かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:北朝鮮

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Felis silvestris catus ★ 2019/07/18(木) 18:04:48.77 ID:Un50qMn29
    https://anonymous-post.mobi/archives/11338
    生コンクリート会社の破産申請をめぐるトラブルの解決金と称して、現金6千万円を脅し取ったとして、京都府警は17日、恐喝容疑で生コン業界の労働者でつくる「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(関生支部)のトップにあたる執行委員長、武建一被告(77)と副執行委員長、湯川裕司被告(46)=いずれも恐喝未遂罪などで公判中=を再逮捕した。
    府警は両容疑者の認否を明らかにしていない。

    再逮捕容疑は平成28年10月ごろ、京都市南区の飲食店で、京都生コンクリート協同組合の男性理事(69)に因縁をつけ、翌11月ごろに現金6千万円を脅し取ったとしている。

    府警によると、組合加盟の生コン会社の破産申請で、競売にかけられた同社の土地などをめぐり、「(競合する)他の組合に落札されなかったのは、われわれのおかげ」などと因縁をつけ、現金を要求したという。


    https://www.sankei.com/west/news/190717/wst1907170034-n1.html
    no title


    (略)

    【【北朝鮮テロ組織】関西生コントップの男ら2人を恐喝容疑で再逮捕 ネット「何で辻本は無傷なんだ?」「ちゃんとテレビは報道しろよ! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/07/18(木) 10:53:44.19 ID:CAP_USER
    no title
     
    【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関・国家情報院(国情院)が、北朝鮮南東部の景勝地・金剛山の観光再開について「国連安全保障理事会の対北制裁決議の『バルクキャッシュ(大量の現金)』問題と関連付けられる可能性がある」として慎重な姿勢を示したことが17日、分かった。

    国情院は、前日に国会で開かれた情報委員会の全体会議で「金剛山観光は個人旅行なので対北制裁違反に当たらないのではないか」と問われ、このように答えた。同委員会の委員らが、聯合ニュースの取材に明らかにした。

     国情院は「金剛山は個人が観光するが、集められた対価は現金化され、北に流れ込む」と指摘した。

     また「(北朝鮮の)寧辺の(核施設)廃棄は非核化の入り口」とする文在寅(ムン・ジェイン)大統領の先月末の発言を巡り、一部で金剛山観光再開の可能性が提起されていることについては「大統領の発言を金剛山観光再開と結び付けて解釈されては困る」と指摘。「大統領の発言と金剛山観光は別の問題だ」とし、「寧辺の廃棄が象徴的で重要な段階であることは正しいが、文大統領の発言はそのまま受け取らなければならない」と述べた。

     文大統領は当時、「寧辺の核施設が完全な廃棄になれば、それは後戻りできない北の実質的な非核化の入り口になる」とし、そうなれば国際社会は制裁緩和を議論できると話していた。

     国情院は、米朝首脳が南北軍事境界線がある板門店で会合を開いたことに関連し「朝米(米朝)両国が完全な非核化の原則を再確認し、相応の措置については相互が原則的な立場を示した」としながら、「今後、協議を通じて意見のすり合わせを図る」と説明した。

     特に、米トランプ政権内で核の凍結を骨子とする新たな非核化交渉のシナリオが検討されているとする米紙ニューヨーク・タイムズの報道に関しては、「われわれの最終的な目標は核兵器の廃棄であることは明確だ」とし、「核兵器の凍結で終わることは絶対に受け入れられない」と強調した。

     このほか、南北首脳会談の開催については具体的な言及を避けたと伝えられた。

    聯合ニュース 2019.07.17 17:24
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190717002600882?section=nk/index


    【【韓国情報機関】金剛山観光再開に慎重姿勢 現金流入で対北制裁抵触の可能性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/07/18(木) 12:42:31.97 ID:CAP_USER
    kr250
     
    韓国統一部は18日、北朝鮮に韓国産のコメを支援するため、世界食糧計画(WFP)と業務協約を締結し、関連の手続きを踏んでいると伝えた。

     統一部の当局者は同日午前、政府ソウル庁舎で記者らと会い「去る11日、WFPと業務協約を締結した」と伝えた。

     同当局者は航路などコメの運搬に関しては「効果的手段や方法、経路などについて、WFPが推進していくことにした」とし「WFPは伝達、運送部分について責任を持つ。経路上では韓国から北朝鮮へ行くのが効率的ではないだろうか。これを考慮する」と述べた。

     同当局者は、どの港が最も有力なのかについては「運送規模や運送物品など北朝鮮の港事情と韓国の港事情など総合的に判断して決定する」と述べた。

    WOW!Korea 2019/07/18 11:51配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/238251/


    【【韓国統一部】「北朝鮮コメ支援のためWFPと業務協約締結」「運送規模や運送物品など両国の港事情など総合的に判断して決定する」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2019/07/18(木) 11:53:49.49 ID:CAP_USER
    CA0F5E74-7541-4300-B4C7-195A35660AA7
     
    日本が4日から韓国に対して行っているフッ化水素など半導体材料3品目に対する輸出規制の厳格化について、韓国では反発の声が強まっている。輸出規制の変更の対象はあくまでも韓国が対象だが、なぜか北朝鮮までが日本を批判しているという。

    中国メディアの上観新聞はこのほど、日本の韓国に対する規制について、「日本への怒りという点で、朝鮮半島は統一した」と伝える記事を掲載した。

    記事は、緊張が続く日韓関係について、北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会の機関紙である「労働新聞」が「輸出規制措置が示す凶悪なたくらみ」という見出しで日本の措置に対する批判を展開し、日本の規制に対して「許されざる政治的挑発」と批判したことを紹介した。

    続けて、同紙は今回の日本の行動について「韓国に対する経済的な圧力を強め、過去の行為に対する謝罪および賠償責任を回避すると同時に、暗に韓国の政治を握ろうとするよこしまな思惑がある」と主張し、「安倍政権は貿易戦争で用いられる手段をもって、韓国を標的としている」と主張したことを伝えた。

    さらに、同紙が「日本の対応は明らかに朝鮮民族に対する政治的挑発」であると反発したことを紹介しつつ、韓国の一部メディアも日本について「朝鮮民族の1000年にわたる宿敵」と報じたことを紹介。

    北朝鮮と韓国の報道や批判の内容が奇しくも一致したことについて、記事は「今回の日本の規制強化に対し、朝鮮半島は統一して批判を展開している」と伝えた。


    2019-07-18 11:12
    サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1680806?page=1

    【【北朝鮮自白も同然w】日本による韓国への輸出規制に、なぜか北も反発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガラケー記者 ★ 2019/07/17(水) 15:04:08.71 ID:CAP_USER
    kp250
     
    2019年7月14日、日本政府は韓国の輸出管理体制の脆弱(ぜいじゃく)さなどを理由に対韓国輸出規制の強化に踏み切ったが、韓国・聯合ニュースTVによると、北朝鮮が核兵器の完成に向け拍車をかけていた時期、北朝鮮の弾道ミサイル製造に日本製品が使われていたことが明らかになった。

    記事によると、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁委員会の専門家パネルで、2015年2月に北朝鮮が公開した対艦ミサイル実験でミサイルを積載した軍艦レーダーが日本企業の製品であることが確認された。北朝鮮は民間船舶用の日本の部品を購入し、軍事用として使ったという。

    この他にも、国連安保理に提出された専門家パネル報告書などから、多数の対北朝鮮制裁対象製品が日本から北朝鮮に輸出されたことも分かっており、17年5月に中長距離弾道ミサイル「火星‐12」を発射台に移すのに使用された起重機や、13年2014年に三陟(サムチョク)、坡州(パジュ)、ペンニョン島などに落ちた北朝鮮無人機の部品の多くも日本製品だったという。
    さらに、記事は「軍事部品だけではない」とし、北朝鮮首脳部と高位層の嗜好(しこう)品であるたばこや化粧品、高級自動車、ピアノなどのさまざまなぜいたく品も「日本から北朝鮮に輸出されていた」と伝えている。

    これを受け、韓国の大統領府NSC(国家安全保障会議)の金有根(キム・ユグン)事務処長は「日本の(対北朝鮮制裁)違反事例に対する徹底的な調査も実施されるべき」と話している。最後に記事は「安倍政権は北朝鮮による挑発を糾弾していたにもかかわらず、裏では核制裁の履行が疎かだった」と指摘している。

    一方、専門家パネル報告書では、韓国が北朝鮮制裁対象の品目を北朝鮮に輸出したケースはほとんど見られなかったという。

    これを受け、韓国のネット上では「裏では戦争を起こそうと、(南北を)仲違いさせようとしてたってこと?」「ここまできたら米国も日本製ボイコットをすべきじゃない?」「国連はまず日本から制裁すべきだと思う」「日本は完全に死角地帯だった」など日本に対する非難コメントが殺到している。
    一方、韓国については「韓国には提供できる技術がないから…」「どんなに怒りがこみ上げてきても、頭は冷静に。今回を機に日本に頼らなくてもよい製品を作らなければならない。半導体強国だと信じてきたのに、日本の材料がなければ作れなかったなんて恥ずかしい」と嘆くコメントが寄せられている。

    Record china
    2019年7月17日(水) 14時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b730104-s0-c10-d0127.html

    【【在日の密輸】北朝鮮の核ミサイル関連品の多くは日本製=韓国ネットも驚き】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/07/17(水) 11:05:17.40 ID:CAP_USER
    kp250
     
    北朝鮮国営の朝鮮中央通信は16日、「日本は過去清算の運命から絶対に逃れられない」とする論評を配信した。

    論評は、1937年の盧溝橋事件から7日で82年となったのに合わせて埼玉県で開かれた市民団体の集会に言及。 「参加者は、日帝の過去犯罪を弾劾しながら、現政府が侵略史を正しく認識し、それについて誠実に反省することを求めた」としながら、 「歳月がいくら流れても軍国主義の日本の侵略蛮行に対する人々の呪いと憎悪の念は絶対に消すことができない」と強調した。

    論評はさらに、「20万人の朝鮮女性と840万人余りの朝鮮青壮年を拉致し、強制的に連行して死の戦場と苦役場に性奴隷と弾除け、ものを言う労働道具に駆り出し、100余万人の無この朝鮮人を無残に虐殺した日本の犯罪はこんにちも、わが民族のこみ上げる憤怒をかき立てている」などと主張した。  

    Daily NK
    https://dailynk.jp/archives/125162

    【【嘘つき北朝鮮】「日本は20万人の朝鮮女性と840万人余りの朝鮮青壮年を拉致し、強制的に連行した。過去清算から絶対に逃れられない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2019/07/17(水) 00:23:10.68 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    ▲トランプ大統領と文大統領夫妻。大統領夫人キム・ジョンスク女史は胸に「青い蝶のブローチ」をしている。
    no title

    ▲サード反対闘争を扱った映画「青い蝶効果」

    去る6月30日、板門店(パンムンジョム)「自由の家」でトランプ米国大統領と北朝鮮独裁者キム・ジョンウンの間にハプニング性の対坐が成り立った時、ムン・ジェイン大統領は「自由の家」現場にいたにもかかわらず、その対座に割り込めなかった。ムン大統領は他の部屋で待機する侮辱を受けたが、なぜこのような不祥事が起きたのかをめぐり、特にすっきりした説明がなかった。

    ところが米国からこうしたハプニングが発生した経緯について、あまり愉快でない説明が伝わっている。すでに知られた通り、この日の板門店「対座」はその一日前の6月29日午後、日本大阪で開かれたG20首脳会談最終日、韓国訪問直前にトランプ大統領が「北朝鮮のキム・ジョンウン委員長が願うなら板門店で彼に会うこともできる」というツイッターを飛ばしたのに対し、キム・ジョンウンがこれを受け入れて日曜日の次の日(30日)午後、自身が板門店にくるという意志を米側に伝達したことによって突発的に成り立った。
    (中略:経緯)

    これに関して米国から聞こえてくる経緯説明が聞く人を困惑させている。その説明によれば、この日、板門店「対座」を準備する事前協議過程で北朝鮮側はムン大統領の「同席」に反対意思を明らかにしたという。ところがトランプ大統領側ではムン大統領が「蛭(ヒル)」のようにひっつく状況でムン大統領を「同席」させるか、でなければ「仲間はずれ」にするか、かなり悩んだという。

    トランプは「ムン大統領を同席させればキム・ジョンウンが席を蹴って出て行くのではないか。そうなったら、同席させても意味はない」とさえ言ったという。ところが最後の瞬間にどういうわけか、トランプ自身がムン大統領の同席のないキム・ジョンウンとの「単独対座」に心を変えたという。この変心した「理由」に対する説明が奇想天外だ。

    トランプの変心の原因が文大統領夫人キム・ジョンスク女史がトランプ大統領訪韓中ずっと着用した「青い蝶の形のブローチ」と関係があるというのだ。このブローチは韓国内の「サード」(THAAD)配置反対運動に参加する左派運動グループが着用するブローチと同じ形であることが、トランプ大統領と随行員らの間で話題になり、このためムン大統領をキム・ジョンウンとの「対座」に同席させるかの最終的な瞬間にトランプの心境に変化したという。
    (中略)

    これと関連してミン・ギョンウク自由韓国党スポークスマンは1日、フェイスブックを通じて「青い蝶は北核に対抗するサードに反対するという象徴」と釘をさして「サードより北核を望むという意味か?米国と中国が冷戦真っ最中なのにサードを配置しようとする米国より、サードに反対し、韓国企業と我が国に様々な苦難を与えた中国方ということか?大統領もそのような立場か?」と大統領府に説明を求める文を載せた。大統領府はキム・ジョンスク女史が着用したブローチの写真を公開し、サード反対ブローチとは何の関係もないと積極的に説明している。

    自由日報(韓国語)
    http://www.jayoo.co.kr/news/articleView.html?idxno=7863

    【【韓国】 米朝首脳会談で文大統領が「仲間はずれ」にされた理由~トランプ大統領は青い蝶のブローチに気づいた 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/07/16(火) 18:48:17.08 ID:CAP_USER
    韓国情報機関の国家情報院(国情院)は16日、国会情報委員会の全体会議で、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議に違反して北朝鮮産石炭の密輸に関わったとして韓国で摘発された貨物船が日本の港に出入りしていると明らかにした。

    同委員会の与野党幹事が会見で伝えた。

    国情院は「わが政府によって韓国への入港禁止措置が取られた船舶のうち、一部は最近も日本に入港している」とし、 「われわれが決議違反を伝達したにもかかわらず、日本は適切な措置を取らず、国内法の不備を理由に港への出入りを許容している」と説明。

    「手ぬるく、消極的な対応」だと指摘した。

    聯合ニュース
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190716003300882

    国会情報委員会の全体会議に出席した徐薫(ソ・フン)国家情報院長(右から2人目)=16日、ソウル
    no title

    【【韓国国家情報院】 日本政府 北朝鮮産石炭の密輸船入港に 「日本は適切な措置を取らず、出入りを許容している。手ぬるく消極的な対応」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2019/07/16(火) 05:19:53.62 ID:YDTIEZVZ9
    kp250

    <北朝鮮内部>平壌で電気自転車のバッテリー爆発 3人死亡か 当局が全国に緊急指示
    7/16(火) 5:10配信

    平壌で電動自転車のバッテリーが充電中に爆発し、一家3人全員が死亡する事故が発生、7月5日に労働党が緊急で全国に注意を喚起する指示を出したと、咸鏡北道会寧(フェリョン)市の取材協力者が伝えてきた。

    中央党の指示文を見たこの協力者によると、バッテリーは中国産で、家の中で充電途中に煙が出て爆発、家族3人全員が死亡したという。

    最近、平壌をはじめ地方都市の富裕層の間で中国製の電気自転車が人気だ。オートバイのように面倒な登録手続きが要らないため利用者が増えているという。

    電気自転車に使われているのは90%以上が高出力の中国産バッテリーで、残りは国産の再生製品や、大同江バッテリーだが、それもアルカリ溶液は中国産を使用している。協力者によると、国産のバッテリーもよく破裂して外側が破損することがあるうえ、性能が悪いという。

    北朝鮮はバスなどの公共交通機関が未発達なうえ、経済難で運営が麻痺している都市が多い。そのため1990年代から日本から輸入された中古自転車が大人気を博した。近年は、市場活動で蓄財に成功した人たちが、移動のために一段高級な電気自転車を求めるようになった。(カン・ジウォン)

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00010000-asiap-kr 

    【【北朝鮮】平壌で電気自転車のバッテリー爆発 3人死亡か 当局が全国に緊急指示 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2019/07/14(日) 22:17:59.39 ID:CAP_USER
    no title

    ▲沖縄県うるま市のホワイトビーチに停泊するカナダ海軍フリゲート「レジャイナ」 (2019年6月26日、稲葉義泰撮影)。

    北朝鮮による瀬取りの監視を目的に、カナダ軍の艦艇と航空機が沖縄に展開しました。これまでも同様の活動は実施してきましたが、今回は少々、事情が異なります。端的に言えば「本腰を入れ始めた」わけで、その背景と意義を探ります。

    カナダ軍の哨戒機と艦艇が沖縄に続々展開

     2019年6月26日(水)、筆者(稲葉義泰:軍事ライター)は沖縄県にあるアメリカ空軍嘉手納基地、およびアメリカ海軍の港湾施設であるホワイトビーチ地区に赴きました。その目的は、嘉手納基地に展開しているカナダ軍の哨戒機CP-140「オーロラ」と、ホワイトビーチに停泊しているカナダ海軍のハリファックス級フリゲート「レジャイナ」および補給艦「アストリクス」を取材することです。これらカナダ軍の航空機および艦艇が日本にやってきたのは、いずれも北朝鮮による瀬取り(洋上での船舶同士による物資の積み替え)を監視するためです。

     これは、北朝鮮が行っている核兵器や弾道ミサイルの開発を止めさせるために出された、2017年の「国連安全保障理事会決議第2375号」に基づく制裁内容を履行するための措置です。具体的には、決議により同国への輸出が禁じられている、あるいは輸出量に制限が設けられている石油などの資源や物品が、洋上で違法にやり取りされることがないように各国が艦艇や航空機を用いて監視しています。

     カナダは、この瀬取り監視の取り組みに2018年5月から参加していますが、実は今年になって、そのスタンスは大きな変化を迎えました。

    「オペレーションNEON」は従来と何が違う?
    (中略:本腰を入れ始めた)

    瀬取り監視がもたらすカナダにとっての3つの意義とは

     では、こうした瀬取り監視活動への参加は、カナダにとってどのような意義があるのでしょうか。これについて、在日カナダ大使館に武官として駐在するカナダ海軍のウグ・カヌエル大佐は次のように説明します。

    「カナダにとっての瀬取り監視の意義は、おもに3つあります。第1に、瀬取り監視は国連が定めた重要な任務であると同時に、カナダ政府が掲げる『北東アジアにおける平和と安全の提供』という方針にも合致すること。第2に、他国軍との連携や共同訓練の機会となること。そして第3に、瀬取り監視が自衛隊との共同作戦であり、カナダと日本との連携が強化できることです」

     この3つの意義の中でも、とくに日本にとって注目されるのはやはり3つ目の「日本とカナダとの連携強化」という部分ですが、これはすでに具体的な実績が積み重ねられているようです。

    「瀬取り監視のための艦艇や航空機の派遣は、日本とカナダとの2国間訓練を実施する機会ともなります。実際に今回、派遣されている『レジャイナ』と『アストリクス』は南シナ海で海上自衛隊の護衛艦『いずも』と、日加共同訓練『KAEDEX19-1』を実施しましたし、嘉手納に派遣されているCP-140は海上自衛隊那覇基地のP-3C哨戒機と共同訓練を実施しました」(在日カナダ大使館 ウグ・カヌエル大佐)

     さらに、日本とカナダの安全保障面における連携強化について、2019年6月3日には、日本の岩屋毅防衛大臣とカナダのハージット・シン・サージャン国防大臣が東京で会合を開き、「日本国防衛省とカナダ国防省との防衛協力に関する共同声明」と題された声明を発表しました。この共同発表では、日本とカナダがお互いに連携を強化し、自由で開かれたインド太平洋の実現を共に推し進めていくことで一致しました。ちなみに、日本とカナダによるこのような共同発表が出されたのは、今回が初めてのことです。

     このように、カナダは瀬取り監視をひとつの大きな目的として、今後ますますインド太平洋地域におけるプレゼンス(存在感)の強化を推し進めていくことになるでしょう。そして、これは日本にとっても無関係な話ではなく、むしろ日本とカナダが共に協力して活動する機会が増えていくことを意味しているのです。

    2019.07.14 稲葉義泰(軍事ライター)

    乗りものニュース
    https://trafficnews.jp/post/87692
    【【北朝鮮瀬取り監視】カナダ軍、日本へ展開~新たに始まった瀬取り監視大作戦、日本との連携強化 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/07/14(日) 13:21:41.92 ID:CAP_USER
    0F3147CA-3076-4A41-83B4-62C505349E8B
     
    【ソウル聯合ニュース】高級自動車など北朝鮮への輸出が禁じられているぜいたく品が日本から不法に輸出されたことが分かった。
    国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会専門家パネルが2010年から今年まで安保理に提出した報告書10件を、聯合ニュースが14日までに分析した。

    それによると、高級自動車のほか、化粧品、たばこ、ピアノなど、北朝鮮の首脳部と高官らが愛用するぜいたく品が日本から北朝鮮に入っており、日本の輸出管理体制の不備が明らかになった。

    国連安全保障理事会は2006年10月の北朝鮮による初の核実験を受け、これらのぜいたく品を北朝鮮に輸出することを禁じている。
    原産地を問わず、北朝鮮への提供・販売・移転が禁じられている。

    日本から北朝鮮へのぜいたく品輸出は2008~09年に多かった。
    ベンツやレクサスなど高級自動車18台、たばこ1万本、日本酒12本、大量の化粧品、中古ピアノ93台などだった。

    2010年2、4月には化粧品など2億4400万円相当のぜいたく品が大阪から中国・大連を経て北朝鮮に不法輸出された。
    2008~09年にはノートパソコンなどパソコン7196台が日本から北朝鮮に渡った。

    これらの事例は日本当局が専門家パネルに報告したもので、当局が把握できていない不法輸出もあるとみられる。

    日本は制裁が本格化する前まで北朝鮮との経済交流が活発だったほか、在日本朝鮮人総連合会などの団体があるため、輸出が容易だったと分析される。

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/14/2019071480012.html


    【【つまり在日を強制送還せよと】 日本の輸出管理体制の不備が明らかに・・・国連制裁対象の「ベンツ、たばこ」 日本から北朝鮮へ不法輸出 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2019/07/13(土) 22:49:59.01 ID:CAP_USER
    kr250
     
     韓国の半導体産業が衰退のとば口に立った。「横流し疑惑」で開いたパンドラの箱から「地政学リスク」が飛び出したからだ。韓国観察者の鈴置高史氏が対話形式で読み解く。

    ――世界の半導体産業は大変なことになりましたね。
    鈴置: それが「大変なこと」にはなっていないのです。韓国が得意とするのがメモリー、つまり情報を記憶する半導体です。ところが、その2大アイテムであるDRAMもNAND型フラッシュメモリーも、国際的な価格は落ちついています。「北朝鮮に核関連物質を横流しする怪しい国」と日本政府が韓国を認定しました。 7月1日に韓国向けのIT素材の輸出管理を強化すると発表したのですが、それ以降も半導体市況に特段の動きは見られないのです。

    ――「半導体価格が急騰。世界は混乱に陥って日本への非難が高まる」と思っていました。
    鈴置: 韓国紙の日本語版や日本の左派系紙を読んで、そう思い込んでいる人が多い。恐ろしい誤解です。 今、半導体は不況の真っ最中。一年前と比べ、メモリーの価格は半値になっていました。市場にあふれているので、日本が輸出管理を強化しようが、ユーザーは焦って手当てしようとはしません。だから市況が安定しているのです。 サムスン電子のバランス・シートを見ると、2019年3月末時点の在庫資産は31兆4560億ウォン。1年前と比べ8・8%増です。相当部分が売れ残ったDRAMと見られています。

     半導体価格が上がらないもう1つの理由は、日本の規制強化が「寸止め」になっていることです。「日本の輸出規制、韓国では『単なる報復ではなく、韓国潰し』と戦々恐々」でも書きましたが、韓国企業がメモリー生産に使っている素材は管理強化の対象ではないのです。 確かに輸出管理を強化した3品目の1つ、レジスト(感光材)は半導体の製造に使います。しかし日本政府が管理を強化したレジストは極めて高品位のもので、メモリー製造用ではありません。

     だから、仮に日本からレジストの輸入が減っても韓国メーカーは直ちには困らない。輸出強化の対象となったエッチングガス(フッ化水素)も同様で、これに関してもメディアが大騒ぎするほど、韓国の半導体メーカーは困らないそうです。

    ――なぜですか?
    鈴置: 日本製ほど純度が高くない中国、台湾、韓国製のエッチングガスも使えないことはない、のだそうです。もちろん日本製を使った時ほどの収率は出ないと言いますが。 朝鮮日報が「日本は半導体の『急所のすぐ横』を狙ったようだ」(7月11日、韓国語版)で指摘しています。 サムスン電子の株価は7月1日から8日まで、4日を除いて下げました。しかし、7月9日以降、12日まで戻しています。「すぐには大事に至らない」との認識が広がったからでしょう。 朝鮮日報の先の記事によると、有機ELの製造に使うフッ化ポリイミドも、日本が輸出管理を強化するのは、サムスン電子がスマホを作る際には使わない品目だそうです。だから見出しに「急所のすぐ横」とあるのです。「寸止め」です。

    ――では、韓国に実害はない……。
    鈴置: 短期的には。ただ、中長期的には韓国には、恐ろしい未来が待ち構えていると思います。先ほど「寸止め」と言いました。日本の突き出した剣の切っ先は韓国の喉元で止まっています。韓国が日本に強気に出たりすれば、切っ先は喉に突き刺さるでしょう。 例えば、報復と称して日本にさらなる危害を加えれば、日本政府が輸出管理を強化する対象に、DRAM用レジストを加えるかもしれません。
    (後略:元記事参照)

    鈴置高史(すずおき・たかぶみ)韓国観察者。

    デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/07121745/?all=1&page=1

    【【鈴置高史】 北朝鮮への「横流し疑惑」で、韓国半導体産業の終わりの始まり 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ローリングソバット(神奈川県) [US] 2019/07/13(土) 17:43:50.27 ID:nH2OXUbi0● BE:887141976-PLT(16001)
    no title

    韓国政府が脱北者20人を韓国に入国させていた事実が発覚。それを韓国メディアが報じている。
    韓国政府は脱北者を支援するために航空便で入国させていた事実が明らかになった。

    韓国メディアは11日に20人余りの脱北者が大韓航空便の飛行機を使用してタイを出発し韓国に入国したと伝えた。

    韓国政府がこのように脱北者を一度に大勢入国させたのは異例のことだとしている。

    20人余りの脱北者のほとんどが女性で、1人だけが男性であることが分かった。脱北理由は具体的に不明となっている。

    航空便を利用して脱北者を連れてくることは異例ではないが、20人も一度に脱北者を連れてくることは、異例である語った。

    現在は脱北者の身辺保護と外交関係などを考慮し、具体的な内容を確認することはできない。
    脱北者に関しては北朝鮮から逃れてきた亡命者なので、韓国のみならず中国やその他の国も支援している。

    ゴゴ通信
    https://gogotsu.com/archives/52264


    【【予想通り】韓国政府 20人余りの脱北者を韓国に入国させていた 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2019/07/12(金) 22:45:13.13 ID:CAP_USER
    no title

    ▲12日午前ソウル光化門広場で開かれた「国連司令部に日本を含ませることを糾弾する記者会見」で参席者らが安倍晋三総理の写真にステッカーを貼るパフォーマンスをしている。

    (ソウル=聯合ニュース)米国が国連軍司令部に日本の参加を検討する動きを見せて論議がおきている中、市民社会団体が国連司令部を直ちに解体せよと促した。

    「平和と統一を開く人々」(平統サ)は12日、ソウル光化門KT前で記者会見を開いて「韓半島平和体制構築と東北アジア平和に逆行する国連司令部強化企画を直ちに中断し、国連司令部を解体せよ」と主張した。

    平統サは「1978年、韓米連合軍司令部創設以来、国連司令部は停戦管理任務だけ受け持ってきたが、米国はすでに寿命を終えた国連司令部生き返らせるようとしている」と指摘した。平統サは「米国の国連司令部の復活は平時・戦時韓国軍の作戦統制権行使を無力化し、集団自衛権行使で域外紛争に介入できるようになった日本軍が韓半島を再侵奪できる道を開くことになる」と批判した。

    引き続き「韓半島非核化と平和協定締結を通じた韓半島平和体制構築に障害物となる国連司令部拡大強化は直ちに中断されなければならない。旧時代の冷戦残滓に過ぎない国連司令部は一刻もはやく解体されなければならない」と強調した。

    全国民主労働組合総連盟、韓国進歩連帯など30余りの市民団体が参加した「戦争反対平和実現国民行動」と「民衆共同行動」も光化門広場で記者会見を行って国連司令部解体を主張した。

    これら団体は「国連司令部は国際機構ではないのに国際機構の様に振舞い、韓半島で戦争を始める権限、北朝鮮地域に対する占領権などを持つ超法規的な存在として君臨している」と指摘した。これらは「(米国の)国連司令部の強化構想には東北アジアで中国とロシア、北朝鮮を牽制し、影響力を行使する多国籍軍事機構として発展する内容が含まれている」と批判した。

    引き続き「全世界を戦争のうずに巻き込んだ日本は戦犯国家として歴史をまともに清算していないのに、その様な日本を戦争可能国家として準備させようとする構想を強力に糾弾する」と明らかにした。これらは「6月30日、板門店(パンムンジョム)で北米首脳が会ったが、米国は前では平和をいいながら、後では戦争を準備し、覇権を強化しようとありったけの力をふりしぼっている。国連司令部を直ちに解体せよ」と声を高めた。

    キム・イエナ記者

    聯合ニュース(韓国語)
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20190712069300004

    【【韓国】 市民団体「国連軍司令部の強化は韓半島の平和に逆行し、日本軍の再侵奪に道を開く。司令部を直ちに解体せよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2019/07/12(金) 07:08:07.73 ID:I4zQTIZw9
    no title
     
    北朝鮮産のビールを日本に不正に持ち込んだとして、福岡県警は11日、福岡市の少年(19)を、外為法違反(無承認輸入)の疑いで書類送検し、発表した。

     オークションサイトに出品し、高値で転売していたという。

     捜査関係者によると、少年は昨年10月上旬、経済産業相の承認を得ずに、北朝鮮を原産地とする「大同江(テドンガン)ビール」1本を、中国・上海空港から佐賀県の佐賀空港にスーツケースに隠して持ち込んだ疑いがある。

    ビールは上海で200~300円で入手し、オークションサイトで1万円以上で転売していた。「小遣い稼ぎのためにやった」と話しているという。

     警察が昨年、サイバーパトロールで大同江ビールの出品を確認。出品者をたどったところ、少年が浮上した。少年は中国出身で、数年前から中国のキャラクター商品を現地で買い付け、サイトへの出品を繰り返していたという。

     日本は、核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮への経済制裁として、北朝鮮を原産地、または船積み地とするすべての貨物の輸入を禁止している。

    ライブドアニュース
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16758175/


    【【福岡】北朝鮮ビール不正輸入容疑で中国出身の少年を書類送検 高値で転売 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/07/12(金) 00:42:30.64 ID:CAP_USER
    米国務省が9日(現地時間)、米朝非核化協議で核計画の「凍結」は初期段階にすぎず最終目標ではないという点を明確にした。いわゆる核協議の「入口」であって「出口」ではないということを改めて強調したのだ。米国が北朝鮮の非核化目標を核凍結レベルの「スモールディール」に引き下げるという一部の主張を遮断するための発言とみられる。

    米国務省のモーガン・オーダガス報道官は同日、定例記者会見で、「凍結は絶対に(非核化)過程の解決法や最終目標にはならない。そのように規定したこともない」と強調した。そして、「凍結は非核化過程の始まりであり、私たちはすべての大量破壊兵器(WMD)の完全な除去を明確に望む」と述べた。さらに、「トランプ大統領は韓半島問題を平和的かつ外交的な方法で解決することに集中している。何も変わったことはない」と付け加えた。

    オーダガス報道官は、「北朝鮮の『最終的で完全に検証された非核化(FFVD)』や『完全で検証可能で不可逆的な非核化(CVID)』を望むか」という質問にも、「どのような略語を使ってもいい。私は略語を使うと発音がうまくできないので、ただ『完全なWMDの除去』と言う」と話した。

    このような発言にもかかわらず、米政府関係者が「核凍結が非核化の始まり」と公言したのは異例という指摘が出ている。米紙ニューヨーク・タイムズは先月30日、米国務省のビーガン北朝鮮政策特別代表が北朝鮮との実務協議で「核凍結」に焦点を合わせた新たな協議案を準備していると伝え、波紋を呼んだ。ビーガン氏は先月の公開講演で、「柔軟なアプローチ」に触れた。これを受けて、米国の北朝鮮政策の目標が完全な非核化ではなく凍結水準に後退するのかという憂慮が提起されたが、国務省としてこれを否定し、前後関係を少し具体化したのだ。

    オーダガス報道官は先月末、トランプ氏と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の板門店(パンムンジョム)会合をメディアが「3回目の首脳会談」と伝えたことも否定した。オーダガス報道官は、「首脳会談でも協議でもなく『2人の指導者の出会い(a meeting)』だった」と強調した。今後、3回目の首脳会談の開催に向けた実務協議など準備作業に入る計画であることも示唆した。3回目の首脳会談の開催は、実務協議の進展と北朝鮮の非核化措置の履行状況にかかっているという考えも明らかにした。

    ワシントン=イ・ジョンウン特派員

    東亞日報 July. 11, 2019 09:22
    http://www.donga.com/jp/home/article/all/20190711/1786583/1/


    【【北朝鮮】米国務省、「核凍結は始まり…最終目標ではない」「入口」であって「出口」ではない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2019/07/11(木) 16:59:14.18 ID:iplHW2Q09
    kp250

    金正恩氏のポスト「国家を代表」 北朝鮮憲法改正で権威強化
    7/11(木) 12:19配信

    共同通信
     【北京共同】北朝鮮が運営するウェブサイト「ネナラ(わが国)」は11日までに、4月の最高人民会議(国会)で改正された憲法の全文を公開した。金正恩朝鮮労働党委員長が再任された国務委員長ポストについて、「最高指導者」から「国家を代表する最高指導者」に修正したことが判明した。

     米朝首脳会談など金正恩氏の首脳外交推進へ対外的な権威強化を図る狙いとみられる。ただ、金正恩氏は既に絶対的権限を握っており、実態としては大きな変化はなさそうだ。

     また、金正恩氏の直属機関である国務委員会の任務と権限に関する条項では、「国家の重要政策を討議、決定する」とした。

    ヤフーニュース 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000078-kyodonews-int 
    【【北朝鮮】金正恩氏のポスト朝鮮労働党委員長を「国家を代表」に修正 北朝鮮憲法改正で権威強化 国営サイト「ネナラ(我が国)」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/07/11(木) 17:01:50.51 ID:CAP_USER
     kr250
    国連対北朝鮮制裁決議違反の疑いで韓国に抑留中の船舶が廃棄処分される。 

      韓国外交部によると、国連安全保障理事会傘下の対北朝鮮制裁委員会は9日(現地時間)、パナマ船籍のタンカー「コティ(Koti)号」の廃棄を承認した。廃棄作業は韓国国内で行われる。コティ号は公海上で北朝鮮の船に石油精製品を積み替えた疑い。中国山東省を出港した後、2017年12月21日に韓国平沢(ピョンテク)港に入って抑留された。 

      対北朝鮮制裁委はコティ号が国連安保理制裁対象船舶である北朝鮮の「クムウンサン3号」と船舶間で石油精製品を積み替えたと、ホームページに掲示した。 

      その間、国連安保理決議違反で韓国国内で抑留されたり出港が保留された船舶はコティ号を含めて計6隻。韓国政府はこのうち船主が再発防止を約束した4隻に対して制裁委の抑留解除を要請し、1日に制裁委は香港船籍の「ライトハウスウィンモア号」と韓国船籍の「Pパイオニア号」の放免を承認した。 

      ただ、コティ号と同じ容疑の「タレントエース号」は対北朝鮮制裁を故意に違反した可能性が高いという判断から制裁委に廃棄を要請し、関連の議論を進めてきた。制裁委は現在タレントエース号に対しても廃棄するかどうかを議論中という。無国籍船舶のタレントエース号は2018年1月から群山(クンサン)港に抑留されている。

    中央日報 2019年07月11日 16時00分
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=255447&servcode=a00&sectcode=a00


    【【韓国】「対北朝鮮制裁違反」で韓国に抑留中の船舶、廃棄処分へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2019/07/11(木) 16:27:40.86 ID:CAP_USER
    kp250
     
    【ソウル=恩地洋介】

    北朝鮮の朝鮮中央通信は11日、韓国が進める最新鋭ステルス戦闘機F35Aの配備について「南朝鮮(韓国)が増強する殺人装備を焦土にする特別兵器の開発と試験をせざるを得なくなった」と警告する北朝鮮外務省関係者の談話を報じた。

    特別兵器が何を指すかは言及していない。北朝鮮は5月に2回、韓国を狙う短距離弾道ミサイルを発射している。

    同通信は北朝鮮外務省の米国研究所政策研究室長が談話を出したと伝えた。韓国は2019年3月以降、F35Aを順次導入している。

    談話は南北の軍事緊張緩和策を盛った合意に「真っ向から挑戦した」と非難した。


    2019/7/11付 日本経済新聞 夕刊
    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO4722349011072019EAF000/

    【【朝鮮半島】北朝鮮が韓国に兵器実験を警告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/07/11(木) 12:28:16.52 ID:CAP_USER
    no title
     
    【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が2017年11月に試験発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星15」について、在韓米軍が米国本土の全域を攻撃する能力を備えているとの公式見解を初めて示した。

    在韓米軍司令部が11日に刊行した「在韓米軍2019戦略ダイジェスト」によると、北朝鮮は現在、「火星13」と「火星14」、火星15という3種類のICBM級ミサイルを保有している。射程はそれぞれ3418マイル(5500キロ)以上、6250マイル(1万58キロ)、8000マイル(1万2874キロ)と推定された。

     在韓米軍は特に火星14と火星15について、それぞれ「米本土の大半の地域に到達可能」「米本土全域を攻撃可能」と評価した。

     韓国軍当局は今年初めに刊行した「2018年版国防白書」で、火星15の射程を1万キロ以上と分析していた。

     在韓米軍は同刊行物で、北朝鮮が16~17年にたびたび行っていた挑発を18年の1年間、中断したことは歓迎すべきだとしながらも、「韓米同盟が依然として北朝鮮の脅威に直面しているという根本的な現況に変わりはない」と評した。

     北朝鮮の非核化動向に関しては、「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)はミサイル試験場の廃棄と広く知られた豊渓里の核実験場の解体を指示したが、最終的かつ完全に検証された非核化という究極の目標に向かうためには今なお多くの課題が残っている」とした。

     「戦略ダイジェスト」は在韓米軍の将兵に朝鮮半島や周辺地域の情勢、韓米同盟の歴史、在韓米軍司令部とその傘下部隊の任務や役割などを紹介する目的で、在韓米軍司令部が毎年刊行している。


    聯合ニュース 2019.07.11 10:55 
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190711000900882?section=nk/index


    【【火星15】「北朝鮮ICBM、米本土全域を攻撃可能」 在韓米軍が初の公式見解】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル