かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:北極

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/04/30(月) 15:23:38.93 ID:CAP_USER
    no title
     
    来月、開催が予定されている日ロ首脳会談を前に、ロシアを訪問している世耕ロシア経済分野協力担当大臣は、北極圏にあるLNG=液化天然ガスの生産プラントなどを視察し、北極圏のエネルギー開発事業に日本企業の参加を後押ししたいという考えを示しました。

    ロシアを訪問している世耕大臣は、プーチン大統領が重視する北極圏でのエネルギー開発への協力について検討するため、29日、ロシア北部のヤマル半島を訪れました。

    ヤマル半島ではロシアの民間ガス会社大手「ノバテク」が中心となって、LNGを開発するための大規模なプロジェクトが進められていて、日本の企業も生産プラントの建設に参加し、去年からは生産も始まっています。

    世耕大臣はロシアのオレシュキン経済発展相らの案内で、LNGの生産プラントや積み出し港の状況を視察しました。

    このあと、ロシア側は、北極圏で生産されたLNGの購入やこの地域で2022年以降に予定している新たなLNG事業への投資を促しました。

    視察を終えた世耕大臣は「北極海におけるロシアの資源に対する世界の注目が高まっている中で、日本の協力の必要性を強く感じた」と述べて、日本としても日本企業が技術力や投資を通じて北極圏のエネルギー開発事業に参加するのを後押ししたいという考えを示しました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180430/k10011423091000.html

    【【ロシア】世耕大臣 ロシア北極圏LNGを視察 日本企業の参加後押しへ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/28(水) 07:36:23.36 ID:CAP_USER9
    サハ共和国
     

    2月28日 6時40分
    北方領土問題の解決に向けて日本がロシアに提案した経済協力の一環として、ロシア極東で風力発電の実証実験が行われることになり、日本の技術を生かした両国間の協力が進むかどうか注目されます。

    この実証実験は、北方領土問題の解決につなげようと日本がロシアに提案した8項目の経済協力プランの一環として、日本のNEDO=新エネルギー・産業技術総合開発機構が行うもので、モスクワで27日、ロシアの発電会社などとの間で協力に向けた覚書が締結されました。

    実証実験が行われるのはロシア極東のサハ共和国で、北極海の沿岸地域に3基の風力発電機を設置して、ディーゼル発電と組み合わせて来年秋から発電が行われる予定です。

    電力をディーゼル発電に依存する地域が多いサハ共和国では、旧ソビエト時代の発電機が使われるなど機械の老朽化が進んでいて、安定した電力供給が課題となっています。

    実証実験では、従来のディーゼル燃料の使用量を年間16%削減することを目指すということで、NEDOの表尚志理事は「日本の技術力を結集してサハ共和国の極寒の地で対応できるよう、地道な努力を重ねていきたい」と話していました。

    風力発電は、日本とロシアの北方領土での共同経済活動で優先的に取り組む事業にも含まれていて、日本の技術を生かした両国間の協力が進むかどうか注目されます。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180228/k10011345761000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005 

    【【日ロ】北方領土問題解決に向け ロシア極東で風力発電実証実験 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/01/27(土) 15:34:26.10 ID:CAP_USER9
    【1月27日 AFP】
    cn250

    中国政府は26日、初の「北極政策白書」を発表し、北極海航路「氷上シルクロード」建設に向けた構想を打ち出した。 中国政府が北極圏での自国の役割についての明確な見解を示したのは初めて。

     北極圏は中国から遠く離れているものの、原油や天然ガスの資源が豊富な上、貿易航路として利用できることから、同国にとっての重要性が増している。同白書には、習近平(Xi Jinping)国家首席の野心的な
    経済圏構想「一帯一路(One Belt One Road)」を北方に拡大する計画などが記されている。

     白書では、「氷上シルクロード」の建設は関係諸国との協力の上で進めたいとの意向を明記。
    北京で記者会見した孔鉉佑(Kong Xuanyou)外務次官によると、中国は現在、ロシアとこの構想について協議を行っている。

     孔外務次官はまた、中国が北極圏での大規模な天然ガス採取を目指しているとの見方を否定。
    同白書ではその代わりに、「航行の自由」追求が前面に押し出されている。


    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3160160

    【【侵略計画】中国が「氷上シルクロード」構想 初の北極政策白書を発表 資源が豊富な上、貿易航路として利用できる 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル