かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:在日米軍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2020/07/26(日) 18:29:52.74 ID:CAP_USER

    t_qs8pinax0ub70qx1vew4
    米海兵隊司令官は日本当局と、沖縄に米海兵隊の機動部隊を配備するための協議を始めた。2027年までに対艦、対空ミサイルを装備する「海兵沿岸連隊」を沖縄、グアム、ハワイに配置し、自衛隊と緊密に連携し、中国共産党政権による太平洋進出を阻止する構えだ。複数の日米メディアが23日に伝えた。

    ニューヨーク・タイムズによると、米海兵隊のデビッド・バーガー総司令官は部隊配備について「潜在的な敵が次の一歩を踏み出すのを抑止し、阻止することが目的だ」と電話インタビューで語った。さらに「中国から見れば岩のように強固な連携が見える」と付け加えた。

    バーガー総司令官は3月、海兵隊の向こう10年間の方針を示す「戦力デザイン2030」計画を発表した。同年までに約1万2000人の人員削減、輸送機部隊の廃止、戦車の全廃などがある。その代わりに高機動ミサイルやロケットランチャー、無人機など飛行部隊が追加される。

    さらに海上・離島戦闘準備体制を強化する、海兵連隊(Marine Littoral Regiment, MLR)が創設される。「海兵連隊は離島に機動的に展開して対艦任務を行うことができ、対艦ミサイルは中国艦隊を圧倒できる」と司令官は述べた。

    戦力構成を抜本的に見直し、対中国にシフトする姿勢を鮮明にしている。司令官は、米国の戦力の焦点を大国競争、インド太平洋地域に移すべきだとの考えを示した。

    時事通信の電話取材にも応じた同司令官は、既存の海兵連隊を再編するため、沖縄に駐留する総兵数は増えないとした。また、MLR規模は1800~2000人程度だという。

    海兵連隊の主な役割は、米海軍による制海権確保を支援することにある。有事には島しょ部に分散展開し、陸上から中国軍艦艇を攻撃して中国軍の活動を阻害するという。

    報道によると、司令官は、自衛隊が水陸両用車や輸送機オスプレイ、最新鋭ステルス戦闘機F35など相互運用性のある装備を保有していることから、海兵隊との補完性を指摘している。また、南西諸島での自衛隊との合同演習にも期待を示した。

    司令官は、流行している感染症による渡航制限が緩和されたのち、日本の政策リーダーらと会談を行い、米海兵隊の方向を説明する意向という。

    (翻訳編集・佐渡道世)

    大紀元 EPOCHTIMES 2020年07月25日 20時02分
    https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/60022.html

    【【軍事】米海兵隊、27年までに沖縄に新部隊、対中国戦略を強化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: SQNY ★ 2020/07/18(土) 01:22:24.13 ID:CAP_USER
    no title
     
    ・河野防衛相、入国するすべての米軍関係者のPCR検査を要請

    日本の河野防衛相は17日の記者会見で、日本に入国するすべての米軍関係者に新型コロナウイルスのPCR検査の実施を求めたことを明らかにした。日本のマスコミが報じた。

    報道によると、米軍関係者は日米地位協定に基づき、新型コロナをめぐる入国拒否の対象にはなっておらず、2週間の隔離措置は取られているが、無症状者へのPCR検査は行われていない。

    NHKによると、河野防衛相は「米軍にとっても感染症の拡大を防ぐことは重要だ。これまでの手法では、陽性でも無症状なら移動してしまうケースがあると思う。確実にPCR検査をすることが大事だ」と述べた。

    沖縄県などの在日米軍基地内では新型コロナウイルスの感染者が相次いでいる。米軍司令部は軍人の移動を制限した。沖縄県知事は、新型コロナウイルスの感染者増加を受け、在沖縄米海兵隊の普天間飛行場とキャンプ・ハンセンを閉鎖するべきだとの考えを示したほか、適切な感染防止対策の実施に関して疑念を表した。

    ・Kono asks that U.S. military personnel coming to Japan test for virus
    https://english.kyodonews.net/news/2020/07/a6086ccff419-kono-asks-that-us-military-personnel-coming-to-japan-test-for-virus.html

    2020年07月17日 19:02 スプートニク日本
    https://jp.sputniknews.com/japan/202007177622445/

    【【在日米軍】河野防衛相が入国するすべての米軍関係者のPCR検査を要請】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 夜のけいちゃん ★ 2020/06/22(月) 21:34:18.74 ID:eTkl15sB9
    F04F92F2-3817-4593-9FD5-E4FEAB2E2685
     
    2020/6/22 13:39 (JST)

     【ワシントン共同】ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は23日出版の回顧録で、昨年7月に訪日した際、トランプ大統領が防衛費の分担金として年間約80億ドル(約8500億円)の負担を求めていると日本政府高官に伝えたと証言した。全ての在日米軍を撤収させると脅して交渉を優位に進めるようトランプ氏から指示を受けたことも明らかにした。共同通信が回顧録を入手した。

     トランプ氏の同盟軽視の姿勢が改めて露呈した。80億ドルは日本が現在、負担している在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)の4倍以上に相当する。

    共同通信
    https://this.kiji.is/647649414383174753


    【【防衛費分担金】米、日本に年間8500億円要求 ボルトン氏、回顧録で証言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/05/27(水) 08:52:32.87 ID:CAP_USER
    kr250
     
    ※ハンギョレ新聞の元記事(韓国語)
    駐韓米軍防衛費分担金をなぜ駐日米軍が使うか
    http://www.hani.co.kr/arti/opinion/editorial/946604.html?_fr=mt0


    2020年5月26日、韓国・ハンギョレ新聞によると、韓国政府が昨年負担した駐韓米軍の防衛費のうち134億ウォン(約11億円)が駐日米軍の装備整備の支援に使われていたことが分かり、物議を醸している。

    記事によると、これについて韓国国防部は「営外の米軍装備支援は有事の際に朝鮮半島に増員される戦力を対象に行われているため、韓国の安全保障に肯定的に寄与する活動だ」と説明した。

    しかし記事は「駐韓米軍の駐屯経費を支援するために防衛費を負担するという当初の趣旨から外れる上、駐日米軍が日本政府から防衛費をもらっている状況では不適切だ」と指摘している。

    これに韓国のネットユーザーからは

    「日本がすべきことをなぜ韓国が?」
    「韓国の負担金が多過ぎる証拠だ」
    「私の出した税金を日本のために使ってほしくない」
    「その解釈なら、日本の自衛隊を支援することもあるのでは?有事の際に朝鮮半島と世界平和に寄与すると言って…」
    「米国は韓国を植民地と考えているようだ」

    など不満の声が相次いでいる。一方で

    「他の国もそうしているよ」
    「韓国で戦争が起きたら駐日米軍も応援に来る。当然のことでは?」
    「自衛隊を支援しているのではないから問題ない。米国はただ、西太平洋に駐屯する米軍をひとくくりに考えているのだろう」

    など理解を示す声も上がっている。


    2020年5月26日(火) 22時20分
    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b803977-s0-c10-d0058.html

    【【日米韓】韓国政府負担の駐韓米軍防衛費が日本で使われている? 韓国ネットから不満の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/02/22(土) 21:22:39.67 ID:bouZhGJ39
    https://anonymous-post.mobi/archives/20260

    no title


    今朝の大阪版朝日新聞の社会面の隅。
    おいおい、、、。 pic.twitter.com/MllrGEJHv4

    — 辛坊治郎 公認【辛坊の旅N】 (@JiroShinbo_tabi) February 22, 2020

    関連記事

    【朝日新聞】米軍駐留費「日本は5倍負担を」ボルトン氏が来日時に~ネットの反応「韓国の話と間違えてね?」「現状75%出してるのに5倍とかw 調べてからデマ流せよアカピ」「一般人でも知っている常識を知らないからそんな記事が書けるんだよ」

    関連記事

    <朝日がまた>朝日新聞「米国が在日米軍駐留経費日本側負担を5倍に要求した」⇒菅長官「事実ではない」~ネットの反応「いくら何でも最近フェイクニュース多すぎだろ朝日」「もう嘘でも何でも構わないんだろうなw」「エビデンスなんてどーでもいいって言う新聞だからな」

    関連記事

    【朝日新聞】米軍駐留費 関係者の一人は「5倍」、別の関係者は「3倍以上」を日本に要求~ネットの反応「関係者w」「取材能力がツイッターレベルww 記者が素人過ぎるw」

    関連記事

    それではここで、2019年7月31日の、デタラメ(願望)だらけの朝日新聞1面をご覧ください→ 『在日米軍日本側負担5倍増を』

    【朝日新聞「昨年7月の『在日米軍駐留経費5倍増要求』とかって記事… フェイクニュースでしたwww」 ネット「大きく誤報、小さく謝罪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みんと ★ 2020/01/18(土) 17:57:28.10 ID:dEABrKnU9
    no title
     
    日米安全保障条約の改定から60年となるのを前に、アメリカ国務省の報道官がNHKのインタビューに応じ、日米同盟の意義を強調する一方で「日本国民の安全を守るためにアメリカの納税者の負担が増えている」と述べ、日本側にアメリカ軍の駐留経費をもっと負担するよう求めていく考えを示しました。

    アメリカ国務省のオータガス報道官は、今の日米安全保障条約が署名されて19日で60年となるのを前に、17日、国務省でNHKの単独インタビューに応じました。

    この中でオータガス報道官は、「アメリカと日本は人権の尊重や民主主義という価値観を共有しているが、中国共産党は必ずしもそうではない。価値観を守るためには日米関係の発展が必要であり、条約の意義は大きい」と強調しました。

    一方で、オータガス報道官は、中国や北朝鮮などの問題はアメリカだけでは解決できないと指摘し、「アメリカは同盟国や友好国の平等な負担を必要としている。テクノロジーにかかる費用が増えた結果、アメリカの納税者は日本国民の安全を守るためにもっと負担しなければならなくなっている。日本との友情があるので負担の用意はあるが、公平に負担しなければならない」と述べ、トランプ政権として日本に対して、アメリカ軍の駐留経費の負担の増加を求めていく考えを示しました。

    在日アメリカ軍の駐留経費について、日本政府は他国と比べても高い水準で応分に負担しているという立場ですが、トランプ政権は、ことし夏にも本格化する日本との交渉でさらなる負担を求めていく姿勢で、オータガス報道官はそれをより鮮明にしました。

    NHK 2020年1月18日 6時32分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200118/k10012250161000.html


    【【傭兵になるがいいのか?】日本に米軍駐留経費の負担増を求める考え…米国務省報道官】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/11/16(土) 10:23:19.06 ID:r6Q3Px2O9
    us250

    在日米軍の駐留経費負担4倍増要求と米報道

     【ワシントン共同】米外交誌フォーリン・ポリシーは15日、複数の米政府関係者の話として、トランプ政権が日本政府に対し、在日米軍の駐留経費負担を約4倍に増やすよう要求していると報じた。 

    共同通信
    2019/11/16(土) 08:33:07.50 
    https://this.kiji.is/568216759603414113
    【【傭兵になるけどいいのか】在日米軍の駐留経費負担4倍増要求と米報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ミントソーダ ★ 2019/07/31(水) 14:40:52.50 ID:8l2Deueb9
    0B91CEAC-ED81-491A-91B7-3916D5193F53

    「米軍駐留費「日本は5倍負担を」 ボルトン氏が来日時に」

    トランプ米政権のボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が先週、日本を訪問した際に、在日米軍の日本側負担について、現状の5倍となる巨額の支払いを求める可能性があることを伝えていたことがわかった。米政府関係者が朝日新聞の取材に明らかにした。同盟国の負担増が持論のトランプ大統領による交渉前の「言い値」とみられるが、日米同盟に悪影響を及ぼす可能性がある。

     ボルトン氏は国家安全保障会議(NSC)のポッティンジャー・アジア上級部長とともに、7月21、22日に来日し、河野太郎外相や谷内正太郎国家安全保障局長と会談。朝日新聞の取材に応じた米政府関係者によると、この際に日本側に増額を要求したという。

     「思いやり予算」と呼ばれる在日米軍駐留経費の日本側負担は2016~20年度の5年間で総額9465億円に及ぶ。現在の協定はオバマ政権時に結んだもので、2021年3月末に期限を迎える。新たな協定を結ぶ日米の交渉は来年から本格化する見通しだ。

    2019年7月31日14時00分
    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASM702TJQM70UHBI00H.html


    【【朝日新聞】米軍駐留費「日本は5倍負担を」ボルトン氏が来日時に 米政府関係者が“朝日新聞”の取材に明らかにした 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/02/08(金) 20:11:30.80 ID:CAP_USER
    6C0B4673-36EF-4930-B1C2-8B5CD7352A07
     
    在日米軍のケビン・シュナイダー司令官が8日、東京・市谷の防衛省を訪問し、制服組トップの河野克俊統合幕僚長と会談した。5日に就任したばかりのシュナイダー司令官に河野氏が「日米同盟はわが国の安全の基軸。シュナイダー司令官との間で一層深化させていきたい」と強調した。司令官は、歓迎に謝意を示した。

     シュナイダー司令官が過去にも日本で勤務経験があることや、最近までインド太平洋軍の参謀長を務めたことを踏まえ、河野氏は「日本を含むアジア太平洋地域の情勢を十分把握されていると思うので非常に心強い」と述べた。

    ロイター 2019年2月8日 / 19:50
    https://jp.reuters.com/article/idJP2019020801002601

    【【日米同盟】5日に就任したばかりのケビン・シュナイダー米軍新司令官と河野克俊統合幕僚長が会談 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル