かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:在韓米軍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/09/09(水) 15:21:21.79 ID:CAP_USER
    国旗掲揚台の日章旗に代わって星条旗に掲揚されると、米軍将兵が国旗に向かって敬礼する様子[写真 駐韓米軍第8軍フェイスブック]
    no title

    日米代表らが署名式に出席した様子[写真 駐韓米軍第8軍フェイスブック]
    no title



    在韓米軍が1945年9月9日に、朝鮮総督府の国旗掲揚台に掲揚されていた日章旗を降納し星条旗を掲揚する写真を公開した。

    駐韓米軍第8軍は9日、フェイスブックに「韓国南部に駐屯中の日本軍がソウルで降伏した」として日米代表の降伏文書署名式の写真を掲示した。

    第8軍は「韓国で30年間の日本統治が幕を下ろし、降伏文書署名式がソウルの朝鮮総督府建物で開かれた」とし「記念式典中に日章旗が降納され、星条旗が掲揚された」と説明した。

    公開された写真は米海軍が撮影したものだ。国旗掲揚台の日章旗に代わって星条旗に掲揚されると、米軍将兵が国旗に向かって敬礼する様子や日米代表らが署名式に出席した様子が写真に含まれていた。


    中央日報 2020.09.09 14:38
    https://japanese.joins.com/JArticle/270072

    【【駐韓米軍】フェイスブックに朝鮮総督府国旗掲揚台の日章旗を降納し星条旗を掲揚する写真を公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/09/01(火) 08:16:06.49 ID:CAP_USER

    no title
    ワシントン・ポスト「日本の利益のためトランプを説得」 ボルトン氏「安倍、米朝の恍惚の中でトランプを現実に引き止めた金属の鎖」

     米紙ワシントン・ポストの外交・安保専門コラムニスト、デビッド・イグナチウス氏が30日(現地時間)、「日本の安倍晋三首相がドナルド・トランプ米大統領の在韓米軍撤退を引き止めた」と主張した。安倍首相は28日、持病の潰瘍(かいよう)性大腸炎の再発で辞任することを発表した。

     イグナチウス氏は同日のコラムで、「安倍首相はトランプ大統領の変則的な行動を管理するために、世界で最も成功した指導者だった」「(安倍首相は)日本の安全保障は(米国で)誰が執権しても米国と良い関係を結ぶことにかかっていることを知っていた」と述べた。また、「彼は日本と米国に利益となる合理的な政策のため、絶妙にトランプ大統領を言いくるめた」とも言った。安倍首相はトランプ氏が大統領に当選した後、最初にニューヨークのトランプタワーに駆け付けて同氏に会った指導者であり、米朝首脳会談後はトランプ氏をノーベル賞受賞者に推薦するなど、「おだて戦略」でトランプ氏の心を得た。

     イグナチウス氏は「トランプ大統領が随時、日本の対米貿易黒字を批判して防衛費分担金増額の圧力を加えても、結局は安倍首相が要求する通りにしていた」としている。安倍首相は在日米軍基地なしに太平洋を守ることがどれだけ高くつくか、トランプ大統領に想起させながらも、「米国の若者たちが日本を守るために命を懸けていることに感謝している」と説得したというのだ。

     イグナチウス氏はまた、「その日本の指導者(安倍首相)はトランプ大統領の在韓米軍撤退を引き止めることができた」とも語った。安倍首相が在韓米軍の重要性を具体的にどのように説得したのかは分かっていない。ただ、安倍首相は在日米軍の重要性を説得する過程で、在韓米軍撤退反対の意向も合わせて明らかにした可能性がある。

     ボルトン元大統領補佐官(国家安全保障担当)もこの日、同紙に寄稿文を掲載し、「安倍首相は北朝鮮の核、生物・化学兵器計画や弾道ミサイル能力の除去を粘り強く追求した」「彼はトランプ・金正恩(キム・ジョンウン=朝鮮労働党委員長)の恍惚(こうこつ)の境地の中、道を失うよりも(トランプ)大統領を現実に近いところに縛っておく重い金属の鎖と同じだった」と述べた。また、「安倍首相は域内とその向こうで覇権を掌握しようとしている中国に対抗する、ワシントンの『自由に開放されたインド・太平洋』というスローガンを実際に作って使い始めた人だ」とも書いた。米国の中国包囲戦略を意味する「インド・太平洋」という用語は日本が考案し、これを米国が受け入れたものだ。

     トランプ大統領は同日夜、ツイッターに「先ほど、私の友人であり、まもなく辞任を控えている安倍晋三首相と素晴らしい会話を交わした」「晋三は日本の歴史上、最も偉大な首相として記憶されるだろう」と投稿した。日本の菅義偉官房長官は31日の定例記者会見で、安倍首相が午前10時ごろから約30分間、トランプ大統領と電話会談を開いたと発表した。

     しかし、安倍首相の外交政策に対する批判も出ている。マイケル・グリーン米戦略国際問題研究所(CSIS)上級副所長は朝日新聞に「韓国に対する(安倍首相の)対応は失敗」「韓米日の安保体制は、東アジアの安定と安全保障に直結する問題だ」と語った。韓日が日本軍慰安婦問題や強制徴用賠償問題などで対立していることで、米国の立場から見ると重要な韓米日3国協力体制を揺るがしたとの指摘だ。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)も28日の社説で、トランプ大統領と安倍首相の関係を肯定的に評価しながらも、慰安婦問題など韓国との対立を安倍首相の外交失策に挙げた。

     安倍首相の今回の辞任は自身の政治的スキャンダルを避けるためだという指摘もある。上智大学の中野晃一教授はこの日、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)に掲載した「安倍晋三は病気だ。しかし、これは彼が辞意を表明した唯一の理由なのか」という題のコラムで、安倍首相が辞意を表明した実際の理由は、新型コロナウイルス問題の対応失敗と各政治スキャンダルの責任を回避するためだと分析している。

    ワシントン=趙義俊(チョ・ウィジュン)特派員

    朝鮮日報 2020/09/01 08:01
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020090180007

    【【韓国報道】「トランプ大統領の在韓米軍撤退、安倍首相が止めた」「日本の利益のためトランプを説得」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/01(火) 00:16:32.60 ID:CAP_USER
    kr250
    2020年8月31日、環球網は、米軍が中国との戦いに備えた改革を進めているとして韓国から憂慮の声が出ていると報じた。

    記事は、韓国紙・朝鮮日報の30日付報道を引用。米海兵隊が今年3月に発表した向こう10年間の改革プランで、同隊の総兵力を18万9000人から17万人に削減することを定めたほか、「南シナ海と東シナ海で衝突が発生した際に100人規模の小分隊を速やかに出動させるようにし、中国のミサイル射程内における中国軍との戦闘に資する」ことが盛り込まれたと伝えた。

    その一方で、これらの改革の代償としてM1A1主力戦車の廃止に加え、同隊の象徴である上陸突撃用装甲車も6台から4台へ削減されると指摘。さらにAH-1攻撃ヘリコプター、CH-53大型輸送ヘリ、MV-22垂直離着陸機などの空中部隊も大規模な削減が行われ、F-35ステルス戦闘機の数も縮小されるとした上で、これらのプランが2030年に実現すれば、「大規模な兵力と重量級装備を動員する海岸突撃作戦は過去のものになるかもしれない」と報じている。

    そして、韓国軍関係者からは、北朝鮮との軍事衝突が起きた場合に米海兵隊に大きく依存する必要がある中で、同隊の改革や戦略変更について韓国側との協議が行われていないことへの憂慮の声が出ているほか、韓国の軍事専門家も「改革は戦時作戦指揮権移譲後の米軍単独作戦に着目したもの。今後朝鮮半島有事の際、韓国軍は自ら輸送や攻撃の問題を解決しなけらばならなくなるため、米韓合同作戦計画を調整する必要がある」との認識を示したと伝えた。(翻訳・編集/川尻)

    Record China 8月31日(月)22時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b832079-s0-c10-d0135.html

    【【米軍単独作戦に着目…】韓国で米海兵隊の「10年改革」に憂慮の声 F-35ステルス戦闘機等の数、縮小 削減—中国メディア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/08/24(月) 21:13:15.16 ID:CAP_USER
    韓米軍当局が戦時作戦統制権(戦作権)転換評価目録を従来の90項目から155項目へと大幅に増やしたことが23日、確認された。

    こうした評価目録の増加は、2018年11月に就任したロバート・エイブラムス韓米連合司令官の要請によるもので、韓米軍当局は5月に増えた細部評価目録を確定し、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)にも報告したという。

    複数の軍消息筋は「韓米連合軍の戦闘遂行能力を評価、検証するうえで基準となる『連合任務必須課題目録(CMETL)』を従来の90項目から155項目へと倍近く増やした」とし「米軍の要求で増えた目録には達成するのが容易でない項目が数多く含まれていて、今後の戦作権転換日程に支障が生じることも考えられる」と明らかにした。

    戦時作戦権の転換は▼第1段階の基本運用能力(IOC)▼第2段階の完全運用能力(FOC)▼第3段階の完全任務遂行能力(FMC)--と検証評価を踏む。昨年の第1段階では計90目録を検証したが、目録が増えたため今年進行される第2段階のFOCからは155目録を検証しなければならない。

    新型コロナウイルスの感染拡大で上半期の連合訓練が取り消しになったのに続き、下半期の訓練(連合指揮所訓練)までが縮小実施される状況で、評価目録の大幅増加は文在寅(ムン・ジェイン)政権の任期内の戦作権転換にもう一つの伏兵となる見込みだ。

    米軍の評価目録増加要求について、「文政権任期内の戦作権転換」よりも、期限に拘束されない確実な戦作権転換が重要だという点で前向きな評価もある。しかし軍の一部では米国が戦作権転換自体に消極的なのではという声も出ている。

    世宗研究所のキム・ジョンソプ首席研究委員は21日、ある寄稿で「戦時作戦権転換計画が変わったが、米軍は従来の検証方式をそのまま維持している」と批判し、論議を呼んでいる。

    キム委員は「韓国軍の物理的な能力でなく(韓米連合軍)指揮能力評価を戦作権転換条件の核心とすべきだ」とし、このように主張した。キム委員は6月末、国防部企画調整室長から退いた。

    キム委員の主張の要旨は、当初の戦作権転換計画は韓国合同参謀本部が戦作権を行使し、米軍が支援だけをする方式だったが、現在は米軍の役割と軍事支援をそのまま維持したまま韓国軍司令官が連合司令官を引き受ける方式に変更されたにもかかわらず、米軍が従来の計画に基づき過度に厳格な評価条件を要求しているということだ。

    ある情報筋は「米軍が要求した条件のうち一部でも満たせなければ、これを名分に戦作権の転換を遅らせるという危機感が軍内にある」とし「青瓦台も最近、国家安保室を改編した後、戦作権転換関連の米国の動きを鋭意注視している」と伝えた。


    中央日報 2020.08.24 14:40
    https://s.japanese.joins.com/jarticle/269512

    no title

    2018年11月、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官(左)とマティス米国防総省長官がワシントンのペンタゴン(国防総省)で開催された第50回韓米定例安保協議(SCM)の結果として「戦作権転換以後連合防衛指針」に署名した後、握手している。

    【【韓国】戦作権転換評価目録、90→155項目に…米軍ロバート・エイブラムス米韓連合司令官が要求】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2020/08/03(月) 10:02:43.33 ID:CAP_USER
     kr250
    米陸軍大学院戦略研究所の重要性

     ドナルド・トランプ米大統領は、根っからの嫌韓感情(?)と在韓米軍駐留費分担をめぐるソロバン勘定から、ことあるごとに在韓米軍(2万8500人)縮小・撤収を口にしてきた。

     韓国の文在寅大統領を取り巻く左派ナショナリストたちは、「米国の国益やメンツで撤退などできっこない」と高を括っている節があるようだ。

     ところが米陸軍のエリート集団が「在韓米軍はもはや必要なし」と言い出した。

     在韓米軍兵力の大半を占める米陸軍の基幹的シンクタンク、「米陸軍大学院戦略研究所(Army War College, Strantegic Studies Institute)が7月中旬、トランプ氏の主張を軍事戦略的に裏づける報告書(100ページ)を公表した。

    (略)

    【【米韓】韓国の二股外交に衝撃、在韓米軍もはや不要と米陸軍】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2020/07/18(土) 13:01:09.08 ID:CAP_USER
     tramp
    7/18(土) 11:02配信
    ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

     米国防総省は韓国に駐留する米軍を巡り、削減を含めた選択肢をホワイトハウスに提示した。米関係者が明らかにした。ドナルド・トランプ大統領は韓国に対し米軍駐留経費の大幅な負担増を求めており、両国の間でつばぜり合いが続いている。

     軍関係者によると、国防総省は縮小の可能性も含めた世界における米軍再編を検討する一環として、韓国に駐留する米軍の在り方を見直している。

     トランプ政権関係者は、在韓米軍を現在の2万8500人から縮小する案の詳細について明らかにしなかった。縮小に関しては何も決まっていないという。

     トランプ氏は先に、ドイツの駐留米軍を3万4500人から9500人削減することを決め、同盟国の間に動揺が広がった。政権アドバイザーの1人は、米軍撤収の動きが加速する可能性を示唆していた。

     在独駐留米軍の撤収を主張してきたリチャード・グレネル元駐ドイツ大使は先月、独紙ビルトに対し「ドナルド・トランプ氏は非常に明快だった」と述べ、「われわれはシリア、アフガニスタン、イラク、韓国、日本、ドイツから軍を引き揚げたい」と語った。

     グレネル氏はさらに、米国は「他国の防衛のために過剰な支出をするのに多少うんざりしてきている」とも述べた。

     米国と韓国は朝鮮戦争以来、軍事同盟を維持してきた。米軍の駐留経費を韓国が負担する協定の第1弾を両国は1991年に締結した。ただ、トランプ氏は一貫して韓国の負担額拡大を求めてきた。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f3c2e08009d85f587cde367a465078e55d4ede08

    【【韓国】トランプ政権、在韓米軍の削減を検討】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/06/13(土) 08:16:15.62 ID:CAP_USER
    tramp
     
    ドイツメディアがインタビュー、トランプ構想伝える
     米国のドナルド・トランプ大統領の側近、リチャード・グレネル元駐独米国大使は11日(現地時間)、トランプ大統領が在韓米軍を撤収しようとする計画を持っていることを明らかにした。グレネル元大使は11日、ドイツの日刊紙「ビルト」のインタビューに応じ、「米国の納税者は、外国の安全保障のためあまりに多くの金を支払うことに疲れを覚えている」としてこのように伝えた。

     グレネル元大使は「海外駐屯米軍を米国に引き揚げようという決定をトランプ大統領が下すのは、全く驚くべきことではない」と語った。グレネル元大使は、トランプ大統領の再選キャンプに合流するといわれている。

     韓国軍は、このような在韓米軍撤収説を公には否定しているものの、米国政府から相次いで関連の話が出てくる中で不安が強まっている。実際トランプ政権の関係者は最近、本紙の取材に対し、在韓米軍削減に関して「常にテーブルに上がっている事案」と語った。米国防総省で世界の米軍の再配置を検討するに当たり、在韓米軍削減も常に念頭に置いているというわけだ。さらに米国は、防衛費分担金交渉で韓国側を圧迫するため、在韓米軍削減カードを切るかどうか考慮しているという。

     だが、在韓米軍撤収が現実になる兆しはまだ見られない。米中競争が激化する中で在韓米軍の戦略的価値はむしろ上がっており、米国の国防予算の利用を規制する国防授権法は、在韓米軍を現在の水準である2万8500人以下へと減らすことに予算を使えないよう定めているからだ。ただし、韓国に9カ月おきにローテーション配備される4500人規模の在韓米軍第2師団の1個旅団が米国本土へ戻った後、新たな部隊を充員しないという形で駐屯規模を減らすことはできる。ローテーション配備の中止には予算がかからないからだ。

     米国発の在韓米軍撤収論について、韓国国防部(省に相当)は「韓米間で削減に関して議論された事項はない」とし、「韓米は毎年開催される韓米定例安保協議(SCM)において、在韓米軍が韓半島防衛のため引き続き維持されるという公約を再確認してきた」とコメントした。

    ワシントン=趙儀俊(チョ・ウィジュン)特派員

    朝鮮日報 2020/06/13 07:43
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020061380003

    【【韓国悲報】トランプ大統領の側近が「在韓米軍撤収計画」に言及】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/06/06(土) 19:12:44.36 ID:CAP_USER
    418D0080-78FE-427A-BF19-CD7240BF43D2
     
    韓国に駐留するアメリカ軍の、ことしの経費をめぐる米韓両政府の協議がまとまらないため、アメリカ軍が基地で勤務する韓国人従業員の、およそ半数を4月から休職にしていますが、韓国側が合意に先立って、ことし1年分の給与を支払うことで、現場に復帰できる見通しとなりました。ただ、難航している協議がいつ合意に至るのかは依然として不透明な状況です。

    韓国に駐留するアメリカ軍の、ことしの経費をめぐって、米韓両政府は、去年9月から協議を続けていますが、年が明けてもまとまっていません。

    このためアメリカ軍は、基地で勤務する韓国人従業員の給与を負担できないとして、全従業員のおよそ半数にあたる4000人余りを4月から休職にしています。

    これについて、アメリカ国防総省が2日、明らかにしたところによりますと、韓国側が合意に先立って全従業員のことし1年分の給与として、およそ2億ドル、日本円にしておよそ220億円を支払うことを提案し、アメリカ側はこれを受け入れたということです。

    休職中の韓国人従業員は今月中に現場に復帰できる見通しです。

    これに対し韓国国防省は「アメリカの決定を歓迎する。早期に合意に達するよう努力していく」とするコメントを出しました。

    ただ、通信社の連合ニュースは、難航している協議について、韓国側が負担額の13%の上積みを提案しているのに対し、アメリカ側は50%程度の増額を求めていると伝えていて、いつ合意に至るのかは依然として不透明な状況です。

    NHKニュース 2020年6月3日 19時13分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200603/k10012456901000.html

    【【NHK】韓国 米軍基地の従業員給与支払いへ 米韓の経費協議まとまらず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆mZB81pkM/el0 (東京都) [US] 2020/06/04(木) 14:19:40.42 ID:VFGm5VbS0● BE:844481327-PLT(13345)
    no title

    8月に予定されている今年下半期の韓米合同軍事演習の内容を巡り、韓国と米国の軍当局の間で意見の食い違いが生じていることが3日までに分かった。
    韓米両国は昨年から1年に2回、合同軍事演習を行うこととし、上半期にはこれまで実施してきた米軍主導の実質訓練を、下半期には戦時作戦統制権の移管を進めるための韓国軍主導の作戦能力検証訓練を行った。
    ところが今年上半期はコロナの影響で合同演習ができなかったため、双方の間に問題が生じたのだ。

    米国は上半期にロバート・エイブラムス韓米連合司令官が主導する実質連合対備体制点検訓練ができなかったため、これを下半期に実施すべきと主張している。
    ところが現政権の任期(2022年)中に統制権の移管を実現させたい韓国政府は「下半期にはチェ・ビョンヒョク韓米連合司令部副司令官主導の検証訓練を行うべき」として米側に反対している。

    韓米両国の意見の対立が表面化したことで、一部からは「昨年の基本運用能力(IOC)検証訓練のときから双方の間に意見の対立があった」との指摘も出ている。
    訓練に参加した複数の関係者らは「韓国軍首脳部に戦争経験がないため、訓練の際に素早い判断を下せないという側面がどうしてもある」
    「韓国軍の一部からも『米軍としては見るに堪えない状況だっただろう』という話がでていた」と伝えた。

    一部メディアは「エイブラムス司令官が昨年のIOC検証の際に失望し、戦時指揮統制所となる『CPタンゴ』の席を蹴って飛び出し、平沢基地に行った」とも報じた。
    これに対して韓国国防部(省に相当)と在韓米軍司令部は「韓米間に意見の対立はなく、エイブラムス司令官が韓国軍に失望してCPタンゴを出たという話も事実ではない」と説明していた。

    複数の政府関係者は「今年8月に予定されている合同軍事演習の方式を巡って韓米双方は協議中だが、今も歩み寄りはできていない状況」と説明した。
    米国は3月初めに計画していた連合司令官主導の対備体制点検訓練をやるべきと主張しているが、韓国政府は韓国軍主導で統制権移管完全運用能力(FOC)の検証をやるべきとの立場だ。

    戦時作戦統制権が移管されれば、現在の韓米連合司令部は未来連合軍司令部に改編される。
    韓米連合司令部は在韓米軍司令官が指揮するが、未来連合軍司令部は韓国軍が指揮権を行使する。

    原則として在韓米軍が韓国軍の指揮下に入るということだ。
    問題は米軍の不安感だ。米軍は「統制権の移管そのものは問題にならない」としながらも、統制権の移管を急ぐ影響でしっかりした検証が行われない可能性を懸念している。
    要するに現時点における韓国軍の戦闘力と指揮能力が信じられないということだ。

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020060480080


    【「韓国は信用できない」朝鮮半島の戦時作戦統制権めぐり米韓が対立】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV8,ほうおう,9C】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/06/04(木)08:21:03 ID:???

    米国防総省は2日(現地時間)、韓国が無給休職状態にある在韓米軍韓国人勤労者の人件費を支給することで合意したと明らかにしたとロイター通信が報じた。

    通信によると、米国防総省は声明を出して今回の合意で韓国が4000人の勤労者に2020年末までに2億ドル(約271億円)を負担することになるだろうと伝えた。

    (以下略)

    中央日報 6月3日
    https://japanese.joins.com/JArticle/266619
    【【韓国】米「無給休職中の在韓米軍韓国人勤労者の人件費、韓国の支給で合意」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/05/27(水) 08:52:32.87 ID:CAP_USER
    kr250
     
    ※ハンギョレ新聞の元記事(韓国語)
    駐韓米軍防衛費分担金をなぜ駐日米軍が使うか
    http://www.hani.co.kr/arti/opinion/editorial/946604.html?_fr=mt0


    2020年5月26日、韓国・ハンギョレ新聞によると、韓国政府が昨年負担した駐韓米軍の防衛費のうち134億ウォン(約11億円)が駐日米軍の装備整備の支援に使われていたことが分かり、物議を醸している。

    記事によると、これについて韓国国防部は「営外の米軍装備支援は有事の際に朝鮮半島に増員される戦力を対象に行われているため、韓国の安全保障に肯定的に寄与する活動だ」と説明した。

    しかし記事は「駐韓米軍の駐屯経費を支援するために防衛費を負担するという当初の趣旨から外れる上、駐日米軍が日本政府から防衛費をもらっている状況では不適切だ」と指摘している。

    これに韓国のネットユーザーからは

    「日本がすべきことをなぜ韓国が?」
    「韓国の負担金が多過ぎる証拠だ」
    「私の出した税金を日本のために使ってほしくない」
    「その解釈なら、日本の自衛隊を支援することもあるのでは?有事の際に朝鮮半島と世界平和に寄与すると言って…」
    「米国は韓国を植民地と考えているようだ」

    など不満の声が相次いでいる。一方で

    「他の国もそうしているよ」
    「韓国で戦争が起きたら駐日米軍も応援に来る。当然のことでは?」
    「自衛隊を支援しているのではないから問題ない。米国はただ、西太平洋に駐屯する米軍をひとくくりに考えているのだろう」

    など理解を示す声も上がっている。


    2020年5月26日(火) 22時20分
    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b803977-s0-c10-d0058.html

    【【日米韓】韓国政府負担の駐韓米軍防衛費が日本で使われている? 韓国ネットから不満の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ソメチメスッスッス ★ 2020/04/30(木) 14:01:38.15 ID:mPYS93pP9
    tramp
     
    記事入力2020.04.30。午前11:36 記事原文 スクラップ

    ドナルドトランプ米国大統領が、韓米防衛費の交渉と関連し、韓国が多くのお金を出すことにしたと語った。

    ロイター通信によると、トランプ大統領はこの日、ホワイトハウス執務室での通信とのインタビューで、
    韓米防衛費の交渉について「彼ら(韓国)は、多くのお金を出すことに合意した。
    彼らは、私が就任したときに出したのよりも多くのお金を出す」と述べた。

    トランプ大統領の発言は、韓国が防衛費分担金に多くのお金を出すことにしたと既成事実化することにより、韓国の追加負担を圧迫する次元に見える。

    トランプ大統領のこのような言及に大統領府は「交渉が進行中」と言葉を惜しんだ。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D001%26aid%3D0011581708 ate%3D20200430%26type%3D1%26rankingSeq%3D2%26rankingSectionId%3D100&usg=ALkJrhi2Ifu-Xs1URdFd20w_4yu79AJpEg

    共感 29
    非共感 301

    【【韓国悲報】トランプ「韓国がもっと金を払うことで合意した」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/04/28(火) 21:37:40.48 ID:CAP_USER
    総額をめぐり強硬対立の様相を見せている韓米防衛費分担金特別協定(SMA)交渉と関連、米国は「韓国政府がもっと妥協することを望む」という異例の立場を明らかにした。「13%水準の引き上げが最上」という韓国の提案をトランプ米大統領が拒否したのに続き、もう一度総額追加引き上げを圧迫する様相だ。

    米国務省は28日、米政府系ラジオのボイス・オブ・アメリカ(VOA)の質疑に「交渉過程中に米国政府は立場を調整し妥協した。われわれはこの数週間の間に互いに受け入れ可能な合意に到達するために相当な柔軟性を見せた」と明らかにした。続けて「われわれは韓国政府もさらに妥協することを願っている」と強調した。

    VOAによると、国務省は韓国国会が無給休職に入った在韓米軍の韓国人労働者に向け特別法を制定し賃金の一部を支給することにしたことに対しこうした立場を明らかにした。特別法制定と関連し国務省関係者は「外交的ルートを通じて伝えられた韓国の提案に対しては確認しない」とだけVOAに答えた。

    これに先立ち韓米が防衛費分担金交渉妥結に失敗し在韓米軍の韓国人労働者約4000人は今月1日から無給休職に入った。韓国政府は米国側に前回のSMAの総額1兆389億ウォンより13%水準で引き上げる案を最終的に提示したが、トランプ米大統領は「私が拒否した」と明らかにした。その後米国はポンペオ国務長官とエスパー国防長官ら高官級を通じてトランプ大統領の「マジノ線」を韓国に繰り返し伝えたものとみられる。

    だが韓国も依然として堪えている。さらには「やるだけやった」という雰囲気も読みとれる。

    外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官は28日の国会外交通商委員会の懸案報告で「(13%引き上げ案は)われわれとしては最高の水準、可能な最高の水準だったと評価する」と明らかにした。韓国政府の強硬立場を加減なく紹介したものだ。

    康長官は13%案を文在寅(ムン・ジェイン)大統領も裁可したのかを問うユン・サンヒョン外交通商委員長の質疑には「大統領は初めからこの問題に対し深い関心を持ってみている」と話した。「13%マジノ線」は文大統領の意志という点を強調したのだ。

    韓国は現在米国の総額追加増額要求に対抗し在韓米軍労働者無給休職問題を解決するためにSMA協定を無力化できる「特別法制定」という超強硬カードまで切った状況だ。表向きは国会国防委員会が推進しているが、国会関係者らによると国防部・外交部とも緊密に意見交換をしている。

    康長官はこの日の会議で米国政府が無給休職事態を防ぐための韓国政府の提案を2度にわたり拒絶したという事実も具体的に説明した。2度は▽人件費▽軍需支援費▽軍事建設費項目で構成されたSMAのうちで人件費のパートだけ先に妥結しようという「先妥結」の提案と、韓国政府が国防部の予算から人件費部分に策定された金額を先に執行しSMA総額妥結時にこれを差し引く「先支給」案だ。

    康長官はこの2種類の提案に対し「米国側は法的な根拠がないという論理で受け入れなかった」と説明した。こうした米国の論理を打破するため韓国政府は特別法を作ってでも強行するという意向を22日に米国に伝えた。

    状況がここまで達したことで韓国政府内外では韓米が防衛費問題で正面衝突するのではないかとの懸念まで出ている。こうした見方を懸念したように外交部は28日に「特別法制定は政府が賃金を支給するということではなく(無給休職中の労働者の)生計支援をするもの」として一歩後退した立場を見せたりもした。

    外交部当局者はこの日午後に記者らと会い、「いま在韓米軍の韓国人労働者の雇い主は米軍のため賃金は雇用主が払うもの。われわれが賃金を払うことはできないため生計部分を特別法で措置しようとするものであり、賃金を支給しようとするものではない」と説明した。

    中央日報 2020.04.28 20:02
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/265392?servcode=A00&sectcode=A20 

    no title

    昨年9月に文在寅大統領がニューヨーク市内のホテルで開かれたトランプ大統領との首脳会談でドツカレそうになっている。[写真 青瓦台写真記者団]

    【【米国vs韓国】強硬対立に突き進む韓米…防衛費問題で正面衝突の懸念も 韓国依然として堪える「やるだけやった」という雰囲気】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/04/28(火) 08:22:28.76 ID:CAP_USER
    kr250
     
    今月1日から無給休職中の在韓米軍韓国人勤労者約4000人の賃金の一部を予算で先に支払うという提案に米側が反対すると、韓国政府は特別法を制定してでも賃金を支払うという立場を米国側に通知したことが27日、明らかになった。

    韓国政府の当局者は27日、中央日報に「政府がひとまず勤労者賃金の一部を先に支払い、今後、防衛費分担金特別協定(SMA)交渉が妥結すれば該当金額を総額から除外しようという立場を米国側に数回伝えたが、米国側はこれを受け入れなかった」と述べた。

    これに先立ち韓国政府は国会批准同意手続きを2回踏んでも防衛費分担金特別協定(SMA)上の人件費の部分を先に妥結しようという提案もしたが、米国側はこれを拒否した。現行SMAは▼人件費▼軍需支援費▼軍事施設費の3つの部分に分かれている。

    鄭恩甫(チョン・ウンボ)SMA交渉代表は2月28日、記者らに対し「1月に開かれた第6回会議以降、人件費の優先妥結を提案した」とし「無給休職のないSMA妥結のために国会批准同意手続きを2度推進する準備もできている」と述べた。3月には国防予算に編成されている防衛費の人件費予算を先に執行する案も通知した。しかし米国側はこの案を受け入れず、在韓米軍は無給休職を強行した。

    政府は米国側が2度(人件費を先に妥結する案と仮払い案)も政府案を拒否すると、22日に開催された第17次韓米統合国防協議体(KIDD)会議で特別法を制定してでも無給休職中の勤労者の賃金を支払うという強硬な立場を米国側に伝えた。政府のこうした方針に米国側はまだ特別な立場を出していない。

    人件費支払いをめぐる韓米間の衝突は、基本的に「総額の大幅引き上げ」を主張する米国側と、「前年比13%引き上げが最上」という政府側の立場が激しく対抗した結果だ。

    韓国政府は米国側の無給休職強行を韓国政府に対する圧力カードで見ている半面、米国側は韓国政府の人件費を先に解決する立場をこうした圧力カードを無力化して交渉長期化に対応するためのものと見ているからだ。

    実際、政府は米国側に通知した後、直ちに特別法制定手続きに着手した。これは在韓米軍が雇用した勤労者に韓国政府が賃金を支払うことをめぐる法的論争を解消するためのもので、今度は政府が特別法の制定を対米圧力カードとして使うということだ。関連特別法を国会国防委員長が直接発議したのも対米圧力用と見なすことができる。

    安圭佰(アン・ギュベク)国防委員長はこの日、「国会で立法した特別法に基づき政府が賃金を先に支払う部分については米国政府が是非を問う事項ではない」と述べた。安委員長は「一部で伝えられた70%は確定していない数値」とし「(無給休職中の)勤労者の賃金が220万-770万ウォン(約19万円ー67万円)と分布が幅広いため70%を一括適用するのは難しく、生計費水準で検討している」と説明した。

    このように韓米間の感情の溝が深まり、交渉空白事態が長期化するのはもちろん「ほかの韓米同盟事案にも影響を及ぼしかねない」という懸念が政府内外で出ている。

    中央日報 2020.04.28 07:56
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/265347?servcode=A00&sectcode=A20

    【【韓国】「在韓米軍内韓国人人件費仮払い」を米国が拒否…「特別法制定」超強硬カード取り出した韓国政府】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/04/11(土) 08:10:34.78 ID:CAP_USER
     tramp
     【ワシントン共同】トランプ米大統領が4月初旬、2020年以降の在韓米軍駐留費の負担割合を巡る韓国側の提案を拒否したことが10日分かった。提案額は20年の負担額を19年比で約13%増やす内容だった。関係国筋が共同通信の取材に明らかにした。交渉がさらに長期化する恐れがある。

     複数の韓国メディアは1日、米韓両国が実務レベルの交渉で暫定的に合意したと報道。関係国筋によると、トランプ氏はホワイトハウスで1日、ポンペオ国務長官、エスパー国防長官と会談しており、暫定合意直後に拒否を決断した可能性がある。

    共同通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-00000020-kyodonews-int

    4/11(土) 8:00配信

    【【在韓米軍】米大統領、駐留費の韓国提案拒否 19年比13%増も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2020/04/04(土) 15:19:45.51 ID:CAP_USER
    kr250
     
    2020年4月3日、韓国・JTBCは、駐韓米軍司令官のツイートが「韓国に対して無礼だ」として物議を醸していると報じた。

    記事によると、ロバート・エイブラムス司令官は2日、自身のツイッターに別のユーザーが投稿したある画像をリツイートした。画像には「キムチの汁を飲む(=とらぬ狸の皮算用)」という韓国のことわざの訳とその意味が英語で書かれていた。これは、韓国で「米韓の防衛費交渉が大筋合意した」とのニュースが出た翌日に投稿されたという。

    記事は「防衛費分担金交渉が大詰めを迎える中で米韓間の意見のすれ違いの溝はまだ埋まっていないとの意味だ」と分析し、「韓国政府に対する無礼な表現だ」と指摘している。

    韓国の鄭恩甫(チョン・ウンボ)防衛費分担金交渉代表は先月31日、「最終調整をしている段階だ」と明らかにしていた。また別の韓国政府関係者も「早ければ4月1日に交渉妥結が発表される」と話していた。

    しかし米国務省のクラーク・クーパー次官補(政治軍事担当)は現地時間2日、「米韓の防衛費負担金交渉は決して終わっていない。相互の利益のための公正な合意を模索している」と述べたという。


    これに韓国のネットユーザーからは

    「本当に失礼!」

    「合意せずに米軍を撤収させよう。自分の国は自分で守る」

    など怒りの声が上がっている。


    また「トランプ大統領もほどほどにしてほしい。韓国はそこまで裕福じゃない。それなりに頑張って防衛費を負担しているのだから」と訴える声も。


    一方で「まだ決定していないのに焦り過ぎ。もっと慎重で誠実な政府になってほしい」「コロナ検査キットのFDA承認の時もそうだった。韓国大統領府はうそばかり」「偽ニュースの温床は大統領府だ。事実確認をせずに自画自賛する能力はこれまでの政権の中で最高」など韓国政府への指摘の声も数多く見られた。

    (翻訳・編集/堂本)

    レコードチャイナ
    【【防衛費交渉】韓国ネットが怒り「本当に失礼!」「米軍を撤収させよう。自分の国は自分で守る」…在韓米軍司令官のツイートで】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2020/04/02(木) 12:16:22.44 ID:CAP_USER
    95E0E69D-83E5-4C9F-AC9D-4E391E310824

    トランプ大統領は防衛費承認していない…「暫定妥結」青瓦台が勇み足か

    米政府高官が1日、韓米防衛費分担金協定(SMA)妥結発表が失敗に終わったことについて、「韓国との交渉は継続して進行中」と話した。青瓦台(チョンワデ、大統領府)を含む韓国政府関係者らが明らかにしたSMA合意発表が失敗に終わったことに対してだ。彼は「トランプ大統領は韓国がより多くの寄与をすべきと明確にしてきた」とし、両国交渉代表間の総額調整案を大統領がまだ承認していないことも示唆した。

    米高官はこの日午後、中央日報にSMA交渉妥結発表が失敗に終わったことと関連し、トランプ大統領が総額を含めた交渉結果を承認したのではないかとの質問に「大統領は韓国を含む世界の同盟国がより多くの寄与ができ、さらに多く寄与すべきという期待を明確にしてきた」と話した。

    これに先立ち韓国では鄭恩甫(チョン・ウンボ)SMA韓国交渉代表が米国務省のディハート交渉代表と「相当な意見接近があった」と明らかにした後、青瓦台高位関係者らを通じて「米国から知らせがあり次第4月1日中に発表が可能だろう」という話が出た。鄭代表とディハート代表が先月17~19日の米ロサンゼルスでの7度目の交渉後に数回にわたり総額引き上げ率を含んだ協議案を調整し、最終的にトランプ大統領の承認だけ残ったという話だった。

    だがホワイトハウスの雰囲気は頑強だった。もっと多く寄与すべきという大統領の立場を伝え、「交渉はまだ終わったのではない」と強調した。米高官も「われわれは韓国の交渉パートナーと今後韓米同盟と連合防衛をはるかに強化できるよう両国相互に利益となる公平な合意に関する議論を継続していくだろう」とした。

    国務省関係者もこの日の妥結発表に至らなかったことに対「現時点で明らかにすることはない。変動事項があれば教える」と話した。韓米両国の実務交渉結果に対するホワイトハウスの承認があるまでは立場を出さないという意味だ。

    高位消息筋は「青瓦台で暫定妥結の話が出ているほどならホワイトハウスの立場を確認したはずなのにおかしい。単純に最終文面調整のような技術的問題なら時間の問題だが、トランプ大統領が総額を承認していない状態なら韓国側が性急だったもの」と話した。10~20%水準の総額引き上げ率をトランプ大統領が拒否したなら8度目の交渉をしなければならない状況としながらだ。

    総選挙を目前にして1日に在韓米軍の韓国人労働者のうち半分近い4000人以上が無給休職状態となったのに青瓦台が最終確認せず無理に暫定妥結の知らせを伝えた可能性もある。北朝鮮が先月だけで3回短距離ミサイルを含む飛翔体試験を再開した状況で在韓米軍戦力に支障をきたす状況を見ているばかりではいられないためだ。

    トランプ大統領としては、米国内の新型コロナウイルス感染者が21万人を超え死亡者も5000人に迫る状況でSMA妥結は最優先順位でない状況だ。トランプ大統領と文在寅大統領間の韓米コロナ協力を通じ防衛費分担金の早期妥結を期待したこと自体が韓国側の見込み違いかもしれないということだ。 

    中央日報 2020.04.02 12:06 
    https://japanese.joins.com/JArticle/264409?servcode=A00&sectcode=A20
    【【いつもの】韓国政府「米国と防衛費で暫定妥結した」→嘘】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/03/31(火) 21:53:17.09 ID:CAP_USER
     kr250
    【ソウル聯合ニュース】2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める交渉が妥結に至らなかったことを受け、在韓米軍に勤務する韓国人が4月1日から順次無給休職の状態になる。

     韓国政府は在韓米軍で働く約8600人の韓国人のうち、4000人程度が無給休職の対象になると推定している。

     同軍に勤務する韓国人の約半数が休職に入ることで、軍の安定した運用や、北朝鮮に対する備えに問題が生じる可能性があるとする懸念も出ている。

     また米国が韓国人勤務者を「人質」にし、駐留経費負担に関する特別協定(SMA)のための交渉を有利に運ぼうとしているとの批判も出ており、これが韓米同盟関係を損なうものとの指摘もある。

     鄭恩甫(チョン・ウンボ)韓米防衛費分担交渉代表は31日、政府ウェブサイトに掲載した映像メッセージで、在韓米軍司令部がこの日、同軍に勤務する韓国人の一部に対し、予定通り4月1日から順次無給休職を実施すると通知してきたと明らかにした。

     その上で、「両国間の交渉の状況を適切に反映できないことを遺憾に思う」とし、「無給休職の対象となった韓国人勤務者が早急に仕事場に復帰できるよう措置することを促す」と話した。

     鄭氏は在韓米軍で働く韓国人とその家族に向けて謝罪のメッセージを送り、「(米国との)緊密な協議を続けており、交渉妥結のための詰めの調整段階にきている」と説明した。

     また「現在、韓米両国は最後の段階に至っている駐留経費分担交渉が相互互恵的に終わるよう最善の努力を行っており、相当の部分で意見の接近が成り立っている点から、近い将来に最終妥結すると期待している」と伝えた。

     韓米はSMA締結のための交渉を昨年9月から行っているが、韓国側負担額の総額に対する隔たりにより、合意に至っていない。

     米国は韓国にこれまでの負担額の5倍を超える50億ドル(約5422億円 )近い負担額を提案し、その後、要求を40億ドル前後に引き下げたとされる。それでも現実的でないというのが韓国政府の認識だ。

     一方、韓国側は昨年の韓国側負担額1兆389億ウォン(約923億円)から10%程度の増加を念頭に置いているもようだ。

    聯合ニュース 2020.03.31 19:51
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200331005300882?section=news

    【【韓国】在韓米軍勤務の韓国人 あすから無給休職に=駐留費交渉不調で 近い将来に最終妥結する】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/03/26(木) 13:22:49.40 ID:CAP_USER
    【史上初】在韓米軍、韓国人労働者に無給休職の個別通報を開始 25日午前 大統領府前で防衛費制度改善を要求して断髪した後に涙 [3/26]

    「勤務地から離れなければならない」 
    労働組合の出勤闘争も禁止 
    米国、韓国政府と人件費を先に妥結するのを拒否 
    史上初の無給休職が秒読み

    no title

    チェ・ウンシク全国在韓米軍韓国人労働組合委員長が25日午前、大統領府の噴水台の前で防衛費制度改善を要求して断髪した後に涙を流している

     在韓米軍が25日から韓米防衛費分担金交渉の遅延を理由に、9千人余りの韓国人職員のうち約半数に4月1日から強制無給休職に入れとの通知書を一人ひとりに発送し始めた。通知書には給与は支給せず志願して勤務するのも許可しないとの内容が書かれている。

     在韓米軍司令部はこの日、韓国人職員に個別で送った通知書で、「貴下は2020年4月1日から無給休職期間の終了が通知されるまで無給休職に処されることになる」と通知した。人事行政指揮官の名義によるこの通知書で在韓米軍は「貴下が職務に対する権利を主張できる領域において残っている資金がないため、無給休職が決まった」とし、韓米防衛費交渉の遅延による資金問題が無給休職の理由と言及した。在韓米軍司令部は「無給休職の間、貴下は非給与、非業務状態になる」と明らかにした。

     在韓米軍司令部は「無給休職期間中、貴下は非給与状態であり、志願して勤務することは許可されない」とし、「貴下は勤務地から離れなければならず、その期間中、業務に関連するいかなる仕事も遂行することは禁止される」として、労働組合レベルの出勤闘争は禁止されると警告した。

     韓国政府は17~19日、米国ロサンゼルスで開催された防衛費分担金交渉で、在韓米軍労働者の無給休職の事態を防ぐために、まず全ての賃金を負担するとして人件費部分から妥結することを提案したが、米国の公式拒否により合意に至ることはできなかった。米国は人件費を先に妥結する場合、韓国が分担金の大幅引上げに同意するよう圧迫するカードが消えることを憂慮していると見られる。米国が在韓米軍労働者を「人質」にして圧迫しているとの批判も出ている。

     在韓米軍韓国人労働者は、史上初の無給休職の事態を防ぐために1人デモなどを行っている。在韓米軍労働組合は給与を得ることができなくなる無給休職の対象者の数千人の生計問題とともに、無給休職の対象者と非対象者の間の違和感も懸念している。全国在韓米軍韓国人労働組合のカン・テウク政策局長は「無給休職が始まれば直ちに給与を得ることができなくなる数千人の生計問題も深刻だが、仕事を継続する人々も無給休職のために仕事ができなくなった同僚に罪悪感を感じるようになるだろう」とし、「残った時間、韓国政府は米国側にもう少し現実的な提案を提示して最後まで交渉し、米国も譲歩して史上初の無給休職の事態が起きることのないよう最善を尽くしてほしい」と話した。

    パク・ミンヒ記者 

    ヤフーニュース(ハンギョレ新聞)3/26(木) 12:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-00036133-hankyoreh-kr

    【【韓国】在韓米軍、韓国人労働者に無給休職の個別通報を開始 25日午前 大統領府前で防衛費制度改善を要求して断髪した後に涙】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/03/25(水) 22:26:00.22 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】在韓米軍司令部は25日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に対応するため公衆保健非常事態を宣布した。

     同司令部は報道資料を出し、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスの世界的な危険性の評価を最高レベルに引き上げ、米国務省が外国への渡航中止を勧告したとした上で、「在韓米軍の施設に隣接した地域で新型コロナウイルスにさらされる可能性が高まり、司令官が公衆保健非常事態を宣布した」と説明した。

     公衆保健非常事態は在韓米軍司令官が延長または早期終了しない限り来月23日まで効力が維持される。

     在韓米軍のエイブラムス司令官は「軍隊の保護がわれわれの最優先課題だ。大韓民国および在韓米軍周辺地域の新型コロナウイルスを巡る状況を持続的にチェックし評価している」とした。

     また、「順守事項の履行、軍隊の保護のために必要な権限の行使という観点から韓国内の全ての米軍司令部と軍事施設に対する公衆保健非常事態を宣布した」と説明した。

    朝鮮日報 2020/03/25 21:41 
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020032580310
    【【韓国から撤退用意】在韓米軍「公衆保健非常事態」を宣布=新型コロナで エイブラムス司令官「軍隊の保護がわれわれの最優先課題」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル