かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:処理水

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/04/12(月) 17:59:01.43 ID:uzrKwoqd9
    cn250

    2021年4月11日、中国メディアの新民晩報は、東京電力福島第一原発の汚染処理水問題について「全世界が怒っているのに、日本はそれでも核汚染水を太平洋に排出しようとしている」とする記事を掲載した。

    記事は、「日本政府が13日に福島第一原発の汚染処理水を海へ放出することを正式に閣議決定する運びになると報じられたことが、たちまち日本国内を含む世界から注目を集めると同時に、不安や怒りを引き起こした」と伝えた。

    そして、「世論調査では日本国民の約半数が政府の決定に反対の意向を示しており、中でも同原発の被害を大きく受けてきた地元福島県の人々の反発は強く、『この10年、環境や製品の信頼回復のために続けてきた努力が無駄になる』として各地で抗議行動を起こしている」とした。

    また、韓国の英字紙コリア・タイムズが「海洋の生態環境を破壊する災害」と批判し、韓国政府も「処理方法は日本単独で決めるべきではなく、国際社会による十分な科学的検証を経なければならない」との認識を示したことを伝えている。

    同記事はさらに、Twitterでは英語で菅義偉政権の方針に対し驚きと不満を示す日本のネットユーザーがいたほか、米国のインターネット雑誌アカウントが「本当に、これが五大湖の話でなくてよかった」とつぶやいたことを紹介。「一部では日本政府を弁護する声も見られる」とする一方、これらに対しては「無害というなら水道管につないだらどうか」「旧ソ連はチェルノブイリの事故で50万人の救援策を講じたが、日本は世界に謝るだけ」といった反論が寄せられていると伝えている。(翻訳・編集/川尻)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b874767-s25-c100-d0193.html


    【【中国と韓国の方が濃度高いぞ】全世界が怒っているのに、日本はそれでも核汚染水を太平洋に流すのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/04/11(日) 07:08:11.13 ID:L7av+N6A9
    https://sn-jp.com/archives/35591
    小咲ななさんのツイート

    信じられない。NHK酷い。

    福島の海洋放出について"radioactive water"(放射能汚染水)ってツイートして、"treated water"(処理水)だって指摘されたら、ついさっきシレッと消した。

    世界に日本のネガティブキャンペーンして、どこが"日本の"公共放送なんだ。本当に日本の敵なのか。
    no title


    (略)

    ネット上のコメント

    ・確信犯だな。NHK。

    ・日本人の敵。NHK。

    ・分割民営化して下さい。

    ・処理水を汚染水と言う印象操作のマスゴミ こんなNHKに税金使うな!

    ・やっぱ日本の敵じゃん

    ・受信料とる資格あるのか?

    ・またNHKか。いい加減にしろ。ヽ(`Д´)ノプンプン

    【【パヨクの印象操作】NHK国際、福島の海洋放出を『radioactive water(放射能汚染水)』とツイート →指摘されこっそり削除】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 2021/04/08(木) 20:27:14.99 ID:CAP_USER
    kr250
    韓国政府が福島第一原子力発電所に保管された汚染水(日本政府による名称:処理水)の処理過程を監視するために、国際原子力機関(IAEA)の専門家集団に韓国人専門家を派遣する案を進めている。日本政府が国内および国外の反発を押し切って汚染水の海洋放出を進めている状況で、国際社会の検証システムに参加し、透明で安全な水準で処理が行われているかを直接確認するというものだ。

    福島原発汚染水の放出対応関係省庁タスクフォース(TF)によると8日、韓国政府は最近、IAEA側に原発専門家をCFE(Cost Free Expert)派遣する案を進めている。すでにIAEA側に関連の提案を行った。CFEとは加盟国の経費負担によって職員をIAEA事務局に派遣し、共同勤務を行うようにする制度だ。

    日本政府は、福島原発敷地内のタンクに保管された汚染水を放出するという方針を明らかにし、IAEAと協力して国際社会の放射能汚染の懸念を払拭させると約束した。まだどのような方法で放流が行われるか、日本政府は公式発表していないが、汚染水を希釈して三重水素などの放射性物質を基準値以下にした後、海に流す案が有力だ。

    このような状況で、韓国政府はIAEAに直接専門家を派遣して△福島汚染水の海洋放出が適切に行われているか△放出過程で環境にどのような影響を与えるか△異常兆候はないか直接検証しようとしている。30~40年かかる放出期間を考慮して、すでに原子力安全委員会所属の専門家候補まで選んだ。

    TF関係者は「IAEAには韓国政府所属の専門家が多数派遣されているが、残念ながら福島汚染水と関連した専門家はいない」とし「CFEを通じた専門家の派遣を進める理由だ」と述べた。

    WOWKorea 2021/04/08 19:19配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/294781/

    【【韓国人/自称・専門家】福島の汚染水を直接検証する…IAEAへの派遣を推進】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2021/02/09(火) 21:45:03.49 ID:CAP_USER

    fukusimadaiiti
    【ソウル聯合ニュース】日本政府による東京電力福島第1原発の処理済み汚染水の海洋放出計画を巡り、韓国と日本のカトリック系団体が放出に反対する共同声明を発表した。

     韓国カトリック司教協議会の正義平和委員会と生態環境委員会、日本カトリック正義と平和協議会などは9日に出した共同声明で、日本政府が近く決定する見通しの「東京電力福島第1原発の汚染水を浄化処理した後の放射性物質トリチウムを含む水の海洋放出に反対する」と宣言した。

     声明は、日本政府が公開した報告書には汚染水に放射性物質トリチウムが含まれているものの、これが影響を与えた例は見つかっていないとあるが、幼児期の死亡などとトリチウムの関係を指摘する専門家もいると主張。同報告書で汚染水が海洋生物や海洋の環境に与える影響について触れられていないのは懸念であるとし、海に放出された放射性物質はもとに戻すことができないと指摘した。

     また、原発事故から10年目を迎えた今、日本政府が人や自然にどのような影響が出るか分からない汚染水を放出すれば、地域住民や国民だけでなく海でつながる世界の人々に不安と実害を強いることになると強調した。

     その上で、被害が出たときにはすでに遅く、「未来の世代に本当の意味で安全で安心して生きることのできる環境を受け渡す責任がある」と指摘した。

    聯合ニュース 2021.02.09 20:37
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210209004900882?section=society-culture/index

    【【韓国の原発汚染水にも言え】韓日のカトリック団体が共同声明 「福島原発汚染水の海洋放出反対」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/01/15(金) 09:57:29.99 ID:CAP_USER

    no title


    誠信女子大学校の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は15日、日本の福島第1原子力発電所からの汚染水の海への放流の危険を伝える英語の映像(↓参照)をフェイスブックなど、社会関係網サービス(SNS)を通じて世界に知らせていると明らかにした。

    (動画=YouTube)
    https://youtu.be/9c1b_TjYteM


    約4分間の映像は、『世界人たちが東京オリンピックで注意すべきこと』のシリーズ1編で、15日現在で約1万人が視聴している。

    日本政府は国民の半分以上が福島原子力発電所の汚染水の海洋放流に反対しているにもかかわらず、これを強行するという立場を見せている。

    徐教授は世界のネチズンにこのような状況を伝えるため、映像をSNSで広報している。近いうちに世界的な有力メディアにも広告する計画である。

    彼は、「日本が福島原子力発電所の放射能や汚染水の危険を無視したまま、7月に開かれる東京オリンピックを福島再建の機会に活用しようとしている」とし、「今後は世界的な世論を換気して、日本政府のありえない行動を絶対に防がなければならない時だ」と述べた。

    徐教授はシリーズ2編で『旭日旗の応援禁止』、3編で『靖国神社参拝の問題点』を製作する予定である。

    韓国経済TV(韓国語)
    https://www.wowtv.co.kr/NewsCenter/News/Read?articleId=A202101150047&

    【【韓国の汚染水を調べろ】徐ギョン徳教授、「日・福島汚染水の放流は危険」・・・世界に発信】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2020/12/20(日) 16:22:28.35 ID:CAP_USER
    B2881CBF-27A3-4F6F-9C7E-AEF5060EEEE1
     
    12/20(日) 16:07配信
    WoW!Korea

    日本の福島原発汚染水の海洋放流を支持する趣旨の発言をし論議を呼んだ国際原子力機構(IAEA)のラファエル・マリアーノ・グロッシー事務総長が、汚染水の海洋放流について再度「日本側と協議している」という立場を明らかにした。

    【写真】もっと大きな写真を見る

     グロッシー事務総長は19日(現地時間)、オーストリアのウィーンにあるIAEA本部で共同通信と行ったインタビューで、放射性物質トリチウム(三重水素)を含む汚染水の処分について「日本側と協議しており、処分が決定された場合、要請があれば国際監視チームを直ちに派遣する用意ができている」と明らかにした。

     彼は2月、日本を訪問し、福島第1原発を見学した後の記者会見でも原発汚染水の海洋放流は「技術的観点から見て国際慣行に符合する」とし、「全世界の原発で海洋放流は非常事態でない時も日常的に行われている」と主張した。

     日本国内外で反対論が強い原発汚染水の海洋放流をIAEA事務総長が支持したのだ。共同通信はグロッシー事務総長が「日本と協力して国内外の憂慮を払拭する努力をするという姿勢を鮮明にした」と伝えた。

     福島第1原発は2011年3月の東日本大震災で爆発事故を起こして稼動が停止したが、事故当時に溶け込んだ核燃料を冷やすための冷却水注入と外部の地下水流入のため、現在も原発建屋内では1日最大180トンほどの放射性汚染水が生成されている。

     福島原発運営会社である東京電力は、この放射性汚染水約123万トンを原発敷地内の水槽に保管している。しかし2022年8月にはこのタンクも飽和状態(137万トン)に達すると予想され、日本政府は経酸性主導でこの汚染水を希釈処理し、海に捨てる案を講じている。

     日本政府と東京電力は現在、原発敷地内で保管中の放射性汚染水を「多核種除去設備(ALPS)を利用し、セシウム・ストロンチウムなど一部の放射性物質を濾過した」という意味で“処理水”と呼んでいる。

     しかし、この“処理水”にもトリチウムや炭素14など他の放射性物質が残っているうえ、特にトリチウムの場合、浄化処理が不可能なため、海洋放出の際、生態系に及ぼす影響など、危険性に対する懸念が収まっていない。

     一方、日本政府は菅義偉首相が新たに就任した9月以降、福島原発の汚染水の海洋放流に拍車をかけている。 菅首相は10日、東日本大震災で津波被害が発生した宮城県と岩手県を視察した席で、原発汚染水問題に関し、「いつまでも(処分決定を)延ばすことはできない」とし、近いうちに海洋放流を決定する可能性をほのめかしていた。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f1b343b9334babb8b6356d0a91360b0f1b7c5fd2

    【【韓国発狂】IAEAの事務総長、また日本の味方”福島第一原発の汚染水処理に協力”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/12/16(水) 15:15:19.19 ID:CAP_USER
    6EF89DA8-AFBB-4402-B95A-2416732A01EC
     
    韓国海洋水産部が日本政府の福島原発汚染水海洋放流計画について公式的に問題を提起した。

    海洋水産部によると、文成赫(ムン・ソンヒョク)海洋水産部長官は14、15日にオンラインで開催されたロンドン条約及びロンドン議定書当事国会議で、「福島原発汚染水が放流されれば、日本の管轄圏を越えて近隣国にまで影響を及ぼしかねない」とし「ロンドン条約及び議定書レベルで適切な処理について議論する必要がある」と明らかにした。

    ロンドン条約は廃棄物の海洋投機を禁止した国際条約。韓国は1993年に加盟した。加盟国87カ国のうち53カ国が条約の履行義務に同意するロンドン議定書を採択している。

    文長官は「日本が原発汚染水放流を決める前に、隣接国、国際社会との議論を経て安全な処分方法を選択しなければいけない」と主張した。しかし日本側は「該当事案は船舶などからの海上投機でなく沿岸からの放流であり、ロンドン議定書内で議論することでない」と反論した。また「国際基準を満たしてない汚染水は放流せず、持続的に関連情報を共有する」という従来の立場を繰り返した。

    海洋水産部側は「会議が新型コロナのために縮小され、『放射性廃棄物管理』などの議題が来年に先延ばしされたが、事案が至急だという点を考慮し、日本の汚染水処理問題が議論されるよう意見文書を提出した」と説明した。海洋水産部のソン・ミョンダル海洋環境政策官は「汚染水処理案が透明な手続きで決定されるよう日本政府に引き続き要請する」と明らかにした。


    中央日報 2020.12.16 14:28
    https://japanese.joins.com/JArticle/273446

    【【韓国の汚染水の方がひどい】韓国海水部長官、国際会議で「日本の汚染水放流を憂慮」公式指摘 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/12/14(月) 17:55:38.16 ID:CAP_USER
    no title


    韓国のチュンチョンプクト(忠清北道)チョンジュ(清州)市議会は14日、第59回市議会2次定例会4次本会議を開き、日本の放射能汚染水の海洋放流計画を糾弾し、撤回を求める決議文を採択した。

    市議会は決議文を通して「日本政府が放射能汚染水を浄化したと主張するが、放射性物質である三重水素を除去したという証拠はどこにもない」とし「放射能汚染水の放流は、保存容量の限界とコスト削減を意図したものとしか考えられない」と指摘した。

    続いて「日本政府は、日本人の放射能測定公表を禁止し、福島原発事故の情報公開を遮断し、国際社会の客観的な検証も難しくしている」とし「このような状況で123万トンの放射能汚染水を放流すると、韓国国民はもちろん、全人類が取り返しのつかない深刻な被害を受けることは明らかである。」と強調した。

    市議会は「日本は、国際社会と隣接国家 の同意がない汚染水の海洋放流推進計画を全面撤回せよ」とし「放射能汚染水と関連する全ての情報を公開し、処理案を国際社会と協議せよ」と求めた。

    さらに「韓国政府は、日本政府に公開抗議し、国際社会との協力を強化し、放射能汚染水海洋放流の推進に強力に対応せよ」と述べた。

    市議会はこの日採択した決議文を大統領秘書室長と国会議長、首相、外交部(日本の外務省に相当)・環境部(日本の環境省に相当)・海洋水産部長官、原子力安全委員長、在大韓民国日本大使館などに発送する計画である。


    2020/12/14 17:50配信 WOW!Korea
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/1214/10280673.html

    【【韓国清州市議会】決議文を採択「日本の放射能汚染水放流計画を糾弾」]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/12/07(月) 16:44:18.52 ID:CAP_USER
    089ACA63-455B-4B87-A148-28443D58F28F
     
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国の外交部当局者は7日、記者団に海洋放出が取り沙汰される東京電力福島第1原発の処理済み汚染水(日本政府の名称は「処理水」)について、「基本的に持っている日本の(汚染水に関する)情報は安全かどうかを判断するためには少なすぎる」として、情報を入手するため日本政府と協議していると明らかにした。

    同当局者は「日本政府や国際原子力機関(IAEA)、周辺国と接触しながら日本政府にはどのような方式で処理するか、計画がしっかり履行されるかに関する情報共有を要請している」と述べた。

    また、「(汚染水の処理方法が)決まれば(有害性などの)検証方式についていろいろな主体と議論する」と強調した。ただ、検証のための専門家グループの構成は基本的に日本が担うもようだ。

    汚染水の処理方法と時期は決まっていないが、現段階では海洋放出が有力とされる。日本政府は多核種除去設備(ALPS)で浄化した「処理水」を原発敷地内のタンクに保管しているが、2022年ごろには満杯になる見通しで、海に放出する方針を固めたとされる。

    ただ、満杯になる時期が降水量の減少などで23年ごろになるとの見方も出ている。海洋放出を巡っては日本国内でも賛否両論があるため、年内を想定していた処理方法の決定が多少遅れる可能性もある。

    一方、在韓日本大使館の関係者が韓国記者団を対象にした説明会で、「国際慣行上、すべての国が原発の過程で出る水は海洋放出している」と主張し、韓国南東部の慶尚北道・慶州にある月城原発も海洋放出していると反論したことについては、「無理な比較」と指摘。

    福島原発の汚染水は処理方法も決まっていないため、安全性を論じるのはまだ早いとし、「比較にならない」と述べた。


    2020.12.07 16:16 聯合ニュース
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20201207002800882


    【【逃げた韓国外交部】福島汚染水の情報不足 月城原発の海洋放出との比較は「無理」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/24(火) 12:01:16.72 ID:CAP_USER
    fukusimasyorisuitank
    【昌原聯合ニュース】日本政府が東京電力福島第1原発の処理済み汚染水(日本政府の名称は「処理水」)の海洋放出を進めているとされる中、海に面した韓国南東部の慶尚南道地域で放出をしないよう求める声が広がっている。

     慶尚南道の議会は24日、日本政府に汚染水の海洋放出をしないよう促す決議案の採択を議論していると明らかにした。25日の本会議に上程される。決議案を発議した宋淳鎬(ソン・スンホ)道議員は「韓国政府は断固とした実効性のある対策を講じ、国民の健康と水産業界を守らなければならない」と強調した。

     決議案は「浄化した汚染水だとしても放射性物質の基準値を満たす汚染水は全体の27%にすぎず、34%は基準値の1~5倍、ひいては100~1万9900倍に達する超高濃度の汚染水の割合も6%に上る」とし、「こうした汚染水が海に放出されれば、想像できないほどの危険が目の前に広がる」と指摘している。

     また、汚染水の放出が始まってから7か月後に南部・済州島の近海、18か月後には東海の大部分に影響を及ぼすとしたドイツのヘルムホルツ海洋研究センターのシミュレーション結果も紹介した。

     同道は2513キロの海岸線を持っており、汚染水の海洋放出の直接的な影響を受けると強調している。決議案が採択されれば、大統領や国会議長、首相、外交部長官らに発送する方針だ。

     一方、3日には複数の市民団体が道内の統営で汚染水の海洋放出に反対する集会を行い、海上デモを実施した。

     先月22日には11の団体が釜山の日本総領事館前で記者会見を開き、「汚染水の放出は海を汚染させ、隣接国であるわが国、特に釜山をはじめとする慶尚南道沿岸への被害が懸念される」として、放出計画を延期するよう求めた。釜山や蔚山などの自治体は今月12日に汚染水の海洋放出を阻止し、共同対応策を講じるための実務協議を行った。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0cf4b1e2c6a4136bec39a58e3334dc3f3315d5c0

    【【韓国は自分自身を見ろ】福島原発汚染水の海洋放出 韓国南東部で反対世論広がる「想像できないほどの危険が目の前に広がる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/11/21(土) 09:12:04.68 ID:CAP_USER
    環境運動連合などの市民団体が9日、ソウル日本大使館前で汚染水を放出してはならないというキャンペーンを行っている=ハンギョレ資料写真//ハンギョレ新聞社
    no title

    日本政府が近く福島原子力発電所の「汚染水」の海洋放出を決定する見通しだ。そうなれば、汚染水の実際の放出は、2年後の2022年夏ごろに行われることになる。

    駐韓日本大使館当局者は20日午前、外交部担当記団に、東京電力福島第1原発で発生した汚染水の海洋放出に対する日本政府の決定が「近いうちに出ると思う」と述べた。

    同当局者はさらに「放出が決定されたとしても、直ちに放出が行われるわけではなく、常識的に考えて(敷地周辺に設置された汚染水の保管タンクがいっぱいになる)2年後に行われるだろう」と述べた。

    これに先立ち、梶山弘志経済産業相は先月23日、汚染水海洋放出問題と関連し、当初予定されていた「(先月)27日には政府方針は決定しない」と述べ、決定時期をしばらく後に延期した。

    しかし「適切なタイミングで政府として責任を持って結論を出していきたい」と付け加え、決定自体を覆すものではないことを明確にした。

    日本政府はこれまで、汚染水の放出が不可欠な理由として、福島第一原発に対する「廃炉」(寿命を終えた原発の原子炉処分)作業を完了するためには、今ごろ決断を下さなければならないと述べてきた。

    すでに原発敷地周辺が汚染水貯蔵のための巨大な水タンクでいっぱいになり、これ以上事態を放置しておくと、廃炉作業そのものに支障を来すということだ。日本政府はタンクを増設しても2022年10月頃には保存容量が限界に達するとみている。

    日本政府は海洋放出対象である「汚染水」について、多核種除去設備(ALPS)を通じてトリチウム(三重水素)以外の大部分の放射能物質を除去したという意味で「処理水」という言葉を使っている。

    同当局者も「隣国の皆さんが大変心配していることは知っている。処理水内の大半の放射能物質は除去されている。ALPSで完全に除去されないトリチウム(三重水素)についても、科学的に定められた排出基準を満たすように希釈してから放出することになる」と付け加えた。

    しかし放出決定については「主権国家として、我々が行う」とし、決定自体については韓国政府と協議する意思がないことを明確にした。

    ただ、韓国政府が要請した場合、汚染水の放出が環境に及ぼす影響を追跡するモニタリングなどの韓日共同調査には応じる計画だと明らかにした。

    同当局者は共同調査などと関連し、「(韓日両国間で)方法が決まっていないため、(日本政府が)一方的に検討していると聞いている。韓国政府の立場があるため、(日本政府が)言うべき事項ではないが、環境モニタリングに対して私たちがどうすべきか、どの程度安全なのかなどモニタリング方法を慎重に検討している。韓国政府がどのような形で関与するかは、これを基に検討が行われるだろう」と述べた。


    2020-11-21 07:39 ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/38375.html

    【【韓国より濃度低いのだが】日本「福島原発の汚染水の海洋放出を近く決定」…韓国と協議しない方針を明らかに】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル