かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:即席めん

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: おっさん友の会 ★ 2023/04/29(土) 19:02:56.20 ID:tEYNosVF
    世界のラーメンの激しい市場競争の場であるアメリカのラーメン市場での農心の成功の秘訣は何だろうか。

    まず差別化戦略が挙げられる。農心は米国進出初期から韓国の味をそのまま持っていくことを原則とした。

    農心関係者は「現地製品を模倣せずに農心の味で勝負数を置いた」とし「米国にすでに進出して市場を独占していた日本ラーメンと同様の製品を発売すれば短期的な売上をもたらしたわけではないが、長期的には農心のブランドが消えるという判断のためだ」と説明した。

    二番目にプレミアム戦略だ。ラーメンを低価格の食品としてポジショニングするより、スパゲッティ
    パスタなどの麺類食品と対等な位置で高級化を追求した。米国市場に安着する過程でもプレミアム戦略は主効した。

    市場を掌握した日本のラーメンは、ほとんど3~4個が1パックに1ドル水準だが、新ラーメンは1個あたり1ドル前後で高価な方だ。
    実際の日本ブランドは主攻略対象が低所得層に加え、工場を米国現地に置いても外部から麺とスープを供給され混ぜて低価格に販売している。新ラーメンがこの価格面ではより高価だが、それだけ味と品質の面で競争力を備えたという評価だ。

    おかげで辛ラーメンはコロナを経て、おやつと低所得者の概念である日本のラーメンよりも心強い食品として認識され米国の消費者がお気に入りの製品として位置づけた。

    ソウル新聞 2023-04-28
    https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20230428029001

    【辛ラーメンが世界で人気の理由…日本の即席ラーメンは低所得者・おやつ向け 農心「高価格」で差別化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/07/13(水) 22:33:57.06 ID:CAP_USER
    vn250
    即席めん消費1位のベトナムで韓国のラーメンが売れない理由は=韓国ネット「プライドが傷つく」

    2022年7月12日、韓国・KBSは「即席めん消費1位のベトナムで韓国のラーメンはなぜ人気がないのか」と題する記事を掲載した。

    世界ラーメン協会によると、昨年のベトナムの1人当たりの即席めん年間消費量は87食で、不動の1位だった韓国(73食)を初めて上回った。ベトナムの1人当たりの消費量は毎年20~30%増加しているという。

    ベトナムの即席めん市場の急成長を受け、韓国農水産食品流通公社は昨年9月に報告書「ベトナムラーメン市場の動向」を発刊した。報告書は「ベトナムが世界の即席めん市場のハブに成長している」と評価し、「麺類の消費量が多く韓国ラーメンの進出の必要性が高い」と強調した。

    ベトナムで即席めんの人気が高まっている理由について、世界ラーメン協会の韓国代表パートナー社である農心は「最近ベトナムは高い経済成長率を記録し購買力が高まった上、新型コロナにより自宅で食事をする傾向が強まったため」と分析している。

    韓国の今年上半期の農畜産食品の輸出品目のうち、即席めんは単一品目として最大規模を占めた。昨年同期比20%増の3億8370万ドル(約527億円)を輸出し、伝統の強豪である海苔(3億7590万ドル)を上回った。

    韓国の即席めん輸出国1位は中国(9190万ドル)、2位は米国(4790万ドル)で、この2カ国が全体の36.3%を占める。ベトナムは15位で、輸出額は700万ドルほど。フィリピンやタイ、マレーシア、インドネシアなど東南アジアの他の国に比べて少ないという。

    ベトナムの即席めん市場は自国メーカーが中心となっている。20年基準で市場シェアはエースコック(Acecook Vietnam)が33.2%で1位。2位以下には20.7%のマサングループ(Masan)、Uniben(10.8%)、Asia Cook(7.6%)が続き、韓国の4大即席めんメーカーの農心、八道、三養、オットゥギは現在まで目に見える成果は挙げられていないという。

    韓国メーカーは商品の現地化やマーケティングに力を入れているものの、いまだにベトナム内の韓国人市場にこだわる傾向が強いという。現在ベトナムには20万人ほどの韓国人が住んでいる。

    あるメーカー関係者は「ラーメン輸出の最大市場は中国であるため、東南アジア市場に合わせて麺やスープのレシピを変えるのは難しい」と話した。専門家は「食品メーカーは韓国ならではの辛い味にこだわり、韓流マーケティングに頼っているが、それには限界がある」とし、「短期的な成果に縛られず、まずはベトナムの食文化への理解を深めることが大切」と指摘したという。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは「即席めん大国のプライドが傷つく」と落ち込む声が上がっている。また、韓国のラーメンが売れない理由については「値段が高すぎる。ただそれだけ」「現地に生産工場がないから現地のラーメンより価格が3~4倍高い。ベトナムでは韓国ラーメンの牛肉ベースより鶏肉ベースの方が好まれる。唐辛子ベースの辛い味を好む韓国人と違い、ベトナム人はパクチーなど現地の香辛料の味を好む。売れないのは当然」「彼らは米粉麺に慣れているからね」「韓国のラーメンの人気が昔に比べて上がったのは事実だけど、それでも期待に及ばない商品も多い」「正直、韓国のラーメンは辛すぎて胃もたれする」「ベトナムのような暑い国は香辛料メインの食文化。熱くて辛い韓国のラーメンは合わない」「ベトナムのラーメンの方が種類も豊富でおいしいから」などさまざまな声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    Record China
    https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_897548/

    【【越韓】即席めん消費1位のベトナムで韓国のラーメンが売れない理由は=韓国ネット「プライドが傷つく」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/08/23(日) 05:00:03.53 ID:CAP_USER
    no title

    21日、韓国・朝鮮日報によると、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により自宅で食事をする人が増え、今年上半期の韓国内の即席麺の売上高が半期基準で過去最高を記録した。写真は韓国のインスタントラーメン。

    2020年8月21日、韓国・朝鮮日報によると、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により自宅で食事をする人が増え、今年上半期の韓国内の即席麺の売り上げ高が半期基準で過去最高を記録した。

    記事によると、今年上半期の国内の即席麺の売り上げ高は1兆1300億ウォン(約1005億6500万円)で、前年同期比7.2%増加した。コロナ禍でインターネットでの物の購入が広がり、特にネットを通じての即席麺の売り上げが増加した。韓国の大手食品メーカー・農心(ノンシン)によると、今年上半期に同社がネットを通じて販売したラーメンの売り上げ高は400億ウォン(約35億5700万円)で、前年同期に比べ2倍近く増加したという。

    販売されている即席麺の種類にも変化があり、コンビニなどでよく売れるカップ麺の売り上げ高は減り、袋入りのラーメンの売り上げが増えた。農心の関係者は「袋入りのラーメンは、カップ麺に比べ安価で量が多く、家族での食事用として良いことに加え、非常食用としてまとめ買いした人も多かった」と話した。

    ■日本でも韓国のラーメンが人気の兆し?

    上半期の売り上げが過去最高を記録した韓国のラーメンだが、日本でも若者を中心に人気を集めているという。韓国メディア・ニューシスは2日、日本でSNSを中心に韓国ラーメンブームが起きていると報じた。

    大韓貿易投資振興公社(KOTRA)東京貿易館によると、日本で韓国のラーメンの人気を高めたのは、動画投稿サイトYouTubeで韓国のラーメンを食べる様子を伝えるユーチューバーの存在が大きいという。

    ユーチューバーのロシアン佐藤さんのYouTubeチャンネル「おなかがすいたらMONSTER」では、今年のアカデミー賞作品賞を受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」に登場する即席麺「チャパグリ」を紹介。若者を中心に動画の視聴者が韓国のラーメンに関心を持ち、それによって需要が増えているという。

    このニュースが報じられた際、韓国のネットユーザーからは「日本に住んでいるが、韓国のラーメンは一般のスーパーにはまだ辛ラーメンしかない。韓国のラーメンが人気と言えるまでにはなっていない」「日本に出張に行った時、コンビニに辛ラーメンがあってびっくりした」といったコメントが寄せられた。

    昨年の日本のインスタントラーメンの総輸入額は51億4000万円で、そのうち、韓国からの輸入は約70%を占めている。KOTRA東京貿易館では、コロナ禍で、自宅で簡単に作れる食品の需要が増えていることから、韓国のラーメンの輸入額もさらに増加すると予想している。(翻訳・編集/関)

    Record China 2020年08月22日 12時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b235855-s0-c20-d0155.html

    【【夢/頭パーンなる麺】韓国で上半期の即席麺の売り上げが過去最高に、日本にも「韓国ラーメンブーム」到来?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: のどか ★ 2020/07/15(水) 00:30:19.62 ID:1BFVFmFx9
    no title

    韓国の食品大手、農心は13日、米国法人の上半期の売上高が1億6400万ドル(約175億円)と前年同期比35%増加し、過去最高を記録したと明らかにした。
    主力製品「辛ラーメン」のシリーズがけん引した。
    背景に、新型コロナウイルスの感染拡大を受けたインスタント食品の需要拡大が挙げられる。

    現地の小売大手ウォルマートでの売上高が前年同期比35%、コストコが51%、それぞれ増加した。
    インターネット通販大手アマゾンでも79%伸びた。
    これについて農心は、東洋人だけでなく現地の米国人も即席麺を好んで食べるようになったと分析した。

    製品別には「辛ラーメン」の売上高が前年同期比25%増の4800万ドル、「辛ラーメンブラック」が49%増の1350万ドルだった。
    農心の米国での年間売上高は2016年の1億8000万ドルから年々増加し、19年は2億5400万ドルに上った。

    同社関係者は「辛ラーメンが米国人の胃袋をつかみ、K(韓国)フードブームを主導した」と話した。

    聯合ニュース
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200713001700882

    【【韓国】辛ラーメン、米国で過去最高の売り上げを記録 農心社員「辛ラーメンが米国人の胃袋をつかみ、Kフードブームを主導した」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル