かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:妄想

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/06/20(月) 22:46:21.35 ID:CAP_USER
    kr250
    <社説>テマドの日の記念式…我々の考えでは、テマドは我が地
    (※テマド、「対馬島」の韓国読み。)

    第18回「対馬島の日」記念式が16日、昌原(チャンウォン)市庁市民ホールで開かれた。2005年2月、日本の島根県が「竹島の日」条例を制定したことに反発して、旧・馬山(マサン)市議会が同年3月に条例を制定して記念日になった。以降、毎年「対馬島の日」の行事が開かれて、統合した昌原市が発足した後も対馬島の日の行事を続けてきている。「対馬島の日」は、日本が解放以降はもちろん、特に90年代以降独島を自国の地だとして日本国内外に多様な広報活動を展開することに対して、「それならば、対馬島は我々の地」という趣旨で対抗に出たのだ。単位自治体レベルで市条例で用意した記念行事だが、その意味は憲法に盛られたものより大きいと見ることができる。しかし、果たして「対馬島の日」をきちんと覚えている道民はどれくらいいるのだろうか。我々自身、気まずいという返答ばかりだろう。

    これに反して、日本は独島を「タケシマすなわちチュクット」と呼び、日本国内で大々的な「竹島の日」行事を行うだけでなく、世界地図で「竹島表示」、東海を「日本海」に変更するなど、我々の想像を超える行為を行っている。むろん、我々の心の中では、対馬島は既に私たちの地だと考えているだろう。歴史的事実もほぼ知っていると思う。 しかし、日本の表面的な行為に比べれば、我々はあまりにも安逸だという指摘から気楽ではない状況だ。

    少なくとも18年が過ぎており、「対馬島の日」が慶尚南道議会でも条例で制定されると共に慶尚南道民次元での記念行事程度に格上げされて、行事の規模や趣旨も拡張されなければならなかった。 しかし、我々はあまりにも無関心で何もしていないと自省すべきだと思う。日本は今日も独島を自分達の地だと言い張っている。多様な方法を使って挑発している。このような状況で、果たして我々はどうすればいいのか、真面目に反省する必要がある。新たに慶尚南道議会が構成される。今回の道議会は、「対馬島の日」の記念趣旨をよく察して、どうしたらもう少し対馬島が我々の地だという観念を深く植えつけられるのか、さらに独島が我々の地であることを確実に認められるのか、苦心してみて欲しい。我々の考えでは既に対馬島は我々の地だが、その考えをより拡張して固くしようという意味だ。

    ニュース慶南(韓国語)
    http://www.newsgn.com/330184


    【【バ韓国】 第18回「対馬島の日」記念式、昌原市…我々の考えでは、対馬島は既に我が領土】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/06/18(土) 19:58:46.74 ID:CAP_USER
    3B6C3CE6-8F51-48BE-BD17-C599D0D0D047
     
    [ペ・ジョンドクの歴史コラム] キンメイ天皇(欽明王)は百済聖王だった

    数万名の騎馬兵を従えることが出来る聖王が、わずか50名の騎馬兵を従えて新羅に侵攻したということは信じられない。聖王が戦死したように見せかけ風聞を広めて、倭の王室に渡ったと見ることができる。

    『日本書紀』では、まるで生きた伝記を見るかのように、聖王とその息子・威徳王について一つ一つ明かしている。威徳王が出家して僧侶になろうとしたことも『三国史記』にはなくて、『日本書紀』にだけ出てくる記録だ。

    欽明天皇死去後、第30代ビタツ(敏達、ミンダル)天皇が登場する。敏達は聖王の息子で、百済威徳王とは兄弟の関係だ。『日本書紀』敏達天皇記で、敏達は欽明天皇の二番目の息子という話があって、一番目の息子についての記録が全くないのは、百済威徳王が聖王の一番目の息子であるからだ。

    日本の天皇家を長い間研究してきたホン・ユンギ教授(東国大学哲学科)は、欽明天皇が間違いなく聖王である点を何度も指摘してきた。ホン・ユンギ教授は、「欽明天皇=聖明王」と結論付けて、当時の奈良地方倭王室の実権者が百済人のソガノイナメだったから、聖王が倭王室で支配領域を拡張することには、何ら問題もなかったと話す。ソガノイナメは倭朝廷の最高大臣として百済を行き来していた聖王を徹底して支えて、2人の姉(キタシヒメ、オアネノキミ)をどちらも聖王の後宮に入宮させた。

    またホン・ユンギ教授は、「556年1月、恵王子が百済に帰国する際、アメシン(阿倍臣)らチョシン(朝臣)たちが従える1千名以上の兵士が護衛して百済に帰らせた。」という『日本書紀』の部分も、聖王が欽明天皇である証拠の一つだと主張する。恵王子は威徳王の弟、つまり聖王の息子として555年に使臣として倭国を訪問した。実際、古代史で護衛兵1千名以上は通常の規模ではなく、父親の聖王が息子を見送りながら多くの軍士を送ったと見るのだ。恵王子は後日、百済の第28代ヘワン(恵王、598~599)として登極する。

    古代日本国の地では、歴代の王たちが百済聖王の位牌を祀って、王室の祠堂で祭祀を執り行って来た。794年、第50代桓武王(在位781~806)が奈良の地にあった王都を平安京(現在の京都)に移す際、百済聖王の倭王室管轄の祠堂も、新王都である平安京に移された。そこが現在京都市のヒラノシンサ(平野神社)だ。

    この事実は、19世紀の著名な国学者バンノブトモ(伴信友、1773~1846)が既に平野神社の位牌は百済聖王だ、(「蕃神考」)だと究明していて、続いて今日多くの史学者が認めるところだ。日本王室文献(『延喜式』917王室編纂)でも、百済聖王の位牌を祀った平野神社は、日本王室が管掌して祭祀を執り行う祠堂と記録している。

    ペ・ジョンドク歴史コラムニスト

    蔚山第一日報(韓国語)
    http://www.ujeil.com/news/articleView.html?idxno=305916

    【【韓国の妄想】欽明天皇は百済聖王だった…天皇家を長い間研究してきた教授が何度も指摘】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/06/06(月) 19:28:52.81 ID:CAP_USER
    [新刊] 琉球漢文学=イ・ソンヘ著。

    過去に「ユグ」(琉球、リュウキュウ)と呼ばれた沖縄の漢文学発展過程を、漢文学博士の釜山大チョムピルジェ研究所専任研究員が分析した。

    著者は、歴史学や民俗学の観点から主に照らされた沖縄を、漢文学の観点として眺めて、日本に編入される前の「ユグ」と朝鮮文人が交流した様相を考察した。

    彼は、沖縄で14世紀から1469年までを漢文学の渡来期と規定する。続けて、1470年から1608年までは僧侶の文士活躍期、1609年から1879年までは官人文学全盛期と区分する。時期が変わる時点には政治的に重要な事件があった。

    朝鮮初期に亡命してきた人物であるスンチャルド(承察度※)については、高麗時代の三別抄(※)の後孫である可能性があると主張する。

    また、沖縄でよく見ることができる彫刻像「シサ」は、獅子ではなくて想像世界に存在する神霊な動物であるペクテック(白澤)だという。

    サンジニ出版。376ページ。3万2千ウォン。

    聯合ニュース(韓国語)
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20220527062600005

    ※承察度(しょうさっと、うふさと、1337年? - 1398年?)は、琉球の、南山王国の初代国王。
    ※三別抄(さんべつしょう、朝: 삼별초)は、高麗王朝の軍事組織。崔氏政権(武臣政権)において、林衍(イム・ヨン)ら時々の実権を握った者の私兵として、しばしば政敵の暗殺や現代でいう所のクーデターのための武力として用いられた。後に、高麗のモンゴル軍の襲撃に際しては事実上の国軍に発展したとも言われる。

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


    【【韓国】 新刊「琉球漢文学」…琉球国南山王の承察度は、高麗時代の三別抄の子孫である可能性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/05/25(水) 20:48:46.59 ID:CAP_USER

    e51ddc16
    世界最初の飛行機、飛車と航空宇宙庁建設
    カン・シンウン(慶尚国立大学校 名誉教授)

    ユン・ソクヨル政府110大国政課題の一つに、「韓国航空宇宙庁慶南建設」を発表した。 近いうちに国会で議論手続きを経た後、晋州(チンジュ)泗川(サチョン)の航空宇宙庁の姿が具体化するものと予想される。

    筆者は、晋州泗川地域に航空宇宙庁が建設されるという現実の重要性や当為性に深い関連性があると判断される飛車について言及しようと思う。

    飛車は、430年前の1592年、第1次晋州城戦闘中に晋州の上空を飛んだという。朝鮮最初の飛行体、世界最初の大きな鳶形の飛行体が朝日戦争(※文禄・慶長の役)の時、晋州城の上を飛んだという事実は想像だけでも息が詰まるほどだ。世界最初の飛行機はライト兄弟が1903年12月に浮かしたというフライヤー号だ。これよりなんと311年も前だ。

    朝鮮の古文献イ・ギュギョンの『五洲衍文長箋散稿』、シン・ギョンジュンの『旅庵全書』、クォン・ドクギュの『朝鮮語文経緯』など、さまざまな資料に登場する。日本歴史書である『倭史記』にも、キムジェに住んでいたチョン・ピョング(鄭平九)が飛車を発明し、1592年10月晋州城戦闘で使用したと書いた。記録から見ると、飛車の存在と飛行時期および場所は明らかになる。しかし、歴史的考証に入ると、問題は変わる。
    まず、飛車自体の存在性の有無だ。実物の飛車が残っておらず、論争が少なくない。単に、後代の学者たちが記録だけにすがって、想像から復元した模造品の飛車からは、現空軍士官学校空軍博物館、国立光州博物館、国立果川博物館に設置されている。正確な設計図や飛行原理などが記録されておらず学術・公式的には認められていない。数年前、KBS歴史スペシャルチームと建国(コングク)大学校での研究記録を土台に、鄭平九の飛車を復元、試験飛行を行った結果、20メートルの高さから70メートルまで飛べるという程度の事実を確認した。残念ながら、飛車の中核である推進装置などを復元することはできなかった。

    このような努力が、今後の飛車に対するより深い研究と、完璧な復元に対する新しい期待が持てる基盤は用意されたと思う。今後、より完璧な飛車復元に心血を傾けていかなければならないのが課題だ。まさに、それが韓国人の卓越した創意性と優秀性を海外に知らせる機会となって、世界航空発達史で私たちの飛車が世界最初の飛行体として公認される道だ。飛車の感動とその偉大さが世界飛行史上永遠な足跡として残る私たちの韓国の地から、ここ西部慶南の晋州泗川の地から、世界最高の航空宇宙産業クラスターが順調に構築されることを願う気持ちでいっぱいだ。

    慶南日報 (韓国語)
    http://www.gnnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=501207


    【【韓国】 世界初の飛行機「飛車」と航空宇宙庁建設…復元が課題、韓国人の卓越した創意性と優秀性を海外に知らせる機会】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/05/22(日) 18:37:40.59 ID:CAP_USER BE:456446275-2BP(1000)
    f_15245889
     
     ジャーナリストの青木理氏が22日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜・午前8時)に生出演した。

     番組では米国のバイデン大統領がこの日、来日することを報じた。青木氏は「バイデンさん、韓国に行って日本に来ますよね。これ恐らくメッセージとしては日韓関係なんとかしろ。と。今のような状況ではまずいっていう問題意識を恐らく米国はものすごく強く持っている」と指摘した。

     さらに「尹錫悦大統領が誕生して、尹錫悦政権は、対日関係の改善にかなりメッセージを出していますよね。それに対して日本がどう応じるのかというあたり。まず韓国に行ってその意志をプッシュする。日本に来て日本にも同じようなメッセージを間違いなく発する」と解説した。

     続けて「これをきっかけにしてアメリカ頼りは情けないんですけど、歴史認識問題でどうにもならない状況になっている日韓関係を立て直せるか。アメリカが立て直せって言ったことを受けて日韓がどう動くか。もうひとつの注目点かなと思います」と語っていた。

    スポーツ報知 2022年5月22日 8時26分
    https://hochi.news/articles/20220522-OHT1T51018.html?page=1

    【【青木理】バイデン大統領が日本より先に韓国訪問は「日韓関係なんとかしろ…っていう問題意識」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/05/07(土) 16:15:55.42 ID:CAP_USER
    BF2A5CFE-BA43-4C06-A915-62E82CEACF8E
     
    アメリカの経済雑誌「フォーブス」は毎年、グローバル企業の番付を発表する。2010年のトップ100と2020年のトップ100を比較してみると、国家ごとに大きな変化があることが分かる。2010年の主要国のトップ100内企業数ランキングは以下のとおりだ。

     1位:アメリカ(28社)
     2位:イギリス(9社)
     3位:フランス(8社)
     4位:ドイツ、中国(7社)
     6位:日本(3社)
     ※韓国は1社。

     10年後の2020年は以下のとおりである。

     1位:アメリカ(37社/10年前対比9社増)
     2位:中国(18社/11社増)
     3位:日本(8社/5社増)
     4位:ドイツ(5社/2社減)
     5位:フランス(4社/4社減)
     ※韓国は1社(増減なし)。

     10年間、日本が5社増加(3社→8社)と一番高い増加率(167%)を見せた。中国は11社増加(7社→18社)で、アメリカは9社増加(28社→37社)だった。ドイツとフランスは減少し、イギリスはトップ100から全てが脱落。

     韓国の場合、サムスン電子が唯一だ。10年間、日本と中国は数社がトップ100に新たにランキングされたのに対し、韓国は足踏み状態が続いている。

     (略)

     米経済紙「フォーチューン」が選ぶフォーチューン・グローバル500の最近4年間(2017~2021年)の変化だけを見ても、韓国が足踏み状態や不振に陥っていることが分かる。2021年の主要国の順位は、アメリカが122社で2017年に比べて10社減少した。中国は135社で26社増加し、日本は53社で2社増加した。韓国の場合、15社で2017年と比べて変化がなかった。

     韓国は、実績の側面においても不振さを見せた。フォーチューン・グローバル500に選ばれた韓国企業の合計売上額は4年間(2017~2021年)で年平均1.9%の成長にとどまった。中国企業は年平均10.3%、アメリカ企業は3.3%、日本企業は2.1%成長しているのに比べて不振だ。

     合計純利益の4年間(2017~2021年)の年平均成長率を見ても、韓国はみすぼらしい水準だ。フォーチューン・グローバル500に選ばれた中国企業は年平均10.9%、日本企業は5.4%の純利益成長率を見せた。一方、アメリカ企業は年平均マイナス0.7%、韓国企業はさらに低いマイナス0.9%という不振な成長率を見せたのだ。

     アメリカの企業実績調査会社「S&P Capital IQ」が2020年の時価総額基準で発表した主要国のトップ100に入ったICT(情報通信技術)企業数の順位は以下のとおりだ。

     1位:アメリカ(57社)
     2位:中国(12社)
     3位:日本、EU(11社)
     ※韓国は1社で11位。

     韓国は暇さえあれば「IT強国」だと自任しているが、実情を見てみるとこのような地位なのだ。

     情報分析企業である「Clarivate」が発表した2022年のグローバル革新企業トップ100は、特許登録件数、影響力、特許登録率、グローバル市場性という4つの指標をもとに選ばれた。一言で言えば「企業の革新性」を評価したのだ。主要国のトップ100に入った企業数の順位は以下のとおりである。

     1位:日本(35社)
     2位:アメリカ(18社)
     3位:ドイツ、台湾(9社)
     5位:フランス(8社)
     ※中国、韓国はともに5社。

     企業の革新性の側面において日本が圧倒的な世界1位となった。アメリカは日本の半分。中国と韓国は、台湾よりもはるかに低い水準だった。

     同時に、韓国の場合、創業を通じて富を蓄積した自力成功型企業家の割合が低いと現れた。10億ドル以上の資産家(2020年現在)のうち、自力成功型起業家が占める割合が、韓国は57%(28人中18人)で、これは日本(81%)、アメリカ(70%)、中国(98%)、イギリス(87%)といった主要国に比べてはるかに低い水準であり、その上、グローバル平均(69%)と比べても相当に低いものだ。

     結論的に、以上のような客観的データによると、日本は革新性をもとに量的な側面と実績の面において継続的に発展している状態であると見ることができる。一方、韓国は量的な側面と実績の面において足踏み状態に陥っているということを確認できる。これにより、「韓国はますます発展し、日本は次第に滅びる」という今日の多くの韓国人の考えは、錯覚による誇大妄想に過ぎないものであり、事実は正反対で、日本が再飛躍しており、韓国は次第に活力を失っていっていることを確認させられる。

    ※この記事は韓国の保守論客ファンドビルダー氏の寄稿文を日本語に翻訳したものです。翻訳の正確さに対する責任は当社にあります。

    WOW!Korea
    https://www.wowkorea.jp/news/japankorea/2022/0507/10346664.html

    【「韓国はますます発展し、日本は次第に滅びる」という韓国人の考えは、錯覚による誇大妄想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/05/01(日) 00:24:41.59 ID:CAP_USER
    土種王桜を知らせたフランス神父の師匠 中央SUNDAY
    『植物十字軍』チョン・ホンギュ著(夏の丘)
    no title


    毎年、桜の季節になると登場する論争がある。王桜の原産地論争だ。花が大きくて見栄えある王桜は日本の象徴だ。しかし、日本には王桜の自生地がない。一方、韓国には済州など数々の場所に自生地がある。2018年、韓国と日本の王桜遺伝子分析研究の結果、双方が遺伝的に別個であることが示された。そうして、この論争で終止符が打たれたか。その後も継続して、もちろん今年も原産地論争は登場した。

    韓国の王桜の自生地を初めて見つけたのは誰だろうか。その人物がこの本『植物十字軍』に入る入り口だ。著者チョン・ホンギュ神父は2019年、『エミール・タケの膳物』(夏の丘)という本を書いた。フランスの神父エミール・タケ(韓国名オム・テクギ、1873~1952)は1900年代初め、済州を拠点に活動した宣教師だ。1908年4月、漢拏山の麓で土種の自生王桜を発見して、その標本を欧州に送って世界に知らせた人物だ。タケ神父は初めから植物採集と標本製作に関心を持っていたわけではない。彼にこれを教えた人物がいる。『植物十字軍』の主人公であるフランス神父ユルバン・フォーリー(1847~1915)だ。今回の本は前作の後編格だ。

    フォーリー神父は、20代半ばで司祭序品を受け取って、宣教師として日本に派遣された。日本での生活初期の苦しさの突破口として植物採集を始めた。生涯、東アジア地域を回りながら植物を採集して、標本を製作した。 当時、日本植民地だった韓国も3度訪問した。欧州に送った数え切れないほど多くの標本を積み上げると、彼が一生製作した標本数は本当に物凄い。また、タケ神父らを通じて、日本の温州柑橘やあおもり林檎などを韓国に伝えた。

    主人公がフォーリー神父だが、本は単純な彼の伝記ではない。フォーリー、タケ両神父が所属するパリ外方宣教会の話がもう一つの軸だ。朝鮮のカトリック迫害の時、多くの殉教者が宣教会所属の神父だった。日帝強占期の韓国カトリックの親日行為も、この宣教会と関連している。著者は結果的に帝国主義の尖兵だった宣教会に批判的な見方を示す。

    チャン・ヘス記者

    中央日報(韓国語)
    https://n.news.naver.com/mnews/article/353/0000042160


    【【バ韓国】 桜の季節になると登場する「王桜の原産地論争」…新刊、王桜を知らせたタケ神父の師匠の話『植物十字軍』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/04/30(土) 09:43:36.59 ID:CAP_USER
    kr250
    サンフランシスコ条約発効70周年を迎え 体制の成立・展開・帰結を総体的に分析  戦犯国日本、米国の「冷戦と反共のパートナー」に 「東アジアの領土紛争も米国が意図した」

     『サンフランシスコ体制を越えて-東アジアの冷戦と植民地・戦争犯罪の清算』 
    キム・ヨンホ他 著|メディチメディア刊|3万8000ウォン
     今年は戦後の東アジアの国際秩序を規定した「サンフランシスコ体制」が構築されて70年になる年だ。サンフランシスコ体制とは、第2次世界大戦の戦犯国である日本が米国をはじめとする戦勝国と「サンフランシスコ講和条約」を締結したことによって成立した体制をいう。同条約は1951年9月に48カ国が署名し、翌年4月に発効した。本書『サンフランシスコ体制を越えて』は、サンフランシスコ条約自体に内包された問題と、サンフランシスコ体制が起こした問題を一つひとつ明らかにする論文集だ。東北アジア平和センター(キム・ヨンホ所長)が中心となり、2016年から2019年まで4回開かれた国際会議で発表された論文と、この企画に合わせて書き下ろした論文をまとめた。サンフランシスコ体制の成立とその体制が東アジア秩序に与えた影響、そして東アジアの市民社会の対応と関連して、すべて重要な争点を盛り込んだ論文だ。論文執筆者として、韓国(キム・ヨンホ、チョン・ビョンジュン、イ・テジン、イ・ジョンウォン、イ・ジャンヒ、カン・ビョングン、キム・ソンウォン、オ・シジン、キム・チャンロク、ペク・テウン、ノ・ジョンホ)、日本(和田春樹、原貴美恵)、中国(徐勇、胡徳坤、石源華)、米国(チャールズ・アームストロング、アレクシス・ダデン)、オーストラリア(ガバン・マコーマック)など学者25人が参加した。サンフランシスコ体制の問題点を指摘する論文はこれまでもあったが、この体制の成立と展開、帰結を総体的に追求し論じた著作は同書が初めて。

     サンフランシスコ講和条約は、最終締結まで6年という長い時間がかかった条約だ。著者のキム・ヨンホ氏は、同条約が締結されるまで日本に対する米国の態度が3段階を経て変わったと述べる。第1段階(1945~1947)では戦犯国である日本を解体することに重点を置いたが、第2段階(1948~1949)で米ソ冷戦体制に入ると、ソ連を排除し日本と単独講和を結ぶ方向に転じた。続いて第3段階(1950~1951)では中国本土に社会主義体制が樹立され、朝鮮戦争が勃発すると、日本を冷戦と反共の最前線に立つパートナーにした。日本は最大戦犯国の地位から脱し、米国の東アジア戦略の最大同盟国となった。こうして戦争犯罪者の大多数が免罪符を受け、戦後の日本再建の主役となった。

     サンフランシスコ条約締結の過程で浮かび上がった問題はこれだけではない。注目すべきは、日本の侵略と支配で最も大きな被害を受けた韓国と中国が、同条約を締結する当事者として参加できなかったという事実だ。韓国は南北が分断されており、韓国が参加する場合は北朝鮮も参加しうるという理由で排除され、台湾と本土に分かれた中国も、代表性に問題があるという理由で除外された。日本の侵略による一番の被害国が、条約の主役になれなかったのだ。にもかかわらず、このように成立したサンフランシスコ体制は、東アジア秩序を規律する枠組みとなり、韓国を束縛した。例えば、1965年の韓日国交正常化の際の「請求権協定」は、サンフランシスコ条約に基づいて結ばれた。その後、日本は請求権協定の文言を口実に、日本による植民地時代の韓国人被害者に対する賠償責任がないと主張している。韓国が参加もできなかった条約が、韓国の足を引っ張っているかたちだ。

    ※続きは元ソースで御覧ください

    コ・ミョンソプ先任記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)

    Yahoo!Japanニュース/ハンギョレ 4/30(土) 7:49配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e6c83e5d1a45766d6f3fbcff7fd251ae68a71c57

    【【バ韓国】日本の右翼の「歴史挑発」を煽った「サンフランシスコ体制」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2022/04/05(火) 09:50:34.91 ID:CAP_USER
    no title

    ▲来年、学校で使われることを目標に日本文部科学省に検定を申請した日本高校教科書に韓国領土である独島(ドクト)が'タケシマ'(竹島・日本が主張する独島の名称)と表記されている。(写真・東京=聯合ニュース)

    日本で先月出版されて大きな反響を起こした本がある。日本の元老経済学者、ノグチ・ユキオ(野口悠紀雄、81)国立一橋大学名誉教授が書いた「日本が先進国から脱落する日」。日本は過去50年間、先進国の地位を享受したが、20年後は開発途上国水準に落ちる可能性があるという内容が本の骨子だ。
    (中略:本の内容説明)

    結局、彼の話は過去30年間停滞している日本に帰結される。あえて超高齢化社会に進入した事実を想起せずとも日本が活気を失ったのは明らかだ。

    ノグチ教授ははっきり言わなかったが最も大きな原因は他でもない『政治』だ。日本政治は民主主義国家で見つけるのが難しい地方区世襲、政言癒着の弊害とかみ合わさって右傾化の道をたどっている。自由民主党(自民党)独裁体制がより一層強化される中で新しい政党と人物の誕生を期待するのは至難のわざだ。

    日本は表面では政府、議会、司法府などの組織は備えているが民主主義はまともに作動しない。これに加えて日本市民の後進的民主主義意識は致命的だ。これが日本のいわゆる「いんちき民主主義」を産んで育てた土壌だ。

    日本人たちは依然として封建社会を生きている。国民が国家に無条件服従する社会に留まっている。一部の知識人の声を除けば社会に服従し、政治に対する無関心が支配している。

    その良い例を2019年7月の参議院選挙でみることができる。当時、兵庫県選挙区開票結果では投票した人より投票用紙が21票も多かった。誰が見ても不正選挙だった。しかし、選挙管理委員会は「説明できないが仕方ない」として開票結果を確定した。韓国やヨーロッパだったら糾弾デモが起きる様な大事件なのに何ごともなかった様に進められた。

    このような事件は日本では一度や二度ではない。このように開票不正が発覚しても強く抑え付けてやり過ごす。偽りで住所移転して不正投票することも日常茶飯事だ。

    ところが日本人たちは何もしない。「羊たちの沈黙」だ。政治や経済がなぜこの様なのかと問い詰めるメディアも、市民もいない。だから政治家たちも何もしない。誰も何もしないから何ごともなく過ぎる。

    日本は政治がめちゃくちゃなら全てがめちゃくちゃになる模範的事例を見せている。私たちにとって反面教師に他ならない。

    先週、日本はまた、我が国に向けて挑発した。独島もそうで歴史教科書もそうだ。目を引くのは日帝強占期を記述した部分が年々その歪曲レベルが高まっている点だ。さらに日帝強占期の朝鮮人「強制連行」と「日本軍慰安婦」という表現が今年は抜けた。このような形でこそこそ歴史歪曲を越え歴史改造水準に進めようとする下心だ。

    自民党の戦犯子孫が政治を独占しているのを見れば当然の結果だ。嘘をつく教科書を見て育った日本の学生たちはそれをありのまま信じるだろう。いつかは過去を反省して謝罪する日本人はただ一人もいなくなるかもしれない。

    自分たちが起こしたぞっとする過去の蛮行を全部忘れること、それは恐ろしいことだ。ヒットラーのナチスドイツがそうであった。斜陽の道に入り込んだ経済と極右政治、歪曲された歴史観を持つ市民が結合すればどんなことが起きるか分からない。私たちは常に極度に警戒しなければならない。政府と市民社会がみんな立ち上がって目をむいて見守らなければならない。

    イ・スンヒョン編集局長

    ニューストマト(韓国語)
    https://www.newstomato.com/ReadNews.aspx?no=1115221

    【【韓国】「羊たちの沈黙」国民が国家に無条件服従する社会…自滅の道を歩む日本】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/04/01(金) 22:33:45.15 ID:CAP_USER
    「110年以上、『倭色の陋名』 王桜をちゃんと愛さなければ」
    「木博士」シン・ジュンファン元国立樹木園長
    ・最近「王桜プロジェクト2050」初代会長を務める
    ・生態学者・園芸専門家・言論人など111人
    ・「韓国自生種、王桜全国普及キャンペーン」
    ・4日、汝矣島(ヨイド)国会内外で桜の木の生態調査
    ・解放契機に切られたが、60年代に再び持ち込まれた
    ・「日本の雑種と違う漢拏山(ハンラサン)の王桜を植えよ」

    「過去100年以上、桜の花に積もった歴史のほこりを、私たちの花の王桜で取り払おうとしています」

    今年2月に発足した「王桜プロジェクト2050」の会長、シン・ジュンファン元国立樹木園長(66)は31日、宣言文で明らかにした通り、「桜花解放」に向けた第一歩を4月から始めると明らかにした。王桜プロジェクトは4日、ソウルの代表的な桜の名所であるヨイソロ(ユンジュンロ)をはじめとする国会内外と、汝矣島(ヨイド)一帯で9チームを構成して、王桜の木の生態調査に動く。

    「桜の木は、日帝の象徴化のように知られ、解放以降、大々的に除去されましたが、1960年代の韓・日国交正常化再開以降、在日同胞や日本企業の寄贈を通じて、また大々的に広がりました。だから日本原産の「ソメイヨシノ」の木が大半を占めています。済州島の漢拏山(ハンラサン)で自生する王桜を繁殖増殖して、2050年までに全国的に変えていくキャンペーンを繰り広げようと意志を共にする生態学者、園芸専門家、篤林家、言論人など111人がまず動き出すことになりました」(省略…)

    「汝矣島(ヨイド)一帯の桜の木もまた日本の樹種であると予想されますが、遺伝子分析などを通じて、科学的かつ客観的なデータを通して確認して、根拠を残して広く知らせようと思います。 『ユンジュンロ』という名称も日本式なので、ヨイソロまたはヨイバンチュンロと用いたらいいですね」

    ソウル市の記録を見ると、ソガン大橋南端から国会議事堂の後方を回ってヨイ2橋北端まで続く1.7kmをはじめ、汝矣島(ヨイド)を取り囲む堤防7.0kmでは、1968年から35年までの王桜1440本が一度に植えられた。その後、1886本の桜の木とともに、チンダレやケナリ、チョルチュク、チョパプナム、マルバルドリなど、13種8万7000本あまりの春の花が咲いて、2005年から毎年3月末から4月初めにかけて、汝矣島(ヨイド)の春花祭りが開かれている。今年はコロナ大流行で中断されて以来、3年ぶりに汝矣島桜花祭りもまた開かれる。

    「王桜プロジェクト」を初発議して事務総長を引き受けたヒョン・ジンオ北東ア生物多様性研究所長は、このように遅れて「桜花解放」キャンペーンを展開するようになったきっかけは、王桜原産地をめぐる韓日学界の論争が110年越しで終わったおかげだと紹介した。2018年、山林庁国立樹木園と明知(ミョンジ)大、嘉泉(カチョン)大の研究チームは、誘電体(ゲノム)を完全に解読して済州の王桜と日本の王桜は互いに異なる別種であるという事実を明らかにした。「済州の王桜は、漢拏山(ハンラサン)に自生するオルボッナム(エドヒガン)を母系として、サンボッナム(オオヤマザクラ)を父系として誕生した自然雑種で、日本の王桜はオルボッナム(エドヒガン)を母系とし、オオシマ桜を父系とし、数百年前に人為的な交配で作られた雑種」と確認したのだ。

    「すでに知られているように、済州王桜の木はフランス人宣教師エミール・タケ神父が1908年、漢拏山(ハルラサン)観音寺で自生しているのを発見して、ヨーロッパ学界に最も早く報告しました。それより前の1901年、日本東京の上野公園で新しい桜の木が発見されましたが、日本国内では自生地が見つかっていませんでした。 タケの標本を受けたドイツベルリン大学のケーネ博士が1912年、韓国と日本で発見された2つの木は全く一緒の王桜の木で、その自生地は済州島だと発表しました。しかし、日本の学界では終始これを認めず、このせいで、私たちの自生種の王桜でさえも『倭色』という濡れ衣を久しく着せられたわけです。」

    ハンギョレ(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.naver?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=028&aid=0002585030

    【【韓国学者】「王桜」をちゃんと愛さなければ…当時、日本の学界が認めなかったため「110年以上、『倭色の濡れ衣』」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2022/02/14(月) 11:25:01.19 ID:CAP_USER
    kr250
    国際通貨基金(IMF)の特別引出権(SDR)バスケットを構成する通貨はドル、ユーロ、円、ポンド、人民元の5つだ。国家間の貿易や資本取引において一般的に通用するため、広い意味での基軸通貨と呼ばれる。

    人民元が編入されたのは2015年11月だ。IMF理事会は概ね5年ごとにSDRバスケットの通貨構成、および各通貨の編入割合を検討して調整する。当初は2021年に行われる予定だった理事会は、コロナ禍を受け2022年半ばに延期されている。

    韓国の全国経済人連合会(全経連)は13日、IMFのSDRについての分析資料で、「ウォンがバスケットに編入されうる5つの根拠」をあげ、今年のIMF理事会において積極的に推進することを韓国政府に提案した。

    全経連は、韓国はグローバル経済大国であり、貿易先進国であるということを第1の根拠としてあげた。

    2020年現在の国内総生産(GDP)は1兆6000億ドルで世界10位、貿易額は9803億ドルで9位で、信用格付け(今年1月、S&P)は「AA」で欧州連合(EU)、英国と同じであり、日本や中国(A+)より高い。

    第2に、韓国が世界で初めて援助される国からする国(2009年にOECD開発援助委員会加盟)へと飛躍したこと。韓国の発展はIMFの設立目的とも合致すると全経連は強調した。IMFは持続可能な経済成長、貧困の削減、国際貿易の活性化を設立目的としている。

    第3に、IMFが提示したSDR編入要件のうちのひとつである輸出条件(世界5位)を満たすということ。韓国の輸出額は過去5年間(2016~2020年)の平均が5438億ドルで、通貨発行主体としてはユーロゾーン、中国、米国、日本に次いで5位。

    全経連はさらに、ウォンの国際取引における比重(韓国の輸出入におけるウォン決済)が1992年の0.1%から2020年には4.9%へ増加するとともに、韓国政府がウォンの国際化を積極的に推進しているということも根拠として提示した。

    全経連は、ウォンがSDRバスケットに編入された場合、長期・短期的な経済効果は112兆8000億ウォン(約10兆9000億円)で、実質GDP(2021年)の5.3%に達すると分析した。

    内訳はシニョリッジ効果87兆8000億ウォン(約8兆4500億円)、為替レートの不安定性の38.5%減少による輸出増15兆6000億ウォン(約1兆5000億円)、国公債金利の0.63%下落により軽減される利子負担9兆4000億ウォン(約9050億円)。

    「シニョリッジ効果」とは、国が貨幣発行によって得る利益で、貨幣の額面価値と製造コストの差額のこと。基軸通貨となった場合は、海外での流通のために追加発行することによる利益を意味する。

    全経連のチュ・グァンホ経済本部長は「IMFが提示しているSDRバスケットへの編入条件と韓国の経済的地位を考慮すると、ウォンの資格は十分だ。政府はウォンのSDR編入方策を検討する必要がある」と述べた。

    「ブルームバーグ」は2015年に人民元がバスケットに編入される際、次の編入通貨候補の第1位にウォンをあげている。2位はシンガポールドル、3位はカナダドルだった。

    現在のSDRバスケットの構成比率はドルが41.73%、ユーロが30.93%、人民元が10.92%、円が8.33%、ポンドが8.09%。SDRは基軸通貨に対する交換権であり、IMF加盟国の対外準備資産として用いられる。新たなバスケットの構成は本年半ばに見直され、8月1日に発効する予定となっている。


    2022-02-14 07:24 ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42542.html


    【【???】韓国全経連「韓国ウォン、基軸通貨として編入される資格は十分」 5つの根拠】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ttongsulian ★ 2022/02/10(木) 18:19:31.30 ID:CAP_USER
    kr250

    「愚か者、問題は経済なんだよ!」(※It's the economy, stupid)

    30年前にアメリカの大統領選挙でビル・クリントン候補が掲げてヒットしたスローガンだ。

    2022年初頭から専門家たちは米・中貿易戦争で我が国が取るべき姿勢、デフレに陥った日本の暗鬱な未来と教訓に対する分析を先を争って出している。

    最近の報道によれば、米チャイナタウンで営業難に耐えられなかった飲食店が次々廃業をしているという。表面的には中国発の新型コロナウイルスによる反中情緒に原因を見ているが、その根を辿ればトランプ前大統領で触発された米・中貿易葛藤に遡ることができる。不公正貿易問題による反中感情が火種を育てている渦中に新型コロナというガソリンを振り掛けたわけだ。

    米・中の間で顔色を伺わなければならない我が国は雪上加霜(※弱り目に崇り目、泣きっ面に蜂)に日本の経済報復まで克服しなければならないのが実情だ。しかし、日本の莫無可奈(どうしようもない、救いようのない)式の挑発は我が国民特有の根性を刺激して、『2度と日本に負けない』という歴史的な使命として堅固に武装するキッカケになった。

    日本の経済は『失われた30年』で表現される。30年前の日本は世界で物価が最も高くて、アメリカと肩を並べる富国だった。ほとんど現金だけが通用して、日本に行ってきた観光客は清潔と秩序、先進文明を羨んだ。

    その後20年前、10年前、最近まで、日本に行ってきた観光客は30年間揺之不動(※いくら揺さぶっても動かない)の物価に驚いたはずだ。小売店は今なおクレジットカードの使用が容易でない。我が国の小さな飲食店ならば主人1人で、または低賃金の外国人従業員を雇うのが一般化したが、日本は主人を含んで自国の従業員を1~2人さらに雇う余裕を見せている。実際は営業利益はそのままだが、骨を削る苦しみを負担しているということが後で分かった。いつの間にか高い国から安い国に転落したのだ。

    非専門家の目にも日本は経済・雇用システムが閉鎖的だ。世界各国が新型コロナの余波でインフレの圧迫に頭を痛めているが、特に日本だけがデフレに陥っている。

    『銃・菌・鉄』の著者ジャレド・ダイアモンドはまた別の著書『大変動:危機、選択、変化』で日本の危機要因として△政府の負債、△性差別、△少子化、△高齢化と人口の減少、△閉鎖的な移民政策などを挙げた。

    閉鎖的な移民政策の場合、著者は『総人口対比の移民とその子どもの比率がオーストラリア28%、カナダ21%、スウェーデン16%、アメリカ14%だが、日本は1.9%に過ぎない』と皮肉った。難民の亡命もスウェーデンは92%を認定するが、日本は0.2%だけを受け入れた。少子化と高齢化は若い納税者の急減、年金受給者の爆増を招いて、結局経済の好循環と産業構造の改編を妨げる。オーストラリアとヨーロッパの各国は若い外国人労働者を受け入れてこれを打開しているが、日本は時期を逃したようだ。雇用の硬直性は女性の社会進出を妨げて、不確実な未来は消費心理を萎縮させる悪循環が続いている。アベノミクスと呼ばれる景気浮揚策にも関わらず、数十年間凍結状態の給料袋は若い会社員を相対的な貧困と意欲喪失の沼に追い込んでいる。日本で韓国に追い越されたという悲嘆が沸き起こっている。

    ある人は超高齢社会の入り口に立つ我が国も日本の轍を踏んでいると心配する。幸いにも我が国民は日本に比べて外国人の包容に融通性を発揮して、IMFの経験など乱世をかき分けていけるDNAがある。

    さらに努力しなければならないが、儒城区に居住する6000人余りの外国人が比較的よく融合して意思疎通して暮らしているのを見れば、日本の轍云々は杞憂に過ぎないようだ。

    新型コロナが収まれば、世界各国は経済正常化のために総力を傾けるはずだ。韓国は新型コロナ・パンデミックの渦中にも関わらず、幾つかの産業と文化分野で頭角を現している。日本に向かって「愚か者、問題は経済なんだよ」と厳しい一手を指南する時間が近付いている。

    チョン・ヨンレ大田儒城区長

    2022-02-10 07:05:14 (韓国語)
    http://www.daejonilbo.com/news/newsitem.asp?pk_no=1505795  

    【【衰退国】日本が韓国に負けるしかない理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2022/01/24(月) 04:10:27.78 ID:CAP_USER
    no title

     別名「トンカロン」(分厚いマカロン)と「クロッフル」(クロワッサン生地をワッフルメーカーで焼いたもの)旋風が吹いていたが、今回はガーリックトーストだ。日本国内の韓流ブームによって、韓国風にアレンジされたデザートが人気を集めている。すべて韓国国内で流行したもので、韓国人の手を経て生まれ変わった“K-デザート”だ。

    ◇“甘じょっぱい”トレンドに合わせた韓国風ガーリックトースト、日本のガーリックトーストとは違う

     マカロンにクリームを詰め込んでぼってりとしたマカロン。普通のワッフル生地の代わりにクロワッサン生地をワッフルメーカーで焼いてコシのあるカリッとした食感を生かしたクロッフルは、国内だけでなく日本の若者の視線と好みを虜にするのに十分だった。昨年人気を集め、日本ではトンカロン専門店まで登場した。

     韓国式ガーリックトーストもまた、日本では見慣れないパンだ。もちろん、日本にも日本人が好んで食べるガーリックトーストがある。しかし、韓国式ガーリックトーストは最近の若者に人気の“甘じょっぱい”味ブームにより充実な味だ。ガーリックバターをたっぷり塗ったパンに砂糖や蜂蜜で甘みを加えたクリームチーズがのっていて、見た目も普通のガーリックトーストより食欲を刺激するビジュアルだ。これに甘くてしょっぱい味が中毒性を持っているように食欲をそそる。

     大韓貿易投資振興公社(KOTRA)によると、韓国式ガーリックトーストは日本のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を中心に話題を集めており、最近は日本のテレビでも紹介されたことがきっかけで“ホットな”パンとして大きな注目を集めている。韓国式ガーリックトーストブームによって、現地ではガーリックトーストを製造・販売するパン屋、カフェ、コンビニなどが増えている。日本人はインスタグラムをはじめとしたSNSなどを通してガーリックトーストを購入できるベーカリー情報を検索したり、食品メーカーがホームページに掲載したガーリックトーストレシピを確認している。

     特に、新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の拡散で韓国旅行に行けない代わりに家で韓国式ガーリックトーストを直接作るケースも多くなっている。日本最大の料理レシピサイト「クックパッド」の調査でも、2020年からガーリックトーストが人気検索語に急上昇した。

     韓国式ガーリックトーストは最近のウェルビーイングトレンドとはかけ離れた製品だ。高カロリーなパンであるにもかかわらず人気が高く、さらに韓国式ガーリックトーストには『俺の罪悪パン』という名前もつけられた。これは高カロリーなため、罪悪感を感じるという意味だ。

     これを受けて、日本のパン屋「俺のベーカリー」は昨年5月、『俺の罪悪パン』を限定商品として発売した。パンを購入した瞬間から罪悪感を感じることになるが、このパンは口コミによって大人気になった。オフライン売り場では2週間で1万個を販売し、オンラインサイトでは11分間で1800個が完売した。パンを購入することができなかった消費者の要請が殺到すると、販売を延長したりもした。

    ◇日本は現在、第4次韓流ブーム…“K-デザート”も注目の的

     韓国式デザートへの人気の行列は偶然ではない。現在、日本では第4次韓流ブームと言われるほど韓国に対する関心が高まっている。

     実際に韓国と関連したキーワードは10代と20代の間でホットな流行語に浮上した。昨年、日本のマーケティング企業「AMF」による『2021年の流行語大賞』発表によると、日本の女子高生を対象としたアンケート調査をした結果、2021年の流行語には「韓国」に関するキーワードが上位にランクインした。また、ドラマ『イカゲーム』や『ユニバース(UNIVERSE、グローバルファンダムプラットフォームで、韓国アイドルのライブ映像などを視聴)』のような韓国コンテンツのキーワードをはじめ、『渡韓ごっこ(新型コロナで旅行できない日本人が韓国料理などで韓国に行ったかのような雰囲気を出す遊び)』のような文化現象も流行語に選ばれた。

     業界の関係者は「日本の若者の間では韓国で流行した食べ物を最も早く味わうトレンドが流行している」とし、「ガーリックトーストをはじめ、韓国式ホットドッグ、かき氷、チーズボールのように韓国風にアップグレードされたデザートが依然と注目されている」と話した。

    WOWKorea 2022/01/23 23:39配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/332423/

    【【妄想中】「韓国のガーリックトースト、すごく美味しい」日本でなぜ人気?=韓国報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/12/15(水) 11:04:26.39 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ パク・ミョンシク副局長(陰城在住)
    _______________________________________________________

    日本が韓国に報復的な輸出制裁を敢行してから2年が過ぎた。日本のこのような輸出制裁は当初の憂慮とは異なり、ウリナラ(我が国)立場からすると非常に有難いことになってしまった。これを契機に日本が輸出を禁止した素材をウリナラ企業が全て国産化することに成功して、しかもフッ化水素では日本よりもさらに良い品質である99.999%の純度の開発に成功した。

    日本の良心的な進歩メディアは、自国の韓国に対する輸出制裁について、『自民党のオウンゴール』という結論を下した。一言で韓国を困らせるため始めた経済侵略戦争は、韓国の勝利であっけなく終わった。おかげで大韓民国国民の勢いはさらに高まり、これまで韓国を見下して軽く考えていた日本の極右勢力は、かんしゃく玉を爆発させた。さらに、最近になって韓国が世界の序列でも日本を追い越していて、全ての国々がみな韓国に親指を立てているのだから、日本の自民党としては韓国政府が死ぬほど憎いだろう。

    危機意識を感じた岸田総理が韓国を困らせる方案を模索するため、東奔西走しているという噂まで出回るくらい、その苦しい事情を察することができる。ついに日本の自民党は先日、韓国警察庁長官の独島(トクド)訪問を口実に卑劣な難癖をつけ、第二次の報復的な行動の準備を始めた。実際に日本の自民党は外務省の傘下に『韓国を困らせる担当チーム』を立ち上げ、去る8日の初の会議で「韓国に苦痛を与エラれる制裁方案を検討すべきだ」という意見をまとめた。

    この担当チームを率いている人物は、終始一貫してウリナラの強制徴用賠償判決、日本産水産物の輸出規制、汚染水海洋放流反対などに不満を示す佐藤正久という自民党所属の政治家である。この佐藤正久は去る2011年8月、独島領有権問題で訪韓しようとしてウリナラ政府から入国を拒否されると、すぐさまキム(海苔)の贈答セットだけを購入して帰国した人物でもある。結局、韓国を困らせる担当チームは来夏まで金融、投資、貿易など、広範囲な分野で韓国に苦痛を与エラれる制裁方案を用意するという計画を立てた。

    このような馬鹿げた消息に対してウリナラの国民は、「日本という国だけができる本当に卑猥で幼稚な考えだ」、「狂った国ではないのに、なじぇ他国を苦しめるための部署を作れるのだろうか」、「国が傾けば、ますます国粋的で閉鎖的な道を歩むようになる」と言いながら舌打ちをした。一部の(韓国)国内ネチズンは、「むしろよくやった。嬉しいニュースだ」という反応を見せた。これまでの経験から鑑みた時、日本の報復行動は逆に(日本の)自国民にさらに大きな被害につながったからだ。

    また、ウリたち国民は壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の際に李舜臣(イ・スンシン)将軍が外敵と戦い、世界史的にも空前絶後のぉ23戦23勝(無敗)をおさめた戦力を記憶していて、日本の2次報復行動などは心配なことではない。

    日本政府がウリナラに対して苦痛を与えるということは、結局、韓国と日本との関係は同盟であるというよりも主敵関係のほうが近いことを明白に表している証拠だ。

    米国と中国、ましてや北韓(北朝鮮)まで韓半島(朝鮮半島)の終戦宣言について肯定的な立場を取っているのに、唯一日本だけが終戦宣言に反対しているのも主敵レベルで脈絡は同じである。

    もしかすると日本の韓国を苦しめる計画は、劣等感を免れるための当面の足掻きだけで、韓半島を支配した思い出と、原子爆弾で爆亡した自国を強大国にしてくれた6・25韓国戦争(朝鮮戦争)の郷愁を再び感じたいマジの本音ではないかと思う。

    忠清タイムズ(韓国語)
    http://www.cctimes.kr/news/articleView.html?idxno=684841

    【【韓国】韓国を苦しめる(日本の)専門チーム】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2021/11/05(金) 19:00:41.91 ID:CAP_USER
    kr250
    WTO(世界貿易機構)事務総長選で決戦投票まで進むも敗退した韓国の元通商交渉官(現在は外交部通商大使)が、韓国のCPTPP(環太平洋パートナーシップ協定)加盟を日本は迎えなければならないと述べた。

    ソウル経済新聞は先月、ユ・ミョンフィ韓国通商大使のインタビュー記事を掲載した。

    同紙は、韓国政府がCPTPP加盟について迷っていたが、中国と台湾の加盟申請によって「足取りが早くなった」としつつ、「CPTPPを導いてきた日本が韓国の加盟を気に入らず、加盟が容易ではないだろうという懸念が大きい」と指摘した。

    それに対してユ大使は、同紙に対し「協定加盟にあまり拘る必要はない」とし、「私たちの戦略的価値を前進させ、堂々と交渉に取り組むべきだ。日本もCPTPPをより活気に満ちた協定にしたいならば、私たちを迎えなければならない」と言明した。

    韓国の戦略的価値を問う同紙の質問には、「韓国はアジア太平洋地域内の貿易強国であり、半導体のような核心品目の製造技術と設備を同時に持つ国家」であるとし、「グローバルサプライチェーンが分裂するなか、安定的な供給基地を近く置きたい加盟国の需要が大きくなっているだけに、これをテコにしなければならない」と強調している。

    ユ大使は続けて、CPTPPは防疫開放水準が高いことから、「CPTPP加盟のために韓国は日本産製品に対する一部関税を下げなければならない」とし、「韓国は過去10年間、日本との貿易で毎年200億ドル前後の貿易赤字を出してきたが、自動車などに賦課する商品関税率がさらに低くなると貿易赤字規模はさらに高まる」との予想を示した。

    続けて、ユ大使は「CPTPPに加盟すれば韓国としては素材・部品・装備部門や農産物市場の開放圧力が大きくなるだろう」としつつ、「交渉過程で私たちの価値を前面に出せば、開放圧力を調節できる」と説明した。
    ソウル経済新聞は、「ユ大使は日本を除く他の加盟国が《諸手を挙げて韓国の加盟を望む状況》であり、これを日本が引き続き無視することは容易ではないと見通した」と伝えている。

    同紙は、ユ大使がRCEPの会場で世耕経産大臣(当時)に対し、日本の輸出規制を批判し「両国間の信頼が一度崩れれば、その物品を(金額的に)上回っても第三国から持って来る」とし「相互にマイナスになることを止め、政治論理から抜け出して未来志向的な貿易関係を作らなければならない」と述べたことを伝えている。


    この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

    「通商は単純に貿易だけでなく安保と密接に関わるので、現実を直視することは大事…」

    「韓国は貿易で食べる国なのでCPTPP加盟は当然大事」

    「2019年の日本の輸出規制が韓国に対する感情による貿易制裁だと考えるのは純粋で正直者すぎる…日米韓の半導体三角構造から韓国が抜けて台湾が入ろうとしている見ないと…」

    「…韓国にダメージを与えても与えなくても、自国の輸出品業界にむしろダメージを与えたことに日本は学ぶべき」

    などのコメントがネット掲示板に投稿されている。

    コリア・エコノミクス 2021年11月5日
    https://korea-economics.jp/posts/21110505/

    【【韓国通商大使】「日本は韓国のTPP加盟を迎え入れよ」「他国は韓国加盟を諸手を挙げて望む」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/11/05(金) 07:39:42.18 ID:CAP_USER
    ┃国粋主義・極右史観を持った自由民主党・・・55年間の長期政権で右翼勢力を育成
    ┃戦犯国の反省なく、再び軍隊創設の軍火、北東アジア情勢の脅威・・・機敏な対処が必要

    no title

    ▲ キム・ヂェヒョン(軍浦高等学校)
    _______________________________________________________

    日本と韓国は過去5千年(半万年)の歴史の中で時には敵に、時には友軍として互いに様々な影響をやりとりしながら過ごしてきた。最近では民主主義と資本主義という同じ価値を共有する同盟国として、今後も北東アジアと世界の未来を共に作って行くべき重要なパートナーだ。だがしかし最近の日本の歩みを見れば、前述した日本の重要性にもウリたちは日本を警戒すべき必要がある。

    時に西暦1955年、日本自由党と民主党の合同によって結成された日本自由民主党は去る55年間、日本の政権与党だった。自由民主党は国粋主義と極右史観を持った政党で、第二次世界大戦以降、現在の日本の姿を描き出した張本人とも言える。このような右翼志向の政権与党の影響なのか、日本の国家的情緒と対戦略はますます右傾化していて、最近では憲法改正まで試みて自衛隊を正式軍に昇格させようとしている。台頭する中国を牽制するため、米国もこれを不快に思っていない様子だ。ウリナラ(我が国)の立場としては、たとえ今は同盟国であっても第二次世界大戦の戦犯国であり、過去に韓国を蹂躙した日本が再び軍隊を創設するという消息は不快にならざるを得ない。

    仮に日本が軍隊を創設したらどうなるにか? まず、自衛隊では今まで持てなかった武器、弾道ミサイルや巡航ミサイルを保有できるようになる。また、海兵隊を公式的に保有できるようになり、兵器輸出禁止の原則が廃止され、新たな兵器の開発に膨大な弾みがつくものと見られる。最後に最も脅威的な点は、GDPで国防費として使用できる予算の割合が増加するということだ。

    日本は世界3位の経済大国で、莫大な予算を基にした巨大規模の軍隊を育成できる能力を持っている。 このような日本の動きを十分に統制することができなかった場合、遠からず韓国は世界の原子炉である東北アジアで声一つ十分に出すことができず、過去の朝鮮のように強大国に振り回される危険がある。日本が軍隊を創設するとしても、これは韓国ではなく中国を狙った軍隊の創設と言う人もいるが、かといって黙って見守るのは韓国ができる正しい対処ではない。東北アジアで韓国は日本の強大になった軍事力によって見えない圧力を受けるようになり、さらには世界で韓国の影響力が減る危険が存在する。このような理由でウリたちは日本の軍隊創設を積極的に阻止し、常に注意深く警戒しなければならない。

    日本を注意すべき点は、自衛隊の国防軍転換だけではない。最近の日本国内でハゲしくなっている嫌韓感情も、日本国内で警戒すべき現象の一つにだ。バブル経済以降、転落する日本の経済成長率や福島の原子力発電所事故など、相次ぐ政策の失敗で国民支持率の下落を懸念した自民党は、全ての内部の不満を払拭できる一種の政治的チート技として外部の敵を作った。これまではその対象が北韓(北朝鮮)だったのだが、強制徴用判決問題以降は大韓民国になった。これは想像よりもさらに深刻な問題だが、一例として現在の日本極右の思想的基盤となっている本、『嫌韓流』という日本で合計100万部という莫大な数が販売されて人々の間に広がり、大韓民国の代表的な反民族有識者であるイ・ナギョンとイ・ヨンフンが書いた『反日種族主義』は日本でも問題になり、インターネット書店の販売図書1位を占めて大きな反響を受けた。

    いまだにウリナラと日本は民主主義と資本主義という同じ価値を共有していて、米国という超大国の最も重要な同盟国という共通点がある。だがしかし、このような雰囲気がいつまでも続くかは誰も分からない。今の現実に安住して日本が何をしても黙って見ているだけなら、このような現象が最終的には国家に巨大な脅威と近付くことになる。このためにウリたちは日本という国家の過去の軍国主義時代への復活への試みを常に警戒し、機敏に対応しなければならないと思う。

    キム・ヂェヒョン(軍浦高等学校)

    京畿日報(韓国語)
    http://www.kyeonggi.com/news/articleView.html?idxno=2387663

    【【バ韓国】『軍国主義復活』の日本】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2021/11/04(木) 12:34:36.63 ID:CAP_USER
    kr250
    韓国紙が、欧米において日本の評価が下がり、韓国がその地位を代替しようとしていると主張する記事を掲載した。

    統一経済ニュースは3日、コラムニストであるマ・ソンギ氏の記事『日本を圧倒する韓国の位相、G20首脳会談で再確認』を掲載した。マ氏は「最近、世界で日本が無視されていることが続いている。特に、米国で日本に対する失望があちこちで見られるようだ」とし、「北東アジア安保の軸を韓国に移さなければならないという声がすでに聞こえ始めた」と伝えた。

    マ氏は、米国が韓国へのミサイル制限を解放したことが「日本には非常に不快」であるとし、韓国のSLBM発射成功には「日本はカッとなった」が、「米国は日本の雰囲気は無視したまま韓国の軍事大国化を支持して祝う姿を見せた」とし、「むしろ日本軍を信じることができないと日本自衛隊の評価を切り下げ、日本の防衛産業の落後性とシステム的問題点を指摘した」と伝えている。

    マ氏は、去るG7会談で文在寅大統領が菅元首相よりも脚光を浴びたことや、G20でも文在寅大統領がローマ法王と会談し「活発な外交力を見せている」と主張した。

    マ氏は日本の韓国に対する輸出規制(輸出管理強化)が「事実上失敗したことが明らかになっている」とし、米国や西側諸国もそのことを認識し日本への評価を下げていることや、米国も対中国牽制において日韓の協力が必須であるにも関わらず、そうならない事に不満を感じていると指摘した。

    日本の輸出規制に踏み切ったのは、当時のトランプ大統領の態度が曖昧だったことから、「日本は韓国を十分に制圧できると見たから」であるとし、「日本はいつも韓国を一つ下に見て、自分たちが勝手にできる国だと思っていた」と指摘した。しかし「結果は見事に日本が逆襲された形になった」とし、「米国が再び韓国に傾倒している」と述べた。理由として「このまま放置すれば韓国が自分たちから遠ざかるという緊急の見方」が浮上していることを挙げた。米国は一方で、「日本の無気力と無戦略、盲目的韓国攻撃などの低劣さは同盟国としての資格に疑いを呼び起こすのに十分だった」と分析した。
    また、「莫大な海外資産と円という基軸通貨地位のため日本は絶対滅びない」という意見は「これまでは正しかった」としつつも、やがて「この状況が続くと日本はその位置を失う」「すでに地位を失っているのかもしれない」とマ氏は主張した。

    かつてアジアで圧倒的だった経済力や軍事力が相対的に低下する日本に代わり、欧米諸国が韓国を「日本に代わる戦略的仲間として見ている」とし、韓国の勢いを評価していることや、「中国に付かれたら困る」という理由でそのような構図を表れていると説明している。

    マ氏はまた、「IMFは韓国のウォンが日本円に代わる新しい基軸通貨の役割を果たすかもしれないという話をしている」と述べた。また、日本の円安はかつてのように輸出増に結び付いていないことや、円安によって日本の資産価値が下落し、「日本人がさらに貧困に落ちる悪循環が続いている」と指摘している。そして「嫌韓をあおって自分たちの政権だけ維持しようとした自民党と極右によって日本の地位がこのように墜落した」と伝えた。

    コリア・エコノミクス 2021年11月4日
    https://korea-economics.jp/posts/21110404/

    【【韓国紙】「欧米は韓国を日本に代わる戦略的仲間と見る」「日本は国力劣化と盲目的嫌韓で資格失う」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2021/11/01(月) 06:35:04.49 ID:CAP_USER9
    ラサール石井
    @lasar141
    テレビも新聞も政府寄りで、投票所は早く閉まる。これではミャンマーか、どこかの独裁国ではないか。
    民主主義が音を立てて崩れていくぞ。

    投票所3分の1 閉鎖時刻繰り上げ
    #Yahooニュース
    lljzeeMB

    news.yahoo.co.jp
    投票所3分の1 閉鎖時刻繰り上げ - Yahoo!ニュース
    午前2:08 · 2021年11月1日·Twitter for iPhone
    https://twitter.com/lasar141/status/1454857699460407297?s=20


    【【アホパヨク】ラサール石井「テレビも新聞も政府寄りで、投票所は早く閉まる。どこかの独裁国ではないか。民主主義が音を立てて崩れていく」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/10/15(金) 11:10:30.68 ID:CAP_USER
    2年ほど前から私は日製(日本製品)を一切購入していない。ほとんどの韓国国民が感じたように、当時起きた日本の輸出規制が不当であると判断したからである。輸出規制の前は日製を頻繁に購入して、愛用していた。ユニクロのパンツやTシャツ、アシックスのシューズを好んで履いていた。時計も数年前に購入したセイコーのダイバーウォッチを着用していて、身に着けているもの全てが日本のブランドだった時もあった。そのような私にとって、『アベ内閣』の輸出規制は『脱日製』の起爆剤になった。
    l_2021101501001759500156171


    ▲ キム・ヂュン経済エディター

    日本が問題視したフッ化水素、フォトレジスト、フッ化ポリイミドの3品は、サムスンやSK、LGが半導体やディスプレイパネルを作成するのに必要な素材である。日本が韓国経済を支えている主要企業の息の根を断つと意図した状況で、日製の購入は馬鹿げた行動だと思った。

    振り返ってみると、ウリたちはイルヂェ(日帝=帝国主義)強占期を脱した後も、また違ったイルヂェ(日製=日本製品)強占期』に封じ込まれていた。1970~1990年代の日本の産業技術力は不気味なほどに強かった。幼い頃、ウリたちの家や友だちの家には象の炊飯器、ナショナルのヘアドライヤー、ソニーのウォークマン、キヤノンのカメラのような日製の工業製品が一つや二つは必ずあった。当時、アイワというブランドの大型カセットレコーダーが我が家にやってきたが、音質はそれほど良くはなかった。ビートルズ3rdアルバムの4番目収録曲を探し、頭出しをする『オートミュージックサーチ』という機能もあった。「どうすれば人間がこのようなモノを作れるにか」という感嘆詞が自然に出るくらいだった。

    大人たちが口にする『日製は糞も良い』という言葉に自尊心が傷ついたが、韓国産を使いたくても相当する代替品がなかった。製造業だけではない。当時の日本はアジア最強の『ソフトパワー』保有国だった。『コイビトヨ(恋人よ)』を歌ったイッスワ・マユミ(五輪真弓)、『トンボ(とんぼ)』のナカブチ・スッヨシ(長渕剛)に代表される日本の歌謡は韓国でも大きなファンダム(熱狂的ファン)層を築いていた。村上春樹が書いた『風の歌を聴け』や塩野七生の 『ローマ人の物語』は、必読書のように思われていた。

    私が『日製コンプレックス』から脱した時期は、2010年前後だったと思う。韓国経済が先進国と肩を並べるほどのレベルに成長して、購買力も日本に追い付こうとしていた時期だった。個人的に『ウィッシュリスト』にだけ存在していた『ブランド品』を、少し無理をすれば買えるようになった時期でもある。特に、韓国産のノートパソコンやスマートフォンの性能が日進月歩して、日製は私の関心事から姿を消した。たまたま日製ブランドを購入したとしても、ユニクロのようにチープで適当に使える生活必需品が全てだった。

    厳密に言えば、日製の本質は『チャクトゥン(パチもん)』である。欧州産や米国産のブランドをコピーしたものがほとんどだ。目新しい機能にスペックも最高水準だが、実際に使ってみればその製品の存在理由や本質を逃した『ウッヂャラン・カヂ(肥料を与えすぎた茄子)』のケースが少なくない。オーディオマニアがMark Levinson(マークレビンソン)やSTUDER(スチューダー)、Wilson(ウィルソン)のオーディオなどの西洋ブランドを求める理由だ。ピアノはSTEINWAY(スタインウェイ)やBosendorfer(ベーゼンドルファー)、時計はRolex(ロレックス)やオーデマ・ピゲ(Audemars Piguet)が最高ランクに根付いている。自動車もそうだ。日本車はポルシェやベンツの比ではない。

    京郷新聞(韓国語)
    https://www.khan.co.kr/opinion/column/article/202110150300025

    【【バ韓国】「ウリたちは今、日本と貿易戦争をしている」~私が日本製品を購入しない理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/10/07(木) 12:31:54.24 ID:CAP_USER
    kan
    強制徴用被害者に対し韓国政府が代位弁済するのはどうかとの提案が韓国政界から出た。韓国政府が先に被害者に賠償し、後から日本企業に請求しようという内容だ。

    6日に国会外交統一委員会で行われた在日韓国大使館に対する国政監査で、与党「共に民主党」のイ・サンミン議員は「韓日関係が最悪だが強制徴用と慰安婦賠償判決と関連して韓国がリーダーシップを見せ、日本の賠償責任は認めるものの韓国政府が代位弁済するのはどうか。これを通じて韓国の自尊心も守り韓日間でこじれている問題も解決できる」とした。

    これに対し姜昌一(カン・チャンイル)駐日韓国大使は「良いアイデアだ。韓国政府もそれをひとつの案として真剣に検討しているものと承知している。私も努力するが国会も助けてほしい」と答えた。

    これに先立ち2019年に文喜相(ムン・ヒサン)元韓国国会議長が早稲田大学での講演で強制徴用問題の解決策と関連して基金を作り代位弁済形態で被害者に慰謝料を支給する案を提示していた。第20代国会で発議されたが被害者の反発などにより廃棄された。

    ヤフーニュース(中央日報)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/97094fcce04b421c63f7e2e84aad22267e63e6d2


    【【徴用工訴訟】韓国与党議員「韓国政府が先に被害者に賠償し、後から日本企業に請求」駐日韓国大使「良いアイデア」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル