かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    タグ:太平洋

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: かぜのこ ★ 2018/06/11(月) 20:36:41.44 ID:CAP_USER9
    abesouri
     
    安倍晋三首相は11日、第24回国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)の晩さん会で演説した。
    インド洋と太平洋をまたがる地域のインフラ整備に向けて今後3年で官民で約500億ドル(約5兆4000億円)を投融資する仕組みをつくると表明した。

    原資はJBICがドル建て債券の発行などで市場から調達する。補完的に日本の外国為替資金特別会計の外貨準備からも最大半額を支出する仕組みだ。

    財務省によると、外貨準備は130兆円程度ある。その一部を活用し、JBICが市場から資金を調達しやすくする。
    JBICがアジア開発銀行(ADB)など国際開発金融機関や国内金融機関と協調融資をする。

    日本による海外でのインフラ整備は中国などに比べて初期費用が高いとみられ、途上国から敬遠される場合がある。
    首相は日本のインフラ整備について「初期費用とは別の、ライフタイムコストで考えると、むしろ格安になる」と強調した。
    インド太平洋地域で活発なインフラ整備を進める中国に対抗する狙いがある。

    (略)

    日本経済新聞 18/6/11 19:54
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3161856011062018MM8000/

    【【安倍首相】中国に対抗 インド太平洋地域に今後3年で官民約500億ドル(約5.4兆円)を投融資表明 原資は外為特別会計の外貨準備など 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/02/10(土) 05:27:45.81 ID:CAP_USER
    【2月9日 AFP】
    北朝鮮の核兵器開発をめぐり緊張が高まる中、カナダ海軍は8日、同軍の潜水艦がおよそ半世紀ぶりに西太平洋で哨戒任務に就くと発表した。

     カナダ海軍の潜水艦「シクーティミ(HMCS Chicoutimi)」の任務は1年前に計画されていたものだが、カナダのバンクーバー(Vancouver)で先月開かれた北朝鮮の核・ミサイル問題に関する外相会合で、米国など20か国が北朝鮮による国連制裁逃れを防ぐため「海上阻止行動」を強化することで合意したことを受けて、西太平洋でパトロールを行う運びとなった。

     今回の哨戒任務は約200日間にわたり、日本や米領グアム(Guam)に寄港する。
    同艦の正確な位置と活動は機密扱いとなる。

     海軍のリック・ドネリー(Rick Donnelly)報道官はAFPに対し「この配備は、カナダにとってのアジア太平洋地域の戦略的重要性を示し、地域の平和と安全保障の維持へのカナダの関与を強めるものだ」と述べた。

     ドネリー報道官によると、シクーティミはアジア太平洋地域における「哨戒任務と外国海軍との演習」に参加するが、
    「平昌冬季五輪の安全保障には一切関与しない」ほか、北朝鮮に対する制裁への「直接的な関与」も行わないという。

     シクーティミは2004年、海上で浸水・火災事故を起こし乗組員1人が死亡した。修理・改修の後、2015年に任務に復帰した。

    画像:カナダ海軍の潜水艦「シクーティミ」
    no title

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3161741

    【【何か始まる?】カナダの潜水艦、半世紀ぶりに西太平洋で哨戒任務 日本にも寄港へ】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル