かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:基軸通貨

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2022/02/22(火) 20:57:36.31 ID:CAP_USER
    修正 2022.02.22. 午後3時36分

    イ・ジェミョン共に民主党大統領候補が21日のテレビ討論で「私たちがすぐに基軸通貨国になる可能性が非常に高い」と話り、基軸通話をめぐる議論が広がっている。しかし、ウォンは基軸通貨はおろか、より幅広い国際通貨の隊列にも上がれないというのが支配的な意見だ。

    ウォンは国際決済で多く取引される貨幣ランキングで20位以内にも入らない。国際決済時のウォンの割合は0.2%にも及ばないのが現実だ。タイバーツ、南アフリカランド、ハンガリーフォリント、メキシコペソよりも使用頻度が低い。

    国際銀行間通信協会(SWIFT)によると、今年1月基準で国際決済時の通貨比率はドル(39.92%)が1位、ユーロ(36.56%)が2位だ。ポンド(6.3%)が3位だが、ドル・ユーロに比べて格段の差がある。続いて元(3.2%)、円(2.79%)が4~5位だ。その後、1%以上使用される通貨は6位カナダドル(1.6%)、7位オーストラリアドル(1.25%)、8位香港ドル(1.13%)までが全てだ。

    ▽国際銀行間通信協会(SWIFT)の今年1月基準の国際決済時の通貨比率ランキング。20位まで出ている中でウォンはない
    no title


    20位まで出ている順位でウォンはない。9位から20位はシンガポールドル(0.93%)、タイバーツ(0.75%)、スウェーデンクローナ(0.67%)、スイススイスフラン(0.64%)、ノルウェークローネ(0.63%)、ポーランドズウォティ(0.54%)、デンマーククローネ(0.36%)、マレーシアリンギット(0.36%)、南アフリカ共和国ランド(0.28%)、ニュージーランドドル(0.25%)、メキシコペソ(0.20%)、ハンガリーフォリント(0.18%)の順だ。

    どこまでが基軸通貨かについて明確に決まった範囲はない。しかし、国際的に学者や市場専門家たちは、ドル、ドル+ユーロ、ドル+ユーロ+円+ポンドの3つの部類のうちのどれか1つと見ており、これよりも広く取る場合はほとんどない。

    基軸通貨になるには海外で望まれる貨幣にならなければならない。韓国銀行の関係者はしかし「外国でウォンを外国為替保有額として持っているという話は聞いたことがない」と話した。ソン・テユン延世大教授は「国債を大量に刷っても貨幣価値や国家信用度が揺れないなら名実共に基軸通貨といえるが、そのような貨幣は世の中にドル以外にはないと見なければならない」と話した。

    チョ・ジャンオク西江大名誉教授は「米国が莫大な貿易赤字でドルを世界中に振り分けるのと同じような通貨のグローバル化戦略が可能ならば基軸通貨といえるが、韓国がそのような巨大な貿易赤字を享受することが可能だろうか」とし「中国のように大きな国がそのように努力しても、人民元を基軸通貨にできないのが現実だ」と話した。チョ名誉教授は「ウォンが基軸通貨になるというのは、国民を相手に希望拷問をすることに過ぎない」と話した。

    キム・ジョンシク延世大名誉教授は「韓国は様々な外国為替関連規制のせいで資本の出し入れが自由ではなく、ウォンは国際通貨としても認められないが、それより一段階上の基軸通貨になるというのはあまりにも遠い話だ」とし「北朝鮮と関連した危険が連結した国の貨幣が基軸通貨になるというのは現実と合わない」とした。

    NAVER(韓国語)
    https://n-news-naver-com.translate.goog/article/023/0003674398?ntype=RANKING&_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja

    いい64 怒り5823


    【【経済】韓国紙「韓国が基軸通貨国になるのは不可能」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/02/22(火) 17:16:20.36 ID:CAP_USER
    70D1448D-EA0F-4B76-8323-286ECF672096
     
    野党「国民の力」の李俊錫(イ・ジュンソク)代表は21日に開かれた中央選挙管理委員会主管の初のテレビ討論で、 与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補が「韓国が基軸通貨国に編入される可能性が高い」と発言したことに対して「本当に胸が高鳴る」と皮肉った。

    李代表はこの日午後にMBCで行われた討論が終わった後、 自身のフェイスブックに「国の借金を解決するために韓国を基軸通貨国にするという話を聞いて本当に胸が高鳴った」と投稿した。

    李代表のこうした発言は、李候補が討論会で「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領候補、
    「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)大統領候補と基軸通貨国入りの可能性をめぐり論争する中で出てきた発言を茶化したものと分析される。

    この日の討論で李候補は尹候補と国内総生産(GDP)比の適正な国債の比率をめぐって論争し、
    「国際通貨基金(IMF)や国際機関は(GDP比の国債比率が)85%まで適切だという。
    いまはとても低く十分に(追加で国債を発行する)余力がある」と主張した。

    しかし尹候補はこれに対し「非基軸通貨国の場合は50~60%を超えると厳しい。スウェーデンは40%を超えて利率が上がり始めた」と指摘した。

    これに対し李候補は「韓国は国債比率がGDPの半分にも満たず、基軸通貨国になる可能性が非常に高い。 それだけ経済力の水準が高い」と主張し、国債発行規模を基軸通貨国を基準として計算すべきと主張した。

    見守っていた安候補が李候補に「基軸通貨国と非基軸通貨国の違いをわかっているのか」と尋ね、
    李候補は「当然わかる。韓国も基軸通貨国入りの可能性が高いというほど基礎体力が堅固だ」と主張した。

    これに対し安候補は「楽観的に見れば韓国も発展すれば基軸通貨国になれるが、
    いま現在基軸通貨に入っていないということが問題。財政運営は慎重で保守的にすべき」と指摘した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/16dc9a6ffa380e24facfe9a99062e7c29879ffed


    【【大統領選】イ・ジェミョン候補 「韓国が基軸通貨国になる可能性が非常に高い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2022/02/14(月) 11:25:01.19 ID:CAP_USER
    kr250
    国際通貨基金(IMF)の特別引出権(SDR)バスケットを構成する通貨はドル、ユーロ、円、ポンド、人民元の5つだ。国家間の貿易や資本取引において一般的に通用するため、広い意味での基軸通貨と呼ばれる。

    人民元が編入されたのは2015年11月だ。IMF理事会は概ね5年ごとにSDRバスケットの通貨構成、および各通貨の編入割合を検討して調整する。当初は2021年に行われる予定だった理事会は、コロナ禍を受け2022年半ばに延期されている。

    韓国の全国経済人連合会(全経連)は13日、IMFのSDRについての分析資料で、「ウォンがバスケットに編入されうる5つの根拠」をあげ、今年のIMF理事会において積極的に推進することを韓国政府に提案した。

    全経連は、韓国はグローバル経済大国であり、貿易先進国であるということを第1の根拠としてあげた。

    2020年現在の国内総生産(GDP)は1兆6000億ドルで世界10位、貿易額は9803億ドルで9位で、信用格付け(今年1月、S&P)は「AA」で欧州連合(EU)、英国と同じであり、日本や中国(A+)より高い。

    第2に、韓国が世界で初めて援助される国からする国(2009年にOECD開発援助委員会加盟)へと飛躍したこと。韓国の発展はIMFの設立目的とも合致すると全経連は強調した。IMFは持続可能な経済成長、貧困の削減、国際貿易の活性化を設立目的としている。

    第3に、IMFが提示したSDR編入要件のうちのひとつである輸出条件(世界5位)を満たすということ。韓国の輸出額は過去5年間(2016~2020年)の平均が5438億ドルで、通貨発行主体としてはユーロゾーン、中国、米国、日本に次いで5位。

    全経連はさらに、ウォンの国際取引における比重(韓国の輸出入におけるウォン決済)が1992年の0.1%から2020年には4.9%へ増加するとともに、韓国政府がウォンの国際化を積極的に推進しているということも根拠として提示した。

    全経連は、ウォンがSDRバスケットに編入された場合、長期・短期的な経済効果は112兆8000億ウォン(約10兆9000億円)で、実質GDP(2021年)の5.3%に達すると分析した。

    内訳はシニョリッジ効果87兆8000億ウォン(約8兆4500億円)、為替レートの不安定性の38.5%減少による輸出増15兆6000億ウォン(約1兆5000億円)、国公債金利の0.63%下落により軽減される利子負担9兆4000億ウォン(約9050億円)。

    「シニョリッジ効果」とは、国が貨幣発行によって得る利益で、貨幣の額面価値と製造コストの差額のこと。基軸通貨となった場合は、海外での流通のために追加発行することによる利益を意味する。

    全経連のチュ・グァンホ経済本部長は「IMFが提示しているSDRバスケットへの編入条件と韓国の経済的地位を考慮すると、ウォンの資格は十分だ。政府はウォンのSDR編入方策を検討する必要がある」と述べた。

    「ブルームバーグ」は2015年に人民元がバスケットに編入される際、次の編入通貨候補の第1位にウォンをあげている。2位はシンガポールドル、3位はカナダドルだった。

    現在のSDRバスケットの構成比率はドルが41.73%、ユーロが30.93%、人民元が10.92%、円が8.33%、ポンドが8.09%。SDRは基軸通貨に対する交換権であり、IMF加盟国の対外準備資産として用いられる。新たなバスケットの構成は本年半ばに見直され、8月1日に発効する予定となっている。


    2022-02-14 07:24 ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42542.html


    【【???】韓国全経連「韓国ウォン、基軸通貨として編入される資格は十分」 5つの根拠】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル