かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:安倍首相

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/17(金) 07:24:00.80 ID:6SCBJOR49
    A2BC1E25-34E7-4ED0-993D-261906458991
     
    https://anonymous-post.mobi/archives/18103
    安倍晋三首相は16日、自民党本部で始まった国会議員や地方議員らを対象にした憲法に関する講座であいさつし、「時代にそぐわない部分は改正を行っていくべきではないか。その最たるものが憲法9条だ」と述べた。

    講座が終わる来年2月には「(国会の議論で)相当の成果が出ていることを期待したい」とも語った。

    首相は「近年の調査でも自衛隊を合憲であると言い切る憲法学者はたったの2割にとどまっている」などと主張。
    「自衛隊員が誇りをもって任務を全うできるよう憲法にしっかりと自衛隊を明記しようではありませんか。憲法論争に終止符を打とうではありませんか」と訴えた。

    https://www.asahi.com/articles/ASN1J6VDTN1JUTFK014.html?iref=comtop_latestnews_05

    (略)

    【【パヨク発狂】安倍首相「憲法9条は時代にそぐわない」 ネット「9条改正に反対している人達を見ればわかるよ、時代にそぐわない人達ばかりだもん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/16(木) 18:18:46.68 ID:hpNked269
    9D2765AF-1685-40DF-9E70-24D26B9FF59B
     
    https://snjpn.net/archives/175753
    小西ひろゆき議員のツイート

    サウジアラビアはイランと対立関係にあり、米国の有志連合の参加国だ。

    そのサウジから対イランを想定した自衛隊派遣の「完全な理解と支持」を得たと誇ることに何の意味があるのだろうか。
    これほど無責任で無能な外交はあり得ない。

    安倍総理が努力すべきはイランと米国・サウジの仲裁外交だ。

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・そんな小西議員は解決案あるんですよね?

    ・相変わらず…言うだけ番長ですね。

    ・どこかの党みたいに、何もしないよりはるかに意味がある。これを無能と思う人達には投票できない。

    ・イランを完全に敵視します!というメッセージにしかとれませんよね

    ・議員として国際的な外交の場も踏んだ事が無い人が多くの外交成果を上げてる総理に対し批判するなど笑われますよ

    ・何にもできないなら野党与党関係なしに本当にお金の無駄じゃないかと思います。

    ・何の努力もしてない人には、言われたくないと思いますよ。

    【【パヨク】安倍総理の中東外交に、小西ひろゆき「これほど無責任で無能な外交はあり得ない」 ネット「何の努力もしてない人には言われたくないと…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/01/14(火) 19:24:05.16 ID:CAP_USER
     tramp
    米国のトランプ大統領は先月21日、日本の安倍首相と75分間の電話会談を行ったが、その際40分以上にわたり北朝鮮問題が話し合われていたことが分かった。

     東京のある有力な外交筋が13日に明らかにしたところによると、トランプ大統領と安倍首相は電話会談の半分以上で北朝鮮問題について話し合った。「クリスマスプレゼント」という言葉で挑発を示唆した北朝鮮に対し、どう対応すべきかトランプ大統領が安倍首相に尋ね、これに安倍首相が答える形で電話会談が行われたという。

     当時、北朝鮮は12月初めの外務省談話を通じ「クリスマスプレゼントが何になるか、それは全面的に米国の決心に懸かっている」と脅迫したため、「北朝鮮はクリスマス挑発に踏み切るのでは」との見方が盛んに語られていた。

     そのためトランプ大統領は、韓中日3カ国首脳会議に出席するため中国に向かう直前の安倍首相に電話をかけ、対北朝鮮戦略をどう進めるかについて助言を求めた。トランプ大統領と文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談は12月7日に30分行われたのが最後だった。

     電話会談で安倍首相は「北朝鮮の挑発を事前に阻止することが重要」とアドバイスしたという。北朝鮮が挑発に踏み切った場合、まず米国と日本が強く連携して対応することを提案した。この考え方に基づき、米日両国は12月24日の韓中日3カ国首脳会議の期間中、北朝鮮が挑発に踏み切った場合に備えるためのシナリオのチェックも行っていたようだ。安倍首相は「北朝鮮が米国にまで到達しない中短距離ミサイル、あるいは核実験で挑発したとしても、米国は強い態度に出てほしい」とトランプ大統領に要請した。

     その際、ホワイトハウスでは「北朝鮮の脅迫的な声明を念頭に、緊密に意思疎通と調整を続けることで一致した」とコメントしていた。安倍首相もトランプ大統領との電話会談後「最近の北朝鮮情勢を分析し、今後の対応策について綿密に調整した」と発言していた。

    米国と日本の両首脳は今年1月までに首脳会談を14回、電話会談は33回行った。トランプ大統領が安倍首相に対北朝鮮政策について助言を求めたのはこれが初めてではない。昨年、文在寅政権が韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の方針を表明し、韓米間で重要な懸案を巡る協議が十分に行われていなかったときも、米国と日本は完全に密着していたとの見方もある。先月、北朝鮮への対応を巡り米日の間で電話会談が行われたという事実については「今の状況を象徴的に示している」との見方が外交関係者の間では支配的だ。

     これに対して韓米関係は米日の密着とは異なり今なおギクシャクしている。韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は米国から帰国した直後の今月10日「トランプ大統領は文大統領に対し、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の誕生日を祝うメッセージを送ってほしいと言っていた」と述べ、仲裁者としての役割を誇らしげに語っていたが、直後に北朝鮮の金桂冠(キム・ゲグァン)外務省顧問が談話で「米国大統領からの親書として直接受け取った」と明らかにしたため、韓国政府はメンツをつぶされた。外交関係者の間では「親書がやりとりされた事実も知らないほど、韓米間の意思疎通には問題があるのではないか」との指摘が相次いだ。

     文大統領が新年の辞を通じて表明した南北協力構想についても、米国務省はつい先日「全ての国連加盟国は安保理による制裁決議を実行しなければならない」とコメントし、遠回しに反対の考えを示した。

     ホルムズ海峡への派兵については韓国外交部(省に相当)の康京和(カン・ギョンファ)長官が今月9日「米国の立場とわが国の立場が常に一致するとは限らないと考える」と国会で証言した。これについて元韓国政府高官は「韓米関係が良好なら、両国の外交当局がこのように意見の食い違いを外に伝えることなどないはずだ」と指摘した。

    東京=李河遠(イ・ハウォン)特派員

    朝鮮日報  2020/01/14 10:24

    【【北朝鮮問題】トランプ大統領先月21日、安倍首相と40分間電話会談、北核問題の解決策を尋ねる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2020/01/13(月) 06:53:33.38 ID:9O7d26OX9
    8E3DEECF-4D40-4017-B491-8E36DE8CB778

    自衛隊派遣「完全支持」 サウジ皇太子、安倍首相に表明―中東安定へ連携
    2020年01月13日06時47分

     【ウラー(サウジアラビア)時事】安倍晋三首相は12日夜(日本時間13日未明)、サウジアラビア北西部ウラーでムハンマド皇太子と会談した。首相は中東地域で日本関係船舶の安全を確保するため海上自衛隊を派遣することを説明し、理解と協力を要請。皇太子は「日本の取り組みを完全に支持する」と表明し、両国が中東の安定や航行の安全に関して連携して当たる方針で一致した。

     会談は通訳のみを交えたものを含め、約1時間にわたった。皇太子は高齢のサルマン国王に代わり国政を取り仕切っている。

     軍事行動の応酬にまで拡大した米国とイランの対立を踏まえ、首相は「イランを含む中東での軍事衝突は地域のみならず世界の平和と安定に大きな影響を及ぼす」と指摘。「事態のさらなるエスカレーションは何としても避ける必要がある。日本は引き続き緊張緩和、情勢の安定化に向け最大限の外交努力を粘り強く行う」と伝えた。

     これに対し、皇太子は「首相の見方に完全に同意する。当事国間の対話が必要不可欠で、サウジもさらに取り組みを強める」と応じた。両氏は「中東の安定と緊張緩和に向けて関係国が力を結集すべきだ」との認識でも一致した。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011300137&g=pol 
    【【中東訪問】サウジ皇太子、日本の自衛隊中東派遣に「完全支持」安倍首相と会談】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/12(日) 21:27:33.51 ID:7S9Xq8Hu9
     5B782713-1974-40B5-93B4-08A7904A78EC
    https://snjpn.net/archives/175225
    原口一博さんのツイート

    政府専用機。

    これから中東へと飛ぶのだろう。

    国民の生活は疲弊し不安が増している。

    「首相が外遊する度に膨大な公費が使われ、信じられないほどの額の対外援助が約束されてくる。」という事態は、改めるべきだ。

    旅程の無事を祈りつつもそう思う。

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・玉木代表のおかげで、ほんの少しだけ印象が改善してきた国民民主党の足を引っ張りまくってますよ。

    ・野党議員への歳費に税金が使われているのが弄っきますよ。議員ではなく市民活動家としてやって下さいよ。税金の無駄です。

    ・本当にずーっと思っています。税金が勿体ない。行かずとも済みそうな。そして、原口先生の情報発信はすごく有難いです。

    ・民主党政権下でも 海外へのバラマキしてましたよね?

    ・あんたは少しは国民の為に働け!

    ・元々予定されていたものですが、こういう情勢だからこそ余計に行く価値があるのに税金の無駄使いだから止めろと来た。野党に外交など絶対任せられない好例ですな。

    ・その言葉、沖縄県知事へ言って下さい。

    【【パヨク】原口一博「首相が外遊する度に膨大な公費が使われ…」 ネット「あなた方への報酬の方がよっぽど無駄」「その言葉、沖縄県知事へ言って】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/01/10(金) 14:58:37.96 ID:hB6aNPOR9
    no title
     
    中東地域の緊張が高まる中、安倍総理大臣は、今週末からサウジアラビアなど中東3か国を予定どおり訪問する意向で、地域の緊張緩和と情勢の安定化に向けて、関係国の首脳らに対し、イランとの対話を促すことにしています。

    イランによるアメリカ軍へのミサイル攻撃などで緊張が高まる中、安倍総理大臣は、イラン政府が日本側に対し「事態をエスカレートさせるつもりはない」と伝えてきたのに加え、アメリカのトランプ大統領も事態悪化は避けたいという姿勢を明確にしたことなどを踏まえ、今週末から中東3か国を予定どおり訪問する意向です。

    今回の中東訪問はアメリカとイランの双方が攻撃を行った直後のタイミングとなり、安倍総理大臣としては地域の緊張緩和と情勢の安定化に向けた外交努力の重要性を訴える意義は大きいとして、関係国の首脳らに対し、イランとの対話を促すことにしています。

    ただ中東情勢をめぐって、政府関係者が「イランの司令官殺害前に戻ったに過ぎない」と述べるなど、日本政府はアメリカとイランの関係に根本的な変化はなく、予断は許さないとみています。

    このため河野防衛大臣が9日、イランのハタミ国防軍需相と電話で会談したほか、茂木外務大臣も来週、アメリカでポンペイオ国務長官と会談し、今後の対応を協議する意向を示すなど、日本政府は、引き続きアメリカとイラン双方に対し、自制を働きかけていく方針です。

    ■トヨタ自動車 豊田社長 「日本がリーダーシップを」

    アメリカとイランの緊張が続いていることについて、トヨタ自動車の豊田章男社長は千葉市で記者団に対し「平成の30年は自然災害が多かったが、大きな戦争のない30年だったと思う。この令和の時代も戦争のない時を過ごせるよう、日本には、そのためのリーダーシップを世界の中で発揮してほしい」と述べ、緊張緩和に向けて日本政府が果たす役割に期待を示しました。

    2020年1月10日 11時33分
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200110/k10012240711000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002


    【【安倍首相】中東訪問へ イランとの対話促す トヨタ社長「日本がリーダーシップを」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/08(水) 21:13:08.53 ID:IXLp74im9
     C61F4038-8812-48AC-80EA-2C5A5C227663
    https://anonymous-post.mobi/archives/17621


    #イラン の #米軍基地 への弾頭ミサイル発射を受けても、今週土曜日からの #自衛隊 の #中東派遣 について #菅義偉 #官房長官 「変更なし」ならば #安倍首相 は先陣切って中東歴訪すればいい。首相歴訪は中止しながら、何故、自衛官だけ、緊張が高まる中東地域に行かせるのか https://t.co/2d9sG1yzbG

    — 望月衣塑子 (@ISOKO_MOCHIZUKI) January 8, 2020

    ※『ホムルズ望月』の由来
     ↓
    東京新聞・望月衣塑子「ホムルズ海峡付近でのタンカー襲撃についてお聞きします」『ホルムズ海峡』を『ホムルズ海峡』と発言し、菅長官苦笑い~ネットの反応「ホムルズ海峡のほうが言いづらいだろww」

    (略)

    【【パヨク】東京新聞・ホムルズ望月衣塑子「安倍首相が先陣切って中東へ行け!」 ネット「東京新聞は社長が新聞配達してるのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 1号 ★ 2020/01/02(木) 10:45:02.85 ID:o05HvWeu9
     no title
    ・2019年12月27日午前0時22分頃、NHKが「北朝鮮がミサイル発射」の速報を出したものの、およそ20分後にこれが誤報だったことを謝罪した騒動が話題になっている中、いつもは私邸に帰っている安倍総理が、なぜかその夜に公邸で寝泊まりしていたことが判明した。

    ・以前にも、安倍総理が、北朝鮮がミサイルを発射する前夜に限って、公邸で寝泊まりしていることが話題になっていた中で、ネット上では様々な”内情”を疑う声が多く上がっている。



    ↓12月26日・27日の首相動静。普段は必ず私邸に帰る安倍総理が、この夜はなぜか公邸で寝泊まり。

    首相動静(12月26日)
    午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
    午前11時、私邸発。
    午前11時17分、皇居着。帰国の記帳。同26分、皇居発。
    ~省略~
    午後5時56分から同6時29分まで、山口那津男公明党代表。同37分、官邸発。同38分、公邸着。警察庁の栗生俊一長官、松本光弘次長、北村博文交通局長、大石吉彦警備局長、警視庁の三浦正充警視総監、斉藤実副総監と会食。同8時25分、全員出た。
    午後8時32分から同34分まで、杉田和博官房副長官。
    午後10時30分現在、公邸。来客なし。
    【時事通信 2019.12.26.】

    首相動静(12月27日)
    午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
    午前8時42分、公邸発。同43分、官邸着。
    午前8時53分から同59分まで、国家安全保障会議の9大臣会合。
    ~省略~
    午後8時2分、東京・虎ノ門のホテル「アンダーズ東京」着。同ホテル内のレストラン「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」で橋下徹元大阪市長、日本維新の会代表の松井一郎大阪市長と会食。菅義偉官房長官同席。
    午後10時28分、同ホテル発。
    午後10時48分、東京・富ケ谷の私邸着。
    午後11時20分現在、私邸。来客なし。
    【時事通信 2019.12.27.】


    やはり「北はミサイル発射を直前でやめた」!?NHKが大誤報をした夜、安倍総理が公邸で”待機”していたことが明らかに!

    私たちも、27日に発生したNHKさんの「ミサイル大誤報」について強い疑いを持ってたけど、ますます怪しい部分が浮かび上がってきたわ。
    「首相公邸に夜な夜な幽霊が出る」との噂を信じて、普段は頑なに公邸に泊まるのを嫌がっている安倍総理だけど、いつも、北朝鮮からミサイルが発射される前夜だけは、大嫌いな公邸で”待機”して、迅速さと万全対応を国民に向けてアピールするのがお馴染みのパターンになっているものね。

    ああ。NHK側は「訓練中に誤った操作で発信してしまった」みたいな趣旨の説明をしているけど、こんな真夜中に”訓練”をしているというのも、ちょっと不自然な話だし、何よりも、ミサイル発射の直前に限って、大嫌いな公邸で”待機”をしてきた安倍総理が、この夜に限ってその公邸で寝泊まりをしている。
    これらの情報を総合すると、「北朝鮮は確かに、NHKが誤報した内容でミサイルを発射する予定だったものの、直前で何らかの理由で中止になった」と考えるのが自然なのではないだろうか?

    そして、安倍総理も北からミサイルが飛んでくるものとばかりに”万全な体制”で公邸で待機して、発射後には、意気揚々とその対応をアピールしつつ勇ましいコメントを用意していたものの、これらの計算が「土壇場の中止」で全て狂ってしまったってことなんじゃないかしら?

    北が発射を直前で中止した理由は分からないけど、ここ最近は、安倍総理の思いのままに「ミサイルが発射しづらい状況」になってきたということなのかな?

    安倍政権による中国とのカジノ利権に、米国グローバル層の”ご主人様”が激怒している様子の中、安倍総理の権力が急速に削がれてきているってことなのかしらね。
    NHKが、誤報に関わったとされる人たちを懲戒処分にすることを発表したけど、色々な部分であまりにも不可解でおかしな点が多い一件なのは確かなんじゃないかしら。

    詳しい真相は闇の中だけど、安倍総理自身が、自らの不祥事や不正問題の追及から免れるために、北のミサイルのお陰で相当に救われてきたのは確かだし、安倍総理自身は、(せっかく大嫌いな公邸に泊まったのに)こういうことになって、かなり”ガックリ”来るような事態だったのではないかな?

    (略)

    2019年12月30日
    https://yuruneto.com/abe-koutei/

    【【怪しい】NHK「北朝鮮ミサイル誤報」の夜、何故かその夜に限って安倍総理 が公邸で”待機”していたことが判明!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 豆次郎 ★ 2019/12/31(火) 15:41:05.59 ID:CAP_USER
     F51894ED-C18C-4DFE-B32A-6601F2E26AE2
    中央日報日本語版12/31(火) 14:42配信
    「福島をいじめるのもいいかげんにしてほしい」--。

    今月24日、中国四川省成都で開かれた韓日首脳会談で、安倍晋三首相が文在寅(ムン・ジェイン)大統領に話した言葉だという。31日、読売新聞が報じた内容だ。

    1年3カ月ぶりに会った文大統領に安倍首相が直撃弾を飛ばしたのだ。安倍首相は韓国が東京電力福島第1原電の汚染水処理問題を国際社会で繰り返して問題視していることに言及しながら、このように話したという。

    実際、韓日首脳会談直後、岡田直樹・官房副長官は記者会見で「福島原発の処理水に関して、今まで国際社会に情報提供をしてきており、その方針は今後も変わらない」という安倍首相の発言を紹介した。あわせて「韓国側に対応を自制するよう要請した」と明らかにした。

    読売新聞は「従来の日韓関係は、懸案が生じるたびに日本側が譲歩してきた。しかし、今回は日本政府内に『これ以上、韓国の「甘え」を許容できない』との意見がかつてなく強い」と伝えた。そして、その陣論の先頭に安倍首相が立っているということだ。

    安倍首相は首脳会談で、強制徴用賠償問題に関しても日本政府の方針を明確に伝えた。読売新聞によると、安倍首相は「根本の問題が解決しない限り、日韓関係はこのままだ」と話したと伝えた。安倍首相が「元徴用工問題は一ミリも譲歩しない」と周囲に話してきた言葉そのままだ。

    同紙は「安倍政権の間は、韓国に対して安易に妥協しない姿勢が続くだろう」と展望した。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000030-cnippou-kr

    【【日韓】韓国・文大統領に直撃弾飛ばした安倍首相「福島をいじめるのもいいかげんにしてほしい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ろこもこ ★ 2019/12/31(火) 09:08:12.14 ID:CAP_USER
    75732079-29FB-4E23-B0A3-90A7FA5D35BB

    安倍晋三首相が、今年11月に日本で出版された後、人気裏に販売中の李栄薫(イ・ヨンフン)元ソウル大学教授の本『反日種族主義』に対して言及した。

    最近発売された日本の保守指向の月刊誌『Hanada』2月号のインタビューでだ。

    「『反日種族主義』という本が日本と韓国で話題になっているが、総理はお読みになりましたか」という質問に、安倍首相は「日本でもベストセラーになったことは知っている。ここまで申し上げたい」と言って笑った。「読んだ」というニュアンスを強く含む回答だった。

    インタビューは24日韓日首脳会談が開かれる前に行われた。

    安倍首相は徴用問題に対して「国境を接している隣国同士は多くの課題を抱えていて、ときには対立することもある」とし「そのような状況に終止符を打って正常化させるために条約を交わす」と話した。

    安倍首相は続いて「そのような新しいスタートを切るとき、両国が交わした条約を守らないなら、すべての基本が崩れてしまう」とし、1965年請求権協定の遵守を再度韓国政府に求めた。

    安倍首相は「条約を遵守することが国際法の常識であり、国際的な通念」とも話した。2015年韓日政府の慰安婦合意については「当時の朴槿恵(パク・クネ)政権と合意したのではなく、日本と韓国、国と国との間の約束」としながら「政権が変わったからといって約束を紙くずにすることは決して受け入れられない」とした。

    また「現在、韓国に対する日本国内の世論が冷ややかなのは、これまで多くの日本人が『韓国と良好な関係を築きたい』と望みながらさまざまな行動をしてきたにもかかわらず、(韓国側の行動のために)『これは何だ』という気持ちになったからだと考える」とも話した。

    それとあわせて、徴用問題などにおける対処に関連して「私は『どのようにすれば未来の日韓関係がうまくいくか』ということを基本として考えている」とし「安倍政権が根本的な原則を譲歩することはありえない」と話した。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000002-cnippou-kr  

    【【韓国】『反日種族主義』読んだかどうかの質問に…安倍氏、少し笑った後に「ノーコメント」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/12/29(日) 11:47:23.96 ID:CAP_USER
    |日本政府のデータを提示・・・文大統領、反論せず


    no title

    ▲ 福島第1原子力発電所の敷地内にある、汚染水が入った水槽。
    ____________________________________________________________

    日本の安倍晋三首相が去る24日に中国の成都(ちぇんどぅ)で行われた韓日首脳会談で文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、「福島第1原子力発電所から排出されている水に含まれる放射性物質の量は、韓国の原発の100分1以下だ」と話したと、産経新聞が29日報道した。

    安倍政権に近い産経新聞は韓日外交の消息筋を引用してこのように伝え、福島第1原発の事故後に韓国が福島県の水産物をはじめ、日本産食品の輸入を禁止したことを念頭に置き、科学的な議論を行う意思を表明した形であると説明した。文大統領はこれに反論しなかったと付け加えた。

    2011年に爆発事故が発生して廃炉が進められているの福島第1原発には、原子炉の建物の中に流入する地下水を減らすために設置した『サブドレーン(建物周辺の井戸)』から地下水を汲み上げて浄化した後、基準値を下回ることを確認して海洋に排出している。日本政府の小委員会の資料などによれば、2016年のサブドレーンから放射性物質であるトリチウム(三重水素)の排出量は年間約1,300億ベクレル(bq)で、韓国の月城(ウォルソン)原発が同年に液体で放出したトリチウムは約17兆ベクレルで、約130倍だったと伝えた。産経新聞によれば、安倍首相の首脳会談での言及はこのようなデータを念頭に置いていると伝えた。

    東日本大震災当時、民主党政権で環境大臣と原子力発電所事故を担当した細野豪志元大臣も、去る2日に毎日新聞への寄稿を通じて同じ主張をしている。しかし、正常な原発から出る汚染水と放射性物質の漏出事故を起こした福島第1原発の汚染水は、全く同じではないと懸念する環境団体もある。

    安倍首相は福島第1原発周辺の海域などと関連して、「放射性物質の濃度は上昇しておらず、世界保健機構(WHO)の飲料水指針の範囲内にある」という国際原子力機関(IAEA)の評価を説明して、「科学的に冷静な議論が行われなければならない」と明らかにした。これを根拠に今年バーレーン、コンゴ民主共和国、ブルネイなどが日本産食品に対する規制を撤廃、緩和したことも説明したと産経新聞は伝えた。

    一方で韓日首脳会談後の青瓦台(大統領府)の関係者によれば、文大統領は「原発汚染水の重大性について日本との情報共有や透明な処理などが不足していると感じる」という懸念を伝えたた。 日本の岡田直樹官房部副長官の説明によれば、安倍首相はこれについて「これまでも韓国を含む国際社会に透明な情報を提供しており、今後もこのような方針は変わらない」と明らかにしたと紹介した。岡田副長官はこれについて、「国際社会に対する対応を含み、韓国側に抑制的な対応を要請した」と説明している。

    韓国日報(韓国語)
    https://www.hankookilbo.com/News/Read/201912291072799575

    【【韓国日報】安倍、韓日首脳会談で「福島の放射性物質は韓国の100分の1レベル」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ホムンクルス◆p6L6fkSrzrGe 19/12/28(土)19:15:49 ID:NqQ
     F51894ED-C18C-4DFE-B32A-6601F2E26AE2
    安倍晋三首相が24日に中国・成都で韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した際、「福島第1原発から排出されている水に含まれる放射性物質の量は韓国の原発の排水の100分の1以下だ」と指摘していたことが28日、分かった。東京電力福島第1原発事故後、韓国が福島県の水産物をはじめとする日本産食品の輸入を禁止していることを念頭に、科学的な議論を行うよう求めた形だ。文氏は反論しなかったという。日韓外交筋が明らかにした。

     福島第1原発では現在、原子炉建屋に流れ込む地下水を減らすために設置したサブドレン(建屋近くの井戸)から地下水をくみ上げ、浄化後、基準値を下回ることを確認して海洋に排出している。

    (略)

    産経新聞 12月28日
    https://special.sankei.com/a/politics/article/20191228/0001.html

    【【韓国悲報】安倍首相、文大統領に福島の放射性物質は韓国の「100分の1以下」輸入規制念頭にクギ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/12/26(木) 10:19:31.67 ID:CAP_USER
    (動画=YouTube)
    https://youtu.be/oT-OBFaarKg


    ____________________________________________________________

    日本の無礼に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が驚きました。

    15か月ぶりに実現した24日の韓日首脳会談の途中、ある日本政府の関係者が文在寅大統領の言葉を遮り、「記者たちはもう退出して」と叫んだからです。

    取材途中に追い出される形になった記者の不満の声。そしてカメラなどを片付ける慌ただしい雰囲気がしばらく続きました。その混乱に埋もれて、文大統領の公式な冒頭発言の終わり部分はほとんど聞こえませんでした。

    会談のテーブルに同席しない政府関係者が、相手国の首脳の言葉を遮るとは・・・。

    我が政府の関係者は、荒唐無稽極まりない(デタラメにも程がある)と後で打ち明けました。大統領の間近に座っていた康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は、数えきれないほど多くの外交の現場に出ていますが、このようなケースは初めてだと言わんばかりに、大統領の言葉を遮った日本政府の関係者を軽く睨みつけました。

    KBS(韓国語)
    http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4350161

    【【無礼な韓国がいうか】無礼な日本、サミットで文在寅大統領の言葉を遮る(動画)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2019/12/25(水) 20:22:46.49 ID:CAP_USER
    12/25(水) 18:14配信
    毎日新聞

     安倍晋三首相は25日、習近平国家主席との会談など3日間の中国訪問日程を終えて帰国した。中国側は来春の習氏の国賓訪日をにらみ、習氏主催の夕食会や、李克強首相が同行する地方視察などで安倍首相を厚遇した。

     安倍首相と李氏は25日、四川省での会談と昼食会の合間に、付近の世界文化遺産の水利施設「都江堰(とこうえん)」を視察。李氏は会談で「視察は私としてのおもてなしだ」と述べ、安倍首相も「視察の同行、昼食会への招待など温かく行き届いたおもてなしに心から感謝する」と応じた。

     安倍首相は昨年5月の日本での日中韓首脳会談の際に、李氏の北海道視察に付き添っており、「中国側から『返礼としてぜひ安倍首相を案内したい』との申し出があった」(外務省関係者)という。

     中国共産党ナンバー2の李氏が外国首脳の地方視察に同行することは珍しく、昨年の返礼としても別格扱いだ。背景には、尖閣諸島問題や相次ぐ邦人拘束などで日本国内の対中世論に改善の兆しがみられないことがある。

     習氏訪日を巡っては、自民党内から国賓扱いに異論が出ている。中国側としては、江沢民元国家主席、胡錦濤前国家主席はいずれも国賓訪日しており、両氏を超える権威を確立した習氏が国賓以外で日本を訪れることは難しい。このため安倍首相を厚遇して日本に前向きなメッセージを出すことが国益になると判断したとみられる。

     「首相」より格上の「大統領」の韓国の文在寅氏は24日深夜に帰国しており、文氏とのバランスに配慮する必要がなくなったことも安倍首相への別格扱いを可能にしたようだ。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00000057-mai-int

    【【韓国悲報】中国、安倍首相を別格扱い厚遇 習氏主催夕食会や李首相同行の地方視察 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2019/12/25(水) 16:17:35.71 ID:VwDEjly/9

    F51894ED-C18C-4DFE-B32A-6601F2E26AE2

    中国・成都で24日に行われた日韓首脳会談をめぐり韓国メディアが、会談冒頭で韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の発言中に、日本側が記者団の退出を求めたのは「外交非礼との指摘がある」と相次ぎ報道した。

     会談冒頭で両首脳が通訳を交えて発言する場面は、慣例通りに記者団に公開された。安倍晋三首相が先に約1分間発言し、その後に文氏が3分ほど話を続けた。「一時期ぎこちないことがあっても、遠ざかることのできない仲だ」との内容を通訳が伝えた直後、日本側担当者が記者団に「退出をお願いします」と呼びかけた。

     韓国のテレビ局YTNはこの場面を「場内が騒然となったため、文大統領がしばらく動きを止めた」と紹介。「日本側が外交の礼を欠いたとの指摘がある」と報道した。

     保守系の東亜日報も25日付朝刊で「通常は首脳の冒頭発言が終わった後、取材記者を退場させるのが慣例。日本の外交非礼という指摘が出た」と報道した。外務省関係者は「予定された時間に達しており、非礼との指摘は当たらない」と話した。(ソウル=鈴木拓也)


    2019年12月25日11時10分 朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASMDT33J3MDTUHBI00G.html

    【【韓国】文大統領発言中の記者退出要請「外交非礼」 韓国報道 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みなみ ★ 2019/12/24(火) 19:22:36.47 ID:mmHlTVqN9

     安倍晋三首相は24日、訪問先の中国四川省成都で記者会見に臨み、日韓関係の悪化を招いたいわゆる徴用工問題について「(韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対して)韓国側の責任で解決策を示すべきだ。日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけを韓国側から作るよう求めた」と述べた。

     詳細は以下の通り。

     「北朝鮮による度重なる弾道ミサイルの発射が続いています。私たち3カ国はこの状況に強い懸念を有している。本日の日中韓サミットでは、この認識で一致しました。3カ国は米朝プロセスの進展を完全に支持します。プロセスが正念場を迎える中で、さらなる挑発行動は自制すべきである。それが一致したメッセージであります。朝鮮半島の完全な非核化に向けて3カ国が協力し、それぞれができる限りの努力を行っていく、その認識を共有しました」

     「最重要課題である拉致問題については、その早期解決を目指すわが国の立場に中国、韓国から理解をいただきました。拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して国交正常化を目指すとのわが国の方針に変わりはありません。韓国の文在寅大統領とも北朝鮮問題に対する日韓の緊密な連携を確認しました。現在の東アジアを取り巻く厳しい安全保障環境のもとで、日韓の協力は極めて重要です。韓国は重要な隣国であります。しかしながら、国交正常化の基礎となった日韓基本条約、日韓請求権協定が守られなければ、国と国との関係は成立しない、成り立ちません」

    (略)

    2019年12月24日 19時3分 
    ライブドアニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/17574699/  【【首相記者会見詳報】(1)徴用工問題「韓国側の責任で解決策示すべきだ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 1号 ★ 2019/12/24(火) 19:58:30.18 ID:RX1xgFii9
    206D4EAD-1237-42FE-9E2D-6058CF71A34A
     
    安倍総理大臣は訪問先の中国で日本時間の午後3時すぎから韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と会談していて、冒頭、「日韓両国はお互いにとって重要な隣国どうしであり、北朝鮮問題を始めとする安全保障に関わる問題について、日韓、日米韓の連携は極めて重要だ。重要な日韓関係を改善したいと考えており、率直に意見交換したい」と述べました。

    安倍総理大臣と韓国のムン・ジェイン大統領による日韓首脳会談は中国・四川省の成都で開かれた日中韓3か国の首脳会議にあわせて行われ、日本時間の午後3時すぎから始まりました。

    ムン大統領との正式な会談は去年9月以来、およそ1年3か月ぶりとなります。

    会談の冒頭、安倍総理大臣は「日韓両国はお互いにとって重要な隣国どうしであり、北朝鮮問題を始めとする安全保障に関わる問題について、日韓、日米韓の連携は極めて重要だ」と述べました。

    そして、「私としては、重要な日韓関係を改善したいと考えており、きょうは率直に意見交換したい」と述べました。

    会談で安倍総理大臣は日韓関係悪化の原因となった「徴用」をめぐる問題について、日韓請求権協定に基づき解決済みだとして、韓国政府の責任で解決策を示すよう求めるものとみられます。

    一方、北朝鮮情勢をめぐっては北朝鮮がアメリカとの非核化交渉の期限とする年末を前に挑発的な姿勢を強めていることを踏まえて、意見を交わす考えで、拉致も含めた北朝鮮問題の解決に向けて、日韓や日米韓の緊密な連携を呼びかけるものとみられます。

    2019年12月24日 15時21分
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191224/k10012226791000.html

    【【日韓首脳会談】安倍晋三首相 「日韓関係を改善したい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2019/12/24(火) 17:38:54.83 ID:+SnbWZ/R9
    no title

    韓国大統領が輸出規制強化撤回を要求

    【成都共同】韓国の文在寅大統領は24日、安倍晋三首相との会談で、輸出規制強化の撤回を要求し、首相の「格別の関心と決断」を要請した。韓国大統領府が発表した。

    2019/12/24 17:03 12/24 17:33 updated 共同通信
    https://this.kiji.is/582116819321783393  【【返答が記事になってないのでお察し】韓国大統領、輸出規制強化撤回を要求! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/12/23(月) 23:40:26.42 ID:CAP_USER
    FD10058F-F6AB-47E2-A514-26A091D9F54D
     
    【北京=池田慶太、田川理恵】安倍首相は23日、北京で習近平シージンピン中国国家主席と会談し、北朝鮮の完全な非核化に向けて連携していくことで一致した。首相は沖縄県の尖閣諸島周辺海域での中国公船の活動や中国での邦人拘束について懸念を伝え、習氏に対処を求めた。

     両首脳の会談は、今年6月の主要20か国・地域(G20)首脳会議にあわせて大阪市で行われて以来、約半年ぶりで、来年4月に予定される習氏の国賓来日の成功に向け、協力を強化することで一致した。

     両首脳は会談で、北朝鮮に対し、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議の完全な履行を求めることを確認した。習氏は今後の制裁緩和を求めた。北朝鮮は米国との非核化交渉の期限とする年末を前に挑発行為を続けており、首相は習氏に対し、米朝協議の進展に向けた支援を求めたとみられる。首相は、北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向けた協力も改めて要請した。

     沖縄県の尖閣諸島周辺海域で中国公船による活動が活発化していることについては、首相は習氏に自粛を強く求めた。両首脳は自衛隊と中国軍の偶発的な衝突を回避する「海空連絡メカニズム」などを通じ、海洋安全保障分野の協力を進めることで一致した。首相は中国国内で日本人の拘束が相次いでいることも取り上げ、早期帰国の実現や情報提供など速やかな対応を求めた。

     首相は混乱が続く香港情勢については、「大変憂慮している」との懸念を習氏に伝え、「一国二制度のもと、自由で開かれた香港が繁栄していくことが重要だ」と強調。新疆ウイグル自治区の少数民族問題では、国際社会に対し、「透明性をもった説明」をすることを促した。

     日中関係では、習氏は「私と首相が緊密な意思疎通を保って新しい段階に押し上げ、両国国民にさらに福祉をもたらしていきたい」と指摘。首相は来年4月に予定される習氏の国賓来日について、「極めて重視している。私たちの手で日中関係を次なる高みに引き上げたい」と意欲を示した。

     首相は北京での日程を終えた後、成都へ向かった。24日に中国の李克強リークォーチャン首相、韓国の文在寅ムンジェイン大統領が出席する日中韓首脳会談に臨む。

    讀賣新聞 2019/12/23 22:21 
    【【日中首脳】非核化へ連携一致…安倍首相、尖閣・邦人拘束に懸念示す 香港や新疆ウイグル自治区の問題にも懸念と説明促す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/12/21(土) 22:47:50.73 ID:WpQ/EoX69

    65858B55-87E5-40B6-B1BD-8DEA62CB3414

    自衛隊の中東派遣 イラン大統領が「理解」 27日にも閣議決定へ
    2019年12月21日 6時58分


    中東地域への自衛隊派遣に向けて、政府は、安倍総理大臣が20日、イランのロウハニ大統領との首脳会談で具体的な検討状況を説明し、一定の理解が得られたとして、来週27日にも閣議決定する方向で調整を進めることになりました。

    安倍総理大臣は20日夜、総理大臣官邸でイランのロウハニ大統領と首脳会談を行い、中東地域の緊張緩和に向けて粘り強く外交努力を続けるとした日本の立場を伝えるとともに、中東地域への自衛隊派遣をめぐる具体的な検討状況を説明し、理解を求めました。

    これに対し、ロウハニ大統領は、日本の外交努力を改めて評価したうえで、「日本が、みずからのイニシアチブにより、航行の安全確保に貢献する意図は理解している。透明性をもって説明していることを評価する」と述べました。

    政府としては、今回の首脳会談で、ロウハニ大統領から、自衛隊派遣に関して説明を尽くす日本政府の姿勢が評価され、派遣に一定の理解が得られたとしています。

    こうした状況を踏まえ、政府は、来週27日にも自衛隊派遣を閣議決定する方向で調整を進めることになりました。

    政府としては、今後、派遣に向けて必要な準備を加速させるとともに、来月にも安倍総理大臣がサウジアラビアやUAE=アラブ首長国連邦を訪問する方向で調整するなど、引き続き関係国の理解を得る努力を続けることにしています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191221/k10012223621000.html  【【自衛隊の中東派遣】イラン大統領が「理解」 27日にも閣議決定へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル