かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:地震

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ビクテグラビルナトリウム(神奈川県) [GB] 2021/09/22(水) 19:59:03.19 ID:g0V8uBhA0● BE:123322212-PLT(14121)

    【9月22日 AFP】オーストラリア南東部で22日午前9時(日本時間午前8時)すぎ、マグニチュード(M)5.9の地震が発生した。死傷者は報告されていない。
    第2の都市メルボルンでは、めったにない出来事にパニックになった住民が屋外に飛び出した。

     米地質調査所(USGS)によると、地震の規模はM5.9、震源の深さは10キロ。

     メルボルンのチャペルストリート(Chapel Street)周辺の道路には、建物から落ちたとみられるれんがなどが散乱した。

     人口の多い南東部での大きな地震は珍しい。市内のカフェで働くパーカー・メイヨー(Parker Mayo)さん(30)はAFPに「かなり激しく揺れた。みんなショックを受けていた」と語った。

     メルボルン大学(University of Melbourne)の地質学者マイク・サンディフォード(Mike Sandiford)氏はAFPに対し「オーストラリア南東部では長年、この規模の地震は起こらなかった」と述べた。
    1800年代末にM6程度の非常に大きな地震が起こったとされるが、正確な規模は不明だという。

     同氏によると、南東部では大きな地震が10~20年に一度発生する。前回は2012年に同州ソープデール(Thorpdale)で起きたが、今回の地震はそれをはるかに上回ると指摘した。

     今回の震源に近いマンスフィールド(Mansfield)の町長は、小さな町で被害はなかったが、住民は驚いていると語った。

     当局によると、震源から約700キロ離れたダボー(Dubbo)で救助要請があり、消防隊や救助隊が出動した。

     国連総会(UN General Assembly)で米ニューヨークに滞在中のスコット・モリソン(Scott Morrison)首相は、オーストラリアではこうした地震はごくまれで、
    大変憂慮すべき出来事だと述べた。(c)AFP/William WEST

    https://www.afpbb.com/articles/-/3367377
    no title

    no title

    【オーストラリア・メルボルンでM5.9の大地震発生 住民パニックに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/08/17(火) 22:50:54.87 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は17日、先の大地震で多くの死傷者が出たカリブ海の島国ハイチに対し、100万ドル(約1億1000万円)規模の人道的支援を行うと発表した。「大地震の被害に苦しむハイチの人々に、韓国の支援が役立つよう期待する」としている。

     国連人道問題調整事務所(OCHA)によると、ハイチで今月14日に起きた大地震では、これまでに1400人を超える死者が確認され、6900人以上の負傷者が発生した。

    聯合ニュース 2021.08.17 16:17
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210817003100882?section=politics/index

    no title

    雨の中、難民キャンプを歩くハイチの人々=(AP=聯合ニュース)

    【【韓国政府】地震被害のハイチに100万ドルの人道支援へ「大地震の被害に苦しむ人々に韓国の支援が役立つよう期待する」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 人気者 ★ 2021/07/29(木) 15:51:08.35 ID:gzoKhv+S9
    202107290195_top_img_A

    日本時間の7月29日(木)15時16分頃、海外で規模の大きな地震がありました。震源地はアリューシャン列島(米国、アラスカ半島)で、地震の規模(マグニチュード)は8.1と推定されます。
    ※震源は太平洋津波警報センター(PTWC)による。
    PTWCによると、広域に影響を及ぼす津波発生の可能性があります。日本への津波の有無については、気象庁が調査中です。

    2021/07/29 15:26 ウェザーニュース
    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0729/wth_210729_6361155833.html

    【■津波に注意■米アラスカ半島でM8.1の地震 津波発生の可能性あり 7月29日(木)15時29分】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: potato ★ 2021/06/13(日) 09:48:15.63 ID:PwcsniIc9
    古くから人々を魅了してきた富士山の美しい稜線は、幾度もの噴火により山頂から吹き出したマグマが緩やかに積み重なった歴史の産物でもある。数万から数十万年をかけて現在の姿となった富士山は、いま新たな大噴火の危機を迎えている。

    no title


    「富士山は300年ぶりの大噴火に向けた“スタンバイ状態”に入っています」

     そう語るのは、火山学の権威で京都大学名誉教授の鎌田浩毅氏だ。2011年の東日本大震災をきっかけに、富士山地下のマグマに影響が及んだという。

    「東日本大震災で富士山の地下20kmにあるマグマ溜まりが揺すられ、噴出しやすい状態になりました。その4日後、3月15日には富士山の地下14kmで地震が起こり、マグマ溜まりの上の岩盤が割れた。この2つの条件が重なり、富士山は噴火しやすい状態に入ったのです」(鎌田氏)

    2021年は世界中で噴火が多発している
     
    4月25日、鹿児島・桜島が、上空2300m超まで立ちのぼる噴煙を伴って噴火した。その瞬間、雷鳴のような爆音が轟き、近隣住民は背筋を凍らせた。今年は海外でも噴火が相次いでいる。2月にヨーロッパ最大の活火山であるイタリア・エトナ火山、3月と5月にインドネシア・シナブン火山が噴火。5月22日のコンゴ・ニーラゴンゴ火山の噴火では、30人以上が死亡、5000人以上が隣国に避難した。

     富士山は有史以降、記録が残っているだけでも10回以上の噴火を重ねている。そして、次の噴火のきっかけになるとみられているのが、マグニチュード(M)9.1と予測される南海トラフ巨大地震だ。

    「1707年、南海トラフを震源とするM9クラスの宝永地震が発生し、その49日後に富士山の宝永噴火が起きました。南海トラフ巨大地震が起きたら、発生から約1か月後に富士山が噴火する可能性があります」(鎌田氏)

     政府の地震調査委員会は南海トラフ巨大地震について「今後30年以内に70~80%以上の確率」で発生するとしているが、鎌田氏は「2035±5年、すなわち2030年代には必ず起こると考えるべき」と警鐘を鳴らす。その日は、確実に迫っている。

    2021年6月12日 7時5分 NEWSポストセブン
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20354394/


    【【警鐘】<専門家>「富士山は300年ぶりの大噴火に向けた“スタンバイ状態”に入っています」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: oops ★ 2021/04/11(日) 00:24:22.41 ID:BTDMyBgq9
    【ジャカルタ共同】米地質調査所(USGS)によると、インドネシア・ジャワ島南方沖で10日午後2時(日本時間同4時)ごろ、マグニチュード(M)6.0の地震があった。国家災害対策庁によると、震源に近い東ジャワ州で300以上の家屋が損壊、少なくとも7人が死亡、12人が重軽傷を負った。気象当局によると、津波の恐れはない。

    揺れは東ジャワ州の州都スラバヤでも感じられ、地元メディアによると、同州の主要都市マランでは住民がパニックになって家や建物から飛び出した。

    震源はスラバヤの南148.4キロ。震源の深さは82.3キロ。

    indonesia

    10日、インドネシア東ジャワ州で地震の被害を受けた家屋(国営アンタラ通信提供、ロイター=共同)

    2021/4/11 00:06 (JST) 共同通信
    https://this.kiji.is/753632509924720640?c=39546741839462401

    【【速報】インドネシア ジャワ島南方沖で地震、7人死亡 M6.0、家屋300以上損壊】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: NEO ★ 2021/02/14(日) 19:41:32.02 ID:rQKJdoIE9

    K10012866391_2102141425_2102141430_01_02
    13日夜遅く、福島と宮城で震度6強の激しい揺れを観測した地震について、
    台湾の蔡英文総統が14日、ツイッターに日本語でメッセージを寄せました。

    この中で蔡総統は
    「日本の皆さんが無事でいることを信じています。今まで何度もお伝えしてきましたが、
    これからも日本を応援する気持ちが変わることはありません。

    日本の皆さんにとって支援が必要であれば、いつでも台湾は駆けつけます」と述べています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210214/k10012866391000.html


    【【速報】台湾・蔡総統、地震に「日本の皆さんが無事でいることを信じています。これからも日本を応援する気持ちが変わることはありません」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: デスルフォバクター(宮城県) [US] 2021/02/14(日) 14:03:44.42 ID:Dh50bSLq0● BE:601381941-PLT(13121)
    katou

    官房長官 日本到着のコロナワクチン保管場所 “停電影響なし

    加藤官房長官は、午前11時前から記者会見し「人的被害については午前8時現在のまとめで、重傷者3人、軽傷者70人との報告を受けている。
    このほか40件弱の救急搬送が生じているとの報告も受けている」と述べました。

    県別の内訳については、重傷者は、福島県で2人、埼玉県で1人、軽傷者は、宮城県で39人、福島県で24人、茨城県で3人、栃木県で3人、千葉県で1人と説明しました。

    また、建物の被害について「午前6時現在、宮城県岩沼市や登米市で2件の被害が生じている。福島県内、宮城県内では3件の火災が発生したものの、
    現在は鎮火したとの報告を受けている」と述べました。

    さらに、交通機関については「鉄道は、東北新幹線、秋田、山形新幹線が一部区間で運転の見合わせをしている。高速道路は、常磐自動車道で
    のり面の崩壊が生じている。現在、土砂の撤去中だが、あわせて人的被害がないか、関係機関で確認している。これを含めて、4路線6区間で
    通行止めとなっている」と述べました。

    “電力需要ひっ迫せず”

    加藤官房長官は「福島県内と宮城県内の7か所の火力発電所で、発電機が停止したため、現在、状況を確認している。停止した発電所を除いても、
    電力の安定供給に最低限必要とされる予備率は確保されており、電力需給のひっ迫が見込まれる状況にはないと報告を受けている」と述べました。

    また、新型コロナウイルスのワクチンについて「ファイザー社に確認したところ、日本に到着したワクチンを保管している場所は、
    停電の影響は受けていないと聞いている」と述べました。

    また、記者団が「地震の揺れによる品質への影響はないのか」と質問したのに対し「特段そうした報告は受けていない。
    しっかり必要な温度で管理されているとのことだ」と述べました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210214/k10012866171000.html

    【【朗報】 ワクチンは無事、ファイザー社から報告 加藤官房長官が発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/11/01(日) 02:51:22.27 ID:CAP_USER

    torukojisin
    セフェリヒサル=高野裕介、アテネ=河原田慎一
    2020年11月1日 2時23分

     トルコ西部イズミル県沖のエーゲ海で30日に発生した地震で、トルコ政府は31日夕(日本時間同日深夜)までに35人が死亡、885人が負傷したと発表した。多くは建物の倒壊が原因で、隣国ギリシャのサモス島でも2人が死亡した。震源に近い沿岸では津波も発生した。
     津波が襲ったイズミル県の港町セフェリヒサルに31日、記者が入ると、係留施設から流されたヨットが放置され、住民が波にさらわれた車を海から引き揚げていた。
     「津波なんて、日本の映像でしか見たことがなかった」。港でカフェを営むウフク・アクンさん(59)によると、地震発生から約10分後に潮が引き始め、海底が見えた。それから3、4分後、「まるでわき出るよう」に波が押し寄せ、瞬く間に店が浸水した。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASNB07TDKNB0UHBI037.html

    【【エーゲ海地震関連】トルコ地震、津波被害も 住民「日本の映像でしか…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/31(土) 00:20:20.24 ID:BBJrKpXo9
    no title
     
    【エルサレム時事】トルコ西部沖のエーゲ海で30日午後2時50分(日本時間同8時50分)ごろ、マグニチュード(M)7.0の地震があった。

     エーゲ海沿いのトルコ第3の都市イズミルでは集合住宅など多くの建物が倒壊した。当局によると、この地震で少なくとも4人が死亡、152人が負傷した。

     米地質調査所(USGS)によれば、震源はイズミルの南南西に位置するサモス島(ギリシャ領)の北方約10キロの沖合。震源の深さは10キロ。

     トルコのメディアによると、イズミルでは少なくとも建物20棟が倒壊。トルコ政府高官は「がれきの下敷きになっている人がいる」と述べた。一部の地区では浸水の被害が出ている。最大都市イスタンブールでも大きな揺れが確認された。エルドアン大統領はツイッターで、救援のため「全関係機関・省庁が作業に当たる」と説明した。

     サモス島では小規模な津波が発生したという情報もある。

     トルコは震災が多く、今年1月に東部エラズー、マラティア両県で35人以上が死亡する地震があった。1999年にはイスタンブールに近い西部コジャエリ県などで1万7000人以上が犠牲になる大地震も発生している。 

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e381639add893d9bb27db0ac2e1defbdad48d686


    ■別ソース
    トルコ沖地震で津波発生、一部で浸水
    https://this.kiji.is/694926441706013793?c=39550187727945729

    【【地震】トルコ西部沖でM7.0 建物倒壊で4人死亡、152人負傷 津波発生、一部で浸水】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV6,ほうおう,9C】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/05/23(土)14:56:30 ID:???
    kr250

    2020年5月21日、韓国・マネートゥデイは、ドイツメディアの報道として、「最近、朝鮮半島で小規模な地震が相次いでおり、専門家らは、大規模地震が発生する可能性があると警告している」と報じた。

    韓国の気象庁によると、13日には同国南西部に位置する全羅北道・完州(チョルラプクト・ワンジュ)郡で、マグニチュード2.8の地震が発生した。
    同郡内でマグニチュード2.0以上の地震が発生したのは2014年12月以来という。
    この2日前には、南北軍事境界線に接する、北朝鮮の平康(ピョンガン)郡で、マグニチュード3.8の地震が発生。
    ソウルやその近郊の京畿道(キョンギド)でも揺れを感じた。朝鮮半島では、今年に入ってマグニチュード2.0以上の地震が、 13日までに27回発生しているという。

    ドイツの国際放送局「ドイチェ・ヴェレ」は20日、「朝鮮半島はこれまで地震活動が活発ではなかったが、地震学者たちは、朝鮮半島で相次ぐ小規模な地震が、大規模な地震の前兆だと警告している」と伝えた。

    その上で、「専門家たちは先月26日以降、(同国南西部)全羅南道(チョルラナムド)地域だけでも400回の微小な地震が続いていることを注視している」とし、「この地域はデータを取り始めた1978年以降、地震活動の報告がなかった場所だ」と指摘した。

    (以下略)

    Record China 5月22日
    https://www.recordchina.co.jp/b807814-s0-c30-d0155.html

    【【韓国】朝鮮半島で大規模地震発生の恐れ?独メディアの報道に韓国ネット不安】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2019/12/28(土) 19:47:29.68 ID:CAP_USER
    記事入力2019.12.28。 午後4:57

    「避難所生活774日目」。

    イ・ナギョン首相が28日午前に訪れた浦項興海室内体育館の入り口には、浦項地震被災者の体育館テント生活が
    どのくらいになったか、タイムリーな数字が書かれていた。被災者が書いた赤い数字のように、地震が発生してもう2年以上の時間が経った
    体育館には、まだテントがぎっしりと設置されていた。

    2017年11月15日の地震発生後、イ首相が浦項を訪問したのは今回が三回目だ。しかし、被災者の相変わらずの苦痛の訴えに、首相の表情は今回も重かった。

    イ首相と同行したチョン・スンイル産業通商資源部次官、イ・ガンドク浦項市長、キム・ゲジョ行政安全部災害安全管理部長らは固い顔で現場を一緒に見て回った。
    体育館内には、浦項市と中央政府を糾弾する訴えの文があちこちに書かれていた。中略

    一部の被災者は、イ首相一行と取材陣が現れると大きな声で抗議した。イ首相は被災者に地震特別法などを改めて説明しながら、
    今後施行令などを作成するために、政府が最善を尽くすと約束した。中略

    1ヶ月前にオープンした浦項地震トラウマセンターも訪問した。ここでイ首相は、ストレスの測定、心理療法などのトラウマセンタープログラムを利用している市民の意見も直接聞いた。

    2年余り前に発生した規模5.4の地震は、死者1名・負傷者118名・被災者2,030名の被害を出しただけでなく、
    当時の地震を直接体験した浦項の多くの市民にトラウマを残した。これを受けて中央政府と慶尚北道、浦項市は総事業費9億2,000万ウォンをかけて地震トラウマセンターを設置した。

    イ首相はこの日、現場を訪問した後、ソウルに戻る途中に個人SNSアカウントを介して心境を再び明らかにした。
    イ首相は「被災者の苦痛はまだ終わっていない」とし「国会が議決してくれた特別法で浦項市と住民と一緒に新たなアプローチを模索したい」と約束した。

    no title

    no title

    no title

    NAVER(韓国語)
    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=011&aid=0003672592&date=20191228&type=1&rankingSeq=4&rankingSectionId=100

    【【韓国】震度4の地震から2年…被災者が暮らす体育館をイ首相が訪問】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/10/27(日) 17:59:03.41 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁によると、27日午後3時37分に南部の慶尚南道昌寧郡でマグニチュード(M)3.4の地震を観測した。震源の深さは11キロ。同庁は「断層の動きによる地震」とし、「多くの人が揺れを感じたとみられるが、被害が起きるほどではない」と説明している。

    南東部の釜山市などにある古里原発によると、地震による影響はなく、原発は通常稼働しているという。

     釜山都市鉄道や東海線鉄道なども通常運行している。釜山市消防本部は地震による被害の通報はないと説明した。

    聯合ニュース 2019.10.27 16:29 
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191027000700882?section=society-culture/index


    no title

    昌寧郡でM3.4の地震が発生した(気象庁提供)=(聯合ニュース)

    【【地震】韓国南部でM3.4の地震、震源の深さは11キロ 震度は不明「断層の動きによる地震」とし、被害ない模様】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/06/23(日) 11:44:51.44 ID:CAP_USER
    CB73BC65-8F1C-4BD6-9B0F-59E9EDEAD41A
     
    【ソウル聯合ニュース】中国四川省で17日にマグニチュード(M)6.0の地震が発生し、翌18日に最大震度6強を観測した新潟・山形地震が起きたことで、両国の間に位置する韓国への影響を懸念する声が広がっている。ただ、専門家は今回の地震が朝鮮半島へ影響を及ぼす可能性は低いと判断している。

    韓国気象庁のウ・ナムチョル地震分析官は、中国と日本での地震はそれぞれ異なる原因で発生したもので、韓国への影響は少ないと分析した。日本列島が複数のプレートがひしめき合う場所に位置し、四川省がユーラシアプレートとインド・オーストラリアプレートが衝突してできたチベット高原の周辺にあるのに対し、「ユーラシアプレートの内部に位置する朝鮮半島は(ひずみにより)蓄積されたエネルギーが相対的に少ないため、地震の発生頻度が低く、規模も小さい」と解説した。

    一方で、2011年3月の東日本大震災以降、朝鮮半島で地震の発生回数は増えている。気象庁が観測を開始した1978年以降、朝鮮半島で観測されたM5.0以上の地震は計10回で、その半数が東日本大震災が起きた11年以降に起きている。

     韓国・延世大地球システム科学科のホン・テギョン教授は東日本大震災以降、朝鮮半島で地震の発生頻度が増加し、規模も大きくなっていると指摘。「地震のエネルギーが周辺地域に広がり、朝鮮半島の地震を誘発している」と説明した。

     北朝鮮でもこのところ地震が相次ぐ。西部の黄海北道・松林付近で23日にM3.4の地震が発生した。同地域では21、22日にもM2.5~3.4の地震が起きた。

     ホン教授は「東日本大震災以降、朝鮮半島が日本列島側に引き寄せられ地震が起きやすい環境になった」と指摘し、注意を呼び掛けた。

    聯合ニュース 2019.06.23 11:02
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190623000200882?section=society-culture/index


    【【日・中で相次ぐ地震】朝鮮半島への影響懸念も=韓国「朝鮮半島が日本列島側に引き寄せられ地震が起きやすい環境になった」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/04/22(月) 21:52:16.55 ID:CAP_USER
    韓国東部の沖でまたも地震が発生した。さらに震源が原発の密集地域から約38キロメートル離れたため、原発の安全性に懸念が高まっている。

    韓国気象庁は22日、同日午前5時45分ごろ蔚珍郡(ウルチンぐん)の南東38キロメートル離れた海域でマグニチュード3.8の地震が発生したと発表した。正確な位置は北緯36.86度、東経129.80度で、震源の深さは21キロメートルと推定される。約5分後にはマグニチュード1.3の余震もあった。

    気象庁によると、これまで地震による被害はないという。しかし、蔚珍郡を含める韓国の東南部地域は“韓国の原発ライン”と呼ばれる原発密集地域。現在同地域で稼働中の原発は10基以上で、整備や建設中の原発まで含めると20基以上となる。

    原発当局は同日、「今回の地震で、地震警報が発生した原発はない」とし、すべての原発が正常稼働中だと述べた。

    しかし、最近韓国東部の沖には頻発に地震が発生しているため、原発の安全性に懸念が高まっている。先週の19日も内陸から54キロメートル離れた海上でマグニチュード4.3の地心が発生した。

    https://fnnews.jp/archives/4842
    ファイナンシャルニュースジャパン 2019/4/22

    no title

    前回(4/19)

    no title

    今回(4/22)


    【【M3.8・深さ21キロ】韓国、また東部沖で午前5時45分ごろ地震発生…原発への被害は? 約5分後にはM1.3の余震も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2019/04/20(土) 02:41:15.94 ID:b+Z0ynzH9
    no title


    ◆ 東海でM4.3の地震... 江陵「地震」、210㎞離れた春川でも検出

    「ビルを横から突き刺したような大きな揺れ。食卓の上にコップ転げ落ちて」

    19日午前11時16分に江原道東海市の北東56キロの海域でマグニチュード4.2の地震が発生したと、気象庁が発表した。
    震源は北緯37.88度、東経129.54度地下32kmで観測された。

    江原道東海市の北東54キロの海域でマグニチュード4.3地震が発生したことと関連、江陵では高層ビルが大きく揺れた。
    震源から210キロ以上離れた春川(チュンチョン)でも地震が感知されるなどの江原道全域が揺れ、住民は不安に慄いている。
    江原道消防本部によると、同日午前11時16分に発生していた東海上の地震で午前11時45分現在まで90件余りの問い合わせの電話が119に入った。

    幸い、現在まで人がけがをしたり建物が破損するなどの被害はないという。
    地震が発生した海上で最も近い江陵(カンルン)では、突然建物が「ガクン」と大きく揺れた。
    江陵市内で最も高い公共機関である江陵市庁舎の場合、まるで何かが建物を横から差し込んだような揺れが感じられたというのが、建物の中にいた公務員たちの話だ。

    土地と建物が激しく揺れた為、「地震なのですか?」など、驚いた住民たちの119お問い合わせ電話が殺到した。
    江陵市の20階マンションで住む主婦のイ・ミヨン(45)さんは「自宅内の清掃中に、突然建物が大きく揺れて食卓の上にいたコップが転がって落ちた」、「瞬間マンションが崩壊することはないか、という考えが入って驚いた」と胸をなでおろした。

    MKニュース(韓国語)2019-04-19 15:22
    https://www.mk.co.kr/news/society/view/2019/04/244144/


    【【韓国】日本海上でM4.3の地震が発生 高層ビルが大きく揺れ、119の問い合わせ電話が殺到 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2019/03/23(土) 00:02:14.88 ID:CAP_USER
    kr250
     
    Korori Kyun @kororikyun 16:13 - 2019年3月22日
    [韓国]【韓国】大韓地質学会「2年前の浦項地震は地熱発電所建設が原因。天災ではなく人災」と発表…浦項市民ら政府に対し賠償金5千億円の訴訟
    →浦項市民らが政府相手に訴訟を準備。賠償額は数兆ウォンと推定
    →韓国政府ピンチ
    →地熱発電所ではなく東日本大地震が原因という新たな学説が浮上←イマココ
    https://twitter.com/kororikyun/status/1108990143136858113

     ◇

    ◆ 一部の学者 "浦項地震、東日本?レース地震が原因... 政府調査団の結論に異論

    "1万トンの水規模5の地震触発不可... 韓半島地殻及び断層の応力蓄積されて、自然地震発生」

    2017年の規模5.4の浦項地震が近く地熱発電所の水注入に触発されたという政府の調査研究チームの発表について、いくつかの科学者たちは、他の意見を出している。
    浦項地震の直接的な原因は、地熱発電所の水注入よりも、2011年の東日本大震災と2016年のレース地震の余波による「バタフライ効果」という主張だ。

    地中を振っ規模5を超える地震まで触発するには注入された水の量が多くなく、当時すでに朝鮮半島東南圏の地下に地震が起こりうる環境が造成されていたのが彼らの考えだ。
    水注入とレース地震の影響がそれぞれどの程度かによって浦項地震被害の責任の所在と補償規模が異なることがあり、関心が集中される。

    ホンテギョン延世大地球システム科学教授は20日、「東日本大震災やレース地震がなかったら、浦項地域の規模3.1の地震が5.4の地震につながらない可能性が高い」とし「水の注入が地震の原因だと断定するのは難しい」と述べた。
    ホン教授はこの内容を盛り込んだ研究論文を準備中だ。

    浦項地熱発電所がない情熱(地下に設置したパイプ)に水を5回にわたって注入した期間は、2016年1月から2017年9月間柄だ。
    3回目の水を注入した直後の2017年4月15日、浦項で規模3.1の地震が観測された。

    地熱井周辺の圧力が大きく上昇し、大小の地震を誘発した結果であると研究チームは説明した。
    ここまではほとんどの科学者たちが同意する。

    問題は、それ以来だ。
    研究チームは、規模3.1をはじめとする大小の地震が偶然にもした断層面で発生し影響力が蓄積され、2017年11月15日規模5.4の本陣を触発したと結論付けた。

    ところが、学界には、2011年3月11日に発生した東日本大震災は、韓半島の地下に広く影響を及ぼし、レースと浦項地震がこの関係ではない証拠を盛り込んだ研究論文が多数報告されている。
    一部の科学者たちは、これを根拠に、韓半島の認識や断層の応力(外部からの圧力に耐える力)が累積して浦項地震当時、すでに自然にも地震が起こることがある状態であったと推測している。

    研究チームによると、発電所は、地熱井2つの5回にわたって計1万2,000トン(?)の水を注入した。
    商業運転をする地熱発電所は、注入する水の量が、通常10万トン規模だ。

    匿名を要求したある地震の専門家は、「1万トン規模の流量だけでは規模5を超える地震が発生するのは難しい」とし「水注入だけで規模5.4の地震を引き起こしたと結論下げるにはメカニズムをより明確に究明する必要がある」と指摘した。
    しかし、研究チームは、レースや東日本大震災の影響は微々たるという立場だ。

    研究チームに参加したウィリアム・エルスワース米国スタンフォード大教授は「浦項とレースは地震が相互に影響を与えるには余りにも距離が遠い」と「関係ある見ない」と言い切った。
    研究チームは、調査結果を盛り込んだ概要レポートをの地質学会ホームページに公開しており、包括的なレポートと雑誌論文も次々出す予定だが、今後の学術の激しい論争が予想される。

    THE KOREA TIMES(韓国語) 2019.03.22 04:40
    http://www.hankookilbo.com/News/Read/201903211686030408?did=tw&dtype=&dtypecode=&prnewsid=


    【【韓国】地質学会「浦項地震は地熱発電所建設が原因」と発表⇒浦項市民が政府相手に訴訟準備⇒政府御用学者「東日本大地震が原因」と反論 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2019/03/21(木) 00:50:19.00 ID:CAP_USER
    2F53D961-804C-4160-B110-DA0F7B566497
     
    Korori Kyun @kororikyun 19:21 - 2019年3月20日
    [韓国]大韓地質学会が「2017年の浦項地震は地熱発電所建設が原因であり天災ではなく人災」と
    発表したことを受け、浦項市民らが政府に対し訴訟を起こす可能性濃厚。
    賠償金は約5兆ウォンに達すると推定。
    元ソース(韓国語):http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2019/03/20/2019032002661.html
    https://twitter.com/kororikyun/status/1108312648288866304

    ■関連ニュース
    大韓地質学会が「2017年11月に発生した浦項地震(M5.4)は
    李明博政権時代に作った地熱発電所が断層を刺激したことが原因」と発表。
    http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2019/03/20/2019032001638.html


    【【韓国】大韓地質学会「2年前の浦項地震は地熱発電所建設が原因。天災ではなく人災」と発表…浦項市民ら政府に対し賠償金5000億円の訴訟 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍法帖【Lv=15,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2019/02/14(木)13:55:18 ID:???
    kr250

    2019年2月12日、韓国・MBCは「朝鮮半島の断層が長い眠りから目覚め、大地震のシグナルを送っている」と報じた。

    「地震安全地帯」と言われていた朝鮮半島ではここ数年、東南部で強い地震が相次いで発生している。
    今月10日にはマグニチュード(M)4.1の地震が慶尚北道・浦項一帯を襲った。
    浦項は2017年にもM5.4の地震が発生していた。16年には慶州でもM5.8の地震が起きていた。

    記事によると、韓国地質資源研究院がこのほど発表した報告書は「朝鮮半島の内陸と東海岸、西海岸に集中する断層帯が再活性している」と指摘している。

    記事は「地震を発生させる地層のずれ、つまり断層が冬眠から目覚めたように活発に動き出したということ」と伝えている。報告書は「朝鮮半島の東側では太平洋プレートとユーラシアプレート、西側ではインドプレートとユーラシアプレートがぶつかり合い、朝鮮半島の地層も少しずつずれた」とし、「そのずれで地面が割れて断層帯ができ、断層帯にたまった力が地震として噴出された」と説明しているという。

    専門家からは「たまっていく力がいつかその土地を破壊するほどのレベルに達し、地震が発生する。
    朝鮮半島東南部で相次ぐ強い地震がまさにそのシグナルだ」「南東部の方が危険だが、首都圏や西海岸の断層も警戒すべき」「近いうちにM7以上の地震が発生する可能性もある」などと指摘する声が上がり、
    「これまでとは違う対策が必要だ」と訴えているという。

    (以下略)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b673367-s0-c30-d0058.html

    【【地震】朝鮮半島の断層が長い眠りから目覚めた?韓国で大地震への懸念高まる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園 ★ 2019/02/03(日) 14:06:31.98 ID:vpOd3tLi9
    2/3(日) 12:55配信 中央日報日本語版

    1月31日に訪れた慶尚北道浦項市の興海室内体育館。
    no title


    旧正月連休を2日後に控えた1月31日午前、慶尚北道浦項市(キョンサンブクド・ポハンシ)の興海(フンヘ)室内体育館。体育館前は道行く人や車もなかった。体育館から白髪混じりの老人が出てきてたばこを取り出してくわえた。彼が雪の降る虚空に何度か煙を吐き出して再び中に入るまで体育館の前は人もおらず、老人が息を吐く音だけがあふれた。

    1年前までも体育館は被災者と公務員、取材陣、ボランティアなどが集まり騒がしかった。これに対しいまでは表から見ると一般の体育館と変わらない。しかし中を覗いて見るとマグニチュード5.4の地震が起きた当時の風景そのままだ。1階と2階に設置された220個のテントが撤去されていないためだ。ここにはまだ自宅へ帰ることができない被災者40人ほどがとどまっている。

    興海室内体育館は2017年11月15日に浦項沖で地震が発生した直後に被災者の避難所になった。そうして1年ほどが過ぎ、体育館内部からは人が住む住宅の雰囲気まで感じられた。テントに干された洗濯物、2階の欄干に置かれた植木鉢、退屈さを慰める読み物と運動器具が目に付いた。だが被災者はほとんどがテント内に身をかがめて横になり姿をなかなか現さなかった。

    テントで横になっていたシン・スンオクさん(69)は「名節でも目の前にある自宅に帰れず胸が痛い。外地に出て行った子どもたちに今年も来ないようにと話した。旧正月の朝に水を一杯置いて夫と簡単に祭祀を行う予定」と話した。

    長期にわたる外での生活に心身が疲れはてたためか、記者が話しかけると怒る被災者も多かった。ある60代の男性は「最初は取材に応じていたが、時間が過ぎるほどに私たちの意図とは違う報道が出るようになり、世論も『補償金を狙ってごねている』という形で流れており怒りが爆発しそうだ」と話した。匿名を要求した50代の女性は「世論の関心が減ったので記者たちも訪ねてこない」として失望感を示した。

    被災者らが住んでいたマンション。地震の余波で外壁が損傷し、落下物を防ぐためのネットが設置されている。
    no title


    地震発生直後の被災者数は1000人以上だった。当時被災者は興海室内体育館をはじめとポスコ修練院などに分散して生活した。だがいまではほとんどが新居に引っ越したり、韓国土地住宅公社(LH)が支援した臨時住宅で暮らしている。いまや残った避難所は興海室内体育館が唯一だ。被災者はどうしていまでも残っているのか。

    体育館に残った被災者はここからで500メートルほど離れたマンションに暮らしていた。このマンションの住民らは浦項市が建物点検で一部損壊判定を下した後に帰宅させようとしたが従わずに避難所生活をしている。人が生活するのが困難なほど建物が壊れ帰宅できないという。以下略

    ヤフーニュース(中央日報)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000007-cnippou-kr

    【【韓国】浦項市M5.4地震から1年3ヵ月・・・いまだに被災者40人が体育館でテント生活 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2018/10/23(火) 17:58:14.10 ID:CAP_USER
     kr250
    10/23(火) 16:01配信

    昨年11月15日、慶北浦項市(キョンブク・ポハンシ)で起きたM(マグニチュード)5.4の地震被害を受けた住民たちが国家を相手取って損害賠償請求訴訟を提起した。浦項地震を誘発した原因である浦項地熱発電所の建設を国家が主管して支援したという理由だ。

    地震被害を受けた住民たちで構成された「浦項地震汎市民対策本部」(以下、汎対本)」の会員71人は15日、法務法人ソウルセントラルを通じて国家などを相手取って誘発地震の損害賠償請求訴訟を大邱(テグ)地裁浦項支院に提起したと23日、明らかにした。損害賠償の請求額は2億ウォン(約1977万円)だ。訴訟参加者1人当たり地震被害の慰謝料5000~1万ウォン(1日)、産業公害による被害2000~4000ウォン(1日)で算定した金額だ。 

    汎対本はこれに先立ち、1月浦項地熱発電所の運営中断仮処分申請を提出した。裁判所は仮処分申請を受け入れ、現在浦項地熱発電所は建設が中断されている。産業通商資源部が構成した詳細な調査団と浦項市が設置した別途の共同研究団が浦項地熱発電所と地震の相関関係に関する研究を進行中だ。汎対本側は23日、浦項市庁ブリーフィングルームで記者会見を行って「今回の訴訟は浦項地熱発電所の建設過程で発生した振動が地震を誘発させ、産業・環境公害を起こしたことに対する損害賠償請求訴訟」としながら「地熱発電所はもちろん、地熱発電プロジェクトを主管して予算を支援した国家に大規模の損害賠償責任を問うだろう」とした。 

    訴訟参加者は汎対本が3日間参加申請を受けて集まった地震被害住民71人だ。汎対本は今後2~3回にわたって訴訟を進め、今より数十倍多い住民たちを参加させる方針だ。来年5月ごろ、公示地価が再び決定され、市民参加が大きく拡大する場合、訴訟費用は5兆~9兆ウォンまで上昇するだろうと汎対本は推算した。 

    汎対本はまだ地熱発電所と地震の相関関係が明らかになっていないにもかかわらず、再度その関係性が明らかだと主張した。汎対本側は「浦項は気象庁が発足されて以来、M3.0 以上の地震が発生したことがないが、地熱発電所が誘致されてから2016年1月中旬から2月中旬まで1カ月の間、362回にわたる微小地震が発生した」と指摘した。 

    11・15浦項地震は浦項市北区興海邑(プック・フンヘウプ)を中心にけが人92人、被災者1800人を発生させて施設被害2万7317件などを起こして総被害額3323億ウォンだった。一部の住民たちは地震1年が過ぎた今までも仮設住宅や体育館での避難所生活を続けている。 

    一方、地震被害とは別に今回の訴訟にはポスコも被告に含まれた。訴訟を担当した法務法人ソウルセントラルのイ・ギョンウ代表弁護士は「致命的産業公害の代価で韓国経済を牽引したポスコが過去50年間、浦項市民に与えた公害被害は途方もない一方、これまで一度も市民のために補償したことがない」として「地熱発電誘発地震とポスコ公害問題がほぼ類似した産業公害」と主張した。 

    ヤフーニュース(中央日報)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000040-cnippou-kr

    【【韓国】市民71人がM5.4地震(震度4)で国相手に損害賠償請求訴訟 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル