かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:倒産

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: お断り ★ 2021/07/12(月) 20:24:39.97 ID:Mxf9hxde9
    cn250
    清華紫光集団が破産申請した。市場価値3,000億元(5兆1000億円)の巨大半導体企業がなぜこのような事態に陥ったのか?

    数日前、紫光集団は、北京第一中級人民法院から、債権者である慧翔銀行が7月8日に裁判所に紫光集団の破産リストラを申請したという通知を受け取ったと発表しました。
    その理由は、紫光集団が債務を期日通りに決済できず、資産がすべての債務を決済するには不十分であり、明らかに支払能力を欠いており、リストラの実行可能性からです。

    大規模なM&Aと重厚な工場建設で築いた中国最大の総合集積回路企業

    清華大学を母体として1988年に設立され、上場企業を持ち、主に半導体産業に携わっており、
    現在中国最大の総合集積回路企業であり、世界第3位の携帯電話用チップ企業でもあります。
    2019年末には総資産は3,000億元(5兆1000億円)に達しました。

    电子技术设计 2021/7/12 ソース中国語 『清华紫光被申请破产,市值3000亿的半导体巨头为何走到这一步?』
    https://www.ednchina.com/news/a7435.html

    3,000億元(5兆1000億円)規模の巨大テクノロジー企業である紫光集団は、破産リストラを申請

    Sina Finance 2021/7/9 ソース中国語 『3000亿科技巨头紫光集团被申请破产重整 旗下千亿芯片公司股权或生变』
    https://finance.sina.com.cn/wm/2021-07-09/doc-ikqciyzk4549702.shtml

    【【速報】中国最大の国営大手半導体企業が破産、総資産5兆1000億円、スマホ用半導体で世界3位】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: お断り ★ 2021/01/05(火) 23:31:43.45 ID:q8Zh/pRK9
    cn250
    2020年12月24日、大唐国際発電有限公司(以下「大唐電力」)は、債務者である甘粛大唐国際聯城発電有限公司(以下「甘粛大唐国際聯城発電」)の破産手続きの終了を発表した。

    2020年12月31日、大唐国際発電有限公司の「連城発電会社の債権持分譲渡に関する事項に関するお知らせ」によると、大唐甘粛会社は、連城発電会社の資産負債比率が同業の平均的な水準(約75%)に合わせて最適化を継続し、他の株主や関係者と連絡を取り合い、連城発電会社が正常な操業を再開することができ、当社の残債務と利息を返済できるように、連城発電会社への投資を増加させていくと記載されている。

    破産と債務整理、まずは借金の割合を減らす

    聯城発電所は甘粛省河橋鎮永登県に位置し、総設置容量は66万キロワットで、2004年12月と2005年2月には33万キロワットの2基が稼働し、設計年間発電容量は30億キロワット時である。石炭価格の高騰と稼働時間の低さから、連城発電所は3年連続で赤字となり、資本の連鎖が途切れ、2018年4月から運転停止が始まった。 2019年12月31日、連城発電所の監査済み資産総額は約5.3億元、負債総額は約18.8億元で、比率は355.59%となっています。
    2020年10月30日、大唐電力は連城発電所の債権の一部約13億5700万元(214億4000万円)を資本金に転換した。 増資後、大唐電力の連城発電所の持分は92.53%に増加し、比率は98.92%に低下し、破産手続きを終了する資格を得た。 以前、連城発電所は大唐国際発電会社が55%を所有していたが、甘粛電力投資が25%、国泰電力が20%を所有していた。
    大唐電力は、聯城電力への債務転換と持分譲渡により、連結財務諸表の当期純利益と母体に帰属する純利益が約4.9億元減少すると発表した。 一方、大唐甘粛市の総資産は約177億2200万元(2800億円)、負債総額は約185億8700万元(2936億7000万円)、レシオは104.88%である。 2019年12月31日現在、大唐甘粛の2019年の純資産は約-865百万元、営業利益は約50億3300万元、純利益は約-195百万元となっている。

    統合のベイルアウト、再稼働の可能性あり

    2020年12月、湖南省と江西省の電力制限に対応して、甘粛省は湖南省を支援するために、七社澳DCの出力を確保するために全力を尽くした。 同時に、12月の夕方ピーク時には、甘粛省の1000万キロワット以上として設置された風力発電が100万キロワット未満の電力生産となることが多く、西北部の送電網に逼迫したバックアップを引き起こしている。

    中国紙 国際エネルギーネットワーク 2021/1/5
    https://www.in-en.com/article/html/energy-2299964.shtml

    【【速報】 中国、国営発電所が破産 本土北部に送電、年間発電量30億キロワット、石炭価格高騰が原因】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル