1: LingLing ★ 2021/06/01(火) 21:22:32.11 ID:CAP_USER
[刀剣の世界]史劇の中の剣の考証から製作まで (映像、※YouTube貼りません)

消えつつある我が民族の伝統剣を生かすために、中都日報が企画した我が国の伝統剣物語、今日はドラマと史劇で最も多く登場する史劇用の剣について話をお伝えします。

正統史劇やドラマでの必須アイテムカル(剣)、主人公の身分と威容の象徴としてなくてはならない小道具です。

最近、「キングダム」をはじめ、ケーブルドラマや映画で史劇が脚光を浴び、小道具である剣への需要も増えています。「ミスターサンシャイン」、「トッケビ」、「安市城」、「南漢山城」、「逆賊」など、いわゆる大ヒットした史劇で使われた剣が、すべて大田(テジョン)に位置する刀剣製作所(※)で作られたそうです。

※関連
【韓国企業】 高麗伝統技術、歴史の中に埋もれた刀…取り戻す。 キッチン用、日本の刀剣製作技術をベンチマーキング[05/20] [LingLing★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1621514148/
【韓国】 無一文から「韓国剣」の伝統継ぐ女傑に、息子は日本に研修にいかせ…高麗伝統技術代表ラ・ヨンヒ氏[05/15] [LingLing★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1621171402/

女性視聴者の心をつかんだドラマ「トッケビ」の主人公以上に注目された「トッケビ剣」を覚えていますか? CGと結合した夢幻的な姿に、たくさんの視聴者が剣が実在するかどうかで、多くの疑問を抱かせることがありました。剣に刻まれた「鬼面軒丸瓦」は、実際に歴史的に存在した鬼面文様を基に作られたといいます。見開いた目と引き攣れた口、そしてユーモア的な姿は高麗-朝鮮時代の装身具でよく使われたそうです。
no title

ドラマ『トッケビ』に登場したトッケビ文様「仮剣」(高麗刀剣)

ドラマ「六龍が飛ぶ」に登場したイバンジの剣もやはり刀剣マニアたちの注目を集めた小道具でした。日本刀スタイルをしていますが、純粋な国内技術で数年間の考証と諮問を経て作ったといいます。
no title

「六龍が飛ぶ」イバンジの剣(高麗刀剣)

ドラマ「ムサ ペク・ドンス」は、朝鮮正祖の時に武官として「武芸図譜通志」を詳述した武官ペク・ドンスをモデルに作られたものです。「ムサ ペク・ドンス」では、朝鮮の伝統剣「朝鮮環刀」をはじめ、多様な形の剣が登場しました。これらの剣もまた、小さな小道具一つまで徹底した考証を経て製作されたそうです。

つい最近幕を降ろしたtvnドラマ「ミスターサンシャイン」では日本浪人組の頭目だった「ク・ドンメの剣」が断然目立ちました。鞘に刻まれた絵図と波の模様から、典型的な日本のスタイルが感じられますね やはり我が国の現職刀剣の職人たちが原型に近く復元した剣だといいます。

no title

ミスターサンシャイン 小道具 ク・ドンメの花仮剣(高麗刀剣)

ここで一つ二つ気になることがありますよね? 果たして、ドラマや映画に出てくる剣はどのように作られて、また、どんな考証過程を経たのでしょうか。

史劇に納品される剣は、陸軍博物館をはじめ、戦争記念館、そして国立中央博物館が発行した文献を基礎に作られています。日本刀または中国の剣、日本匠人たちが発行した刀剣書籍と中国の伝統刀剣写真集から抜粋する場合、必要な時は国内の専門家の諮問を求めることもあります。剣のほかにも、槍や盾、その他刀剣類の武器は放送局や映画社のシナリオを土台に一種の「仮剣」を作って、刀剣製作所が考証によって文様と装飾を施して完成するそうです。需要に応じて3~6ヶ月ほど要して(考証および製作)、製作日程に合わせて生産量を高めるといいます。

刀剣諮問:高麗刀剣(刀剣研究家ムン・ヒワン師範)

中都日報(韓国語)
http://www.joongdo.co.kr/web/view.php?key=20210531001759219

【【韓国伝統剣】 史劇の中の「剣」、考証から製作まで】の続きを読む