものとRDIFは説明した。

    RDIFは50カ国以上から12億回分以上のスプートニクV購入申請があったと紹介した。

    輸出用製品は韓国をはじめ、インド、ブラジル、中国などでRDIFのパートナーが生産する予定だ。

    RDIFはこれらパートナーとの契約を通じ年間約5億回分のスプートニクVがロシア以外の国で生産可能だと明らかにした。

    中央日報 11/15(日) 13:19
    https://news.yahoo.co.jp/articles/148dbc639f52c10e69b6c6ca982d48cd4327a010


    【【韓国は生産だけ】「ロシアが開発の新型コロナウイルスワクチン、韓国で生産」インド、ブラジル、中国なども生産する予定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/11/14(土) 16:54:21.32 ID:CAP_USER
    no title
     
    韓国のバイオ企業“GL Rapha”は、ロシアの新型コロナウイルス感染症ワクチン“スプートニクV” 1億5000万ダースを生産することにしたと、ロイター通信が13日報道した。

    ロイター通信によると、ロシアの政府系ファンドであるロシア直接投資基金(RDIF)は この日に声明を出し「GL Raphaと、ワクチンを年間1億5000万ダース以上 生産するという契約を締結した」と伝えた。

    RDIFは、GL Raphaが来月からワクチンの生産を始め、このワクチンが来年1月から世界各地へと供給されるものと予想されると説明した。

    スプートニクVは、ロシア保健省傘下の国立感染症・微生物学センターが開発したワクチンで、世界で初めて保健当局から使用承認を受けている。現在 このワクチンは4万人を対象に、フェーズ3の臨床試験を進めている。RDIFは、このワクチンの予防効果が92%に至っていると主張している。

    WoW!Korea 11/14(土) 15:24
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4cadc9efac51be01f8e67d699c439f5cbd573cf7


    【【スプートニクV】ロシア政府系ファンド「韓国バイオ企業が“ワクチン1.5億ダース”を生産」 ワクチンの予防効果は92%】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ファルコンアロー(大阪府) [US] 2020/11/12(木) 21:59:58.32 ID:zMbCWc7Y0 BE:711292139-PLT(13121)
     2020年9月27日からはじまった「ナゴルノ・カラバフ戦争」は、11月10日夜のアゼルバイジャン、アルメニア、ロシアの首脳による、紛争地域での敵対行為を終わらせるための合意文書への署名でひとまず終結されることになった。
    合意はアゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領、アルメニアのニコル・パシニャン首相、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が署名したもので、
    アリエフがこの合意を「アルメニアの事実上の軍事的降伏」と呼んだように、アルメニアの敗北を強く印象づける内容になっている。

    no title


    図の紫色で塗られた部分は「戦闘開始によってアゼルバイジャンが占領した地域」だ。
    縦の紫色の線で示された地域は「12月1日までにアゼルバイジャンに移行される地域」である(東側のアグダム地区は11月20日まで、西部の北半分のケルバハル地区は11月15日まで、南半分のラチン地区は12月1日までに返還)。
    緑色の部分が新しい「ナゴルノ・カラバフ」ということになり、それはオレンジ色の点線で囲まれている。その範囲内に、合意にしたがって、ロシアの平和維持部隊が配備されることになる。

     黄色の実線はナゴルノ・カラバフの首都ステパナケルトからアルメニアの首都エレバンに向かう既存の道路を表している。だが、アゼルバイジャン人にはシュシャ、アルメニア人にはシュシと呼ばれているとステパナケルトを見下ろす高台が11月8日にアゼルバイジャン軍の統治下に入った。
    このため、今後、アルメニアとナゴルノ・カラバフを結ぶアクセスを確保するため、新たに黄色の点線で示された道路(幅5キロメートルのラチン回廊)が建設される。
    他方で、アゼルバイジャンの支配下に移るザンゲランなどの南部とアゼルバイジャンの飛び地にあるナヒチェヴァニを結ぶ道路(紫色の点線)も建設される。

    https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020111100004.html

    【【終戦】アゼルバイジャンが占領地および同程度の面積のアルメニア支配地を獲得する完勝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: どこさ ★ 2020/11/10(火) 14:38:20.79 ID:6JfiBk0u9
    ナゴルノ紛争、完全停戦で合意 アルメニア、事実上敗北
    時事2020年11月10日11時07分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020111000282

    no title

    ナゴルノカラバフ
    no title

    アルメニアのパシニャン首相=10月6日、エレバン(AFP時事

     【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は10日、 係争地ナゴルノカラバフをめぐり軍事衝突を続けてきたアゼルバイジャンとアルメニアが 現地時間10日午前1時(日本時間同6時)からの完全停戦で合意したと発表した。
    プーチン氏とアゼルバイジャンのアリエフ大統領、 アルメニアのパシニャン首相が停戦に関する共同声明に署名した。

     ロシアのメディアによれば、 共同声明にはアルメニアが占領地をアゼルバイジャンに返還することなどが盛り込まれており、 劣勢だったアルメニアが事実上敗北したと受け取れる内容。
    アリエフ氏は10日、合意は「事実上アルメニアの降伏だ」と主張した。
     一方、パシニャン氏はフェイスブックに 「私個人やわが国民にとって筆舌に尽くし難いほどつらい」と書き込んだ。 アルメニアからの報道では合意に憤った市民が政府庁舎に侵入するなど混乱が起きた。


    -----------------


    ロシア軍ヘリ撃墜を謝罪 アルメニア領でアゼルバイジャン
    時事2020年11月10日06時11分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020111000196

     【モスクワ時事】ロシア国防省によると、 ロシア軍のMi24ヘリコプターが9日、アルメニア領内で撃墜され、2人が死亡した。
    アルメニアと軍事衝突するアゼルバイジャンが誤って撃墜したと認め、ロシアに謝罪した。
     アルメニアはロシアが主導する集団安全保障条約機構(CSTO)の加盟国で、 ロシア軍が駐留する。ロシア軍ヘリ撃墜を受け、 事態が一気に緊迫化する恐れもあったが、 アゼルバイジャンは直ちに謝罪して事態収拾を図った。
    アゼルバイジャンとアルメニアは係争地ナゴルノカラバフをめぐり、 9月27日から戦闘を続けている。


    【【ナゴルノカラバフ紛争】完全停戦で合意 アルメニア、事実上敗北/ロシア軍ヘリ撃墜を謝罪 アルメニア領でアゼルバイジャン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2020/11/08(日) 13:21:27.98 ID:7t5/0Q3U9
    8E65D9F5-F2A0-4802-9AE4-5AF3744DAF61
     
     米大統領選でバイデン前副大統領の当選確実が報じられてから6時間以上が過ぎても、ロシアはほぼ沈黙を保っている。4年前の米大統領選で、トランプ大統領の当選確実が報じられた直後にプーチン大統領が世界に先駆けて祝電を送った時とは対照的な対応で、バイデン氏の出方を見極めているようだ。

     ロシアは2014年のウクライナ危機後、当時の米オバマ政権との間で冷戦後最悪と言われるほど関係が悪化した。そのため、16年の米大統領選ではプーチン氏に好意的な姿勢を示していたトランプ氏への期待が高まった。米国でトランプ氏の当確が報じられると、プーチン氏は直後に「ロ米関係の危機的状況から脱するための共同作業に期待する」とする祝電を送った。

     だが、プーチン氏が期待した米国との「対等で相互に敬意を持ち合う」関係は築けず、関係はむしろ悪化。米ロ間で唯一残った核軍縮条約の新戦略兵器削減条約(新START)も、来年2月の期限切れが迫る。ロシアはバイデン氏の動きを見守って、反応を控えているようだ。

     タス通信によると、ロシア下院のスルツキー国際問題委員長は8日未明、バイデン氏の当選について、「米国の対ロ政策に大きな変化は期待できない」とコメント。ただ、核軍縮などを巡る交渉では建設的な議論への期待があるとも指摘した。(モスクワ=石橋亮介)
     米大統領選でバイデン前副大統領の当選確実が報じられてから6時間以上が過ぎても、ロシアはほぼ沈黙を保っている。4年前の米大統領選で、トランプ大統領の当選確実が報じられた直後にプーチン大統領が世界に先駆けて祝電を送った時とは対照的な対応で、バイデン氏の出方を見極めているようだ。

     ロシアは2014年のウクライナ危機後、当時の米オバマ政権との間で冷戦後最悪と言われるほど関係が悪化した。そのため、16年の米大統領選ではプーチン氏に好意的な姿勢を示していたトランプ氏への期待が高まった。米国でトランプ氏の当確が報じられると、プーチン氏は直後に「ロ米関係の危機的状況から脱するための共同作業に期待する」とする祝電を送った。

     だが、プーチン氏が期待した米国との「対等で相互に敬意を持ち合う」関係は築けず、関係はむしろ悪化。米ロ間で唯一残った核軍縮条約の新戦略兵器削減条約(新START)も、来年2月の期限切れが迫る。ロシアはバイデン氏の動きを見守って、反応を控えているようだ。

     タス通信によると、ロシア下院のスルツキー国際問題委員長は8日未明、バイデン氏の当選について、「米国の対ロ政策に大きな変化は期待できない」とコメント。ただ、核軍縮などを巡る交渉では建設的な議論への期待があるとも指摘した。(モスクワ=石橋亮介)

    朝日新聞 2020年11月8日 11時15分
    https://www.asahi.com/articles/ASNC83J9GNC8UHBI01Y.html?iref=comtop_7_04

    【【朝日新聞】(4年前)トランプ氏へ最初に祝電送ったロシア、バイデン氏に沈黙】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル