かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:ローマ法王

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/07/05(金) 12:15:00.91 ID:EnYiy5LX9
    no title
     
    ロシアのプーチン大統領は4日、ローマ法王庁(バチカン)を訪問し、ローマ法王フランシスコと会談した。バチカンの発表によると、2人はウクライナ問題やシリア、ベネズエラ情勢などについて約1時間協議した。会談の詳細は発表されていない。

    2人の会談は2015年6月以来で、今回が3回目となる。プーチン氏は会談に約1時間遅れ、ローマ法王を待たせた。過去2回の会談も遅刻した。

    プーチン氏は国際会議や外国要人との会談で頻繁に遅刻することで知られ、英国のエリザベス女王を待たせたことがあった。メルケル独首相との会談では約4時間遅刻したこともある。

    (ローマ支局 笹子美奈子)

    7月5日 読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20190705-OYT1T50121/
     

    【【恒例】プーチン大統領また遅刻、ローマ法王を1時間待たせる バチカン 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: スタス ★ 2019/06/26(水) 13:45:05.07 ID:7eINUzE39 
    46895A36-9EBD-4576-806C-AFDCDDC88367
     
    ローマ法王 被爆地の広島 長崎訪問へ
    2019年6月25日 16時01分
    ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が、ことし11月24日に被爆地である長崎、広島を相次いで訪れるほか、翌25日に天皇陛下と会見する方向で調整が進められていることがわかりました。

    ローマ法王の訪日は、1981年のヨハネ・パウロ2世以来38年ぶりとなります。

    ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、ことし11月に日本を訪問する意向を示していて、具体的な日程が明らかになりました。

    それによりますと、訪日は11月23日から4日間の日程で調整が進められていて、23日に東京に到着したあと、24日に被爆地である長崎、広島両市を訪れ、長崎市では、原爆で破壊され再建された浦上天主堂を、広島市では、ことし4月にリニューアルオープンした原爆資料館を訪れ、犠牲者を悼むことにしています。

    そして翌25日には、東京で、天皇陛下との会見や安倍総理大臣との会談が予定されているほか、東京ドームで大規模なミサを行いたいとしています。

    ローマ法王の訪日は、1981年のヨハネ・パウロ2世以来38年ぶりとなります。

    フランシスコ法王は核廃絶に強い関心を持っていることで知られていて、被爆地からどのようなメッセージを発信するか注目されます。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190625/k10011968151000.html?utm_int=news-ranking_access_list-items_012

    【【韓国発狂しそう】ローマ法王、11月に来日し長崎と広島訪問へ 天皇陛下とも会見の予定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Ikh ★ 2019/04/28(日) 10:58:58.31 ID:CAP_USER
    1916E061-C2B3-463B-9228-C505843C156C
     
    ローマ法王フランシスコが板門店(パンムンジョム)宣言1周年となる27日、「板門店宣言1周年がすべての韓国人に平和の新しい時代をもたらすことを祈る」と話した。

    フランシスコ法王はこの日4・27南北首脳会談1周年のビデオメッセージで「忍耐心と根気ある努力で和合と友好を追求することにより分裂と対立を克服できる」としてこのように話した。

    フランシスコ法王は「韓半島(朝鮮半島)の平和・繁栄・統一に向けた板門店宣言1周年を迎え、心からのお祝いを送れることをうれしく考える。今回の1周年記念行事が、一致、対話、兄弟的連帯に基盤を置いた未来が実際に可能だという希望をみなさんに与えられるよう祈る」と付け加えた。

    これに先立ち文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨年10月の欧州歴訪時にバチカン宮殿にフランシスコ法王を表敬訪問した。

    当時フランシスコ法王は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が訪朝招請状を送っても良いかという文大統領の質問に、「招請状がくれば無条件で回答し、私は行くことができる」として事実上受諾の意思を明らかにした。また「韓半島平和プロセスを推進中の韓国政府の努力を強力に支持する。止まらず前に進め」とし、韓国政府の韓半島平和定着努力を支持する意向も明らかにした。

    ただまだ法王の訪朝は実現していない。法王庁は昨年12月、「2019年に法王の訪朝が実現するとはみていない」との答を出している。「とても多くの(海外)訪問日程が決まっている」というのがその理由だった。

    中央日報 2019年04月28日09時56分
    https://japanese.joins.com/article/818/252818.html?servcode=A00&sectcode=A00&cloc=jp

    【【板門店宣言1周年】ローマ法王「韓国人に平和の新時代もたらすよう祈る」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/01/24(木) 17:47:19.89 ID:CAP_USER
    9A2BC77B-1D97-489C-B62E-E7C76C4C3AC4
     
    ローマ=河原田慎一
    2019年1月24日14時58分

     ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は23日、今年に予定している訪日の時期について、11月になると明かした。中米パナマに向かう機中での記者会見で述べたと、イタリアメディアが報じた。

     法王は昨年12月に前田万葉枢機卿と面会した際、今年来日する意向を示していた。メディアに対し、訪日の決定と、具体的な時期を法王自ら明らかにしたのは初めて。法王は核廃絶に強い関心があり、滞在中に被爆地の広島と長崎への訪問を望んでいるという。
     ローマ法王の訪日が実現すれば、1981年の故ヨハネ・パウロ2世以来38年ぶり。日本側は安倍晋三首相が2014年に来日を要請したほか、昨年5月には広島・長崎の両市長が連名で、来日を要望する親書を法王あてに送っていた。(ローマ=河原田慎一)

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM1R76VJM1RUHBI039.html?ref=rss

    【ローマ法王、11月訪日を明言 広島・長崎訪問を希望】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ひろし ★ 2018/12/27(木) 18:03:00.95 ID:CAP_USER
    12/27(木) 17:58配信
    AF43D391-BE06-485D-A2B9-777B90EB495B

     ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王はクリスマスの25日、バチカンで全世界に向けた平和のメッセージを発表した。

     朝鮮半島情勢については、「一体となって友愛の結束を固めることが、ともに発展と幸福をもたらす解決に向けた和解の道となる」と語った。

     法王は人種や言語、文化の違いは「不利益や危険ではなく、豊かさの源になるものだ」と強調。米軍が撤退を表明したことで内戦の激化が懸念されるシリアについては「住む場所を追われた人が再び平和な祖国に戻れるよう、国際社会が政治的な解決に向けて決然と対応すべきだ」と述べた。(ローマ=河原田慎一)

    朝日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000057-asahi-int

    【【国際】朝鮮半島「一体となり友愛の結束を」 ローマ法王がメッセージ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: LingLing ★ 2018/12/08(土) 17:48:47.69 ID:CAP_USER
     no title
    ■「ローマ法王、来年の北朝鮮訪問計画ない」
    12/8(土) 12:40配信 中央日報日本語版

    ローマ法王フランシスコの来年度の海外訪問日程に北朝鮮は含まれなかったと、 米政府系ラジオのボイス・オブ・アメリカ(VOA)が8日報じた。

    法王庁の関係者は7日(現地時間)、法王の来年の海外訪問日程に北朝鮮が含まれているのかというVOAの質問に対し、「2019年には(フランシスコ法王の北朝鮮訪問は)ないだろう」とし「すでに海外訪問日程が埋まっていて、すべて北朝鮮より(訪問が)容易な国」と答えた。

    この関係者は先月、メールを通じても「北朝鮮のようなところを訪問するのは容易なことでなく、長い時間がかかる」と説明したと、VOAは伝えた。

    これに先立ちフランシスコ法王は10月、法王庁を公式訪問した文在寅(ムン・ジェイン)大統領から金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の法王招請意思について聞くと、「北朝鮮から公式的な招請状が届けば無条件に応答し、訪問することも可能」と答えた。

    法王庁によると、法王は年に平均3、4回ほど海外を訪問する。法王は来年2月にキリスト教徒とムスリムの対話と中東地域の平和促進のためにアラブ首長国連邦(UAE)を訪問し、3月にはモロッコ訪問が予定されている。日本などアジア訪問も検討中だ。

    一部では、法王は一般的に地理的に近い数カ国を同時に訪問するため、アジアを訪問すれば北朝鮮に行くという見方もあると、VOAは説明した。

    ヤフーニュース(中央日報)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000005-cnippou-kr


    【【米国営放送】 「ローマ法王、来年の北朝鮮訪問計画ない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: スタス ★ 2018/12/02(日) 21:00:04.23 ID:CAP_USER9
    . no title

    【AFP=時事】ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王(Pope Francis)が同性愛を「深刻な問題」と捉えて憂慮していることが、イタリアで1日に出版されたフランシスコ法王のインタビュー本「The Strength of a Vocation(召命の力)」で明らかにされた。同書の中で法王は、同性愛という「流行」に聖職者が影響されていると懸念している。

    フランシスコ法王は、聖職候補生らに言及した項で「同性愛は非常に深刻な問題であり、候補者たちについては最初から適切に見極めておく必要がある」と忠告。「私たちの社会では、同性愛が最新の流行であるかのようにみえる。そうした精神は、何らかの形で教会の生活にも影響を及ぼす」と懸念を示した。

    ローマ・カトリック教会は同性愛を罪深い行為とする立場をとっている。カトリック教会は2005年に初めて、同性愛傾向がみられる人々が聖職に就くことを規定で禁止。16年に出された聖職者育成に関する教令では禁欲義務が強調され、同性愛者に加え「同性愛文化」を支持する者についても聖職に就くことが禁じられた。

    一方、フランシスコ法王は2013年の法王就任から数か月後、「同性愛者が善良な心で神を求めているなら、私に彼を裁くことができるだろうか」と述べ、同性愛に寛容な姿勢を見せていた。

    しかし、インタビュー本の中で法王は「同性愛の傾向は当初は見られなくても、後になって現れる」と憂慮し、「聖職者や使徒的生活者の場は、同性愛者の居場所ではない」と断定。「二重生活を送るより、聖職の場を去るほうが彼らのためでもある」と語っている。

    フランシスコ法王のインタビュー本は10か国語に翻訳される予定。

    12/2(日) 16:54
    ヤフーニュース(AFP)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000022-jij_afp-int


    【【LGBT】ローマ法王「同性愛という"流行"に聖職者が影響されている」などと反LGBT発言、世界的な炎上へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ティータイム ★ 2018/11/25(日) 11:39:32.41 ID:CAP_USER9
    【ローマ=佐藤友紀】河野外相は23日、バチカン(ローマ法王庁)を訪問し、同国のギャラガー外務長官と会談した。
    ローマ法王フランシスコが来年の日本訪問を希望していることを踏まえ、調整を進める方針で一致した。
    来日が実現すれば、1981年のヨハネ・パウロ2世以来となる。

    読売新聞 2018年11月25日 10時04分
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20181125-OYT1T50016.html

    【【国際】河野外相、ローマ法王の日本訪問に向けてバチカンと調整へ・・・実現すれば38年ぶり 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/11/03(土) 18:57:46.22 ID:CAP_USER
    no title

    ▲10月18日午後、バチカン法王庁でムン・ジェイン大統領がフランシスコ法王からプレゼントされたロザリオ箱を持って対話している。

    ◇法王、ムン大統領に「北の招待状くれば行くことができる」 

    フランシスコ法王が金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長の北朝鮮訪問招待を事実上受諾した。フランシスコ法王は10月18日、バチカンで行われた文在寅(ムン・ジェイン)大統領との面談でキム・ジョンウン委員長の訪朝招待意志の伝達を受けて「北朝鮮の公式招待状がくれば行くことができる」と話した。 

    法王が公式招待状に言及したことは法王庁が伝統的に形式と手続きを重視して意志決定を下すためだ。一般的に法王の海外訪問は個別国家首脳の招待と共にその国のカトリック代表団体である主教会次元の招待という二種類の条件がみたされ、法王がこれを受諾しなければならない。 

    キム・ジョンウン委員長に法王を招待してはどうかと言ったムン大統領の勧誘に「法王が来られるならば熱烈に歓迎する」と明らかにしたことがあり、適当な時期に法王を招待するものと見られる。 

    一部では過去の事例に照らすとフランシスコ法王の訪朝実現までは様々な変数があるという観測もある。2000年3月当時、金大中(キム・デジュン)大統領もパウロ2世法王に会って北朝鮮訪問を要請したが、ついに法王の北朝鮮訪問は実現されなかったためだ。 

    当時、北朝鮮当局は人権問題が大きく問題化するのを不快に思い、法王の北朝鮮訪問を斡旋すべき韓国天主教ソウル教区も「北朝鮮人権改善」側に重きを置き、パウロ2世法王の訪朝意志もそれほど大きくなかったことが分かった。 

    しかし、現在の情勢は2000年当時、北朝鮮人権問題をめぐりキム・ジョンイル体制を猛烈に非難した時とは違って、フランシスコ法王の韓半島情勢認識も以前の法王らに比べてはるかに進取的だ。 

    ◇法王北朝鮮訪問時期は来年5月が有力 

    法王がいつ北朝鮮を訪問するかも関心事だ。法王が海外を訪問する時、地理的に近い2~3カ国を集めて歴訪する事を考慮すれば、来年、日本を訪問したいという意志をすでに明らかにした法王が日本を訪問する時に北朝鮮に同時に行くことができる、という観測が有力である。 

    法王庁外交家ではアキヒト(明仁)日王が来年4月30日に退位し、翌日の5月1日にナルヒト王世子が即位する予定という点を上げて、法王の来年の日本訪問は新しい王が即位する5月以後になると推定している。 

    この様な展望に重きを置く人々はこれに伴い、法王の北朝鮮訪問も早くて5月以後と見ている。イ・ヘチャン共に民主党代表も「法王が来年春に北朝鮮を訪問したがっているという話を聞いた」と話したことがある。 

    法王庁のある消息筋は「法王が歴訪地を1カ所だけ訪問することもあるだろうが、すぐに82才になる法王の健康や年齢を考慮して法王庁は地理的に近い地域をまとめて法王の歴訪計画を組む可能性が高い」と説明した。 

    カン・ジンウク記者
    ヒョン・ユンギョン聯合ニュースローマ特派員

    聯合ニュース(韓国語) 
    http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2018/10/30/0200000000AKR20181030163200980.HTML

    【【妄想の韓国】 ローマ法王の歴史的訪朝、来年5月が有力~新日王の即位に合わせて歴訪計画組む可能性高い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2018/10/21(日) 16:32:19.78 ID:CAP_USER
    0D8F65AF-DB42-4504-8551-63F516CC500E
     
    2018年10月20日11時11分

    ローマ法王庁が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領から北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の訪朝要請メッセージを口頭で伝え聞いたが、多くのことは話さなかったと、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が20日報じた。

    ローマ法王庁のバーク報道官はフランシスコ法王の訪朝や文大統領との会談内容に関する記者の質問に対し、「法王庁側は多くの話をしなかった」とし、このように伝えた。

    バーク報道官は「法王と文大統領は和気あいあいとした雰囲気の中で両国関係について議論した」とし「社会、教育、保健と南北間の対話と和解の増進に対する教会の前向きな寄与について話した」と説明した。

    これに先立ち法王庁は18日の記者会見で、金委員長の訪朝招請に法王が前向きな意思を表したと伝えた。ただ、法王は訪朝の準備をしているのかという質問には「具体的な提案がこなければいけない」とし「北朝鮮の公式的な招請を待っている」と答えた。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/article/270/246270.html?servcode=A00&sectcode=A00

    【【北朝鮮】ローマ法王庁「訪朝の口頭招請受けたが、多く話さず」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/10/21(日) 11:44:33.18 ID:CAP_USER
    0D8F65AF-DB42-4504-8551-63F516CC500E
     
    最近の韓国は、やっぱりどうかしている。

    欧州を歴訪中の文在寅大統領は18日、バチカンでローマ法王フランシスコと会談した。青瓦台(韓国大統領府)によると、法王は文氏から北朝鮮の金正恩党委員長の訪朝要請を伝えられ、「(北朝鮮から)公式の招請があれば無条件で返事をするし、私は行くことができる」と述べたという。

    これを受け、韓国の主要メディアは「法王が事実上、訪朝要請を受諾した」と大々的に報じた。しかし、これがそんなに大きなニュースなのだろうか。北朝鮮は、キリスト教徒を含む自国民に、また外国人にさえひどい人権侵害を加えている国だ。彼らを救うため、法王が喜んで訪朝するだろうことは、誰にでも容易に想像できる。

    問題は、法王が行くかどうかではなく、金正恩氏が「公式の招請」を送るかどうかなのだ。

    米国務省が5月29日に発表した2017年版の「信仰の自由に関する国際報告書」は、北朝鮮では2017年の1年間に、宗教活動をしたという理由から119名が処刑され、770名が収監されたと指摘。また、宗教を理由に87名が失踪し、48名が強制移住させられ、44名は身体的に負傷したとしている。

    この事実を前に、金正恩氏と法王との間で、いったいどのような対話が可能なのか。

    主に進歩系の韓国メディアの報道は、こうした問題にほとんど言及していない。たとえばハンギョレ新聞(日本語版)は19日、次のように書いている。

    「ローマ法王が『無条件に返答する』として訪朝に肯定的な意思を表明したことで、文大統領は朝鮮半島平和の局面を促進する画期的な土台を作ると共に、後戻りを防止する強力な“弁膜”を確保した。平和と和解の象徴であるローマ法王の史上初の訪朝は、全世界の耳目を集中させ、朝米を朝鮮半島の非核化に向けて進ませる“圧力”として作用するものとみえる。さらに、世界12億のカトリック社会の霊的指導者の訪朝を通じて、北朝鮮を名実共に国際社会の一員にする効果も得られる。文大統領は、国際社会が真摯に非核化に取り組んでいる北朝鮮を包容し、正しい選択をするよう督励すべきだと強調してきた」

    まったく能天気で、手前勝手な解釈だ。この数十年間、体制の脅威になるとして徹底的にキリスト教を弾圧してきた北朝鮮がなぜ、法王が来ただけで改心すると思えるのか。

    そもそも、南北首脳会談で法王の招請を先に話題にしたのは文在寅氏だったとされる。文在寅氏から「招請すれば」と持ち掛けられた金正恩氏が、「来るなら熱烈に歓迎する」と応じたのだ。ということはもしかすると、金正恩氏の「歓迎」発言は、多分にサービストークとしての性格を帯びていたのではないか。あるいは「来るものは拒まず」という、消極的な同意だったのかもしれない。

    いずれにせよ、金正恩氏が本当に法王を招請するかどうかは、間もなく明らかになるだろう。

    高英起 | デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20181020-00101074/

    【【韓国】 やっぱり韓国はどうかしている。法王の「訪朝承諾」で大騒ぎ~金正恩氏と法王の間でどのような対話が可能なのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2018/10/20(土) 09:31:39.84 ID:CAP_USER
    フランシスコ法王
     
    ローマ法王、訪朝を快諾したわけではなく「都合がつけば行く」と答えただけだった
    「イタリア語で言った訪朝に関する法王の回答は英語で『available』」

     韓国大統領府と与党は19日、ローマ法王の訪朝を既成事実化する発言を相次いでした。しかし、ローマ法王フランシスコは文在寅(ムン・ジェイン)大統領が伝えた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「平壌招待」提案に、英語で「available」(可能な、時間の都合が付く)という意味に当たる原則的な回答をしていたことが分かった。この表現をめぐり、「事実上、訪朝を承諾したもの」と解釈した大統領府の説明は、実際の法王の意向とは違いがあるのではないかとの指摘も出ている。

     韓国大統領府の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は18日(現地時間)、文大統領とローマ法王の会談後の書面ブリーフィングで、「招待状が来たら無条件で応じるだろう。私は行くことができる」とのローマ法王の発言を紹介した。大統領府関係者は「法王にお会いして出てきた文大統領の表情は『明るい表情』だった。法王の『破格メッセージ』は(韓国側の大統領)側近たちも全く予想していなかった」とも語った。この関係者は、法王の「行くことができる」という回答について、「(この会談に出席したある神父によると)英語にすれば『available』という表現をイタリア語で話した」と言った。このため、法王が原則的な意味で「時間の都合は付く」と言ったのに対し、大統領府が「行くことができる」と行き過ぎた解釈をしたのではないかとの指摘もある。

     与党・共に民主党の洪容杓(ホン・ヨンピョ)院内代表も同日の党最高委員会で、「快く訪朝を受け入れてくださった法王に敬意を表する。(法王の訪朝は)北朝鮮を非核化の道へと導くきっかけになるだろう。非核化を引き出すための柔軟なアプローチも必要だ。制裁措置を緩和することも検討しなければならない」と語った。法王訪朝と対北朝鮮制裁解除問題を結びつけた発言だ。

     しかし、野党側は北朝鮮の人権問題や北朝鮮の核問題解決を前面に押し出している。自由韓国党の尹永碩(ユン・ヨンソク)首席報道官は「国際社会は北朝鮮を最悪の人権・宗教弾圧国に分類している。法王の訪朝が実現するなら、これをきっかけにして北朝鮮の改革開放と人権・宗教問題の実現を願う」と言った。正しい未来党の金三和(キム・サムファ)首席報道官は「法王が述べたとおり、北朝鮮の核は平和的に解決すべきで、何よりも重要なのは国際社会の揺るぎない非核化協力だ。国際社会との堅実な対北朝鮮制裁協力や具体的な非核化ロードマップにより、北朝鮮の非核化を引き出すべきだであることがあらためて確認された」と述べた。

    イ・ミンソク記者
    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/20/2018102000431.html

    【【バチカン】ローマ法王、訪朝を快諾したわけではなく「都合がつけば行く」と答えただけだった 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2018/10/18(木) 22:45:01.81 ID:CAP_USER
    0D8F65AF-DB42-4504-8551-63F516CC500E
     
    ローマ法王 事実上訪朝受け入れ=文大統領との会談で

    【バチカン聯合ニュース】ローマ法王フランシスコは18日(現地時間)、「北朝鮮から公式の招待状がくれば無条件に返答するし、行くことができる」と話した。韓国青瓦台(大統領府)が明らかにした。

     文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこの日、バチカン(ローマ法王庁)で法王フランシスコを表敬訪問し、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が示した法王を平壌に招待する意向を伝えるとともに、金委員長が招待状を送っても良いかと尋ねた。

     これに対し法王は「文大統領が伝えた言葉でも十分だが、公式の招待状を送ってくれればうれしい」と述べたという。

     法王はまた「朝鮮半島で平和プロセスを推進中の韓国政府の努力を強く支持する」とし、「止まらずに前に進め。恐れるな」と話した。

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/18/2018101803583.html

    【【バチカン】文大統領が法王と会談 金正恩氏からの平壌招待の意を伝達 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ◆ciadbU3kq9FF 2018/10/15(月)19:36:23 ID:b0j
    42A39CAA-D3B3-4AFB-A92D-34A5FB4347A3
     
    (台北 15日 中央社)
    ローマ法王フランシスコがバチカンを訪問中の陳建仁副総統を通じて蔡英文総統に挨拶と祝福の言葉を送ったのを受け、蔡総統は14日夜、フェイスブックで、法王に対して感謝を示した。

    陳副総統は現地時間14日午前、第262代法王、故パウロ6世らの列聖式に出席。式典の前に法王フランシスコと面会し、台湾からの敬意を伝えたほか、台湾訪問を要請した。法王は自主的に台湾への気遣いを表明したほか、台湾に祈りをささげると述べた。

    (略)


    中央社 2018/10/15 15:0
    http://japan.cna.com.tw/news/apol/201810150004.aspx

    【【台湾】蔡英文総統、ローマ法王からの祝福に感謝 バチカン支持を表明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2018/10/09(火) 21:47:53.45 ID:CAP_USER9
    no title


    朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正恩委員長が、ローマ法王フランシスコを平壌に招待したと、韓国大統領府の金宜謙報道官がソウルでの記者会見で9日に発表した。
    金報道官によると、韓国の文在寅大統領が、来たるべき欧州訪問の際、金委員長からの招待状をローマ法王に手渡すという。

    金報道官は、「もしローマ法王が平壌を訪れれば、我々は熱烈に歓迎する」との金委員長の言葉を引用している。
    金報道官による録画された記者会見には、韓国大統領府のウェブサイトでアクセスできる。
    文大統領は来週、欧州の数カ国を訪問し、17~18日にはバチカンに滞在する。

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/politics/201810095437558/

    【【北朝鮮】金正恩氏、ローマ法王を平壌へ招待…韓国の文大統領が欧州訪問の際に招待状を手渡す予定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2018/10/09(火) 19:13:38.42 ID:CAP_USER
    7256B06E-5255-40F8-A6FA-D500C3866C31
     
    文大統領は17日から18日まで教皇庁を公式訪問し、韓半島の平和と安定のための祝福と支持を再確認し、今後の協力方案を議論する方針だ。 文大統領夫妻は、敬虔なカトリック信者でもある。

    キム報道官は、「特に文大統領がフランシスコ法王に会って、金委員長の『教皇様が平壌を訪問することを熱烈歓迎する』という招待の意を伝えること」と述べた。

    キム報道官によると、文大統領は先月開かれた平壌南北首脳会談で、金総書記に「フランシスコ法王は韓半島の平和繁栄に関心が多い。金委員長は法王に一度会ってみてはどうか」と提案した。

    nate news(韓国語)
    http://news.nate.com/view/20181009n14878&xid=17259,15700021,15700124,15700149,15700186,
    15700190,15700201,15700214&usg=ALkJrhj4NTMO6rC9o_H7LRxV9T1YioZI_A

    【【北のスポークスマン】文大統領、渡欧し法王に面会し金正恩氏のメッセージを伝達へ「平壌訪問を熱烈歓迎する」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/08/02(木) 23:33:24.46 ID:CAP_USER9
    ローマ法王、死刑一切認めず
    カトリック教会、立場変更

    no title


    【ローマ共同】ローマ法王フランシスコは2日、ローマ・カトリック教会が今後、死刑制度に全面的に反対する方針を明らかにした。
    教会はこれまで、ごくまれに死刑が容認されるケースがあるとしていたが、一切認めない立場に変更した。ローマ法王庁(バチカン)が発表した。

    法王は極めて深刻な犯罪を行った者にも人間の尊厳はあるとして「死刑は人間の尊厳への攻撃だ」と指摘した。教会は世界から死刑制度が廃絶されるよう働きかけていくとも表明した。

    法王はこれまでも死刑反対の立場を取っており、米連邦議会での演説で死刑制度の廃止を訴えたこともある。

    2018/8/2 22:03 
    共同通信
    https://this.kiji.is/397735540512031841 

    【【法制】カトリック教会、今後、死刑を一切認めない立場に方針変更 ローマ法王「死刑は人間の尊厳への攻撃だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/05/18(金) 07:13:20.31 ID:CAP_USER9
    フランシスコ法王
     
    ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が、最近の、パレスチナ人に対するシオニスト政権イスラエルの犯罪を非難しました。

    ロイター通信によりますと、フランシスコ法王は、16日水曜、シオニスト政権による、最近のガザのパレスチナ人殺害を非難し、「中東は、平和と公正を必要としている」と語りました。

    さらに、「戦争と武力の行使が平和につながることはない。それどころか、暴力を拡大するだけだ」としました。

    アメリカのトランプ大統領は、昨年12月、アメリカ大使館を、テルアビブからベイトルモガッダス・エルサレムに移転することを明らかにしました。

    アメリカ政府は、この決定を実施し、14日月曜、大使館をベイトルモガッダスに移転しました。

    この国際法に反する行動は、パレスチナ人の大規模な抗議を招きました。

    この抗議はシオニスト政権の弾圧に遭い、この中でパレスチナ人60人以上が殉教、およそ3000人が負傷しました。


    PARS TODAY 2018年05月16日20時12分
    http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i43898

    【【中東情勢】ローマ法王、シオニストのガザにおける犯罪を非難 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/06(火) 06:46:47.35 ID:CAP_USER9

    BC4C2A85-2774-4555-9D95-50911C278E7E

    2月6日 6時08分
    トルコのエルドアン大統領はバチカンを訪問して、ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王と会談し、エルサレムをイスラエルの首都と認定したアメリカのトランプ大統領の決定に反対していくことで一致しました。

    トルコのエルドアン大統領は、トルコの大統領としては59年ぶりにバチカンを訪問し、5日、フランシスコ法王と会談しました。

    会談では、アメリカのトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことについて意見が交わされ、トルコ大統領府によりますと、双方はエルサレムの地位の変更は受け入れられず、反対していくことが重要だという認識で一致したということです。

    また、ローマ法王庁によりますと、中東地域の平和と安定のためにはパレスチナも含めたすべての当事者が、人権や国際法を尊重しながら対話を進めることの重要性を確認したということです。

    トルコは、イスラム教の国と地域でつくる「イスラム協力機構」の議長国をつとめていて、エルドアン大統領としてはカトリック教会の頂点に立つフランシスコ法王とともに、エルサレムを聖地とするイスラム教とキリスト教を代表して、アメリカの決定に抗議の姿勢を示す狙いがあると見られます。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180206/k10011316661000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003
    【【エルサレム首都決定に反対】 ローマ法王とトルコ大統領 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル