かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:反日

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2024/05/12(日) 12:14:13.97 ID:5JE8FkO5
    ・韓国「野党圧勝」のウラで
    ー中略ー
     そうした韓国野党の露骨な利権法案を阻止するには大統領に認められた「拒否権」を行使しないといけない。
    今年の1月30日現在で尹大統領は就任後9回目の拒否権行使で、1987年の民主化以後、大統領の歴代最多記録を更新中である。

    ・「国民のため」、「若者のため」、「未来のため」…
     ちなみにこれまで拒否権対象法案基準で盧泰愚(ノ?テウ)元大統領が7件で最も多く、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領6件、
    李明博(イ・ミョンバク)元大統領1件、朴槿恵(パク・クネ)元大統領2件だったという。
    金泳三(キム?ヨンサム)、金大中(キム・デジュン)、文在寅元大統領は在任中、拒否権を一度も行使しなかった。

     文在寅政権では、成熟した従北思想を利用して韓国内でご存じの通りの愚行をし尽くした。
    そんな文在寅政権の“一派”たちが再び選挙で大勝したわけだから、これからいったいどうなるのか。
    もう尹大統領が最低限の正義を貫くには「拒否権」を乱発行使するしかないという声もすでに出始めているわけだ。

     今後、韓国野党は尹政権の残った3年間は従北姿勢を露骨には見せず、文在寅政権同様に「国民のため」、「若者のため」、「未来のため」
    を謳い出すだろう。文在寅政権の間違いは、従北思想を利用して私腹を肥やしてきたことを北朝鮮に見透かされたことだろう。
    従北思想による反日を口に出すことを「ただ(無償)」だと思っていたのだ。

    ・北朝鮮にも嫌われアメリカからも疎まれ日本は…
    ー中略ー
     そして、今の韓国野党には文在寅政権が人事配置した「従北思想者」たちが隅々まで行き渡っている。
    これから国内で利権者たちによる談合、癒着なんでもし放題になりかねない。
    利権者たちに不利益な問題が生じれば、野党が「もみ消し法案」なるものを発案、発議し通せば良いわけだ。

     北朝鮮への忠誠なる従北姿勢については、これからは「ねじれ国会」を維持しつつ、次期大統領選で政権を奪取したとしても、
    金大中元大統領の行った太陽政策の様な北朝鮮支援を決めない限り、まず北朝鮮の信用は得られないだろう。
    また、日本に対しても、韓国民がこれほど日本旅行を満喫している中で、反日扇動や日韓問題を歪んだ歴史観で拗れさせることは
    もはや不可能だろう。そうなると、ただ粛々と国内での利権を貪り、その悪行に国民が気付きそうになれば幾ばくが補助金を与えて
    口を黙らせる3年間になって行く様に思える。それは悪夢でしかないのだが、現実可能性が高い。

     これからの野党の3年間は尹大統領、政権への執拗な揚げ足取り的批判が行われていくだろう。
    そのターゲットの一つに、尹大統領夫人である金建希(キム・ゴンヒ)氏のブランド品授受疑惑がある。

    ・政権への揚げ足取り的批判
     今後、こういった野党の揚げ足取りな煽動、批判が続くことは間違いないが、これに対して韓国与党の新人議員から面白い提案が
    あった。野党の言う通り金建希氏の捜査を容認する代わりに、李在明代表夫人の金恵京(キム・ヘギョン)氏と文在寅元大統領夫人の
    金正淑(キム・ジョンスク)氏を含めた「3金女子特別検察官法を共に民主党に逆提案しよう」と言うのだ。

     というのも、李在明代表夫人は京畿道知事時代に公金を私用で使い込んでいた疑惑が指摘されているうえ、文在寅元大統領夫人は
    国費を私用で使っていた疑惑がある。ただ、双方ともに最後まで追い込まれずグレーゾーンにいる。

     尹政権が今後、野党の攻撃をかわすためには「骨をたって肉をきる」しかない。韓国の従北、左派思想者は権力を持つと
    自分たちがしてきたことはお構いなしに相手を批判してくる。尹大統領は彼ら(野党)に対して「骨をたって肉を切る」覚悟を持って、
    自ら批判してくる内容こそが「天に向かって唾を吐く」行為だと戒めるべきだ。
    「3金女子」の記事を読み笑い出しながらも、ここまでハッキリと本質を引き出す議員が1人でもいることに少し喜びを感じてしまった。

    豊 璋(在韓国コンサルタント)
    5/11(土) 7:33配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8d49154518f3d4381cb0fe0ab81faa8daa396eab

    【【在日三世】 韓国がいま「反日」「従北朝鮮」できない“意外な事情”と、これから待ち受ける「悪夢のシナリオ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2024/05/06(月) 23:49:27.72 ID:wtmqmmm1
    「日帝残滓清算支援します」京畿(キョンギ)文化財団、事業公募
    -5月6日~16日、国家文化芸術支援システム通じオンライン提出

    [水原(スウォン)=ニューシス]イ・ビョンヒ記者 =京畿文化財団が日帝残滓を清算し、抗日・独立運動認識向上と文化享有機会拡大のために、「2024年京畿道日帝残滓清算支援事業」公募を施行する。

    4日、京畿文化財団が発表したところによると、財団は京畿道内の日帝残滓清算、独立運動、抗日・愛国精神などを素材とし、歴史認識を鼓吹する認識改善事業の対象として最大1000万ウォンを支援する。

    体験、探訪、キャンペーン、学術研究、映像製作など多様な文化芸術事業だけでなく、学校内の一斉象徴物(校標、校歌、施設・名称など)に対する清算・改善、認識改善教育プログラム支援まで、事業範囲を拡大した。また、申請資格を芸術人、芸術団体中心から道民個人と団体に拡大し、道民の参加機会を提供する。(省略…)

    ニューシス(韓国語)
    https://n.news.naver.com/article/003/0012528493

    【【韓国歴史】 「日帝残滓の清算、支援します」 京畿文化財団、事業公募】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2024/05/02(木) 12:51:17.40 ID:tXNfoatB
    ・韓国の「モラル」
     最近、韓国でいろいろな社会問題が起きる中で、「モラル」という言葉をよく聞く様になっている。

     韓国に行ったことのある方なら見たことがあると思うが、韓国は「違法駐車天国」だ。

     駐車されている車を塞ぐ様に2重、3重駐車が当たり前。歩道に停めるのも当たり前で、
    緊急車両が違法駐車にぶつかりながら通り過ぎるというニュースまで出る始末だ。

     韓国の車のダッシュボードには、「連絡すれば退けますよ」的に携帯番号が置かれていることもある。
    一見合理的の様に見えるが、緊急車両が通過する際にはそんな余裕はないのだが……。

     先日も釜山のある高層アパート団地で、他の車の駐車登録をしてくれないという理由でアパートの出入り口に車を横付けして、
    住民に迷惑をかけたという話があった。

     また、自分の駐車スペースが狭いという理由で、1年以上隣の車を塞ぐ様に駐車し、
    連絡にも出ない迷惑行為を繰り返した人物が学校教諭だったことにも驚きだ。教育庁に訴えるとやっと謝罪したという。

    ・「変わらないところ」が多い
     この違法駐車に関して、国会では「駐車場法一部改正法案」が発議されたが、野党『共に民主党』によって否決されている。

     そして、今回の選挙で『共に民主党』は公約の一つに「駐車悪党強力処罰法」を掲げて、大勝した。

     側から見ているとこれほど露骨で厚顔な政治活動もないと思えるのは、私だけだろうか。

     今の韓国は、尹大統領が日韓改善に向けて発言し始めたことをきっかけにして、韓国国内で「親日行動」をしても
    社会的に抹殺されるようなことはなくなった。
    そうした韓国で国民の歴史認識を多少でも変えることができたのは、尹大統領がはじめてではないだろうかと思える。

     しかし、まだまだ「変わらないところ」も多いと実感したのが今回の選挙結果であった。

     元徴用工問題の第三者弁済説明会で、あるメディアの記者がゲスト委員として壇上にいたのを見たことがあった。
    この記者は10年にわたって追跡取材を行った記者だが、説明会に集まった市民団体の怒号をみて、
    「もうそろそろ解決しても良いではないのですか」と説いたところ、さらなる怒号にさらされていた。

     尹大統領は「日本はすでに数十回謝罪している」という発言を公にしたことで注目を集めたが、
    現場での感覚はまだ大きくは変わっていないのだろう。
    今回の選挙についても韓国でどのような「変化」が起きているのかを見守ったが、結果はご存知の通りである。

    ・好感度向上のための「竹島上陸」って…
     今後、韓国では尹大統領が政治家としてではなく、検察時代に培った「正義感」をいつまで貫き通せるか。
    野党の反撃が大きくなる中で、それをどこまで実現できるのか。
    それによって、日韓関係が再び悪化するのかどうかも決まってくるだろう。

     願わくば、次期大統領選での与党好感度をあげるために、李明博前大統領がした様な「愚策」、
    つまりは竹島上陸の様な行動はしないことを願うしかない。

     好感度を狙えば「反日行動」になりがちであるが、それをしてしまえば、尹大統領の切り開いた「親日でも良い(自由)」という
    正常な思いすらも吹っ飛んでしまう。というか、再びの「反日ムーブメント」の炎に火がつき、燃え盛ることになるだろう。

     日本で生まれ育ち、韓国で住んでいると、私が日本で身についた常識的価値観が悲鳴を上げ始める。
    今回の選挙結果を見て、私は未来を担う子供たちに何が言えるか考えてしまった。この選挙の結果こそが韓国民の価値観なのだ。

    豊 璋(在韓国コンサルタント)
    5/2(木) 7:33配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3fc84e7f5cb46ffb59ede102dd3c0d266369bd1b

    【【在日三世】 韓国で広がる「反日リスク」のウラで、韓国大統領が「竹島上陸」という“最悪シナリオ”が注目されるワケ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2024/04/23(火) 08:22:03.03 ID:ke2NrrO8
    (略)

    国民のレベルに合わせてしまった大統領の失敗

     国民のほとんどは忘れてしまったように思えて仕方がないのだが、2年前までこの国は文在寅政権だった。

     日本から見ても、国際的に見ても、非常に頓珍漢な政権運営だった上に、卵からマンションまで物価上昇が止まらなかった。そして、中国と北朝鮮の機嫌をうかがいながら、アメリカと日本を仮想敵国とするかのような外交を繰り広げていた。

     その暗黒の5年間から脱出するために発足したと言っても過言ではない現政権である。「わたくしがこの国の間違いを正して差しあげます」くらいの、転生系漫画の主人公がやるような政権運営でもよかったのではないだろうか。

     筆者の夫が言うには、「この国では、成功しても失敗しても散々に言われるのだから、自分の信じた道を生きるしかない」のだそうだ。

    (略)

    従北反日まっしぐら暗黒時代の再来

     今年の3月、医師不足を解消する医療改革案の一つとして、2025年度から医学部の入学定員を2000人増やすと発表した。しかし発表されるや否や、医師たちはストライキを起こし、その騒動はいまだに収まる様子を見せない。

    「出生率が0.78の韓国で、その勢いで医師と看護士を増やしたら、20年以内に人口の15%が医療関係者になる。半導体は誰が作るの?」と筆者に言う韓国人医師もいる。

     韓国の医師たちは保守系政党である「国民の力」の支持層だったのだが、今回の騒動で、その支持票は抜けてしまった。

     今回の選挙で一番驚いたのは「タマネギ男」と呼ばれていた元法相の曹国(チョ・グク)氏の復活だった。

     彼は子供の不正入学に絡む罪に問われ、2月3日に懲役2年の実刑が言い渡されたばかりだ。謝罪や反省は全くない。裁判は控訴中であるにもかかわらず、国民に信を問うなどとワケの分からないことを言って、祖国改革新党を結成し、今回の選挙に臨んだ。

     ソウル大学法学部卒業でソウル大の教授だった彼は戦略も見事で、選挙区で候補者は出さずに、比例代表での投票を呼び掛けた。外見もスマートな彼にほだされた有権者は少なくなく、結果、12席もの議席を手に入れた。特に左翼勢力の強い全羅南道の光州では96個の洞(日本の町に該当)のうち90か所で1位の得票率だったという。

     もはや、この国の国民には正常な判断能力は期待できないと見ていいだろう。

     先述したように韓国の大統領は再選できないので、5年任期の後半戦は周囲が言うことを聞かなくなる。そして、次期大統領は誰かという政局や派閥争いが始まるのだ。

     もう、尹大統領にできることはほとんどないのではないか。「次期大統領に一番近い男」李在明が政局を握り、従北反日まっしぐら暗黒時代の再来である。

    (略)

     最後に筆者の感想を単刀直入に言おう。「やはりこの国に民主主義はベストではない」ということだ。

     政治家ではなく検事だった尹大統領は、マイペースでいい意味での鈍感さを持っていた。政治的な慣習を知らないふりして好き勝手に独裁モードになっていたほうが、この国にとっても周辺国家にとっても良いことだっただろう。

     千載一遇のチャンスだったのに、野党を選択したのはこの国の国民である。民主主義が多数決である以上、仕方があるまい。

    (立花 志音:在韓ライター)
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/80611

    【【韓国】従北反日まっしぐら暗黒時代の再来 もはや、この国の国民には正常な判断能力は期待できない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2024/04/19(金) 12:21:02.78 ID:Z1xgen8s
    ・再燃する「反日扇動」
    ー中略ー
     野党勢力はこの勝利を起点にして、これまで野党がしでかしたことを正当化しつつ、尹政権を徹底的に叩くことが予想される。
    そして大統領を叩きながらの「反日扇動」も再び盛り上がっていくに違いない。昨今の韓国を見ていると、
    「さすがに韓国国民も扇動されて反日することはもうないだろう」と思えていたが、この選挙結果を見るとかなり怪しくなってきた。

    ・「とんでもない時代になった」と…

     私が深夜に開票速報を見ていると、韓国で半導体を作る会社社長からメッセージが入った。

     「とんでもない時代になった」

     と言うのだ。さらに、「ここまで国民が認めるとは思ってもなかった」と話すのだ。

     韓国にはもちろんこの様な常識人がいるが、選挙結果はそうした人が“少数派”であることを示しており、頭を抱えてしまう。

     これは文在寅政権が誕生した時と同様の悪夢の始まりだ。
    文在寅政権が誕生する頃、まったく同じことを私は周りに言い聞かせていた。
    そして今の野党も文在寅政権の人気の中で大きくなったわけが、そんな文在寅政権の「嘘」を知り、国民もこりたと思えたが、
    まったく学んでもないしこりてもいなかったわけだ。そう思うと、今回の選挙は文在寅誕生時より大きな失望感を感じざるを得ない。

     今回の選挙結果を見ると、今後の日韓関係にも大きく影響が出てくることは簡単に想像ができる。

     最初に心配になるのは元徴用工問題だ。国内に財団を立ち上げて、企業から寄付を募り、第三者弁済という形で被害者、家族、遺族
    に補償をするという構想を尹政権は打ちあげているが、これが「ちゃぶ台返し」されないか懸念される。

     自分たちの利益のためならば、国家間の約束事を何とも思わない左派思想家ならば、
    国内の「元徴用工問題」の取り決めについても、自分たちの価値観の中で不当性を訴えながら、
    国民の意識を少しずつ反日に向かう様に仕掛けてくることは十分にあり得る。
    そして一斉にメディアがこれを持ち上げ、国の総意の様に作り上げる。
    過去にも繰り返された現象が再び起こるのもお決まりの路線だ。

     文在寅政権下で、野党も「国民の反動」について十分学んだはずだ。すべて反日を抑え込むのではなく、
    日本文化を楽しむ分は放置しながら、しっかりこれまで培ってきた「恨」の部分の「反日歴史観」に訴えていく様に思われる。

     そして左派はこれまで同様の活動の中、政権の失敗を待ち、一気に畳み込む算段であろう。
    そして国民が踊らされていくとすれば……それは悪夢の始まりでしかない。

    ・「民意の勝利」の意味

     私はこの選挙を見守りながら、厳しい判断が下されるだろうと思っていた。
    まさか事前に報道された前科者立候補たちがほぼほぼ当選してしまっている結果を見て、韓国人への怒りが抑えられなくなった。
    私の懸念は、こういう状況を子供たちになんと説明できるだろうかと思ったのだ。

     今回の結果を踏まえ韓国内の左派メディア、左派ジャーナリストたちは何かとこの勝利に理屈をつけて、民意の勝利と叫んでいる。
    もちろんこれが今回示された「民意」なのだろうが、私は今回ほど韓国を恥ずかしく感じたことはない。
    私の感覚がもはや時代遅れということなのだろうか。

     90年代までも、日本に対して北朝鮮や韓国が反日を行うたびに肩身の狭い気持ちでいた。
    でも、今回は国の反日行為どころではなく、韓国国民に失望を感じている。
    今後、韓国では子供たちに「悪いことは悪い」と示せないし、私は言えない。
    豊 璋(在韓国コンサルタント)

    全文はソースから
    4/19(金) 7:34配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a3a6206e5f79d599142f8eb352b26b89bb33d80e

    【【在日三世】 韓国で「反日大復活」という“悪夢のシナリオ”が、まさかの「現実味」を帯びてきた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2024/04/10(水) 16:33:24.52 ID:Pw4SDZUx
    日本メディアに「今回の韓国総選挙で与党が負けるようなことがあれば、日韓関係が後退する」という記事が出ていますが、根本的な誤認があります。

    政府与党『国民の力』は「保守寄り」※、最大野党『共に民主党』は「左派・進歩系」と分類されますが、どちらも「世界最悪の反日国家」韓国の政党なので「反日に変わりはない」のです。

    ※先にご紹介したとおり、そもそも「韓国の保守ってナニ?」が疑問です。

    国是が反日、教育が反日なので、どちらが主導権をとろうが反日です。

    日本メディアが日韓関係が好転した・悪化した――などというのは、ただ単に「利益を引き出すために日本にすりよっている」か「日本との関係は必要ないとする」かの違いです。

    この態度の差は、

    親米
    親北朝鮮・中国

    によって表れます。つまり、保守寄り・左派進歩系などといっても「反日が基盤」で違いはなく、「親米」で自由主義陣営国を志向する場合は日本にすり寄り、「親北朝鮮・中国」を志向する場合は日本を無視・貶める――だけの話です。

    ですから、「日韓関係がよくなった」あるいは「日韓関係が後退する」などといっているのは、全くの勘違い。世界最悪の反日国家・韓国(および北朝鮮)を支援することで「日本に得になること」はありません。

    (吉田ハンチング@dcp)

    https://money1.jp/archives/125461



    【【総選挙】「韓国与党が負けたら日韓関係が後退する」違う違うそうじゃない どちらも「反日に変わりはない」のです】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2023/12/17(日) 12:17:57.07 ID:6fe4tbM1
    ・「反日って、いったい何だったの?」と…

     韓国に住んでいると、私が朝鮮学校に通っていた時代を思い出すことがある。

     そんなことも文在寅政権時代には大声では言えず、尹政権になってやっと口に出して言えるようになった。

     最近、韓国で起きている爆発的な日本文化ブームを「反日は昔…」と伝える報道が増えてきた。

     事実、外食市場だけを見ていても、「反日って、いったい何だったの?」と思えてならない。

     もちろん、反日不買運動が終わり、韓国内で誰にもはばからず自由を感じられることは良いことだ。
    が、ここまで手のひら返しの様に、反日などなかったかのように楽しんでいる姿は少し怒りすら覚える。

    ・不思議な「反日」
     韓国での「反日」は、言うまでもなく文在寅政権が22年5月までしていたことだが、
    そこから1年も経たずに「昔」として過去のものとしてしまっていいのだろうか。

     なぜか、その一方で「日帝時代」のことは昨日の様に引きずっているのも、不思議だ。

     少し前のニュースで、イタリアのある大学で、韓国人留学生が大学教授に論破されたことが取り上げられていた。
    韓国人の留学生がそれまで国の教育で受けた日本のイメージを「正論」として話し出したが、大学教授は真逆な説を唱えたというのだ。

     結果、韓国人留学生は論破されたのだが、その動画が日本語アニメとしてわかりやすくあがっていたので、
    日本語を勉強中の韓国人のカミさんにも教えた。

     ちなみにカミさんは、週一2時間の家庭教師で1年半日本語を教わり、日本語能力試験でN3(5段階)の真ん中だ。

    ・韓国の「手のひら返し」
     見終わったカミさんに「どうだった?」と聞くと、「これは以前に、韓国版もあったよ。私も何度か見たけど、日本語版のほうが詳しいね」としながら、
    「韓国人は本当に国の教育と社会的環境が同じだから不憫だと思う。私も日本で数ヶ月住んでなければこういう思いにもならなかったけど……
    本当に不憫でしょうがない」とため息をしながら話していた。

     カミさんは高卒で、韓国で言われる高学歴エリートでもないが、これが一般的な韓国人の感覚と思える。

     実際、私の知る韓国人の多くは同じような感覚の持ち主が多く、人生の中で「反日」に接しても日本についてより調べたり、
    考えてみることをしない。ちなみに、私のカミさんも何も考えずに、左派の流すデマを信じて文在寅に投票していた。

     私は「訪日韓国人が増えることで意識も変わるだろう」と話してきたが、それは横にいるカミさんの意識の変化を目の当たりに見て、
    期待外れな希望(いつちゃぶ台返しが起こるかわからない国)を持っているからかもしれない。

     韓国人にとって「反日思想」とは朝の挨拶の様に「おはよう」と言われれば返す鸚鵡返しと同じで、その行為を深く感じていないと思える。
    韓国に住み、今の現状を見ると「手のひらを返す」ような親日文化の盛り上がりも理解できる。

    ・これから起きること
     日本でもしっかり考えてくれる日本人は「韓国人が嫌いじゃない、反日をする者たちが嫌いなのだ」と言ってもらえるが、
    まったくその通りである。それでも「反日」に転じやすい韓国人の思考も理解できる。

     これからも訪日韓国人が増え、本人たちが考えることから学んで行ければ、
    時間はかかるが次世代では日韓が冷静に話し合えるかも知れないと思うのだ。

    豊 璋(在韓国コンサルタント)

    現代ビジネス 12/17(日) 7:33配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6bd471b947cda401a507fc93b6a04283a3f89757

    【【在日三世】 韓国が「日本に手のひら返し」で、「反日はもう終わった」への大きな違和感…! 「反日ちゃぶ台返し」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2023/11/26(日) 13:45:38.87 ID:/3MVx8Wp
    ・日本に住んでわかる「日本人は優しい」という現実
     私は昭和の時代、朝鮮学校に通っていたが、ご存知の通り映画『パッチギ』を地で行っていた。

     当時、戦後日本が引きずる差別意識が在日に向けられていたのも事実だ。戦後、私の父親世代はほんとうに日本で苦労したと思う。
    一方で、私の歳にはすでに父親たちや先輩たちが敷いてくれた(良くも悪くも)社会で、日本人と同様に暮らせる様になっていた。

     そうした現実も知らずに、自分たちの利益のために「ヘイト」を叫ぶ人たちにはほんとうにやめてほしいと私は強く思うし、
    長く日本に住んで、日本社会は本当に優しいとも感じている。

     最近、再び在日をめぐるヘイトが人権侵犯の認定を受けたとの報道が出ていたことを受けて、そんなことを思わずにはいられなかった。

     差別は世界どこに行っても存在する。
    私が朝鮮学校で教えられた「一つの民族」も、韓国に住んでみると口だけ、教育だけの嘘だったとわかった。

     そういう意味では、日韓の歴史は特別ではない。アメリカやヨーロッパにも同じように根深い問題もある。

    ・韓国でいま起きている「変化」
     ならば、そういった世界の民族問題からも学びながら、世界のどの国よりも優しいと私が思う日本社会で、私たちはどう手を取り合うかを実践していくべきだと思う。
    主張ばかりするだけではなく、解決、発展に向けて行動していったほうがいいのではないか、と。

     現実に、聖人君子はほとんどいない。自分はそうだと言えば、これほど傲慢で偽善なこともないと我々は知っている。
    でも、世界では「偽善」が横行し、それを指摘すると「ヘイト」「差別」に言われることもある。

     韓国では「反日」を利用した偽善が横行していた時期があった。すべて日本を敵として、それを訴えれば、善きこととされていたわけだ。

     そうした「偽善」を行う人たちは、次から次に新しい偽善アイテムを見つけては叫んでいった。
    しかし、そういった活動こそが彼らの言う「ヘイト」「差別」を生んでいることも、じつは彼らは知っていた。

     なぜなら「ヘイト」「差別」を生み出さないと、名目上の闘争(実績)もできないし、応援(寄付、補助)もないからだ。
    そんな「偽善プロ」の手法に踊らされるのはもうこりごりだということに、最近の韓国では気づき始めている。
    韓国では、偽善を指摘すると社会的に抹殺されていたこともあった時代を考えれば、確実に変化が起き始めている。

    ・北朝鮮の「人権」は…?
     最近、韓国の左派が、今回のイスラエルとハマスの紛争をめぐって「人権」について発言していた。

     しかし、彼らが普段「擁護」しているが、隣国の北朝鮮はどうだろうか。そのことについては、誰も一言も発していない。
    そういった政治家の講演会に「なぜ北朝鮮の人権には触れないのか」と聞きたいから出席をしたいとお願いしたことがあったが、
    断られたこともある。

     私は朝鮮学校で金家族信仰教育を受けた。その中で、一度は「同じ民族」を信じた。しかし、現実はどうか。
    「戸籍」のある韓国に帰っても、私は外国人扱いされることを知った。

     そうした時に、思想を一度リセットした。結局、自分の価値観は自分で学んで、自分で築かないといけないことを知ったのだ。
    豊 璋(在韓国コンサルタント)

    現代ビジネス 11/26(日) 7:33配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/73aafd2ce1c6659b1ff11b881a6a85c951a5eee9

    【【在日三世】 韓国の「反日偽善」の“嘘”がバレ始めた…!日本と韓国に住んでわかった「ほんとうのこと」と】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2023/09/05(火) 07:41:21.31 ID:fzWJS8YC
    韓国で、いよいよ「反日消滅」で起きていること
    私は毎日のルーティンとして朝起きてすぐに韓国各紙の朝のニュースを見るのだが、8月に入って少し異変を感じた。

    これまで各紙が取り上げて来た福島原発処理水問題をめぐる“野党記事”が姿を消したのだ。

    これまで韓国野党、左派団体は非科学的根拠(もはや怪談…)で日本と尹政権を批判し続けてきたが、科学的正論で国民の信頼を得つつある尹政権に対して韓国野党の言い分には左派思想科学者たちも匙を投げ、メディアもお手上げというのが正直なところなのだろう。

    今回の“怪談扇動”に国民が振り回されなかった要因としては、文在寅政権抑制からの解放と2008年に起きた狂牛病デマでの被害の教訓があった側面も大きいだろう。

    文在寅政権下で起きた反日不買運動には、多くの国民が賛同したが、次第にその抑制が窮屈になり、尹政権で解放されて、一気に日本ブームに弾けて酔いしれている。もはや多くの韓国人の中では「反日消滅」と言っていいほどの現実になってきているわけだ。

    腐りきった「韓国野党」の現実
    そうした中で、何とか反日扇動をしたい韓国野党と左派市民団体は福島原発処理水問題をあえて「汚染水」と叫び、非科学的批判で尹政権と日本を陥れようと画策している。

    さらに、野党議員や、無所属野党議員で正義連元代表の尹美香率いた議員が「アポ無し訪日デモ」のパフォーマンスを行ったが、いずれも韓国国民の心にまったく響かなかった。反対に国民から呆れかえられているのが実情だが、そこは野党支持者たちが必死にフォーローし、いまだ野党優勢の様に見せかけているのはもはや滑稽としか言いようがない。

    そんな野党をめぐるニュースウォッチをしていると、7月以降の尹政権は韓国野党をまったく相手にしてないことがわかる。これまでも尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の日韓歴史問題に対する発言や福島原発処理水問題への非科学的批判に対してすべて正論で論破し、国民にもある程度、納得させた様に思える。

    実際、私の周りでも聞いてみると「処理水放出に不安がないというと嘘になるが、野党が言う様なことはないだろう。野党は国民を馬鹿にしているとしか言いようのない怪談ばかり広めている」としっかり冷静な視点で判断している。

    そうした中で、朝鮮日報が出した『8歳の子どもを「活動家」と呼び、大統領を糾弾した「汚染水懇談会」』という記事は、愕然とする現実を紹介していた。

    子どもを「活動家」に…?
    内容は野党の『共に民主党』が原発処理水の関連懇談会に小学生などの子供たちを呼んだうえ、「(児童)活動家」と呼び、尹錫悦大統領と日本を糾弾させたというのだ。

    さらに、このイベントは共に民主党の公式YouTubeチャンネルでも生配信もされたという。

    記事によれば、イベントの冒頭で小学2年生の児童活動家が「幼い子供が何を知っているのかと言わないでください」とし「私は活動家であり、私の意見を話すことができます」と言い放ったというが、私が愕然としたのは、子供を前面に立たせて大人の主張を訴えるような行為を平然と行っていることに対してだ。

    右も左もわからない子供を捕まえて、世間から注目を集めるために子供を「客寄せパンダ」の様に利用することには怒りすら覚える。

    私も12年間朝鮮学校に通い、中学時代から色んなデモに意味もわからず強制参加させられてきた。利用された当事者だっただけに、怒りが湧いてくるのかもしれない。

    【韓国から「反日消滅」のウラで、もっと“ヤバイ騒動”が勃発…! 「在日3世」が直面した「日本糾弾キャンペーン」の“おぞましい中身”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2023/08/22(火) 06:58:41.35 ID:nuhIZOoa
    ー前略ー
    『日韓の決断』(日経プレミアシリーズ)より、一部抜粋・再構成してお届けする。

    ・試験に出る反日教育
    韓国には若者を指す様々な呼称がある。10~20代の「1020世代」。1990年代後半から2010年代初めに生まれた「Z世代」または「MZ世代」。
    特に20代は男子が「イデナム」、女性は「イデニョ」とそれぞれ頭文字をつなぎ合わせて呼ばれることは先に説明した。

    19年9月、公益財団法人「日韓文化交流基金」による青少年交流事業(外務省招へい)で
    来日した韓国人大学生30人と懇談する機会をもった。最近の日韓関係について説明を終えると、
    待ってましたとばかりに手を次々に挙げた学生からの猛烈な質問攻めにあった。

    日韓の歴史問題が多かったのは予想通りだが、1951年に署名されたサンフランシスコ平和条約から元慰安婦・元徴用工問題まで、
    その知識量と問題意識に感心した。同時に、テーマによっては「韓国史観」とも言える韓国側の主張に偏った考え方に危うさも抱いた。

    それはある意味で仕方ないかもしれない。幼い頃から教育などによってそのように刷りこまれてきたのだから。

    「日本との歴史になぜそれほど熱心なの?」とあえて聞いてみた。すると、ある学生は「日本との歴史は義務的に覚えなければならない。
    (韓国が併合された)1910年前後の歴史は特に試験によく出るから」と答えた。
    ー中略ー

    ・竹島や慰安婦は「異論の余地なし」
    「自尊心」という言葉を好んで使う韓国人は、とりわけプライドの高い民族だと感じる。日本統治によって国が消滅し、自尊心を奪われた。
    第2次世界大戦後の独立も自らの手で勝ち取ったものではなく、外国の手を借りて解放されたものだ。

    そんな複雑な思い=「恨(ハン)」が、48年の韓国建国以降、国民に国家プライドと自尊心を植えつける教育に反映されているようだ。

    東京都内の高校で教鞭をとる女性は高校時代に悲しい体験をした。
    欧州の留学先である日、仲の良かった韓国人のクラスメート全員から突然、無視されたのだ。
    島根県の竹島(韓国名・独島)についてどう思うかを聞かれ、「日本固有の領土」と素直に答えたためだった。

    韓国の思想に詳しい小倉紀蔵京都大学教授は著書『韓国の行動原理』(PHP新書)に次のように記している。

    「竹島(独島)問題や慰安婦問題に関して、韓国のなかで『異論の余地なく』日本が悪い、という意見が全面的に共有されている。
    歴史的な事実を真摯に分析してみれば多様な『異論』が並立されるべきである問題に関して、『異論の余地なく』特定の勢力に非がある、
    と考えることは、客観的にいって思考が停止していることを意味している」
    ー中略ー

    ・若者は歴史と文化消費を切り離す
    韓国人は植民地時代に苦しめられた「日帝」への憎しみと、現代の日本人と日本文化に深い親しみを併せ持つ「ツートラック」(2路線)だ。
    若者にはその傾向が特に強い。

    日本との協力を重視する尹錫悦が大統領選で当選し、日韓関係が改善に向かうと、
    22年から23年にかけて韓国人観光客がどっと日本に押し寄せるようになり、訪日客の国・地域別でトップを独走した。
    けん引役は若者たちだ。
    ー後略ー
    峯岸博(みねぎしひろし)

    全文はソースから
    8/21(月) 8:02配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/47c9cf39dc68f383a7618f3cee29db4f1f365997

    【【集英社】 テストによく出る時代は「韓国併合前後」…徹底的な反日と距離を置く韓国のZ世代たち】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2023/08/01(火) 14:12:31.99 ID:JB/hNmmS
    2023年07月23日、韓国の保守寄りメディア『ペンアンドマイク』に「反日はない」という記事が出ています。

    コラムの書き手は金文学先生です。金先生は比較文化学者で『日中韓国際文化研究院』の院長。
    日本在住でいらっしゃいます。同記事から以下に一部を引用します。

    韓国人が口にする「反日」は、世界で最も安っぽい幼稚な感情の一つと思われる。

    筆者が日本で出会った韓国人Aのことを思い出す。

    日本が好きで留学生として来日したAは、反日感情が「反日」の度を超えた狂信的な「憎日」の症状を示す憎日病患者に見えた。

    Aは自分が京都と大阪でソープランドに出入りし、日本人女性との付き合い
    (ハングル原文は直截な表現ですが「付き合い」と表記します:引用者注)の話をよくしていた。

    ある日、酒席である程度酔いが回ったAは、なぜ自分が日本人女性とたくさん付き合ったのかを自慢した。

    「昔、日本が朝鮮を侵略し、私たち朝鮮女性を性奴隷にし、慰安婦として私たちのお姉さんたちがどれだけ日本倭人にやられたか知っていますか。
    私はそれに対する民族的な報復として日本の女を征服するのです。私のお金を使いながらね。

    日帝36年ですから、私は日本に住んでいる間に36人の日本の雌◯(伏せ字にします:引用者注)をやっつけようと思っています。
    これが私が愛国する一つの手段です……」。

    Aは日本人女性(売春婦)との付き合いを「反日=愛国」と自己合理化・正当化した。私は一瞬苦笑いを浮かべ、背筋が寒くなった。

    (中略)

    今、韓国の反日は非常に豊かなバリエーションでさまざまに現れている。

    「植民地収奪論」の学者型の反日、「慰安婦」という女性たちの反日、「徴用工」型の反日、そして金儲けのための左翼の職業的な反日、
    福岡の汚染水を糾弾する反日、独島は韓国領土という反日などがそれだ。

    「反日」はある意味で犯罪型、猛獣型、幼児型、老婆型、公務員型、親北・親中型に多様化し、
    主に従北・親中共産主義信者の「商売」に転落したようだ。

    (中略)

    大韓民国は今、死活を争う警戒域に至っている。

    自由民主主義韓国を救う道は、反日を徹底的に粉砕し、韓米日3者同盟を確固たるものにする道しかない。

    今、韓国国民なら皆で手を取り合って一致団結し、「反日、それはない」「反日は全て消えろ」と大声で叫ばなければならない時だ。

    ⇒参照・引用元:『ペンアンドマイク』 http://www.pennmike.com/news/articleView.html?idxno=66736

    韓国の「反日」は主に従北・親中共産主義信者の「商売」に転落したようだ――という金先生の指摘はまさに正鵠を射ています。

    実際、反日を謡うたって政府からの補助金を吸い上げ、市民からの募金を受け、
    それで生活している市民団体がいったい韓国に幾つあるでしょうか。「正義記憶連帯」の尹美香(ユン・ミヒャン)さんなどは、
    その代表的存在であるにもかかわらず、裁判ではほとんどの嫌疑について無罪となる始末です。

    現在の尹錫悦(ユン・ソギョル)政権は、文在寅政権時代に増えた市民団体への補助金を絞る動きに出ていますが、
    果たしてそんなもので追っつくのかどうかは疑問です。

    また、自由主義陣営国としての韓国を守りたいのであれば、それこそ反日を唱えている場合ではありません。
    しかし、「反日は全て消えろと大声で言えるか」は相当に疑問です。

    (吉田ハンチング@dcp)
    2023.07.31
    https://money1.jp/archives/110164

    【【Money1】 「韓国の反日は商売に転じたのだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: おっさん友の会 ★ 2023/07/04(火) 11:28:20.48 ID:0sD+QzWJ9
    旧統一教会、「世界平和統一家庭連合」の解散命令請求に向け、国が「質問権」を行使する中
    教団の韓鶴子総裁が日本の幹部らおよそ1200人を前に、「岸田総理や日本の政治家を韓国に呼びつけて、教育を受けさせなさい」と発言していたことがわかりました。

    韓鶴子氏のものとされる音声
    「日本は特に第二次世界大戦の戦犯国だということ。原罪の国なのよ。ならば賠償すべきでしょう、被害を与えた国に」

    この音声は、旧統一教会の韓鶴子総裁が先月28日、教団が「聖地」と呼ぶ韓国・清平で日本の幹部らに語ったとされるもので、BS-TBSの報道番組「報道1930」が独自に入手しました。

    韓鶴子氏のものとされる音声
    「今の日本の政治家たちは統一教会に対して、何たる仕打ちなの。
    家庭連合を追い詰めているじゃない。政治家たち、岸田を、ここに呼びつけて、教育を受けさせなさい。分かってるわね」
    信者
    「はい」

    さらに、韓鶴子氏を「救世主」として認めない日本は滅びるしかないとも訴えました。

    韓鶴子氏のものとされる音声
    「私を“独生女”(救世主)だと理解できない罪は許さないと言ったのに、その道に向かっている日本の政治はどうなると思う」
    信者
    「滅びます」
    韓鶴子氏のものとされる音声
    「滅びるしかないわよね」

    旧統一教会をめぐっては、文部科学省が宗教法人法に基づく質問権を6度にわたって行使していて、文科省はこれまでの回答も踏まえ、解散命令を請求するかについて検討を進めています。

    続きは 2023年7月4日 09:13
    TBS NEWS DIG
    https://news.line.me/detail/oa-tbsnews/94h0s1iejs6n



    【【韓国カルト】韓鶴子総裁「岸田を呼びつけて教育を受けさせなさい」内部音声を入手】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2023/07/03(月) 15:33:34.96 ID:atRh/KWw9
     世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の教団トップの韓鶴子総裁が6月末、教団内部の集会で「日本は第2次世界大戦の戦犯国家で、罪を犯した国だ。賠償をしないといけない」「日本の政治は滅ぶしかないだろう」と発言していたことが3日、関係者への取材や音声データで分かった。

     教団側は6月中旬までに、年間数百億円にも上るとされる日本から韓国への送金を今後も取りやめると説明していたが、トップが依然、韓国への経済的な見返りを正当化したことになる。日本で教団への批判が相次ぎ、政治家との接点が問題視されたことについても反発をあらわにしていた。

    共同通信
    2023/07/03 14:55
    https://nordot.app/1048477821754081879

    【【韓国カルト】統一教会・韓鶴子総裁「日本は賠償を。日本の政治は滅ぶしかないだろう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2023/06/10(土) 08:53:54.38 ID:CGZ9UNnX
    ・韓国「反日勢力」の空振り

     5月21日、日本の広島で行われたG7で日米韓の首脳会談が行われた。

     今回のG7では文在寅元大統領の時とは違い、岸田首相また各国首脳の歓迎を受けての参加だった。
    21日には岸田首相と尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は平和公園を訪れ、韓国人原爆犠牲者慰霊碑に献花を行うなど、
    両国関係の改善がまた一歩進んだことがうかがえた。

     そうした中、日韓関係改善に成果をあげる尹大統領の評価が高まっていることに対して、
    いま韓国野党、左派団体は何とか「世論」を変えようと躍起になっているのだが、それが“空振り”しまくっているのだ。

     5月末、韓国から福島第一原発の処理水の視察団が日本入りをした。
    福島の処理水について理解を深めてもらうために今回の日韓首脳会談で合意されたものだが、
    この韓国視察団に対して韓国野党が「見学団に過ぎない」とさっそく批判をして見せた。

     以前であればそうした声も大きく取り上げられ、「反日勢力」に利用されてきただろう。
    しかし、いまそうした野党の批判は韓国国内でまったく相手にされていない。

     むしろ韓国国民からは先日野党議員が行った「アポなし訪日団(野党議員)よりずっとマシだ」というコメントが相次ぎ、
    野党批判が巻き起こっている形なのだ。

    ・尹政権の「左派狩り」が始まった…!

     実際、アポなし団は処理水問題を煽ろうと来日したものの、東京電力本社、関連議員たちとの面会も一切できず、
    実質「門前払い」だったことを韓国国民はよく知っている。

     そういった自分達が「しでかし」ていることには触れず、
    今回正式に訪問した視察団に関しては揶揄する野党に韓国国民も開いた口が塞がらない状態なのだ。

     最近では尹政権で進む捜査によって、韓国では一部の左派団体が北朝鮮の指示、
    関与のもとで活動を行っている証拠が出ていることなども受けて、いまは韓国国内で左派(従北議員)への批判の声は日に日に高まっている。

     一方で尹政権の左派狩りともいえる捜査の中、世論はどんどん日韓関係改善への意識が高まり、
    どうにもこうにもできない韓国左派は今後、考えもつかない暴挙に出てくる可能性もあるだろう。

     もう、国民の理解を得るのではなく、国自体を壊してしまおう、と……。

    ・呆れた「反日」

     実際、日韓首脳会談、岸田総理訪韓、G7参加と日韓関係を順調に改善していく尹政権に対して
    何とか引き摺り下ろそうと韓国野党、左派団体、左派擁護メディアが総攻撃を仕掛け出している。

     そうした中にあって、変わらずに「反日」を煽ろうとする報道もまだある。

     最近では韓国のある放送局が、福島県で独自に持ち込んだ携帯型の放射性物資探知機で調査。
    原発から2キロ離れた場所で2.5マイクロシーベルト、高い所で5マイクロシーベルトで、東京の数値より25倍以上だったなどとする信じがたい報道をしていた。

     しかし、在大韓民国日本大使館の5月のある日の発表では

     空間線量率(空間における放射線の量)μSv(マイクロシーベルト)

    1)福島市 → 0.119 μSv/h ( 12:00 現在 )
    2)いわき市 → 0.067 μSv/h ( 12:00 現在 )
    3)東京 → 0.040 μSv/h ( 12:00 現在 )
    4)ソウル → 0.128 μSv/h ( 12:00 現在)

     と出る。これが現実だ。日本大使館は休日以外は、この空間線量率を韓国語対応で上げてくれているので一目瞭然なのだが、
    いまだに韓国ではこうした報道が出ていることに呆れるばかりだ。

     すでに手段を選ばなくなっている感すらある韓国の左派は、いったいどこへ向かうのだろうか。
    私は正直、危機感を抱いている。自分たちの訴えを正当化するために行動がエスカレートしていかないことを願うばかりだが…。
    ー後略ー

    豊 璋(在韓国コンサルタント)
    6/10(土) 7:34配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/430c87107f1f4cb39fe2cbcb8184f82e070d4dee

    【【在日三世】 「反日」で大失敗の醜態…! 「反日行動」と、いま韓国で起きている「巨大変化」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1: 仮面ウニダー ★ 2023/05/27(土) 09:24:37.95 ID:AxcWZrsn
    ・韓国で「反日」が「オワコン化」してきた…!

     現在、韓国で活動家として花開いた386世代、いわゆる60年代生まれの人たちが時代の変化に取り残されつつあると指摘する声が出ている。

     1980年5月に起きた光州事件以降、どっぷりとその思い出に浸る世代が386世代で、文在寅政権によって国のあらゆる機関の権力を牛耳った世代でもある。

     彼らは文在寅大統領を担ぎあげ、彼らの思想、理想に沿って活動を進めてきたが、
    いまになって韓国国民はその思想、理想に「NO」を突きつけ始めているのだ。

     振り返れば、何も考えず団結こそが正義(民主主義)とばかりに起きた見当違いな「ローソク集会」は朴槿恵元大統領を退陣に追いやった。
    これが成功したからこそ、386世代に「我々の理想は正義だった」と思わせてしまったフシがある。

     だが、文在寅政権が誕生して「反日、不買」によって窮屈さを感じると、じつは韓国国民は「朴槿恵のほうがマシだった」と嘆き出していた。

     大きな声では言わなかったが、それが深層心理だったのだ。
    多分その頃から、少なくない数の韓国人は日本に対する「反日」を考え直し始めたきっかけになったと思う。

    ・文在寅の「大失敗」

     いまはネットに、海外旅行に、多国文化が入り混じる中、一つの思想、理想で国民を束ねようというのは難しい。

     それはまさに文在寅元大統領が証明したようなものだ。

     それでも自分たちの思想、理想を盾に嘘を突き通す韓国の議員、活動家は、国民に見透かされていることにいまだに気付いていない。

     気付かない原因はシンプルで、その利権にまとわりつく支持者なのだが、
    それが余計に結局「おカネ」な関係に見えてしまい、周囲から白けた視線で見られてしまう原因になっている。

     もっと言えば、いま韓国では386世代が韓国を牛耳る中で、少なくない韓国国民が386世代を「老害」と感じ始めている。
    日本でのニュアンスとは少し違うように思えるが、文在寅政権誕生時に話していたことが本人たちにとっては理想であったが、
    国民にとって苦痛だったとやっと国民も気づき始めたのだ。

    ・韓国で広がる「違和感」

     それまで国民は「反日正義」を自然に受け入れて、言われるがままに「聖域」を守って来た。

     が、そのウラで起きていた不正や疑惑が毎日報道され続けるようになったことで、さすがの韓国民も違和感、疑問を持ち始めているわけだ。

     また、その不正の根源に北朝鮮の関与が指摘されるケースも浮上し、文在寅政権での従北姿勢を見守って来た国民ですら呆れ返っている。

     私が文在寅政権誕生と同時に感じた、日本での学校時代や組織に属していた頃を韓国でまた感じた事はここに来て正解だったと思える。
    そうなると今後は次の段階である「きっかけ」なのかなと思える。

     私が日本社会で接し、目覚めたように韓国民もいま、爆発的に訪れている日本で何かきっかけをつかめることを祈りたい。
    それが韓国にとって「反日思想(教育)」から抜け出る早道と私は思える。

    豊 璋(在韓国コンサルタント)

    現代ビジネス 5/27(土) 7:34配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3650cac90e8f16550c930fdf2e6d109feec9aece

    【【在日三世】 「反日正義」がオワコン化に…!取り残される韓国老害たちの危ない正体と、「意外すぎる現実」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2023/03/30(木) 08:39:22.15 ID:UnbRBzeU
    韓国人の3割は「コンクリート反日層」のようだ。だから、先の日韓首脳会談の結果に不満を持つ韓国人が6割に達することは驚くに値しない。むしろ驚くべきは、それなのに日本の大衆文化になれ親しもうとする〝日流〟の勢いが止まらないことだ。

    〝日流〟の派手な動きに、「コンクリート反日層」は不満をますます高めている。その中のハネ上がり部分が英雄主義的な行動に走らないか、日本の治安対策当局は気を緩めてはならない。

    韓国の公表世論調査(聯合ニュース、2023年2月5日)によると、「日本のことを考えるだけで腹が立つ」と反応する人が38・4%を占めた。「いくら安くても日本旅行には行かない」が26・8%。おおまかなところ、3割は「コンクリート反日層」と見る一つの根拠だ。

    彼らにとって、昨年11月以降の世の中の動きは、「面白くないことばかり」だったはずだ。

    22年サッカーワールドカップの結果は、日本も韓国もベスト16止まりだった。ところが、韓国のサッカーファンは、試合内容を見て、「ふがいない韓国」「躍進著しい日本」と受け止めた。韓国ネットには「森保ジャパン」の躍進を称える意見があふれた。

    尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権は今年3月6日、いわゆる「元徴用工」問題の解決策を発表した。同16日には日韓首脳会談―この流れを、韓国の野党陣営は「韓国の完敗」と受け止めた。

    ほぼ並行して進んだのがワールド・ベースボール・クラシック(WBC)だった。韓国は予選リーグを突破できなかった。一方、日本は全勝で優勝した。韓国ネットは「侍ジャパンの堂々たる優勝」「大谷翔平の素晴らしさ」を称える書き込みが何日間にも渡ってあふれた。

    巷では、サントリー角瓶をベースにしたハイボールがブームになっている。「ノージャパン」(不買運動)の主要標的になっていた日本製ビールの販売額も、最盛期の2割ほどに戻してきた。

    「日本旅行に行かず」もノージャパンの大目標だったが、これは日本政府が新型コロナウイルス対策を緩和するやいなや、空念仏になった。

    さらに、3月上中旬には日本製のアニメ映画「すずめの戸締まり」と「スラムダンク」が観客動員数で1位と2位を占めた。

    ノージャパン運動を強めながら、日本には「韓流」を売り込み、「日本に2度と負けない国」「世界を先導する国」になるはずだった。

    だが、政権交代から10カ月、改めて周りを見たら日本に完敗するばかり。韓流どころか〝日流〟に苛(さいな)まれている。面白くないぞ―コンクリート反日層の思いは、こんなところではないか。

    が、笑っていてはいけない。不満を貯め込んだ過激な反日層が何をするか。自作自演のワサビテロならかわいいものだが、15年11月の靖国神社トイレ爆破事件を忘れてはなるまい。 (室谷克実)

    夕刊フジ
    https://www.zakzak.co.jp/article/20230330-722ZZ4HPLVIGNES3BCNYC72APE/

    【韓国人の3割占める「コンクリート反日層」 昨年11月以降の世の中の動きは、「面白くないことばかり」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2023/01/09(月) 09:17:17.10 ID:DcCf/Rfc
    no title
    韓国で、2023年新年早々に「旭日旗騒動」…!
    日本の旭日旗を目の敵にしている人物といえば韓国の誠信(ソンシン)女子大学の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が有名だが、韓国では正月三が日もあけない間に旭日旗批判が報道された。
    攻撃の対象になったのはyoutubeで人気を博している「ののちゃんねる」の「ののか」ちゃんだ。
    1月1日にアップされた「ののかお正月メドレー」という動画でタイトルのバックに、富士山と登った太陽の放射線状のイラストが映っていたのが、韓国人の気に触ったようで“旭日旗”批判が韓国の一部ネットユーザーから巻き起こったと報じられた。
    韓国に住む日本人にとっても正月を旧正月と定める韓国でも、気分は正月三が日を過ごしている中での「またか」と思わせる騒動である。

    徐ギョン徳教授も正月から安重根(アン・ジュングン)義士を扱ったミュージカル映画『英雄』が上映される中で、日本のネットユーザーに対して「歴史教育を受けていない」と相変わらずの攻撃報道をしている。

    もう「日本批判」は疲れた、と…
    2023年も韓国ではそのような日本バッシングの機運は相変わらずということだが、じつは韓国では新政権が誕生して以来、文在寅政権下の「反日、不買」を引きずるかの様な日本批判に疲労感を感じ始めている人たちも出てきている。
    日本での韓国報道の反応で「もう韓国批判はお腹いっぱい」とのコメントがある様に、韓国で「日本批判」をいつまで続けるのかと疲労困憊気味な人が出てきているのだ。
    年末のソウルの街ではどのお店よりも日本式のお店が繁盛しており、多くの韓国人が日本料理に舌鼓を打っている中でも「日本批判報道」は続けられていることに“矛盾”を感じるのは当然だろう。
    そんな中で、年末の韓国人の忘年会に何件か参加して韓国人と話してみたところ、皆口を揃えて「日本に対する報道と日常の我々の感情と温度差がありすぎる」と韓国の報道を批判する光景が多く見えたのだ。

    また、年末の忘年会で30人ほどの韓国人と話したが、その半分が旧正月に日本旅行を計画していると話していた。

    2023年、日韓関係が「新展開」へ
    日頃出る日本批判の報道記事に対してもコメントを何度も上げているという韓国人も何人かいたが、共通する内容としては「いつまで日本批判をしているのか。いつまで日本に保証をさせるつもりなのか。日本が韓国へして来た真実を伝えるべき」と文在寅政権下では到底聞けなかった内容になっている。
    そんな話を聞いても、私としては心の中で「あなたたちは文在寅政権下では無責任に“知らぬ存ぜぬ”だったでしょう…」との思いが込み上がってくるが、その思いを吐けば空気がシラけると思って飲み込んでおいた。
    そうやって黙って周りの韓国人の言い分を聞いていると、日本に対する好意的な意見が多く、私がこれまで韓国に住んでいる間で、「日本批判」に対して一番はっきりと韓国人が意思表示をしている様に見受けられる。

    それだけ文在寅政権下での「言論の抑制の反動」が大きかったともいえる。それまでは声を上げれば、左派議員、左派市民団体に即座に社会的に抹殺されかねない5年間だったが、今の新政権では大統領も与党も左派に何と言われようが日本との関係改善の姿勢を崩さない。
    そんな政府の姿を見て、いままで口を閉ざしていた国民がやっと日本に対する正直な思いを語り始めている様に見える。もしかしたら、2023年は日韓に“新展開”が見られるかもしれない。

    豊 璋 在韓国コンサルタント
    2023.01.09
    https://gendai.media/articles/-/104354?imp=0

    【【在日三世】韓国で、2023年新年早々にまた「旭日旗騒動」が勃発、「反日」に疲れる韓国人】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2022/11/21(月) 14:06:56.60 ID:p57dHRY+
    no title


    韓国通として知られる女優・真木よう子の〝反日〟ともとれる発言が物議を醸している。

    真木は、梨泰院で発生した「圧死事故」の現場で献花するために訪韓した際、地元メディアから取材を受け、次のように答えたという。

    「多くの日本人が今回の事故に衝撃を受けている。今回の事故で日本人が犠牲になったということより、多くの人々が犠牲になったことにとても驚き、胸が痛くなった」

    真木は、2005年の映画『パッチギ!』や18年の『焼肉ドラゴン』で在日韓国人の役を演じており、今年10月には『釜山国際映画祭ローリング・ユース・フィルム・フェスティバル』にも参加するなど、韓国通として知られている。

    no title


    ◆「私が日本人という事実が恥ずかしかった」

    ネットライターが言う。

    「真木は、韓国メディアのインタビューで、独学で歴史を勉強したとした上で、『その時、初めて在日韓国人が日本にいる理由や歴史について知ることができた』と明かしていたそうなんです。さらに、『過去のことをとても謝罪したかった。私が日本人という事実が恥ずかしかった』との趣旨の発言もあったとされ、一部のネットユーザーたちから疑問の声が上がっているんです」

    真木からすれば現地メディアへの〝リップサービス〟のつもりだったのかもしれないが、ネットには失望したという声も多い。

    《けっこう好きな女優さんだったのでなんか残念です》

    《なんだかなぁ、ってことをいつもやってしまう人ですよね。好きでも嫌いでもなかったけど、「ダメ」になりました》

    しかし、SNSに引用されて話題になった真木のインタビュー記事を、韓国メディアのサイトで検索してもヒットしない不可解な現象も起きている。

    「梨泰院の事故について、真木が心境を語ったインタビュー記事は現在も閲覧可能です。しかし、その記事には〝1回目〟であることが表示されているのですが、続きは検索しても出てこない。真木が反日ともとれる発言をしたのは〝2回目〟のインタビュー記事だったとされているので、日本国内の反応を見て、削除要請したのかもしれませんね」(前出・ライター)

    真木の個人事務所に取材を申し込んだが、期日までに返答はなかった。

    2022.11.21
    https://weekly-jitsuwa.jp/archives/86086


    【真木よう子“反日発言”で物議!あわてて韓国メディアの記事も削除? 検索してもヒットしない不可解な現象】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2022/07/26(火) 08:24:13.15 ID:CAP_USER
    ┃突然の健康悪化で他界
    ┃以前から持病があったとのこと
    _______________________________________________________

    WebToon、『俺だけレベルアップ(以下、俺ダレ)』作者のチャン・ソンラクさんが死亡した。

    (画像)
    no title

    ▲ WebToon、『俺だけレベルアップ』

    WebToonスタジオのレッドアイスは25日、公式ホームページを通じて、「 “俺だけレベルアップ” の作者であるとチャン・ソンラク氏が、突然の健康悪化によって他界した」と明らかにした。

    続けて、「葬儀は遺族らの意志により、某所で知人だけを集めて家族葬で行われた」とし、「故人は以前から持病があり、これによって起きt脳出血で他界した」と説明した。

    また、「これまで多大な愛を送ってくれた読者の皆様に感謝し、良いところに行けるよう哀悼をお願いします」と述べた。

    同時に、「作品と読者の皆様を深く愛された故チャン・ソンラク氏のご冥福を祈ります」と付け加えた。

    (画像)
    no title


    『俺ダレ』は、E級ハンターだった主人公のソン・ジヌが覚醒し、最強のハンターに生まれ変わる話を盛り込んでいる。

    『俺ダレ』は昨年、カカオページが挙げた今年のWebToonとWeb小説のタイトルを同時に席巻したヒット作で、国内外を問わず大きな人気を集めた作品だ。WebToon連載終了時のグローバルヒット数は142億ビューを記録した。

    カカオページは最近、日本の有名製作会社と共に『俺ダレ』アニメ化のニュースも伝えた。

    突然の悲報に対してネチズンの多くは困惑し、故人の冥福を祈った。

    (画像)
    no title

    no title


    ウィキツリー(韓国語)
    https://www.wikitree.co.kr/articles/774920

    【【韓国】人気WebToon、『俺だけレベルアップ』の作者が急死】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 河津落とし(東京都) [US] 2021/11/29(月) 21:37:47.33 ID:MjboEJcT0 BE:306759112-BRZ(11000)
    kr250

    東京五輪は海外でどのように報道されたのか。
    韓国生まれの作家・シンシアリーさんは「韓国のマスコミはこぞって日本を非難した。
    例えば、開会式でMISIAさんが歌った君が代に対して猛攻撃を浴びせた」という――。


    嫌韓を拡大させた、いくつかの案件

    個人的に、韓国の日本に対する感情的スタンスは、明らかに「反日(ほぼ無条件で「反」のスタンスを取る)」だと見ています。
    でも、日本の韓国に対するそれは、「嫌韓」とは思えません(「嫌」とは意味が違う)。
    どちらかというと、関わりたくないというか、話が通じないときのイライラさというか、そんな感覚に似ています。

    嫌いというのもある程度の積極さが必要なので、どうも嫌韓という単語はしっくりきません。
    そう、私は嫌韓という単語があまり好きではありませんが、だからといって他に代用できる単語があるわけでもないし、
    いつのまにか有名になったこともあって、以下、「嫌韓」という単語を借用するとします。

    日韓関係において、嫌韓を拡大するいくつかの重大な案件がありました。
    一部を深く調べることも大事ですが、やはり重要なのは「拡大」です。
    韓国の反日思想に強い関心を持っていない方々に、「あ、あれ確かにおかしいな」と思わせる、
    いわば嫌韓を拡大させる、いくつかの案件がありました。

    有名なのが二〇〇二年ワールドカップで、インターネットの普及と相まって、
    韓国社会が日本に対して抱いている論拠なき悪感情が、日本の皆さんに知られるようになりました。そ
    れからも、李明博大統領の天皇陛下(現在の上皇陛下)侮辱発言および竹島上陸、拉致被害者問題への非協力的な態度、
    旧朝鮮半島出身労働者や慰安婦個人賠償問題および日本企業の資産に対する差し押さえなど、
    いつもは韓国に対して融和的な態度を取るマスコミすらも「これはおかしい」と報道せざるを得ない案件が、いくつかありました。

    プレジデント
    https://president.jp/articles/-/52209

    【韓国メディアの「反日報道」は、日本の「嫌韓」と比較にならないほど過激化している】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル