かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:厚生労働省

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2020/04/22(水) 06:47:35.77 ID:QKq7+sZy9
     650C9535-D251-44FC-B053-8B88C0C8926D
     厚生労働省は21日、新型コロナウイルスの感染防止策として政府が全世帯向けに配布する布マスクについて、受注企業3社とそれぞれとの契約金額を明らかにした。同省マスク班が社民党の福島瑞穂党首の問い合わせに書面で回答した。政府は当初、製造元などを明らかにしておらず、野党から開示を求める声が上がっていた。

     回答によると、受注したのは興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社で契約金額はそれぞれ約54・8億円、約28・5億円、約7・6億円の計約90・9億円だった。マスクの枚数など契約の具体的な中身は示されていない。布マスク配布に投じられる予算は約466億円で、福島氏側は3社の契約金額との差額について、さらに問い合わせているという。(小泉浩樹)

    朝日新聞
    4/21(火) 20:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00000069-asahi-pol

    【【アベノマスク】政府配布の布マスク、受注3社が判明 計90億円で契約】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/04/10(金) 07:31:30.27 ID:uuS7dyjw9
    69295598-175D-4DBF-8C6F-12B5B87BFE1F

    https://anonymous-post.mobi/archives/22597
    ワイドショーが拡散「隠れコロナ死」いる!? 厚労省に取材すると…担当者「決して数字に隠蔽はない」

    新型コロナウイルスの感染者数は8日午前0時時点で累計4453人、死者は98人にとどまる。米国(感染者36万8449人、死者1万8人)や、イタリア(同13万2547人、同1万6523人)などに比べると、かなり少ない。

    そこで、冒頭のワイドショーが拡散している疑惑について、新型コロナウイルス対策にあたっている厚労省結核感染症課に問い合わせた。

    同課の担当者は「一般の肺炎患者には、生前の段階から全員にCT検査を実施している。これは、新型コロナウイルス感染の有無を調べる1つの指標としてだ。急に搬送先で原因不明で亡くなった肺炎患者がいれば、死後、CT検査を行うこともある。その結果、コロナ感染が疑われる事例には漏れなくPCR検査に回し、詳細に原因を突き止めている。その確定診断結果を、新型コロナウイルスの死者数などとして、公表している。決して数字に隠蔽はない」と語っている。

    テレビは「公共の電波」を借りて放送しており、放送法第4条には「公安及び善良な風俗を害しないこと」「政治的に公平であること」「報道は事実をまげないですること」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」と記されている。

    2020/4/9
    https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/200409/dom2004090006-s1.html

    関連記事

    テレ朝・モーニングショーの報道に専門家が「完全にデマです」「葬儀業者の勝手な判断で肺炎患者を火葬はできない」〜ネットの反応「いい加減にしろや、モーニングショー! 害悪すぎるだろ!」 https://t.co/HEOKg1h55k

    — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 (@vG2AZlCr4F3hx6Y) April 7, 2020

    関連記事

    木村草太氏「肺炎で亡くなった人について、全て感染の有無を検査しているのか」→ 岩田健太郎氏「原因不明の重症肺炎やその死亡についてはかなりしつこく(複数回)COVIDのPCRやっています。欧州や米国のような現象は日本では起きていないと考えるのが自然です」 https://t.co/RnSCXZULP7

    — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 (@vG2AZlCr4F3hx6Y) March 28, 2020


    (略)

    【【パヨク憤死】厚労省「肺炎患者は全員肺の状態を調べている。隠れコロナ死などない」 テレ朝・玉川のデマを否定 ネット「アカヒ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/04/01(水) 14:42:21.51 ID:t+6HJcu49
    no title
     
    「新型コロナウイルスの感染者のうち3割が外国人」などといった情報がTwitterで広まっている。しかし、厚労省の統計では実際には日本人と外国人を区別しておらず、出回っている情報は事実誤認によるものだ。

    なぜ広まったのか
    この情報の元になったのは、厚生労働省が公式サイトで日々発表している感染者数の統計だ。例えば、3月31日正午時点の数字では症状が認められた「患者」は1494例(空港での検疫とチャーター便帰国者含む)と発表され、その下には「日本国籍の者1099名(これ以外に国籍確認中の者がいる)」と付記されている。

    この「日本国籍のもの」を除けば、395人が国籍不明ということになり、その割合は26%程度だ。

    この人数を「外国人」と読み替えたため、「外国人の感染者が3割ほどいる」などといった情報が広まったとみられる。

    グラフ画像は「間違い」
    厚労省の担当者によると、国には毎日、自治体からPCR検査の実施件数や陽性と確認された人のデータが上がってくる。

    報告には厚労省が指定した様式が用いられ、性別や年齢などが伝えられるようになっているが、氏名や国籍は要求していない。

    しかしなかには、記述欄に国籍の情報を記入して送ってくる自治体もいるため、日本国籍と確認された場合のみ別個発表しているが、そもそも国籍別の集計は行なっていない。

    「国籍確認中」と表記があるのは、毎日の集計の締め切りに間に合わなった自治体からのデータが反映される可能性があるからだという。

    Twitterでは「厚労省公表値」などと書かれ、外国籍の感染者が3割ほどいることを示すグラフの画像が出回っているが、厚労省の担当者は「これは正しいものではありません」と否定した。

    厚生労働省の担当者はハフポスト日本版の取材に対し、「感染初期は中国からの旅行者が多く、日本人では初の感染者などを伝える必要があったが、国籍を分けて記入するのはその名残ではないか。公衆衛生上、日本と外国人を区別する必要はないと考えている」と話した。

    また別の担当者は「国籍というのはプライオリティ(優先度)の高くない情報だ」と話した。

    厚労省では今後も、国籍を分けた集計は行わない方針だ。

    4/1(水) 12:28配信
    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00010005-huffpost-soci


    【新型コロナの感染者「3割が外国人」は事実誤認。厚労省「国籍は集計していない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2020/03/17(火) 18:39:48.50 ID:46/GuKQa9
     4F4E1A1A-7B0D-4C2D-99CB-E93B3CFA395C
    厚労省の公式ツイッターは17日、新型コロナウイルスをめぐるドライブスルー式のPCR検査について、過去の投稿を訂正した。

    15日の投稿では「PCR検査を受けるためには、医師の診察が重要です。ドライブスルー方式では、医師の診察を伴わないことが多いため、我が国では、実施しておりません」と否定的な姿勢を表明していた。

    しかしこの日は「現在ドライブスルー方式でのPCR検査を行っている国では、問診票を配布し、医師が検査の要否を判断しているものがあると承知しており、正確性を欠く表現であるため、訂正させていただきます」と投稿した。加藤勝信厚労相が16日の参院予算委で「我が国で否定されているわけではない」などと答弁していた。

    ドライブスルー方式は韓国で各地に設置され、検査拡充の基盤の1つとなった。ドイツ、英国、米国など世界各国で導入が相次いでいる。

    日刊スポーツ
    2020年03月17日17時18分
    https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202003170000608.html

    【【厚労省公式】韓国等のドライブスルー検査方式は医師の診察を伴わないので、わが国では実施しません⇒誤りでした。訂正いたします。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/03/15(日) 16:58:39.11 ID:CAP_USER
     4F4E1A1A-7B0D-4C2D-99CB-E93B3CFA395C

     厚生労働省は15日、公式ツイッターを更新し、新型コロナウイルスのPCR検査をドライブスルー方式で実施しない理由について明記した。

     ドライブスルー方式のPCR検査が韓国、米国などでも行われていることを受け、厚労省は「『ドライブスルー方式』のPCR検査が、いくつかの報道で紹介されています」とツイート。そして「新型コロナウイルス感染症にかかっているのではないかと心配される方が、PCR検査を受けるためには、医師の診察が重要です。『ドラブスルー方式』では、医師の診察を伴わないことが多いため、我が国では、実施しておりません」とつづった。

     現状の日本でのPCR検査までの手順についても説明し、「発熱した方が受診された場合、医師は診察で、患者の既往歴、年齢、症状、検査所見などを踏まえ、新型コロナウイルス感染症を疑うのか、他の疾患を疑うのかなどを総合的に判断して、新型コロナウイルス感染症を疑った場合に、PCR検査を実施します」とした。

     続けて医師の診察を伴う必要性についても「インフルエンザ等で発熱を起こす他の疾患も多いので、医師の診察を伴わない場合は、PCR検査の陽性的中率が低下します。また、新型コロナウイルスに感染している方が、誤って『陰性』と判断されてしまうケース(『偽陰性』と言います)も一定程度発生し、感染を拡大させてしまう可能性があります」と説明。「こういったことを踏まえ、現在我が国では、感染者との接触の有無や症状を踏まえた医師の判断に基づき、PCR検査を実施することとしています」と結んだ。


    3/15(日) 16:05配信  デイリー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-00000090-dal-ent

    【【パヨク発狂】厚生労働省 ドライブスルー方式のPCR検査を実施しない理由を説明 『ドライブスルー方式』では、医師の診察を伴わない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/03/07(土) 17:41:21.80 ID:dNZMcJWE9
    DB00DEB5-114A-4A5D-95C7-7C0D88FF6D4A
     
    https://snjpn.net/archives/184054
    Dappiさんのツイート

    須田慎一郎
    「厚労省に取材したら新型コロナが治った方は300人を超えてるとのこと。そういったことをTVや新聞はなぜ取材しないの?治ってる人がいることが伝われば安心感は広まると思う」

    治った人の数字は出さないTVは異常。
    不安を煽ってるだけのマスゴミの罪は重い

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・退院した人がたくさんいる事は、いい事なのに地上波はクソすぎだよ!河野大臣が詳細情報をTwitterで教えてくれるよ。

    ・不安を煽る報道の方が数字が取れるって考えだからです。トイレットペーパーの買い占め報道なんかまさにそれ

    ・差し引きして今感染している人は何人かをほうどうしてほしいですね。今のところ報道ではどんどん積み上がるだけ。

    ・感染者から、治った人の人数を引いた人数も示して欲しいです。

    ・不安を煽るのがお仕事ですから😒

    ・本当にそう。不安を煽るばかりのテレ朝に伝われ✨

    ・本当に知りたいのは絶対テレビでは報道しない

    【【パヨクダンマリ】須田慎一郎「新型コロナが治った方は300人を超えてるとのこと。TVや新聞はなぜ取材しないの?」 ネット「不安を煽るばかりのテレ朝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2020/02/25(火) 10:41:49.94 ID:BR3KSOlc9
    モーニングショー
    厚生省発表では1日検査数がわずか9人、しかし和歌山では同日48人。キャパ超えて検査している。
    厚生省は自治体から報告されてない?和歌山県は毎日報告してる。検査件数の大幅な齟齬。
    岡田先生『…(どういうことか)わからない(呆れ)』

    no title

    no title

    https://twitter.com/hisaka_amrita/status/1232098553478053888

    【【つまり?】厚労省「1日のPCR検査数は9人」和歌山県「48人検査した」(´・ω・`)?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/02/09(日) 20:16:07.53 ID:WKo17d5i9
    3D6DCA4B-7AB1-4C46-BDDF-416D6C74F085
     
    令和2年2月08日(土)

    <国民の皆様へのメッセージ>
    ○新型コロナウイルス感染症は、我が国において、現在、流行が認められている状況ではありません。国民の皆様におかれては風邪や季節性インフルエンザ対策と 同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
    ○武漢市から帰国・入国される方あるいはこれらの方と接触された方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に保健所へ連絡したうえで、受診していただきますよう、御協力をお願いします。また、医療機関の受診にあっては、武漢市の滞在歴があることまたは武漢市に滞在歴がある方と接触したことを事前に申し出てください。

    参考1
    コロナウイルスとは人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがある SARS CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)と MERS CoV (中東呼吸器症候群コロナウイルス以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。詳細は、国立感染症研究所の情報ページをご参照ください。

    厚生労働省
    https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09399.html

    【【国民の皆様へ】新型コロナ「我が国において現在、流行が認められている状況ではありません。感染しても通常の風邪などの症状」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/26(日) 00:39:20.57 ID:NF+1DLei9
    6A7CA4FF-AFF8-41A4-851F-8A56F1E2F38D
     
    国内で新型コロナウイルス感染による3例目の肺炎患者が25日、確認された。厚生労働省は今回のケースを含め、感染が確認された人の国籍や詳しい交通経路などは「個人情報の保護」を理由に明らかにしていない。

     厚労省は、今回の新型肺炎を「重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)よりも感染力が弱いとみられる」としており、公表情報は年代や性別、居住地、症状、他人に感染させ得る時期の行動歴などにとどめている。

     国籍などを非公表とする理由は「個人情報保護を優先した」(16日発表の1例目)、「国籍が感染症のコントロールに重要な情報とは考えていない」(24日発表の2例目)、「人権侵害になるので国籍を公表しない」(25日発表の3例目)と説明した。厚労省の担当者は「どこまでの情報を出すかは、疫学的な調査や分析を踏まえ、さらに議論が必要になる」とした。

    2020.1.25 21:55
    産経新聞
    https://www.sankei.com/life/news/200125/lif2001250045-n1.html

    【【厚労省】感染確認3例とも国籍非公表 新型肺炎】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/08/16(木) 19:16:21.24 ID:CAP_USER9
    戦没者遺骨 “日本人の遺骨なし” 鑑定結果を公表せず 厚労省

    太平洋戦争で戦死した日本兵の遺骨としてフィリピンで収集され、現地に保管されていた遺骨について、厚生労働省から7年前にDNA鑑定を委託された2人の専門家が「日本人と見られる遺骨は1つもなかった」とする鑑定結果をまとめていたことがNHKの取材でわかりました。 
    この鑑定をした専門家の1人は「多くのフィリピン人の遺骨が日本兵のものとして帰還した可能性がある」と指摘していますが、厚生労働省はこの鑑定結果を現在まで公表していません。 

    フィリピンで戦死した日本兵の遺骨収集事業について、厚生労働省は平成21年度以降、日本のNPO法人に委託して進めていましたが、遺骨の中にフィリピン人のものが混入している疑いが指摘され、平成22年に中断されました。 

    厚生労働省は現地で保管されていた合わせて311の遺骨を3つに分けて、3人の専門家にDNA鑑定を委託し、平成23年10月、このうち1人が行った鑑定結果を基に「フィリピン人と見られる遺骨が半数近く混入していたが、日本人と見られる遺骨も含まれていた」などとする検証報告書を公表しました。 

    しかし、報告書の公表後、残りの2人の専門家が「判別できた遺骨のほとんどがフィリピン人と見られ、日本人と見られるものは1つもなかった」とする鑑定結果をまとめていたことがNHKの取材でわかりました。 

    NHKが入手した鑑定結果によりますと、専門家の1人は、鑑定した71の遺骨のうちタイプが判別できた遺骨のほとんどがフィリピン人と見られ、日本人と見られるものは1つもなかったとしているほか、もう1人の専門家も110の遺骨のうち日本人と見られるものは1つもなかったとしています。 

    厚生労働省は、ことし5月にフィリピンでの遺骨収集事業を8年ぶりに再開すると発表しましたが、2人の鑑定結果は現在まで公表せず、同じNPOが収集しすでに日本に帰還している遺骨については、現地の証明書が発行されていることなどを理由に、「フィリピン人のものが混入している事実は認められない」と説明していました。 

    鑑定を行った1人の山梨大学の安達登教授は「厚生労働省は一部の鑑定結果しか公表せず、意図的な情報操作と受け取られてもしかたがない。鑑定結果からはね多くのフィリピン人の遺骨が日本兵として帰還した可能性があると言わざるをえず、厚生労働省は説明する必要がある」と指摘しています。 

    厚生労働省は「検証報告書を公表した時点で、ほかの2人の鑑定結果はまとまっていなかった。日本人と見られる遺骨があったという事実に変わりはなく、隠していたわけではない」としています。
    2018年8月16日 19時11分 NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180816/k10011579741000.html


    【【戦没者遺骨】「日本人の遺骨なし」鑑定結果公表せず フィリピンで収集の遺骨 厚労省 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル