かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:保守速報

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 20/04/06(月)07:21:04 ID:ouR
    保守速報ですが、青山氏と安藤氏など自民党の若手議員を応援することにしました。

    あまり詳しいことは書けませんが、経済政策『減税』『財政出動』が必要だと思っています。

    アベノミクスでは2年間でデフレ脱却を達成できず。消費増税など緊縮財政しかせず。
    インフレ年間2%達成を一度も達成できなかった、名目賃金上昇率マイナス、日銀によるETF買いの一辺倒で機関の大暴落に対応しきれず国民のお金をドブに捨て続けた。

    日本国民の生活がどんどん苦しくなっていくと思ったので。自民党にもう少しだけでも変わって欲しい思いがあり、これからは自民の若手を応援します。
    いろんな事情があり減税は難しいと思いますが財政出動ならやろうと思えばできると思うんですよね。

    まずはコロナ収束が大前提ですが、終息後は国債発行して国が投資をし、経済活動が活発になり、企業が儲かり、
    従業員の給与が増え消費が活発になる社会になれば日本はもっと国民が住みやすい国になると思います。

    それと、ここでひとつ言わせて頂きたいのですが。最近コメント欄で「まだ決まっていないのになぜ検討段階で安倍さんや自民党を叩くのか」というコメントを多く頂いております。

    これについて説明させて頂きます。それは検討段階ということで与党議員が国民の反応を伺っているからです。
    コメント欄は議員も読むので自民党絶対的擁護のコメントが多いとそのまま悪い条件で国民が飲まされます。
    自民党しか選択肢がない現状ではやりたい放題なので不満があれば擁護する必要はないんですよ。

    「保守速報はパヨクになった」「もう来ませんさようなら」それは仕方ありません。政治思想は人それぞれですから。

    遅い時間に聞いて頂きありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

    https://hosyusokuhou.jp/archives/48875665.html

    【【パヨク困惑】ネトウヨ御用達サイト『保守速報』、反安倍政権を表明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/12/28(土) 00:10:53.79 ID:NSobnbxR9

    全国初“ヘイトスピーチ”で2人の『氏名を公表』 政治団体代表とまとめサイト運営者
    更新:2019/12/27 19:12


     ヘイトスピーチで全国初の氏名公表です。大阪市は条例に基づき、ヘイトスピーチにあたる街宣活動を行ったとして、政治団体の代表など2人の氏名を公表しました。

     大阪市は2016年にヘイトスピーチを規制する全国初の条例を施行し、審査会の意見を踏まえ、ヘイトと認定されれば氏名や団体名などを公表するとしています。

     12月27日、大阪市は条例に基づき、政治団体「朝鮮人のいない日本を目指す会」の代表・川東大了氏と、差別的な内容の記事が掲載されているまとめサイト「保守速報」の運営者・栗田香氏の氏名を公表しました。

     市によりますと、川東氏は「朝鮮人に気を付けろ」などの発言を繰り返して街宣活動を行なったということです。また栗田氏は「朝鮮人撲滅」など差別的な内容の記事が掲載されているまとめサイトを運営したということです。これらの内容がヘイトスピーチにあたると認定されました。ヘイトスピーチで氏名が公表されるのは全国で初めてです。

     「長かったなということと、これまでのような行為を二度と行わないように、行いを改めてくれれば本当に嬉しいなという気持ちです。」(ヘイトスピーチを許さない!大阪の会 文公輝事務局長)

     大阪市は他にも35件の表現についてヘイトスピーチに該当するかどうか審査中です。 


    【【パヨクの言論弾圧】保守速報だけじゃない、他35件もヘイトスピーチか審査中 認定されれば氏名公表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 1号 ★ 2019/12/27(金) 17:43:03.00 ID:bj5fHXeN9
    no title


    ヘイトスピーチ(差別扇動表現)抑止条例により、大手ヘイトまとめブログ「保守速報」管理人の名前が公表されました。名実ともに差別主義者と認定されたことになります。詳細は以下から。

    2016年1月15日に大阪市で成立した全国初のヘイトスピーチ抑止条例。有識者でつくる審査会と市がヘイトスピーチと認定した場合に行った個人や団体の名前を公表されることになっていましたが、あの「保守速報」管理人・栗田香の名前が公表されました。

    大阪市は12月27日、松井一郎市長の名前で「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例に基づくヘイトスピーチの公表(案件番号「平 28-6」)」を公開しました。

    no title


    ここでは、保守速報が2ちゃんねる(編集部注:現「5ちゃんねる」)に投稿された文章を編集したまとめ記事を掲載し、投稿されたコメントとともに不特定多数の者が閲覧できる状態にしていた事を同条例の第2条第1項に規定するヘイトスピーチに該当すると認定しています。

    ヘイトスピーチを定義する条例の該当部分は以下のとおりです。

    第2条 この条例において「ヘイトスピーチ」とは、次に掲げる要件のいずれにも該当する表現活動をいう。
    (1) 次のいずれかを目的として行われるものであること(ウについては、当該目的が明らかに
    認められるものであること)
    ア 人種若しくは民族に係る特定の属性を有する個人又は当該個人により構成される集団(以下「特定人等」という。)を社会から排除すること
    イ 特定人等の権利又は自由を制限すること
    ウ 特定人等に対する憎悪若しくは差別の意識又は暴力をあおること
    (2) 表現の内容又は表現活動の態様が次のいずれかに該当すること
    ア 特定人等を相当程度侮蔑し又は誹謗中傷するものであること
    イ 特定人等(当該特定人等が集団であるときは、当該集団に属する個人の相当数)に脅威を感じさせるものであること
    (3) 不特定多数の者が表現の内容を知り得る状態に置くような場所又は方法で行われるものであること

    (大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例より引用)

    条例違反に対しては、すでに該当するページが削除されていることから「特段の措置はとらない」としており、ヘイトスピーチを行ったものの氏名として

    栗田 香(保守速報 サイト運営者)

    という実名が晒されるに留まっています。同文書には保守速報に掲載された在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチの実例として極めて醜悪な文言が列挙されているため、閲覧の際には十分注意してください。

    なお、同時に差別主義団体の在日特権を許さない市民の会(在特会)前副会長の川東大了も同条例によって氏名を公表されています。

    2019年12月27日15:25 
    https://buzzap.jp/news/20191227-hosyusokuho-kurita-kaoru/

    【【ヘイトスピーチ抑止条例】「保守速報」管理人の名前を大阪市が公表、ヘイトスピーチと正式認定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 1号 ★ 2019/12/18(水) 11:45:06.24 ID:k7b7h8iL9
    保守系まとめサイトの最大手、保守速報が緊急声明を発表した。

    「【維新にブログが潰されるかもしれません】大阪市ヘイト条例の件で、松井市長から保守速報に通知書が届く」と題し、支援を要請している。私は、この支援要請について応じたい。

    管理人は「大阪市のまとめブログ潰しが始まりました。
    先日、大阪市ヘイト条例の件で松井市長から通知書が届きました。
    大阪市からヘイトスピーチに該当するとされたブログの過去記事を削除したにもかかわらず措置を取るとのことです。個人のブログに対し行政が公金使ってここまでやるんですね。こちらは過去記事消して対応したのに、じゃあどうすればいいんですかね?対応したのに措置を取るとはやってることめちゃくちゃだと気づかないんでしょうか。そもそも市外のことだから越権行為ですよね。なんの権限があって措置を取ろうとしてるのでしょうか。
    今後、大阪市と争う事になると思います。」などと発表。

    保守速報は見せしめであり、今後、様々なまとめサイト、および個人Blogが対象になっていくと思われます。ネットにおける発信(例えば国政選挙を含む選挙支援)は、難しくなっていくでしょう。

    特に、川崎市の罰則付きヘイト条例は猛威を振るうことが予見されます。

    さて、私の立場でありますが、本件については「支援要請に応じる」というのは、ある意味では誤まった表現です。

    なぜならば、大阪ヘイト審査会と保守速報がやり取りをしてきた中で、その対応の多くを当事務所が長年にわたって継続してきたからです。先日の一般質問でも、大阪市の運用について確信めいた質問を行っており、当市から大阪市に照会をかけておりますが、私自身が担当してきた議員です。

    相談者である保守速報の許可を得たうえで、今後、「大阪ヘイト審査会」とやり取りしてきた内容を公開していきたいと考えています。何度も何度も何度も送ってきており、こちらからもかなり専門的な回答を出してきました。恐らく通常の議員事務所での対応は不可能です。川崎の場合は、政令市議ですから、「これぐらいのノウハウ」をきっと持っているのでしょう。全部、市議が受ければいい。

    ターゲットは、最大手の保守速報になっていますが、私の知る限りで複数のまとめサイトが「大阪維新の被害」にすでにあっています。今後、ランキング上位のブロガー、特にレンタルブログでやっている方は突然「全削除」になる危険性があります。本人にではなく、管理会社にヘイト条例を論拠に削除要請をする可能性があるためです。

    また、個人のBlogやSNSも同じ危険を背負っています。

    ネットの自由を守るため、支援して頂ける方は、イイネ・シェアでの協力をお願いします。

    2019年12月17日
    https://samurai20.jp/2019/12/hate-7/

    【【言論弾圧?】大阪市ヘイト条例の件で、松井市長から『保守速報』に通知書が届く 管理人は「維新に潰されるかも」と支援要請 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2018/12/12(水) 17:54:54.94 ID:CAP_USER9


    全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00010005-bfj-sci

    【保守速報、敗訴が確定。在日女性への差別を認定、「まとめサイト」の新たな判例に「ネットの情報まとめただけ」は通用せず 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2018/12/01(土) 23:59:42.66 ID:CAP_USER
    李信恵@rinda0818 9時間前

    保守速報が閉鎖になれば嬉しい。差別を産み、育て、そして拡散して来たサイトだから。
    自分も被害にあったし。けれど、もし閉鎖するとしてもその前に、自分がやってきた差別と
    差別の扇動について、きちんと反省して謝罪してほしいと思う。傷つけられた尊厳の回復は、
    そういうことでなされるのだから。

    保守速報からのお知らせ
    http://hosyusokuhou.jp/archives/48826240.html

    https://twitter.com/rinda0818/status/1068738482934231040

    【【話題】李信恵「保守速報が閉鎖になれば嬉しい」「閉鎖するなら謝罪しろ」@rinda0818 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [CN] 2018/12/01(土) 14:37:53.00 ID:WznGPUko0

    管理人です。
    読者の皆様、いろいろ予想外な問題が多発するにもかかわらず、いつもサイトにお越しくださりありがとうございます。


    保守速報の現状報告と、今後についての連絡です。


    まず現状ですが

    先月末から今月頭にかけ、例の攻撃対策に多くの費用がかかってしまいました。

    そして唯一の救いである栞の売上が今月は先月の3分の1ほどでして、
    この状況が続けばサイト閉鎖も視野に入ってきそうです。

    広告が無くなり、読者の皆さまには何度も助けていただき、
    温かいコメントやメールなどもいただきまして、管理人としては何とかサイトを継続していきたいと思っております。

    現在、新システム構築中ですが、全く経験がない未知の分野という事もあり、もう少し時間がかかりそうです。

    読者の皆さまにできるだけご迷惑をかけない方向でいろいろ手を尽くしてきましたが、そろそろ限界になりそうです。


    そこで、お世話になってばかりで本当に心苦しく不本意なのですが、すみません。
    新システム完成までの一時しのぎで、いまいちどお力を借していただけないでしょうか。

    再度、しおりの販売(第三弾は八咫烏の予定)と新規デザイン募集を行いたいと思います。
    デザイナーの皆さま、読者の皆さま、後日、再度告知を致しますのでよろしくお願い致します。

    スポンサーさんも募集しております。
    保守速報に広告載せてもいいよという方いらっしゃいましたらご連絡をお願いいたします。
    メッセージお待ちしております。
    http://form1.fc2.com/form/?id=927697


    こちらしおりの販売です、
    くどくて本当にすみません、よろしくお願いいたします
     
    http://hosyusokuhou.jp/archives/48826240.html


    【【悲報】保守速報、閉鎖の危機 しおりが売れない! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2018/07/03(火) 07:43:40.17 ID:CAP_USER9
    no title

    2018年7月1日18:00 
    日本を愛する普通の日本人が純粋な愛国心から運営していたと思われましたが、どうやら収入目的のビジネス右翼だったようです。詳細は以下から。 

    ◆保守速報が窮地であることを告白 
    先日ヘイトスピーチ訴訟において大阪高裁で再度の敗北を喫したことをお伝えしたばかりのヘイトまとめサイト大手「保守速報」が窮地に立たされていることを管理人自らが認めました。 

    7月1日に12時過ぎに「保守速報からのお知らせ」という題名の最新記事(魚拓)で「管理人です。現在広告がない状態で運営しております。このままだと存続が危うい状態です」と告白。 

    これは先日から行われている、ヘイトデマを掲載し続けるまとめサイトの広告を剥がす運動の成果で、現在保守速報の広告は丸裸の状態になっています。 

    管理人は「そこで、小坪議員より支援体制について提案がありました。 Blogでも表明されています」として、「残酷」の愛称で親しまれる小坪慎也行橋市議会議員から支援の申し出があったことを明かしています。 

    小坪議員はこのブログポスト(魚拓)の中で、広告収入の代わりにしおりや缶バッジ、ステッカーといったノベルティグッズを作成して販売することで、サーバー代や人件費を捻出することを提案しています。 

    ◆「愛国心からやっているのではなかったのか」との声 
    保守速報のようなまとめサイトは中韓へのヘイトスピーチを垂れ流す一方で、日本を褒め称えるような愛国的な記事も多数掲載していました。そのため愛国者を自称する一部ネット民から大きな支持を得ていたという経緯があります。 

    そうした読者には、保守速報は純粋な愛国心から運営されていると考えていた人も多いようで、広告が剥がされた際には「むしろすっきりして見やすい」「こちらの方がいい」といった意見も少なからず書き込まれていました。 

    ですが、今回のポストでは広告収入がないことを理由に「存続が危うい状態」と管理人自らが明言してしまっています。これに対しては「お金のためにやっていたのか?」「お金がないって理由で止めてしまうの?愛国心はどこにいったのか」といった批判が既に起っています。 

    本当に愛国心があるのであれば、苦しくても日本のために頑張れるはずですが、それができなければ口先だけの「ビジネス右翼」でしかなかったという批判を免れることはできません。 

    愛国者のはずが「欲しがりません勝つまでは」という日本伝統のスローガンを忘れてしまったのでしょうか? 

    ◆ヘイト認定されたまとめサイトのグッズを欲しがる人がいるのか? 
    また、ノベルティグッズを販売したとして、どこまで売れるのかは未知数です。既に保守速報がヘイトスピーチを行うまとめサイトであることは司法の場で認定済みであり、多くの企業が広告を引き上げているのが現状です。 

    こうした状況下で保守速報のノベルティグッズを持っていることは、自らが差別主義者であると全方位に喧伝して回るようなもの。鉤十字を身につけてネオナチと見做されるのと同じような社会的リスクを背負うことにもなりかねません。 

    また、人助けのカンパ代わりの購入があり得るかを考える場合に参考になるのが、安倍政権に批判的な存在を片っ端から叩いていたツイッターアカウント「500円(@_500yen)」のケースです。 

    「500円(@_500yen)」の中の人のメインアカウント「パンドラちゃん(@bio_jackrose)」は2017年冬に「500円(@_500yen)」更新が止まった後、2018年4月に「パソコンがないため更新できない」とツイート。 

    その後「パンドラちゃん(@bio_jackrose)」はパソコンを買うための募金を受け付けるとしていましたが、結局募金が集まらなかったのか、大いに煽られた後に鍵アカウントになり完全沈黙しています。 
    no title
    no title

    弁護士への大量懲戒請求事件で弁護士側にあっという間に数百万円の寄付が集まったことは大きな話題となりましたが、それとは対称的に愛国アカウントへの寄付は数万円単位でも集まらなかった様子が見て取れます。  
    せっかく作ったノベルティグッズが在庫の山となる危険もありますが、大丈夫なのでしょうか? 


    https://buzzap.jp/news/20180701-hosyusokuhou-novelty-goods/



    【【決めつけるのもどうかと】ビジネス右翼確定、広告収入を絶たれた「保守速報」がノベルティグッズ販売へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/06/28(木) 17:06:13.62 ID:CAP_USER9
    インターネット上の投稿をまとめたサイト「保守速報」の差別的な表現で精神的苦痛を受けたとして、在日朝鮮人のフリーライター李信恵さん(46)が運営者の男性に2200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(江口とし子裁判長)は28日、男性に200万円の支払いを命じた一審大阪地裁判決を支持し、双方の控訴を棄却した。
     
    江口裁判長は保守速報について「人種差別、女性差別に当たる内容を含む記事が多数存在している。不法行為は複合差別に根差すもので非常に悪質」と指摘。「記事掲載が執拗(しつよう)に繰り返され、多大な精神的苦痛を被ったと認められる」と判断した。
     
    判決によると、保守速報は2013年7月から約1年間、ネット掲示板「2ちゃんねる」の李さんに関する投稿を引用するなどした記事を掲載した。

    (2018/06/28-16:18)
    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062800898&g=soc

    【【大阪高裁】二審もまとめサイト(保守速報)運営者敗訴 在日女性への差別的表現 「2ちゃんねる」の投稿を引用 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (^ェ^) ★ 2018/06/23(土) 08:46:53.86 ID:CAP_USER9
    ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。企業がまとめサイト「保守速報」に掲載された広告を取り下げる動きについて解説する。 

    *  *  * 
     ヘイトスピーチやフェイクニュースなどを発信するウェブサイトに広告が掲載されることが企業イメージを毀損(きそん)させるとして、欧米では企業がそうしたサイトから広告を引き揚げる動きが活発化している。その動きが日本にも波及しつつあるようだ。 

     6月初旬、プリンター大手・セイコーエプソンの子会社のエプソン販売は、まとめサイト「保守速報」に広告が掲載されているとの一般ユーザーからの問い合わせに、サイトへの広告配信を停止すると回答した。このユーザーが同社の回答をツイッター上で公開したことで、一躍注目を集めることとなった。 

     保守速報は、「嫌中・嫌韓」にもとづく差別的な記事や、左派を中傷する記事を多数投稿する5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)のまとめサイト。多数あるまとめサイトの中でも攻撃的、扇動的で、ヘイトスピーチやデマの温床、拡散元ともなっている。 

     昨年11月には、保守速報の記事が在日朝鮮人の女性ライターに対する人種差別や名誉毀損にあたるとして、大阪地裁から賠償命令が下されている。 

     このような問題のあるサイトに、自社の広告を掲載したいという企業はほとんどないだろう。しかし実際には、エプソンを始め、多数の1部上場企業の広告が掲載されていた。もちろん、そのほとんどは意図した掲載ではない。背後には、広告テクノロジーが高度化、複雑化したことで、広告主がどの媒体に広告が掲載されるか事前に把握できないという事情がある。 

     エプソンの広報担当者は、広告停止の理由を尋ねたJ‐CASTニュースの取材に対して「中立性を維持するという社内規定に反するため」と回答。代理店側が提案する配信先に含まれていたことに気づかずに誤って出稿してしまったという。 

     エプソンは「広告の掲載方針を改めて徹底する」としているが、企業ブランドを毀損しうる媒体を提示した代理店の責任も重い。このような倫理なき広告業界の一部が、ヘイトスピーチやフェイクニュース発信サイトの「ビジネス化」を促進させているからだ。 

     エプソンの対応については、おおむね好意的な評価を得ているようだ。メディアに批判的に取り上げられ、やむなく対応を迫られたわけではなく、一人のユーザーからの問い合わせに真摯に、そして即座に対応したことに称賛の声が上がっている。 

     さらに、保守速報に広告が掲載された別の企業への問い合わせを促す運動も活気づき、複数の企業が広告停止に踏み切っているという。保守速報に掲載される広告は目に見えて減少し、6月12日にはすべての広告が消えた。 

     欧米では不適切なサイトやコンテンツに広告が掲載されることで、企業や製品のブランド価値が損なわれるのではないかという「ブランドセーフティー」への懸念が高まっている。広告業界も掲載媒体を限定するホワイトリストや、掲載禁止媒体を設定するブラックリストを提供するなどの対策を進めている。 

     こうした動きを対岸の火事と見てきた日本の広告業界も、今後は対応を迫られることは必至。日本でもこの議論や対応が活発化することを期待したい。   

    ヤフーニュース(週刊朝日 2018年6月29日号)

    【【パヨクの言論弾圧】津田大介「保守速報は、「嫌中・嫌韓」にもとづく差別的な記事や、左派を中傷する記事を多数投稿するまとめサイト」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/06/21(木) 12:44:55.54 ID:CAP_USER9
     人種差別的な投稿が問題となったインターネットの掲示板サイトに掲載された広告を、企業側が自主的に停止する動きが相次いでいる。セイコーエプソン(諏訪市)子会社のエプソン販売(東京)が今月1日に止めたのに続き、通信販売大手「カタログハウス」(同)、映像配信大手の「U―NEXT」(同)が20日までの信濃毎日新聞の取材に、広告を停止したことを明らかにした。

     エプソン販売に続きカタログハウスが掲載を停止したのは、閲覧者を各社のホームページ(HP)に誘導する「バナー広告」。契約する広告代理店の提携先のサイトを訪問した人の好みや年代などをシステムが自動的に分析し、各社が求めている客層に広告を表示させる仕組み。広告代理店の複数の提携サイトに掲載される中、問題の掲示板サイトにも掲載されていると外部から指摘があった。

     この掲示板サイトを巡っては昨年11月、ネット上の人種差別的な投稿をまとめた内容を掲載されたとして、在日コリアンの女性ジャーナリストが運営者に損害賠償を求めて提訴。大阪地裁が賠償金の支払いを命じている。

     カタログハウスには8日、外部から「差別的な表現を含む掲示板に広告が出ている」などとメールで指摘があった。同社の担当者が掲示板の内容を確認したところ、「韓国や中国、左翼的な思想を誹謗(ひぼう)中傷する表現が認められ、広告を出すことは不適切だと判断した」という。

     U―NEXTも、15日までに外部から指摘があり、問題のサイトの広告を停止したという。詳しい経緯については「非常にセンシティブ(微妙で慎重を要する)な内容」として明らかにしていないが、「広告掲載方針に反すると判断した」としている。

    6月21日 信毎Web
    http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180621/KT180615FTI090003000.php

    【【保守速報への弾圧】「韓国や中国、左翼的な思想を誹謗中傷する表現 広告を出すことは不適切」 差別的投稿で問題のサイト、広告が相次ぎ停止 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍法帖【Lv=21,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/06/19(火)06:50:26 ID:???

    言論活動の妨害に関連する記事 2018年06月18日 (月曜日) 言論活動の妨害  

    関西大学の宇城輝人教授らが、黒薮に対して『保守速報』が張った「NO残紙キャンペーン」のバナー撤去を要求  
    『保守速報』というウエブサイトをご存じだろうか。
    右派系のメディアである。このサイトから、広告が完全に撤去されたようだ。

    (中略)

    この広告撤去現象に関して、最近、好奇心を刺激する出来事があった。
    実は、「保守速報」には、わたしが窓口になって展開している「押し紙」をゼロにする運動、「NO残紙キャンペーン」バナーが張ってあるのだが、このバナーの撤去を求めてきたのである。  

    「NO残紙キャンペーン」の趣旨は極めて単純で、「押し紙」行為がおかしいと思う人が、思想や信条の違いを乗り越えて、 「押し紙」ゼロを実現することである。周知のように、「押し紙」は右派系の人々も反対運動を進めてきた。
    筆者は、左派のシンパだが、この問題については、右派の人々とも力を合わせて取り組もうという合意で共同戦線を張ったのである。  

    路上で暴行を受けている人を助けるために思想や信条の違いは障害にはならないだろう。販売できる見込みない新聞を販売店に多量に買い取らしている新聞社を批判することにも、左翼と右翼の違いは障害にはならない。こうした寛大な考えに基づいて、意思統一したのである。  

    こうした状況の中で、恐らく読売や産経の読者が多い「保守速報」の主宰者が自主的に「NO残紙キャンペーン」のバーナーを張って、協力してくれたのである。朝日新聞の「押し紙」だけを批判して、産経や読売の「押し紙」は放置してもいいことにはならないからだ。  

    「NO残紙キャンペーン」のスタート直後、筆者のところに嫌がらせの電話や無言電話が相次いだ。
    しかし、やがて「雑音」はなくなった。「雑音」は新聞関係者ではないかと推測するが、抗議が無駄だと分かって静かになった。(中略)

    筆者は、「押し紙」問題でなにひとつ非難の声を上げない関西大学の研究者が、「NO残紙キャンペーン」の「広告」を外せと言ってきたことに怒りを感じた。身勝手とはこのことだろう。  
    ちなみに宇城氏は、「反レイシズムメッセージ」なるものをユーチューブで公開している。(冒頭の動画) 

    (後略)

    http://hosyusokuhou.jp/archives/48819286.html



    【【保守速報問題】 関西大学の宇城輝人教授らが『保守速報』のバナー撤去を要求!! →ジャーナリストの黒藪氏が暴露!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [US] 2018/06/18(月) 01:52:24.31 ID:BOyun6Xq0 BE:487816701-PLT(12000)
    no title

    保守速報は、一日の訪問者数が30万人ほどの保守系最大手まとめサイトだ。アフィリエイトが剥がされており、閉鎖の危機にあると言っていい。ここまでのアクセス数となれば、サーバー費用や各種固定費などは多額であり、無償での運営は不可能と言っていい。そもそも、あれだけの更新数であれば専従スタッフは必要であり、『サイト維持費を含め、費用はかかる』という当たり前の現実を直視したい。費用がゼロでは、サイトを更新する人員はおらず、かつ莫大なアクセスを捌くサイト自体を維持することは不可能だ。数か月もたず、消える危険性が高い。

     広告費用が「ゼロ」になってしまったのだが、これは、しばき隊の関係者をはじめとする通報を起点としたものだ。政治家は、証拠もなく断定することはできないが、その論拠は「本人たちが公開で自供」しているため。保守系にも分かりやすい説明をすれば、「偏向報道に対し、スポンサーに凸」に近いことを受けている。

     ツールを用いているようで、同じ手法は全てのまとめサイトに対して可能だ。いまは最大手の保守速報をターゲットにしているが、どうやら動きは他のまとめサイトにも延焼し始めている。ここで止めねば、保守陣営は「全てのまとめサイトを失う」だろう。

     先般、新潟県知事選において、また名護市長選において絶大な破壊力を発揮したまとめサイト群であるが、機能としては空母艦隊に等しい位置付けで認識している。いまは、ミッドウェーで正規空母が、すでに被弾してしまった状況と言っていい。最大手サイトが収益ゼロ状態となっているのだ。別に「管理人が儲からなくてもいいよ!」という人もいるだろうが、利潤を議論しているのではない。サイトの維持費も、更新する者の人件費もないわけで、サイト自体が存亡の危機に瀕している。そう長くは持たない。

     少し詳しいことを言えば、ASPの問題ではない。(ASPとは「アフィリエイター」と「広告主」を繋いでくれる仲介サービス。)アフィリエイトの仲介業者に対し、集団通報を行った等ではないのだ。もしASP側への通報だけであれば、『イデオロギーに基づく、集団通報である』旨を政治家として表明し、熟慮を要請すればなんとかなった。だが、通報は代理店(ASP)ではなく、出稿している企業本体(上場企業など)に対して行われており、企業側の判断で出稿停止となっていっている。

     つまり、テレビ局にクレームを入れるのではなく、スポンサーに直接凸しているわけで、スポンサー側の判断だ。この対象範囲は非常に広範囲であり、アナウンスのしようがない。厳しい現実を述べておくが、直接的な解決方法は存在しない。また、どの企業広告が表示されているかを判別するツールが用いられており、これは汎用性のあるものと想定される。つまり、保守速報以外も同じ方法で「無収入」に叩き落すことが可能だ。

     私が本件を取り上げることが遅れた理由の一つとして、保守速報以外を助ける方法がないからだ。これを報告することで、被害が拡大する恐れがある。だが、他まとめサイトにも延焼が確認されたため、非常事態宣言のつもりで記載するに至った。書きたくとも書けない。

    (略) 

    行橋市議会議員 小坪しんやのブログ
    https://samurai20.jp/2018/06/hosyusokuhou-2/ 
    【小坪しんや「【非常事態宣言】保守速報など、まとめサイト閉鎖の危機【支える人はシェア】 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2018/06/08(金) 17:06:09.79 ID:CAP_USER
    晋作 @shinsaku112 2:21 - 2018年6月8日
    今気付いたのですが、保守速報のA8net広告の箇所が別の広告業者の広告に変わってます!
    もしかしてA8netから広告を剥がされたので別の広告業者に変えたのでは?成果が出ているのでは!
    https://twitter.com/shinsaku112/status/1004775253317378048

    木野寿紀 @Kino_Eesti 6:20 - 2018年6月8日
    「アフィコード計算機(http://anti.rosx.net/afks/idex/ )」使ってみたけど、昨日まであったA8ネットが無くなってますね。
    現在Fluct(adingo)のみ。
    これさえ剥がせればついに最悪のヘイトまとめサイト「保守速報」死亡かも。
    #ネトウヨ春のBAN祭り #ネトウヨ夏のBAN祭り
    https://twitter.com/Kino_Eesti/status/1004835589294907394

    【【木野寿紀】保守速報のA8netの広告が無くなってます。現在Fluctのみ。これさえ剥がせれば、最悪のヘイトまとめサイト死亡かも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2018/06/09(土) 06:40:38.95 ID:CAP_USER9
    プリンタ大手・セイコーエプソン子会社のエプソン販売(東京都新宿区)が、まとめサイト「保守速報」に掲載したウェブ広告を取り下げていたことが、J-CASTニュースの取材で分かった。

     広告は2018年6月1日に保守速報へ掲載されたが、同社は広告代理店を通じてこの日のうちに配信を停止。理由についてエプソン側は、「中立性を維持するという社内規定に反するため、掲載を取り止めました」と説明した。

    ■「広告の掲載方針を改めて徹底」

     保守速報は12年4月開設。5ちゃんねる(2ちゃんねる)などの書き込みを転載して紹介するまとめサイトで、保守的かつ「嫌中・嫌韓」的な編集方針で知られる。

     14年8月には、ネット上のヘイトスピーチ投稿をまとめて掲載され、名誉を傷つけられたとして、在日朝鮮人の女性がサイト運営者を提訴。この裁判で大阪地裁は17年11月、名誉毀損や差別の目的があったと認め、200万円の支払いを命じた。このとき運営者側は「多分、控訴すると思います」とサイトに書き込んでいる。

     セイコーエプソン広報IR部の担当者は18年6月8日午後、J-CASTニュースの取材に対し、保守速報に子会社の広告が掲載された経緯について、「ウェブ広告の出稿先については通常、広告代理店が提案する広告メニューの中から選んでいます。今回は、メニューの配信先に『保守速報』が入っていることに気付かず、誤って広告を出稿してしまいました」 と説明した。エプソン販売の担当者は「まさか、(保守速報が)入っているとは思わなかった」と話しているという。

     保守速報への広告掲載について、エプソン側は「中立性を維持するという社内規定に反する」と判断。掲載の事実を把握してすぐ、代理店を通じて同サイトへの広告出稿を停止する対応を取った。

     今回の件を受けて、上記のセイコーエプソン担当者は「広告の掲載方針を改めて徹底するとともに、掲載方法の見直しも検討している」と説明。その上で、広告代理店に対しても、「広告の配信先を選ぶ際には、私たちの掲載方針を徹底して頂くよう、改めてお願いした」という。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00000010-jct-soci

    【【ネット】大手まとめサイト「保守速報」への広告停止 エプソン販売「社内規定に反する」と即日対応 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル