かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:世界遺産

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2018/12/09(日) 02:35:07.95 ID:CAP_USER
     kr250
    慰安婦記録物の世界記録遺産搭載推進する慰安婦連帯委 
    「世界署名運動通じユネスコの迅速な決断を促す」

    日本軍慰安婦記録物のユネスコ「世界の記憶」(世界記録遺産)登載を推進する民間団体が、ユネスコが昨年10月に記録物の登載を保留し発表した「申請者間の対話促進」に乗り出すよう求めた。同団体はユネスコの決断を促すために、世界の市民から署名を集めてユネスコに渡すという意思も明らかにした。

     韓国・日本・中国など7カ国14の民間団体が集まった「日本軍慰安婦関連記録物ユネスコ世界記録遺産共同登載のための国際連帯委員会」(国際連帯委員会)は7日午前、ソウル市鍾路区(チョンノグ)のセンターポイントビルで記者会見を行い、「様々な経路を通じて日本が“対話”をできないようにしているという情報を聞いた」として「日本の歴史問題に対する退行的行為を糾弾し、ユネスコは慰安婦記録物の登載のための(韓日間)“対話”の仲裁に早く乗り出せ」と話した。

     国際連帯委員会が言うところの“対話”とは、ユネスコが指定した仲裁者を通じた韓日当事国間の対話を意味する。2016年、国際連帯委員会は朝鮮半島出身被害者のうち初めて被害を証言したペ・ポンギさんの肉声証言テープと、慰安婦被害者調査資料など各国に散在していた慰安婦関連記録物2744件を集めて、ユネスコ世界記録遺産に登載申請をした。翌年の2017年2月、ユネスコ登載審査小委員会が「唯一で代替不可能な資料」と高く評価もした。

     だが昨年10月、ユネスコ国際諮問委員会は慰安婦記録物の登載を保留して「慰安婦と日本軍規律に関する記録」を申請した日本の団体と“対話”することを薦めた。「世界記録遺産と関連して当事国間に意見の相違がある時は、当事国に対話を促し、最長4年間登載を保留する」という趣旨の新たな決議にともなう措置であった。日本の民間団体「歴史の真実を求める世界連合会」は「慰安婦が合法的に運営された」という趣旨の資料6件を持ってユネスコに記録遺産登載申請をした状態だった。

     国際連帯委員会は、ユネスコが対話のための手続きを踏んでいないと批判した。シン・ヘス国際連帯委員会事務団団長はこの日、記者会見で「今年5月、ユネスコからアンシア・

    セラーズ博士を(韓日対話のための)仲裁者に決めるという書簡を受け取り、『歓迎する』趣旨の書簡を送ったが、その後何の返事も受けていない」として「日本の圧力と反対があることは明らかだが、それでも対話は進行されなければならず、ユネスコは“対話”過程を踏まなければならない」と明らかにした。ユネスコに最も多くの分担金を出している日本は、2017年慰安婦記録物登載決定を控えて分担金の支給を先送りし、ユネスコを圧迫したことがある。

     国際連帯委員会は、消極的なユネスコの態度を指摘して「世界署名運動を通じて対話仲裁を促す」という意向を明らかにした。キム・ソンシル韓国委員会代表は「全世界の市民に慰安婦記録物が永遠に保存されるべきであり、世界記録遺産に登載されなければならないということを広く知らしめ、署名運動を今日から始めようと思う」として「オンライン(www.voicecw.orgまたはwww.voicecw.com)署名運動と共にオフラインでも全国民を対象に署名運動を行い、市民の同意を集めてユネスコ事務局に伝達する予定」と話した。

     また団体は、ユネスコ事務総長に面談を要請する趣旨の書簡も公開した。シン団長は「日本政府が慰安婦記録物の登載努力を妨害するのは人権に反する行為で、世界的傾向に逆行すること」としながら「もしユネスコが日本の圧力に屈して登載されなければ、民間団体が別に人権アーカイブを作る方法も考慮している」と話した。

    シン・ミンジョン記者

    ハンギョレ新聞 2018-12-08 08:10
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/32306.html

    【【世界の記憶】「ユネスコは日本に屈服することなく慰安婦記録物登載手続きを」(ハンギョレ) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: すらいむ ★ 2018/08/03(金) 13:03:55.40 ID:CAP_USER
    軍艦島
     
    韓国市民団体、軍艦島の世界遺産登録削除要請へ

     世界遺産に登録された軍艦島(端島)など「明治日本の産業革命遺産」に関連し、韓国の市民団体が登録削除を要請すると明らかにした。

     韓国日刊紙ソウル新聞の3日の報道によると、韓国文化遺産回復財団のイ・サングン理事長は「次期ユネスコ総会で端島をはじめとする日本産業施設の削除を要請することを正式に推進する計画」とし「一部の国会議員とは国会でこれを先に公論化しようという話が進んでいる」と述べた。

     日本政府代表は2015年の世界遺産委員会の会議で「1940年代に一部の施設で、数多くの韓国人とそのほかの国民が意思に反して動員され、過酷な条件で労働をさせられた」と述べ、事実上、強制性を認めた。
     続いて「第2次世界大戦当時に日本政府も徴用政策を施行したという事実を理解できるよう措置を取る用意がある」とし「日本は情報センターの設置など被害者を追悼するための適切な措置を解釈に含める準備ができている」と公約した。

     しかし先月23日から4日間行われた「明治日本の産業革命遺産モニタリング調査団」の調査結果によると、日本は依然として朝鮮人強制労働に関する説明や情報センター設置をしていない。

     調査団の一人は「ユネスコは全期間にわたり全部分を表すよう勧告したが、日本は歴史を1850-1910年と任意に区切り、施設遺産も一部を抜粋して見せている」と述べたと、同紙は伝えた。

     ユネスコ世界遺産協約運営指針第116条と第192条の「世界遺産目録最終削除手続き」によると、「登録申請当時にすでに世界遺産の本質的な特徴が人間の行為によって脅かされた場合、申請当時に当事国が提案した必要な是正措置が提示された期限内に履行されなかった場合」と明示されている。

    中央日報 2018年8月3日 11時38分
    http://news.livedoor.com/article/detail/15106817/

    【【日韓】韓国市民団体、軍艦島のユネスコ世界遺産登録削除を要請へ  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: すらいむ ★ 2018/07/02(月) 17:01:55.82 ID:CAP_USER
    93CBC4DC-75FC-44C2-9FDC-CE7AC4FC836C
     
    韓国の山寺7カ所が世界遺産に=中・日にない深い歴史性

     韓国の山寺7カ所が新たに国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産になった。
     6月30日にバーレーンのマナーマで開かれた第42回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)は、韓国の山地僧院を世界文化遺産に登録することを最終的に決定した。
     日本の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」など8件も同時に登録された。

     今回世界遺産に登録された韓国の山地僧院は▲通度寺(慶尚南道梁山市)▲浮石寺(慶尚北道栄州市)▲鳳停寺(慶尚北道安東市)▲法住寺(忠清北道報恩郡)▲麻谷寺(忠清南道公州市)▲仙岩寺(全羅南道順天市)▲大興寺(全羅南道海南郡)--の7カ所で構成される。
     世界遺産委員会は「西暦7-9世紀に創建されて以降、現在まで受け継がれる持続性、韓国仏教の深い歴史性が世界遺産登録の条件である『顕著な普遍的価値(outstanding universal value)』に該当する」と評した。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    朝鮮日報 2018/07/02 09:24
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/02/2018070200844.html


    【【李朝は仏教弾圧したよね】韓国の山寺7カ所が世界遺産に=中・日にない深い歴史性 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: スタス ★ 2018/06/30(土) 17:53:09.68 ID:CAP_USER9

    07BED4BA-DB93-469A-B2DE-91FB18CE9956
     

    ユネスコの世界遺産委員会は、日本が推薦する「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」について、12の構成資産すべてを世界文化遺産に登録することを決めました。

    「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、日本が鎖国政策を取るきっかけとなった「島原・天草一揆」で信者たちが立てこもった原城跡や、潜伏キリシタンが外国人神父に信仰を打ち明けた「信徒発見」の舞台となった大浦天主堂、さらに、禁教期にキリシタンが暮らした集落など、長崎県と熊本県の合わせて12の資産で構成されています。

    中東のバーレーンで開かれている世界遺産委員会は、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」について、12の構成資産すべてを世界文化遺産に登録することを決めました。

    登録の理由としては「17世紀から19世紀にわたる禁教政策の下で、ひそかに信仰を伝えた潜伏キリシタンにより育まれた独特な宗教的伝統を物語るほかに例を見ない証拠である」としています。

    今回の登録によって、国内の世界遺産は文化遺産が18件、自然遺産が4件の合わせて22件となります。2018年6月30日 17時54分 

    NHK 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180630/k10011502591000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    【【速報】長崎と天草地方潜伏キリシタン関連遺産 ユネスコ世界文化遺産に登録決定(17:51) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: たんぽぽ ★ 2018/06/28(木) 07:21:22.05 ID:CAP_USER
    軍艦島

    国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会が3年前に世界遺産に登録された「軍艦島」など日本産業施設で行われた朝鮮人強制労働など「全体の歴史」を知らせるよう再度促した。

    韓国外交部によると、世界遺産委員会は27日(現地時間)、バーレーン・マナマで開かれた会議で、明治日本の産業革命遺産の世界遺産登録後続措置履行について検討しながらこのような内容を盛り込んだ決定文を採択した。

    日本政府は2015年7月、世界遺産委員会会議から「軍艦島」と呼ばれる端島を含む日本近代産業施設23カ所が世界遺産に登録された時、「1940年代、数多くの韓国人とその他国民が本人の意志に反して動員され、強制的に労役させられた」ことを認めて「犠牲者を悼むための措置を取る」と約束した。世界遺産委員会は当時、韓国人強制労働を含めた「全体の歴史」を理解できる解釈戦略を用意するよう勧告した。

    世界遺産委員会はこの日、「2015年決定文」を想起させながら日本政府に対して「全体の歴史解釈において国際模範事例を考慮せよ」と強く促した。

    また、日本が「2015年決定文」を忠実に履行するよう求めながら、当事国間の持続的な対話を促すという内容が今回の決定文に含まれた。

    山田滝雄ユネスコ日本大使は「犠牲者を悼むための措置を取るという約束を履行する」とし「今回の決定文に含まれたすべての勧告事項を履行していくという意志を再確認する」と明らかにした。

    政府は「日本側が2015年決定文を忠実に履行するように積極的に協議していく」とし「世界遺産委員国および関連機構などの国際社会とも緊密な協力を維持していく予定」と伝えた。

    中央日報
    http://japanese.joins.com/article/682/242682.html 
     
    【「日本、軍艦島朝鮮人強制労働を知らせよ」…ユネスコ決定文が採択】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: たんぽぽ ★ 2018/05/02(水) 18:55:08.77 ID:CAP_USER
    軍艦島


    【ソウル聯合ニュース】韓国の趙顕(チョ・ヒョン)外交部第2次官は2日、ソウル市内で行われた国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産条約加盟30周年記念セミナーであいさつし、端島炭坑(軍艦島、長崎市)など「明治日本の産業革命遺産」(全23施設)の世界文化遺産登録の際、日本政府が約束した措置を誠実かつ早期に履行するよう促した。

     趙氏は「世界遺産委員会は各施設の歴史全体を理解できる解釈(説明)を準備するよう日本に勧告し、日本政府は犠牲者をしのぶための措置を約束した」と指摘。「遺産が隣国の痛ましい歴史や国民の過去の経験に関係しているなら、あらゆる利害当事者を含む包括的な解釈が必要で、これはユネスコの精神に合致する」と強調した。

     日本政府は朝鮮半島出身者が労働を強いられた軍艦島などの世界遺産登録の際、情報センターの設置など被害者をしのぶための措置を取る方針を表明した。だが、昨年、センターを軍艦島がある長崎県ではなく、東京に設置する計画を明らかにし、韓国内から反発の声も出た。

    聯合ニュース 
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/05/02/0400000000AJP20180502003500882.HTML 

    【【しておりますが】軍艦島の世界遺産登録 日本に後続措置促す=韓国外務次官】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/04/14(土) 09:54:07.26 ID:CAP_USER
    un250
     
    【パリ=三井美奈】

    国連教育科学文化機関(ユネスコ)の執行委員会は12日、「世界の記憶」(世界記憶遺産)の制度改革に向けアズレ事務局長が提出した行動計画案に見直しを求める方針を決めた。ユネスコ筋が明らかにした。

    不透明な審査体制の改革は来年以降にずれ込む見通しで、2018~19年期の新規登録は困難となった。昨秋、延期が決まった慰安婦関係資料の登録審査も当面、凍結が避けられなくなった。

    執行委は日本など58カ国で構成し、ユネスコの運営を決める機関。協議は非公開だが、関係者によると、12日の協議ではアフリカや中南米から「拙速過ぎる」「改革過程に加盟国をもっと参加させるべきだ」などの意見が相次いだ。

    ユネスコ筋によると、執行委は12日、アズレ事務局長に新たな行動計画案を今年10月に提出するよう求めることで合意。世界の記憶改革で「加盟国とさらなる対話」を事務局長に促す決議案をまとめ、今会期最終日の17日に採択することになった。

    協議では韓国は日程の遅れに否定的だったが、強く反対はしなかったという。日本は加盟国の関与拡大に賛成している。

    アズレ事務局長が今回提出した当初の行動計画案では(1)今年5、6月に加盟国の意見聴取(2)7月に包括的改革案を作成(3)10月に執行委で改革案の大筋合意-という流れで制度改革を目指していた。

    世界の記憶改革は、登録審査が政争の場と化しているのを是正する狙いで始まった。15年には中国申請の「南京大虐殺文書」が事実関係に疑義が示されたにもかかわらず登録が決定し、その審査体制に批判が高まった。

    昨年10月には、日中韓の民間団体などが申請した慰安婦関係資料をめぐり、日本が懸念を示した結果、登録審査の延期が決定した。執行委は「政治的緊張の回避」をユネスコ事務局に要求していた。

    登録審査は2年に1回実施。18~19年期は本来、今年春までに申請を受け付け、19年中に登録決定する予定だったが、ユネスコは制度改革の道筋がつくまで新規申請は受理しない方針のため、実現は難しくなった。

    昨秋に審査延期が決まった慰安婦関係資料は申請案件として残るが、ユネスコの審査関係者は「アズレ事務局長から審査再開への指示はない」としている。

    アズレ事務局長は今月9日、執行委で演説し、「政治はユネスコの任務ではない。不適切な使われ方は問題」と述べ、世界の記憶の「政治化」是正に意欲を示していた。


    ■世界の記憶(世界記憶遺産) 

    重要な歴史文書や映像フィルムへの認識を高め、保存やアクセスを促すためにユネスコが登録する事業。1992年に始まった。審査は2年に1回で、民間団体や個人も申請が可能。申請枠は1国2件だが、複数国にまたがる共同申請は枠外で受け付けられる。

    審査は文書管理の専門家の国際諮問委員会(IAC)が非公開で行い、ユネスコ事務局長が追認する仕組み。ユネスコ加盟国の審査で最終決定する世界遺産とは大きく異なる。登録された世界の記憶は現在、フランスの「人権宣言」、ドイツの「ゲーテの直筆文学作品、日記、手紙等」など400件以上。日本からは「御堂関白記」「朝鮮通信使」などが登録された。


    2018.4.14 08:00
    産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/180414/wor1804140003-n1.html

    【【世界の記憶】慰安婦資料の審査凍結 ユネスコ執行委、改革日程見直しへ アズレ事務局長「政治はユネスコの任務ではない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: たんぽぽ ★ 2018/02/19(月) 06:29:29.20 ID:CAP_USER
     
    9EE5F314-5396-408C-BF4D-491660EA380B

     【北京=西見由章】世界文化遺産に登録されている中国チベット自治区ラサの仏教寺院「トゥルナン寺」(通称ジョカン寺、中国名・大昭寺)で17日に発生した火災で、中国当局はインターネット上の関連の書き込みや映像を削除するなど情報統制を強めている。チベットでは中国当局への反発が根強く、今回の火災が治安の混乱を招くことを警戒しているとみられる。

     火災の発生後、ネット上では同寺の一部とみられる建物が広範囲にわたって炎上し、屋上付近まで火柱が立つ様子を撮影した動画が拡散した。

     自治区中国共産党委員会機関紙の西蔵日報(電子版)は「火災はただちに消し止められ、死傷者はなく、周囲の秩序は正常に保たれている」と報じたが、出火原因は明らかにされていない。大半の官製メディアは火災について報じておらず黙殺している。

     トゥルナン寺は7世紀に建立。2008年の反中国デモ(チベット騒乱)では同寺周辺でチベット仏教の僧侶らが抗議活動を展開した。当局によると、同寺はチベット暦の元日にあたる14日から16日まで観光客らに開放されていたが、火災のあった17日は閉鎖されていた。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/world/news/180218/wor1802180017-n1.html 

    【【放火?】世界遺産チベット寺院の炎上映像削除 中国当局、情報統制】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル