かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:ロシア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Boo ★ 2018/02/03(土) 13:01:05.14 ID:CAP_USER
    un250
     
     北朝鮮が国連安全保障理事会の制裁決議に反し、禁輸対象の石炭などの輸出で2017年に約2億ドル(220億円)を稼いでいたことが2日、明らかになった。安保理北朝鮮制裁委員会の専門家パネルによる未公表の報告書を確認したロイター通信が報じたもので、書類を偽造するなどして中国やロシアなどに密輸してきた実態が浮き彫りとなった。

     北朝鮮は、一連の制裁決議で輸出を制限または禁止された石炭を、ロシアや中国、韓国、マレーシア、ベトナムの港に輸出。産地を「北朝鮮」ではなく「ロシア」や「中国」と偽った書類を使っていたと報告書は指摘しているという。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASL232TVGL23UHBI00J.html

    【【北朝鮮】禁輸の石炭輸出で220億円稼ぐ 国連報告書】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/02/02(金) 21:00:17.97 ID:CAP_USER
    b68294a7

    <アメリカが振り回す「最大限の圧力」は、
    北朝鮮を開戦に追いやりロシアの国家安全保障を脅かしかねない、と駐北朝鮮ロシア大使は言う>

    北朝鮮に対する原油供給の全面禁止などアメリカが求める制裁強化策は、世界規模の紛争を引き起こす恐れがあると、駐北朝鮮ロシア大使が警告した。

    ロシアのアレクサンドル・マツェゴラ大使は1月31日、ロシア国営メディアのインタビューで、核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮が国際社会で孤立し、アメリカ主導による「最大限の圧力」にさらされたことで、ロシアの国家安全保障が脅かされていると言った。

    対北朝鮮政策でアメリカと対立するロシアと中国は昨年12月、北朝鮮に対する国連安保理の追加制裁決議に賛成したが、制裁が行き過ぎれば北朝鮮は宣戦布告とみなすだろうと、マツェゴラは言った。

    「原油と石油精製品の輸出を止めることは北朝鮮にとって全面禁輸を意味する。そうなれば宣戦布告とみなし、あらゆる自衛的措置を取ると、北朝鮮の政府高官は繰り返し発言している」と、マツェゴラはロシア国営メディア、スプートニクに言った。

    昨年12月の追加制裁により、北朝鮮への原油や石油精製品の輸出は1月から約90%削減された。
    老朽化したパイプラインを通じて中国から送られる54万トンの原油と、中国やロシアなどから供給される6万トンの石油精製品に制限される。
    人口2500万人の北朝鮮にとってそれは「微々たる量」でしかなく、北朝鮮の住民はすでにガソリンやディーゼル燃料の深刻な不足に苦しんでいることから、これ以上供給を減らすべきではない、とマツェゴラは言った。

    (略) 

    ニューズウィーク日本版
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9449.php

    【【ロシア】北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/02/02(金) 11:19:18.55 ID:CAP_USER9
    千島列島

    ロシア政府は2日までに、同国が実効支配している北方領土・択捉島の民間空港を、今後は軍民共用とするよう命じる政令を出した。近年のロシアは北方領土の軍備を急速に増強させており、政令は、択捉島に本格的な空軍部隊を駐留させるための布石である可能性がある。
    北方領土交渉の障害となるのは必至だ。

    軍民共用とされるのは、2014年9月に開港した択捉空港。全長2300メートルの滑走路を持ち、
    中型ジェット機が離発着できる。

    同空港は、戦前の日本が建設したブレベスニク(天寧)空港で濃霧が多発することなどを受けて建設され、北方領土を事実上管轄するサハリン(樺太)州の州都ユジノサハリンスクとの定期便が就航している。昨年9月、元島民らの初の空路墓参でも利用された。

    北方領土の択捉、国後両島には推定約3500人の将兵が駐留。陸軍の第18機関銃・砲兵師団が中心で、地対艦ミサイルを担当する海軍の分遣隊や、空軍のヘリコプター部隊の要員も含まれている。
    露メディアは択捉空港の軍民共用化について、空軍が拠点を置くための動きだと伝えている。

    北方領土にはソ連時代、最大で約2万人の将兵が駐留し、択捉島には20機以上の最新鋭ミグ戦闘機が
    常駐していた。1991年のソ連崩壊後は、守備機能だけを残して部隊・兵員を大幅に削減した経緯がある。

    しかし、近年のロシアは再び北方領土の軍備増強に動いており、択捉、国後両島では新駐屯地の建設が
    進められている。2016年11月には、択捉に最大射程300キロの地対艦ミサイル「バスチオン」、
    国後に射程130キロの地対艦ミサイル「バル」が配備されたことが明らかになった。

    ロシアは、千島列島中部のマトゥア島(松輪島)に海軍基地を建設する方針で、準備作業を本格化させてもいる。

    ヤフーニュース(産経新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000528-san-eurp 

    【【北方領土】ロシア政府、択捉空港を軍民共用に。空軍本格駐留への布石か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 薬師神 ★ 2018/02/01(木) 10:51:57.89 ID:CAP_USER
    千島列島
     
    露日関係の発展は、特にクリルの共同開発ではスタート前の状態にとどまっている。
    ロシアのトルトネフ副首相兼極東連邦管区大統領全権代表が、サハリン・メディアの編集長らと懇談で明らかにした。
    トルトネフ氏は「共同開発はない(進んでいない)」と述べ、その責任は日本側にあるとし、「あるのは宣言された意向のみで、実際の行動はない。率直に述べる必要がある」と語った。

    ロシアと日本の両政府は、クリルで共同経済活動を行うことで合意した。
    より詳細な議論のために日本代表団が5月にサハリン、クナシリ、エトロフを訪れた。

    昨年末には安倍首相が共同経済活動を一刻も早く開始することへの支持を示した。
    クリルでの共同経済活動は、2月6日に日本で開かれる露日外務次官級協議のテーマとなる。

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/politics/201802014528122/

    【【北方領土】ロシア副首相「日本とのクリル共同開発は進んでいない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/31(水) 23:25:42.46 ID:CAP_USER9
    kunashiri

    1月31日 20時15分
    北方領土の国後島にロシア当局によって連行されていた、北海道根室市の漁協に所属する漁船と乗組員は、ロシアの漁獲規則に違反したことを理由とする罰金を支払ったことを受け、31日午後、解放されました。

    北海道根室市の根室湾中部漁協に所属する小型底はえなわ漁船「第53日香丸」(19トン)は、根室市の東の太平洋上の日本とロシアが漁業協定を結んで双方が漁を行っている海域で、今月17日深夜から18日未明にかけてロシアの国境警備局から臨検を受け、国後島に連行されました。

    その後のロシア側の検査で、漁船からは操業日誌に記載されていないタラやイカなど21トンが見つかり、ロシアの漁獲規則に違反したとして、ロシアの裁判所は、31日、漁船の船長に対して、罰金として87万ルーブル(日本円で160万円余り)の支払いを命じました。

    この罰金が支払われたことを受け、ロシアの警備当局は「第53日香丸」と乗組員を31日午後5時半ごろ、解放したということです。

    漁船は国後島を出発して根室に向かっていて、1日、到着する見込みだということです。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180131/k10011310471000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_014 


    【【日ロ】国後島に連行の漁船 解放され根室港へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/01/31(水) 19:49:20.93 ID:CAP_USER
    09AFE241-7F8C-46B2-A094-B471E03E821B
     
    ワシントン(CNN) 米軍によると、黒海上空の国際空域で30日、ロシアの戦闘機が米軍機をインターセプト(進路妨害)した。複数の米国防当局者がCNNに明らかにし、米欧州軍の在欧海軍が声明で確認した。

    それによると、国際空域を飛行していた米海軍の哨戒機「EP3」に、ロシア軍の戦闘機「Su27」が約1.5メートル以内の距離まで接近して進路を横切った。
    EP3はSu27のジェット後流に巻き込まれた。危険な進路妨害は2時間40分続いたという。

    国防当局者によると、EP3は任務を予定より早く切り上げざるを得なかった。

    在欧海軍の報道官は、EP3は国際法を守って飛行していたと述べ、米軍側が挑発したわけではないと強調した。

    これに対してロシアの国防省は、Su27にルール違反はなかったと主張。
    未確認の航空機がロシア領空に近付いていることが分かったためSu27が発進し、安全な距離から米軍の哨戒機であることを確認したと述べた。
    Su27は国際ルールを厳密に守りつつ、安全保障上の必要措置として米軍機と並行飛行し、領空侵犯を防いだとしている。

    黒海周辺にはロシアと米国、北大西洋条約機構(NATO)の部隊が共存していて、これまでにも危険な飛行が報告されている。

    昨年11月にもロシア軍の戦闘機が米海軍哨戒機の進路を妨害し、米軍機が大きく傾いて揺れたとの報告があった。

    CNNニュース
    https://www.cnn.co.jp/world/35113922.html

    【【アメリカ】ロシア軍機、米軍機の進路を「妨害」 黒海上空】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/01/29(月) 03:18:05.67 ID:CAP_USER
    【1月28日 AFP】
    uk250

    英国のガビン・ウィリアムソン(Gavin Williamson)国防相は26日、スコットランド沖のシェトランド諸島(Shetland Islands)で建設中のレーダーについて、ロシアによる「深刻な現実」の脅威への対策に貢献するものとなるだろうと述べた。

    シェトランド諸島には冷戦(Cold War)時代にも早期警戒レーダーが設置されていたが、その過去に回帰するかのような新レーダー設置の目的は、国籍不明の軍用機や民間機を英空軍が監視するためだという。

     ウィリアムソン国防相によると、新たなレーダーは英国で有人島としては最北に位置するアンスト(Unst)島で建設が進められている。建設費は1000万ポンド(約15億4000万円)で、まもなく本格稼働する予定。 稼働後は、これまで英空軍が対ロシア軍機のスクランブル(緊急発進)に使用してきた即時対応警戒システムに新レーダーからデータが送信される。

    国防相は、15日にもロシア軍機2機が英国の航空管制当局の呼び掛けに応答せず、英軍機2機が監視のために緊急発進していると述べた。英空軍機によるスクランブル対応はこの5年間で69回に上るという。
    だが、このうちロシア軍機の関与が何回あったかについては言及しなかった。

     英紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)によると、ウィリアムソン国防相は25日、ロシアが英国に「全面的な混乱」を引き起こす計画を進めている可能性がありその関連で英国の基幹インフラに対する諜報(ちょうほう)活動を行っているとロシア政府を非難している。

    昨年11月に就任したウィリアムソン国防相は、国防予算を増額するようフィリップ・ハモンド(Philip Hammond)財務相に強く求めているという。


    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3160241h
    【イギリスが新レーダー稼働へ、対ロシアの「深刻」な脅威に備え】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/01/28(日) 20:57:40.12 ID:CAP_USER
    2018/1/28 20:54
    b68294a7


     【モスクワ共同】ロシア全土で28日に行われた3月の大統領選のボイコットを呼び掛けるデモで、
    野党指導者ナワリヌイ氏がモスクワで行進中、警官隊に拘束された。

    共同通信
    https://this.kiji.is/330315422023140449


    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1517140660/ 【ロシア警察、ロシア野党指導者を拘束】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/01/26(金) 18:32:26.47 ID:CAP_USER
    【1月25日 AFP】
    日本海で25日、21人が乗っているとみられるロシアの漁船が行方不明になり、ロシア当局が捜索を行っている。

     ロシア非常事態省は、漁船「ボストーク(Vostok)」が同日朝、極東の沿海(Primorye)地方から200キロの沖合で緊急の無線信号を発信したものの、「ボストークとの交信は成功しなかった」と発表した。

     同省は、ボストークを捜索するためヘリコプターや船舶、飛行機を派遣。その後ヘリコプターが、
    海上に浮かんだブイ、救命胴衣2着を発見したが、捜索活動は高波と強風により難航しているという。

     重大事件を担当するロシア捜査委員会は声明で、海上輸送に関する安全規則の違反があった可能性があるとして、捜査を開始したと明らかにした。

     同声明によると、ボストークは韓国の東海(Donghae)港からロシア・サハリン(Sakhalin)島のホルムスク(Kholmsk)港に向かっていた。
    無線信号は日本時間25日午前3時30分ごろに発信されていたが、ボストークの位置はそれ以後、
    全地球測位システム(GPS)上に表示されなくなったという。(c)AFP

    画像:ロシア・サハリン(樺太)島コルサコフ(大泊)の沿岸。
    no title


    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3159996

    【【ロシア】ロシア漁船が日本海で行方不明、21人乗船か 捜索活動続く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/25(木) 21:45:49.49 ID:CAP_USER9


    2018/01/25
     ミャンマー空軍が新しい主力戦闘機として、Su-30を導入することでロシアと合意しました。2018年1月22日(ミャンマー現地時間)、ロシア国防省が発表しました。

     これはロシアのセルゲイ・ショイグ国防相の東南アジア歴訪(ミャンマー、ベトナム、ラオス、カンボジア)でミャンマーを訪問した際、交渉が合意に至ったものです。現在ミャンマー空軍は、ベラルーシから導入したMiG-29を主力戦闘機として運用しています。また2015年12月には、パキスタンとの間でJF-17(中国とパキスタンが共同開発したマルチロール機)導入についての契約も締結しており、ミャンマー空軍の戦闘機は一気に近代化が図られることになります。

     発表された内容によると、導入されるSu-30は6機。これまでに導入しているヘリコプターのMi-17、Mi-24、Mi-35、そしてジェット練習機のYak-130とともに、ロシアとの結びつきがより強化されることになります。

     また、ロシアの士官学校にはミャンマー軍から600名を超える人員が留学しており、ロシアの最新の軍事ノウハウを身につけています。

     この1月中旬から下旬にかけて、ロシアだけでなく、アメリカもマティス国防長官が同じく東南アジア諸国を歴訪しており、関係を深めようと軍事外交を行っています。中国の海洋進出に伴う懸念も含め、東南アジア諸国との関係強化をロシア、アメリカ双方が重視している現れであるといえるでしょう。 

    おたくま経済新聞
    http://otakei.otakuma.net/archives/2018012502.html 

    no title

     
    【ミャンマー空軍がロシアからSu-30戦闘機を導入決定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/25(木) 08:17:03.47 ID:CAP_USER9

     政府が「帰属未定」と主張する南樺太について、13日に実施された大学入試センター試験の日本史Bで「他国を植民地にしたり領有したりした」とする記述に関連付けた出題があり、旧住民や研究者から「古くからロシア領と読み取れ不正確」との疑義が出ていることが24日、分かった。

     センターは取材に「(日本は1905年の)日露講和条約で南樺太を領有した」と回答したが、日露国境は江戸時代から変更が繰り返されており、条約締結時を切り取ったセンターの出題は議論を呼びそうだ。

     この問題は、世界遺産に関する会話文から日本の近代化を読み解く内容。「近代国家となった日本が、軍事的にアジア諸地域へ侵攻し、他国を植民地にしたり領有したりしたことも忘れてはいけない」の一部に関連するとして(1)1906年の日露国境画定標石(2)関東都督府-の写真2点と白地図上の位置の組み合わせを選ばせた。

     (1)と(2)は日露講和条約の翌年、それぞれ樺太と旅順に設置された。同条約で、ロシアは旅順を含む遼東半島南部(関東州)の清からの租借権や、北緯50度線以南の南樺太などを日本に譲渡した。

     センターの大塚雄作試験・研究統括官は「設問は近代日本の大陸政策についての理解を広く問うた。特にここでは日露講和条約の帰結として生じた境界の変更を問うている。南樺太を領有し、関東州を租借地として獲得したことは、小中高校で学習する」と説明した。

     これに対し、「知られざる本土決戦 南樺太終戦史」の著者、藤村建雄氏は「当時の感覚は『取り返す』。文脈から同条約時だけを切り取って『他国を領有』としており、あいまいで不完全な問題だ」と指摘する。

     樺太では条約による国境変更が繰り返され、講和条約では日露合意の上で南樺太が日本に移った。江戸時代には松前藩や幕府が施政下に置き、明治政府も行政機関を設けていたが、問題文はこうした歴史に言及していない。

     岩田温(あつし)・大和大専任講師(政治学)は「大陸政策を広く問う内容になっていない。問題文は日露講和条約の年を指しておらず、古くからのロシア領と刷り込まれかねない。教育基本法の『わが国と郷土を愛する』という観点から適切ではない」と話している。

     樺太(サハリン) 北海道・宗谷岬沖約40キロの島で、北海道の面積に近い広さ。日露間で国境変更が繰り返され、現在はロシアが実効支配している。江戸初期の「正保御国絵図」に記載され、江戸後期の探検家、間宮林蔵が島であることを確認。ドイツ出身の医師、シーボルトによって世界に紹介された。日露戦争後の南樺太では最盛期に約40万人が居住した。先の大戦終結直前、当時のソ連が日ソ中立条約を無視して参戦し南樺太に侵攻。サンフランシスコ平和条約で日本は南樺太を放棄したが、ソ連は条約に参加しておらず、日本は南樺太を「帰属未定」と主張している。

    ライブドアニュース(産経新聞)
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14206138 

    no title


    【【歴史】センター試験の設問、「南樺太は他国を領有」に疑義 日本史B 「古くからロシア領」刷り込み懸念...政府は「帰属未定」と主張 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2018/01/24(水) 15:42:21.27 ID:CAP_USER9
    ◆極秘のロシアの戦闘車 内装写真がネット初公開

    ロシア連邦軍専用の軍事輸送車のメーカーのアカウントのインスタグラムに車輪プラットローム「ブーメラン」をベースにした極秘の歩兵戦闘車の内装を写した初めての写真が公開された。
    ビデオの写真を見ると車内には、地雷、フガスの爆発の影響を抑制する特製の車輪と、乗り手が生命のリスクを負わずに兵器をコントロールすることができるモニター画面があるのがわかる。

    「ブーメラン」の車内の様子が公開されたのは初めて。
    「ブーメラン」が初めて一般公開されたのは2015年。

    「ブーメラン」をベースにした戦闘車両は2016年の戦勝記念パレードに参加した。
    量産開始は2019年に予定されている。

    ■写真
    no title

    スプートニク 2018年01月24日 12:56
    https://jp.sputniknews.com/russia/201801244502278/

    【【軍事】ロシアの極秘戦闘車「ブーメラン」、内装写真がネット初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/01/22(月) 03:06:16.61 ID:CAP_USER
     cn250
    中国で米中央情報局(CIA)のスパイ網が大打撃を受けた問題で、CIAと情報提供者の秘密の通信方法などを中国当局がロシア情報機関と共有した可能性があることが分かった。
    米NBCテレビ電子版が19日、複数の現・元情報当局者らの話として報じた。

    中国当局に拘束されて処刑されたCIA情報提供者はこれまで報じられていたよりも多く、少なくとも20人に上ると指摘。ロシアでも複数のCIA協力者が行方不明になっているという。

    NBCによると、中ロの情報当局者が合同訓練した後、CIAと情報提供者の通信方法に関する十分な情報を得たとロシア当局者が話していた。

    共同通信
    https://this.kiji.is/327548311253402721

    【【アメリカ】中国でCIAのスパイ網が大打撃を受けた問題で中ロ、米スパイ情報共有か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/01/22(月) 11:09:28.95 ID:CAP_USER9
    b68294a7
     
    ロシアのセルゲイ・ラブロフ(Sergei Lavrov)外相は21日、欧米諸国の「ロシアフォビア(嫌悪)」が
    冷戦(Cold War)中よりも悪化しており、ロシア政府には尊重されるべき「レッドライン(譲れない一線)」があると警告した。

    米ニューヨークを18~19日に訪問し、帰国直後にロシア紙コメルサント(Kommersant)電子版の取材に応じたラブロフ氏は、
    「ロシアフォビアはかつてないほど高まっている。冷戦中もこれほどではなかった」と述べた。

     その上で「当時はある種のルール、礼儀があった。現在はそれらがすべて排除されている」と主張。

    「ロシアには『レッドライン(譲れない一線)』がある。
    欧米の慎重な政治家ならば、冷戦中のようにそれが尊重されるべきであると理解しているはずだ」とけん制した。

    ラブロフ氏はさらに、「可能な限りあらゆる手段を使ってロシアに制裁を科そうとする試み」を非難し、
    米国と欧州連合(EU)による制裁は「不条理で根拠がない」と述べた。

    ロシアは2014年、ウクライナのクリミア(Crimea)半島を編入し、同国東部で武力衝突を起こしたことで制裁を科されている。
    さらにドーピング・スキャンダルでも窮地に陥っている。

    ヤフーニュース(AFP)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000009-jij_afp-int

    【欧米諸国の「ロシア嫌悪」が冷戦中より悪化、ロシア外相が欧米に警告 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/01/21(日) 16:35:38.82 ID:CAP_USER
    【1月18日 AFP】
    ロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ(Alexei Navalny)氏(41)がAFPの単独インタビューに応じ、自身が立候補を禁じられている3月の大統領選について、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)氏(65)が再選し「終身皇帝」となるためだけに行われるいんちきだと非難した。

     プーチン氏の4選が確実視されている大統領選の投票日まで2か月あまりとなった16日、野党指導者で汚職撲滅運動を率いるナワリヌイ氏は自身の選挙事務所でAFPの取材に応じ、「これは選挙ではない、選挙と呼ばれているこの手続きが、実際はプーチンを再選させるためだけに行われるということを人びとに説明するのが私の役目だ」と語った。

     ナワリヌイ氏は大統領選出馬を表明したものの、中央選挙管理委員会は昨年12月、同氏が横領罪で有罪判決を受けていることを理由に立候補を認めない判断を下した。ナワリヌイ氏は有罪判決自体が政治的理由に基づくでっち上げだと主張している。

     ナワリヌイ氏は今後、選挙のボイコットを国民に呼びかける運動に注力する予定で、今月28日の大規模な抗議集会を呼び掛けている。「プーチンは終身皇帝になりたがっている。彼の側近も同じことを望んでいる」と述べるとともに、「政治的闘争」を続けていく意向を示した。

     ナワリヌイ氏は近年、野党指導者として頭角をあらわす中で、以前のような国家主義的な主張をトーンダウンさせている。昨年はプーチン政権の汚職に抗議する大規模な抗議デモを呼び掛け、各地で多くの逮捕者が出た。また、インターネット上でドミトリー・メドベージェフ(Dmitry Medvedev)首相の隠し資産疑惑を告発する内容の動画を投稿し、2500万回も視聴された。

     当局からの圧力が続いているにもかかわらず、ナワリヌイ氏は若者を中心に多くのボランティアを引き付けており、その数は20万人に上るという。プーチン氏は「私と私の支持者を恐れている」と指摘した上で、ボランティアらと共に各地で選挙のボイコットを訴え、選挙の不正を監視していくと強調している。

     複数の世論調査によると、2014年にロシアがウクライナのクリミア(Crimea)半島を一方的に編入して以降、プーチン氏の支持率は80%超を推移している。同氏が再選し、2024年まで大統領職を務めるのは確実とみられ、旧ソ連の独裁者ヨシフ・スターリン(Joseph Stalin)以降で最も在任期間の長いロシア最高指導者になる見通しだ。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3159009

    【「プーチンが終身皇帝に」 野党指導者が批判、単独インタビュー 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/21(日) 08:21:45.61 ID:CAP_USER9

    2018年1月21日 5:04 発信地:ハッサ/トルコ
    【1月21日 AFP】トルコは20日、米軍が支援するシリア北部のクルド人民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」の排除に向けた空爆と地上作戦を開始した。

     作戦はYPGとイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」を標的として、グリニッジ標準時同日午後2時(日本時間午後11時)に始まった。作戦名は「オリーブの枝」とされている。

     トルコの半国営アナトリア(Anadolu)通信の報道によると、トルコの空爆と砲撃の標的は、アレッポの北方に位置し、YPGが掌握するミナク(Minnigh)空軍基地など108か所におよび、クルド人戦闘員側に死者または負傷者が発生した。

     国境のトルコ側にいたAFP特派員は、トルコ軍機2機が夕方にシリア領内で空爆を行い、巨大な白煙が立ち上るのを目撃した。

     アナトリア通信は、トルコが支援するシリア反体制派組織「自由シリア軍(FSA)」が、YPGの支配下にあるシリアのアフリン(Afrin)への進軍を開始したと報じている。

     一方、現在のところ、トルコ軍が国境を越えてシリア側に侵攻したという情報はない。

     トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領は、アフリンの後、その東方に位置するマンビジ(Manbij)からのYPG排除を目指すと述べた。 今回の作戦をめぐっては、米ロ両政府がシリア情勢のさらなる不安定化などへの懸念を表明していた。

     トルコ外務省は、首都アンカラ(Ankara)に駐在するロシア、イラン、米国の外交当局者を呼び、作戦について伝えたと明らかにした。また、メブリュト・チャブシオール(Mevlut Cavusoglu)トルコ外相はレックス・ティラーソン(Rex Tillerson)米国務長官と電話会談。さらに、トルコ軍トップのフルシ・アカル(Hulusi Akar)参謀総長は、米ロ両軍のトップに作戦について伝えた。

     ロシア当局によると、同国のセルゲイ・ラブロフ外相(Sergei Lavrov)とティラーソン国務長官の間でも協議が行われた。

     ロシア外務省は「ロシア政府はこの知らせに懸念を抱いている。われわれは双方に対して自制を呼び掛ける」と表明。一方、ロシア国防省は、あらゆる「誘発」を防ぐとともに、兵士の安全を確保するため、アフリンから軍を撤退させていると明らかにした。

     このほか、チャブシオール外相はテレビ局「24」に対し、「われわれはシリア政府に対して書面でアフリン攻撃について伝えている」「われわれとシリア政府には関係がないにもかかわらず、われわれは国際法に沿った手続きを取っている」と発言。

     一方、シリア国営シリア・アラブ通信(SANA)は、シリアへの通知はなかったとの同国外務省筋の発言を報じている。(c)AFP/Bulent Kilic with Stuart Williams and Fulya Ozerkan in Istanbul

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3159336 

    シリア北部アフリンにいる民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」を攻撃する、トルコの支援を受けたシリア反体制派組織「自由シリア軍(FSA)」(2018年1月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Nazeer al-Khatib


    no title

    【トルコ軍、シリアのクルド民兵支配地域で空爆と地上作戦開始 シリア領内への侵攻はなし シリアへの事前の通知なし 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/20(土) 12:18:29.85 ID:CAP_USER9

    us250

     【ワシントン=海谷道隆】マティス米国防長官は19日、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国家防衛戦略」を発表した。

     トランプ政権で初となる同文書では中国を、米国の覇権に挑戦する最大の脅威とみなし、「対テロ」から、中国とロシアとの長期的な「戦略的競争」に備える体制に転換する方針を打ち出した。北朝鮮に対処する弾道ミサイル防衛の拡充も盛り込んだ。

     マティス氏は発表の演説で「米国の安全保障が現在、最も重点を置くべきは、テロでなく、大国間競争だ」と宣言。中露の急速な軍拡で、米軍の優位性は脅かされているとの危機感を示し、「より精強な軍を作り、伝統的な同盟を強化する」と訴えた。

    読売新聞
    http://yomiuri.co.jp/world/20180120-OYT1T50038.html 


    【【米国防戦略】対テロから転換「中露と競争」…最大の脅威は中国と名指し 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 薬師神 ★ 2018/01/19(金) 21:34:31.67 ID:CAP_USER
    千島列島

    2018年の日ロ「交流年」を記念した国際シンポジウムが18日、法政大(東京都千代田区)で開かれ、ロシアの識者が両国関係をめぐる見解を示した。
    知日派のパノフ元駐日大使は「平和条約締結には(返還された北方領土で)いかなる軍事活動も行わない義務が必要だ」と述べ、非軍事化が領土引き渡しの条件になると主張した。

    プーチン大統領は16年12月の訪日時、日米安保条約によって米軍が展開する「懸念」があるとし、領土引き渡しに慎重な姿勢を見せた。
    パノフ氏は、同年11月のモスクワの日ロ高官協議で、日本が北方領土を日米安保条約の適用除外とする可能性を否定したのが原因と説明した上で「日本の責任だ」と断じた。

    一方、ロシア科学アカデミー東洋学研究所のサルキソフ上級研究員は「(領土問題を除けば)日ロに対立点はない」と楽観する立場を示し、中国脅威論が日ロを接近させる要素になり得るという見方を披露した。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011900203&g=pol
    【【北方領土】日露シンポジウムでロシアの識者「返還の条件は、いかなる軍事活動も行わないこと」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 泥ン ★ 2018/01/17(水) 22:07:11.41 ID:CAP_USER9
    中東で影響力を拡大するロシア
    no title

    会談後に握手を交わすロシアのプーチン大統領(左)とエジプトのシシ大統領=カイロで2017年12月11日、ロイター
    no title


     【カイロ篠田航一】ロシアが中東で影響力を拡大している。エジプトとの間では軍事協力や原発建設で次々に合意し、サウジアラビアやトルコなど伝統的な米国の同盟国にも接近する。トランプ米政権がエルサレムをイスラエルの「首都」と認定し、イスラム諸国の反発を招いているのとは対照的だ。

     ロシアとエジプトは両国の軍用機が空軍基地を相互利用できるよう調整中だ。エジプトは1973年の第4次中東戦争後、イスラエルとの和平を進めてイスラエルの後ろ盾である米国に接近し、駐留していたソ連(当時)の部隊を追放した。基地の相互利用が実現すれば、ロシアにとり「73年以来最も強固なエジプトでの軍事的存在感」(米紙ニューヨーク・タイムズ)を示せることになる。ショイグ露国防相は「前向きな動き」と歓迎する。

     ロシアは昨年12月、210億ドル(約2兆3290億円)規模となるエジプト初の原発建設協力でも合意した。

     トランプ政権が親密さを誇るサウジもロシアと近づいている。サルマン国王は昨年10月、旧ソ連時代を含めサウジ国王として初めてロシアを公式訪問し、エネルギー協力やロシア製兵器購入などを協議した。イランと激しく対立するサウジにとっては、イランの後ろ盾であるロシアに接近し、勢力均衡を図りたい思惑がある。

     さらにロシアは、米国主導の北大西洋条約機構(NATO)に加盟するトルコとも関係強化を進めている。2015年11月のトルコ軍によるロシア軍機撃墜事件後、両国関係は一時悪化したが、最近は内戦が続くシリアの和平協議で協力。トルコは昨年、ロシア製地対空ミサイルの購入も決定した。トルコ政府は近年、シリアでクルド人を支援する米国と対立しており、ロシアはその間隙(かんげき)をついた形だ。シリアでは軍の一部撤退を宣言したが、アサド政権に対する軍事支援は継続し、空軍や海軍の拠点も押さえている。

     エジプトのシンクタンク「アハラム政治戦略研究所」のモハメド・ゴマ研究員は「プーチン露大統領は中東全体のバランスを考え、現実的に対処している」と話し、今後も中東各国への浸透を図ると分析している。

    毎日新聞 2018年1月17日 
    http://mainichi.jp/articles/20180117/ddm/007/030/118000c?inb=ra

    【ロシア、中東で存在感 原発建設、基地利用 親米国に接近 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/18(木) 05:22:56.42 ID:CAP_USER9

    b68294a7
     

    1月18日 4時50分
    北朝鮮の核・ミサイル開発の問題を巡り、カナダで開かれた関係国による外相会合について、ロシア外務省は声明を出し、会合が国連の安全保障理事会などの機能を低下させ、朝鮮半島情勢を悪化させるとして厳しく非難しました。

    北朝鮮問題を話し合うため、アメリカや日本など合わせて20か国が参加し、カナダで16日に開かれた外相会合では、北朝鮮が非核化に向けた意思を示すまで圧力をかけ続ける方針が確認されました。

    この会合について、ロシア外務省は17日、声明を出し、ロシアと中国の外相は会合に招かれなかったとしたうえで、今回の会合は国連の安全保障理事会の決議が求める以上の一方的な制裁を科すことを検討するためのものだなどと指摘しました。

    そのうえで、「このような会合は、信頼の置ける多国間の枠組みの機能に否定的な影響を与え、朝鮮半島情勢の正常化にはつながらず、むしろ悪化させる」として、国連安保理などの機能を低下させるとして、厳しく非難しました。

    さらに声明の中で、ロシアとしては、北朝鮮の核・ミサイル開発問題の解決に向けて、アメリカなどが大規模な軍事演習を停止する見返りに、北朝鮮が核・ミサイル開発を凍結するという中ロ両国による提案を実現させ、対話の再開を目指す姿勢を改めて強調しました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180118/k10011292881000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003
    【【ロシア】 北朝鮮問題で関係国の外相会合を厳しく非難 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル