かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:宇宙ステーション

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 野良ハムスター ★ 2018/04/02(月) 11:29:15.65 ID:CAP_USER
    制御不能になった中国版宇宙ステーションは、どうやら南米のチリ沖かブラジル沖上空を最後に、レーダーから姿を消したようだ。一方で各国の研究機関が現在、大気圏突入ポイントの確認を急いでいるが、そうしたなか、ドイツの宇宙観測レーダーが、高度160キロ付近でとらえた最後の姿を発表した。

    欧州宇宙機関(ESA)など各国の観測チームによると、天宮1号は当初、4月1日に大気圏に再突入すると見込まれていたが、地球上空の大気密度の影響で降下速度が遅くなった。

    米国の人口衛星監視チーム「エアロスペース社(AEROSPACE CORPORATION)」は、天宮1号が大気圏に突入した可能性が高いのは「世界時間2日午前0時16分(日本時間同午前9時16分)」と発表した。

    同社が天宮1号を最後に確認したのは、南米チリ沖とする観測結果を発表したことから、チリ沖の南太平洋上か、ブラジル沖の南大西洋上で大気圏に突入した可能性が高い。現在、イタリアやドイツなど各国の研究機関も確認を急いでいる。

    こうしたなか、ドイツの「フラウンホーファー高周波物理学・レーダー技術研究所(FHR)」の宇宙観測レーダー「TIRA」は、高度161キロ上空を降下中の天宮1号の最後の姿を公表した。

    no title

    no title

    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24273.html

    【【天宮1号】南米沖で大気圏突入した可能性が高い 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: プティフランスパン ★ 2018/04/02(月) 10:23:55.73 ID:CAP_USER9
    中国の宇宙施設、大気圏へ再突入 「大部分」破壊
    no title

    【4月2日 AFP】中国当局は2日、中国初の宇宙実験室「天宮1号(Tiangong-1)」が大気圏へ再突入したと発表した。南太平洋上空で突入し、「大部分」が破壊されたという。

     2011年に打ち上げられた天宮1号は任務を終えた後、制御不能に陥っていた。

    2018年4月2日 10:10 発信地:北京/中国 
    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3169609?cx_part=topstory&cx_position=1 

    【【速報】中国の宇宙施設、大気圏へ再突入 「大部分」破壊 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2018/03/30(金) 16:07:24.64 ID:CAP_USER9
    ◆中国宇宙施設、31日にも大気圏突入 破片落下の可能性

    制御不能とみられる中国の宇宙実験施設「天宮1号」が、早ければ31日にも大気圏に突入する。
    中国当局は、大部分が燃え尽きるものの「残骸や破片が地表に到達する可能性がある」と説明している。
    落下する場合の地点は明らかになっていないが、人にぶつかる恐れは小さいとみられている。

    有人宇宙飛行を担当する中国有人宇宙プロジェクト弁公室は29日、天宮1号は高度約196キロの軌道上にあり、31日から4月2日の間に大気圏に突入しそうだと発表した。
    落下物があっても、ごく一部だとしている。

    欧州宇宙機関(ESA)は、日本国土の大部分を含む北緯43度から南緯43度の間で突入、落下する可能性があるとみている。
    人を直撃する可能性は低いと分析している。
    天宮1号は全長約10メートルで、燃料を含む打ち上げ時の重さは約8.5トン。

    ■写真
    ドイツのレーダーが捉えた天宮1号。
    2枚の写真の掛け合わせ(フラウンホーファー高周波物理・レーダー技術研究所提供)
    no title

    産経フォト 2018.3.29 19:56
    http://www.sankei.com/photo/story/news/180329/sty1803290016-n1.html


    【 中国の「天宮1号」、31日にも大気圏突入…破片落下の可能性】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル