かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:五輪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/02/19(火) 02:00:52.33 ID:CAP_USER
    kr250

    ソウル市は2032年夏季五輪を北朝鮮と共同で招致することをPRするために、大きな垂れ幕を掲げたが、ここに描かれた韓半島(朝鮮半島)の地図に独島(日本名:竹島)がないことが分かった。済州島と鬱陵島は描かれている。独島は韓国の国土の東端であり、日本が領有権をめぐって挑発を続けていることから、鬱陵島と共に地図に表記するのが一般的だ。多くの市民が集まるソウル中心部の目につく場所に垂れ幕を掲げておきながら、あまりに無神経ではないかとの指摘がソウル市に寄せられている。

     ソウル市は11日に行われた韓国国内の五輪招致都市選考で、釜山を抑えて招致申請都市に決まった。2日後の13日には、ソウル図書館の外壁に、立候補決定を祝う垂れ幕が掲げられた。「ソウルと平壌が手と手を取り合って」という文言の隣に、2人の人物が金の聖火トーチを持つシーンがデザインされている。聖火トーチには韓半島の地図が描かれている。地図の東側には鬱陵島が描かれているが、独島は見当たらない。鬱陵島と独島は、公共機関が発行する冊子はもちろん、主なポータルサイトやニュースの天気予報で表示される地図にも必ず表示される。島として描くのが難しい場合には、別枠を設けて必ず独島を表示している。

     このため、垂れ幕の地図に独島が描かれていなければ、外国人に誤ったメッセージが伝わるとの懸念もある。ソウル市庁の向かい側にある徳寿宮周辺は日本・中国・東南アジアの旅行客の観光ルートになっている。ソウル市側は「わざとではなく、ミス」と釈明した。市の関係者は「韓半島と周辺海域のイメージを垂れ幕用のデザインに起こす過程で独島が抜け落ちたようだ」として「独島の表示については地理的要素だけでなく心理・感情的な要素も勘案すべきという点を見過ごしていた」と話した。

    鄭智燮(チョン・ジソブ)記者 

    朝鮮日報 2019/02/18 22:22 

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/18/2019021880176.html 
    【【本心】ソウル市の五輪招致PR垂れ幕に「独島のない韓半島」ソウル市は「ミス」と説明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/02/11(月) 18:57:33.52 ID:CAP_USER
    07EA1267-430A-40B7-96B4-CAAB64ED8481
     
    南北が共同で誘致することにしている2032年の夏季オリンピックの候補都市に韓国からはソウルが候補都市に決まりました。
    2032年夏季オリンピックの韓国側候補都市にはソウル市と釜山市が名乗りをあげていましたが、大韓体育会は11日に代議員総会を開き、候補都市としてソウルを決定しました。
    ソウルは北韓の開催地として有力視されている平壌と近く、多様なインフラが整っていることが候補都市決定につながりました。
    ソウルでオリンピックが開催されれば、1988年以来44年ぶりとなります。
    2032年の夏季オリンピック南北共同誘致は、去年9月の南北首脳会談で文在寅大統領と金正恩国務委員長が合意し、平壌共同宣言に盛り込まれました。
    韓国の都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官は15日、北韓の金日国( キム・イルグク)体育相とともに、スイスのローザンヌにある国際オリンピック委員会を訪れ、誘致意向書を提出することにしています。
    2032年の夏季オリンピックの開催地には、南北のほか、インドネシア、中国、オーストラリア、ドイツなどが取りざたされています。

    KBS 2019-02-11 18:35:51
    http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=71065

    【【韓国北朝鮮】2032年南北共同五輪 ソウルが開催候補都市に決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Egg ★ 2018/12/05(水) 18:21:45.97 ID:CAP_USER9
     B242309D-4978-4C3A-84BE-66E6F860A953
    韓国と北朝鮮が来年2月中旬に、2032年の夏季五輪を共同開催する意向があることを国際オリンピック委員会(IOC)に伝える見通しだ。

     韓国文化体育観光部の関係者は5日、「来年1月初めにIOCに五輪共同開催の意向を伝えようとしたが、北側の日程が合わなかった」とし、「IOCのバッハ会長は南北が2月15日にIOCを訪問することを希望した」と明らかにした。

     同部の都鍾煥(ト・ジョンファン)長官も前日、記者懇談会でこのような内容について説明した。

     これに伴い、同部は北朝鮮側と協議し、来年2月中旬にIOCを訪問する日程で調整する計画だ。

     スイス・ローザンヌのIOC本部には都長官と北朝鮮の金日国(キム・イルグク)体育相のほか、南北の国内オリンピック委員会(NOC)関係者も同行する。

     南北は先月2日、北朝鮮・開城工業団地内の南北共同連絡事務所で体育当局会談を開き、2032年の夏季五輪共催の意向があることをIOCに伝えることで一致した。

     南北が来年2月にIOCを訪問すれば、2020年東京五輪への南北合同チーム参加や開会式での南北合同入場などについても協議される可能性が高い。

     南北は今年2月の平昌冬季五輪ではアイスホッケー女子、8月にインドネシア・ジャカルタで開かれたアジア大会ではバスケットボール女子、ボート、カヌーの3競技で合同チームを結成した。

    12/5(水) 18:12配信
    ヤフーニュース(聯合ニュース)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000067-yonh-kr

    【【オリンピック】<韓国と北朝鮮>2032年五輪共催の意向を来年2月IOCに伝達へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ◆ciadbU3kq9FF 2018/11/04(日)10:24:43 ID:eoX
    日本政府が、北朝鮮オリンピック委員会委員長を務める金日国体育相の入国を許可する方向で調整に入ったことが3日、分かった。今月28、29両日に東京で開かれる五輪関連会合への出席を検討している。複数の日本政府関係者が明らかにした。

    政府は独自制裁の一環として、北朝鮮籍保有者の入国を原則禁止しており、閣僚級の高官が認められれば異例だ。

    安倍晋三首相は、日本人拉致問題の解決につなげるため、金正恩朝鮮労働党委員長との直接会談を目指す意向を表明。日本側は情報当局などのルートで水面下の働き掛けを続けているが、目立った進展はない。


    共同通信 2018/11/4 02:00
    https://this.kiji.is/431498386626069601

    【【五輪】政府、北朝鮮体育相の入国許可へ 今月下旬、五輪会合で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2018/11/02(金) 17:32:31.42 ID:CAP_USER
    【開城(共同取材団)、ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮は2日、北朝鮮・開城工業団地内の南北共同連絡事務所で体育当局会談を開き、2032年夏季五輪を共同開催する意向があることを国際オリンピック委員会(IOC)に伝えることで一致した。

    E0BDBDDC-B016-42DC-96E0-63E521769678

    4カ月ぶりに開かれた南北体育当局会談で握手する韓国代表(右)と北朝鮮代表(写真共同取材団)=2日、開城(聯合ニュース)

    また来年のハンドボール男子の世界選手権で南北合同チームを結成し、出場を目指すことでも合意。これらの内容を盛り込んだ報道文を発表した。

     報道文によると、南北は20年東京五輪など国際大会に共同で参加する。合同チーム結成に関連した実務的な問題はIOCなどと協議しながら推進するという。

     スポーツ分野の共同発展のため、南北で開かれる国際試合には積極的に相互参加し、スポーツ交流に関する実務的な問題は共同連絡事務所を通じて協議することを決めた。

     この日の会談には韓国から盧泰剛(ノ・テガン)文化体育観光部第2次官、北朝鮮からは元吉宇(ウォン・ギルウ)体育省次官が代表として出席した。

    聯合ニュース 2018-11-02 15:49
    http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jspcid=AJP20181102002600882&domain=6&ctype=A&site=0100000000


    【【都市開催なんだけど】韓国と北朝鮮 IOCに32年夏期五輪の共同開催意向伝達へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ■忍法帖【Lv=24,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/09/28(金)13:51:25 ID:???
    2018年9月27日 18時33分
    3F509952-0B48-4656-A09F-C1FF6BD790F1

    韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、先の南北首脳会談での合意に基づき、IOC=国際オリンピック
    委員会のバッハ会長に2032年の夏のオリンピック・パラリンピックを韓国と北朝鮮が共同で開催できるよう協力を要請しました。

    韓国大統領府によりますと、国連総会に出席するためニューヨークを訪問していたムン・ジェイン大統領は26日、
    IOCのバッハ会長と会談しました。

    この中で、ムン大統領は、先のピョンヤンでの南北首脳会談で、2032年の夏のオリンピック・パラリンピックの
    南北共同開催を目指して招致活動を行うことで合意したと説明しました。

    そのうえで、南北共同開催に向けてIOCからの協力を得るために具体的な協議を始めたいという意向を示し、
    これに対し、バッハ会長は「IOCは常に扉を開いている」と応じたということです。

    (略)


    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180927/k10011646831000.html

    【【五輪】韓国ムン大統領 2032年五輪の南北共催 IOC会長に協力要請】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/09/02(日) 11:07:01.04 ID:CAP_USER
    kr250
     
    2018年8月31日、中新網は、韓国・亜州経済の30日の報道を引用し、「韓国は現在、2032年夏季五輪をソウルと平壌が共同招致することを目指している。来月の南北首脳会談では、これが議題の1つになるであろう」と伝えた。

    記事によると、亜州経済は韓国国会からの情報として、「与党・共に民主党と文化体育観光部など関連部門はこのほど、文化・スポーツ界の専門家を招いて非公式会議を開き、2032年夏季五輪を南北で共同招致する案について話し合った」と伝えた。

    同国国会文化体育観光委員会の安敏錫(アン・ミンソク)委員長は、「政府と与党は以前、2034年ワールドカップの南北共同招致案について話し合ったことがあるが、最近、五輪へと方向を変えた。これによって南北のスポーツ交流が促進されることを望んでいる」と述べたという。

    記事は、亜州経済による今後の見通しとして、「9月に行われる南北首脳会談では、共同招致が議題に上るであろう。招致するためには、共同招致促進委員会が設置されることになる。南北が共同招致で合意すれば、同委員会設置後に、招致過程に基づいて具体的な作業スケジュールが決められるであろう」と伝えた。

    記事は最後に、今後の五輪開催地について、2020年は東京、24年はパリ、28年はロサンゼルスと紹介した。


    2018年9月2日(日) 8時10分
    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b639863-s0-c50-d0143.html

    【【韓国】2032年五輪の南北共同招致を目指す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/05/06(日) 23:25:49.72 ID:CAP_USER
    no title

    ▲孫基禎記念館に展示されている当時の朝日新聞(左)。東亜日報では、金メダルの表彰台に立つ孫基禎選手の胸の日の丸が消された(別ソース:朝日新聞)

    日本の朝日新聞が4日、故・孫基禎(ソン・キジョン、1912~2002)選手の業績に光を当てながら「日本は相変らずソン・キジョンの金メダルを歴代オリンピックで得た金メダル156個の一つに数えている」と批判した。

    朝日はこの日「憲法を考えた時、国民って何だろう」というタイトルの記事でソン選手に注目した。同紙によれば1936年8月、オリンピック新記録でソン選手が金メダルを取った時、日本メディアは賛辞を送った。「日本、マラソンで世界征服」(読売)「日の丸が二つが上がる感激」(朝日)等だった。しかし、朝日は「現在のソウル駅付近にあるソン・キジョン記念館にその喜びはない」と伝えた。

    それと共にソン選手の孫のイ・ジュンスン、ソン・キジョン財団事務総長の話を通じて「植民地支配は個人が最も喜ぶ瞬間も悲しみに変えた」と報道した。

    朝日の今回の報道は日本の憲法記念日(3日)を契機に出てきたもの。同紙は「1945年の敗戦後、ソン選手は日本の立場では突然、外国人になった」とし、「憲法に規定された国民について、もう一度考えてみよう」と書いた。

    チェ・ソンウク記者.

    中央日報(韓国語) 朝日「日本はまだソン・キジョンの金メダルを自国メダルで集計」
    http://news.joins.com/article/22599586

    【【また戯言を】 朝日新聞「日本はまだソン・キジョンの金メダルを自国のメダルとして集計している」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル