かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:太平洋諸国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/08/02(木) 02:56:08.51 ID:CAP_USER9
    cn250

    2018年8月1日 / 08:38 / 6時間前更新
    焦点:中国「小切手外交」で攻勢、南太平洋諸国を借金漬けに
    Charlotte Greenfield and Jonathan Barrett
    [ウェリントン/シドニー 31日 ロイター] - 南太平洋に浮かぶ島国トンガの首都ヌクアロファでは約10年前、死者が出るほどの暴動が発生し、ビジネスや政府庁舎の集まる中心部の大半が破壊された。

    がれきの中から、政府は新たなクルーズ船のための埠頭建設や王宮の修繕を含む市の再建策を打ち出した。

    そうした一切の費用は、中国からの融資で賄われた。

    中国からの融資は当初6500万ドル(約72億円)程度だったが、現在は1億1500万ドルを超える。1年間の国内総生産(GDP)のほぼ3分の1に相当する。利子が膨らんだほか、トンガ全土の道路開発のために新たな融資を受けたためだ。

    元金返済計画が9月にスタートするが、トンガの年間元利払い費は約2倍に膨れ上がることになり、同国政府は対応に追われている。

    トンガの不安定な立場は、南太平洋の小国を直撃している広範な「負債疲れ」を示している。同地域が財政難に陥り、中国からの外交圧力にますます影響を受けやすくなるという恐怖も駆り立てている。

    特に、同地域の小国への融資は、台湾承認を巡る中台の影響力争いで、中国に「てこ」をもたらすことになる。台湾は同地域で強力な外交関係を築いており、同地域は世界有数の中台勢力争いの現場となっている。

    ロイターは南太平洋の島国11カ国の財務書類を分析。その結果、この10年で中国の融資プログラムによる債務残高がほぼゼロから13億ドル超に膨れ上がっていることが明らかとなった。

    オーストラリアが南太平洋地域に対して大規模な援助プログラムを提供しており、いまなお最大の支援国ではあるものの、2国間融資においては、いまや中国が最大の貸し手であることを財務書類は示している。

    中国からの融資は、トンガの対外債務全体の6割以上、バヌアツのほぼ半分を占めている。金額では、パプアニューギニアが約5億9000万ドルと最大で、同国の対外債務全体の約4分の1を占めている。

    「経済の脆弱(ぜいじゃく)性や収入源の希少さを踏まえれば、多くが過剰債務に陥るリスクが高い傾向にある」と、世界銀行のマイケル・カーフ局長(東ティモール・パプアニューギニア・太平洋島嶼国担当)はロイターの電話取材に対しこう語った。

    「こうした国々の債務は持続可能と思われる限界に達しつつある」

    (略)

    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/china-south-pacific-debt-idJPKBN1KM3U9 

    【【中国】「小切手外交」で攻勢、南太平洋諸国を借金漬けに 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/07/28(土) 00:27:40.98 ID:CAP_USER
    [スタンフォード(米カリフォルニア州) 24日 ロイター] -
    no title

    ポンペオ米国務長官は24日、オーストラリアのビショップ外相と会談し、南太平洋諸国は中国より米国との同盟を選ぶとの自信を示した。

    会談後の会見でポンペオ氏は「南太平洋諸国は、他の大半の地域と同様、米国との同盟関係の影響力が大きいことを理解していると思う。
    米国は数十年にわたり一貫して、民主主義的価値を提示してきた」と話した。

    一方、マティス米国防長官はカリフォルニア州でペイン豪国防相と会談。
    「国の大小を問わず、領土の保全や主権などにおいて敬意を持って処遇される」太平洋地域を、自由で開かれた地域にする必要性で、米豪が合意したと述べた。

    共同声明で両国は「開放的で包括的、豊かで、規則に則ったインド太平洋の形成」への協力にコミットすると表明。マティス長官とペイン国防相は、サイバー空間などにおける安全保障上の脅威の解決に向け協力する覚書に署名した。

    太平洋で中国の影響力が高まる中、豪州は外交交渉の強化に努めている。

    Reuter
    https://reut.rs/2LiOcJC

    【【アメリカ】南太平洋諸国、中国より米国との同盟選ぶ=ポンペオ米国務長官 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル