かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:大日本帝国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひろし ★ 2018/02/07(水) 23:58:05.87 ID:CAP_USER9
    2月7日 23時38分
    磯風

    太平洋戦争末期、戦艦「大和」とともに沖縄に向かいアメリカ軍の攻撃によって沈んだ旧日本海軍の駆逐艦「磯風」と見られる艦船が鹿児島県沖の海底で見つかっていたことがわかりました。専門家は、大和以外の艦船の調査は行われておらず、貴重な発見だと評価しています。

    駆逐艦「磯風」は昭和15年に就役して真珠湾攻撃やミッドウェー海戦などに参加しましたが、戦艦大和とともに特攻作戦で沖縄に向かっていた昭和20年4月7日、鹿児島県の枕崎沖でアメリカ軍の攻撃によって沈みました。

    大和について広島県呉市とともに潜水調査を行った大阪市の海洋調査会社によりますと、おととし5月の調査の中で、大和が沈んだ場所から北東に9.5キロ、深さおよそ450メートルの海底で、艦船1隻が沈んでいるのが見つかったということです。
    これについて専門家は、撮影された映像や戦闘の記録などから「磯風」の可能性が高いとしています。

    映像には4つの砲身をもつ魚雷発射管のほか、爆発でめくれ上がった艦尾や横倒しになった主砲も映し出されていて、当時の戦闘の激しさがうかがえます。

    旧日本海軍の歴史に詳しい広島県呉市の大和ミュージアムの戸高一成館長は、「記録に残る被害状況や沈没場所をつきあわせると磯風でほぼ間違いない。大和以外の艦船の調査は行われておらず貴重な発見だ」と話しています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180207/k10011319951000.html

    【戦艦「大和」とともに沈んだ駆逐艦「磯風」発見か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: らむちゃん ★ 2018/02/02(金) 20:18:06.81 ID:CAP_USER
    cn250

    中国では連日のように抗日ドラマがテレビで放送されているが、近年はその内容が荒唐無稽であるとして批判の声が高まっている。日本兵を手刀で切り裂いたり、手榴弾で戦闘機を撃墜したりなど、現実的にありえない描写のほか、抗日ドラマで描く時代には存在しなかった武器などが登場し、あまりの荒唐無稽ぶりに中国では抗日ドラマを「抗日神劇」と揶揄(やゆ)する風潮もある。

     日本では「抗日神劇」のめちゃくちゃな描写に対して憤りを示すような人はほとんどいないが、それは、中国人にとっては不可解なことのようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本人はなぜ抗日神劇を批判したり、抗議したりしないのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

     記事は、中国で近年流行している抗日ドラマの荒唐無稽化において、「日本兵はひどく醜悪化されている」とし、日本兵は醜く、愚かに描かれていると指摘。数人の中国人農民が何百もの日本兵を倒すという描写もあり、中国人はこうした描写を見て大笑いしていると指摘する一方、不思議なのは「抗日神劇で描かれる日本人の醜悪化に対し、当の日本人が何も批判していないことだ」と論じた。

    (略)

    サーチナ2018-02-02 14:12  
    http://news.searchina.net/id/1652845?page=1 


    【【それは中国兵が弱兵と知ってるから】日本人はなぜ抗日神劇を批判したり、抗議したりしないのか=中国メディア 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/01/27(土) 13:08:25.38 ID:CAP_USER

    半島旗

    ト・ジョンファン文化体育観光部長官様へ。

    平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック主務長官として、オリンピック成功のため、昼夜を分かたずご苦労が多いと思います。ニュースで平昌オリンピック南北共同入場時に「朝鮮半島の旗」を使うという報せに接しました。「朝鮮半島の旗」の政治的意味を離れて、長官様のように単語や文章使用に心血を注ぐ文人の立場から、「韓半島」という単語が果たしてどんな歴史性を持ち、どんなニュアンスが漂うのか考えてみました。

    「半島」の辞書的意味は「三面が海に囲まれ一面は陸地に続く土地。大陸から海側に狭苦しく突出した陸地」です。英語では「peninsula」といいます。英語の語源は「almost an island」で「ほとんど島に近い土地」という意味です。

    ところが「半島」という単語を意味から見れば「半分島」という意味です。ここで疑問を感じます。陸地と一方がついているのがどうして「半分」島ですか?最初から島を念頭に置いて作った単語ではありませんか?漢字の「半」は全体の半分という計量的な概念ですがが、「足りない」の意味にも使われます。
    (中略:「半」の字が足りないを意味する事例紹介)

    このように「半島」もひょっとして否定的な意味を強調しようとする底意で作られたのではないかと思うようになりました。そうするうちにこのような疑いを抱いたのが私一一人だけではないことを発見しました。独立記念館ホームページに次のような文書があったのです。

    「…『韓半島』は日帝が韓国を蔑視しようと作った倭色用語だ。『日本地理辞典』は『陸地が海に突出して三面が海で囲まれている部分、特に朝鮮半島がその良い例』として唯一、韓半島を強調した。『半島』(Peninsula)という用語は日帝が明治維新後、いわゆる彼らの『本島』に隷属させようとする意図で作り出した新造語だった。自分たちが生きている場所は内地すなわち『全島』であり、韓国は島にもなれない半島、すなわち島の下位概念の辺境と侮辱する意図で『半島』と命名した…。」

    果たしてこの主張は真実でしょうか?それで私は1900年代以前に「半島」という言葉を私たちの先祖が使ったか探してみました。「韓国古典総合DB」を探しても私たちの文献原文にはただ一件も出てきません。私たちの先祖は私たちの領土を海東、東国、青丘、震檀、鶏林、槿域などと呼びました。鰈域というちょっと特異な別称もあります。カレイ(鰈)がたくさんとれる土地という言葉で、「漢書郊祀志」に由来し、正祖王様も「日省録」に「我国介在鰈域(我が国は鰈域に位置する」という文章を書いています。

    古山子は自身の一生の力作に「大東輿地図」、茶山は自身の地図書に「我邦疆域考」という名前を付けました。「半島」という単語はどこにもありません。しかし、1920年代の新聞記事には「朝鮮半島」という単語がとても多く出ます。上の主張が真実あるいは事実に近いことを証明しています。

    この様な有力な証拠にもかかわらず、私たちが「韓半島」旗という言葉を使わなければならないのでしょうか?平昌オリンピックに参加するといった安倍総理の先祖が地下でげらげら笑わないでしょうか?今からでも他の名前を付けて呼ばなければなりません。

    「一つの心」旗が良く、世界が普遍的に知っている用語の「コリア」旗といっても良いです。ですが、「韓半島」旗ではありません。詩人である長官様が察して理解されると信じてペンを置きます。

    草々。

    ハ・ウンペク/文学評論家
    1991年ソウル新聞新春文芸文学評論当選。慶煕大国語国文学科博士。ヒューマンアンドブックス代表

    韓国毎日新聞(韓国語) [広場]「韓半島」旗ではありません
    http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=3987&yy=2018
    【【半島の概念間違ってる】 「韓半島」旗ではありません~「半島」は日帝が韓国を日本「全島」に従属させようとして作った倭色用語 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きゅう ★ 2018/01/23(火) 16:55:07.87 ID:CAP_USER
    kp250
     
    【平壌1月22日発朝鮮中央通信】20世紀初めに朝鮮を不法に占領した日帝は、極悪非道な特大型の反人倫犯罪行為を数多く働いた。

    その中には、1919年1月22日、日帝による朝鮮の高宗皇帝毒殺蛮行もある。

    朝鮮封建王朝の最高代表者である高宗皇帝は、日本の侵略策動に極度の不満を表してそれを阻止させようとした。

    日本が朝鮮に対する植民地支配権を確立するために「乙巳5条約」の締結を強要した時、初めから事前承認をせず、侵略者の威嚇と恐喝の中でもあくまで署名と玉璽捺印をしなかった。

    1907年6月、オランダのハーグで開かれた第2回万国平和会議に3人の密使を派遣してこの条約の不法無効性を暴露するようにした。

    当年、日帝が「丁未7条約」を強要した時も、事前承認と署名、玉璽捺印を拒否した。

    高宗皇帝を目の上のこぶと見なしてきた日帝は、皇帝を強制退位させたあげく、毒殺した。

    明らかにされたところによると、皇帝は日帝がそそのかした奸臣による毒薬入りの食事をしたが、皇帝が死亡した後に目は血色になっており、全身には赤い斑点が現れていたという。

    日帝は皇帝を毒殺した後、その罪科を覆い隠すためにあがいた。

    しかし、隠すことほど現わるものである。

    1921年、中国の上海にあった「臨時政府」が作成、発表した「第2回独立宣言書」と高宗の庶子の親書には死体を検診した人々が皇帝の全身に赤い斑点と共に糜爛(びらん)が多く現れていることを発見して毒殺だと主張すると、日帝が彼らを投獄したという内容が書かれていた。

    1919年当時、日本宮内庁会計審査局長官であったある日本人の日記には、日帝の初代「朝鮮総督」であった寺内が「乙巳5条約」を認めない高宗皇帝を毒殺することを指示したという話を聞いたという資料が記録されている。

    こんにちも、日本は過去に朝鮮人民に働いた特大型の反人倫犯罪を正当化しようとしたり、隠ぺいするために狡猾(こうかつ)で破廉恥に策動している。

    日本は、犯罪の歴史に対して謝罪し、賠償すべきである。---

    朝鮮中央通信
    http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf

    【【寝言】必ず決算すべき日本の特大型反人倫犯罪 日本は犯罪の歴史に対して謝罪し賠償すべき】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/23(火) 05:19:44.56 ID:CAP_USER9
    ED142612-E969-4723-9CC7-F596D782C6FD
     
    【ソウル聯合ニュース】韓国行政安全部は22日、日本による植民地支配を受けていた時代の太平洋戦争中に学徒動員された朝鮮半島出身の若者の被害実態をまとめた報告書を発刊したと発表した。報告書は動員の対象者に指定された6203人のうち、4385人が軍人に選ばれ、実質的には強制動員だったと指摘した。拒否した若者は軍需工場などに送られたという。

    報告書は行政安全部の過去史(歴史)関連業務支援団と高麗大が昨年10~12月に共同で行った調査の結果をまとめたもの。学徒出陣が行われた背景、動員の規模、部隊配属の実態、生存者の回顧録、旧日本軍の部隊名簿など動員の被害実態を幅広く扱った。

     行政安全部は「これまで学徒兵として動員された朝鮮人は4385人と推定されていたが、具体的な資料がなかった」とし、「今回の報告書は被害実態を総合的に究明するのに重要な資料になるだろう」と説明した。

     報告書によると学徒兵は専門学校以上を卒業した者を対象とする動員制度で、1943年末に欺瞞(ぎまん)的な募集と選考により実施された。

     行政安全部は若者を戦場に送り込み犠牲にした日本が与えた被害を正確に明らかにする必要があるとし、「今後、真実の糾明に積極的に取り組む」と伝えた。報告書は国家記録院のホームページ(www.archives.go.kr)で閲覧することができる。

    聯合ニュース
    http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20180122002200882&page=2&domain=6&ctype=A&site=0200000000


    【【韓国政府調査】太平洋戦争期の日本による植民地支配下で朝鮮人学徒兵 4385人が「強制動員」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 薬師神 ★ 2018/01/22(月) 15:51:06.41 ID:CAP_USER
    朝鮮で近代的司法制度を整えたのは日本である。
    高等法院(京城=現・韓国ソウル)-覆審法院(京城・平壌・大邱)-地方法院の三審制、それぞれに対応する検事局が設けられた。

    起訴や捜査、法務行政を握る検事が強大な権力を持っていたのは日本統治下の朝鮮でも変わりはない。
    検事の中で朝鮮人として出世頭のポジションにあったのが、大和田元一(げんいち)(朝鮮名・李炳●=1905~92年)である。

    九州帝国大学を出て昭和9年の高等試験司法科(現在の司法試験に相当)に合格。
    30代で朝鮮人としては異例の平壌覆審法院検事局検事(現在の高検検事に相当、ランクは高等官四等)に出世した。

    19年1月の司法部職員録を見れば、京城覆審法院検事局の朝鮮人検事として大和田より上位(高等官三等)に閔丙晟の名前がある。
    ただ、明治23年生まれの閔はこのとき50代。
    京城専修学校出身の“たたき上げ”であり、「キャリア組」の大和田が朝鮮人検事のリーダー格だったと言って差し支えないだろう。

    大和田の前半生は日本の朝鮮統治と重なっている。
    出身は、朝鮮半島南東部の慶尚北道・金泉の名家(両班(ヤンバン))、父親は日韓併合前の大韓帝国時代、郡守(首長)を務めていた。

    生後5年で日韓併合(明治43年)となり、朝鮮の教育環境は日本によって急ピッチで整備が進む。
    具体的なデータを挙げてみたい。

    ■開かれた高等教育

    当時、朝鮮人の初等教育は、寺子屋にたとえられる書堂(ソダン)が主だった。
    日韓併合直後の明治44年の統計によれば、朝鮮人が通う普通学校(小学校)が173校(児童数2万121人)に対し書堂は1万6540校(同14万1604人)。
    それが昭和8年には普通学校2100校(同56万1920人)▽書堂8630校(同14万2668人)と児童数で逆転している。

    法律や医学の高等教育機関である専門学校は明治44年に5校(学生数409人)だったが、昭和8年には15校(同3785人)へと急増。
    1校もなかった大学は京城帝大が創設(大正13年予科)された。

    大和田は、地元の普通学校→京城の高等普通学校(中学)→官立の京城法学専門学校と進み、京城帝大はまだ開設されていなかったため(学部は大正15年設置)、朝鮮から最も近い帝国大学である九州帝大法文学部法律学科へ進学した。
    高等試験司法科に合格した大和田は、検事の道を選び、光州地方法院検事局・長興支部検事(昭和14年)→新義州地方法院同(15年)→平壌覆審法院同(18年)と検事として順調に出世の階段を上る。

    朝鮮人の司法職員数も、明治44年・364人→昭和8年・1232人へと増加した。
    朝鮮人に高等教育の機会が開かれ、法を司(つかさど)る検事や判事(裁判官)のポストに就くことができたことは注目すべきであろう。

    ■親日派として指弾

    だが、大和田の輝かしい経歴も戦後の韓国ではマイナスとなった。
    日本統治時代の“協力者”をリストアップし、韓国で2009年に出版された『親日人名辞典』の大和田の項では、「創氏改名」(昭和15年実施)の記述に大きなスペースを割き、大和田が当時の新聞や雑誌に発表した見解を紹介した上で、同制度を積極的に支持したと書いている。

    確かに《栄光的な大日本帝国の兵站(へいたん)基地としての2300万の(朝鮮)半島民衆》などと刺激的な記述はあるものの、《古代的氏族の代名詞である「姓」を止揚(※古い物は保存し、より高い段階で生かすという意味)させ、それに代わって創氏制度が新たに制定される》と法律家らしく明快に説明しており、どこが問題なのか分からない。
    創氏改名ほど誤解が多い政策もないだろう。

    大和田の言う通り、これは朝鮮伝統の金、朴、李などの「姓」(儒教文化的男系一族の象徴)は戸籍に残したまま、日本風の山田、田中といった家族的な「氏」を新たに創設する制度だ。朝鮮人の「姓」は数が少なく混乱の原因になる上、女性は結婚後もその姓には加われない。
    古代→近代、一族→家族化を図り「内鮮一体」の同化も進めましょう…というのが目的だった。

    本貫と呼ばれる出身地と併せて「姓」を一族の誇りにしてきた名家には、いらぬ“おせっかい”だったかもしれないが、日本人と同等になれる、差別がなくなる…と歓迎した朝鮮人も多い。
    一方、日本には朝鮮人の犯罪抑止を理由に反対する意見もあったのである。

    重要なのは強制でなかったことであろう。
    日本風の氏を創設したのは約8割。期間中に届け出なければ、金や朴など従来の「姓」をそのまま「氏」として使うことができた。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/column/news/180121/clm1801210008-n1.html

    【【歴史】創氏改名は「強制ではない」…是々非々貫いた朝鮮人検事】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル