かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:国会議員

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: AHRA ★ 2019/03/07(木) 23:17:23.30 ID:ayfTsghx9

    DAPPI@take_off_dress

    足立康史「国会議員に立候補してる候補者が日本にいつ帰化したかを知りたいと思ってる国民は多いと思う。外国籍の特捜履歴は出した方がいいのでは?」

    1:37 - 2019年3月7日  ◆動画あり◆
    https://twitter.com/take_off_dress/status/1103590434645860353

    ※参考
    平成31年3月7日の衆議院 総務委員会で日本維新の会の足立康史氏の質疑動画
    https://youtu.be/_sSM_Zbw82A


    【足立康史議員(維衆比近畿)「国会議員に立候補してる候補者が日本にいつ帰化したかを知りたいと思ってる国民は多いと思う」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/05/09(水) 18:09:51.16 ID:CAP_USER9
     
    au250

    2018/05/09
    オーストラリア連邦議会で9日、選挙当時に二重国籍を保有していたとして、議員5人の議員資格が無効となった。オーストラリア憲法は、二重国籍保有者が選挙で公職に就くことを禁止している。

    昨年には、上下院で合わせて10人が同様の理由で辞任に追い込まれた。

    最高裁にあたるオーストラリア高等裁判所はこの日、ケイティー・ギャラガー元老院(上院)議員と4人の代議院(下院)議員について、議員不適格との判断を下した。この判断は、新たなテストケースとなるとみられている。

    不適格となったギャラガー議員と代議院のジャスティン・キーイ議員、ジョシュ・ウィルソン議員、スーザン・ラム議員はいずれも野党・労働党所属。残るレベッカ・シャーキー下院議員は少数政党の中央同盟に所属している。

    二重国籍をめぐる問題によって昨年7月以来、同国の政界は不安定化しており、時にはマルコム・ターンブル首相率いる与党・保守連合が代議院に持つ過半数議席を脅かしてきた。
    今回空席となった代議院の議席を得れば、ターンブル首相は過半数議席を強化することができる。

    票の再集計

    オーストラリア高裁は、元老院のギャラガー議員分の空席について、2016年の連邦選挙の投票結果を再集計して当選者を決めるとしている。
    代議院の4席については、同様の方法か、補欠選挙によって交代となるもよう。
    ギャラガー氏は昨年、2016年の選挙時に英国籍を返還していたかどうかという疑惑が持ち上がった際、自ら裁判所に照会した。
    同氏は9日、「この混乱がオーストラリア首都特別地域(ACT)の代表の1人にも起きたことを、ACTの人々に謝罪します」と述べた。

    労働党のビル・ショーテン党首は、不適格となった4人の代議員のうち3人が再選を狙うだろうと話した。
    ショーテン党首は、労働党はこれまで問題となっている憲法44条a項の古い解釈を採用していたと説明した。
    その上で、「今回、高裁は決定を下した。これはわれわれが対処すべき事実だ」と付け加えた。

    (英語記事 Australia MPs ousted over citizenship)  

    BBC 
    http://www.bbc.com/japanese/44050214 

    【【オーストラリア】豪で議員5人が資格無効に 二重国籍で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/04/11(水) 16:31:03.41 ID:CAP_USER9
    国会議事堂


    4月11日 16時09分
    女性の声を政治に反映させるため、国政選挙などで男女の候補者の数をできるかぎり「均等」になることを目指すなどとした法案は、衆議院本会議に内閣委員会の委員長提案の形で提出されることになり、今の国会で成立する見通しです。

    この法案は、候補者や政党などの活動の自由を確保したうえで、国会や地方議会の選挙での男女の候補者の数ができるかぎり「均等」になることを目指し、政党と政治団体に、男女の候補者数の目標を定めるなど実現に向けて自主的に取り組むよう求めています。

    この法案をめぐっては、おととし、民進党など野党4党と、自民党など3党が、それぞれほぼ同じ内容の法案を提出し、一本化に向けた調整を行いましたが、去年の衆議院選挙に伴って、いずれも廃案になっていました。

    しかし与野党で調整が行われた結果、11日開かれた衆議院内閣委員会で、法案を委員長提案の形で衆議院本会議に提出することが全会一致で決まりました。法案は今の国会で成立する見通しです。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180411/k10011399031000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 

    【【アホや 管理職と同じ道】 男女の候補者「均等」目指す法案提出へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル