かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:募集工

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/08/11(木) 23:05:19.82 ID:CAP_USER
    kyo_origin_1_1_thum800
    徴用工「迅速な売却確定判断を」 原告側が韓国最高裁に要請

    【光州共同】日韓の懸案である元徴用工訴訟を巡り、原告側の支援団体が11日、南西部・光州で記者会見を開き、韓国最高裁に対し日本企業の資産の売却命令を確定させる最終判断を迅速に出すよう求めた。韓国政府は日韓関係の悪化を懸念し、日本企業が損害を受けない形での解決を模索しており、同団体は「被害者の手足を縛る国家暴力だ」と猛反発した。

    尹錫悦政権は官民共同協議会を立ち上げ、解決に向け議論を進めている。韓国外務省は先月下旬、最高裁に意見書を提出した。支援団体は協議会が裁判の手続きに影響を及ぼす理由はなく、意見書提出は「高齢の被害者の声に背を向けた」と批判した。

    ヤフーニュース(共同通信)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/de98f3d929c63069dc4be00a7884e748ffa24272

    【【元募集工】「迅速な売却確定判断を」原告側が韓国最高裁に要請】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/08/05(金) 20:42:27.21 ID:CAP_USER
    日帝強制動員市民会「命の価値99円、悪意的な侮辱」

    強制徴用労働者像
    no title

    99円の厚生年金脱退手当受給者チョン・シンヨンさん [写真=聯合ニュース]
    no title


    日本が強制動員被害者に厚生年金脱退手当として99円を支給したことをめぐり、被害者支援団体が「悪意的な侮辱」として反発した。

    日帝強制動員市民会は4日午後、光州市(クァンジュシ)議会市民疎通室で記者会見し、「百回謝罪しても足りないところに日本政府は90代の被害者にガム1つの値段にもならない931ウォン(約99円)を支給した」とし「また見ることになった悲惨な現実に閉口する」と明らかにした。

    続いて「厚生年金脱退手当は77年前に強制動員被害者が韓国に帰還する時に支給されるべきだった」とし「しかし日本政府は厚生年金の存在さえ被害者に隠してきた。やむをえず手当を支給しながら77年前の額面価をそのまま支給した」と批判した。

    また「変化した貨幣価値を反映して支給する規定がないという日本の主張は弁解にすぎない」とし「中国の被害者に対する事例と比較すると、韓国に居住する被害者にだけ規定を適用していない」と指摘した。

    日本年金機構は先月6日、強制動員被害者チョン・シンヨンさん(92)に厚生年金脱退手当として99円を韓国ウォンに換算した931ウォンを入金した。

    これに先立ちチョンさんをはじめとする被害者11人は昨年3月、日本年金機構に厚生年金加入記録を調査してほしいと要請した。しかし日本年金機構は「記録がない」とし、自身の年金番号まで把握していたチョンさんに対してのみ厚生年金加入事実を認めた。

    日本政府は2009年にも厚生年金脱退手当を要求した梁錦徳(ヤン・クムドク)さんら強制動員被害者に対して「99円」を支給して国民的な公憤を買った。2014年にはキム・ジェリムさんら4人の被害者に199円を支給した。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/294010


    【【バ韓国】 日帝強制動員市民会「命の価値99円、悪意的な侮辱」…日本が支給した厚生年金脱退手当めぐり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2022/02/27(日) 10:45:37.34 ID:CAP_USER
    <JAPAN NOW>

    ┃韓日関係の新たな暗礁
    _______________________________________________________

    去る1月12日(現地時間)、ハワイのホノルルで行われた韓日外務長官(外務相)会談。チョン・ウィヨン(鄭義溶)外務長官と日本のハヤシ・ヨシマサ(林芳正)外務相が初めて行った会談で、双方は『佐渡鉱山』問題をめぐって認識の違いを明確にした。チョン長官は、「正しい歴史認識が未来志向的な韓日関係の発展のための根幹」と言いながら、日本政府が朝鮮人の強制労働現場である佐渡鉱山をユネスコ(UNESCO)世界文化遺産の候補に推薦したことに対し、強い遺憾を示した。これに対してハヤシ外務相は、「韓国側の主張を受け入れられない」とし、「佐渡鉱山の文化遺産の価値について韓国と議論したい」と対立した。

    1965年の韓日国交正常化以降、至上最悪と評価を受ける韓日関係に、『佐渡鉱山』という歴史問題が加わった。韓国が反対する事案を日本が推し進めたことで、今後の韓日関係の負担になるものと見られる。

    使徒鉱山は新潟県の佐渡島に位置している。江戸時代(1603~1867年)の金(きん)の生産地として有名で、明治時代(1868~1912年)には機械化の施設が導入されて近代鉱山に変貌した。太平洋戦争(1941~1945年)の期間には鉄や亜鉛など、戦争物資を確保する鉱山として活用されたのだが、この時期に朝鮮人が大挙強制動員された。福岡大学のヒロセ・テイヂョ(広瀬貞三)名誉教授が昨年10月に公開した資料では、「少なくとも2,000人程度の朝鮮人が動員された」と推定した。

    (写真)
    no title

    ▲ 佐渡鉱山を代表する相川金銀山で明治時代以降に建設された坑道。曲がりくねった狭い江戸時代の坑道とは異なり、比較的広くて滑らかに掘られている。佐渡鉱山には、2,000人以上と推定される朝鮮人が強制労働として動員されていた。(聯合ニュースより)

    ■ 佐渡鉱山に2,000人の朝鮮人が強制労働

    新潟県は2006年、政府に佐渡鉱山の世界文化遺産登録を推薦しており、昨年3月に5回目の推薦申込書を提出した。当初日本のメディアでは、政府が韓国などの反発を考慮して申請を保留するだろうという観測が出ていたのだが、1月末にこのような雰囲気が急変した。自民党内の保守派が『推薦強行』の声を高めて圧力をかけると、すぐさま日本政府が立場を変えたという分析である。安倍晋三元総理は去る1月27日、Facebookに「(推薦を)来年に持ち越せば登録の可能性が高くなるのか」と言いながら、「(韓国などに)“歴史戦争” を挑まれている以上、避けられない」と明らかにした。

    日本政府が佐渡鉱山を世界文化遺産の候補として、正式に推薦したのは去る2月1日である。今後はユネスコの諮問機関である国際記念物遺跡協議会が書類審査と現場審査などを経て、来年6~7月頃の世界文化遺産委員会で、登録有無の最終決定がされると予想される。

    日本は強制動員の歴史を明らかにしない方法で登録を試みるものと見られる。日本政府が推薦書の内容を具体的に明らかにしてはいないが、推薦の対象期間を19世紀中盤までにして、日帝強占期を除いたと分析されている。

    佐渡鉱山は、2015年に朝鮮人徴用現場である軍艦島を世界文化遺産に登録したことに関連し、物議を醸している。軍艦島が含まれた『明治の産業革命遺産』が世界遺産に登録される当時、日本政府は朝鮮人の徴用犠牲者を称える施設を設置すると約束したが守らなかった。世界文化遺産委員会は、昨年に採択した決定文で、「数多くの韓国人とその他の国民が、本人の意思に反して動員され、過酷な条件の下で強制的に労役した事実を理解できるように措置・・・」など、約束を履行するよう勧告した。

    (東京=キム・ギュシク特派員)

    毎日経済(韓国語)
    https://www.mk.co.kr/economy/view/2022/157378

    【【韓国の嘘だから】強制動員の歴史、そこまで隠したいのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2022/02/13(日) 09:05:10.62 ID:CAP_USER
    (動画=YouTube)
    https://youtu.be/S6nXcn2Z47Y

    _______________________________________________________

    <アンカー>
    80年前、日本の海底炭鉱で強制労働をしていた136人の朝鮮人が、水没事故で亡くなりました。

    現地では今日(12日)、これらの鎮魂をする行事が行われました。

    軍艦島と佐渡鉱山での歴史を消そうと試みる日本政府。だがしかし、このような朝鮮人強制労働の現場は日本の各所に存在しています。

    パク・ウォンギ特派員の報道です。
    .......................................................................................

    <レポート>

    海に向け、100本以上のろうそくが置かれました。

    市民たちは、切ない思いを込めて花を海に送ります。

    80年前、海底炭鉱で労役中に水没事故で亡くなった180人余りの魂を慰めるためです。

    このうち136人は、強制徴用などで送還された朝鮮人でした。

    <イノウエ(元朝鮮人の便紙(手紙)朗読=市民団体代表)>
    「海の下に坑道が通っていて、海の上を通る漁船のトントンという音も聞こえてくるほどの、とても危険な場所です」

    沖合には、海底炭鉱の排水・排気口として使用されたコンクリートの円柱2本だけが、この場所が悲劇の現場であることを黙々と伝えています。

    炭鉱の近くに行ってみました。

    朝鮮人労働者が収容されていた合宿所がありました。

    管理や保存の手がなくなって凶物になってから久しいです。

    <ソ・ヂョンギル(80歳=現地居住の僑胞)>
    「(以前、入った時)壁に “オモニ(母さん)に会いたい” 、 “お腹が空いた” と(朝鮮人労働者によって)ハングルで書かれていました」

    過酷な労働と疾病で多くの労働者が亡くなっていた当時、すぐその脇に火葬場があったというのが現地の証言です。

    <ソ・ヂョンギル>
    「火葬場?ここ、ここ、ここ」

    さらに回ってみると、底炭鉱から掘り出した石炭を運ぶ施設の跡、そして炭鉱の入口であると推定される場所もあります。

    それでも記憶を保存できたのは、現地市民の努力のあかげでした。

    日本全国の募金によって設けられた追悼広場には、事故から80年を迎えて遺骨の収拾と真相究明を求める100人以上が集まりました。

    歴史を消そうと試みる日本政府とは異なり、追悼費には『強制連行・韓国・朝鮮人』という文字が鮮明です。

    <シナガワ・ユリア(17歳)>
    「被害者の人たちを忘れないためにも、私はこの事件が深く、広く伝わってほしいと思っています」

    歴史において光と影を謙虚に受け入れるべきだということを、日本政府よりもこれらが先に示しています。

    山口県 宇部市からKBSニュース、パク・ウォンギでした。

    KBS(韓国語)
    https://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=5393650&

    【【募集工です】韓国KBS:136人の朝鮮人が水没した海底炭鉱・・・追悼碑には『強制連行』が鮮明に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2022/02/06(日) 11:10:36.70 ID:CAP_USER
    ┃日本が朝鮮人強制労働の鉱山を世界文化遺産に申請
    ┃『慰安婦広告』の恥辱から教訓を得られなかった右翼
    ┃強制徴用の歴史を隠しても日本の名誉は守られない
    ┃韓国は客観的真実公開の条件を掲げて合意すべき

    no title

    ▲ パク・サンヂュン(朴相俊)客員論説委員・早稲田大学国際学術院教授
    _______________________________________________________

    2007年6月14日、米国のワシントンポスト(WP)に『The Facts』という意見広告が掲載された。日本軍慰安婦に対する日本政府の責任を否定する内容で、『歴史事実委員会』という日本の右翼団体が出した広告だった。米国下院に上程されていた『慰安婦に対する謝罪要求決議案』を本会議で採択されるのを防ぐための試みだったが、決議案は最終的に満場一致で通過した。

    2010年、米国ニュージャージーのある公園に慰安婦の追悼碑が建てられた。2012年、日本は追悼碑を撤去する対価として100本の桜の寄贈を提案したが、公園管理者はその提案を断った。その後、歴史事実委員会はニュージャージーの某新聞に5年前とほぼ同じ内容の広告を掲載し、5年前と同様に非難と嘲弄の対象になった。広告に賛同する政治家のリストには、安倍晋三と高市早苗にが含まれていた。 アベは首相職を退いたが、今も変わらず自民党の最大派閥の首長である。タカイチは自民党の要職である政調会長を務めている。

    2月1日、日本政府は新潟県にある佐渡鉱山を世界文化遺産に登録するため、推薦書をユネスコに提出した。その鉱山は、朝鮮人労働者が強制労働として動員された歴史がある場所である。佐渡鉱山の文化遺産登録を推進するという話を聞いた韓国政府が強制労働の歴史を指摘して抗議をすると、すぐさま日本政府は推進を保留にすると発表した。だがしかし、アベとタカイチなどの右翼政治家が強く反発すると、岸田文雄内閣は当初の計画通りに推薦書を提出した。

    韓国のために文化遺産推進を保留するのは、日本の『名誉』を失墜させることだと主張するアベとタカイチを見て、彼らが慰安婦広告の失敗で何の教訓も得ていないのだと思い腹立たしくなった。すでに日本の名誉を失墜させた前科がある彼らが、また日本を国際社会の恥辱の種にしようとしている。日本の友人たちを思うと非常に不憫である。

    2015年の軍艦島の世界文化遺産登録の過程でも、今回のような論争があった。朝鮮人労働者の強制徴用の歴史が問題になると、すぐさま日本政府はその事実を展示内容に含むと約束したが、これを守らなかった。当時の首相はアベで、彼は強制徴用の歴史を隠すことが日本の名誉を守ることだ信じているようだ。だがしかし、昨年7月にユネスコ世界遺産委員会は、日本が軍艦島などで起きていた朝鮮人強制労働の歴史を十分に伝達していないという指摘が盛り込まれた決定文を、満場一致で採択した。 日本の名誉は守られなかったのだ。

    それにもかかわらず、今回は佐渡鉱山を世界文化遺産に登録しようとしている。韓国はどう対応すべきなのか? 登録自体に反対する必要はない。美しい歴史を持つ遺産だけがユネスコの選択を受けるのではない。アウシュヴィッツは1979年に文化遺産に登録された。実は美しいだけの歴史を持つ遺産があるのだろうか。そして王族の流配地だった佐渡島は鉱山だけでなく、独特な風物でも有名である。登録に反対するよりも、強制労働の歴史を訪問者に伝えることを条件にすべきだ。軍艦島が登録される際、ユネスコが要求した条件である。日本がその時の約束を守らないのも問題視すべきだ。強制徴用の悲劇が英語と日本語でどう記述されるべきなのか、具体的な内容に対する明らかな合意がなければならない。

    日本を冒涜したり、過去に対する鬱憤晴らし(腹いせ)をするためではない。人間の尊厳を破壊した不幸な歴史を知ってこそ、その不幸が繰り返されないからである。過去の過ちを繰り返さないという決心には、歴史の真実を直視する勇気が必要だ。軍艦島と佐渡鉱山に関連して、日本のメディアや野党からも右翼の対応を批判する声が出ている。私が日本を憎まない理由だ。

    日本の右翼は強制労働の歴史を否定したり、縮小しようとするだろう。すでに日本では、韓国が日本を中傷しているという話が出ている。したがって韓国政府は過去の被害を絶対に誇張してはならない。今も残っている当時の記録と、日本人研究者の研究物を徹底的、客観的に活用すべきだ。今回の件を反日や国内政治の道具に使うのは、国民を裏切ることである。昨日構成されたタスクフォースが本来の役割を十分に果たせたなら、佐渡鉱山の世界文化遺産推進は真実を伝える機会になるだろう。

    東亜日報(韓国語)
    https://www.donga.com/news/article/all/20220204/111583226/1

    【【嘘つき韓国】早稲田大教授、「佐渡鉱山論争、強制徴用の真実を知らせる機会になるだろう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/12/09(木) 10:26:21.76 ID:CAP_USER
    4D38383A-6BED-4991-A170-826DDC2DA519
     
    ヤン・グムドク(梁錦徳)さんが公開した名古屋での集合写真。前列の左から7番目がヤンさん

    韓国の市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)と共にする市民の会」が日本共産党の衆議院議員・本村伸子氏の支援を受け「日本年金機構」を動かした。元勤労挺身隊員チョン・シニョンさん(91歳)の11か月間の厚生年金加入を認めさせたのだ。

    市民団体としては一見、大きな成果を成し遂げたように見えるが、その解釈には色々な見方がある。

    そもそも、韓国側は「日本は半島から強制徴用を実施した。被害者は未だに賃金をもらっていない。日本が謝罪と賠償をすべき」と要求する。

    国家が非常時に国民に対して行う「徴用」はその歴史が長く、言葉の中に「強制」が含まれている。しかし、韓国では「強制」を強調するためなのか、「強制徴用」を好んで使う。最近は矛盾を緩和させるためか、「強制動員」の言葉もよく使われている。

    「強制動員」でも「強制徴用」でも良いが、「厚生年金」との矛盾は生じないのか。日本はヨーロッパから学び、1940年代から厚生年金制度を実施し、韓国の年金制度は日本から学んだものだ。「強制動員」されたとする労働者が「厚生年金」に加入していたことは、どうも違和感が残り、後味が悪い。

    太平洋戦争中の日本は1944年9月まで、半島に対する徴用をためらい、朝鮮半島出身者の「徴用」が可能になったのは10か月間あまりだった。しかも、米軍の攻撃で釜山と下関との船便が途絶えたこともあり、実際、1945年の終戦まで日本への徴用が可能だった期間は6か月間あまりしかない。

    91歳のチョンさんと一緒に名古屋の三菱工場で働いた94歳のヤン・グムドク(梁錦徳)さんは、勤労挺身隊員になった経緯を自伝「死ぬ前に聞きたい一言」に詳細に書いてある。

    韓国南西部の全羅道ナジュ(羅州)出身のヤンさんは、小学校6年生の時の1944年5月、日本人の校長から「中学校に進学させてあげる」という言葉にだまされたと回顧している。韓国メディアはあまり言わないが、当時はヤンさんの17歳の時だ。

    当時、「男尊女卑」の儒教的な慣習の上、貧しい家庭の娘は小学校の入学が遅れたり、途中休学をさせられたりしたので、17歳の小学6年生はあり得ることだ。少なくとも、その時のヤンさんは子どもではなかったとのこと。

    ヤンさんは勉強と運動が優秀で学級長となった。日本に行って中学校に進学したい、貧しい環境でも未来を自分の力で切り開きたい前向きな少女だったようだ。

    小学校で「日本行き」に手を挙げたが、家に帰ってそれを話したら父親は激怒した。ヤンさんは翌日「日本に行かない」と担任に話したが、「指名を受けてから行かないとなれば、両親が警察署に入れられる」と言われたという。

    ヤンさんはその言葉を聞いて怖くなり、「棚から父のハンコをこっそり取り出して担任教師に渡した」と回顧している。

    こうしてヤンさんは勤労挺身隊の隊員として日本に渡った。同じ地域で合計288人の女性が「連れて行かれた」と表現されているが、少なくとも17歳の場合でも、保護者の判子は必要だったようだ。

    ヤンさんは、三菱重工業の名古屋航空機製作所で働くようになった。名古屋城が背景になっている当時の「団体集合写真」を未だに持っている。強制動員された労働者に都合の悪い集合写真を渡した理由は分からない。


    2021/12/08 15:30配信 WOW!Korea
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/1208/10326301.html

    【【日韓】「強制徴用」と「厚生年金」の矛盾=韓国の元勤労挺身隊員ハルモニの「死ぬ前に聞きたい一言」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2021/12/02(木) 17:43:05.79 ID:CAP_USER
    no title


    [アンカー]日本戦犯企業・三菱が強制動員被害を賠償せよとの大法院判決が下されて3年が過ぎました。ところが賠償を受け取るには高齢の被害者が強制動員被害事実を自ら立証しなければならないのが現実です。

    ところで日本政府は重要な証拠である厚生年金資料をないと言ったり、規定まで変えて年金手当の受領を難しくしていました。東京チ・ジョンイク特派員が独占報道します。

    [レポート]太平洋戦争当時の強制動員被害者の訴訟を助ける名古屋訴訟支援会。今年3月、被害者11人の強制動員事実を確認するために日本年金機構に厚生年金加入記録の照会を申し込みました。しかし帰ってきたのは「記録はない」という返事だけ。

    支援会は生存被害者であるチョン・シニョン、ハルモニの当時の写真、創氏改名の名前、年金番号まで提示して再確認を要請しました。今回は日本の国会議員が代理申請者に出ました。すると「戦争中の記録は消えたが」厚生年金加入は認められる、という新しい返事がきました。

    五カ月ぶりに受けた回答票には強制動員現場である「名古屋三菱航空機製作所」と「加入期間」まで明示されています。

    [コイデ・ユタカ事務局長/名古屋訴訟支援会:「国会議員の圧力に屈したのではないと言われました。(それが全てだったのですか?)はい。」]

    70年以上過ぎても年金手当ては1945年当時、受けとる金額だけ認めるという日本政府の計算通りなら、チョン、ハルモニが受け取る年金手当ては1050ウォン程度の99円に過ぎません。その上、規定が変わったとして厚生年金手当てを被害者本人が直接申し込まなければならない、という返事が付いてきました。

    [コイデ・ユタカ事務局長/名古屋訴訟支援会:「(通常の日本行政手続きを考えればかなり時間がかかるでしょう?)そうです。本人が死亡することを期待しているのではないか、という気がします。」]

    被害者の追加訴訟を防ぐために資料を意図的に隠しているのではないかと市民団体は疑惑を提起します。

    [イ・クコン代表/勤労挺身隊ハルモニを助ける市民の会:「取っていく時は何も言わずにぶん取っていき、戻す時は申請人が証拠を突きつけて確認することが必要というのはもう一度、被害者を愚弄するものと思います。」]

    日本政府の偽りと隠蔽、そして韓国政府の無関心の中、強制動員被害者が賠償と謝罪を受けられる時間はますます減っています。

    東京からKBS ニュース、チ・ジョンイクでした。

    KBSニュース(韓国語)
    https://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=5339259


    【【矛盾に気付いてない韓国】「厚生年金」記録、無いと言っていたのに言葉を変えた日本…強制動員を隠蔽】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マカダミア ★ 2021/12/02(木) 15:48:28.76 ID:CAP_USER
    no title
    韓国与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補が1日、日本政府の強制徴用賠償判決履行を促した。

    李在明候補はこの日午後、自身のフェイスブックで「遅延された正義は正義でない」とし「日本政府は強制徴用賠償判決を速やかに履行すべき」と主張した。

    李候補は「3年前の11月29日、日本三菱重工業を相手に強制徴用被害者が提起した損害賠償請求訴訟で大法院(最高裁)は原告勝訴判決を出した」とし「5年以上続いた至難の裁判過程の苦痛も勝訴判決で終止符を打つことができたが、強制徴用被害者は訴訟の時期より厳しい時間を送っている」と伝えた。

    続いて「三菱側が大法院の判決にもかかわらず慰謝料を支払わずに持ちこたえ、資産差し押さえや売却命令が下されれば抗告する手法で時間を長引かせているため」とし「大法院の判決以降、日本政府が韓国政府に持続的に『経済報復』を示唆しながら裁判の結果を否定している」と指摘した。

    李候補は「大法院の判決を認める前提の上で、問題解決方法をまた見いださなければいけない」とし「(日本は)誠意のある謝罪で被害者の苦痛に答えるべきであり、賠償履行の現実的な案を迅速に探さなければいけない」と強調した。

    また「わが政府も積極的に解決に取り組むべきであり、外交葛藤を回避する間、高齢の被害者5人のうち2人が故人になった」とし「強制徴用被害者の待つ時間がさらに長くならないよう共に努力する」とコメントした。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/285348?servcode=200§code=200

    【【李在明】韓国与党大統領候補「日本政府は強制徴用賠償判決を速やかに履行すべき」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2021/11/29(月) 20:10:58.23 ID:CAP_USER
    no title

    ▲日帝強制徴用被害者ヤン・クムドク、ハルモニ(前列中央)が29日、光州広域市議会で直接、パネルを持って戦犯企業の謝罪と賠償を促している。

    「謝罪しなさい。」

    29日午前、光州(クァンジュ)広域市議会市民疎通室で日帝強制徴用被害者、梁錦徳(ヤン・クムドク、92)ハルモニが叱り飛ばした。

    この日、ヤンハルモニはまた他の被害者、故オ・キレ(当時14才)ハルモニの弟オ・チョルソク(85)氏、市民団体会員たちと共に戦犯企業と日本政府に謝罪を促す記者会見に参加した。

    ヤンハルモニは白紙に「謝罪しなさい ヤン・クムドク」だと書かれたパネルを直接作って最後まで戦うと明らかにした。ヤンハルモニは「幼い頃、日本の名古屋三菱工場で2年間、涙で歳月を送った。当時、夜ごと爆撃機が飛んでくれば防空壕に隠れて死の恐怖に震えた。今でもその時の後遺症に苦しめられて夜も眠れない」と話した。

    ヤンハルモニは「大法院の賠償判決後の3年は30年よりも長い歳月だった。私はすでに数え年で94才だ。いつ死ぬかも知れないのに謝罪の一言を聞くのがこんなに難しいのか」と指摘した。

    この日、席を用意した市民団体「勤労挺身隊ハルモニと共にする市民の会」と社団法人日帝強制動員市民会は記者会見文を通じて「2018年11月29日、私たちの大法院は三菱重工業に賠償命令を下したが、3年が過ぎても判決は履行されなかった。三菱が韓国司法府を愚弄する間、原告5人中キム・ジュンゴン、イ・ドンリョンのご年配の方が亡くなった」と明らかにした。

    韓国政府は個人の訴訟とし無視している。ヤンハルモニの戦いは個人の尊厳を取り戻すことでもあるが日本政府と三菱の良心の試験が試されることでもある」と強調した。

    イ・クコン勤労挺身隊市民会常任代表は「今まで韓国政府は被害者の話を聞いたりしたが、日本とどんな交渉をしたのかは公開していない。いつまで被害者個人が出て戦わなければならないのか、残念な状況」と話した。

    大法院は2018年11月29日、「三菱はヤンハルモニなど原告5人に1人当り1億~1億5千万ウォンの慰謝料を支給しなければならない」と判決した。しかし、三菱は1965年、韓日請求権協定で賠償問題は終わったとし大法院判決を無視している。

    原告は三菱が韓国で所有する商標権2件と特許権6件に対し差し押さえ命令を申請し、裁判所は受け入れたが三菱側が抗告して裁判が進行中だ。

    キム・ヨンヒ記者

    ハンギョレ新聞(韓国語)
    https://www.hani.co.kr/arti/area/honam/1021197.html

    【【募集工】韓国人「日本は94才の私が死ぬ事だけを望むのか。謝罪せよ」~強制徴用被害者ヤン・クムドクさんの怒号】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/05/31(月) 12:44:46.39 ID:CAP_USER
    ※ハンギョレ新聞の元記事(韓国語)
    日本強制労働訴訟で「戦犯企業の代理人」で出たキム&チャン・太平洋・広場
    https://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/997107.html

    ※キム&チャン法律事務所。<ハンギョレ>資料写真
    no title


    2021年5月28日、韓国・ハンギョレ新聞は、元徴用工とその遺族らが日本企業を相手取り起こした損害賠償請求訴訟で、韓国最大手の法律事務所が「戦犯企業の弁護人」として出廷したと伝えた。

    記事によると、ソウル中央地裁で同日、「日本植民地時代に労働を強いられた」と主張するソンさんら85人が日本製鉄(旧・新日鉄住金)や三菱重工業など日本企業16社を相手取って起こした損害賠償訴訟の弁論期日が開かれた。

    記事は「日本企業16社のうち15社の弁護人を、韓国トップ3(売上高基準)の法律事務所であるキム&チャン、太平洋、広場が担当し、注目を浴びた」と伝えている。

    キム&チャンは日本製鉄や三菱重工業など10社を、太平洋は山口合同ガス1社を、広場は住石ホールディングス(旧・住友石炭鉱業)など4社の弁護人を務めるという。

    記事は「キム&チャンは以前の徴用訴訟でも日本製鉄の弁護人を務めており、これまでも多数の『戦犯企業』関連裁判で日本企業の弁護人を務めている」と説明している。

    弁論期日では、裁判所が来月10日に判決を言い渡すとし、これに日本企業側が「追加の弁論期日を指定してほしい」と要求したが、受け入れられなかったという。

    日帝強制労役被害者正義具現全国連合会のチャン・ドクファン会長は「裁判が6年間続き、原告のうち10人余りがこの世を去った。これまで何の反応も示さなかった被告側が急に宣告を延期してほしいと言うのは正しくない」と述べたという。

    韓国最高裁は2018年10月、元徴用工のイ・チュンシクさんら4人が日本製鉄を相手取って起こした損害賠償請求訴訟の再上告審で、原告に1人当たり1億ウォン(約980万円)の支払いを命じる判決を言い渡していた。

    これを見た韓国のネット上では

    「3大事務所がそろいにもそろって何のまね?」
    「これは歴代級の裏切者」
    「金で魂も売ったの?」
    「お金さえもらえれば国も売る集団」
    「弁護士は殺人犯やサイコパスの弁護もするけど、今回はお金のため、あるいは本物の親日ではないだろうか」

    など当該法律事務所への厳しい声が相次いでおり、「これが韓国を代表する法律事務所だなんて…」とため息交じりのコメントも。

    あるユーザーからは「かつてナチス期のドイツで、裁判の際にユダヤ人が弁護した事例があるのか気になる」との声も寄せらた。

    2021年5月31日(月) 12時20分 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b877237-s25-c100-d0194.html

    【【徴用訴訟】”韓国最強”の弁護士軍団が元徴用工訴訟で日本企業の弁護人に?=韓国ネット猛批判 「歴代級の裏切者」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2020/11/23(月) 21:15:23.26 ID:CAP_USER
    no title


    三菱重工業が日帝強制占領期間強制労働被害者に対する賠償を拒否しているなか、日本市民が同社社長に認識を変えるよう促す手紙を送って注目される。

    徴用賠償を促す日本市民団体の宣伝活動であるいわゆる「金曜行動」参加者、川見一仁(69)氏は韓国大法院が三菱重工業に下した徴用判決2周年を控えて泉沢清次、三菱重工業社長に判決履行を促す書簡を去る19日、翌日特急郵便で発送した。

    川見氏は「貴社の古い社報で1945年8月当時、合計34万7974人が三菱全体に所属していると記録されていると聞いた。その35万人の中に279人と考えられる名古屋三菱・朝鮮女勤労挺身隊少女が含まれている」として黒歴史を直視するよう促した。

    彼は「彼女たち一人一人の人生を受け入れることは22世紀に向かって企業の現在と未来を切り開いていく若い社員に対する信義であり責任でもある」として徴用賠償が三菱重工業の未来のためにも助けになると説得した。

    特に韓国に対する嫌悪感情を助長する勢力などの非難を恐れる必要はないと強調した。

    これと関連して川見氏は「通りには嫌韓の風が吹き荒れているというが、2018年11月29日、韓国大法院判決に基づいて会社の歴史に刻まれた強制労働の責任に応じて賠償を試みることは遵法経営の実践そのもの」として「経営者として後ろ指を差されることではないだろう」と書いた。

    また「朝鮮の少女に対する人権蹂躪の責任は75年間も放置され、自社内部の歴史問題を解決できなかったために日本と韓国の良い隣国関係まで大きく阻害されている」として「責任を無視することがアジア地域との歴史を配慮する行動か」と疑問を提した。

    彼は「1944年末、名古屋空襲の中、命をかけて働いた先輩女性社員から『会えてよかった』という言葉を聞く最初の社長になれるよう、泉沢社長が下すことになる優れた判断に注目している」と決断を促した。

    金曜行動に参加してきた日本市民は新種コロナウイルス感染症(コロナ19)拡散の影響で通りの宣伝活動が円滑にできなくなると、すぐに毎週金曜日ごとに徴用判決履行を促す手紙を三菱重工業に送っている。

    韓国大法院は故パク・チャンファン氏など強制労働被害者が提起した損害賠償請求訴訟で三菱重工業は被害者に1人当り8000万~1億5000万ウォンを支給せよと2018年11月29日に判決した。判決確定からほぼ2年がすぎたが、三菱重工業は被害者にまだ慰謝料を支給しておらず、韓国内資産強制売却のための手続きが進行中だ。

    チェ・ミンウ記者

    国民日報(韓国語)
    http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0015243444&code=61131111

    【【無知なパヨク】「徴用賠償、非難受けることではない」~日本市民が三菱社長に送った手紙】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/11/23(月) 09:25:45.75 ID:CAP_USER
     
    no title

    ▲ 21日に死去した姜景南さん(徐ギョン徳教授提供)
    _______________________________________________________

    在日同胞で『強制徴用の生き証人』として日本のウトロ地区を守ってきたカン・ギョンナム(姜景南)さんが95歳で死去したと23日、NGOである地球村同胞連帯が伝えた。

    この団体によれば、カンさんは21日の午後に亡くなり、23日に読経をする『経夜(通夜)』、24日に出棺をする『告別式』を行う。新型コロナウイルス(コロナ19)感染症のため、家族葬で行われる。

    慶南(キョンナム)泗川(サチョン)生まれの故人は8歳の時、家族と一緒に日本に強制徴用された。 18歳で結婚し、解放を1年後に控えた1944年に京都の宇治市にあるウトロ地区に移住した。この地区の1世代の中で最近まで唯一の生存者として残り、歴史の生き証人と呼ばれていた。

    ここは日帝強占期に、朝鮮人1,300人余りが軍の飛行場を建設しながらできた地区である。解放後に故国に帰れなかった同胞は、力仕事をして生計を立てた。

    上下水道の設備がなく、雨が降ると浸水する非常に劣った村だったが、同胞は国語(韓国語)と文化を守るために努めた。 日本政府はこの村の同胞を迫害し、1987年には密かに売却を推進して、同胞が強制退去の危機に置かれたりした。

    韓国人と在日同胞などが寄付を集めてウトロ地区に伝達し、この寄付で土地を購入して150人余りの住民が移住した。

    故人は2015年にMBCのバラエティー番組『無限挑戦』に出演し、視聴者に在日同胞差別の痛みを伝えた。当時、一緒に出演した誠信(ソンシン)女子大学校の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は(SNS)で死去の消息を伝え、「どうか天国から故郷に必ず帰ってきてほしい」と追悼した。

    聯合ニュース(韓国語)
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20201123020900371?

    【【嘘つきで不法占拠の韓国人】ウトロ強制徴用の生き証人、カン・ギョンナム(姜景南)さん死去】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/11/11(水) 10:21:54.29 ID:CAP_USER

    強制動員被害者賠償判決を履行していない三菱重工業が、韓国裁判所が現金化に関する公示送達手続きを進めたことについて、「(裁判所に)意見書を提出する予定」だと発表した。2018年11月、韓国最高裁(大法院)の確定判決から2年後に初めて公式対応を示したのだ。

    NHKの10日の報道によると、三菱重工業は「日韓両国間およびその国民の間の請求権に関する問題は、日韓請求権協定により『完全かつ最終的に解決』され、いかなる主張もできなくなったと理解している」とし、「政府間のやりとりの現状なども踏まえ、審問書に対して意見書を提出する予定」だとコメントした。

    強制動員被害者と遺族5人は2012年10月に三菱重工業に対して損害賠償訴訟を起こし、2018年11月、韓国最高裁で勝訴判決を受けた。三菱重工業が判決を履行しなかったため、被害者と遺族は大田(テジョン)地裁に韓国国内にある同社資産の差し押さえ手続きを申し立てた。

    これを受け、大田地裁は差し押さえ事件の処理のため、三菱重工業に対する審問書を公示送達し、2カ月後の10日0時からその効力が発生した。公示送達とは、訴訟相手が裁判の進行に必要な書類の受け取りに応じない場合、裁判所の掲示板や官報などに掲載した後、その内容が伝えられたものとみなす制度だ。

    ただし、意見書を提出したからといって、公示送達の効力発生が中止されるわけではなく、三菱重工業が意見書を提出した背景や訴訟に及ぼす影響などは、現在のところ把握できない。

    これに先立ち、今年8月、最高裁の賠償判決を履行しない別の加害企業である日本製鉄(旧新日鉄住金)は、韓国裁判所の資産差し押さえ命令を不服として即時抗告を行った。


    2020-11-11 08:26 ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/international/38280.html

    【【韓国は条約を守らない】三菱「被害者問題、1965年に『完全かつ最終的に解決』」  最高裁判決に2年ぶりの「意見書提出」で対応 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/10/29(木) 12:38:05.14 ID:CAP_USER

    sagisi
    【東京聯合ニュース】

    韓国大法院(最高裁)が新日鉄住金(現日本製鉄)に強制徴用被害者への賠償を命じる判決を出してから30日で丸2年となる。

    同社は依然として判決に従う意向を示していないことが29日までの取材で分かった。徴用関連訴訟で大法院から賠償を命じられた三菱重工業も同様だ。

    賠償責任を果たす意向があるかとの聯合ニュースの問いに対し、日本製鉄は「いわゆる徴用工問題」は国家間の正式合意である1965年の韓日請求権協定によって完全かつ最終的に解決されたと理解していると述べた上で、両国政府の外交交渉の進み具合などを考慮して適切に対応すると答えた。

    徴用で苦しんだ被害者に謝罪などの道義的な責任を果たす考えがあるかとの質問にも、同じ趣旨の返答を繰り返した。

    三菱重工業は来月、強制徴用被害者や元朝鮮女子勤労挺身隊員らへの賠償を命じた韓国大法院の判決から2年を迎える。同社も、請求権協定により問題は最終的に解決されており、日本政府と協力しながら適切に対応する姿勢に変わりないとした。

    一方、徴用問題の解決を促してきた日本の市民団体「名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会」で共同代表を務める高橋信氏は、引き続き声を上げていく考えを示した。加害国と加害企業の現在の態度は不当で、見過ごすことができないと主張した。

    日本企業が判決に従おうとしないのは、日本政府の態度が影響を与えているとの見方も示した。

    日本製鉄の韓国国内の差し押さえ資産が現金化されないという保証がない限り、菅義偉首相は韓中日首脳会談に出席しないと報じられたことと菅氏が「(現金化は)日韓関係に極めて深刻な状況を招くので絶対に避けなければならない」と発言していることに言及し、判決履行への妨害だと指摘。

    日本政府は韓国大法院の判決を尊重し、企業が判決に従うことを妨害してはならないとしながら、韓国政府との協議で解決を目指すよう求めた。

    日本の市民団体でつくる「強制動員問題解決と過去清算のための共同行動」などで活動している矢野秀喜氏は、現在の日本政府の状況、社会の雰囲気などをみると、企業が個別に協議に乗り出すのは難しいとの認識を示した。日本製鉄が動かないのは日本政府が圧力をかけているからだという。

    徴用判決問題は韓日関係を冷え込ませている。矢野氏は、こうした副作用について経団連をはじめとする日本の経済界が声を上げる必要があると提言した。

    名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会などの日本の市民団体は今月30日、三菱重工業と日本製鉄の各本社前で判決に従うよう促すとともに要求書の伝達を試みる計画だ。

    同会は2007年から毎週金曜日に三菱重工業本社前で被害者への謝罪と賠償を求める集会「金曜行動」を行ってきたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて制約を余儀なくされている。代わりに三菱重工業宛てに、判決に従うよう促す手紙を金曜日ごとに送っている。


    2020.10.29 12:27 聯合ニュース
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20201029001600882

    【【韓国報道】韓国最高裁の徴用賠償判決から2年 日本製鉄「請求権協定で解決済み」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2020/10/20(火) 20:35:27.52 ID:CAP_USER
    no title

    ▲菅義偉首相の側近である河村建夫・日韓議員連盟幹事長(左)が今月18日午後、イ・ナギョン共に民主党代表と非公開会談に臨むため、韓日議員連盟会長のキム・ジンピョ議員の案内で国会本庁の党代表室に向かっている/聯合ニュース

     初めて日帝強制動員被害者たちに会ったのは、2004年末だったと記憶している。その後、2005年1月2日付の記事で中国南端の海南島に連れて行かれ、「犬のように働かされて帰ってきた」と涙声で語ったコ・ボクナムさん(当時88)の証言を取り上げた。すでに、70~80代の高齢者の記憶は危うく、時折飛び出す日本語も聞きなれず、20代後半の韓国の若者が理解できる内容は恥ずかしくも証言の30%程度だった。

     歳月が流れ、私たち世代が被害当事者から直接話を聞ける“最後の世代”ということにやっと気づいた。自分が日本軍「慰安婦」として大きな苦痛を味わったと申し出たハルモ二(おばあさん)は約240人だったが、ほとんどが亡くなり、10人あまりだけが残っている。韓日対立の主な懸案となっている強制動員の裁判でも、イ・チュンシクさん(96)さんとヤン・クムドクさん(90)さんが残っているだけだ。歴史の真実を追求することに時効はないものだが、被害者が生きている時に問題を解決することの重要性は、いくら強調しても足りない。

     2018年10月の韓国最高裁判所(大法院)の判決と翌年7月の日本の輸出報復措置で、韓日関係は険悪になった。日本の菅義偉首相は先月24日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談で「両国関係をそのまま放置してはならない」と述べ、韓国政府が先に(日本側が受け入れられる)対応を取ることを求めた。日本外務省関係者は数日後、メディアのインタビューでその具体的内容を「現金化しない」という韓国政府の確約と定義した。

     日韓議員連盟の河村建夫幹事長が18日、共に民主党のイ・ナギョン代表らと会い、「知恵を出し合う」ことで意見の一致を見たが、日本の雰囲気は依然として険悪だ。一部の自民党関係者が「駐日大使館とサムスン支社を差し押さえよう」という突拍子もない発言をしたという報道もある。請求権問題を「完全かつ最終的に」解決することにした1965年の韓日請求権協定を破ったのは韓国だから、「私たちが受け入れられる案を提示せよ」という論理だ。しかし、外交がある程度国内政治に足を引っ張られているのは、韓日両国が同じである。文大統領が数回にわたってできないという立場を明らかにした“政府の介入”を、日本政府が重ねて要求するなら、結局問題解決を放棄することに他ならない。

     そこで提案したい。問題解決のための“入口”として日本企業が原告らに心から謝罪してはどうだろう。日本製鉄裁判を代理しているイム・ジェソン弁護士は8月初め、ハンギョレへの寄稿で、日本企業に「まず謝罪してほしい」と要請した。「100歳間近の老人に、あなたの若き日の苦しみを忘れていないと本気で言ってください。“謝罪”だけで判決の履行が完了したとは言えません。しかし、“謝罪”という行為以降、私たちは確かに違う関係を始めることができるでしょう」。いま韓国で現金化手続きを少しでも止める決断を下せるのは他でもなく「原告」だけだ。

     日本が心から韓日関係の将来を心配するなら、まず高齢の原告たちに人間としての道理を守らなければならない。そうしてから初めて外交のための空間が生まれる。請求権協定をいくら調べてみても、日本企業の謝罪の責任まで「完全かつ最終的に」解決したというくだりは見当たらない。

    キル・ユンヒョン記者

    http://www.hani.co.kr/arti/politics/diplomacy/966336.html
    韓国語原文入力:2020-10-19 16:37訳H.J
    ハンギョレ新聞 
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/38064.html

    【【バ韓国】 強制動員企業の「謝罪」が韓日関係の行き詰まりを解消する「入口」~人間としての道理守るべき】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル