かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:原子力発電所

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ホムンクルス◆p6L6fkSrzrGe 19/12/02(月)18:40:28 ID:cHL
    AC7ED3EC-14A9-4C7B-BD4C-25D0F7666984
     
    民主党政権で原発事故担当相や環境相として東京電力福島第1原発事故の対応にあたった。
    事故直後から水を巡っては本当にいろいろなことが問題になった。
    (以下略)

    毎日新聞 12月2日
    https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20191129/pol/00m/010/014000c

    【【原発】細野豪志氏「韓国もトリチウム放出している」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV27,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 19/10/31(木)15:12:30 ID:???
    5715A37D-CA8C-426D-A58E-4C8502A201B2

    世界中の金融機関や政府機関をターゲットにサイバー攻撃を行っている国際ハッカー集団のラザルスグループ(HIDDEN COBRA)は、北朝鮮との関連が示唆されています。そんなラザルスグループの作成したマルウェアが、インドのクダンクラム原子力発電所のネットワークに侵入したことが判明しました。

    クダンクラム原子力発電所はインド南端のタミル・ナードゥ州にある原子力発電所で、2014年12月から
    商業運転が開始されています。インドの政府機関でかつてアナリストを務めていたセキュリティ専門家のPukhraj Singh氏は、2019年9月7日にインドがサイバー攻撃を受けたことをTwitterで示唆しました。

    (以下略)

    10月31日
    https://gigazine.net/news/20191031-indian-nuclear-power-plant-hacked/???

    【【インド】北朝鮮のハッカー集団が作成したマルウェアが原子力発電所のネットワークに侵入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV27,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 19/11/01(金)12:40:40 ID:???
    kr250

    (略)……使用済み核燃料貯蔵施設の飽和状態が深刻な状況となっているにもかかわらず、政府はこれといった対策を示せずにいる。

     政府は1983年から放射性廃棄物処分施設の建設を目指してきた。しかし、地域住民の反対に直面し、9回も延期された末、32年後の2015年に慶州に中・低レベル処理場だけを完成させた経緯がある。

     使用済み核燃料の管理政策に関する論議が進展を見せないため、韓国水力原子力は古里本部内に乾式貯蔵施設の用地を確保したまま、着工できずにいる。同社関係者は「当初の政府計画通りならば、25年までに乾式貯蔵施設を作り、使用済み核燃料を移す予定だったが、乾式貯蔵施設の建設には少なくとも7年かかるため、早くても27年にならないと本格的な解体作業には入れない見通しだ」と話した。

    ■重要技術や設備も不足

     韓国水力原子力は当初、今年下半期に解体計画書の閲覧、公聴会開催などで住民の意見を集約する構えだった。
    しかし、釜山市機張郡と蔚山市蔚州郡が主導権を争い、公聴会すら開けないなど難航している。
    原発解体に必要な重要技術や設備もまだ完全には開発できていない。
    韓国水力原子力は原発解体に必要な商用化技術は58件で、うち確保できていない技術が13件あり、重要設備11種のうち9種を今後開発する必要があると説明した。
    政府は新ハンウル3、4号機をはじめ新規原発6基の建設を白紙化する代わりに、原発解体産業の育成を提示した。
    しかし、国内で初の原発解体となる古里原発1号機の使用済み核燃料の中間貯蔵施設建設計画すら立てられない状況で、政府の計画は「空念仏」にすぎないとの指摘も聞かれる。

    (以下略)


    朝鮮日報 10月31日
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/31/2019103180083.html

    【【韓国】韓国古里原発1号機、廃炉は決まったけれど解体技術・設備・廃棄物処理場はなかった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/10/21(月) 21:29:03.42 ID:CAP_USER
    no title

    【ソウル聯合ニュース】韓国原子力安全委員会の厳在植(オム・ジェシク)委員長は21日、国会の国政監査で、台風19号による大雨などで東京電力福島第1原発事故の除染で出た除染廃棄物を入れた袋(フレコンバッグ)が流出した問題について在韓日本大使館に資料を要請したと明らかにした。対応策を講じるよう求める与党議員に対し答えた。

    厳氏は「日本大使館に詳細を知らせてほしいと要請した」と説明。11月に開かれる韓中日原子力安全上級規制者会合(TRM)でも同問題に言及する予定だと述べた。 

    聯合ニュース 2019.10.21 17:24 
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191021003600882?section=japan-relationship/index



    【【韓国にブーメラン帰ってきそうな気が】韓国政府、福島の除染廃棄物流出 日本大使館に資料要請 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2019/10/11(金) 19:05:45.68 ID:WfJZY3fQ9
    no title

     関電幹部が福井県高浜町元助役から高額の金品を受領していた問題に関して、元助役の森山栄治氏がかつて部落解放同盟福井県連書記長を務めていたことが取りざたされている。

     森山氏は1970年から2年間、部落解放同盟福井県連の書記長を務めていた。この件に関して部落解放同盟中央本部がコメントを発表している。

     解放同盟の福井県唯一の支部が高浜支部で1970年に県連とともに設立された。高浜支部が福井県連の唯一の支部であり、その所帯数も80世帯ほどの被差別部落であり、同盟員数に至っても200名ほどの小さい県連の1つであるとのことだ。

     森山氏は1972年に書記長を退任し、解放同盟を離れ、同盟の影響力がまったくない状況時に助役に上り詰め、高浜町全体に影響力を持つに至ったとのことだ。

     解放同盟は「一連の事件の本質が同和問題ではなく、原発3号機、4号機の誘致、建設にあるということがここからでも理解できよう」としている。

     ネット上の論調では、一部発言者が、森山氏がかつて部落解放同盟の役職に就いていたことがあることから、問題の図式が変わったとの論評を提示しているが、こうした発言自体が差別意識に基づくものである。

     関電の報告書は、森山氏が恫喝を繰り返し、関電側が被害者であったかのような記述であふれている。しかし、森山氏が不当な恫喝を繰り返したのであれば、関西電力は企業として毅然とした対応を取るべきであった。

     取締役会で対応を協議し、森山氏に法に触れるような対応があったのなら、法的対応を取るべきであったはずだ。そのような対応は不可能でない。毅然とした対応を示すことが企業の社会的責任でもある。ところが、関電はこうした対応を示していない。関電幹部は高額の金品を受領したままだった。

     1着50万円もするスーツを贈呈され、実際にスーツを着用していたのではないのか。提供された金品を返却するために「一時的に保管していた」との弁明が通用する余地はない。

     関電内部の調査報告書には次の記述がある。森山氏が示した「恫喝」の1つとして紹介されている事例だが、「発電所立地当時の書類は、いまでも自宅に残っており、これを世間に明らかにしたら、大変なことになる。」との森山氏発言が紹介されている。

     報告書では、森山氏は高浜原発3号機、4号機の増設時に関西電力と何度も面談し、増設に関して依頼を受けたと話していたとする。このことに関して森山氏は、当時の関電トップから手紙やハガキを受け取っており、それを保管していることを語っていたとしている。重要なことは、これらの書類や手紙にどのような事実が記載されているのかを確認することだ。

    2019年10月11日 13:00
    https://www.data-max.co.jp/article/31955
     

    【【パヨク】植草一秀氏「関電不正金品受領事件の責任を人権団体になすりつけるな」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/10/08(火) 23:19:00.98 ID:CAP_USER
     月城原子力発電所
    政府の脱原発政策により、慶尚北道慶州にある月城原子力発電所1号機が早期に閉鎖される。早ければ今月中に永久停止が確定する予定で、原発業界の懸念が高まっている。

     オム・ジェシク原子力安全委員長は、今月11日に開かれる委員会会議で月城1号機に対する「永久停止案」を審議案件として上程すると7日明らかにした。原子力安全委が永久停止案を確定すれば、月城1号機は古里1号機に続き、国内2番目の永久閉鎖原発となる。

     月城1号機は2012年に韓国水力原子力(韓水原)が7000億ウォン(現在のレートで624億円)を投じ、安全性強化措置を終えた上で運営の10年延長の承認を受けた。それにもかかわらず早期閉鎖となり、論議を呼んでいる。韓水原の理事会は昨年6月「経済性がない」との理由で月城1号機の早期閉鎖を決めた。しかし、早期閉鎖の根拠となった経済性の評価が誤っていたという指摘が相次ぐと、国会産業通商資源中小ベンチャー企業委員会は韓水原理事会に対する監査院監査の要求案を議決した。

     政府の急進的な脱原発政策によって低迷に陥った国内の原発業界の反発も強まる見通しだ。原発業界は、原発の安全な運営と過去60年にわたり構築してきた原発の生態系の維持のために、政府に対し脱原発の速度を緩めるよう求めている。

     ナ・ギヨン斗山重工業副社長は7日夕、産業資源委の国政監査に証人として出席し「脱原発政策によって、6つの原発の稼働中断に伴う売り上げ損失は7兆ウォン(約6200億円)に達する」として「原発建設の中止により、協力会社約460社の売り上げが急減した上、来年からは斗山重工業も困難になる」と話した。

     さらに、原発の生態系維持のために新ハンウル3、4号機の建設再開を求めた。ナ副社長は「残りの原発を安全に運営し、維持・保守するためには物量がなければならないが、(現在は)物量がなく原発の生態系が崩壊してきている」として「エネルギー産業は長期間かけて投資を行い、人材を育成しなければならないのに、短期間で(協力会社が)適応するのは容易ではない」と訴えた。

     しかし政府は新ハンウル3、4号機の建設を再開する考えはないとの立場だ。

     このような状況で、月城1号機まで永久停止となれば、原発の稼働停止によって仕事のなくなった原発業界は一層困難な状況になると予想される。コ・ハンソク韓国原子力研究員労組副委員長は「原発を安全に継続して運転するために7000億ウォンを投じて主要部品を新品に交換したのに、早期閉鎖するとは原発業界の立場としては納得しがたい」として「このように原発建設と運営が縮小されれば、高度な人材の離脱スピードが速まるだろう」と話した。

    イ・ジェウン記者

    朝鮮日報 2019/10/08 22:58
    【【韓国政府】「月城1号機早期閉鎖」方針に460社超の原発企業が「涙」確定すれば、古里1号機に続き2番目の永久閉鎖原発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: プラチナカムイ ★ 2019/10/03(木) 01:32:35.44 ID:pCpoP9Di9 
    5AD47B1A-88BA-43F1-A761-A03FE03F20F3
     
    「森山は地元同和の大物という話だが何か知っているか?」。「“ 人権(同和)絡み”だから森山はタブー視されてきた」。関西電力の役員が高浜町(福井県大飯郡)の元助役、森山栄治氏(故人)から多額の金品を受けていた問題で、大手メディアの記者やウォッチャーからこんな連絡を受けたのは先週末のこと。森山の住所と高浜町の同和地区を照合すると確かに“ビンゴ ”だから関心を寄せていたのだが…。単純な噂だとは思えない。億単位のカネが動き、関電のような巨大企業が恐れ、役員に金品を提供するという不可解な行為、こんな異常な現象だからこそ根拠と確信を得た。「同和が絡まぬわけがない」。こういう思いを抱いて高浜町に向かった。

    部落ネタで女性教師を廃人に追い込む

    高浜町と言えば福井県嶺南地方、通称、“原発銀座 ”に位置する自治体だ。と同時に福井県下で最も同和事業が盛んで、森山の自宅がある西三松にしみまつの隣保館「高浜町立三松センター」にはかつて部落解放同盟福井県連合会があった。関西地方に行けば市役所、町役場、公民館に人権標語が掲げられることは珍しくない。ただ北陸地方は同和のイメージが薄い。しかし高浜町は北陸にあってしっかり“同和推し ”をしている。こんな町だ。

    高浜町住民生活課の窓口に設置してある。この町のどこに部落差別があるのか不思議だった。

    議会には同和問題対策委員会もあった。
    それにしても今回の問題に違和感を覚えた人も多かったのでは? 再稼働や拡張工事など地元の理解を得るため電力会社側が有力者に金品を提供するというシナリオならばありえる話だ。しかし地元側から電力会社に金品提供とは前代未聞。なぜこんな事態が起こりえたのか? それは“ 同和のドン ” 森山が解放運動を背景に高浜市、そして関西電力を屈服させてきたからだ。あるいは森山が同和絡みというのは言及されなくても、こんな報道から見て取れる。

    10月1日、MBS(毎日放送)によれば関電は森山に原子力担当の幹部職員を対象にした人権教育研修の講師に招いていたと報じた。こうした場合の「人権」とは一般的な「人権」の概念とはかなり異なる。行政・企業にとって「人権」とは「同和」を示す一種の隠語といった存在だ。この点は過去にも指摘してきたが、一応補足しておこう。そして森山の足取りである。

    今回は「森山栄治」を含めて、彼を取り巻いた人物は故人が多い。笹沢左保の推理小説『死人狩り』ではないが、物故者の爪痕を探るのも骨が折れる。何しろ森山は享年90歳だからその関係者も当然、高齢者で助役現職時代を知る人は少ない。森山の経歴を見るといくつか興味深いことがある。時系列で紹介する。

    1969年12月11日に高浜町に入庁。
    1971年に総括課長兼建設課長。
    1975年10月11日から1977年3月31日まで収入役。
    1977年4月1日から1987年5月31日まで助役。

    入庁からわずか二年で課長になった上、「統括課長は森山のために作られた肩書き」(町関係者)。

    (中略)

    同和と在日案件 吉田開発社長は元韓国人

    おそらく森山もこのタイプに近いのではないか。ある時は解放同盟の存在をちらつかせながら原発行政を牛耳ったと考えれば納得できる。それから森山と解放同盟の関係でもう一つ証言を得たのは「吉田開発」(高浜町関屋)との関係だ。同社はご存知の通り、関電から20億円超の受注をしていた会社だ。同社・吉田彪社長は高浜町の住民ではなく、舞鶴市在住。そして現在は帰化しているが元韓国人だ。こういう証言を紹介しておこう。

    「吉田さんは舞鶴の解放同盟員に森山を紹介してもらい、1984年頃に高浜に来た。そこから短期間のうちに吉田開発とゴルフ練習場で大儲けした。それも森山の後ろ盾があってのことだ」

    吉田開発の前には吉田社長にインタビューをしようと報道陣が連日、押し寄せている。近隣住民は言う。

    「韓国人やったのはこの辺りの人は知っているよ。でも人柄も悪くないし吉田ださんに悪い印象はないなあ。。森山さんは嫌いだけどね。ここ数年はそうでもないんやけど、大雪が積もることがあったから、吉田さんの会社が重機を出して除雪してくれた。様子? うん、感じよかったよ」

    そんな吉田社長は会社にも不在、そして舞鶴市の自宅にも不在で、近隣住民によれば「車がないから遠出しているんじゃないか」ということだ。報道陣から雲隠れしているのだろう。

    2019年10月2日
    https://jigensha.info/2019/10/02/kanden/

    【【パヨク発狂】関電が恐怖した 高浜町助役は 地元同和の ドンだった!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/09/17(火) 13:55:26.38 ID:CAP_USER
     kr250
    米国が原子力発電所(原発)40基を建設する中東版「マーシャルプラン」市場を一緒に攻略しようと韓国に提案した。中東でロシア・中国を牽制(けんせい)しようとする米国の戦略と韓国の優れた原発技術力が複合的に影響を及ぼした。 

      中央日報は11日(現地時間)、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビで開かれた第24回世界エネルギー総会で、エネルギー業界の複数の有力な高位関係者と会合した。この関係者によると、米国ワシントン近東政策研究所諮問委員で世界安保分析研究所会長のロバート・マクファーレン氏をはじめ、5人の米国関係者が、6月中旬に訪韓して韓国の原発産業高位関係者と接触した。 

      当時、マクファーレン氏らが訪韓した理由は、米国政府が推進中の「中東版マーシャルプラン」ためだというのがアブダビで会ったエネルギー業界関係者の説明だ。中東版マーシャルプランは中東地域に40基余りの原子力発電所を建設して経済復興を導くという米国のプロジェクトだ。特に消息筋は「米国ホワイトハウスのトップレベルのシグナルによってマクファーレン氏が訪韓したと承知している」とし「この時点を前後して韓国政府関係者もワシントンでコンソーシアム構成問題を議論した」と話した。 

      UAEで原発4基を作るのに主契約規模(整備事業など除外)が244億ドル(約28兆ウォン、約2億6400万円)であったため、同じような建設費用が投じられると仮定すると、40基なら2440億ドルに達するものと予想される。 

      米国が原発輸出市場で韓国に手を差し出したのは、最近のサウジアラビア商用原発受注戦で入手した情報が影響を及ぼしたとみられる。サウジアラビアは2.8ギガワット級の原発2基の建設を推進中だ。サウジアラビアが5社の予備事業者(韓国・米国・フランス・中国・ロシア)を対象に実施した「技術評価」部門で、米国が相対的に低い評価を受けたという機密情報を入手し、相対的に高い評価を受けた韓国に手を差し出したというのがこの消息筋の説明だ。 

      国際情勢の変化とも密接な関連がある。現在のところ、複数の原発建設プロジェクトを一斉に推進できる技術を備えた国家は世界で5カ国だけだ。このうち米国と経済・軍事的に密接な関係があり米国が信頼できる原発技術を備えているのは韓国だけだ。 

      匿名を求めたエネルギー業界の最高経営責任者(CEO)は「国際力学関係を考慮する時、韓国と米国が今手を握れば世界の原発輸出市場を事実上寡占できる機会が開かれる」とし「たとえ韓国政府が脱原発政策を推進中だとしても、理念のために消極的に検討するには大きすぎる資金が動くという点で、両国が積極的にこの機会を生かすほうが賢明だ」と助言した。

    中央日報 2019年09月17日 06時57分
    https://japanese.joins.com/article/653/257653.html

    【【韓国の妄想?】米国「韓国、中東に原発40基を一緒に作ろう」 破格の提案 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 一般国民 ★ 2019/07/02(火) 02:08:49.60 ID:CAP_USER
    ロシアの海上原発、北極海へ出発 「海上のチェルノブイリ」と批判も

    「アカデミック・ロモノソフ」内部の司令センター/Rosatom
    no title

    サンクトペテルブルクに停泊する「アカデミック・ロモノソフ」/Rosatom
    no title


    【科学(学問)ニュース+】

     ロシア・ムルマンスク(CNN) ロシアが20年近くかけて建造してきた海上浮揚式原子力発電所「アカデミック・ロモノソフ」が今月、極東の最終目的地ペベクへ向けて出航する。

     ロモノソフは全長144メートル。 曳航(えいこう)されてムルマンスクを出港し、北極海航路をたどってモスクワから約6400キロ離れた北極圏の港町ペベクを目指す。
     海上に停泊してチュクチ自治区の入植地や、炭化水素や宝石を採掘する企業に電力を供給する計画。

     ペベクのようなロシア北極圏の町や村には約200万人が居住する。
     中には飛行機や船でしか近づけない場所もある。
     しかしこうした地域はロシアのGDPの最大20%を担っており、シベリアの資源埋蔵量が減少する中で、 北極圏の豊富な石油やガス採掘を目指すロシアの計画の鍵を握る。

     しかし原発を北極海に浮かべる計画は環境保護団体などの批判の的になり、グリーンピースはロモノソフのことを、1986年に壊滅的な事故を起こしたチェルノブイリ原発にちなんで「氷上のチェルノブイリ」「海に浮かぶチェルノブイリ」と形容した。

     ロシアの原子力プロジェクトを担う国営企業のロサトムは、そうした批判は筋違いだと反論してきた。
     ロモノソフの環境保護対策責任者は、チェルノブイリ原発とロモノソフとでは、原子炉が稼働する仕組みが異なると説明。 「もちろんチェルノブイリのような事態は決して繰り返してはならない。(ロモノソフは)北極海の海上に停泊して常に冷却される。 冷却水が欠如することはない」と強調する。

     海上の原子力発電は、米軍も1960年代、パナマ運河に浮かべた船上に小規模な原子力発電施設を装備して、ほぼ10年間運用を続けた。
     民間では米エネルギー会社のPSE&Gがニュージャージー州沖の海上に発電所を浮かべる計画を打ち出したが、 住民らの反対や環境への影響を懸念する声が高まり、1970年代にプロジェクトは中断に追い込まれた。

     ロシアでもチェルノブイリ原発の惨事を受けて原子力業界に対する不安が高まり、原発の建設計画が相次いでストップしていた。

     チェルノブイリの爆発による直接的な死者は31人前後にとどまる。
     だが数百万人が危険な濃度の放射線にさらされた。

     長期的な被爆による死者の数を巡っては見解に食い違いがある。
     国連は2005年の時点で、関連のがんによる死者を最大で9000人とする推計を明らかにした。
     これに対してグリーンピースは、チェルノブイリ事故に関係する健康問題も含めると、死者は最大で20万人に上ると推定している。

     以後、ロシアの原発で重大な事故は起きていない。
     ロサトムでは信頼性と安全性を強調し、原子炉の現代化や高度化を進めてきたと説明する。

     しかし2011年に東京電力福島第1原発の事故が発生した。
     水浸しになった原子炉の写真は今も記憶に焼き付いている。
     ロシアの海上浮揚式原発については、核燃料の定期的な廃棄や、巨大な波に襲われた場合の対応などを巡って不安が付きまとう。

     福島の教訓は学んだとプロジェクト担当者は主張、「たとえ巨大津波に襲われたとしても、係留が外れることはない。 もしも陸上に乗り上げた場合でも、バックアップシステムによって24時間電力供給なしで原子炉の冷却を継続できる」 と話す。

     これに対し、原子力プロジェクトと環境への影響を調べている非政府組織(NGO)ベローナの専門家は、 原子炉2基を搭載した施設が、もしも津波によって打ち上げられた場合、24時間で惨事を防ぐことはできないと指摘している。

    CNN.co.jp 
    https://www.cnn.co.jp/world/35139279.html 
    2019.07.01 

    【【原子力】ロシアの海上原発、北極海へ出発 「海上のチェルノブイリ」と批判も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/06/21(金) 14:35:13.66 ID:CAP_USER
     kr250
    随筆家の皮千得(ピ・チョンドク)先生はこのように書いた。「愚者は縁に巡り合ってもそれが見えず、凡人は縁だと思いながらも見逃し、賢者は襟をかすめただけで縁を生かす」。何も縁だけのことだろうか。手に持ってきた機会を機会であることすら分からずに、逃した後に逆にもっとひどい目にあった愚かさを歴史は記録する。 

      1543年、日本九州南端の種子島の島主・時尭は漂着した中国商船に乗っていたポルトガル船員からマスケット銃(火縄銃)2挺を購入した。対価は銀2000両。今の価値に換算するとおよそ数億円になる。当時の物価水準で兵士200人を1年間維持できるお金だ。辺境の島主はどうしてこれほど多くの銀を持っていたのだろうか。 

      その疑問を頼りに遡ってみると朝鮮から流出した先端製錬術にぶち当たる。鉛銀分離術。鉱石に混ざっている鉛と銀を融点の違いを利用して分離する画期的な技術だ。咸鏡道(ハムギョンド)の端川(タンチョン)鉱山で働いていた金甘佛(キム・ガムブル、良人)とキム・ゴムドン(奴婢)が開発して燕山君(ヨンサングン)の前で実演したという記録がある。燕山の関心は銀で買える明国のシルクにあったが、とにかくこの技術は一時朝鮮を銀生産強国にした。しかし政権奪回に成功した中宗(チュンジョン)勢力にとって、この技術は贅沢と享楽を助長する「積弊」でしかなかった。贅沢根絶と農業奨励という名分のもと、端川鉱山は閉鎖され(1516年)、新技術は廃れていった。 

      端川鉱山閉鎖17年後、路頭に迷った朝鮮の製錬術を喜んで迎えたのは日本の石見銀山だった。朝鮮から渡っていったと推定される2人の技術者が新しい製錬術を披露した。貧しかった石見はあっという間に世界2位に銀山となり、日本は銀が大量に生産される国になった。積弊に国を追われた朝鮮の技術でなかったとすれば、辺境の島主の手にあった銀2000両は存在しなかったかもしれない。49年後、複製と改良を繰り返した2挺のマスケット銃は「鳥銃」へと変化して朝鮮の心臓を狙った。 

      500年前の歴史は韓国型原発技術流出問題を契機に現在とオーバーラップする。原発運営診断プログラム「NAPS」という先端技術がUAEと米国会社に奪われたという疑惑だ。「脱原発」のせいではないのかという疑問を韓国水力原子力(韓水原)は口を極めて否定する。内部手続きにともなう正当な技術輸出であり、産業スパイの疑いを受けている幹部の離職も現政権発足以前のことだという。 

      疑惑は捜査を通じて明らかになるだろう。しかし、世界最高水準の韓国の原発技術が韓国の地で少しずつ場を失っているという事実は否定し難い。昨年、韓水原・韓電技術・韓電KPSなど原子力関連公企業3社から出ていった人員が144人になる。脱原発政策開始前である2015年の2倍水準だ。彼らのうち相当数が海外の原発企業へと離職していった。彼らの頭の中にあるものはみな技術で、ノウハウだ。見込みのない可能性にこだわる後進たちもいない。ソウル大学のある原子力教授は「数年前でさえ研究室はいつも賑やかだったが、最近は寂寥としている」と訴えた。50年間かけて積み上げてきた原発所生態系が崩壊している現場だ。 

      このような風景は何も原発だけだろうか。世界的競争力を備えた製鉄所は「環境積弊」の汚名のもとで操業停止に追い込まれようとしている。世界のどこも問題視していない高炉整備方式が、唯一韓国では問題になった。「4大河川積弊清算」スローガンはついに堰を決壊させる勢いだ。大金を投じて開発した海外の鉱山は「資源外交積弊」張り紙が付けられたまま安値処分を待っている。どのようなものが汚水で、どのようなものが赤ん坊なのか区分しようという考えがあるのかどうか疑わしい。 

      朝鮮の手でつかんだ機会を足で蹴ってしまった責任は誰にあるのか。お金と生きる道を求めて技術を売り飛ばした「裏切り者」にあるのか、世の中と時代の流れに目と耳をふさいだ愚かな為政にあるのか。汚水と共に捨てられた赤ん坊は21世紀経済戦争で、鳥銃となって戻ってくるかもしれない。 

      イ・ヒョンサン/論説委員

    中央日報 2019年06月21日 14時06分
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=254709&servcode=100&sectcode=120


    【【韓国】短刀として戻ってきた朝鮮の「積弊技術」朝鮮から日本に流出した先端製錬術 鉛銀分離術「銃」へと変化し朝鮮の心臓を 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2019/05/28(火) 12:34:11.80 ID:CAP_USER
    BD56F5E6-2CF7-4C64-B2AF-C5FBFE0B0473
     
    韓国政府が脱原発政策を進めて韓国国内の原子力生態系が崩壊する兆しを見せると輸出に突破口を設けると公言したが空しいスローガンにとどまっている。2017年6月の韓国政府の脱原発宣言後、海外で建設・整備契約を1件も獲得できなかっただけでなく単独落札が有力だった受注も相次いで逃している。

    原発業界は政府の基調が変わらない限り韓国の原発産業の持続可能性に疑問を示す原発輸入国の見方は変わらないだろうとみている。

    ◇続くUAEとの不協和音

    アラブ首長国連邦(UAE)原子力公社のモハメド・アルハマディ社長は1月に韓国電力と韓国水力原子力に正式な抗議文書を発送した。韓国型原子炉APR1400を採用したバラカ原発現場から専門人材を一方的に撤収させたという理由だ。韓国水力原子力は海外人材交代計画に基づき150人ほどのスタッフを交替した。

    アルハマディ社長は書簡で「原発長期整備契約(LTMA)のような重要な交渉が終えられようとする時点に事前通知なく人材を引き揚げたということは衝撃的。効率的な労働力を維持することにした(韓国水力原子力の)契約履行の意志に疑問を感じさせる」と不満を吐露した。

    UAEと韓国間の疎通が円滑でないことを示す端的な事例と評価される。

    LTMAはバラカ原発4基の整備・修理を担当する事業で、総額2兆~3兆ウォン規模だ。UAE側は当初韓国と随意契約しようとしたが2017年に突然国際競争入札に変えた。ここでも韓国水力原子力と韓国電力KPSの「チームコリア」が単独受注できない可能性が高いとの観測が出ている。

    UAEが韓国に原発整備を任せる代わりに米国(エクセロン、アライドパワー)、英国(バブコック)などにも下請け形態で広く配分する案を検討しているという。

    契約期間もやはり当初の10~15年の代わりに3~5年ずつ分けると伝えられた。韓国の技術で作った原発の一括整備契約を得られないだけでなく受注額もやはり数千億ウォン水準にとどまる可能性があるという話だ。

    脱原発宣言前の2016年だけでも韓国はUAE原発を60年間維持・補修することで暫定合意したのに続き、同年に韓国水力原子力は1兆ウォン規模の運営支援契約(OSSA)を獲得している。


    2019年05月28日10時56分  中央日報
    https://japanese.joins.com/article/836/253836.html?servcode=300&sectcode=300

    【【韓国にゲキオコ】UAE「韓国の原発約束信じられない」…単独落札受注まで相次いで逃す 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/04/21(日) 05:04:25.87 ID:COJMBdrp9
    cn250

    中国で原発開発加速 世界3位に 勢力図に変化も
    2019年4月20日 22時03分各地の原発

    中国で運転中の原子力発電所の数は、ことし1月時点で44基となり、世界3位となりました。一部の先進国で原発に依存する割合を引き下げる動きがある一方、中国での開発は加速していて、世界の原発建設の勢力図に変化が見られています。

    原発関連のメーカーなどでつくる団体、「日本原子力産業協会」のまとめによりますと、ことし1月時点の中国での運転中の原発は前の年より7基増えて44基となりました。

    これは、98基のアメリカ、58基のフランスに次いで世界3位となります。中国は電力需要の増加や大気汚染に対応するため、原発を増やしていて、このほかに、建設中や計画中の原発が38基あるということです。

    日本の原発の数は38基で、現在、再稼働している原発は9基となっています。

    原発の建設計画を巡っては、福島での事故のあと安全性への懸念や事故に備える費用の上昇などで世界的に見直しの動きが出ています。

    先進国では、ドイツが脱原発にかじを切ったほか、原子力大国と言われるフランスも、原発に依存する割合を引き下げる方針を示しています。

    一方、中国での原発の開発は加速していて、世界の原発建設の勢力図に変化が見られています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190420/k10011890811000.html 
    【【中国で原発開発加速】世界3位に 勢力図に変化も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/03/15(金) 17:42:27.74 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の原発を運営する韓国水力原子力(韓水原)によると、15日午後1時25分ごろ、南西部の全羅南道霊光郡にあるハンビッ原発5号機(100万キロワット)の運転が停止した。

    変圧器の不具合でタービン発電機が停止し、稼働が止まった。

    原子炉の出力は33%まで低下したが、安定した状態を維持しているという。

     原発側によると、放射能漏れはなかった。原因を調査し、近く運転を再開する方針だ。

     ハンビッ5号機は2002年に商業運転を開始した。昨年9月に12回目の計画予防整備を行い、同年11月から再稼働していた。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190315002800882?section=society-culture/index
    聯合ニュース 2019.03.15 14:56

    no title

    ハンビッ原発=(聯合ニュースTV)

    【【韓国】原発1基運転停止 放射能漏れなし】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2019/02/27(水) 16:18:30.61 ID:CAP_USER
     no title
    機械翻訳

    文大統領、UAE皇太子に「原発協力、100年見てのように行こう」
    記事入力2019-02-27 15:43

    「バラカ原発協力は象徴的事業...原発技術移転・3カ国共同進出協力 "

    モハメド皇太子 "5G・AIなど4次産業革命の分野、原発以上の協力希望"

    (ソウル=聯合ニュース)イ・サンホンバクギョンジュン記者=ムン・ジェイン大統領は27日、モハメド・ビン・ザイドアル - 私ナヒヤーンアブダビ皇太子兼アラブ首長国連邦(UAE)統合軍部総司令官に原発協力と関連して、「次の100年を見てのように行こう」とと述べた。

    文大統領はこの日午前、大統領府で公式訪韓中のモハメド皇太子との首脳会談で、「原発は構想から設計・建設・運営・整備に至る全周期的な協力が必要な事業」と、このように述べたギムウイギョム大統領府報道官が記者会見で伝えた。

    文大統領は「韓UAE関係は仲間を越えて同盟には、兄弟国に発展している」とし「バラカ原発協力事業は、両国間の特別な関係を象徴的に示す事業」と述べた。

    それとともに「原発技術は以前から第3国共同進出するために至るまでのように協力して行ってほしい」と付け加えた。

    韓国電力公社とUAE原子力公社(ENEC)を中心とする両国原発業界は今回の首脳会談をきっかけに、この日バラカ原発運営準備のためのサポート・協力などで合意し、「バラカ1号機の燃料装填・試運転・運営のための協力宣言文」を採択した。

    バラカ原発長期維持の契約(LTMA)受注戦の結果は、次の月に出てくる。

    モハメド皇太子は4次産業革命の時代に韓国との強力な協力を要請し、「このような新しい分野では、原子力発電所の協力を超える協力を求めて」と言った。

    彼は特に5GとAI(人工知能)分野の協力を希望したとバクジンギュ青瓦台通常秘書官がブリーフィングで伝えた。

    NAVER(韓国語)
    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D001%26aid%3D0010662418ate%3D20190227%26type%3D1%26rankingSeq%3D6%26rankingSectionId%
    3D100&usg=ALkJrhgLyTpoK6M4nItw
    _xlARKds_sy-Ig

    【【国際】文大統領「UAEは韓国の兄弟国だ」「100年間にわたり原発協力していこう」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍法帖【Lv=11,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/12/21(金)12:30:33 ID:???
    C4A2527B-87B3-4EC0-97E0-3D5668D83C0F

    2018年12月20日、韓国・朝鮮ビズは、韓国が初めて輸出したアラブ首長国連邦(UAE)のバラカ原発の
    建設現場の状況について「飲酒運転、セクハラ、暴言で大荒れになっている」と報じた。
    韓国のバラカ原発建設事業は20兆ウォン(約2兆円)を超える大型プロジェクトで、原発4基の工事の
    進捗(しんちょく)率は約91%に達している。
    3月に完成した1号機は来年末もしくは20年初旬に稼働を開始する予定だという。

    記事によると、バラカ原発に派遣された韓国水力原子力の職員たちが現地で問題を起こし、
    韓国に戻されるケースが相次いでいる。
    ある職員は先月4日、現地の女性職員に対し数カ月にわたりセクハラ行為を繰り返していたことが発覚し帰国させられた。

    その他にも、3月には飲酒運転で摘発された職員が、5月には禁止されている酒類を搬入しようとして見つかった職員が、先月には同僚に暴言を吐いた職員が戻され、それぞれ懲戒処分を受けたという。

    さらに韓国水力原子力職員らの外国語能力も問題となっている。バラカ原発に派遣される職員の
    英語能力は「TOEIC700点以上」と定められているが、職員の約15%が基準に達しておらず、中には200点台の職員もいる。
    そのため「現地の関係者との意思疎通が困難」との指摘が出ているという。

    また記事は、来年上半期に予定されているバラカ原発の長期整備契約(LTMA)の受注についても「見通しは不透明」と懸念を示している。
    韓国水力原子力が受注に成功した場合、16年に受注した約1兆ウォン規模の原発運営支援契約(OSSA)に次ぐ大規模事業となる。
    バラカ原発には韓国型原発が設置されるため、韓国政府は「LTMAも当然、韓国水力原子力が受注する」との考えを示しているというが、業界からは「国際競争入札で行われ、米国や英国も参加するため、
    受注は確実でない」との声が上がっているという。

    (以下略)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b673112-s0-c30-d0058.html

    【【国際】韓国が初輸出したUAE原発、建設現場は「大荒れ」?=韓国ネットからも懸念の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2018/12/17(月) 12:59:07.27 ID:CAP_USER
    kr250

    アラブ首長国連邦(UAE)で韓国が建設中のパラカ原子力発電所3号機格納建物に“亀裂”がある可能性が提起された。コンクリート壁内に注入した潤滑油のグリスが、壁の外側にできた空隙から漏れ出ているのが発見された。不良施工問題で、工事期間の遅延と建設費用の増加が予想される。

    アラブ首長国連邦連邦のクリステル・ヴィクトルソン原子力規制庁(FANR)庁長は先月21日、米国のエネルギー分野専門紙「エネルギー・インテリジェンス」(EI)とのインタビューで、昨年3号機の格納建物の壁でグリスの漏出が発見されたと明らかにした。

    ヴィクトルソン庁長は「予想外の所からグリスが流れ出始めた」として「作業者が一カ所で空隙を発見した」と明らかにした。該当インタビューは7日「パラカ原子力発電所は魔法を失ったか?」というタイトルの記事に含まれた。アラブ首長国連邦の原子力規制庁は、韓国の原子力安全委員会のようにアラブ首長国連邦の原子力公社エネク(ENEC)などを管理監督する連邦政府の機構だ。

    グリスが漏れ出たというのは、当初知らされた問題の“空隙”より深刻な水準である“亀裂”がある可能性を示唆する。厚さ100~120センチの格納建物の壁は、原子炉の異常などで内部の圧力が増加しても耐えられるよう、壁内に金属のケーブル“テンドン(腱)”を複数埋設する。

    コンクリート打ちを終えれば、鉄鋼材の円筒内に入れたテンドンを引き寄せ、壁に張力をかけるいわゆる「ポストテンショニンング」工法を使うが、この過程を容易にするため円筒内にはグリスを注入する。

    したがって、グリスが外壁で発見されたということは、壁に亀裂があるかもしれないという話になる。今年8月、同じ問題が発見された全羅南道霊光(ヨングァン)のハンビッ4号機は、現在もグリスの漏洩部位を探しているほど、簡単でない問題だ。

    「エネルギー・インテリジェンス」も「テンドンからコンクリート壁までの“漏洩経路”(leakage path)がありうる」という業界専門家の説明を伝え、アラブ首長国連邦の原子力発電所建設の「技術的問題が予想より大きくなった」と評価した。

    アラブ首長国連邦側は、原因調査と補修工事中だと明らかにした。エネクは、4日にホームページを通じて「パラカ原子力発電所2号機と3号機で空隙が発見された」と公式に認めた。

    エネクが空隙の存在を対外的に認めたのは、今回が初めてで、10月16日にキム・ジョンガプ韓国電力社長が国政監査で「アラブ首長国連邦の原子力発電所にも空隙がある」と明らかにしてから約2カ月ぶりだ。エネクは特に、韓電、現代建設、サムスン物産の“コリアチーム”とだけの作業ではなく、エネクと契約した「独立的なコンクリート専門家」も調査に参加したと明らかにした。

    エネクは公式立場文で「パラカ2・3号機の整備が、原子力発電所建設プロジェクトには影響を与えないと予想される」と明らかにした。しかし、当初3号機の竣工目標時期は今年末であり、もう半月しか残っていない。1~4号機全体を対象に空隙の存在有無を確認するために、すでに追加の費用と時間が少なからず投入された。

    さらにエネクと韓電は契約当時「工事遅延時には一日60万ドルの遅滞補償金を賦課する」ことに合意した。脱原発のためにアラブ首長国連邦の原子力発電所事業が揺らいでいるという原子力発電所業界など一部の主張とは異なり、建設中に生じた技術問題が工期の遅延および費用増加の憂慮を膨らませている。

    ヴィクトルソン庁長はインタビューで「私たちが運営許可を出す前に、彼ら(韓国)がこの問題を直さなければならない」と話した。


    2018-12-17 11:16
    ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/32362.html
    【【完成前でよかった】韓国が建設したUAE原発に“亀裂”可能性…UAE側“調査中”  工期遅延、補修工事で費用増加憂慮】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2018/12/04(火) 12:24:12.80 ID:CAP_USER9
    政府や三菱重工業などの官民連合がトルコの原子力発電所の建設計画を断念する方向で最終調整に入った。建設費が当初想定の2倍近くに膨らみ、トルコ側と条件面で折り合えなかった。トルコでの原発新設は日本政府のインフラ輸出戦略の目玉の一つ。国内で原発の新設計画が見通せないなか、日本は原発戦略の立て直しを迫られる。

    原発新設は2013年に日本、トルコ両政府で合意。三菱重工を中心とした日仏企業連合が黒海沿岸のシ

    有料記事

    日本経済新聞
    2018年12月4日 2:27
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38499400T01C18A2MM8000/

    【【官民連合】トルコ原発、建設断念へ 政府や三菱重工業などの官民連合 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2018/11/29(木) 10:15:19.23 ID:CAP_USER
    99D5CC26-7C82-403C-9B30-A5502E291368
     
     アラブ首長国連邦(UAE)がフランス電力(EDF)と韓国の独自技術で建設しているバラカ原子力発電所の運営・維持保守に関する契約を結んだ。原発業界は、UAEが韓国型原子炉「APR-1400」が採用される原発の維持保守に関わる契約をフランス企業と結んだこと自体が不適切であり、長期的に韓国の原発独占運営権を侵害しかねないと懸念している。

     韓国産業通商資源部(省に相当)によると、EDFはウェブサイトを通じ、11月21日にUAEの原発運営会社であるナワ(Nawah)とバラカ原発の運営・維持に関する長期契約を結んだと発表した。契約期間は10年で、1000万ドル(約11億3600万円)と小規模だという。ナワはUAE原子力公社(ENEC)と韓国電力公社が2016年に共同で設立した会社であり、バラカ原発の原子炉4基を運営・管理している。

     EDFは「50年以上の経験に基づき、UAE初の原発であるバラカ原発の運営安全、放射能管理、燃料周期管理、環境監視など広い分野でエンジニアリング研究、現場支援、教育などを支援するサービスを提供する予定だ」と説明した。また、「今回の契約を契機として、フランスとUAEによるエネルギー分野でのパートナーシップがより強化された」と指摘した。

     バラカ原発は2020年に完成予定で、出力1.4ギガワットクラスの原子炉4基で構成され、設計・工事費用は20兆ウォン(約2兆円)に達する。ナワは16年、韓国水力原子力(韓水原)と期間15年、9億2000万ドル規模の運営支援契約(OSSA)を結んだ。ナワはまた、原発運営に関連し、さまざまな整備・保守業務を支援する「LTMA契約」を結ぶため、細部の検討を進めている。原発業界からは「韓国とライバル関係にあるEDFが韓国の技術で建設した原発の運営に関する契約を結んだことは長期的に独占運営契約に影響を与え、韓国の技術がライバル企業の知るところになる可能性がある」と懸念した。産業通商資源部は「EDFとナワの契約はバラカ原発の運営自体ではなく、単純な技術コンサルタント契約にすぎない」との見方を示した。EDFは世界の原発市場で70基以上の原子炉を管理する世界最大の原発企業だ。

     EDFとナワによる契約締結という情報を受け、韓国政府と韓国電力公社は事実確認に乗り出した。産業通商資源部は「ナワとEDFによる契約は発電所の運営以外に追加で必要となる一部分野を支援する契約であり、バラカ原発の運営権と関連がある契約とは見なせない」との立場で、「ナワと原発運営に関する契約を結ぶためには、事前に韓国電力との協議が必要だが、今回の契約に事前協議がなかったのは、小規模の技術コンサルティングだったからだ」との認識を示した。

     産業通商資源部の説明によれば、UAEはバラカ原発の建設中にも、韓国電力公社以外に米国や英国と企業と技術支援契約を結んだ経緯があり、韓水原も米独などのライバル企業と運営支援関連のコンサルティング契約を結んでいる。しかし、韓国とライバル関係にある企業が韓国型原発の運営技術に関する契約を結んだことで、長期的な影響は避けられないとの指摘が出ている。一部からはEDFが技術コンサルティングの名目で韓国型原子炉の技術情報に触れる可能性が高いとの懸念も示されている。

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/29/2018112980015.html

    【【約束を破ったのは韓国】UAEが韓国に無断で仏企業と原発運営関連契約 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆ciadbU3kq9FF 2018/11/12(月)19:44:46 ID:UxA
    no title

    全羅南道霊光の原子力発電所ハンビッ4号機の格納建物のコンクリート壁から横2メートル、縦70センチの小さな“洞窟”が発見された。ハンビッ4号機は20年余り前の手抜き工事の跡が一つ二つと明らかになり、議論を起こしている。
    これまでコンクリートの内側の壁面に深さ6.5~38センチの穴が空いた空隙(空間)が発見されてきたが、今回は新しい形の超大型の空隙が発見され、格納庫のコンクリートの壁が放射線物質を遮断する機能ができるどうかをめぐって議論が起こっている。

    韓国水力原子力とハンビッ原発に関する官民合同調査団の説明を総合すると、今年8月31日の調査時に横88センチ、縦25.5センチ、深さ38センチの空隙が発見されたが、最近の拡大調査でこの空隙の大きさが長さ207センチ、縦70センチの“洞窟”レベルにいたることが新たに確認された。

    この隙間の大きさが2カ月余りで大きくなったのは、裸眼検査だけでは実際の大きさが確認しにくかったからだ。これまで韓水原は、壁面の内側を取り囲んでいる厚さ6ミリの鉄板を木製ハンマーで叩き、音を聞いて空隙があると疑われれば、鉄板の一部を取り上げて目で確認する方式を使ってきた。しかし、今回の超大型の空隙は壁の内側に入り込んでいて、鉄板を取り外した直後には一部だけが目に見える水準だった。

    これまで“仮説”の域に留まっていた洞窟の形の空隙が実際に発見されたことによって、調査方式についての議論が加熱するものとみられる。先月24日、霊光郡議会で行われた官民合同調査団の第7回会議当時、ある住民が「壁面の内側に亀裂や空隙があるとしたら技術的に探せるのか」と尋ねると、韓水原関係者は「不可能だ」と答えたという。実際のコンクリートの壁の状態がどの程度なのか把握するのが難しいということだ。

    コンクリート壁の空隙は、過去にコンクリート打ち工事をきちんと行わなかったため生じたものと把握されている。官民合同調査団関係者は「韓水原は初めて調査を始めた時は空隙の大きさが最大でも8センチくらいだろうとしたが、調査すればするほど覆うことができない深刻な問題が明らかになっている」とし、「韓水原が調査にもっと積極的に乗り出す必要がある」と述べた。

    これに先立ち、韓水原のチョン・ジェフン社長は先月18日、国会国政監査で「市民団体が望む全体部位を調べ、(時間が)いくらかかっても安全措置を完全に終える」と述べた。ハンビッ4号機は昨年5月18日に点検に入り、540日間以上止まっている。

    ハンギョレ 2018-11-12 09:35 修正:2018-11-12 15:12
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/32086.html

    【【原発】ハンビッ原発4号機の防護壁に大きさ2メートルの超大型の穴=韓国】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/10/26(金) 14:59:36.60 ID:CAP_USER
    un250
     
    【米州総局】国連人権理事会で有害物質の管理・処理などを担当するトゥンジャク特別報告者は25日、国連本部で会見し、東京電力福島第1原子力発電所の事故で避難した子どもや出産年齢の女性の帰還について「問題視している」と述べた。被曝(ひばく)線量が年間1ミリシーベルト以下という基準が適切で、20ミリシーベルト以下で避難指示を解除している日本政府の対応を批判した。

    日本政府は会見後に開かれた会合で、20ミリシーベルト以下という基準値は国際放射線防護委員会による勧告の範囲内だとし、報告者の批判は「風評被害に苦しむ福島の人々の状況悪化につながりかねない」と反論した。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36951830W8A021C1000000/

    【【福島第一原発】国連報告者、福島事故の帰還で日本を批判】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル