1: ニライカナイφ ★ 2019/03/23(土) 00:02:14.88 ID:CAP_USER
kr250
 
Korori Kyun @kororikyun 16:13 - 2019年3月22日
[韓国]【韓国】大韓地質学会「2年前の浦項地震は地熱発電所建設が原因。天災ではなく人災」と発表…浦項市民ら政府に対し賠償金5千億円の訴訟
→浦項市民らが政府相手に訴訟を準備。賠償額は数兆ウォンと推定
→韓国政府ピンチ
→地熱発電所ではなく東日本大地震が原因という新たな学説が浮上←イマココ
https://twitter.com/kororikyun/status/1108990143136858113

 ◇

◆ 一部の学者 "浦項地震、東日本?レース地震が原因... 政府調査団の結論に異論

"1万トンの水規模5の地震触発不可... 韓半島地殻及び断層の応力蓄積されて、自然地震発生」

2017年の規模5.4の浦項地震が近く地熱発電所の水注入に触発されたという政府の調査研究チームの発表について、いくつかの科学者たちは、他の意見を出している。
浦項地震の直接的な原因は、地熱発電所の水注入よりも、2011年の東日本大震災と2016年のレース地震の余波による「バタフライ効果」という主張だ。

地中を振っ規模5を超える地震まで触発するには注入された水の量が多くなく、当時すでに朝鮮半島東南圏の地下に地震が起こりうる環境が造成されていたのが彼らの考えだ。
水注入とレース地震の影響がそれぞれどの程度かによって浦項地震被害の責任の所在と補償規模が異なることがあり、関心が集中される。

ホンテギョン延世大地球システム科学教授は20日、「東日本大震災やレース地震がなかったら、浦項地域の規模3.1の地震が5.4の地震につながらない可能性が高い」とし「水の注入が地震の原因だと断定するのは難しい」と述べた。
ホン教授はこの内容を盛り込んだ研究論文を準備中だ。

浦項地熱発電所がない情熱(地下に設置したパイプ)に水を5回にわたって注入した期間は、2016年1月から2017年9月間柄だ。
3回目の水を注入した直後の2017年4月15日、浦項で規模3.1の地震が観測された。

地熱井周辺の圧力が大きく上昇し、大小の地震を誘発した結果であると研究チームは説明した。
ここまではほとんどの科学者たちが同意する。

問題は、それ以来だ。
研究チームは、規模3.1をはじめとする大小の地震が偶然にもした断層面で発生し影響力が蓄積され、2017年11月15日規模5.4の本陣を触発したと結論付けた。

ところが、学界には、2011年3月11日に発生した東日本大震災は、韓半島の地下に広く影響を及ぼし、レースと浦項地震がこの関係ではない証拠を盛り込んだ研究論文が多数報告されている。
一部の科学者たちは、これを根拠に、韓半島の認識や断層の応力(外部からの圧力に耐える力)が累積して浦項地震当時、すでに自然にも地震が起こることがある状態であったと推測している。

研究チームによると、発電所は、地熱井2つの5回にわたって計1万2,000トン(?)の水を注入した。
商業運転をする地熱発電所は、注入する水の量が、通常10万トン規模だ。

匿名を要求したある地震の専門家は、「1万トン規模の流量だけでは規模5を超える地震が発生するのは難しい」とし「水注入だけで規模5.4の地震を引き起こしたと結論下げるにはメカニズムをより明確に究明する必要がある」と指摘した。
しかし、研究チームは、レースや東日本大震災の影響は微々たるという立場だ。

研究チームに参加したウィリアム・エルスワース米国スタンフォード大教授は「浦項とレースは地震が相互に影響を与えるには余りにも距離が遠い」と「関係ある見ない」と言い切った。
研究チームは、調査結果を盛り込んだ概要レポートをの地質学会ホームページに公開しており、包括的なレポートと雑誌論文も次々出す予定だが、今後の学術の激しい論争が予想される。

THE KOREA TIMES(韓国語) 2019.03.22 04:40
http://www.hankookilbo.com/News/Read/201903211686030408?did=tw&dtype=&dtypecode=&prnewsid=


【【韓国】地質学会「浦項地震は地熱発電所建設が原因」と発表⇒浦項市民が政府相手に訴訟準備⇒政府御用学者「東日本大地震が原因」と反論 】の続きを読む