かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:原子力空母

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/04/18(土) 12:48:03.57 ID:CAP_USER
    艦内で新型コロナウイルス感染者が続出したと報じられているアメリカの原子力空母セオドア・ルーズベルトで、検査により新型コロナウイルスに感染していると診断された乗組員の半数以上が新型コロナウイルス感染症の症状を呈していないことが判明しました。

    Coronavirus clue? Most cases aboard U.S. aircraft carrier are symptom-free - Reuters
    https://www.reuters.com/article/idUSKCN21Y2GB
    no title


    原子力空母セオドア・ルーズベルトでは、2020年3月31日の時点で100人を超える新型コロナウイルスの感染者が発生してしまい、危機感を訴えたブレット・クロージャー艦長が解任される事態も起きています。

    空母で新型コロナウイルス感染者が発生していると上層部に助けを求めた艦長が解任される - GIGAZINE

    その後の検査により、さらに多くの乗組員が新型コロナウイルスに感染したことが判明しており、乗組員4800人のうち約94%の検査が終了した2020年4月17日時点での感染者数は600人を超えているとのこと。また、4月13日には空母セオドア・ルーズベルトで航空兵器長を務めていた41歳の乗組員が新型コロナウイルスで命を落としているほか、4月16日の時点で6人の乗組員が入院を余儀なくされています。

    一方、アメリカ海軍のフィリップ・ソーヤー海軍中将の発表によると検査で陽性と判定された600人以上の乗組員のうち、60%が新型コロナウイルス感染症の症状を呈していないとのこと。これはあくまで4月17日時点の状況であるため今後症状がでないとも限りませんが、「無症状者が60%」という数値は、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)による「無症状者は25%程度」という推定値の倍以上と非常に高い値です。

    この結果について、アメリカの軍部は当惑した反応を見せています。テレビ番組のインタビューで、無症状者が多い件について尋ねられたマーク・エスパー国防長官は、「困惑しています」と回答。

    また、アメリカ海軍で軍医総監を務めるブルース・ギリンガム海軍少将は「この無症候性感染というステルス性能が、新型コロナウイルスという敵の秘密兵器であることが分かってきています」とコメントしています。

    一方、この件について報じているロイター通信は「空母セオドア・ルーズベルトは、ほとんど若者しかいない閉鎖された環境で、新型コロナウイルスが無症状のまま拡散しているという研究者向けの事例を提供しています」と述べて、感染者の多くが無症状なのは若者が多いためだという可能性を示唆しました。

    また、ヴァンダービルト大学医療センターの感染症の予防医学教授であるウィリアム・シャフナー氏は「新型コロナウイルスで症状が出ない人の割合は正確には分かっていないので、非常に興味深い事例です」と話しています。

    https://gigazine.net/news/20200417-coronavirus-aircraft-carrier-clue-symptom-free/

    【【新型コロナ】新型コロナウイルス感染者が大量発生した空母の乗組員の「大半が無症状」という謎、米国国防長官も困惑】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/03/01(木) 00:19:01.88 ID:CAP_USER9
    cn250

    中国の国有企業が、中国で初めてとなる原子力空母の開発を進める計画を明らかにし、習近平指導部のもとで、「海洋強国」を目指す中国が海軍力の増強を図ろうという姿勢が鮮明となっています。

    中国では、2012年に空母「遼寧」が初めて配備されたのに続いて、国産の空母の建造も進められていて、中国海軍は、少なくとも4隻の空母を保有する計画があると見られています。

    こうした中、中国の大手国有企業、「中国船舶重工グループ」は、28日までに示した今後の方針の中で、習近平国家主席が掲げる強い軍の建設という目標を断固として貫徹させるとして、中国で初めてとなる原子力空母の開発を進める計画を明らかにしました。

    中国船舶重工グループは、このほかにも新型の原子力潜水艦なども建造するとしていますが、いずれも具体的な性能などは明らかにしていません。

    原子力空母は通常動力型の空母に比べて作戦範囲が格段に向上するだけに、今回、原子力空母の開発計画が明らかになったことで、習近平指導部のもとで、「海洋強国」を目指す中国が海軍力の増強を図ろうとする姿勢が一層鮮明となっています。

    2月28日 21時08分
    NHK 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180228/k10011346721000.html

    【【中国】「海洋強国」へ 中国初の原子力空母 開発計画明らかに 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル