かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:世論調査

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2023/09/17(日) 15:39:43.79 ID:ZN13iTkY9
     毎日新聞は16、17の両日、全国世論調査を実施し、岸田文雄首相にいつまで首相を続けてほしいか尋ねたところ、「早く辞めてほしい」が51%で最も多かった。「できるだけ長く続けてほしい」は12%、「来年9月の自民党総裁選任期まで」は25%だった。「わからない」も12%あった。

     岸田内閣の支持率は、マイナンバーカードを巡るトラブルが相次いだことなどが影響し、6月以降、下落に転じた。8月から横ばいとなっているが、7~9月の3カ月連続で30%を切るなど厳しい状況が続いている。

     調査は、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)機能を使う方式と、固定電話で自動音声の質問に答えてもらう方式を組み合わせ、携帯449件、固定581件の有効回答を得た。【野原大輔】

    毎日新聞
    2023/9/17 15:23
    https://mainichi.jp/articles/20230917/k00/00m/010/087000c

    【【毎日世論調査】岸田首相「早く辞めてほしい」51%】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2023/08/29(火) 08:36:33.91 ID:AV09+BNv
     フィリピンの政治コンサルタント会社パブリカス・アジアは、フィリピン人の外国や地域連合に対する信頼度を調べた世論調査の結果を発表した。日本を「信頼する」と答えた人は92%でトップだった。一方、79%が中国を「最大の脅威」に挙げた。南シナ海で海洋進出を強める中国への不信感が浮き彫りとなった。

    調査結果によると、日本を「とても信頼する」と答えた割合は55%で、設問で挙げられた計12の国・地域連合の中で単独トップ。「かなり信頼する」の割合を合わせた信頼度は92%に上り、フィリピンが加盟する東南アジア諸国連合(ASEAN)と並んで最も高かった。日本を「あまり信頼しない」は8%、「全く信頼しない」は1%にとどまり、フィリピン人の親日ぶりが表れている。

     「とても信頼する」の割合ではASEANが45%、カナダが44%と続いた。歴史的に関係が深く、安全保障面でつながりを強める米国は39%と、韓国やオーストラリアと同等の高さだった。対照的に、中国は9%、ロシアが14%だった。

     一方、「フィリピンにとって最大の脅威は」との問いには、79%が中国と答え、米国が9%、ロシアが6%と続いた。中国への警戒感は群を抜いており、南シナ海の南沙諸島(スプラトリー諸島)周辺での緊張の高まりが背景にあるとみられる。

     外交政策についての質問では、南シナ海問題に対するマルコス政権の姿勢に6割以上が賛成を示した。マルコス政権は中国との経済関係は重視しつつ、南シナ海問題では中国への強硬な姿勢を貫き、米国との安全保障協力を強めている。

     パブリカス・アジアは「中国に屈しないこと、領土問題の外交的解決を模索していることなどが支持されている」と説明した。

     調査は米国の市場調査会社の協力を得て、フィリピン全国から無作為に抽出した1500人を対象に、3月2~6日に実施した。結果は今月17日に公表した。(バンコク=大部俊哉)

    朝日新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b994402631e42d7d2ac2a638be5827ba2c42bb31

    【フィリピン世論調査、「日本を信頼」が92%でトップ 「最大の脅威」は79%で中国】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: おっさん友の会 ★ 2023/07/23(日) 18:55:29.75 ID:UFSkSYPu9
    毎日新聞は22、23の両日、全国世論調査を実施し、岸田内閣の支持率は6月17、18日実施の前回調査(33%)から5ポイント下落し、28%だった。支持率が30%を下回るのは、2月調査(26%)以来5カ月ぶり。不支持率は前回調査(58%)から7ポイント増の65%だった。

    (略)

    毎日新聞 7/23 14:35
    https://mainichi.jp/articles/20230723/k00/00m/010/110000c


    【【毎日新聞調査】岸田内閣支持率28% 2カ月で17ポイント下落】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2023/05/23(火) 09:49:26.26 ID:JQvWP9bn
     【香港=吉岡みゆき】香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは22日、
    シンガポール国立大学などが中国本土で実施した世論調査で、
    過半数が中台統一のための全面戦争を支持すると答えたと報じた。

     調査は2020年末から21年初めにかけて実施され、1824人が対象。統一のための戦争を55%が支持し、反対は約3割にとどまった。
    台湾に統一を同意させるための戦争以外の方法としては、57%が「経済制裁」だとした。
    22%は「台湾が別の政治制度を維持していても構わない」と回答した。

    2023/05/23 07:00 読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20230523-OYT1T50105/

    【【読売新聞】 中国本土で過半数が「中台統一への全面戦争を支持」…シンガポール国立大学などが世論調査】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すりみ ★ 2023/04/23(日) 21:06:11.36 ID:kFCLzSqT
    【ソウル聯合ニュース】韓国市民団体「正しい言論市民行動」が23日発表した20~30代を対象にした調査の結果によると、北朝鮮との統一について「必ず必要というわけではない」と回答した人が61%に上った。
    「必ず必要」は24%、「分からない」は14%だった。

    朝鮮半島情勢に影響を与える主要国に対する好感度では、中国に対する好感度が最も低く、北朝鮮も下回った。
    中国に対し91%が「好感を持っていない」と回答。
    北朝鮮に対しては88%、米国には33%。日本には63%が「好感を持っていない」と答えた。

    北朝鮮について「脅威だ」と答えたのは83%、中国が脅威だとの回答は77%に上った。
    米国が「安全保障で助けになる」との回答は74%だった。日本の場合は「脅威だ」との回答が53%で、「安全保障で助けになる」は37%だった。

    《中略》

    調査は韓国世論評判研究所が13~18日に20~39歳の男女1001人を対象に実施した。


    聯合ニュース 
    2023.04.23 15:54
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20230423000900882?section=news

    【【韓国】20~30代6割「南北統一必要でない」 北より中国の好感度低く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2023/03/22(水) 15:24:45.19 ID:zA1A8ufH
    米国人はカナダや英国など同盟に対して高い好感度を持つ反面、北朝鮮とロシアに対しては友好的でないという世論調査結果が出た。

    21日(現地時間)、米国世論調査機関ギャラップによると、先月1~23日、米国の成人1008人を対象に全世界21カ国に対する米国人の国別好感度を調査した結果(誤差範囲±4%)、カナダが88%で最も高かった。

    続いて英国(86%)、フランス(83%)、日本(81%)、ドイツ(80%)、台湾(77%)、インド(70%)、イスラエル(68%)、ウクライナ(68%)、エジプト(68%)、ブラジル(64%)、メキシコ(59%)の順だった。

    ギャラップは23年間このような調査を実施しているが、韓国は今回の調査に含まれていない。

    ギャラップは「米国人は一般的に米国と肯定的な関係を結んだ国を好意的に評価した」とし「カナダと英国は上位にランクインし、日本とドイツも毎年高い好感度の評価を得ている」と明らかにした。

    北朝鮮とロシアの場合、21カ国のうち好感度がそれぞれ最も低い9%となった。

    ギャラップは「米国および国際社会と持続的に緊張を維持している国家の場合、低い好感度を示した」とし「北朝鮮は好感度が31%を超えたことがなく、過去20年間には15%を下回った」と説明した。

    米政府が最大の脅威として名指した中国に対して好感を持っていると答えた米国人は15%で、北朝鮮とロシアの次に好感度が低い国だった。

    ギャラップは「中国とロシアに対する米国人の好感度は一時過半数だったが、今回の調査では昨年よりそれぞれ5%ポイント、6%ポイント下落し、いずれも過去最低となった」とし「両国は米国の最大敵と見なされ、特に中国の軍事力と経済力が米国にとって重大な脅威だと米国人は考えている」と述べた。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/df182d36609720f29864cdc9707a97c5f584416c

    【米ギャラップ社「米、露、北朝鮮に最も否定的…好感度1位はカナダ・4位は日本、韓国は調査から外される」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 尺アジ ★ 2022/12/31(土) 10:14:15.47 ID:uX9fr/gt9
    【台北共同】台湾民主基金会は30日、台湾住民を対象とした世論調査の結果を発表し、中国が台湾統一のために武力侵攻した場合の対応として、71.9%が「台湾を守るために戦う」と回答した。台湾が独立宣言したことを理由に中国が武力侵攻した場合も63.8%が「戦う」と答えた。

     調査時期は5月。ロシアのウクライナ侵攻を踏まえ、台湾人の高い防衛意識が反映された形だ。

     台湾の民主主義の発展に関する問いには53.6%が「楽観的」とした。また、偽ニュースの拡散が台湾の民主主義に及ぼす影響については、90.5%が「害となる」と答え、中国による世論分断への警戒感の高さを示した。

    12/30(金) 19:15
    共同通信
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/c50e220aaa20a9904c83ac42e531b5fefaa1588a&preview=auto

    【中国武力侵攻なら「戦う」71% 台湾の世論調査】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 尺アジ ★ 2022/12/19(月) 22:56:59.85 ID:e1lTkpkk9
    9FC0A37E-0CE3-465C-A9F1-88095513334D
    17、18日に実施した朝日新聞の全国世論調査では、相手の領域内を直接攻撃する敵基地攻撃能力(反撃能力)保有の賛否について聞いた。防衛費の増額では賛否が割れる一方で、敵基地攻撃能力の保有は「賛成」56%で、「反対」38%より多かった。

     男女別で見ると、敵基地攻撃能力の保有に、男性は「賛成」が66%で、「反対」29%を大幅に上回った。女性は「賛成」47%で、「反対」47%と拮抗(きっこう)した。年代別に見ると、「賛成」は18~29歳の65%が最も高く、70歳以上の51%が最低となった。「反対」は、70歳以上の41%が最も高く、18~29歳の32%が最低だった。

     内閣支持層では、保有に「賛成」67%、「反対」29%だったが、内閣不支持層(57%)でも「賛成」52%、「反対」44%と、賛成の方が多かった。支持政党別に見ると、自民支持層では「賛成」66%、「反対」30%。立憲支持層では「賛成」47%で、「反対」46%とほぼ並んだ。無党派層では「賛成」53%、「反対」39%だった。

    今回の調査では、2023年…(以下有料版で、残り266文字)

    2022/12/19 19:15
    朝日新聞
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASQDM552TQDLUZPS006.html?iref=sptop_Topnews2_04

    【【朝日新聞世論調査】敵基地攻撃「賛成」56% 内閣不支持層でも賛成過半】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2022/09/30(金) 16:29:24.44 ID:CAP_USER
     【ソウル時事】韓国の世論調査機関「韓国ギャラップ」は30日、日韓関係に関する調査結果を発表し、「一部譲歩してでもできるだけ早く改善すべきだ」が26%にとどまる一方、「日本の態度変化がなければ急いで改善する必要はない」が64%に上った。
     
     日本側は懸案の元徴用工問題で韓国側が解決策を示すまでは正式な首脳会談に応じない姿勢。一方、韓国側は元徴用工問題の解決を急ぎつつ、日本側にも被告企業の補償参加や謝罪表明など前向きな対応を求めている。日本の態度変化がなければ世論の支持を得られないという判断があり、今回、こうした世論の動向が裏付けられた形だ。 

    9/30(金) 15:49配信
    時事通信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b686af23367dbe760836393edd6e0d9fcb5c4a8a

    【【韓国】「日本の態度変化がなければ急いで改善する必要はない」が64% 関係改善めぐる世論調査】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/09/12(月) 16:08:16.80 ID:CAP_USER
     韓国の民間シンクタンク「東アジア研究院」と日本の非営利シンクタンク「言論NPO」は今月1日、両国で実施した世論調査の結果を発表した。それによると、日本人が韓国に良い印象を持つ割合は前年比5ポイント増の30.4%で、韓国人が日本に良い印象を持つ割合は前年比10.1ポイント増の30.6%だった。2013年から行われているこの調査で、日韓共に相手国への好感度が上がったのは2016年以来。調査では、米中対立など、国際情勢の変化で日韓関係が重要だと考える人が増えているなどと分析している。今回の調査は日本人1000人、韓国人1028人の計2028人を対象に7月から先月にかけて実施した。

     両国間の好感度は年齢層が低いほど高かった。10代では、相手国に対して良い印象を持つ人は日本で52.2%、韓国で53.5%に上り、全年齢層の中で唯一、過半数を超えた。一方、全年齢層の中で最も低かったのは60代以上で、日本は25.4%、韓国は22.9%にとどまった。シンクタンクはこの結果に、若い世代は渡航やSNSなど直接的な経験を通して判断する一方、年齢が高いほど固定観念が強いと指摘した。

     また、現在の日韓関係について「非常に悪い」、または「どちらかといえば悪い」と回答した人は日本人で昨年比12.9ポイント下がって39.8%、韓国人で昨年比16.4ポイント下がって64.6%だった。

     また、両国の関係改善を「支持する」と答えた日本人は53.4%、韓国人は81%で、「戦後最悪」とも言われるまで悪化した現在の状況を打開すべきとの認識が高まりつつあるといえる。

     様々な観点から質問した今回の調査のうち、韓国メディアのノーカットニュースは、日本人のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領に対する好感度が、ムン・ジェイン(文在寅)前大統領に対する好感度よりも約10倍高かったことに着目した。今回の調査では日本人の尹氏に対する好感度は20.1%だった。悪い印象を抱いている人の割合は4.6%にとどまった。一方、昨年の調査で当時大統領だった文氏への好感度はわずか2%だった。

     このような結果が出た要因について、ノーカットニュースは、尹氏が日韓関係の改善に意欲を見せ、積極的に行動に乗り出している点を挙げている。先月15日の光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)の演説で尹氏は、日本について「かつて我々の自由を取り戻すため、政治的な支配から抜け出す対象だった日本は、今や世界市民の自由を脅かす挑戦に立ち向かい、共に力を合わせていかなければならない隣国だ」と指摘。その上で「韓日関係が普遍的な価値を基盤に、両国の未来と時代的な使命に向かって進むなら、歴史的問題もきちんと解決できる」と強調した。

     また、1998年に発表された日韓共同宣言に言及。「両国の政府や国民が互いに尊重し、経済や安全保障、社会、文化にわたる幅広い協力を通じて、国際社会の平和と繁栄に共に寄与しなければならない」と述べた。尹氏は大統領選候補者の時から同宣言を取り上げ、「共同宣言には韓日関係を発展的な方向に導けるほぼすべての原則が盛り込まれている。この精神と趣旨を継承し、韓日関係を発展させれば、両国の未来は明るいはずだ」との考えを示している。

     日韓最大の懸案である元徴用工問題に関して尹氏は、大統領就任100日目に合わせて先月開かれた記者会見で「日本が憂慮している主権問題と衝突せずに原告が保障を受けられる方法を考えている、私は肯定的に見ている」と述べた。

     調査を実施した東アジア研究院と言論NPOは結果を分析。東アジア研究院は「相手国への好感度、関係改善への支持、未来への展望などがこの10年間で最も高くなっている」と説明。また、「関係改善の最も大きな足かせとなっている徴用工、慰安婦など歴史問題については、韓国は歴史問題として捉えているのに対して、日本は『政府間の合意の順守』という国同士の信頼の問題として捉えていることに認識の違いがみられた」と分析した。一方、言論NPOは「国民感情は変わり始めているが、政府間の関係は動いていないことを調査は示している。日韓両政府が動くべきだと民意が示している」と指摘した。

    WOW!Korea
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2022/0912/10363371.html


    【日韓の相手国への好感度が上昇=調査実施の言論NPO「両政府が動くべきと民意が示している」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/09/01(木) 16:53:22.48 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国と日本の相互好感度が、2019年の日本製品不買運動以前に匹敵する水準まで回復したことが分かった。韓国民間シンクタンクの東アジア研究院と日本の非営利シンクタンク「言論NPO」は1日、両国での世論調査結果を発表した。

     調査は韓国人1028人、日本人1000人の計2028人を対象に今夏実施。調査の結果、日本に対して良い印象を持つ韓国人は昨年の20.5%から今年は30.6%に増加した。2013年に調査を開始して以降、過去最高だった19年(31.7%)に次ぐ高水準となった。

     日本政府による対韓輸出規制強化を受け韓国で日本製品の不買運動が本格化した後に集計された20年の調査では12.3%と過去最低を記録したが、今年はほぼ不買運動以前の水準まで回復した。

     一方、日本に対して良くない印象を持つ韓国人は昨年の63.2%から今年は52.8%に減少した。
     このような認識の変化を反映してか、日本のアサヒビールはこのほど韓国のSNS(交流サイト)や動画投稿サイト「ユーチューブ」で広告を再開した。不買運動が始まってから韓国で苦戦していたカジュアル衣料品ブランドのユニクロも韓国での営業利益が黒字転換した。

     韓国に対して良い印象を持つ日本人も25.4%から30.4%に増加し、調査初年度の13年(31.1%)以来の高水準となった。

     一方、韓国に対して良くない印象を持つ日本人は昨年の48.8%から今年は40.3%に減少した。これも13年(37.3%)以来の低水準だ。

     両国間の好感度は年齢層が低いほど高かった。10代では相手国に対して良い印象を持つ人は韓国で53.5%、日本は52.2%に上り、全年齢層の中で唯一過半数となった。一方、60代以上では韓国で22.9%、日本は25.4%にとどまり、全年齢層の中で最も低かった。

     韓日関係の未来に対する楽観的な見通しも広がった。両国関係について前向きな見通しを示した韓国人は昨年の18.4%から今年は30.0%に増加した。日本人も17.2%から29.9%に増えた。

     韓日関係の改善を求める声も高まっている。「両国関係を改善するために努力する必要がある」と答えた韓国人は20年の61.2%から21年に71.1%、今年は81.1%と年々増加している。

     同じ質問に対し、日本人も20年は38.8%、21年は46.7%、今年は53.4%が肯定的な見方を示した。

     両国の国民は、いずれも相手国の大衆文化に多く触れるほど好感度が上昇した。「相手国の大衆文化を楽しめば良い印象を感じるようになる」と答えた韓国人は昨年の67.0%から今年は81.3%に増えた。同じ質問に対する日本人の回答も同期間に81.2%から86.2%に増加した。

     このほか、「相手国を訪問した後に良い印象を持つようになった」と答えた人の割合は、両国とも80%に上った。

     韓日首脳会談で議論されることを望む議題としては、両国民ともに「両国関係改善のための幅広く包括的な対話」を挙げた。 

     研究者らは「12年の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結を巡る議論をはじめ、李明博(イ・ミョンバク)元大統領の独島訪問、韓日通貨交換(スワップ)の終了、旧日本軍の慰安婦問題の協議中断など、さまざまな分野で浮き彫りになった両国間の対立は10年間続いている」とした上で、「しかし、今年の両国の世論は明確に肯定的な様相を呈した」と説明した。

     また、国民の相互認識の改善や両国の指導者交代など、変化の機会を捉えて韓日関係が発展的な方向に改善する政策が開発・実現されることに期待を示した。

    朝鮮日報
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/09/01/2022090180429.html

    【【世論調査】日本に対して良い印象を持つ韓国人30.6% 韓国に対して良い印象を持つ日本人30.4%】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 夜のけいちゃん ★ 2022/07/22(金) 18:08:08.86 ID:dRDCDeP69
    7/22(金) 7:03
    配信

    世論調査で出た衝撃の結果

    朝日新聞の世論調査で、驚きの結果が出た。「憲法9条を改正し、自衛隊を明記する」案に対して、賛成が反対を上回ったのだ。岸田文雄政権は改憲の具体案を詰める方針だが、9条改正を避けてはならない。「朝日の民意」を、しっかり受け止めるべきだ。

     朝日は参院選後の7月16、17日に電話による全国世論調査を実施した。それによると、岸田政権の下で9条を改正し、自衛隊を明記する案に賛成が51%、反対が33%だった。男性では賛成59%と反対30%を大きく上回り、女性も賛成44%、反対は37%にとどまった。

     朝日によれば、直近の2018年3月調査では、自衛隊の存在明記に賛成が33%、反対が51%だったので、賛否が完全に逆転した形である。すべてを確認したわけではないが、朝日の調査で賛成が反対を上回ったのは、今回が初めてではないか。

     私は、たまたま「朝日川柳」がネットで大炎上しているのを知って検索し、偶然、この調査結果を目にした。もしも、炎上事件が起きていなかったら、こんな意外な記事を書くこともなかっただろう。炎上のおかげである。

     脱線するが、朝日川柳の炎上事件はひどかった。問題の川柳(複数)は、安倍晋三元首相の銃撃殺害事件や国葬決定を、あざ笑うような内容の作品ばかりで、ここで中身を紹介するのも、はばかられるほどだ。

     作者たちはともかく、そんな川柳を堂々と紙面に掲載した朝日はいったい、元首相の死をどう受け止めているのか。常識を疑う。夕刊フジによれば、朝日の広報部は「ご批判は重く、真摯に受け止めています」と答えているが、呆れるしかない。

     経営難の朝日はこのところ、昨年に続いて記者の大リストラが話題になっていた。これで部数の凋落に一層、拍車がかかるのではないか。まさに「貧すれば鈍する」である。
    世論の大勢は「改憲賛成」

     さて、世論調査に戻る。

     年代別に見ると、18~29歳では賛成57%、反対33%、70歳以上では賛成50%、反対32%だった。老若男女問わず、賛成が反対を上回っているが、若い人のほうが、より危機意識が強い。改憲反対の論陣を張ってきた朝日としては、不本意な結果だっただろう。

     注目点は他にもある。

     自民、公明の与党に加えて、改憲論議に積極的な日本維新の会と国民民主党を加えた4党で、憲法改正発議に必要な3分の2以上となった参院選の結果について「よかった」が53%、「よくなかった」が29%だった。

     「日本の防衛費を増やすべきかどうか」については「増やすほうがよい」が34%、「いまのままがよい」が46%、「減らすほうがよい」は13%だ。外国のミサイル基地などに打撃を与える「反撃能力」を自衛隊が保有する問題では、賛成50%、反対40%である。

     他社の調査は、どうか。

     NHKが実施した参院選前の6月17~19日の調査によれば「憲法改正は必要か」という問いに対して「必要」が37%、「必要はない」が23%、「どちらとも言えない」が32%で、こちらも「必要」がもっとも多い。

    長文につきあとはソースで

    ヤフーニュース(現代ビジネス)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ee4c83a985265d087bd6553bac34515f65dac1b0

    【【改憲】朝日新聞の世論調査で「衝撃の結果」…9条改正「賛成派」が50%を超えていた!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/07/18(月) 23:33:34.55 ID:CAP_USER
    尹大統領の支持率 33.4%に下落=不支持は初めて60%超
    no title


    【ソウル聯合ニュース】韓国世論調査会社のリアルメーターが18日に発表した調査結果によると、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の支持率は前週比3.6ポイント下落の33.4%、不支持率は6.3ポイント上昇の63.3%となった。尹大統領の5月10日の就任後、同社の調査で不支持率が60%を超えるのは初めて。

    初めて不支持率(47.7%)が支持率(46.6%)を上回った6月第4週以降、支持率は4週連続の下落。

    政党支持率は保守系与党「国民の力」が前週より1.8ポイント下落の39.1%、革新系最大野党「共に民主党」は2.4ポイント上昇の44.2%だった。国民の力の支持率は7週連続で下落し、共に民主党は7週連続で上昇した。革新系野党「正義党」の支持率は0.7ポイント上がった4.1%となった。

    リアルメーターは「通常、(支持率が)大幅に下落すると大統領と政党が支持率下落の防止策を打ち出し、支持層が結集して(下落が)いったん止まるが、今回の調査でも下落を見せた」と分析した。

    調査は11~15日、全国の18歳以上の2519人を対象に実施された。

    ヤフーニュース(聯合ニュース)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8f712a198f3a2aeaa34cfa4958d288cbcf6e79b5


    【【韓国調査】尹大統領の支持率 33.4%に下落=不支持は初めて60%超…18日発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/07/13(水) 16:33:41.88 ID:CAP_USER
    fa2d665f813c83a5e0a87edb18eaddc4
    韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の国政遂行支持率が1週間で10%ポイント以上下落して30%台初中盤まで落ちたという世論調査結果が13日、公表された。

    世論調査機関「R&Searc」がニュースピムの依頼で今月9~12日全国18歳以上1045人を対象に調査をした結果、尹大統領国政遂行に対する肯定評価は32.5%を、否定評価は63.5%をそれぞれ記録した。

    前週より肯定評価は10.1%ポイント下落して、否定評価は10.5%ポイント上昇した。

    肯定評価は4週間前の調査で52.5%を記録した後、3週前の調査で47.6%に4.9%ポイント下落した。

    続いて2週間前の調査(45.3%)では2.3%ポイント、先週の調査(42.6%)で2.7%ポイント下落した肯定評価は今週には10.1%ポイント急落した。

    否定評価は同じ期間43.0%→47.9%(4.9%p↑)→49.8%(1.9%p↑)→53.0%(3.2%p↑)→63.5%(10.5%p↑)と引き続き上昇している。

    否定評価が肯定評価を追い抜くいわゆる「デッドクロス」を記録して3週間で肯定評価が否定評価の半分水準に落ちた。

    年齢別で見ると、全体区間で否定評価が肯定評価を上回った。特に60代で先週に比べて否定評価は12.9%ポイント上昇した50.1%を、肯定評価は11.0%ポイント下落した44.8%を記録した。国民の力中央倫理委員会で「党員権6カ月停止」の重懲戒を受けた李俊錫(イ・ジュンソク)代表の支持基盤だった20代では先週に比べて否定評価が61.3%から64.5%に3.2%ポイント上がり、肯定評価が34.7%から26.8%に7.9%ポイント下がった。

    地域別に見ると伝統的な保守地域である大邱(テグ)・慶北(キョンブク)で否定評価が先週より17.2%ポイント上昇した50.7%を記録した。大邱・慶北の肯定評価は47%だった。

    R&Searc関係者は「厳しい民生経済を解決する政府内コントロールタワーが見えない点と、人事・与党内紛などが複合的に影響を及ぼしたとみられる」と分析した。

    今回の世論調査は性別・年齢帯別・地域別人口構成比による比例割当から抽出された標本を構造化した質問用紙を利用した無線番号(100%)方式で実施された。回答率は2.4%、標本誤差は95%の信頼水準に±3.0%ポイントだ。統計補正は2022年4月末行政安全部発表住民登録人口基準で、性・年齢・地域別にセル加重値を付与した。

    詳しい内容は中央選挙世論調査審議委員会ホームページで確認することができる。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/293159?servcode=200§code=200

    【【韓国】尹大統領支持率32.5%・否定63.5%…「デッドクロス」格差が2倍に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2022/07/06(水) 09:40:29.57 ID:762IruWJ9
    国会議事堂
     10日投開票の参院選について、朝日新聞社は4、5日、全国の有権者を対象に電話とインターネットによる情勢調査を実施した。取材による情報も加え、終盤情勢を分析したところ、自民、公明の与党は引き続き堅調で、改選過半数(63議席)を確保し、70議席台に乗る勢い。非改選70議席を含めて定数の過半数(125議席)を上回りそうだ。立憲民主は焦点の1人区で先行を許す選挙区が増え、改選23議席を下回る見通し。維新は改選6議席倍増の勢いを維持し、比例区では立憲を上回る可能性も出てきた。

    【電話調査の方法】 コンピューターで無作為に電話番号を作成し、固定電話と携帯電話に調査員が電話をかけるRDD方式で、4、5の両日に全国の有権者を対象に調査した。固定は有権者がいると判明した9207世帯から5244人(回答率57%)、携帯は有権者につながった1万1340件のうち5147人(同45%)、計1万391人の有効回答を得た。

    【インターネット調査の方法】 4、5の両日、インターネット調査会社4社に委託して実施した。各社の登録モニターのうち、全国47都道府県の有権者を対象に調査した。全国で計8万576件の有効回答を得た。

     調査時点で投票態度を明らかにしていない人が選挙区、比例区とも4割前後おり、情勢は変わりうる。

     与党に、国会での改憲論議に積極的な維新や国民民主を合わせると80議席を上回り、非改選84議席を含めると改憲の国会発議に必要な3分の2(166議席)を超える可能性が強まっている。

     各選挙区の終盤情勢の詳報は、8日早朝にお伝えする予定。

    自民、比例区ではやや失速気味 立憲は改選7議席に届く可能性も
     自民は、32ある1人区のう…(以下有料版で、残り2720文字)

    朝日新聞 2022/7/5 22:30
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASQ7562P1Q6ZUZPS003.html?iref=sptop_7_01


    【自公、改選70議席台の勢い 改憲4党で3分の2超も 朝日終盤情勢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2022/07/02(土) 21:22:57.52 ID:DBiL3kZz9
    us250

    (CNN) 党派を超えて大多数の米国人が米国の現状に不満を持っていることが、最新の世論調査で明らかになった。
    AP通信とシカゴ大学の世論調査センターが6月29日に発表した調査では、米国の成人の85%が国は間違った方向に向かっていると答え、正しい方向に向かっていると考えている人はわずか14%だった。
    5月の調査では、78%が悪い方向に向かっている、21%が概ね正しい方向に向かっていると答えており、不満に思っている人が増えている。
    現在、共和党支持者の92%、民主党支持者の78%が国の方向性に不満を持っており、民主党支持者に関しては昨年バイデン氏が大統領に就任して以来、最も高い値となった。

    CNN 2022.07.01 Fri posted at 12:18 JST
    https://www.cnn.co.jp/usa/35189818.html

    【【国際】米国人の大多数「国は間違った方向に向かっている」 世論調査】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2022/06/13(月) 19:51:29.55 ID:CAP_USER
    日銀総裁
    「値上げ許容度」発言を撤回した日本銀行の黒田東彦総裁は不適任との回答が、共同通信の世論調査で58.5%に上った。内閣支持率も低下しており、参院選を前に物価高が争点に浮上してきた。

    共同通信が13日に公表した世論調査の結果によると、黒田総裁が撤回した「家計の値上げ許容度も高まってきている」との発言を77.3%が「適切だとは思わない」と回答した。黒田総裁は来年4月に任期満了を迎える。

    黒田総裁は同日の国会で発言撤回について「家計が自主的に値上げを受け入れているとの趣旨ではなく、苦渋の選択として受け入れていることは十分認識している」と説明。「真意が適切に伝わるよう、丁寧な情報発信に努めていきたい」と話した。

    ブルームバーグ
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-06-13/RDEKCIT1UM1401

    【【悪い円安】黒田日銀総裁「不適任」6割、値上げ許容度発言に反発-共同調査】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2022/06/10(金) 09:41:34.32 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ ソウル鍾路区に位置する旧日本大使館の前の平和の少女像。
    _______________________________________________________

    韓国と日本国民の歴史問題の認識を調査したところ、韓国国民10人のうち8人、日本国民10人のうち6人は、自国が相手国に譲歩すべきではないと考えていることが分かった。

    読売新聞と韓国日報は先月の20~24日、18歳以上の韓日両国の国民を対象に共同世論調査を実施して、このような結果を出した。今回の世論調査は有・無線電話で行われ、世論調査の有効回答者は韓国国民が1,000人、日本国民が1,019人だった。

    「徴用工や慰安婦などの歴史問題の解決と韓日関係の改善のため、韓国が相手国に譲歩すべきだと思うか」という質問に対し、韓国国民の81.3%は「そうは思わない」と答えた。歴史対立で韓国が日本に譲歩すべきだという回答は、16.2%にとどまった。

    同じ質問に対し、日本国民の58%は日本が譲歩すべきでないと答え、譲歩すべきだという回答は32%で集計された。

    「ユン・ソクヨル(尹錫悦)政権の発足を機に韓日関係が改善されると思うか」という質問には、韓国国民の52.9%が「良くなると思う」と答えた。続いて「変わらないと思う」という回答は35.1%、「悪くなると思う」という回答は6.2%だった。

    同じ質問に対し、日本国民の61%は「変わらないと思う」と答え、日本国民のほうが韓日関係改善の期待が低いことが分かった。

    日本の防衛力の強化に対し、韓国国民の立場から「容認できない」という回答が61.1%を占め、「容認できる」と答えた国民は28.4%にとどまった。

    これに対し、韓国の軍事力強化に日本国民の46%が「容認できない」、42%が「容認できる」と答えて、ほぼ同じような結果になった。

    韓国経済(韓国語)
    https://www.hankyung.com/international/article/2022060907827

    【【日韓】日韓の歴史問題『譲歩すべきでない』・・・韓国国民81%、日本国民58%】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/06/09(木) 15:41:43.69 ID:CAP_USER
     日本と韓国のポップカルチャー、どちらが世界で評価されている?――。日韓両国で同時期に行った世論調査で、こんな趣旨の質問をぶつけてみた。その結果、映画や音楽、ドラマなどの分野で世界を席巻する「韓流」の勢いを、韓国人だけでなく、多くの日本人が実感していることが分かった。

    「韓流」の影響は幅広い年代に…日本
     調査では、日本と韓国のポップカルチャーについて「どちらが世界で人気が高いと思うか」を聞いた。
    no title

    ※読売新聞社・韓国日報社の日韓共同世論調査に基づく。調査ではポップカルチャーについて、「映画や音楽、漫画やアニメといったポップカルチャー」と説明した上で質問した。

     韓国人の回答は「韓国」が86%と圧倒。「日本」を選んだのは、わずか11%だった。日本人も「韓国」46%、「日本」39%と韓国に軍配を上げた。

     日本人の回答を年代別にみると、ポップカルチャーに敏感な若年層だけでなく、幅広い年代が、「韓流」の影響力の大きさを感じていた。18~29歳では「韓国」54%が「日本」42%を12ポイント上回ったほか、40~60歳代の各年代でも、半数以上が「韓国」を選んだ。

    「ソフトパワー」の高まりに自信…韓国
    no title

    ※ネットフリックスのHPをもとに作成。今回の世論調査の実施時期と重なる5月16~22日に、日本国内での視聴時間が長かったネットフリックスのTVコンテンツ上位10本

     一方の韓国では、自国を選んだ人が全ての年代で7割を超え、40歳代では93%に達した。「ソフトパワー」の高まりに自信を深めている様子がうかがえる。

     近年、世界でヒットする韓流コンテンツは枚挙にいとまがない。人気グループ「BTS」のシングルやアルバムは米ビルボードで次々と1位を獲得。2020年の米アカデミー賞では、映画「パラサイト 半地下の家族」が英語以外の映画として初の作品賞に輝いた。動画配信サービス・ネットフリックスでも、「イカゲーム」など韓国ドラマが人気だ。日本のアニメや漫画も世界で根強い人気を誇るが、韓流の勢いに押されているという意識が浸透しているようだ。

    日本人に相当数いる「意図的な無回答」
    ※単位は億回。韓国紙・中央日報が動画投稿サイト「ユーチューブ」のデータ(2021~22年)を分析した結果として今年3月に報じた内容に基づく
    no title


     興味深いのは、どちらの方が人気だと思うかと聞かれて、「日本」とも「韓国」とも言わずに「答えない」人が、日本人の15%を占め、70歳以上では実に32%に上ったことだ。韓国人の「答えない」は、全体で3%、70歳以上でも6%にとどまった。この違いは、何を意味するのだろうか……。

     「心の中では『韓国の方が人気が高い』と思っていても、口に出して言いたくない。そんな『意図的な無回答』が、相当数、含まれているのではないか」。日韓関係に詳しい木村幹・神戸大教授(朝鮮半島地域研究)はこう分析する。

     日本人の「答えない」15%のうち、韓国に親しみを感じるかどうかの質問で「感じない」と答えた人は65%。全体平均の54%を11ポイント上回った。韓国に好感を持たない人が、「答えない」層の中に多くなっている。この傾向は、木村氏の「見立て」と合致している。

    「韓国の発展を認めたくない」複雑な感情?

     近年、韓国の1人あたりGDP(購買力平価、世界銀行統計)が日本を追い抜くなど、日韓の経済水準は 拮抗きっこう するようになった。木村氏は、「韓国の発展を認めたくないという複雑な感情が生まれている。高齢層の無回答の多さもその表れではないか」と話す。日本人にとって韓国の存在感が大きくなっていることの一端を示したと言えそうだ。

    読売新聞オンライン 2022/06/09 07:25
    https://www.yomiuri.co.jp/culture/music/20220603-OYT1T50196/

    【【日韓世論調査】「JポップよりKポップ」日韓両国とも多数派、日本の70歳以上は「認めたくない」?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2022/05/09(月) 07:56:59.12 ID:CAP_USER
    no title

    あす(10日)、韓国では尹錫悦氏が新たな大統領に就任し、新政権を発足させますが、日韓関係の改善に繋がるか、この土日にJNNが世論調査を行ったところ「期待している」が44%、「期待していない」が46%という結果となりました。

    冷えこんだ日韓関係の改善に意欲を示す韓国側は、大統領就任式への岸田総理の出席に期待を寄せていましたが就任式に岸田総理は出席せず、代わりに林外務大臣が出席する予定です。

    政府関係者は、日韓関係の改善には「まず徴用工問題の解決が先だ」としています。

    【調査方法】固定・携帯電話による聞き取り(RDD方式)

    全国18歳以上の男女2462人〔固定1045人,携帯1417人〕

    有効回答1223人(49.7%) 〔固定608人,携帯615人〕(58.2%) (43.4%)

    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/40466

    【あす韓国新政権誕生 日韓関係の改善「期待」44% 「期待せず」46% JNN世論調査】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル